« 下関を徘徊してきたです | Main | オカヤマplayback2003-2006 »

2007/01/06

門司を徘徊してきたです

昨日の続きですけど、今日で終わりです。

P1530834
 
 お宿を出てから、再び関門汽船の待合室に。海の向こうまでは390円。
 
P1530837
 
 今日は日本全国そうだったみたいですけど、下関も雨でした。
 
P1530838
 
 門司は少しは雨弱かったですけどね。門司港駅到着。
 
P1530839
 
 以降はこの辺を徘徊です。
 
P1530841
 
 このビルの上の展望台へ。
 
P1530843
 
 関門橋も霞んでます。
 
P1530844
 
 でもまぁ足元はまだそれなりに見えます。手前が門司港ホテル、その奥に門司港駅などなど。
 
P1530846
 
 門司港駅も線路端の駅なので、ドイツの駅みたい(^ ^;)
 
P1530847
 
 これは門司港駅隣の九州鉄道記念館
 
P1530848
 
 というわけで、「特急にちりん」です(^ ^)
 
P1530849
 
 今日のすかーさま。
 
P1530851
 
 さてここから電車で移動です……ではなく、にちりんの中。
 
P1530852
 
 トイレもあるけど使っちゃ駄目。そりゃそうでしょ(^ ^;)あわわ
 
P1530855
 
 雨も酷いけど、風がもっと酷かったです。傘買ったのに用を為さないくらいで。
 海の向こう側には、昨日行った海響館。
 
P1530854
 
 なんとかじたばたしながらこの施設に到着。「海峡ドラマシップ」なる施設でした。でも「門司港レトロ地区の中核施設」と称していましたけど、レトロの中に唐突に近代的ガラス壁のビルというところが妙なのか、回りの雰囲気からは浮き上がっていたような。
それはそれとはしておきますけど。
 
P1530859
 
 中は吹き抜け型の映像設備と、この地ゆかりの話を人形で構成した展示など。
 感想は……
 
P1530858
 
 ちなみに入り口に飾ってあったのぼり。そうですね缶と言えばスチールですね当然ですね新日鐵八幡製鉄所なんか関係有りませんよね。
 
P1530862
 
 後はその辺の古っぽい建物を眺めながら徘徊してましたです。
 
P1530864
 

 これは古くはありませんけど。……ちなみにこのホテル、福岡に建つホテル・イルパラッツォとイメージが重なりますけど関係有る? 
……調べてみると同じ設計者でした、なるほど。
 
P1530865
 
P1530868
 
P1530869
 
 そして門司港駅。ここに来たのはうん十年ぶりのはず。子細は聞くな。
 
P1530871
 
 大昔はこの下を潜って「さっき乗った渡船」で本州に渡ったと言うことですけど、さすがにそんな昔のことは私は知りません(^ ^;)
 
P1530872
 
 とは言っても、外見がどうであっても自動改札でした(^ ^;)
 
P1530878
 
 0哩標で、今回の徘徊は終了。この後は空港に移動して飛行機に乗って帰りました、とか何とかは省略と言うことで。
この項ここまで。

|

« 下関を徘徊してきたです | Main | オカヤマplayback2003-2006 »

2007にっき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 門司を徘徊してきたです:

« 下関を徘徊してきたです | Main | オカヤマplayback2003-2006 »