« J2第24節柏対水戸@柏の葉 | Main | たびのはじまりです »

2006/06/30

福岡オリンピック会場(予定地)を行く(九州徘徊の3)

 今回も5月に取材したネタでその最後です。Jリーグネタとの間合いを考えたのと、ギミックを仕込むために時間がかかって、このタイミングとなりました。
 
P1330181
 
 5月1日、福岡にて。どんたくの準備が進んでいる時でした。
 
P1330182
 
 3日と4日は、この通りいっぱいに人が溢れます。とはいえ、今回のネタはどんたくとは関係有りません。
 
P1330183
 
 まずの方へ進みます。
 
P1330188
 
 そして到着したのは、博多ポートタワー。(福岡タワーとは違います)博多湾岸でもほぼ中央に位置しており、船舶無線用のラジオタワーとして利用されています。別名「パラダイスタワー」以前この場所に在った「博多パラダイス」という複合施設の一部だったからだそうですけど……。ちなみに現在は温泉施設が在ったけど、潰れてた。
 前振りはここまで。
 
 現在福岡市は、2016年に向けてオリンピック誘致をぶち上げています。「2008年の北京の8年後に、アジアに誘致できるわけ無いやん」という根本的な処は置くとしてね。恐らくは2016年はアメリカのどこかになりますから、引き続き2020年に誘致を引っ張るつもりでしょう。
 そういう事は書いてありませんが、まぁ現時点での福岡市の主張は公式サイトの既述をご覧ください。
 そして、そのサイトの中の「競技会場配置計画」をご覧ください。福岡市内の会場は幾つかに別れていますが、メインとなる「天神・マリンメッセクラスター」に注目します。
(以下に想定地図を引用します。福岡・九州オリンピック招致推進委員会公式サイトより)
 
map
 
 詳細は個別に説明しますけど、現在地の博多ポートタワーは、紫の丸になっている「オリンピックセンターゾーン」に位置します。その名の通り、このエリアの中央です。
 
 ようするに今回は、来るか来ないか判らないオリンピックの「会場に予定されている場所」の現状を見て回るというか徘徊する事によって実際の会場を想像しよう、という目論見です。
 
 
 
P1330200
 
 タワーの上から、オリンピック会場に予定しているこの場所を眺めてみます。
……と書いて写真を並べても、この辺知らない人にはピンも来ないでしょうから。以下の写真のうち枠付きの物は、マウスオーバーラップすることにより地図上でのおおまかな場所と向きが確認できるようにしました。
 
 ちなみにこのタワーに登るのは「無料」です。
 
P1330190
 
 窓ガラス越しなので網掛かってますけどそれは気にしないで。
 高速道路の向こう左の海を囲っている部分は、「福岡ボート」競艇場です。ここに「オリンピックスタジアム」を建設する予定というのです。
 
P1330191
 
 手前側には「屋内競技ゾーン」奥には選手村を建設するそうです。
 
P1330195
 
 船が停まっている付近には、「メディアゾーン」が造られるそうです。
 
P1330194
 
 ちなみにタワー付近には「オリンピックセンターゾーン」何が造られるのは子細不明。
 
P1330202
 
 ちなみにここにはちいさなお宮が在りました。
 
P1330196
 
 これは既存施設のマリンメッセ。オリンピックでは柔道やレスリング競技で使うそうです。
 
P1330197
 
 こちらは国際センター。相撲の……いえ、オリンピックではテコンドーと卓球で使用する予定。
 
P1330201
 
 あと視野を西に向けると、福岡ドームも見えます。野球と、そして競泳競技を行うそうです。(野球競技は復活する予定なのだだそうで)
 
P1330187
 
P1330203
 
P1330204
 
P1330205
 
 タワーから下りて、周りを見回してみました。
 
 
P1330185
 
P1330207
 
 次は競艇場に。開催日ではなかったので中には入れませんでした、残念。
(翌日から「どんたく特選レース」ということで、練習中らしいボートはタワーの上からも見えていました)
 
