« 1 de janeiro de 2006 - 7 de janeiro de 2006 | Main | 15 de janeiro de 2006 - 21 de janeiro de 2006 »

Posts from 8 de janeiro de 2006 - 14 de janeiro de 2006

2006/01/14

ふろん太の街、かわさき

 現在オフシーズンということで、手元の写真を整理中です。
それが一段落付いたところで、今回はそこから半ばランダムに「まちなかで見かけるふろん太」の写真を並べてみました。
 
P1280872
 
P1280868
 
P1280867
 
P1280866
 
P1180719
 
20050430
 
20051128
 
P1280857
 
P1280882
 
P1280851
 
P1280854
 
P1280855
 
  
 
20060112
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/08

2006スタートダッシュフェア

P1290003
 
 溝の口です、ノクティです。今年もこの上にある「川崎市高津市民館」で毎年恒例のスタートダッシュフェアが開催されました。(ちなみに去年はこんな感じ
 
P1290004
 
 ベッドでのたくたしているうちに出遅れてしまい、現地到着は開始時間の10時30分少し過ぎ。早めに整理券配布を始めていたのか、列も全然長くなくあっさりとトークショー整理券をもらいました。今回も指定席で、私は8列目でした。(福袋の抽選券はもらってない)
 ちなみに今回はDVD配布は無し、後日宅配便で配布です。
 
P1290008
 
 今回は別のブースは無く、この時間で動いていたのはグッズ売店だけ。売店ではいるかが働いていました。
 
P1290009
 
 そしてその側では、カブが遊んでいました……って、なんで何の外連も無く居るの?(^ ^;)
 スポンサ契約についてアナウンスはまだですけど、無事契約更新と言うことでしょうか……。
 ちなみにまだ11時すぎ。スタートダッシュフェア開始は13時30分からなので、私は一度この場を離れ、ご飯を食べてから13時頃に戻ってきましたです。
 
P1290013
 
 さて時間になりました。
 
P1290016
 
 本日の司会、中西哲生氏登場です。寝てないそうです(^ ^;)を
 朝までなんとやらは大変だったそうです(^ ^;)サンデーなんとやらも。
 だからここではリハなしぶっつけ。
 
P1290025
 
P1290026
 
P1290027
 
 ふろん太とカブ、袖に退場。
 
P1290029
 
 トークショーの前に、リフティング名人によるショーが行われました。
 
P1290030
 
 でも、この会場は客席の段差が小さいので演台の足元も見えにくいと言うか大半の人が見えません=演技も大半足元が見えない。これは失敗だと思いますわ。
 
P1290034
 
 ただその演技についてはテチャーンも感心していましたです。
 
P1290040
 
 さて13時50分という処で、トークショー開始となりました。
 今回は、ふろん太とカブです。
 
P1290039
 
 ……まちがい。今回は相澤と谷口です。
 
P1290043
 
 さて今回も、トークショーでの会話の内容について書き留めた物を上げます。
 今回も聞き書きなので、不正確な処や聞き違えた処もあるかも知れませんがそれは御勘弁を(_ _)
 

哲生「トークショーしたこと有る?」
相澤「こんな大規模なものはないです」
谷口「はじめてです」

哲生「(相澤に)去年大ブレークした」
相澤「おかげさまで」
哲生「出場試合数は?」
相澤「22試合」
谷口「25試合」
相澤「(谷口は)去年から出ててうらやましい。
   ナビスコ予選の讀賣戦前の紅白戦で急にレギュラー組に入った。
   それまで全く予兆は無かった。
   日頃の行いがよかった?」

哲生「(相澤に)抜擢された理由は?」
相澤「調子は安定してた。紅白戦はまぁまぁだったが点も取られてない。
   試合に出た時は緊張した。
   しかし01年に初めて試合に出た時ほどは緊張しなかった」

哲生「記憶に残る試合は?」
相澤「ジュビロ戦アウェイ。ジュビロスタジアムは小さいのでジュビロサポ
   がうるさかった。(どんなやじ?)「あいざわしね」(笑えるやじ?)
   それを普通に言うのはおかしかった」
谷口「(相澤が正キーパになったことに対して)びっくりした。
   なんで正キーパーかは聞いてない。よかったと思います」

相澤「(谷口に)良さが通して出てた。
谷口「ボランチは高校でもやってたので戸惑いはなかった」
哲生「ボール取られるのは恐くないか?」
谷口「なるべく隠れてます」
哲生「おれも隠れてた」
谷口「簡単な処で受けて軽くはたく。とりあえず見えるところにパス。
   ほとんどケンゴにまかせる」

