« agosto de 2009 | Main | outubro de 2009 »

setembro de 2009に作成された記事

2009/09/28

09年J1第27節脚大阪対川崎@万博

 
 例によって試合自体は簡単です。負けたときはそういうものです。
 
DSC06089
 
 14時前に現地に到着。
 
DSC06090
 
 万博記念競技場です。
 
DSC06092
 
 中はこんな感じ。
 
DSC06095
 
 今日の試合はJリーグ第27節脚大阪対川崎@万博です。
 
DSC06096
 
 と、バックスタンド前トラックには人がいっぱい。

DSC06094
 
 電気シェーバー「ラムダッシュ」で同時に髭剃り世界記録に挑戦だそうです。
 
DSC06098
 
 記録認定のためには、1分間全員が髭剃りをし続けなければならない、ということでカウントダウン。
 
DSC06100
 
 一分間ぞりぞりぞりぞり……
 
DSC06102
 
 で。世界記録達成だそうです。そうですか。それはそれ。
 
DSC06107
 
DSC06108
 
 15時20分ピッチ練習開始。
 
DSC06112
 
 川崎スタメン。
 
DSC06114
 
 ガンバスタメン。
 
DSC06440
 
 ガンバサポ曰く「ヘボ審判」の皆様。
 

 
 試合前、パノラマ。
 
DSC06116
 
 ガンバボーイ。
 
DSC06117
 
 アウェイ側。
 
DSC06118
 
 整列。
 
DSC06122
 
 ガンバボールで前半キックオフ。
 
DSC06236
 
 で前半16分。
 
DSC06237
 
 抜け出したガチャあっさり得点。
 
DSC06238
 
 うぐぅ。
 
DSC06387
 
 しかし前半41分。
 
DSC06389
 
 タニの遠目からのシュートが
 
DSC06390
 
 なぜか入っちゃいました。
 
DSC06392
 
DSC06395
 
 同点。
 
DSC06434
 
 ロスタイム2分で前半終了。
 
 
 
DSC06437
 
 今日のすかーさま。
 
DSC06436
 
 ハーフタイムのガンバボーイは自転車の宣伝。
 
DSC06583
 
 そして後半。ちなみに入場者は1万8749人だったそうです。
 
DSC06690
 
 後半29分
 
DSC06691
 
DSC06692
 
 ガンバサポ曰く「ヘボ審判」にファールを取られてしまい
 
DSC06694
 
 ガンバFK。
 
DSC06695
 
DSC06696
 
DSC06697
 
 失点。
 
DSC06827
 
 川崎はロスタイム3分で追い付くことはできず、試合終了。
 
DSC06824
 
 脚大阪2-1川崎
 
DSC06830
 
 リーグ戦はここに来て痛恨の連敗。
 
DSC06833
 
 でも前に進むしかありません。それが川崎ですから。
 
DSC06836
 
 それにしても万博、ACLには行きませんでしたし私未だにここで川崎が勝ったのを見たことはありません。なので来年こそは。それまで待ってろです>太陽の塔。
 試合後はとぼとぼと、その日の内に関空から川崎に帰ったです。
 
取り敢えずここまで。次の試合は水曜、またすぐに来ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/09/27

万博へ行きました。

 
DSC06043
 
 朝一の飛行機で。
 
DSC06044
 
 乗ってる間は熟睡していました。朝5時起きでしたし。
 
DSC06045
 
 空港からモノレールで、この人のいる場所へ。
 
DSC06046
 
 観覧車は在りましたが、もちろん動いていません。
 
DSC06047
 
 ゲートもこの有り様。まぁそれはそれとして
 
DSC06048
 
 取り敢えずこちらへ……と
 
DSC06049
 
 まだ9時半前でしたので、開いてませんでした。
 
DSC06051
 
 開場後まず進んだのは、旧鉄鋼館。
 
DSC06053
 
 そのホワイエで「エキスポのエキスポ」なる万博の歴史を主題とした展示が行われていました。
 
DSC06054
 
 私この中には入ったこと有りませんでしたから。
 
DSC06056
 
 そして来年は大阪万博40周年。と言うことで、今まで生き延びてきた旧鉄鋼館をリニューアル大阪万博の記念館としてリニューアルすることも公表されていました。
 
DSC06057
 
 スペースシアター内部も見ることができるようになるとのこと。来年2010年3月13日公開で、現在そのための修復・改修工事中でした。
 
DSC06055
 
 他の展示は、過去の万博のパネル展示と、未来の万博つまり上海とヨスとミラノについて映像展示、それに併せて大阪万博の展示という感じでした。
 
DSC06058
 
 これは大阪万博当時に鉄鋼館に展示されていた「池田ホーン」なるなぞの楽器を復刻した物だそう。
前に張り出した金属部分を叩くことによりその音が後ろのホーンで増幅されます。
 
DSC06062
 
 ちなみに外で中国の人が上海万博の雑誌を配っていました。
 
DSC06064
 
 あと中ではこのピンズを貰いました(^ ^)
 
DSC06065
 
 その後は、あこがれのこの人の廻りをしばらくうろうろしてから
 
DSC06069
 
 国立民族学博物館の方へ。ええと私は3回目くらいかな? 
 
