« 14 de maio de 2006 - 20 de maio de 2006 | Main | 28 de maio de 2006 - 3 de junho de 2006 »

Posts from 21 de maio de 2006 - 27 de maio de 2006

2006/05/27

J2第18節柏対札幌@日立台

P1350977
 
 今年2回目の柏です。曇天です。
 
P1350979
 
 今日は日立ディなので社員は動員です(?)
 
P1350980
 
 私の現地到着は13時。大きなレイ君がピッチに居ました。
 
P1350982
 
 数分後にはやる気が無くなってました。
 
P1350984
 
 今日は柏対札幌です。でも巌はお休みフッキもお休み
 今回MR席(メインアウェイ側仮設)にしたのですけど、ここからでは仮設ビジョンは全体見えません……
 
P1350990
 
 13時半、札幌ピッチ練習開始。
 
P1350991
 
 間もなく、柏も。
 
P1350995
 
 この頃風を伴う雨でも私ポンチョ忘れてピンチ、という状態でした。試合前に何とか雨も止みましたけどね。
 
P1350996
 
 今日の審判陣。
 
P1350997
 
 札幌スタメン。大塚は居ます。
 
P1360003
 
 柏スタメン。岡山は居ます。あとノブリンも。
 
P1360004
 
 そして、柏バカ一代(^ ^;)って公認なのかコレ?(^ ^;)
 ちなみに近くに居たサポーロサポのかた曰く。「……右翼みたい
 いえ、これはこういう歌ですから(^ ^;)
 
P1360006
 
 うぃー!うぃー!うぃーうぃーうぃー!!
 
P1360008s
 
 今日のゲートフラッグ。
 
P1360007
 
 なおこちらは赤黒のゴール裏。
 
P1360018l
 
 ビッグフラッグ展開。
 
P1360021
 
 ユニフォームフラッグ展開。
 
P1360026
 
 ピッチで踊るレイ君。
 
P1360029
 
P1360030
 
 ピッチで祈るレイ君。
 
P1360031
 
 選手整列。
 
P1360053
 
 試合。は、前半8分過ぎから。カウンターから押し込み、クロス
 
P1360054
 
 をヘッドで
 
P1360055
 
 柏先制。
 
P1360091
 
 ノブリン。
 
P1360096
 
P1360097
 
 このまま柏がボコボコに……という展開ではなく、前半27分。アイカーがDFのスキマに流したボールをスナマコが。
 
P1360099
 
 同点。
 
P1360105
 
 前半31分くらい。突進していったディエゴを倒して
 
P1360108
 
 良い位置からFK。
 
P1360110
 
P1360112
 
 ボールは枠の外に。
 
P1360128
 
 前半ロスタイム1分はすぐに終了。
 
P1360130
 
 ハーフタイム。
 
P1360133
 
 後半は柏のキックオフ。
 
P1360149
 
P1360150
 
 柏の猛攻続きますが札幌は守ります。
 
P1360174
 
 後半23分。交錯したあとこぼしたボールをゴール! かと思いましたけどキーパーチャージでノーゴール。
 
P1360177
 
 頭を蹴られたのか、南はその後しばらく動いていませんでした。
 
P1360178
 
 結果的にケリ入れちゃったアイカーは黄紙。
 
P1360185
 
 3分程経って、ようやく起き上がりました。
 
P1360186
 
 この間に、ノブリンは戦術確認。
 
P1360190
 
P1360191
 
 なんとか、大事無いようでした。南はこのままプレイ続行です。
 
P1360193
 
 8594人。次のホームは讀賣戦だから1万2千来てくれ! と、あるお方が仰有って居られましたです(^ ^;)……なんだか聞いた事のある台詞ですね(x x;)
 
P1360205
 
 後半33分くらい。ゴール前のFKから。でもボールはそのまま外に。
 
P1360206
 
 見つめ合う二人。
 
P1360210
 
 再び、今度はコーナー後半35分。
 
P1360212
 
 そのボールを頭でゴールに押し込んだのは
 
P1360215
 
P1360217
 
 オカヤマ!!!! 
 
