« 携帯機種交換(702NK) | Main | 川崎フロンターレ展@市民ミュージアム »

2004/12/18

第10節NEC対ワールド&リコー対東芝府中

 試合は無いけど、何処にも行かないのもちと暇……
 
P1090877
 
 と言うことでいろいろ考えて、行った処は秩父宮ラグビー場(^ ^;)あわ
 トップリーグの第10節、NECグリーンロケッツ 対 ワールドファイティングブルと、リコーブラックラムズ 対 東芝府中ブレイブルーパスのダブルヘッダーです。
 でも自由席当日券は1500円と、お得(^ ^;) (席割りは、メイン中央とバック中央に指定席が有り、他は全部自由席)
 
P1090878
 
 正面入り口前には、各チームの売店が並んでました(^ ^;)
 
P1090880
 
 実は秩父宮ラグビー場に来たのは初めて(^ ^;)それ以上に、ラグビーまともに見るのもほとんど初めてだったり(^ ^;)
(以前に旅行の途中で、花園ラグビー場で高校ラグビー準決勝を見た事がある程度)
 そういう奴の書く「感想文」なので、以下はそういう程度として読んでくださいな(^ ^;)あわわ
 
P1090881
 
 ラグビーだとゴールラインに走り込むから、裏にも充分な余地が必要……って、今回裏では、磐田のジュビロスタジアム(今はヤマハスタジアム?)やカシマサッカースタジアムでも開催していたりします。どうやってサッカー場でラグビーやってるのか不思議? 
 
P1090882
 
 バックスタンド側は、ピッチにかなり近かったです……というか近すぎかつ角度緩すぎでちと見難かったですけどね(- -#)
 
P1090884
 
 1試合目。NEC対ワールド
 
P1090885
 
 そいえばメインスタンド裏にはスターバックスが出店していましたです。NECの特製タンブラー出してたので、買っちゃいました(^ ^;)あわ
 
P1090888
 
 入り口で渡された袋には、この日のメンバー表の他、2011年のラグビーワールドカップ誘致中のチラシが入ってました。前回2003年はオーストラリア、次回2007年はフランス。次次回に立候補しているのは今の処では日本の他、南アフリカ、ニュージーランドとのこと。南アフリカはすでに開催していますし、オーストラリアで開催したその次の次でニュージーランドということも無いでしょうし。フランスの後ですからヨーロッパでの開催も無いでしょうし、その上ラグビーでは今から韓国や中国が立候補するはずも無い(^ ^;)あわ
 と言うわけで誘致自体はできそうな気はしますけど、その後が大変そうですわね。秩父宮も思ったより施設古かったですし(花園も)、W杯に使うには改築が必要でしょうから。
(決勝は横浜国際クラスの規模のスタジアムが必要なのかな、でも陸上競技場兼用の処で、ワールドカップ規格のピッチが確保できるのかしら?)
 ……開催地は来年の11月に決定だそうですから、今から気にしても仕方ないか。
 
P1090890
 
 選手登場。こちらはワールドの選手。NECは緑。
 
P1090895
 
 試合開始。
 
P1090896
 
 NECトライ(^ ^;)
 
P1090897
 
 んで、ゴールキック……の際に、ボールの下には台置いてた(^ ^;) 昔はコップ一杯の土を台にしてた記憶有るのですけど(^ ^;)
 
P1090898
 
 NECのゴールキック(とペナルティキック)は全部この人が蹴っていました。時々入らなかったけど(^ ^;)
 
P1090900
 
 ラインアウト直後……ボール確保するためには高い方が良いのでしょうけど、もう曲芸の世界(^ ^;)
 
P1100009
 
 ハーフタイム。
 開始直後NECが立て続けにトライ決めたと思いましたら、その後にはワールドも。
以降もトライを取り合い、終盤にはNECが2本PGを決めて、23-17で勝ち越した状態で、折り返し。
ちなみに1トライ5点1ゴール2点、ペナルティゴールは3点との事。
 
P1100011
 
 ちなみにハーフタイムに入って気が付いたのですけど、ラグビーって40分ハーフだったのですね。……大型ビジョンについていたのは、なぜか45分計でしたけど? 
 