DSC06074
 
 音声ガイド無料貸し出しとのことで借りたら、PSPでした。
ガイド自体も番号に指定された動画を再生するだけというもの。まぁそれで用は足りましたけどね。
 
DSC06075
 
 後はしばらく中を徘徊していましたです。
 
DSC06076
 
 ちなみにこの博物館は三脚などを使わないことと、個別の展示品に撮影禁止の特記が無ければ撮影自由となっていました。
 
DSC06077
 
 休憩所もこんな感じ。椅子自体は座りやすいのですけど、雰囲気的には座りにくい~
 
DSC06078
 
 ともあれここはいろいろな展示があるので、一回りするだけでも楽しいです。
と言うわけで、一回りして、ここでご飯を食べて一息つきました。
 
DSC06079
 
 そういえば、ロビーにグランパス君が居ましたです(いえいちおうシャチ)。
 
DSC06085
 
 それでも少し時間がありましたので、この「SL」に乗りましたです。
 
DSC06083
 
 15分ほど、園内を巡回。
 
DSC06087
 
 そういえば、園内の池がすっかり干上がっていたです。そう言えばSLに乗っていたときに「渇水」とか言ってたような気も? 
 
DSC06088
 
 そんなこんなで、14時前に万博公園を出ました。一年ぶりくらいですけど、まぁ年一回くらいは来たいですね。来年は鉄鋼館の奧にも行きたいので、ぜひ。
 おしまい。
 
 
 
 あ、この後のことは気が向いたら書きますわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/09/25

ACL名古屋戦でもカブを愛でる。接続されたカブ。

 
カブ、可愛いよカブ(x x;)
 
 
DSC05072
 
 14時前、メイン-アウェイ角から登場の、カブふろん太……あ、てんけんくんが居る! 
 
DSC05073
 
 てんけんくんは「神奈川限定」とばかり思っていましたけど、そう言うわけでもなかったのですね。
 
DSC05075
 
 と、カブの目の前で抱擁するふろん太てんけんくん
昔のようなアツアツモードですね、霞ヶ丘なので新鮮な気分なのかしら? 
 
DSC05078
 
 とりあえずメインスタンド前を横断の、カブふろん太、てんけん君。
 
DSC05079
 
 今日のカブはこんな感じ。
 
DSC05082
 
 今日のふろん太てんけんくん
 
DSC05085
 
 なんかしらんけど、カメラに収まるにもべったりの、ふろん太てんけんくん
 
DSC05086
 
 そんな二人を見て見ぬふりのカブ
 
DSC05090
 
 とは言っても、請われたら三人一緒の写真にも収まりますカブ
 
DSC05091
 
 というかこの日は、三人を写真に写す報道の人も多かったような? 
 
DSC05107
 
 報道だけでなく
 
DSC05109
 
 誰か知りませんけどAFCの偉い人も、三人と一緒に記念写真。
 
DSC05110
 
 ふろん太「それで、今の人だれ?」
 カブ「……???」
 
DSC05113
 
DSC05120
 
 選手を出迎えするために、お子様方と一緒のカブふろん太てんけんくん
 
DSC05121
 
 ……ポーズ! 
 
DSC05125
 
 試合前の仕事が終わると、メイン-アウェイ角へ引き上げていきました。
 



 
DSC05542
 
 ハーフタイムにはアウェイ側にも。
 
DSC05545
 
 そしてぐるりと、スタンド前を一回り。
 
DSC05547
 
DSC05548
 
 三人「後半もお願いしまーす」ぺこり。
 



 
DSC05986
 
 そして試合終了後。
 
DSC05987
 
 バックスタンド前に走る三人
 
DSC05989
 
 バックスタンド前で選手を出迎え。
 
DSC06023
 
 さらにヒーローインタビューを終えた憲剛とジュニもお迎え。
 
DSC06028
 
 ふろん太、憲剛、ジュニ、カブてんけんくんで、並んで。
 
DSC06029
 
 ばんざーい。
 次のカブの出番は、10月4日のまり戦です。
 



 
 いままでのカブの勇姿を確認されたい方は、以下から参照してくださいな。
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 
2009年のカブ
 
03/07 対柏戦
03/11 対天津戦
04/04 対名古屋戦
04/08 対大宮戦
04/21 対マリナーズ戦
04/29 対京都戦
05/16 対磐田戦
06/07 ファン感
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
07/01 対脚大阪戦
07/05 対鹿島戦
07/18 対神戸戦
07/29 ナビ 対鹿島戦
08/01 対瓦斯戦
08/23 対山形戦
08/30 対清水戦
09/02 ナビ 対まり戦
09/19 対浦和戦
 
2009年のカブ以外
 
04/12 対清水戦
05/02 対まり戦
05/09 愛媛対讀賣戦
05/30 水戸対仙台戦
08/15 対名古屋戦
08/16 徳島対仙台戦

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/09/24

09年ACL準々決勝第1戦川崎対名古屋@霞ヶ丘

 
DSC05060
 
 12時過ぎに外苑前に到着……そう言えばプロ野球ってどうなってるんだろ?
 神宮球場では大学野球をやっていましたです。
 
DSC05063
 
 12時の段階で青黒の人が霞ヶ丘を取り囲んでいました。
 
DSC05064
 
 千駄ケ谷門も青黒でいっぱい。
 
DSC05067
 
 開場までまだ時間がありましたので、周辺をふらふら。
 このメインスタンド裏などは来たことがありませんでしたし。
 
DSC05070
 
 13時過ぎに入場。
 
DSC05071
 
 今日の試合は、ACL準々決勝川崎対名古屋@霞ヶ丘です。
 
DSC05118
 
 審判は中国の人でした。
 
DSC05123
 
 14時半、ピッチ練習開始。
 
DSC05127
 
 名古屋側ビッグフラッグ展開。
 
DSC05128
 
 名古屋スタメン。そして……煽りビデオ。
 
 
思い返して欲しい
あの時 届きそうで、届かなかった
あと1点の重み
思い返して欲しい
あの時、感じた
悔しさと敗北感
思い返して欲しい
あの時、誓った
リベンジの瞬間

