« 27 de julho de 2008 - 2 de agosto de 2008 | Main | 10 de agosto de 2008 - 16 de agosto de 2008 »

Posts from 3 de agosto de 2008 - 9 de agosto de 2008

2008/08/05

08年J2第29節甲府対仙台@小瀬

P1800784
 
 11時55分立川発のかいじで出発。
 
P1800785
 
 13時には甲府に到着。……ちょっと早すぎた。
 
P1800786
 
 駅エスカレータのフラッグは有りませんでしたけど、出口の横断幕はそのまま歓迎モードでした。
 
P1800788
 
 時間がありましたので、近くの城跡を徘徊。
 
P1800791
 
 近くのアーケードを徘徊。
 15時半くらいの路線バスで、小瀬に移動。
 
P1800792
 
 演歌歌手ヴァンくん記念撮影中。
 
P1800795
 
 ヴァンフォーレ夏祭りということで、スタジアム前には屋台が並んでいました。
もちろん提灯の一つ一つにもスポンサが付いています。
 
P1800797
 
 そして、今年はついにここもスポンサに! 
 
P1800803
 
 今日の試合は、甲府対仙台@小瀬陸です。
 
P1800805
 
 入場時にうちわを貰いました。
 
P1800807
 
 きょうけんヴァンくんは、自転車でスタンド前を周回。
 
P1800809
 
 仙台スタメン。オカまで怪我から戻らず。ニシも怪我、ヒダンは帯同せず……
 
P1800811
 
 甲府スタメンはここから読み取って。
 
P1800810
 
 そしてこの試合の主役とその仲間の皆様です。
 
 
 鍋島と言えば、この時も甲府だったか。フジケンが副審の指示に従ってユニ直していたら遅延行為として黄紙突き付けた試合。この審判甲府に対して何か恨みでもあるのか? 
 
P1800812
 
 アウェイの皆様。
 
P1800813
 
 ホームの皆様。
 
P1800814
 
 バックの皆様。ビッグフラッグが増えている。
 
P1800816
 
 仙台キックオフで前半開始。
 
P1800818
 
 前半4分、まらにょん。走り込みざま
 
P1800819
 
 仙台のDFを倒したとして、黄紙。その前にも注意が有ったので合わせ技という事みたいですけど、これが後々響きます。
 
P1800822
 
 前半7分、バーモント平瀬のシュートを甲府GK2回にわたって防ぐ
 
P1800823
 
 が、主審副審に確認した上でPKを指示。甲府DFがペナルティエリア内でハンドしたということで。
(実際腕に当たっては居たようだが)
 
P1800824
 
 甲府DFが抗議をして黄紙。
 ……あれ、ハンド自体にはカード出てない? 
 
P1800829
 
 蹴るのは勇基。
 
P1800831
 
P1800832
 
 きっちり決めて
 
P1800836
 
 仙台先制。
 
P1800839
 
 前半11分、甲府まらにょん突進
 
P1800840
 
 ここで今度は
 
P1800841
 
 仙台DFが「手を使った」ように見えましたけど、今度は審判団は「見ていませんでした」。
この時点で、主審は観客の信用を失いました。そりゃ、あっちはハンド取ってこっちは取らないのでは、意図的にやったと勘繰られても仕方がないでしょうし、その後のジャッジも仙台寄りに見えてしまいます。
(後半になったら落ち着いたと言うことは、ハーフタイム アセッサあたりに何か言われたのかもね)
 でも、だれが主審なのかは試合前に判っているのだから、選手のほうも相応の対応はしなければならないです。
 
P1800842
 
 抗議したヤシケンが黄紙。
 ですから、審判敵に回しても良いこと有りません。
 
P1800843
 
P1800844
 
 前半12分杉山の突進から再びまらにょんこれは押し込まれてボールはキーパー目の前に。
 
P1800859
 
 前半20分にもまらにょんにパス通って仙台ピーンチ! 
 