P1360235
 
 南の事もあって、後半ロスタイムは4分
 
P1360239
 
 それでも、ディエゴのコーナーキープなど柏は時間を効率的に削っていきます。
 
P1360243
 
 そして、試合終了。
 
P1360252
 
 柏2-1札幌
 
P1360249
 
 ……札幌勝てませんね。ううむ。
 
P1360253
 
 こちらは大喜びのホーム側。もちろんこの後は例の「あやしいおどり」に雪崩れ込みますが今回は項目を分けます、次の記事にて。
 
P1360254
 
 今日のすかーさまで、一先ず終わりです。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006/05/26

羽の生えた犬を探して(九州徘徊の2)

P1280007
 
 九州徘徊編その2です……とは言ってもじつはこれは、半年前の去年12月の話だったりしますけど、この機会に。
 12月11日に特急かもめで向かった先はここ(@nifty地図にリンク)。
 
P1280008
 
 「羽犬塚」です。いえ特急は久留米までで、そこからはワンマン電車でたらたらと行った いやはての先なのですけどね。「はいぬづか」と読みます。そうです、ここには文字通り「羽の生えた犬の塚」が有るのです! 
 
P1280010
 
 ……その真偽については後で検証するとして、まずは私の基本行動である徘徊の理由として、「羽犬巡り」をします。まずは駅前。
 
P1280011+1
 
 駅前にそびえるモニュメント(地図)。……いえではありません。
 
P1280011s
 
 「犬羽」と有る通り、これは羽犬のモニュメントです。
 
P1280013
 
 この羽は定期的に羽ばたくそうです。残念ながらその時は見る事できませんでしたけど(それを待っているだけの滞在時間はなかった)。
 
P1280078
 
 これは横から見た図。かなりでかいです。
 
P1280018
 
 背後の姿にもぬかりはありません。それにしても、羽ばたく姿は観ておきたかったですわ。
 
P1280019
 
 ちなみにこんな「サンリオ風味」の看板も(^ ^;)駅前の羽犬塚中央商店街が作ったそうで。
 
P1280021
 
 さて。駅前から諏訪通りをしばらく進み、国道209号線との交差点でに曲がります。
 筑後県税事務所のそば(地図)。
 
P1280076
 
P1280024+1
 
 久留米市と高田市を結ぶ国道209号線と、大川市と大分市を結ぶ国道442号線が交差する山の井交差点に設置されている羽犬像で、2番目に設置された羽犬像だそうで。
(つまりこの周辺には幾つも羽犬像が有るわけです。もちろん全部観てきました、以降で紹介します)
 
 大きく広げられた羽を持つ犬。まぁ羽犬というイメージからはどうしてもこうなるのでしょうね、基本的なイメージはどれも同じです。
 
P1280034
 
 二つつめは今来た道を戻り、駅からの道との交差点をさらにそのまま進みます。そして到着したのは筑後市役所前(地図)。
 
P1280035+1
 
 これはアゴを上げ、胸を張っています。
 
P1280043
 
 ちなみに筑後市役所にはこんな掲示が。「九州新幹線船小屋駅決定!
 すこし詳細を説明しますと、九州新幹線鹿児島ルートのうち、久留米と(新)大牟田の間にできるという駅が船小屋駅です。というか、ルート概要図を見ても判る通りでこの辺だけ妙に駅が密集しています。
 新玉名も気にはなりますけど、それ以上に船小屋は不思議ですね。この辺は筑後市なのですけど、市の中心部は隣の羽犬塚ですし、実際従来線特急も羽犬塚に止まります(時々ね)。 観光地としての船小屋温泉郷の意味……でも、普通に考えてもこの選択は不思議です。なぜ船小屋に新幹線を停めるのか……なんだか不思議ですね。
 
 webを探っているうちに、「新幹線駅は新船小屋駅ではなく古賀駅だ」という感じの記述も。いえ、福岡に古賀市は有りますけどそれは場所が少し違うです。なぜ古賀なのでしょうね。古賀って誰……いえなんでもありません。まぁ、ここに新幹線駅ができた理由は、できた時に駅前に行けば判ることなのでしょう。
 