 
DSC05138
 
そして僕らは再び
 
DSC05139
 
ここに戻ってきた
 
DSC05141
 
今一度、思い返して欲しい
 
DSC05142
 
ここからが本当の
 
DSC05144
 
戦いであることを
 
DSC05146
 
止まった時が今 動き出す
 
DSC05147
 
One Step
 
 
DSC05148
 
 川崎スタメン。
 
DSC05149
 
 審判スタメン。
 
DSC05152
 
 川崎コレオ+ビッグフラッグ
 


 
 そしてパノラマ。名古屋側もコレオ。
 
DSC05153
 
 整列。
 
DSC05155
 
 握手。
 
DSC05156
 
 コイントス。
 
DSC05157
 
 審判記念撮影。(ええと(^ ^;))
 
DSC05159
 
 円陣。
 
DSC05160
 
 川崎ボールで、前半キックオフ。
 
DSC05174
 
 前半2分、ユースケ
 
DSC05175
 
 押し込んで
 
DSC05177
 
 パスを受けたジュニ
 
DSC05179
 
DSC05180
 
 シュートはしかし、枠の横を通り過ぎました。
 
DSC05203
 
 前半5分今度はヘナ
 
DSC05204
 
 シュートはコレも枠を右横へ。
 
DSC05255
 
 前半11分、ヘナボールを奪ったが
 
DSC05256
 
 取られた名古屋の選手が体をぶつけてヘナを止めたために
 
DSC05257
 
 ファール、ここでFK。
 
DSC05259
 
DSC05260
 
 でも壁ではね返された。
 
DSC05280
 
 前半15分、送り出されたボールにタニ
 
DSC05281
 
 タニ押し倒されて
 
DSC05283
 
 FK、憲剛。
 
DSC05284
 
 クリアされた処にヘナ
 
DSC05285
 
 しかしシュートはキーパーキャッチ。
 
DSC05297
 
 前半17分名古屋突進
 
DSC05298
 
 競り合いのこぼれ球を
 
DSC05299
 
 受けた馬絹
 
DSC05300
 
 イガとの競り合いを
 
DSC05301
 
 かわしてボールをゴール前に
 
DSC05302
 
 川島キャッチ
 
DSC05303
 
 しかしこぼしたところにケネディがとびかかり
 
DSC05304
 
 それでも掴んで離しませんでした。
 
DSC05305
 
 中国の審判なので、少々のラフプレイは気にしません。
 
DSC05307
 
 でもケネディには注意。
 
DSC05346
 
 前半22分、ジュニ
 
DSC05347
 
DSC05348
 
 押し込んで
 
DSC05349
 
 ゴール跨いだ向こうにいたヘナにパス
 
DSC05350
 
DSC05351
 
 しかしヘナ潰されてパス通らず。
 
DSC05374
 
 そして前半27分馬絹
 
DSC05375
 
 サイドから押し込まれ
 
DSC05376
 
 ゴール前送り込まれたボールにケネディ背面で頭で合わせたボールは
 
DSC05377
 
 枠の中に。
 
DSC05379
 
 名古屋先制、アウェイゴール獲得。
 
DSC05390
 
 前半30分、ジュニ
 
DSC05391
 
 ゴール前で倒されて
 
DSC05396
 
 川崎ゴール前でFK。
 
DSC05399
 
 DFに当たってラインを割り
 
DSC05400
 
 続いてCK。
 
DSC05401
 
 ジュニが頭で
 
DSC05402
 
 合わせようとしましたけど、合わず。
 
DSC05432
 
 前半35分、ヘナ
 
DSC05433
 
 シュートはしかしキーパーキャッチ。
 
DSC05471
 
 前半39分、名古屋CKからのボールを、憲剛ロングパスで
 
DSC05472
 
 受けたジュニDFかわして
 
DSC05473
 
 キーパーと1対1に
 
DSC05474
 
 しかしシュートはキーパーに阻まれ、
 
DSC05476
 
 跳ね返りを拾ってのシュートも
 
DSC05477
 
 名古屋DFに阻まれた。
 
DSC05481
 
 前半40分、川崎CK。
 
DSC05485
 
 ジュニのシュートは名古屋DFがぎりぎりで防いだ
 
DSC05487
 
 続いて今度はメイン側からのCK。
 
DSC05488
 
 大世が頭で合わせた
 
DSC05489
 
 が、クロスバーを叩いてそのまま向こうへ。
 
DSC05504
 
 前半43分、名古屋FK。
 
DSC05505
 
 ボールはゴールに直接
 
DSC05506
 
 名古屋二人飛び掛かったがボールは川島の手の中。
 
DSC05536
 
 前半ロスタイムは2分、前半47分。川崎FK。
 
DSC05537
 
 送り出されたボールをキーパーが弾きだした
 
DSC05538
 
 そのボールを拾った(`3´)/がシュートしかし枠には行かず。
 
DSC05539
 
 これで前半終了。
 
 
 