哲生「二人のバランスはいい、ケンゴは前に、タニは後ろに」

谷口「ケンゴとはプライベートなことも話している」
哲生「試合中?」
谷口「それはないです。
   試合中はDFと話す。ケンゴとは話さない」

谷口「(代表について)代表は……忘れちゃいました。
   世代別はツーロンで海外の選手とやってよかった。
   チェックは早い、というか汚い。危ない」

哲生「(谷口の反応が微妙なのに対して)ふだんもこういう感じ?」

谷口「選手の皆とは仲が良い。練習終わって銭湯に行くこともある。
   都倉、西山など」

相澤「(オフについて)26日までオフ。今年は新潟に帰ってない。
   ずっと家でごろごろ」
谷口「友達と遊んだり温泉(熱海)に行った。実家に帰っていた。寮は嫌い」
哲生「寮は確かに汚いけど(^ ^;) 昔は社員多いので選手の半分が寮に居た。
   あんなに安く住めるところはない」
谷口「温泉には昨日行った。一泊だったけど雪で帰れなくなって2泊。
   一年試合に出てだいぶ疲れたが、疲れは温泉でとれた」

哲生「(谷口の反応が微妙なのに対して)大丈夫?」

相澤「(旅行について振られて)日本が良い。ずっと家に居た。
   結婚の準備に忙しい。実は来週結婚する」
哲生「おれも結婚したい。元彼女が結婚しそうだ」
相澤「籍は今週中に。仕事はビジネスマナ教えてる人。年上」

(ここで谷口コメントしようとしたがマイクが調子おかしく振っても音でない
 スタッフつかつか……と近寄ると、マイクのスイッチ入れる(自分で切った?))

相澤「結婚したらますますがんばる」
谷口「まだしない」
哲生「まだできない。(谷口に)先にしないで」

哲生「去年一番嫌なチームはどこ?」
谷口「ガンバ。他は強いとは思わなかった」
相澤「ガンバ」
哲生「すごいと思った選手は?」
谷口「ジュビロの福西。体強いしボール取られない。手本にしたい」
哲生「じゃあ前にパスもドリブルもしないと」
谷口「(外国籍選手では)ガンバのフェルナンジーニョやアラウージョ。
   止められなかった、早い、ちょろちょろしてた」
相澤「久保。天皇杯で2点取られた。身体能力高い、ボールの貰い方とか
   違う。ちょっと危ないと思った。
   外国籍選手はたくさん居る」
哲生「でも外国籍選手ではジュニが一番すごいから、他の選手について特に
   意識しないのでは?」

哲生「最後のガンバ戦は見に行こうと思ったけど、全試合をチェックしないと
   いけないからTVで観た。目の前で優勝されてどうだったか?」
谷口「くやしい。でも来年優勝したいと思ったので良かった」
相澤「優勝したいと思った。
   ガンバは優勝にふさわしいと思った」
哲生「向こうの方が上手と思った?」
谷口「……はい」

哲生「去年1年試合して通用してる処は?」
谷口「ディフェンスは通用している。もっと攻撃に参加したい」
相澤「1対1は多くを止めたので自信となった。判断を早くスムーズにしたい」
哲生「後は場数をこなせば」

哲生「今年の目標は?」
相澤「目標は優勝」
谷口「いっしょです、はい」

哲生「サポータの暖かい声援は?」
相澤「力になってる、声は聞こえてる。天皇杯赤戦でも聞こえてた」
谷口「試合だけでなく、ケガしたときも励ましてくれた」
哲生「川崎のサポータは熱くて暖かい。すごくいい。選手も感謝するべき。
   サポともっと触れ合うべき」

哲生「最後に決意表明を」
相澤「今年は優勝ねらってがんばるので昨年以上の声援をお願いします」
谷口「いっぱいライバルが増えたので、まずはレギュラーを取るようがんばる。
   優勝目指してがんばります」
哲生「シーズンチケットお安くなってますので買ってね」


 
P1290049
 
 30分ほどのトークショーも終わり、抽選会となりました。
 今回は開幕戦ペアチケット(日時相手未定)、06年レプリカユニ(デザイン未定)などなど。……私は外れましたけどね(x x#)
 
P1290061
 
 また、今回出演の相澤・谷口それにテチャーンの公式戦使用ユニがプレゼントされましたこれは各選手の選択で相手が選ばれました。
 
P1290065
 
 抽選会の後は握手会が行われましたが、私はその前に帰ったので略ということで。
次は20日の新体制発表ですね、前回のような参加者の縛りはないみたいですけど、平日だから参加できるかどうかは判りません。
 ちなみに選手については、これからもう少し増える予定があるみたい……。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« 1 de janeiro de 2006 - 7 de janeiro de 2006 | Main | 15 de janeiro de 2006 - 21 de janeiro de 2006 »