P1800860
 
 仙台DFなんとかぶち倒してボール取りましたけど。
 
P1800866
 
 しかも仙台のDF足を怪我してしまい
 
P1800868
 
 そのまま交代。
 
P1800887
 
 前半29分甲府猛攻開始。
 
P1800890
 
 怒涛の攻撃、まらにょんの突進からゴール前に飛び込んだサーレスを
 
P1800891
 
 仙台DF体で止めはね返す。
 
P1800898
 
 前半34分、甲府コーナーキック。
 
P1800899
 
 ファーで折り返したものの
 
P1800900
 
 シャイニンウィザード林がはじき出した。
 
P1800901
 
 再度コーナーキック。
 
P1800902
 
 これもシャイニンウィザード林が今度は前にはじき出した。
 
P1800903
 
 そして前半35分。甲府GKの送り出したボールをゴールライン際でまらにょんが受け
 
P1800904
 
 仙台DFを交わしてボールをゴール前に
 
P1800905
 
 サーレスがきっちり頭で合わせて
 
P1800906
 
 甲府同点。
 
P1800907
 
 恐いぞまらにょん。
 
P1800912
 
 さらに2分後、前半37分。フリーキックから。
 
P1800913
 
 今度はまらにょんが頭で! 
 
P1800914
 
P1800915
 
P1800916
 
 “川崎なみの”あっというまの逆転劇でした。
 特にまらにょんは恐い。仙台を勝たせるためには、まらにょんをなんとかしなければなりません。
 
P1800921
 
 前半38分、まらにょん倒されて一度外に。
 
P1800923
 
P1800924
 
 直後には今度はサーレスが倒されて
 
P1800926
 
 タンカで外に。二人とも間もなく復帰しましたけども。
 
P1800932
 
 そして終わり際の前半42分。
 
P1800933
 
 なんかよく判りませんけどまらにょんに黄紙、2枚目で赤。
 
P1800934
 
 退場です。
 
P1800936
 
 理由はよく判りません。
 
P1800942
 
 前半ロスタイムの47分。コーナーキック。
 
P1800943
 
 これは甲府GKがハジキ上げた。
 
P1800945
 
 再度回して
 
P1800946
 
 シュート一度はGKとポストが弾いたが、跳ね返りを押し込んで
 
P1800947
 
 仙台同点。
 
P1800954
 
 前半終了。
 
P1800957
 
 メインの観客総ブーイングで審判を出迎え。
 
P1800959
 
 ハーフタイム。今日のすかーさま。
 
P1800964
 
 ハーフタイムアトラクションとして、花火が打ち上げられました。
 
P1800961
 
P1800962
 
 けっこう何発も打ち上げて、こういうのでは盛大でした。
 
P1800967
 
 甲府ボールで、後半キックオフ。
 
P1800974
 
 後半4分、勇基のシュートは、ポストが弾いた。
 
P1800975
 
 折り返しをバーモント平瀬がシュート
 
P1800976
 
 これは甲府GKが押さえた。
 
P1800987
 
 後半9分フジケン倒されて甲府フリーキック。
 
P1800988
 
 ボールはファーのさらに向こうへ。
 
P1800991
 
 後半10分、甲府また倒されて
 
P1800992
 
 ペナルティエリアすぐ外からフリーキック
 
P1800993
 
P1800994
 
 シャイニングウィザード林が弾き上げた。
 
P1810017
 
 そんなこんなで膠着状態に対し、後半15分仙台は京都から獲得の斉藤を投入。
 
P1810029
 
 この辺からは人数の差もあってか仙台の攻勢。後半20分。
 
P1810030
 
 ゴール前の勇基にボールがわたったものの甲府DFGKが何とか押さえた。
 以降も双方決め手を欠いたまま。
 
P1810060
 
 なおこの日の入場者数は1万1078人だったとのこと。
 J2に戻っても、観客数は1万越えなのですね。
 
P1810098
 
 そんなこんなで、後半ロスタイム2分までどちらも決め手を欠いたまま、試合終了。
 
P1810100
 
 選手全員がっくり。
 
P1810101
 