P1100020
 
P1100021
 
 後半は、ワールドがトライ&ゴールで逆転→NECがトライ&ゴール逆転→ワールド再逆転で30-31と、息つけない展開で30分まで。
 その間にイエローカードが3回(^ ^;) ラグビーの場合、イエローカードは10分退場(シンビンと言ってた)。それが立て続けで、ワールドは一時13人に。
 
P1100025
 
P1100026
 
 なんせ点差1ですから、この辺からNECは「どこからでもPGを狙う」というラグビーW杯でのイングランド戦法になっていたものの、2回外してもう40分寸前。
 ここにきてNECはほとんどセンターラインからのPGを決行。これが、ゴールの横バーに当たって入ってしまいました。ほんの数センチ届いてなかったらバーの下をくぐっていたでしょうに。
 これで後はロスタイム……には、ワールドが決死の攻め込みをみせたものの、結局ノーサイド。
 
P1100027
 
P1100028
 
 NEC33-31ワールド
 
P1100030
 
P1100032
 
 いや私の目にもすごい面白かったです。点がどんどん入るから判りやすい? 
でもトライ決まったかどうかは判りにくいのが難点か(^ ^;)
 
P1100034
 
 2試合目。リコー対東芝府中
 
P1100036
 
 東芝は「赤黒」でした。東芝川崎サッカー部も赤黒でしたわね。(→コンサドーレにその名残が)
 
P1100037
 
 リコーは黒。
 
P1100044
 
 ただこの2試合目は。最初リコーがPGで先行したものの、その後は東芝府中が一方的にせめまくり。リコーが弱いと言うよりは、東芝府中が強いって事みたいですけど。
 
P1100055
 
 ハーフタイムに、例によって今日のすかーさま。
 
P1100070
 
P1100076
 
P1100077
 
P1100082
 
 結果。
 リコー3-51東芝府中
 
P1100085
 
 ううむ、ちと一方的すぎて、2試合目はあまり面白くなかったです、とか書いたら東芝の人に怒られちゃうか(^ ^;)あわ
 ちなみに東芝の人にとってライバルはトヨタ(ヴェルブリッツ)のようで、カシマスタジアムでトヨタが負けという他会場の結果にどよめきが起きてました。ふむ。
 
 この後は特に寄り道もせず、ふらふら国立競技場(横の大江戸線駅)まで歩いて帰りましたです。
さて。
 来週25日は国立で天皇杯準決勝か……でもまぁ、今年はもう天皇杯はいいか(^ ^;)あわ
 ちなみに25日も秩父宮でダブルヘッダーとなっています。(IBM対ワールド、クボタ対リコー)でも、この日ラグビー見るなら翌日のヤマハ対東芝府中の方が面白そう(^ ^;)
いや、行くわけでは無いですけどね(^ ^;)のはず。(……18きっぷでも買おうかな?)

|

« 携帯機種交換(702NK) | Main | 川崎フロンターレ展@市民ミュージアム »

2004にっき」カテゴリの記事

Comments

こんばんはー

ラグビーは全くルールを知らないんだけれど、トップリーグ、興味はあるんですわぁ。
しかし、去年、九州で見に行こうと思ってた試合は、アビスパのアウェー遠征と重なってしまい、断念。
そうこうするうち、サニックスボムズは、1年でトップリーグから陥落。
来年こそは、サニックスが復帰して、見ることが出来るのかなぁ? どうなのかなぁ?

> 来週25日は国立で天皇杯準決勝か……でもまぁ、今年はもう天皇杯はいいか(^ ^;)あわ
明日は、長崎で、草津VSヴェルディを見てきます。
元旦の国立は、草津VS札幌を、激しくキボン。

Posted by: SHIBA | 2004/12/18 23:46

こんにちわ。

>>ラグビーは全くルールを知らないんだけれど、トップリーグ、興味はあるんですわぁ。

 大丈夫、私もルールはよく判りません(x x;)
 ただまぁできればサッカーだけでなく他の競技も見ようと……実際私もJシーズン中はそれどころではなかったですけど(^ ^;)
 ただ、ただでさえサッカーばかり観ているとどうも視野が狭まってしまうような気がしてきた処もありますです。
 
 そいえば博多の森も球技場でしたね、ゴール裏広い。
 逆にサッカー場としても狭いジュビロ磐田(ヤマハ)スタジアムでどうやってラグビーするのか、気になってしょうがない(^ ^;)
 
>>明日は、長崎で、草津VSヴェルディを見てきます。
>>元旦の国立は、草津VS札幌を、激しくキボン。
 
 いいなぁ、とは言っても私はもう遠出は無理(x x;) 正直鳥取行かなくて済んでほっとした処も。それでは、草津の勝利を祈ってます(^ ^;)

Posted by: ぐんちゃ  | 2004/12/19 11:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第10節NEC対ワールド&リコー対東芝府中:

« 携帯機種交換(702NK) | Main | 川崎フロンターレ展@市民ミュージアム »