« 30 de abril de 2006 - 6 de maio de 2006 | Main | 14 de maio de 2006 - 20 de maio de 2006 »

Posts from 7 de maio de 2006 - 13 de maio de 2006

2006/05/12

近代製鉄発祥の地にて(九州徘徊の1)

 九州での徘徊での話その1、ということで。以前に何回かやってる「テーマパークの回りを徘徊する」的の……要するに「徘徊ネタ」です。
 ちなみに過去には「大阪のテーマパーク」、「倉敷のテーマパーク」、「川崎の遊園地」、「舞浜のテーマパーク」などなどを記事としています。……でも今回は、回りを徘徊するわけでは無いですけどね。
 
 
 
 
P1330652
 
 5月5日の子供の日には、この絶叫ライドで賑わうスペースワールドに居ました。
でも今回の話題はココではありません。
 
P1330656
 
 その塔の向こうに垣間見える、この塔について。
 
 
 
P1330648
 
 お昼に一度スペースワールドを抜けた私は、ひとまず「スペースワールド駅」前まで戻りました。目的地はその向こう側にあります。
 
P1330667
 
 でも最短距離で突っ切ろうと線路沿いに進んでこの階段を上がってしまうと、スポーツデポの敷地内に入ってしまいます(^ ^;) 行く方は、まず一度スペースワールド駅前の道を博物館方向へ進んでスポーツデポを迂回してください。
 詳細は地図を確認してくださいな。
 
P1330730
 
 歩いても大して掛からず、ここにたどり着きます。
 
P1330726
 
 振り返るとスポーツデポ、その向こうにスペースシャトル。
 
 
P1330668
 
P1330669
 
 ここに在るのは「東田第一高炉」、明治34年にこの地に建設された官営製鐡所の第一高炉です。昭和37年に今の形となり、昭和47年まで使用されたという話です。
 
P1330670
 
 その後一度は老朽化のため解体寸前まで行ったそうですけど、平成4年に保存が決まり修復、現在の状態に至ります。
 
P1330761
 
 ちなみにこれはスペースワールド観覧車からみた姿。よく見えます。
 
 
 
P1330673
 
 これは高炉の土台。
 
P1330691
 
 鉄の壁で取り囲まれた高炉には、高い圧力に耐えられるようになっています。それにより中での処理がより効率よく行われます。
 
P1330694
 
P1330696
 
P1330695
 
 年月を経た高炉の底は、焼けこげていました。
 
P1330719
 
P1330720
 
P1330701
 
 鉄鉱石などの原料と燃料のコークスは、この傾斜塔で高炉の上まで運ばれます。
 
P1330699
 
 さらに熱風炉で暖めた千~千2百度の熱風を送り込んでコークスを燃やし、原料を溶かし還元反応により酸素分を除去します。そうして、原料の鉄鉱石は銑鉄となるのです。だそうです(^ ^;)を
 
P1330689
 
P1330690
 
 高炉の手前に立っていた3本の白い円筒が熱風炉です。
 
P1330708
 
 溶けた鉄は高炉下のここから出てきます。
 
P1330697
 
 それを堰に流します。
 
P1330709
 
 それにしてもごつい耐熱服です。もちろん流れ出ている銑鉄は千4百度にもなったそうですからそりゃ熱かったでしょう(x x#)
 
P1330711
 
P1330712
 
 流れ出てきた銑鉄は、鉱滓を取り除いた上で
 
P1330713
 
P1330714
 
 下の階へ。
 
P1330678
 
 そしてトーピードカーで、製鋼工場へ運ばれます。
 
P1330717
 
 と、歴史的遺物である偉大な高炉を間近に見る事ができるのですけど……
 
P1330718
 
 ものの見事に誰も居ませんでした。
 5月5日のお昼頃です。もちろんスペースワールドには沢山の人が居ましたし、スペースワールド駅前-博物館前当たりにも芝生の上に何人もの人を見かけたのですけれども。
 
P1330706
 
 こういう観光地に在りがちな物もあったのに(^ ^;) 
 
 と書いている割に、スペースワールドに来たのは数回目なのにこの高炉の存在は……存在は知っていたけど場所は認識してなかったですけど。ループコースター「ヴィーナス」に乗ると、最初の巻き上げの際にその姿は視野にはっきり入りますのに……それでも気が付いてなかったデス。要するにその存在に気が付いていない人は他にも沢山居そう……とは思います。
 今後は近辺に「産業技術博物館」の建設が予定されています、それと関連つけての展開はあるとも思います。また再び、脚光を浴びる時も来るでしょう。
 
