« 小瀬では再びヴァン君を愛でる、あれ見慣れたイルカも再び | Main | 霞ヶ丘開催での甲府戦でも、カブふろん太を愛でる。そしてもはや見慣れた甲斐犬も再び……でもてんけんくんはどこに?  »

2007/07/16

07年ナビ杯準々第2節川崎対甲府@霞ヶ丘

もちろん今回は書く気満々ですよ、ちと疲れてますけど(x x;)
 それにしても、今日はいつも以上に声を張り上げてしまいました、喉痛い。

P1630034
 
 台風接近でどうなることやらな状態でしたが、結局直撃も無くなり実施ということに。と言うわけで、ナビスコ杯準々決勝今日はホームです、でも本来ホームの等々力競技場ではなにやら「世界的イベント」実施とのことで。
 
P1630035
 
 小杉駅から電車で川の向こうへ移動です。
 
P1630037
 
 大江戸線国立競技場駅に抜けるつもりがうっかり渋谷まで出てしまいましたので、外苑前からてくてく歩いていきました。
 
P1630038
 
 バックスタンド裏を通過。。
 
P1630039
 
 青山門ははくばくの人が一杯でした。
 
P1630040
 
 外周をぐるりと廻って
 
P1630041
 
 千駄ヶ谷門も人が一杯でしたけど、こちらは水色黒の人が大半。
 
P1630067
 
 さて改めて、本日はナビスコカップ準々決勝第2戦、川崎対甲府戦です。
 第一戦は甲府3-2川崎。
 
P1630110
 
 甲府からいらっしゃった青赤な皆様。
 
P1630113
 
 こちらはホーム側の水色黒。
 
P1630112
 
 甲府スタメン。
 
P1630115
 
 川崎スタメン。カムさんは? 
 
P1630116
 
 審判スタメン、ジョージ登場。
 
P1630132
 
 ビッグフラッグ展開。
 
P1630133
 
 と、落ち着いていた天気も、試合開始後まもなく霧のような雨が。
 
P1630153
 
 という天気だったので、入場者数も1万107人でした。
 
P1630154
 
 試合は……今日は最初は先の試合ほどゆるい感じはありませんでしたけどユースケのミスからこれもあっさり失点。それでも、頭をケガしてなお出てきていたタニが前半29分そして後半19分にゴール前の混戦から押し込んで遂に勝ち越し。
 これで終われば良かったのですが後半29分にまた失点これも須藤。しかもユースケ下げて井川inで守りを固めてのコレですから、失点直後ベンチに座っていたユースケが怒ってドレッシングルームに戻ってしまいました(今回S席でメインに居たのでその様子がはっきり見えた)。
 でも、今日はこれで終わりませんでした。ロスタイム寸前、井川が突破からゴール前に送り出したボールを大世が押し込んで、3-2で前後半終了。勝ち数も総得点もアウェイゴール数も一致してしまいましたので……
 
P1630155
 
 試合は遂に延長戦に。(前後半15分ずつ。Vゴールなし)
 
P1630158
 
P1630159
 
 ただ。とにかく力押しでの攻撃サッカーの甲府にとってはここまできての延長はきつかったようです、延長にはいると動きは悪くなりましたし脚つる人も続出で。その状態だから付け入るスキは有ると思ったのですが実際。最後に甲府のゴールを切り裂いたのは、後半40分過ぎというギリギリの処で投入されていた、クローツでした。
 
P1630160
 
 川崎3-2甲府
2戦トータル:川崎5-5甲府(アウェイゴール川崎2-2甲府)
延長戦
 川崎1-0甲府
 
 ギリギリの境界線をなんとかかいくぐり、川崎は今年もナビスコ杯準決勝進出です。
 
P1630162
 
 今日のすかーさま。
 
P1630172
 
 もう今日は何度も駄目だと思いました。それでも、それもこの面子で勝つことができたのです。最も苦しい時期を、最後は勝つことで乗り越えることができました。
 
P1630173
 
 これで来月までしばらくお休み。北海道キャンプを経ると、川島や憲剛、そして馬絹も戻ってきますし、チマルも出てくるでしょう。中断あけが楽しみです。
 
P1630207
 
 そして。国立霞ヶ丘にも。必ず戻ってきます。
(註:10月7日は考慮外(^ ^;))

|

« 小瀬では再びヴァン君を愛でる、あれ見慣れたイルカも再び | Main | 霞ヶ丘開催での甲府戦でも、カブふろん太を愛でる。そしてもはや見慣れた甲斐犬も再び……でもてんけんくんはどこに?  »

2007ふろんたーれ」カテゴリの記事

Comments

昨日はお疲れ様でした。
あの、メンツでよく勝てましたね。第1戦の内容がひどすぎただけにテセのゴールが決まるまではあきらめてました。そしてPK戦は勘弁と思ってたので、黒津が決めてくれてよかったです。
森が怒って消えたって本当ですか。
お前があんな凡ミスしなきゃこんなに苦労しなくてすんだんだろって思いますけど。
怒りの矛先は自分であったのかもしれませんが。
中断明けは場合によっては、久木野にレギュラー奪われる可能性もありますね。

Posted by: エフ太 | 2007/07/16 15:44

エフ太 さん。
 ユースケの件は「見たまま」ですので、本当に怒ってベンチを離れたのかは
分かりません、ただタイミング的はまさに失点の直後でした。でも怒るにしても
ピッチでボトル蹴飛ばしたりベンチで副審に吠えたりしないだけ、以前よりは
感情を制御できているようには思います(裏方で暴れた節もないですし)
 
 ファン感でも普通でしたので、特に後を引きずってもないよう。
 まぁ今回は自分のミスと監督の采配ミス(ユースケにとって自分の交代は
そうだと思っていたでしょう)が致命的な結果に至らなかったので、よしと
して欲しいです。
 

Posted by: ぐんちゃ  | 2007/07/18 16:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 07年ナビ杯準々第2節川崎対甲府@霞ヶ丘:

« 小瀬では再びヴァン君を愛でる、あれ見慣れたイルカも再び | Main | 霞ヶ丘開催での甲府戦でも、カブふろん太を愛でる。そしてもはや見慣れた甲斐犬も再び……でもてんけんくんはどこに?  »