« 3 de junho de 2007 - 9 de junho de 2007 | Main | 17 de junho de 2007 - 23 de junho de 2007 »

Posts from 10 de junho de 2007 - 16 de junho de 2007

2007/06/11

07年J1第14節名古屋対川崎@豊田ス


 試合前までの徘徊については前の書き込みを参照してくださいな。
 
P1620378
 
P1620379
 
 6月9日15時過ぎ。ご飯を食べてから地上に上がると、外は大雨になっていました。
 
P1620380
 
 取り敢えず栄のクラブグランパスへ。
 
P1620382
 
 グランパス君。
 ここではグララのぐるみを買ったくらいです。
 
P1620384
 
 クラブグランパスのレジのお嬢さんに行き方を確認した後、地下鉄経由で豊田市駅に。
同じ電車に社長も乗ってたw
 ここからは歩きでも別に問題有りませんでしたけど、写真の通りということで今回はシャトルバスに乗ってみました。
 
P1620386
 
 バスは背後を回り込む感じで、豊田スタジアムに到着しました。
 
P1620388
 
 屋根が閉じているのが見えます。
 
P1620390
 
P1620391
 
 ピクシーゲート前を通過。
 と、この際に通りすがりのお嬢さんの会話が、多少うわずりぎみに響きましたのです。
「あードキドキしてきた。だってとうとう初めての『生ケンゴウ』よ!」
 ……思わずというか突っ込み入れたくなったのは当然でしょうか(^ ^;)
 いやこっちなんか『生憲剛』は毎試合のように見てますし(^ ^;)というか等々力や麻生、ファン感での選手密着状態を見たら卒倒しかねませんわね、とも思った。
(ぜひ等々力にいらっしゃい(*^ ^*))
 それと、こういう方々が、オールスターでの憲剛の票を積み上げているのだろうなぁ、とも。
 
P1620401
 
それはそれ、
 本日は名古屋対川崎@豊田スタジアムです。
 
P1620392
 
 本日はメインの中段カテゴリー4です。傾斜はこの通り、各席にバーが着いているくらいです。
 
P1620394
 
 パコが居ました。……すまん今回そっち系の写真は少ないので別枠は無しです。
 
P1620397
 
 自分が座り込んだ席からは、ピッチはこんな感じ。
 
P1620407
 
 ホーム側ゴール裏は仮設席を前に展開していました。
 
P1620408
 
 でもアウェイ側は畳んだまま。元よりアウェイ側が来るという想定はなかった? 
 
P1620395
 
 今日は最上段も閉鎖だそうですし。
 
P1620398
 
P1620399
 
 屋根は完全に閉じてます……けど、アウェイアッパー最後尾だと濡れちゃう? 
 
P1620425
 
 スタメンはまとめ表示がなかったので、こちらで。
 カムさん復帰、タニもサブに。というのに、今度は馬絹が負傷離脱……。
 ガナもまだ復調していないのか、今回は遠征から外れています。
 
P1620410
 
 そしてサブには大世……というコールの際に、メイン背後に大歓声が。振り返ると横断幕。そういえば大世ってこっちの出身でしたっけ。
 
P1620411
 
 これは名古屋の選手? 
 
P1620400
 
 味噌かつ弁当を食べました。
 
P1620412
 
P1620414
 
 グラン巻を食べました。試合開始前と、ハーフタイムに一本ずつ。
 お腹もちは良かったというか、良さ過ぎでちともたれた(^ ^;)
 
P1620415
 
 試合開始直前、アウェイ側。
 
P1620416
 
 試合開始直前、ホーム側。
 
P1620419
 
 選手入場(代理)。
 
P1620444
 
 入場者は2万1190人だったそうです。
 
P1620450
 
 名古屋2-2川崎
 開始早々のアレが……でもそれでも、良く追い付いたものです。にしても馬絹の離脱は今後も影響でそうか。
 
P1620454
 
 今日のすかーさま。
 
P1620459
 
 と言うわけで、夜の豊田スタジアムを離脱。
 
P1620458
 
 骨骨の橋を渡って帰りました。
 ……途中で銭湯に入って汗を流し、新豊田市駅前から高速バスで。
 で、東京駅到着後はまっすぐ帰って、日曜はほぼ寝て過ごしたです。
今回はここまで。次節はホーム、等々力で柏戦です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007/06/10

