« J1再開と言うことで、久々に現実逃避でカブを愛でる | Main | 修羅場3勝ち越しということでひとまずカブを愛でるのさ »

2006/07/27

J1第15節川崎対脚大阪@等々力

修羅場3」第3戦です。

P1390867
 
 今日は早めに会社を抜け出して、17時20分には武蔵小杉に。
 
P1390868
 
 その時点でも、なんとなく人は多かったですけど18時過ぎてからがすごかったらしい。
 
P1390869
 
 ちなみに今日は「富士通動員の日」だったようです。
 
P1390870
 
 スタジアムの中では、この人がTシャツを売っていました。
 
P1390871
 
 さて今日はJ1第15節川崎対脚大阪です。
 
P1390875
 
 大阪の皆様。去年の最終戦がアレでしたので、スタンド前には多重にバリケードが造られていました。
 
P1390906
 
P1390908
 
 18時半、ピッチ練習開始。
 
P1390909
 
 脚大阪の皆様。マグノは復帰、シジクレイはサブでした。
 
P1390911
 
 審判は「あのワールドカップで主審を務めた」の人でした。
 
P1390912
 
 そして川崎側のトピックは「谷口U21キャンプ選出」。まぁ男前氏は前々からタニを誉めてましたからね、これ自体はある意味当然とも。
(A代表だって、どこかのタイミングでヒロキや憲剛が呼ばれ試されて当然とは思います、でもユースケが呼ばれちゃったらどうしよう?(^ ^;))
 
 
 
P1390916
 
 19時1分審判選手入場。
 
P1390917
 
 整列。
 
P1390924
 
 前半4分相手ゴール前からのリスタート。
 
P1390925
 
P1390926
 
P1390927
 
 攻めきれず。
 
P1390929
 
 前半10分頃。逆に今度はガチャピンのFK。
 
P1390930
 
P1390931
 
 審判止めた揚げ句にミノに黄紙という場面もありました。結局FKからのボールは枠を逸れましたけども。
 
P1390942
 
 そして前半25分。
 
P1390945
 
 結局、ガチャピンのFKから、失点(- -;)
 
P1390972
 
 ロスタイム寸前。
 
P1390973
 
 コーナーから、馬絹……は、勢い余ってコーナーフラッグまで蹴り倒してしまいました。
 
P1390977
 
 ロスタイム1分も、追いつけないまま前半終了。負けパターンです。
いつもなら、ね。
 
P1390978
 
 ハーフタイム、サブ組鳥カゴ中。でも大世だけは一人別でダッシュを行っていました。
後半投入の指示が出ていたのかな? 
 
P1390982
 
 後半開始。
 
P1390985
 
 開始早々後半2分。ジュニ倒されて
 
P1390986
 
P1390987
 
 FKから、蹴るのは丸子
 
P1390988
 
 かと思ったら憲剛、そのボールはゴールの右上角に。跳ね返った処を
 
P1390989
 
 最後はミノの頭で。
 
P1390993
 
 後半すぐに追い付きました。
 
 
 
P1400005
 
 さらに後半9分。ペナルティエリア内に突進したジュニを脚DFが倒してしまい(倒すように仕向けられてしまい)主審は即座にPKスポットを指差しました。
 
P1400006
 
 倒した人には黄紙。
 
P1400009
 
P1400012
 
 PKはジュニが確実に沈めて、勝ち越しです。
 でもその後すぐ後半14分に、ガチャピンから家長に完全にやられて同点に。
 
 
 
P1400037
 
 後半20分憲剛のFKからゴール前に。
 
P1400038
 
 惜しかったけどオフサイドだったらしい。
 
P1400042
 
 20425人。でも実際のスタンド内の状態は恐らくは2万5千オーバーして居ました。平日ナイトゲームと言うことで富士通などに招待券を配っていたら、それ以上にお客来ちゃった、ということかな(ブルーフレンズ招待券利用可能試合だったと言う事も輪を掛けたか)。平日ナイトゲームということでは最高ではないかしらむ? 
 
P1400043
 
 後半23分、ガナピout 大世in。いつもの通り。
 
P1400059
 
 数分後に、ニセゴンout、バンドin。
 
P1400064
 
 後半30分、マグノチャンスに決めきれず芝を叩いて悔しがる。
 
 
 
P1400069
 
 その直後。ジュニから最後は馬絹が押し込んで、勝ち越し。
 
P1400070
 
 客席だいばくはつ。
 
P1400071
 
 馬絹初ゴールです。
 
P1400092
 
P1400093
 
 後半40分過ぎ、脚大阪の人ユースケに競り負ける。
 
 
 
P1400099
 
 ……そして。ロスタイム2分にまたしても悲劇が起こったのです! 
 
 
 ということもなく、無事そのまま終了となりました。
 というか勝ち越されて以降の脚大阪は 焦りすぎで自滅 と言った感じでしたです。
 
P1400102
 
 川崎3-2脚大阪
 
P1400107
 
 ヒーローインタビューは馬絹でした(トラメガも?)
 
P1400104
 
 勝利に沸く観客席を背後に、今日のすかーさま。
 終わってみれば「修羅場3」、2勝1敗と予想以上の結果で乗り切る事ができました。これで勝ち点32です。でも次の中断前の最後の試合、大分にもきっちり勝って また気持ちいいインターバルに入りたいですね。
(でも今日は黄紙を沢山食らったため、丸子は次節夏休みとなってしまいました。さてセッキーはどうでるか?)
 
 
 
P1400108
 
 帰りのコンコースも大混雑。平日でこれとは本当にすごいです……としみじみと思ったです。もちろん多いに越した事はないですけどね。
この項終わり。

|

« J1再開と言うことで、久々に現実逃避でカブを愛でる | Main | 修羅場3勝ち越しということでひとまずカブを愛でるのさ »

2006ふろんたーれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference J1第15節川崎対脚大阪@等々力:

« J1再開と言うことで、久々に現実逃避でカブを愛でる | Main | 修羅場3勝ち越しということでひとまずカブを愛でるのさ »