« 5月6日の徘徊。北京にてふらふら右往左往。 | Main | 5月8日の徘徊。というか後は帰るだけ。 »

2009/05/07

5月7日の徘徊。壁とかお墓とか。

 
P2020267
 
 朝の8時前に新大谷長富宮飯店へ。今日は一日「マイバス」という会社の現地ツアーに参加です(窓口はJTBでした)。
 万里の長城と明の十三陵のセットで1日観光昼御飯付きで380元。ここに決めた理由は1人で参加でもこの料金だったから。
 
P2020271
 
 結局この日は全部で9人で出発しました。
 
P2020273
 
 途中妖しい建物の側を通過。
 
P2020275
 
 いわゆる「鳥の巣」です。でもこの網状の外装に合理的な理由が有るのかしら? 
※私はデザインを最優先にした建物はキライ。合理的理由を追及した結果としての必然性を持った構造こそが美しいのです。
 
P2020283
 
 バスは1時間ほどで山の中に。
 
P2020284
 
 山の上にはなにやら構造物が見えるようになりました。
 
P2020287
 
 現地到着。八達嶺万里の長城です。
 
P2020290
 
 入場料は45元だったらしい。
 
P2020291
 
 階段を登って……
 
P2020294
 
 長城です。あっちが「女坂」
 
P2020295
 
 こっちが「男坂」。男坂の方が険しいそうなので
 
P2020301
 
 私は「女坂」のほうに(^ ^;)
 ただしそう考える人は多いのか、行程けっこう混んでいたです。
 
P2020303
 
 てか、中国ではゴールデンウィーク関係ないでしょうし平日でしょうに、何でこんなに混んでいる?? 
 
P2020305
 
 しかもこっちもけっこう坂が急やで。
 
P2020316
 
 今回の旅行は歩いてばっかりだ(この後も……)
 とまれこの坂をせっせこ登ったです。
 
P2020321
 
 なんやかんやで20分ほどの登坂のすえ
 
P2020323
 
 この辺で一番高そうな処まで到着。
 
P2020341
 
 さて降ります……って、山登りって登りより下りの方が大変なんだよ。
 
P2020344
 
 とは言っても10分ほどで下山。
 
P2020346
 
 さてこの「長くて辛い男道を登り始めたばかりだぜ」とかなんとか、するほど元気はありません。行きません。
 
P2020349
 
 ちなみに今登ったのは、この右の一番上の砦まで。
 長城はここまで。再びバスで移動です。
 
P2020366
 
 13時頃についたのはここ。
 
P2020364
 
 二階がレストランで
 
P2020365
 
 お昼は飲茶でした。他にも日本人観光客が沢山。
 ちなみに一階はお店。私はここでは何も買いませんでしたけどね。
 
P2020368
 
 さて再びバスで移動……で、着いたのは明の十三陵のうち「定陵」。ここだけは地下墳墓が公開されているそうです。とうか他の墳墓は発掘自体していないとのこと。保存にはそれが一番だから。
 
P2020369
 
 墳墓手前に立つ柱。ここにはその皇帝の偉業が刻まれているそうですが、この墓の主の偉業は記載なしでした。
 
P2020370
 
 さて例によってしばらく歩いて
 
P2020378
 
 途中に在った門。ここから先は「天国」だそうです。
 
P2020381
 
 ここが天国です。
 
P2020382
 
 実際の陵墓は背後の山の下なので
 
P2020384
 
 階段を延々と下りて
 
P2020389
 
 地下へ。
 
P2020390
 
 地下は意外と広かったです。
 
P2020391
 
 積み上がっているゴミみたいなのは、お札でした。うー
 お賽銭??
 
P2020394
 
 そしてこれが棺、のレプリカ。
 本物は文化大革命の際に燃やされてしまったとか……。もちろん中身も。
 
P2020396
 
 階段を上って、外に。
 
P2020403
 
 天国の門を通って、再びうつつの世界に戻りました。
 
P2020407
 
 さて次は、明十三陵の神路と言う処に。
 要するに陵墓までの参道みたい。
 
P2020412
 
 またこれも延々2キロメートルほど真っ直ぐな道が続き、
 
P2020414
 
 道の両側には仕官や
 
P2020416
 
 馬や
 
P2020419
 
 象や
 
P2020420
 
 毛沢東が立っていました。
 
P2020422
 
 以降も延々と続く。
 
P2020430
 
 これで取り敢えず終わり。
 
P2020434
 
 最後は、亀でした。
 
P2020436
 
 さて、まぁツアーですからには最後はアレです。お茶屋さんで
 
P2020437
 
 お茶の試飲です。
 もちろんその後は実売タイムでしたけど、私自身お土産としてお茶買うつもりでしたから、ここで。
 
P2020441
 
 17時に新大谷長富宮飯店に戻ってきて、ここで解散となりました。ツアー自体には基本的には満足しましたです、私自身は(もう疲れていましたし明日朝は早いので)その後の別ツアーのお誘いは乗りませんでしたけど、時間あったらそういうのも良いのでは無いかとは思ったです。次の機会は私には有るかどうかは判りませんけどね。
 私はその後北京駅の方に行ってから、ホテルに戻りましたです。
 今日はここまで。
 明日は早朝から空港に移動して、日本に帰ります。鼻がグズグズして咳が出ているのはインフルなんたらのせいではなく、空気が悪いのと柳の花粉(?)のせい。ホコリの塊みたいなのが見える形で飛び交ってるのですから……

|

« 5月6日の徘徊。北京にてふらふら右往左往。 | Main | 5月8日の徘徊。というか後は帰るだけ。 »

2009にっき」カテゴリの記事

2009ACL天津」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 5月7日の徘徊。壁とかお墓とか。:

« 5月6日の徘徊。北京にてふらふら右往左往。 | Main | 5月8日の徘徊。というか後は帰るだけ。 »