モリコロパークを徘徊してきましたです、草壁さん家にも。

 
P1620251
 
 6月8日金曜日夜、東京駅前から出発です。
 
P1620252
 
 今回は往復深夜バス夜行高速バスです。
 
P1620254
 
 6時前に新豊田到着。……雨です。
 
P1620258
 
 取り敢えずスタジアム手前の川の前まで移動。
 
P1620259
 
 屋根は閉まっていました。
 
P1620260
 
 で、このままスタジアムで待つ……訳もなく(^ ^;) デニーズで朝御飯を食べた後、環状鉄道で移動
 
P1620262
 
 八草で乗り換え。……以前来た時と駅の風景が大きく変わっていました。
 
P1620263
 
 リニモで移動……するとまもなく
 
P1620264
 
 懐かしい(?)建物が見えてきました。グローバルハウスです。いえ違います
 と言うわけで、2年ぶりの愛地球博会場(跡)再来訪です。
 
P1620265
 
 パビリオン関係はほぼ無くなっていましたが、まだ大半は造成中でした。
 
 ちなみに2年前の記事は以下の通り。
 

05/06/18 万博1日目
05/06/19 万博2日目
05/07/02,07/03 愛知の万博を徘徊する(3日目と4日目)
 
05/10/16 万博の跡を徘徊する(会期終了後)
 
P1620268
 
 万博メインゲート前の駅だった処に到着。

P1620266
 
 万博記念公園の愛称は「モリコロパーク」です。
 
P1620267
 
 北口ゲートの設備も完全に無くなり、ゲート前の広場も今は車道です。
(道の曲がり方に痕跡だけ残っている感じ)
 
P1620270
 
 現地到着は8時少し前。開門は8時でしたので、少し待つことに。
 
P1620276
 
 トヨタや日立のパビリオンが有った方面、まだ造成中。
 
P1620279
 
 モリコロが居ました。
 
P1620277
 
 さて博覧会中はグローバルハウスとして使用していたこの建物ですが、両翼とも元の機能に復元されていました。
 
P1620281
 
 右翼はアイススケート場
 
P1620284
 
 左翼はプール。
 
P1620285
 
P1620286
 
 マンモスの獄門台は撤去されていました。
 
P1620290
 
P1620288
 
 そのまま、池に沿って進みました。
 ここは旧日本ゾーンだった処のはず。
 
P1620289
 
 この建物には記憶無いですけど、位置的には愛知県館が有った処のはず。
 
P1620292
 
P1620293
 
 これは万博会期中にも在ったみたいですけど、覚えてないな。
 何か景色が大きく違うと思いましたのですけど、どうやらグローバルループが無くなっているからだと思います。万博中は基本的に位置関係をグローバルループを元に考えていましたから。
 
P1620301
 
 これは会期中にも在ったです。この看板自体は記憶に怪しいですけど。
 
P1620302
 
P1620303
 
 この辺の施設は博覧会前から在って、博覧会中もパビリオンとして使用していたです。
サイやキリンは記憶無いですけど。
 
P1620304
 
 この広場も記憶有りますね、万博中は屋根も在ったように思いますけど。
右端建物内はモスバーガー。万博中は違っていたと思う。
 
P1620305
 
 そして観覧車。これは万博当時のまま。中央のディスプレイは有りませんけど。
 
P1620306
 
 その足元。この色の違う部分は……モリコロメッセが在った場所? 
 
P1620312
 
 さて、ふらふらしている内に9時となりましたので、ここに。
 万博記念館です。万博当時は迎賓館だったそうで。
 ※万博の時はこんなものがこんな処に在るとは気がつきませんでした。
 中は万博中に各パビリオンなどで展示されていた(けど持って帰るのが面倒と置いていった)物品がいろいろと展示されていました。中は写真撮影禁止ということで。
 
P1620317
 
 モリコロにはここにも。
 
P1620319
 
 キッコロ「おじいちゃんここは何?」
 モリゾー「ここはな、わしらを森から追い出した人達がふんぞり返っていた処じゃよ」
 
P1620309
 
 さて再度こちらに戻ってきました。博覧会中は「わんぱく宝島」現在は「愛知県児童総合センター」。
 
P1620321
 
P1620322
 
 と言ってもここでの目当ては大阪万博の遺産「フジパンロボット館」のロボットに再会するため。※背後に立っているロボットアームだけ違和感在ると思ったらやっぱりこれは後で追加していたのね。
 
P1620324
 
 観覧車にも乗りました。
 
P1620328
 
P1620329
 
 上から見ると、
 
P1620327
 
P1620332
 
 あ、グローバルループが残っている場所が在りました。ここはそのまま残すのでしょうか? 
 
P1620334
 
 でも上から見て一番びっくりしたのは公園西駅周辺。ココ確か大型バスの駐車場だったはずなのに……田んぼになってる(戻ってる?)
 