DSC05541
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC05561
 
 名古屋ボールで後半開始。
 
DSC05567
 
 後半1分、馬絹の突進に対しイガ
 
DSC05569
 
 ファール取られて名古屋FK。
 
DSC05570
 
 川島がキャッチ。
 
DSC05598
 
 後半4分、馬絹突進、ケネディも追走。
 
DSC05599
 
 パスがケネディへ
 
DSC05600
 
 回り込んでのケネディのシュートは
 
DSC05601
 
 川島辛うじて脚に当てて枠の外へ。
 
DSC05602
 
 名古屋CK。
 
DSC05603
 
 しかし何か知らんけど名古屋がファール取られて
 
DSC05604
 
 しまいました。川崎川島GKから再開。
 
DSC05611
 
 後半6分、また名古屋
 
DSC05612
 
 ゴール脇のケネディにパスが通ったが
 
DSC05613
 
 これはオフサイド。
 
DSC05619
 
DSC05620
 
 後半7分、パスを奪ってからのカウンター、ジュニ
 
DSC05621
 
 憲剛、イガと回して
 
DSC05622
 
DSC05624
 
 ジュニのシュートは、これも名古屋DFが防いだ
 
DSC05640
 
 後半9分スローインから
 
DSC05642
 
 名古屋DFがはね返して浮いたボールを
 
DSC05643
 
 (`3´)/がシュートしかしキーパーキャッチ。
 と、チャンスは何度も来ますけど点は取れないという展開。前の浦和戦もそうでしたけど、これは川崎的には「良くない」というかもう点が取れず負けるパターンでした。ここまでは。
 
DSC05672
 
 後半13分、サイドから押し込んだヘナが倒されて
 
DSC05674
 
 川崎FK、もちろん憲剛。これが
 
DSC05675
 
DSC05676
 
 憲剛の前に立っていた2枚の壁が何故か避けてくれて、ボールはその間を抜け、ゴールの中に。
 
DSC05681
 
DSC05679
 
 同点! 
 って、憲剛のFKが直接決まったのていつ以来?(^ ^;)
 
DSC05703
 
 その3分後、ユースケから、タニのシュートはキーパーが止めたが
 
DSC05704
 
 そのこぼれ球に詰めたジュニが! 
 
DSC05705
 
DSC05707
 
DSC05710
 
 川崎逆転! 
 
DSC05786
 
 後半27分、名古屋ブルザノなんとか投入。
 
DSC05802
 
 この日の入場者は1万7939人だったそうです。
 等々力でやれていれば、もっと入ったのかな? 
 
DSC05840
 
 後半33分、名古屋押し込んで
 
DSC05841
 
 最後は馬絹のシュート! 
 
DSC05842
 
 川島キャッチ。
 
DSC05846
 
 後半34分、ヘナ主審に促されて
 
DSC05847
 
 ヤマと交代。
 
DSC05857
 
 後半36分ジュニのパスは
 
DSC05858
 
 (`3´)/に、キーパーとの1対1まで持ち込んだがシュートできず。
 
DSC05933
 
 後半42分、名古屋2枚一気に交代。アレックスと巻弟in。
 
DSC05935
 
 ディクシーでないほうの監督、主審に抗議中。
 
DSC05944
 
 後半43分、名古屋の突進をジュニが防ぐが倒してしまい
 
DSC05945
 
 名古屋FK、アレックス。
 
DSC05947
 
 たぶんヨコのクリア
 
DSC05948
 
 こぼれ球をシュートされたが
 
DSC05949
 
 こちらはイガがクリア。
 
DSC05950
 
 名古屋CK。
 
DSC05951
 
 馬絹が脚で合わせたが川島キャッチ。
 
DSC05973
 
 後半ロスタイム3分の、後半47分、
 
DSC05974
 
DSC05975
 
 名古屋怒涛の突進
 
DSC05977
 
 しかしケネディがファールを取られた。
 
DSC05981
 
 これで試合終了。
 
DSC05719
 
 川崎2-1名古屋
 
DSC05983
 
 しかしACLの準々決勝、準決勝はホーム&アウェイの2試合で結果が決まります。
しかもこの試合、勝ったとは言えアウェイゴールを取られてしまいましたし、たったの一点差の勝ちです。第2戦は少なくとも引き分けるか勝つ必要があります(もしくはアウェイゴールを2点以上。ほか細かい条件は面倒なので略)
 
DSC05994
 
 もちろん第2戦も勝って、準決勝へ進むのです。
 
DSC05996
 
 でもとりあえずは、今日の勝利にバンザイ。
 
DSC06021
 
 と、なぜか水濠横に報道が集まっていました。
 
DSC06030
 
 ……なるほど。
 憲剛とジュニがお立ち台に。
 
DSC06036
 
 それにしてもさすがに国際試合と言うべきか、普段のリーグ戦ではない報道の数でした。
 
DSC06039
 
 でもとりあえずは、今日の勝利にバンザイ。
 ACL準々決勝第2戦は来週の水曜、9月30日に今度はアウェイ、瑞穂競技場で行われます。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/09/22

浦和戦でもカブを愛でる。カブは永遠にたちのぼって。

 
カブ、可愛いよカブ(x x;)
 