P1330725
 
さて、
 高炉史跡広場にはこういう物もありました。八幡製鉄所の測量原点だそうです。他にも転炉なども敷地内に飾ってあります。まぁ今は人も少ないし、スペースワールドの混雑や「絶叫ライド」に疲れた人には良いかも、としておきます。 まぁ私はこういう「工場物」は好きですし、古い建造物もでかい建造物も好きですから、こういう存在自体でもうご飯何杯も食べられるデス(^ ^;)
 
 
 
 
P1330772
 
 そして。夜になりましたので松山へ移動……のその前に、これはスペースワールド駅のホームから。もう目の前です。
 
P1330775
 
 高炉の上には、操業開始年を示す「1901」の記念プレート。
 20世紀の時代を示す記念碑として、高炉は21世紀の今も、また未来にも存在しているのです。
 
てな処で。この項はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/05/10

桜大阪戦じゃけんカブを愛でるんじゃ、おんどりゃあ!

カブ、可愛いよカブ(x x;)

 
 
P1340025l
 
 さてまずいつもの。試合開始前、エスコートキッズたちの記念撮影に参加するカブふろん太から。……です。
 
P1340028l
 
 雨でも、ピッチに登場するふろん太カブ
 
P1340029l
 
 と、ピッチには芝男が! 堂々の等々力初登場だそうです。
 
P1340030l
 
 ふろん太「どんな顔なんだろう?」
 カブ「わー、そのひとだれ?」
 
P1340031l
 
 取り敢えず三人で記念撮影。
 
P1340032l
 
 ふろん太「どこから来たの?」
 
P1340033l
 
 カブ「何て言ってるの?」
 ふろん太「反応無いんだ」
 
P1340034l
 
 カブ「じゃあ、いいや」
 ふろん太「おい置いてくなよ」
 
P1340035l
 
 ふろん太「……まぁ、いいか」
 
P1340043l
 
P1340044l
 
 川崎選手がピッチ練習に出てくるのを迎えに行くふろん太カブ芝男
 
P1340049l
 
 選手登場。
 
P1340055l
 
P1340061l
 
P1340062l
 
 この辺にもなると、仲良しさんになりました。
 
P1340066l
 
 さらに今日は、光の国からもお友達が来ました。
 
P1340067l
 
 ふろん太カブ芝男「こんにちわ」
 
P1340073l
 
 ふろん太「ヒーローなんだ。でもぼくの方が強いぞ!」
 
P1340074l
 
 しかし、ウルトラマンの一撃! 
 
P1340075l
 
 ふろん太「痛いよぉ」
 ふろん太君一発でKO
 
P1340076l
 
 ふろん太「君は強いんだね」
 
P1340077l
 
 ふろん太「でも痛かったなぁ」
 
P1340078l
 
 ふろん太「あっでも、芝男君よりは強いよ!」
 
P1340080l
 
 ウルトラマン「こらこら、弱い者いじめはいけないぞ」
 カブ芝男君だいじょうぶ?」
 
P1340081l
 
 ふろん太「え、でも……」
 
P1340082l
 
 ウルトラマン「君もフロンターレのマスコットなら、そんな事してはいけない」
 
P1340084l
 
 ふろん太芝男君ごめんなさい」
 
P1340086
 
 改心したふろん太は、りっぱなフロンターレのマスコットとなったのでした、めでたしめでたし。
 
(注意:ココまでの展開、おそらくはフィクションです) 
 
 
P1340089l
 
 試合前の記念撮影にも全員参加です。→ (オフィシャル
 
P1340090l
 
 そして、ふろん太カブ芝男ウルトラマンは仕事を終え
 
P1340091l
 
 帰ったのでした。
 



 
P1340218
 
P1340220
 
P1340221
 
 芝男カブは、ハーフタイムにも登場。ふろん太は別行動。
 
P1340222
 
 ファンサービスするカブ
 
P1340224
 
 ファンサービスする芝男
 
 
 