P1620338
 
 さて、10時過ぎとなった処で、日本庭園へ進みます。
 万博の時に行けなかった「あの」パビリオンに行くために……
 
P1620336
 
 万博の時はハガキ結構出したのに、結局ハズレでしたから行けませんでした。
 でも今回は大丈夫(^ ^;)
 ※2ヶ月前に申し込み、1ヶ月前に抽選で予約券配布。→予約方法などについてはこちらを参照してくださいな。
 ちなみに6月の抽選では平均30倍だったそうですけど、でも実際には6月も平日は全日当日受け付け可能つまり定員割れしていたと言うことですから、土日の倍率は30倍どころではなかったはず。良く当たった物です私(^ ^;)
 
P1620340
 
 受け付けに到着。
 
P1620341
 
 場所は「現在地」の当たり。
 
P1620339
 
 受け付けで入場券とパス、パンフを受け取りました。ちなみに500円(大人)。
 
P1620342
 
 時間になって、移動。そして……
 
P1620355
 
 「サツキとメイの家」に到着です。
 
P1620356
 
 正確には「草壁タツオさん」の家です。
 
P1620343
 
 通常は参加者を2班に分けて時間割で中に……という形式だそうですが、この日は天気が崩れる予報が出ていましたので、時間割は無しで全員アクセス自由となりました。
 なお外の写真撮影は可、中は不可と言うことで、中の写真は有りません。
 
P1620357
 
 取り敢えず、今日のすかーさま。
 
P1620347
 
P1620348
 
 と言っても、もちろん私なんぞはナウシカ連載時はアニメージュ買っていた類の輩ですから(^ ^;)トトロもそれなり見ているはずですけどそんなに無茶苦茶な思い入れがあるわけでは有りません。(「魔女の宅急便」のグーチョキパン店の再現だったら大喜びだったかも(^ ^;))なので私的視点はむしろ「昭和30年代的家」として中を見て回りました。
 
 お父さんの書斎となっている洋間についてはなんとなく記憶有りますけど。
 
P1620364
 
 当然(?)柱は腐ってゆるゆるです(^ ^;)
 
P1620350
 
 井戸です。ちゃんと水も出ました。
 
P1620352
 
 台所の裏には薪が積まれていました。
 
P1620354
 
 これは、三角乗りしていたチャリか? 
 などなど、いろいろ見所も有るということで。後は現地で御確認くださいな。
 
 
P1620366
 
 あ、これだけは書いておきます。お父さんの書斎に掛けられていたカレンダー(を外から撮影)。このカレンダーから推察するに、今は1961年(昭和36年)のようです。
 でも案内のお姉さんは、「映画の1年後」と言ってたんですよね。劇中描写では映画の時代設定は1958年(昭和33年)なのに。
 予想としては、万博の2005年公開の際には「映画より1年後」として1959年(昭和34年)の設定で、そこから年を追う毎にカレンダも更新してきたのではないかということ。2005年で昭和34年→2007年で昭和36年ということならば自然では有りますし。(映画の1年後という設定からはズレていますけどね)。
 
 ちなみに私が見たこの日は「春設定」でしたけど、6月第2週からは「夏設定」に変更ですって(服などが夏物に入れ換わるらしい)だからまた来て……と言われましても(^ ^;)
 
 
P1620344
 
 なお草壁さん家の目の前にはバス停も在りましたです。……いえここまで来ると違和感も(^ ^;)
 そんなこんなで、30分の鑑賞時間も終了して、外に出ましたです。
 
P1620374
 
 出た後でふと見ると、草壁さん家へ続く門はきっちり閉ざされていました。
ここまで強固に固めないとやばいのか? 
 
 
 
P1620358
 
 さて、前売りチケットを入手できなかった人もすぐ側に展望台が在るので家を臨むことはできます(というか監視台?)。
 
P1620369
 
 出た後で上からも覗いてみました。
 
P1620370
 
 展望台からだとこんな感じ。……てか本当に「覗き」ですなw
 
P1620377
 
 疲れたので園内バスで駅前まで戻り、まだ12時頃だったと言うこともありそこから一度名古屋駅前まで戻ったです。
 
20070609
 
 で、エスカの矢場とんでお昼ご飯……を食べよと思ったら大行列。
 別のお店で名古屋コーチンの親子丼を食べましたです。
 
 取り敢えずここまでで一度切ります。つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 3 de junho de 2007 - 9 de junho de 2007 | Main | 17 de junho de 2007 - 23 de junho de 2007 »