 話が脱線しました。羽犬巡りに戻ります。
 
P1280045
 
 四つめの、そして最後の羽犬像は道をさらに進んだこの羽犬塚小学校前に在ります(地図)。
 
P1280044
 
 そばの掲示に依れば、この小学校が在る場所には、大名が遊猟・領国内巡覧などの際に休泊する本陣である「御茶屋」が在ったとか。
 
P1280047
 
 そしてこれが小学校前の羽犬像。
 
P1280048
 
 台座正面に描かれているのは豊臣秀吉。後述しますが、羽犬伝説には秀吉が大きく関っています。
 
P1280049
 
P1280067+1
 
 地上に降り立った瞬間でしょうか、この犬が一番動きが見えますね。
 
P1280061
 
P1280063
 
 さて。羽犬像巡りの次に、ついに羽犬塚に向かいます。
 とは言ってもこのお寺、宗岳寺は羽犬塚小学校のすぐ隣です(地図)。
 
P1280064+1
 
 これが羽犬塚です。門入ってすぐの処に在りました。立派な石塔が建っています。
 
 
 
 ではここで、この伝説についてすこし検証してみます。
 
 資料を探してみますと、「羽犬塚」という地名の由来として一般的に伝わっている伝説として「悪犬説」と「愛犬説」のふたつが有るそうです。これらは共に江戸時代に記述された書物に記載されている話ということですが、その内容は以下の通り正反対です。

 悪犬説: 昔この土地で「羽のある獰猛な犬」が暴れていた。豊臣秀吉が九州征伐の時にこの犬を退治し、成仏させるため塚をつくって弔った。
 愛犬説: 九州征伐の際に秀吉は「まるで羽でも生えているかのようにすばしっこい」犬を連れていたがこの地で死んでしまったため、秀吉が悲しんで塚を築いた。
 どちらも秀吉の九州征伐【天正15年(1587年)4月と明記している掲示もあった】を基礎としていますが、しかし実際には塚が築かれた時期とは大きくズレているということだそうで、その時点でかなり無理が有るよう。身も蓋もなく言えば、これらは後から作られた話なのでしょうね。
 
 となると、「はいぬ」という音から「羽犬」に転じて、そこから逆に意味が作られたのではないかという推理を私も推します。その線では、「駅馬(はゆま)塚」、「駿馬(はやま)塚」、「端犬(はいぬ)塚」、「灰塚」などから「羽犬塚」に転じたという説が有るそうです。でも私の拙い知識ではこの辺はこれ以上追求できません。
 
 では実際に有るこの「塚」は一体何なのか? これについては、昔このあたりで殿様が狩りの練習のため「犬追い」をしていて、その際に追われた多くの野犬の霊を弔うために立てられた犬塚が地名として残ったのではないかという推測を見つけました。
 
 尤も野良犬を弔うための塚としては「立派すぎる」とは思いますが、それにしても「塚を造ることになった」位ですからそれだけの殺生をしてきた結果として建てたと考えると、なんとか納得できます。
 しかしその立派すぎる「犬塚」を見てこれが単なる「野良犬供養の塚」と思わなかった人が出たのも不思議ではないです。ここにはよほどの「立派な犬」が弔われて居るんだろうな、という発想から、いつの間にかここには「化け犬」が弔われているという大仰な話になってしまったのでしょう。そしてこの塚は「はいぬ塚」。転じて「羽犬塚」つまり「羽の生えた化け犬」ということになってしまったのでしょうか……。
 
 これらに対する旁証は、既にこの記事中にも出てきています。それはこのお寺は、『大名が遊猟・領国内巡覧などの際に休泊する本陣である「御茶屋」』そのすぐ側に在ると言う事。「犬追い」で殺傷した野良犬の供養塚を遊猟の際の本陣側に築く事に何の違和感も有りません。これがこの塚の本当の意味なのでしょう。
 
P1280065
 
 実際。この塚に建てられている石塔には「犬の塚」としか書かれていませんでしたから。
 
 とわ言えその起源を別としても、羽の生えた犬が居たという話自体は面白いですしそれが地名の由来というのも面白いから良しとします。
 別の用のついでとは言え(この時は長崎での天皇杯観戦目的で九州に来ていた)私をこんな処まで来させたのですからね。(年賀状用の写真素材として使うためという目的でも有りましたです。戌年向けのネタとしてはもってこいと思いましたから)
 今年の年賀状についてはこちらを参照してくださいな。
 
 
P1280079+1
 
おまけ:
 羽犬は筑後市のマスコットにもなっています。でも名前が「チク号」ってそれは余りにもベタでわ?(^ ^;)
てな処で、この項終わりです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006/05/24

