« 桜大阪戦じゃけんカブを愛でるんじゃ、おんどりゃあ! | Main | J2第15節横浜対仙台@三ツ沢 »

2006/05/12

近代製鉄発祥の地にて(九州徘徊の1)

 九州での徘徊での話その1、ということで。以前に何回かやってる「テーマパークの回りを徘徊する」的の……要するに「徘徊ネタ」です。
 ちなみに過去には「大阪のテーマパーク」、「倉敷のテーマパーク」、「川崎の遊園地」、「舞浜のテーマパーク」などなどを記事としています。……でも今回は、回りを徘徊するわけでは無いですけどね。
 
 
 
 
P1330652
 
 5月5日の子供の日には、この絶叫ライドで賑わうスペースワールドに居ました。
でも今回の話題はココではありません。
 
P1330656
 
 その塔の向こうに垣間見える、この塔について。
 
 
 
P1330648
 
 お昼に一度スペースワールドを抜けた私は、ひとまず「スペースワールド駅」前まで戻りました。目的地はその向こう側にあります。
 
P1330667
 
 でも最短距離で突っ切ろうと線路沿いに進んでこの階段を上がってしまうと、スポーツデポの敷地内に入ってしまいます(^ ^;) 行く方は、まず一度スペースワールド駅前の道を博物館方向へ進んでスポーツデポを迂回してください。
 詳細は地図を確認してくださいな。
 
P1330730
 
 歩いても大して掛からず、ここにたどり着きます。
 
P1330726
 
 振り返るとスポーツデポ、その向こうにスペースシャトル。
 
 
P1330668
 
P1330669
 
 ここに在るのは「東田第一高炉」、明治34年にこの地に建設された官営製鐡所の第一高炉です。昭和37年に今の形となり、昭和47年まで使用されたという話です。
 
P1330670
 
 その後一度は老朽化のため解体寸前まで行ったそうですけど、平成4年に保存が決まり修復、現在の状態に至ります。
 
P1330761
 
 ちなみにこれはスペースワールド観覧車からみた姿。よく見えます。
 
 
 
P1330673
 
 これは高炉の土台。
 
P1330691
 
 鉄の壁で取り囲まれた高炉には、高い圧力に耐えられるようになっています。それにより中での処理がより効率よく行われます。
 
P1330694
 
P1330696
 
P1330695
 
 年月を経た高炉の底は、焼けこげていました。
 
P1330719
 
P1330720
 
P1330701
 
 鉄鉱石などの原料と燃料のコークスは、この傾斜塔で高炉の上まで運ばれます。
 
P1330699
 
 さらに熱風炉で暖めた千~千2百度の熱風を送り込んでコークスを燃やし、原料を溶かし還元反応により酸素分を除去します。そうして、原料の鉄鉱石は銑鉄となるのです。だそうです(^ ^;)を
 
P1330689
 
P1330690
 
 高炉の手前に立っていた3本の白い円筒が熱風炉です。
 
P1330708
 
 溶けた鉄は高炉下のここから出てきます。
 
P1330697
 
 それを堰に流します。
 
P1330709
 
 それにしてもごつい耐熱服です。もちろん流れ出ている銑鉄は千4百度にもなったそうですからそりゃ熱かったでしょう(x x#)
 
P1330711
 
P1330712
 
 流れ出てきた銑鉄は、鉱滓を取り除いた上で
 
P1330713
 
P1330714
 
 下の階へ。
 
P1330678
 
 そしてトーピードカーで、製鋼工場へ運ばれます。
 
P1330717
 
 と、歴史的遺物である偉大な高炉を間近に見る事ができるのですけど……
 
P1330718
 
 ものの見事に誰も居ませんでした。
 5月5日のお昼頃です。もちろんスペースワールドには沢山の人が居ましたし、スペースワールド駅前-博物館前当たりにも芝生の上に何人もの人を見かけたのですけれども。
 
P1330706
 
 こういう観光地に在りがちな物もあったのに(^ ^;) 
 
 と書いている割に、スペースワールドに来たのは数回目なのにこの高炉の存在は……存在は知っていたけど場所は認識してなかったですけど。ループコースター「ヴィーナス」に乗ると、最初の巻き上げの際にその姿は視野にはっきり入りますのに……それでも気が付いてなかったデス。要するにその存在に気が付いていない人は他にも沢山居そう……とは思います。
 今後は近辺に「産業技術博物館」の建設が予定されています、それと関連つけての展開はあるとも思います。また再び、脚光を浴びる時も来るでしょう。
 
P1330725
 
さて、
 高炉史跡広場にはこういう物もありました。八幡製鉄所の測量原点だそうです。他にも転炉なども敷地内に飾ってあります。まぁ今は人も少ないし、スペースワールドの混雑や「絶叫ライド」に疲れた人には良いかも、としておきます。 まぁ私はこういう「工場物」は好きですし、古い建造物もでかい建造物も好きですから、こういう存在自体でもうご飯何杯も食べられるデス(^ ^;)
 
 
 
 
P1330772
 
 そして。夜になりましたので松山へ移動……のその前に、これはスペースワールド駅のホームから。もう目の前です。
 
P1330775
 
 高炉の上には、操業開始年を示す「1901」の記念プレート。
 20世紀の時代を示す記念碑として、高炉は21世紀の今も、また未来にも存在しているのです。
 
てな処で。この項はここまで。

|

« 桜大阪戦じゃけんカブを愛でるんじゃ、おんどりゃあ! | Main | J2第15節横浜対仙台@三ツ沢 »

デイリー道場」カテゴリの記事

2006にっき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 近代製鉄発祥の地にて(九州徘徊の1):

« 桜大阪戦じゃけんカブを愛でるんじゃ、おんどりゃあ! | Main | J2第15節横浜対仙台@三ツ沢 »