P1340388
 
 そして試合終了後のお立ち台にはウルトラマンも登場し、勝利を祝ってくれました。
でもMVPの賞品としての映画鑑賞券はもっと椀飯振る舞いしてよ(^ ^;)をゐ



 
 次のカブの登場は、5月17日(水)19時、ナビ杯第5節 対大分戦です。 
 




2006年のカブ
01/20 新体制会見
02/26 PSM対大宮戦
03/05 対新潟戦
03/21 対東京戦
04/02 対千葉戦
04/16 対大宮戦
04/26 ナビ杯対京都戦
04/29 対清水戦
 
※2005年のカブについては、この記事から参照してくださいな。

2006年のそれ以外
03/11 福有(カブは居ません)
04/15 日立台(カブは居ません)


| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006/05/07

J1第12節川崎対桜大阪@等々力

P1340020
 
 ゴールデンウィーク最後の日曜日というのにまた雨の等々力です、なので今日も自転車は使わず。連休疲れもあって、現地到着は13時半過ぎ。
 
P1340021
 
 いつものバックスタンドサイン会会場にはこのお方が居ました。BGMもウルトラ主題歌集でしたけど、レオまでは何とか覚え有りましたけど80は? さらにそれ以降はさっぱりわからんでした(^ ^;)(^ ^;)
 
P1340024
 
 この日の試合は川崎対桜大阪です。
 
P1340026
 
 そしてこの日からの「煽り」は、今後に控える鹿島(アウェイ)・浦和・脚大阪戦を銘打った「修羅場3」。映像もgood job というか思わず吹いた(x x;)
(でもその後のアウェイ大分戦も、要注意のような気も……)
 
P1340027
 
 と。キックオフ1時間前になってまた大雨。ホーム戦はなにかと雨に泣かされてますわね。
 
P1340046
 
 はい、必要なのは「闘争心」です。
 
P1340047
 
 14時半、ピッチ練習開始。
 
P1340051
 
P1340053
 
 ホーム側も選手登場。
 
P1340057
 
 桜大阪スタメン。
 
P1340070
 
 川崎スタメン。周平とジュニ復帰です。
 
P1340071
 
 審判スタメン、『正義審判獣ジャスティス登場』。
 
P1340093
 
 円陣。
 
P1340094
 
 ホーム側コア。ぎっちりです。
 今回出遅れ&雨の加減でアウェイゴール裏寄りの席になってしまいましたので、アウェイ席の様子の写真は無いです。

 
P1340095
 
 キックオフ。
 
P1340100
 
 ジュニは怪我の加減か、まだ本調子ではなかったです。
 
P1340105
 
 ユースケは走りまわっていました。
 
P1340216
 
 バーを直接叩くような惜しいシュートも有りましたけど、結局点にはならず。
 殆ど試合を止めなかったはずなのにロスタイム3分も有りましたけどそれも終了。
 
 
 
P1340227
 
 ここから後半。ジュニは一度ロッカールームに戻ってましたので、少し遅れて。
 
P1340228
 
 キックオフ。
 
P1340254
 
 後半14分、ユース倒される。
 
P1340255
 
 怒るユースケ。
 
P1340256
 
 なだめるジャスティス(^ ^;)
 
P1340265
 
 9430人。雨のせいか、久々の1万割れです。
 
P1340273
 
 後半15分でガナピout クローツin。ジュニ下げるのかと思ったら。
 ……その数分後。
 
P1340274
 
 マルクス! 
 
P1340275
 
 一斉にコアエリアへ走る。
 
P1340277
 
 ついに先制です。
 
P1340301
 
 数分後、セレッソ2枚交替。意味はいまいち不明
 
P1340338
 
 この後も攻めるものの決まらないまま。
 
P1340342
 
 後半38分、予想通りマルクスout イガin。
 桜もモリシ下げてビンゴ投入……って誰? 
 
P1340356
 
 そして後半40分くらい、今までと同じく今回もこの時間帯に失点、追い付かれてしまいました。
 
 
 
P1340357
 
 と思ったら、オフサイド
 それでもこの時間帯で失点(同然)しちゃうのは変わらないのか。
 
P1340360
 
 ロスタイム前。今度はタニ下げてサハラ投入、ってDF何人入れてるんじゃ? 
 