殺伐とした鹿島戦でもカブを愛でて癒されたのでした、アウェイサポ以外は。

カブ、可愛いよカブ(x x;)

 


P1350703+1
 
 試合前は、鹿サポも比較的温厚でした、と思います。カブもその前で芸を見せる事ができるくらいにはね。
 
P1350705
 
 と、いうわけでまずは試合前。13時30分頃。
 
P1350706
 
 時折ポーズを取るカブ。……少し違和感がありますけど、「根っこ」が伸びたり縮んだりする事自体は今までにもよくある事でしたから。
 
P1350707
 
 タッチ。
 
P1350710
 
 タッチ。
 
P1350708
 
 ちなみにその頃ふろん太はホームメイン角のココに。
 
P1350712
 
P1350714
 
 じゃあ、控え室に戻りますカブ
 
P1350715
 
 じゃあ、控え室に戻りますふろん太
 
P1350716
 
 と、呼び止められたふろん太
 
P1350718+1
 
 コアエリアをバックに記念撮影。
 



 
P1350721
 
 14時過ぎ、再登場なカブふろん太
 
P1350722
 
P1350723
 
 ふろん太最敬礼。
 
P1350726
 
 ボールパーソン紹介を二人で出迎え。
 
P1350728
 
 何故かタンカに寝そべったふろん太、てのは写し損ねましたけど起き上がる処。
 
P1350729
 
 お付きの人「ふろん太、大丈夫か?」
 ふろん太「ぼくは大丈夫だけど……」
 
P1350731
 
 カブは……大丈夫? 
 
P1350732
 
 取り敢えずふろん太はそれ以上カブを気にしていません。
 
P1350734
 
 カブ「どっこいしょ」
 
P1350735
 
 カブふろん太「わーい」
 
P1350736+1
 
 カブ「やっぱりつかれた」……??
 
P1350737
 
 黙って横を通り過ぎるふろん太……。
 
P1350745
 
P1350746
 
 ここからは試合開始直前。
 
P1350750
 
 ふろん太カブぅ!」と駆け寄る。
 
P1350751
 
 ふろん太「もうすぐ仕事だよぉ!」
 
P1350752
 
 カブ「はーい」
 
P1350756
 
P1350757
 
 そして選手入場。
 選手と共に声援に応えるカブふろん太
 
P1350758
 
 そして最近は、カブの位置決めを手伝うとすぐに自分の位置に移動するふろん太なのでした。
 



 
P1350835
 
 さてハーフタイム。いつものようにアウェイ側ゴール裏にも行こうとしたらブーイングされてあわてて逃げるふろん太(- -;)
 
P1350836
 
 こわごわと、それでもアウェイ側に手を振るふろん太
 
P1350838
 
 ふろん太「僕をいぢめると、後で恐い事が起きるんだよぉ」
 
P1350840
 
 コア前で入れ代わり。
 
P1350843
 
P1350844
 
 跳ねるカブも、ハーフタイムこの後アウェイ側までは行かなかったような? 
 
 


 
P1350934
 
 試合終了ちょい前。バックホーム角で待機するふろん太カブ
 
P1350936+1
 
 コールに合わせて踊るふろん太カブ
 
P1350945
 
 そして試合終了、お立ち台と共に前に。ふろん太カブ、バロムクロス。
 
P1350946
 
 そしてその場で回りながら踊るふろん太カブ
 
P1350952
 
 バンザイな、ふろん太カブ
 
P1350953
 
 すごいぞクローツな、ふろん太カブ
 
P1350962
 
 表彰が終わると、今日もスタンドを周回。
 
P1350963+1
 
 コア前のカブ
 
P1350966
 
P1350967+1
 
 お子様に大人気のカブは、今日もカブでした。
 
P1350970
 
 もちろんふろん太もスタンド回っていましたよ(^ ^;)
 てな処で。
 
 
 



 
 次のカブの登場は……6月07日(水)19時、ナビ杯準々決勝第2戦対浦和戦のはずですけど危険なので出てこないかも(^ ^;) 
 




2006年のカブ
01/20 新体制会見
02/26 PSM対大宮戦
03/05 対新潟戦
03/21 対東京戦
04/02 対千葉戦
04/16 対大宮戦
04/26 ナビ杯対京都戦
04/29 対清水戦
05/07 対桜大阪戦
05/17 ナビ杯対大分戦
 