 甲府2-2仙台
 
 せっかく主審がまらにょんを潰したのに、点が取れず勝ちきれない仙台は情けないです。
 
P1810103
 
P1810104
 
 なお審判陣はやはりメイン総出のブーイングで見送られました。
 
P1810107
 
 帰りは小瀬発新宿行きのバスで。バス1台でしたけど、それなり乗ってましたです。予定通り21時に出発。
 運転手さんが事前に予告した通り、だんご坂を越えたらすぐに渋滞に嵌まりましたけど、うつらうつらと寝ている内に渋滞を抜けて新宿到着は23時半前。2335発の小田急に乗って、登戸で0時5分くらいの川崎行き最終に乗って(そのあと武蔵中原行き最終があったので、まだ猶予はあった)武蔵新城からてくてく歩いて、1時くらいには帰宅したはず。

 判った事は、1830キックオフでもその日の内に帰るのは至難。次に小瀬のナイトゲームがある時はすなおにバスツアーで行こう、こういう事でした。
 
 さて次節の仙台は、(私的には)今年最重要の戦いとなる「寿人凱旋試合」です。
 これは見に行かないとしょうがありません。困った。
 ※あとオカは試合に出ることができるのか? 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008/08/04

日韓リーグ選抜対抗戦@霞ヶ丘

P1800685
 
 8月2日は、日韓リーグ選抜対抗戦でした。スポンサ名を書く気もおきません。
 なおマスコットアトラクションは有りません。
 
P1800687
 
 プログラムを買いました。
 
P1800688
 
 おまけカードは大世でした。
 
P1800690
 
 川崎から出場は、憲剛と
 
P1800691
 
 大世。もちろんこれも勝つための選択なのでしょう、得点ランキング12位ですけど。
 
P1800694
 
 17時25分。ピッチ練習開始。
 
P1800698
 
 ゴール裏も呉越同舟。
 
P1800703
 
P1800706
 
 大型ビジョンで選手紹介。
 
P1800720
 
 他の選手はここから読み取って。
 
P1800710
 
 なお主審はこちらのかた。
 
P1800713
 
 整列。
 なおアウェイゴール裏とバックスタンドの間には思いっきり広い緩衝帯が用意されていたのか、ぽっかり空いていました。
 
P1800715
 
 Jのボールでキックオフ。ヨンセンの合方は何故か憲剛
 
P1800717
 
 大世は例によってライン際。
 
P1800723
 
P1800725
 
 試合については明記すること有りませんから。
 
P1800735
 
 大世は空回り気味。
 
P1800736
 
 憲剛はお疲れ気味。というかフルに使うなよ>織部
 
P1800763
 
 今日のすかーさま。ハーフタイム。
 
P1800772
 
 入場者は2万7629人だったそうです。だって国内Jリーグサポータの楽しみなんかお構いなしでの日韓対戦なのですから、お客が入るはずもありません。
 
P1800776
  
 J1-3K
 
P1800777
 
 なんのための試合なんだか……という意味で言えばこれは「Jリーグのアジア展開のための試合」なのでしょうね。国内サポなんかもうどうでもいい、これからはアジア全域のマーケットのほうが重要、ということです。だから今年と来年が日韓戦でそれで終わりかと言えば、その次の相手がCリーグだったとしてもまったく不思議ではありません。
 要するに、今までのいわゆる「オールスターサッカー」そしてマスコット全員集合アトラクションはもはや失われてしまったのです。
 それだけでなく、もう一つぶち上げている「秋春シーズン制」もデメリットお構いなしで押し進めるという意思表示とも考える事ができます。Jサポをないがしろにする人達です、北国の人達を潰すくらいは平気でやるでしょう。
 
P1800780
 
 とまれ、お疲れ様でした。
 来年はアウェイです。望むならば、来年は巻き込まれませんように……。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 27 de julho de 2008 - 2 de agosto de 2008 | Main | 10 de agosto de 2008 - 16 de agosto de 2008 »