 
DSC04130
 
 16時半くらい。気がつくとグラウンドに降りてきていました、カブてんけんくん
 
DSC04131
 
 もちろん、ふろん太も居ましたです。
 
DSC04137
 
DSC04138
 
 今日のカブの根っこは短めです。
 
DSC04147
 
 と、カブを両側から捕まえたふろん太てんけんくん
 
DSC04148
 
DSC04150
 
 ばんざーい
 
DSC04151
 
 でもってペコリ。
 



 
DSC04153
 
 さて時間が少し進んで17時過ぎ。黄色い奴登場。
 
DSC04155
 
 ドールのバナナの人、ボビーくんです。
 
DSC04156
 
 なぜかこの時、ふろん太は出てきませんでした。まさか……
 
DSC04164
 
 さて、カブてんけんくんボビーくん
 
DSC04165
 
 てんけんくん「おなかすいたなぁ」
 
DSC04167
 
 ボビーくん「じゃあ、ボクの頭を食べて」
 
DSC04168
 
 てんけんくん「わーい、ぱくり」
 
DSC04169
 
 てんけんくん「って、だめだよ友達の頭を食べるわけにはいかない!」
 
DSC04170
 
 ボビーくん「じゃあカブくん、君が食べる?」
 カブ「……」
 



 
DSC04183
 
 さて18時になって、面子はメイン側に移動。
 この時はふろん太君も無事登場。ふろん太がバナナの中の人になったのかと思った。
 
DSC04184
 
 例によっての毎月恒例「バロンドール」表彰式です。……と。
 
DSC04185
 
 係の人がボビーくんの髪……いえ、皮を押し上げて整えてました。
 
DSC04189
 
 さて、8月の表彰者は
 
DSC04191
 
 田坂でした! 
 
DSC04193
 
 と、田坂はおもむろにボビーくんの皮むきを。
 
DSC04194
 
 そういえば毎回受賞者はそう言うことをしていたような気もするデス。
 
DSC04197
 
 表彰式終了で、ボビーくんの出番はここまで。
 
DSC04198
 
 カブふろん太も連れだって次の仕事に。
 
DSC04203
 
 メインホームコーナー角で、お子様方と一緒にキーパーの出迎え。
 
DSC04217
 
 選手の出迎えもやりましたよ。
 
DSC04220
 
 と、ふろん太てんけんくんの背中が気になる模様。
 
DSC04221
 
 ふろん太てんけんくんファスナー降りてるよ」
 てんけんくん「えー!」
 
DSC04222
 
 ふろん太「ファスナー上げてあげるね」
 てんけんくん「ありがとう」
 
DSC04224
 
 カブ「ねぇふろん太てんけんくんって背中にファスナー着いてるって、本当は中に人が入っているの?」
 
DSC04228
 
 ふろん太「そんな事、言っちゃ駄目!」
 
DSC04229
 
 ふろん太「不適切な発言をお詫びします」ぺこり。
 
DSC04251
 
それはそれとして
 選手も入場し、ピッチに散らばりました。
 カブふろん太てんけんくんはここでひとまず御疲れ様。
 



 
DSC04672
 
 ハーフタイム。
 
DSC04673
 
 カブてんけんくん
 



 
DSC05057
 
 そして試合終了後。今日はここまで。
 次のカブの登場は、23日国立にて。って、カブ出てきますよね? 
 例によっててんけんくんは神奈川のてんけんくんなので、東京都では活動できないはず。
 



 
 いままでのカブの勇姿を確認されたい方は、以下から参照してくださいな。
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 
2009年のカブ
 
03/07 対柏戦
03/11 対天津戦
04/04 対名古屋戦
04/08 対大宮戦
04/21 対マリナーズ戦
04/29 対京都戦
05/16 対磐田戦
06/07 ファン感
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
07/01 対脚大阪戦
07/05 対鹿島戦
07/18 対神戸戦
07/29 ナビ 対鹿島戦
08/01 対瓦斯戦
08/23 対山形戦
08/30 対清水戦
09/02 ナビ 対まり戦
 
2009年のカブ以外
 
04/12 対清水戦
05/02 対まり戦
05/09 愛媛対讀賣戦
05/30 水戸対仙台戦
08/15 対名古屋戦
08/16 徳島対仙台戦

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/09/21

09年J1第26節川崎対浦和@等々力

 
 負け試合なので今回は最小限だけです。
 うだうだ書くこともしません。
 
DSC04124
 
 相手が相手なので、14時半には等々力に来ました。フロンパークもまだ準備中。
 
DSC04125
 
 当日券売り場は閉鎖されていました。
 
DSC04126
 
 15時前から待機列で待機。
 
DSC04127
 
 開場の16時には人でいっぱいになりました。
 
DSC04128
 
 今回はメインホーム側に。アウェイ側は占拠されてますから。
 
DSC04132
 
 今日の試合はJリーグ第26節、川崎対浦和戦です。
 
DSC04175
 
 前節の鹿島戦は残り時間のみの再試合となりました。10月7日19時よりとのことです。
んで、“SSS7”ですか。
 
DSC04177
 
 しかもアウェイバスツアーは1000円! 
 確か前にツアーバスに参加したときの話では、一人あたり3900円てのがバスツアーに於ける最低限度の金額だったはずです。赤字覚悟? 
 
DSC04179
 
 あと、サンレッド第2シーズンの告知も。フロンターレコラボ企画もまたやるらしい……
 
DSC04233
 
 浦和スタメン。
 
DSC04237
 
 川崎スタメン。
 
DSC04238
 
 審判スタメン。
 
DSC04242
 
 コレオ。
 
DSC04248
 
 整列。
 
DSC04252
 
 円陣。
 
DSC04253
 
 川崎ボールで前半開始。
 
DSC04670
 
 前半終了。
 
 
 
DSC04671
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC04675
 
 浦和ボールで後半開始。
 
DSC04834
 
 入場者は今季最高の2万2390人でした。
 
DSC04846
 
 で。
 後半19分。浦和のFK、ポンテ。
 
DSC04847
 
DSC04848
 
 そのままゴール
 
DSC04849
 
 失点。
 
DSC04944
 
 さらに後半35分。
 
DSC04945
 
DSC04946
 
 またポンテ。2点目は鈴木けーただそうです。すいませんねぇ試合見直す気も起きなかったもので。
 
DSC04947
 
 2失点。
 
DSC05054
 
 試合終了。
 
DSC05055
 
 川崎0-2浦和
 
DSC05056
 
 勝たなければならない試合でまた負けました。
 
DSC05058
 
 でも前に進むしか有りません。次は23日、ACL準々決勝@霞ヶ丘です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009/09/13