※2005年のカブについては、この記事から参照してくださいな。

2006年のそれ以外
03/11 福有(カブは居ません)
04/15 日立台(カブは居ません)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/05/22

ナビ杯第6節川崎対鹿島@等々力

P1350696
 
 ひさびさの快晴、それも雲一つ無い5月の等々力です。
 
P1350701
 
 私が現地に到着したのは13時半くらい、席を確保したその頃ピッチでは審判団が周回をしていました。
 
P1350702
 
 今日のマッチデイ表紙は丸子、ほかにニフティのワールドカップサイトのパンフ(シール付き)を配っていましたです。他の競技場でも配っていたのかな? 
(このブログ右下の方に張ってあるユニフォームも参照してくださいな(^ ^;))

 
P1350717
 
 今日はナビスコ杯グループリーグ第6節川崎対鹿島です。川崎はすでにトーナメント進出決定ですが(2位になっても2位最下位にはならないから)鹿島は負けた場合他のグループの展開ではここまでの危険性があります。さて。
 
P1350720
 
 ちなみに天気良すぎて暑かったです、フジのTVカメラにも日除けが掛けてありました。
 
P1350733
 
 14時15分、キーパー練習開始。
 
P1350738
 
 14時23分ピッチ内アップ開始。
 
P1350739
 
 その頃のアウェイ側スタンドはこの状態。
 若干空席が見えましたです、アッパーもサイドスタンド部分のみでしたし。
 
P1350698
 
 今日の段幕。「全ての悔しさを糧に2006.11国立へ
 その前に目の前の試合に勝たないと。
 
P1350741s
 
 そしてこれは川崎の新しい看板スポンサー、「ガンプラ」です(^ ^;)
 スポンサー料は「現物支給」では無いでしょうね?(^ ^;)を
 
 
P1350743
 
 鹿島スタメンの皆様。
 
P1350748
 
 川崎スタメンの皆様。GK吉原以外はいつもの。
 
P1350749
 
 審判スタメンの皆様。扇谷先生もアレですけど第四審はもっと……
 
P1350754+1
 
 ビッグフラッグ今日は展開。
 
P1350755
 
 整列。
 
P1350778
 
 さて試合……は、やたらとカードが出ましたです。両チーム合わせて8枚ですけどね。
 
P1350786
 
 前半25分頃ビッグチャンス! 
 
P1350787
 
 も、ボールは枠の外に、残念。
 
P1350789
 
 しかしその直後、ゴール前に送られたボールは
 
P1350791
 
 枠の中に。
 
P1350792
 
 川崎先制です。
 
P1350794
 
 大喜び。
 
P1350795
 
 でこの時点ではジュニの得点と発表されましたけどどうみても……結局、オウン選手のゴールでした。
 
P1350816
 
 で、今日も難無く行くかと思いましたけど数分後の前半38分、ミスからボールを前に送られてしまい
 
P1350817
 
 ゴール。
 
P1350819
 
 あっさり追い付かれました。
 
P1350824
 
 試合はそのまま。これは前半43分くらい(^ ^;)倒したことにされてFKとられ怒るユースケ(^ ^;)
 
P1350833
 
 前半ロスタイム1分も、そのまま終了。
 
P1350841
 
 ハーフタイム
 
P1350848
 
 さて後半。
 
P1350865
 
 鹿島のGK小澤はそれなり堅かったです。
 
P1350876
 
 さて後半20分過ぎ。マルコン倒されて? アレックスミネイロ黄紙2枚目で退場
いや正直アレックスミネイロ居なくなった事に気付いてなかったです私(^ ^;)
 