P1330209
 
 自らの運命を判っているのか、誘致する気満々です。
 
P1330212
 
 でも、工事中でした。数年後に取り壊されるかも知れないのに。
 
P1330213
 
 高速道路を潜ります。
 
P1330214
 
 湾岸沿いと言うこともあって、この辺は倉庫が多かったです。
 ちなみに右の建物はラブホ……
 
P1330215
 
P1330216
 
 そしてとうとう、入れない処に。
 
P1330217
 
 反対に、タワーを見てみました。
 
P1330219
 
 ここから先は進めません。
 
P1330221
 
 それでも回り込んで、行ける所まで行ってみました。
 
P1330222
 
P1330223
 
 オリンピックをやるとなると、こういう倉庫などすべてを「立ち退かせる」事になるわけですね……何処に? 
(もちろん人工島に、でしょうけど)
 
P1330224
 
 戻ります。
 
P1330228
 
 この辺の倉庫も、人工島へ行くのでしょうか? 
 
P1330229
 
 ちなみに計画では、競艇場は無くなるわけではなく「こっち側」に移設するのだそうです。(オリンピックではカヌー競技の会場として使用)。
 
P1330231
 
 タワーの上からも見えましたけど、これは国際センターです。相撲の九州場所でおなじみ。
 
P1330232
 
 こちらはマリンメッセ。世界水泳を誘致した時は、ここに仮設プールを設置しました。同じ技術を使うと、福岡ドームにプールを設置する事も可能、と言う事だそうで。まだなんかピンが来ませんけど。
 
P1330234
 
 さらにマリンメッセの先に……も進めませんでしたので、徘徊はここまでで終了としました。
 まぁ現場を見ただけの感想としては、オリンピックを誘致するにしても「なぜここに」競技場を造らなければならないのか、正直理由は判りませんでした。競艇場はまだしも、多くの倉庫など民間施設が多数在る処に敢えて、という事が尚更不思議です。
 まぁまさか、人工島の利用促進のために「既存機能を無理矢理そこに追いやる」のが目的というわけでもないでしょうが……。
 
 
 
 いつもならこれで終わりなのですけど。記事には「オチ」が必要らしいので、今回はもう一ひねりします。
 実際、ここにオリンピックスタジアムが出来たらどうなるのか? 特別にお見せしましょう! 
 
 
表示.jpg
(クリックで全貌がポップアップします)
 
 いえ、「福岡オリンピック予定地(google maps)」の地図上に同スケールの「横浜国際競技場(google maps)」を張り付けただけですけど(^ ^;) しかも横浜国際は7万席に対し、福岡のここに造ろうとしているのは4万席+オリンピック用に仮設の9万席のスタジアムなので、明らかに横浜国際よりも一回りは大きいのですけどね。日本ではこれが最大サイズなので仕方ありません。あくまで目安と言うことで。
 他も「可能な限り再現」と言う事で、サブグラウンド、競艇場は移転する予定の場所に(反転して)配置、また屋内競技場としてマリンメッセのコピーを並べ、メディアゾーンには(近いサイズと言う事で)幕張メッセを張り付けてみました。もちろんこのままそっくりには絶対なりませんけど、「この場所に巨大陸上競技場ができるとどうなるか」そのイメージはこうなるということです。
 
 
 
表示.jpg
(クリックで全貌がポップアップします)
 
 さいごにおまけ。記事を書いている今6月30日はワールドカップ開催中なので。
横国の代わりに「ベルリンオリンピアシュタディオン(オリンピックスタジアム)(google maps)も張り付けてみました。こちらもキャパは7万2千席なので、予定のオリンピックスタジアムより小さいはずです。
 
 なお筆者は福岡オリンピック誘致について、「賛成の立場」でも「反対の立場」でもない位置から記事を書いている事を明記しておきます。ただまぁ、最後の最後に、最後の疑問を書いては置きます。「どうして博多の森陸上競技場(google maps)を使用しないの?」
 この項終わり。

|

« J2第24節柏対水戸@柏の葉 | Main | たびのはじまりです »

デイリー道場」カテゴリの記事

2006にっき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 福岡オリンピック会場(予定地)を行く(九州徘徊の3):

« J2第24節柏対水戸@柏の葉 | Main | たびのはじまりです »