09年J1第25節鹿島対川崎@水捌けの悪いカシマ

 
DSC03429
 
 今日のバスツアーは19台だったそうです。
 
DSC03430
 
 私の乗ったバスは14時前に小杉を出発。
 
DSC03433
 
 14時半には、いやはてに到着。
 
DSC03434
 
 この通り見かけはりっぱなワールドカップ仕様のスタジアムですけど、実は重大な欠陥が在ったのです。本日それが露呈しました。
 
DSC03436
 
 すでに開場していましたので、ゲートから入場。
 
DSC03437
 
 今日の試合は鹿島対川崎です。
 
DSC03439
 
 そして今回最悪の判断をしたのがこちらの先頭にいらっしゃる主審通称ジャスティスです。
 
DSC03441
 
 17時40分選手が到着、早速ピッチに。
 
DSC03442
 
 周平さんは前日練習のケガで今日はお休みでした。だからか、帯同しているけどここまで。
 
DSC03443
 
 例によって、尾藤とヤブは何語で話しているのだろうか? 
 
DSC03445
 
 18時24分、キーパー練習開始。
 
DSC03447
 
 そのすぐ後に、他の選手もピッチ練習開始。
 
DSC03448
 
 川崎スタメン。鹿島スタメンは(写真がボケたので)略。
 
DSC03451
 
 主審はジャスティス。
 

 
 試合開始前、パノラマ。
 
DSC03454
 
 整列。
 
DSC03457
 
 円陣。
 
DSC03458
 
 川崎ボールで前半開始。
 
DSC03469
 
 前半1分
 
DSC03472
 
 押し込まれでシュートされたけど
 
DSC03473
 
DSC03475
 
 オフサイド。
 
DSC03485
 
 以降も鹿島は左サイドから押し込みます。
 
DSC03525
 
 川崎も左サイドを突きます。
 
DSC03621
 
 でもう面倒くさいので前半19分。(`3´)/が
 
DSC03622
 
DSC03623
 
DSC03624
 
 DFをかわして遠目からのシュートがゴール! 
 
DSC03625
 
DSC03626
 
 先制。
 
DSC03675
 
 前半26分、川島がなかなか蹴らなかったとして遅延行為でファール。
 
DSC03679
 
 ペナルティエリア枠上当たりからFK
 
DSC03682
 
 さらにその壁の攻防で憲剛に黄紙。
 
DSC03684
 
 それでもなんとか
 
DSC03685
 
 壁で弾いて防ぎきりました。
 
DSC03705
 
 しかしその後、前半30分
 
DSC03706
 
DSC03707
 
 仮面のFWマルキーにょに決められて
 
DSC03708
 
 同点。
 
<DSC03716
 
 しかし2分後の前半32分。CK憲剛
 
DSC03717
 
 跳ね返りを(`3´)/が頭で合わせて
 
DSC03718
 
 再逆転。
 
DSC03719
 
 (`3´)/これで二点目。
 
DSC03854
 
 前半ロスタイムは3分で終了。
 
 
 
DSC03855
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC03856
 
 後半最初から、川崎は田坂in、ヤブ out。
 
DSC03857
 
 ちなみに後半にはいる頃には、雨が強くなってきました。
 でも気になりませんでした。等々力なら、どれだけ雨が降ってもピッチは大丈夫ですから。
 
DSC03858
 
 鹿島ボールで後半開始。
 
DSC03959
 
 後半14分、ヘナout ヨコin。
 
DSC03996
 
 さらに後半19分、ソノout ヤマin。
 
DSC04001
 
 そして後半21分
 
DSC04002
 
 右サイド側ゴール前に押し込んだジュニ
 
DSC04003
 
 そこから僅かなスキマを縫ってのシュート!
 
DSC04005
 
 これで1-3に! 
 
DSC04062
 
 なおこの試合の入場者は2万2323人だったとのこと。 
 しかしこのあと驚愕の展開に。
 
DSC04069
 
DSC04072
 
 後半30分、主審ジャスティスが試合を止めてしまったのです。
 
DSC04077
 
 理由は「ピッチコンディション不良」とのこと。
 
DSC04084
 
 確かにピッチには水たまりができている状態。というか「この程度の雨」で水たまりができるピッチ。
等々力ではこの位強い雨でもピッチに水たまりはできません。ACLセントラルコースト戦ではオージーも驚いたくらいで。
 
 ところでトンボで水たまりを掻いた処で、水が捌けなければ意味がないように思う。
 加えて書けば、この中断時間は却って雨が止んでいた。
 
DSC04092
 
DSC04093
 
 そして。
 
DSC04105
 
 この試合は「中止」でノーゲーム。
 ちなみに試合中止はマッチコミッショナーの判断となります。
 鹿島1-3川崎(中止)
 
DSC04108
 
 鹿島の選手は中止と決まったとたんに帰ったのか、ピッチには出てきませんでしたが、川崎の選手は登場。
 
DSC04109
 
 お疲れ様でした。
 
DSC04117
 
 ただこの試合2ゴールを上げた(`3´)/は。その2ゴールもノーゲームで無に介したのですから仕方がない。
 
DSC04123
 
 ノーゲームは仕方がない。
 ただ、ノーゲームとなった原因はピッチコンディション不良で、ピッチの水捌けがろくにされないというピッチの設備不良によるもの。つまり中止の原因は鹿島に起因するものです。
 ならばこの試合に対して、Jリーグは当然、鹿島に何らかのペナルティを課すものと考えますが、違いますかね? 
 でなければ今後、鹿島のようにピッチ設備が不良なホームグラウンドを使用しているクラブは、それを理由に自由に試合を中止できることになってしまいますから。
 加えて言えば、当然再試合ではこのような「雨が降ったら中止にできる」スタジアムを使うわけはないともかんがえますが、何かおかしいですかね? 
 