P1350877
 
 年長者は大事にしてください。
 
P1350892
 
 リーグ暫定首位、ナビ杯も首位、相手は鹿島、良い天気。という好条件の結果か、この日は13024人とそれなりの集客でした。
 
P1350897
 
 さて後半30分の交替となると、当然クローツin、ガナハ
 
P1350898
 
 ではなくマルクスとの交替! 勝っていたらサハラinだったのでしょうか。
とまれ恐怖のジュニ・ガナ・クロの三連星による超攻体制です。
 
P1350907
 
 そしてそのクローツが今日も交替数分後、後半35分に
 
P1350908
 
P1350909
 
 ゴール! 勝ち越しです。
 
P1350921
 
 後半41分、タニout ハラタクin。
 
P1350927+1
 
 赤い皆様。
 
P1350928+1
 
 青黒の皆様。
 
P1350937
 
 そしてロスタイムは4分……も、この頃は一人多い事もあって、川崎はだらだらボールを回して時間を潰す鹿島仕込みのサッカーに終始。
 
P1350938
 
 しかし鹿島も攻めこむ事はできずそのまま。
 
P1350941
 
 川崎の弱点だったロスタイムも、克服しつつあるのでしょうか……試合終了。
 
P1350942
 
 川崎2-1鹿島
 
P1350943
 
 今日のすかーさま。アウェイがわ。
 
P1350950
 
 鹿島の選手はブーイングを受けてました。
 
P1350948
 
 今日のすかーさま。ホームがわ。
 
P1350954+1
 
 今日の「あんたが大賞」は決勝点のクローツ、賞品は「鹿島田塩せんべい」
またダジャレ路線?(^ ^;)
 
P1350959
 
 そして、他会場の結果
 川崎の準々決勝の相手浦和、第1戦6月3日(土)15時アウェイ駒場、第2戦6月7日(水)19時ホーム等々力です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006/05/21

ナビ杯大分戦にてカブを愛でたのでした。

カブ、可愛いよカブ(x x;)

 
 
P1350280
 
 まず試合開始前のふろん太カブ
 
P1350281
 
 選手紹介のビデオに合わせて反応してました。
 
P1350283
 
 縮んだり。
 
P1350295
 
 回ったり。
 
P1350299
 
 バンザイしたり。
 
P1350305
 
 走ったり。
 
P1350306
 
 傾いたり。
 
P1350313
 
 帰ったり(^ ^;)を
 



 
P1350468
 
 ここからはハーフタイム。
 お付きの人により添って登場のカブ
 
P1350469
 
P1350470
 
P1350471
 
 アウェイサポにも一礼するカブ
 
P1350473
 
P1350476
 
P1350477
 
 バックスタンドにもポーズ取るカブ
 
P1350478
 
P1350488
 
 その先でふろん太と入れ替わりカブ
 
P1350490
 
 ここからはふろん太
 
P1350495
 
 華麗なステップのふろん太
 
P1350497
 
 そのままアウェイスタンド前を通ってメイン側に
 
P1350500
 
 進んだのですけど、途中で引き返して戻ってきましたふろん太
 
P1350501
 
P1350502
 
 そのままスタンドの中に入ってきたぞふろん太
 
P1350503
 
 コンコースでお子様に取り囲まれるふろん太大人気。
 
P1350507
 
 さらに階段を昇るふろん太
 
P1350508
 
 アッパースタンドに登場ふろん太
 
P1350509
 
 目の前を通過ふろん太
 
P1350510
 
 そのまま、修学旅行生の処にすすむふろん太
 
P1350512
 
 ……のはずだったですけど通路でもみくちゃの結果ハーフタイム終了で時間切れ。
引き返しちゃいました。
 
P1350569
 
 修学旅行生さんにはこのふろん太でガマンして(^ ^;)を
(修学旅行生は試合終了後にグラウンドレベルに下りたそうなので、ふろん太とはその時に相手してもらえたのではないかしらね)
 



 
P1350664
 
 そして試合終了後。
 
P1350674
 
 バンザイするふろん太カブ
 
P1350683
 
 メロンだふろん太カブ
 
P1350687
 
 表彰終了後は
 
P1350691
 
P1350692
 
 いつもの通りスタンドを回るふろん太カブでした。
 



 
 次のカブの登場は、5月21日(日)15時、ナビ杯第6節 対鹿島戦です。って今日だよ(^ ^;) 
 




2006年のカブ
01/20 新体制会見
02/26 PSM対大宮戦
03/05 対新潟戦
03/21 対東京戦
04/02 対千葉戦
04/16 対大宮戦
04/26 ナビ杯対京都戦
04/29 対清水戦
05/07 対桜大阪戦
 
※2005年のカブについては、この記事から参照してくださいな。

2006年のそれ以外
03/11 福有(カブは居ません)
04/15 日立台(カブは居ません)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 14 de maio de 2006 - 20 de maio de 2006 | Main | 28 de maio de 2006 - 3 de junho de 2006 »