« 映画観た:ハウルの動く城 | Main | ふろん太キーホルダー »

2004/11/21

42節川崎-札幌戦コネタ

P1080725
 
 等々力競技場を闊歩するふろん太。……ということで、今回は昨日のレポで描き忘れたund 昨日の時点では外したコネタを、あらためて。
 
P1080738
 
 前座試合を戦っていたよい子の皆さん(^ ^)
 
P1080858
 
 商店街段幕……の中でもムチャネタの二つ(^ ^;)
 上はまだしも、下はもう意図不明(^ ^;)
 
P1080859
 
 ちなみにこいつらの一部は試合前、私が座っていたバックアッパーアウェイ側にわらわら……と来たかと思ったら取り囲まれた(- -#) とは言っても弁当片手に試合観てましたけどね。試合終了直前に一斉に居なくなった……と思ったら、試合終了後Gスポ前で挨拶していました。
 なにかと思ったら、黒ジャージに見たこと有る顔有りました、大木監督(^ ^;)
要するにユースだったのね。
 そういえば、大木監督甲府に復帰という噂って、どの位可能性有るのかしら? 
監督といえば、ズデンコ監督……(- -#)。河北が試合後の仙スタ前で号外配ったって、マジか?(号外(pdf)
 しかも新監督はトップ監督経験なしの都並氏ですか。まぁ私自身は都並氏の指導力は判りませんので善し悪し言えませんけどね(当然、仙台フロントは「善し」と言えるだけの確信を得てのことでしょう。でなければこの1年我慢してやってきたことを打ち捨てて、改めてここに新人監督を据えるなんて恐ろしいことはしないでしょうから(- -#))
 
 それともめぼしい人にはオファ出したけど断られたとか? 
 例えば、ノブリンにオファ出そうとしたけど……

静岡新聞:石崎監督に続投要請へ 清水・早川社長
 清水の早川社長は20日の柏戦後、「監督が理想とするサッカーは高い山であり、極めるには時間も掛かる」と、第2ステージから指揮を執る石崎監督に来季続投を要請する意向を示した。
 残り2試合で1部残留が確定と低迷する今季だが、早川社長は「内容は悪くない。目指すプレッシングサッカーは発展途上。道のりは大変だが、極めればファンもゾクゾクするサッカーになると確信しているし、それは石崎監督しかできないだろう」と強調した。
 監督会見後、報道陣から早川社長の意向を聞かされた石崎監督は、「まだ何も聞いていない。サポーターに苦しみを与えてしまったことも反省している」と進退の言及は避け、「残り2試合しっかり勝って、それから考えたい」と結んだ。
 まぁノブリンは時間掛かりますから、ここで(責任おっ被せて)切るよりはもう1年我慢するほうが正解とは思うです。また「目先の結果だけにこだわる短気な」仙台には向かないですね。(それもズデンコ監督には2年半の時間を与えるとしておいてコレですから(- -#))
 これでズデンコ監督は、次は……神戸?(^ ^;)を
 
 
 
 最後のネタ、「今日の予想フォーメーション」。
 
stamem
 
……場内に微妙な空気が流れたような気も(^ ^;)

|

« 映画観た:ハウルの動く城 | Main | ふろん太キーホルダー »

2004ふろんたーれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 42節川崎-札幌戦コネタ:

« 映画観た:ハウルの動く城 | Main | ふろん太キーホルダー »