 まぁJリーグにそこまで期待はしませんけどね。
 
 
 
 
 
 
 
 
2009年09月16日追記:
 9月15日のJリーグ理事会でこの試合の始末が決定しました。
お知らせ: KAWASAKI FRONTALE

当該試合の取り扱いについて
本日の「社団法人日本プロサッカーリーグ 第21年度 第6回理事会」において、試合経過等を総合的に判断した結果、当該試合が中断した74分より試合を再開することが決定致しました。


 
 予想外のまっとうな、かつ双方に非常な結論です。
 鹿島の方は当然、0-0からのフルタイム再試合を希望していたでしょう、実際現地では「ノーゲーム再試合」と発表していたのですから。
 それが後半途中からの再開となると、追加でチケットを売ろうにも売りにくい、おそらくは払い戻しも必要、かつグラウンド使用料は変わらない。(グラウンド使用料を抑えるために無料試合にするかも知れません)
 運営は基本Jリーグが行なうとは言え(なお運営費は広島から提供されました)鹿島としてはコスト的に見合わないからこそ、「ならばいっそ試合成立で」という主張に転じたのでしょうね。
 
 それこそ今後に遺恨と悪例を残すことになるから、試合成立はどうしてもできなかった。この辺のJリーグの判断は「真っ当で」真っ当すぎて帰って不思議です。
 
 試合は10月7日。翌日の代表戦には鹿島と川崎の選手は招集なし。他条件は停止時そのままだが、ケガ人や大世の代表招集などがあった場合には考慮有りとのこと。
 
 平日とはいえ、忘れ物を取りに帰る必要は有りそうです。
 
 
 ところでセントラルコースト戦では「そんなに降ってねえだろ」という突っ込みがあったようで実際に記録に残っている数値的にはそれ程降っていなかったと。なので等々力でここまで降ったらどうなるかは、ここは保留とします。ですがここまで降ったらどこでも試合中止だろ、という疑問に対しては、私の記憶にある「雨で酷い目に遭った試合」として以下を上げておきます。
2004年J2第32節 甲府-川崎@小瀬
気象庁のデータに寄れば、
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/hourly_s1.php?prec_no=49&prec_ch=%8ER%97%9C%8C%A7&block_no=47638&block_ch=%8Db%95%7B&year=2004&month=9&day=4&elm=hourly&view=
 この日の甲府は試合中の20時代には 22.5mm という数字を出しています。ですがこの試合は中止も何もなく、普通に最後まで実施されましたです、はい。
(2003年の試合での同じく小瀬での大雨では水球状態でしたが、2004年はピッチ改良後だったからか、試合を止めざるを得ないほど酷い状態にはなりませんでした)
 
 
 小瀬では大丈夫でした、ということで。
※このとき私が使っていたデジカメは水浸しで壊れましたけどね。
 
 
 処で主審もやっぱりジャスティスのまま? そこまで含めて可能な限り同じ条件だとしても、この場合再開直後でも構いませんので第四審と交代する事自体は問題ないと思いますよ? 試合中審判が第四審と代わる事自体は珍しくありませんからね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2009/09/07

ナビスコ杯準決勝第2戦まり対川崎@日産ス

 
 
ここまでのあらすじ---
 
 ナビスコ杯準決勝第1戦は川崎ホームで9月2日に行われ、川崎2-0まりで川崎が勝利しました。まりは負けただけでなくアウェイゴールを得ることができず、この結果により第2戦は川崎は勝ち・引分・及び0-1での負けまで勝ち抜けとなります。
 川崎0-2まりでのまりの勝ちの場合は、延長戦へ。
 また、第2戦で川崎が得点した場合は、アウェイゴール優先ルールによりまりは3点差での勝利が必要となります。例えばまり3-1川崎の場合は勝ち数同点、総得点同点ですが、次の条件であるアウェイゴール数でまり0-1川崎となるため、川崎の勝ち抜けです。
 
 処で、川崎対まりのナビスコ準決勝といえば、2007年もそうでした。この時は第一戦は日産にてまり1-2川崎で川崎の勝利、第2戦はまりが交代枠使い切った後でGKがペナルティエリア外で手でボールをはたき落としてレッドカード、松田がGKになるという珍しいことが起きました。結果は川崎の勝利で、川崎の勝ち抜けとなったのですけども。
 
 さて……
 ここまでのあらすじは、ここまでです---
 
 
DSC02520
 
 アウェイ自由席が混みそうな気がしましたので、14時過ぎには現地に到着。
 
DSC02523
 
 ゲート前の待ち行列で、ぼーと待機。1時間半ほど。
 
DSC02525
 
 開場は16時。
 
DSC02526
 
 20分ほど掛かって、やっと中へ。
 アウェイ側サイドスタンドは全面明け渡し状態でした。ただしロアだけ。
(ホーム側含めてアッパーは全面閉鎖でした)
 
DSC02527
 
 今日は先に、今日のすかーさま。
 
 
 
DSC02528
 
 改めて、今日の試合はナビスコ杯準決勝第2戦、まり対川崎戦です。
 
DSC02538
 
DSC02541
 
 17時50分過ぎ、キーパー練習開始。
 
DSC02542
 
 まり大きな旗。
 
DSC02544
 
DSC02545
 
DSC02546
 
 17時半選手登場。ピッチ練習開始。
 
DSC02547
 
 サブの面子には、尾藤も! 
 