P1340375
 
 そしてロスタイムは4分。イガ、ジュニお得意のコーナーキープに挑戦するが失敗。
 
P1340382
 
 それでも、危険に長い4分をなんとか乗り切って、試合終了です。
 
P1340383
 
 川崎1-0桜大阪
 
P1340386
 
 正直桜の方も絶好のチャンスを何度も(自ら)外していましたから、今日勝てたのは「もっけもの」程度の事ですね。これでは修羅場は持ちこたえられまい……
 
P1340390
 
 とは言ってもリーグ戦は一時休止。去年もそうでしたけど、休止の間に何とかしてもらいましょう。
 あんたが大賞はシーマン、賞品はカニとホテル宿泊券と米500kg~
 
P1340392
 
 と言うわけで。今日のすかーさまで御仕舞いです。
 次はアウェイの大分……って、九州は行ったばかりなのですけど(x x;)行けません~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

J2第14節愛媛対讀賣@愛媛陸

P1330812
 
 バスで40分程掛かって、競技場に到着。
 
P1330814
 
 案内板もオレンジ。
 
P1330813
 
 ここにもお米
 
P1330817
 
 オレン……オーレ君発見! 変なキャラも一緒に居たです。(映画アイスエイジ2……)
 
P1330819
 
 ポスター。
 
P1330827
 
 この日は、愛媛対讀賣です。
 横長仮設なれど、カラーの電光掲示板です。
 
P1330822
 
 笑って帰る事ができたのか? 
 
P1330824
 
 似顔絵?
 
P1330828
 
 「このチームを愛していれば一生幸せになれるけん
 
P1330830
 
 13時25分ピッチ練習開始。
 
P1330831
 
 ホーム側も。
 
P1330833
 
 アウェイの緑の皆様。
 
P1330835
 
 審判の皆様。
 
P1330836
 
 踊る皆様。
 
P1330838
 
 なんやかんやで、メインスタンドはそれなり埋まっていましたです。
 
P1330839
 
P1330840
 
 みかん登場。
 
P1330842
 
 スポンサ(太陽石油)のキャンペーンガールさん(だったはず)妖しいキャラに挟まれて何だか大変そう(^ ^;)
 
P1330843
 
 選手整列。
 
P1330847
 
 ミカン箱贈呈。
 
P1330849
 
 写真撮影。
 
P1330850
 
 両チームスタメンはこの通り。
 
P1330852
 
P1330854
 
 終わったから、帰る~
 
P1330858
 
P1330868
 
 オレンジの皆様。
 
P1330857
 
 キックオフ。
 
P1330873
 
P1330877
 
 監督ラモス。
 
P1330883
 
 試合自体は……讀賣が愛媛に合わせちゃったのか(そこまでJ2仕様になっちゃったのか)この二チームの対戦なのにどっちもどっちという状態でした。
 →讀賣は蔚山から直接来てたのか。その辺も影響? 
 
P1330910
 
 前半はそれだけ。
 
P1330914
 
 また登場。
 
P1330915
 
P1330917
 
P1330918
 
 他のみかんもはやく登場希望。
 
P1330921
 
 後半。
 
P1330925
 
 ハーフタイムに讀賣、永井とアナイ(ウソン)を投入。アナイ……
 
P1330954
 
 後半20分過ぎになって、バジー(リオ)投入。
 
P1330955
 
 バジー……
 
P1330970
 
 入場者は6491人、多いか少ないのかは判りませんけど。
 ただまぁ観客席の雰囲気は、地元のプロチームを応援しようという初々しい雰囲気がありましたです。
 
P1330976
 
 愛媛押し込む、でも……
 
P1330977
 
P1330978
 
 この試合むしろ愛媛のチャンスの方が多かったです。GK高木がギリギリで抑えた点が3点は有ったような。
 
P1330996
 
P1340010
 
 ロスタイム4分有ったものの、よく判らないうちに終了。
(主審はっきり笛吹かなかったので。私の回りもしばらく?が飛び交ってました)
 
 愛媛0-0讀賣
 
P1340013
 
 みかん再登場。
 
P1340015
 
 サポータの前へ。
 
P1340017
 
 みかんも。
 
P1340018
 
 こちらは少々ブーイング気味。笑っては帰れませんでした……。
 
 私はすぐに直行バスで空港に戻り、18時の便で帰ってきましたです。
あ、讀賣の選手も同じ便でした(^ ^;)と言っても私が顔認識できたのは、水原、平本、廣山、それに飯尾。あとラモス監督と津並コーチくらいでしたけど(^ ^;)(^ ^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 30 de abril de 2006 - 6 de maio de 2006 | Main | 14 de maio de 2006 - 20 de maio de 2006 »