 
DSC02585
 
 スタメンは試合中の写真から。
 
DSC02552
 
 そして審判は最悪の扇屋! 
 川崎を勝たせない気満々でした。
 

 
 パノラマ。
 
DSC02555
 
 コレオ中。
 
DSC02558
 
 ホーム側。
 
DSC02559
 
 こっち側。
 
DSC02561
 
 川崎ボールで前半キックオフ。
 
DSC02587
 
 前半4分、左から
 
DSC02588
 
 ジュニが押し込んでボールをゴール前へ
 
DSC02589
 
DSC02590
 
 受けたのはヘナ、シュートはしかしキーパーキャッチ。
 
DSC02592
 
 前半4分まりCK。
 
DSC02593
 
 イガ頭でクリア。
 
DSC02605
 
 前半6分、まりスローインから
 
DSC02606
 
 周平がクリア
 
DSC02665
 
 前半14分
 
DSC02666
 
 (`3´)/体でぶつかられて倒れたのに
 
DSC02667
 
 何故か(`3´)/のファール。いや(`3´)/についてはこの試合、何をされても(`3´)/のファールでした。
 
DSC02709
 
 前半19分、コーナーまで押し込まれ
 
DSC02710
 
 ゴール前に送り出されたボールを
 
DSC02711
 
 シュート、これは枠の外
 
DSC02712
 
 でもまりのCK。……川崎誰に当たった? 
 
DSC02713
 
 ファーで折り返されたが
 
DSC02714
 
 杉山キャッチ。
 
DSC02720
 
 前半21分、
 
DSC02721
 
 また左サイドから押し込まれるが
 
DSC02722
 
 タニが対応。
 
DSC02740
 
 前半23分、
 
DSC02741
 
 また左から押し込まれ
 
DSC02742
 
 ゴール前に、これを杉山パンチングでクリア
 
DSC02743
 
 しかしそのボールをゴール前どフリーで拾われ
 
DSC02744
 
 シュート! は何故か枠を外れた。何故? 
 
DSC02753
 
 前半25分、また攻め込まれて
 
DSC02754
 
 なんとかクリアしますけど
 
DSC02757
 
 またCK。
 
DSC02758
 
 ファーで折り返され
 
DSC02759
 
 しかしゴール前でクリア
 
DSC02760
 
 そのゴールの攻防で周平倒されファール。
 
DSC02766
 
 前半26分、スローインからジュニ突進
 
DSC02768
 
 しかし倒されて
 
DSC02771
 
 川崎FK、ヤブ
 
DSC02772
 
 ではなくユースケ! 
 
DSC02773
 
 しかしキーパーキャッチ。
 
DSC02803
 
 前半31分、これは右サイドから
 
DSC02804
 
 一度はクリアして押し戻したが
 
DSC02805
 
 再度拾われて遠目からのシュート
 
DSC02806
 
 杉山がきっちりキャッチ。
 
DSC02826
 
 前半34分、押し込まれまくり
 
DSC02829
 
 シュートは枠を逸れたのですが
 
DSC02831
 
 これも川崎の選手が触ったことにされてしまいCK。
 
DSC02832
 
 ただこの後に
 
DSC02833
 
 ファールがあって川崎ボールに。
 
DSC02838
 
 前半35分、まりゴール前に送り出されたボールに(`3´)/追い付いてキーパーと1対1
 
DSC02839
 
 しかしキーパーに阻まれ
 
DSC02842
 
 こぼれ球にヘナ、ヘナ倒されて
 
DSC02843
 
 ジュニのシュートもキーパーがはね返し
 
DSC02844
 
 ゴールならず。
 
DSC02849
 
 ヘナはタンカが出され、一度外へ。すぐ戻りましたけど。
 
DSC02867
 
 前半39分、ボールを受けた(`3´)/
 
DSC02868
 
 足払いで倒されるが
 
DSC02869
 
 もちろん相手におとがめ無し。
 
DSC02871
 
 続いてジュニ突進
 
DSC02872
 
 遠目からの強引なシュートは
 
DSC02873
 
 枠に入らず。
 
DSC02916
 
 前半ロスタイム1分での45分。
 
DSC02917
 
 イガファール取られて
 
DSC02918
 
 まりFK。
 
DSC02919
 
DSC02920
 
 壁に当たって
 
DSC02921
 
 前半終了。
 
 
 
DSC02923
 
 ハーフタイム。
 
 
DSC02925
 
 後半まりは温存していた? 山瀬と坂田を一気に投入。
 
DSC02929
 
 まりボールで後半開始。
 
DSC02938
 
 開始早々押し込んだヘナが倒されてFK、ユースケ。
 
DSC02939
 
 クリアされたボールを
 
DSC02940
 
 タニが拾い
 
DSC02941
 
DSC02942
 
 ジュニのシュートはしかし枠の上。
 
DSC02955
 
 後半2分まりスローインから
 
DSC02957
 
 ゴール前に。まりFW突進するが杉山がキャッチ、そのまま激突。
 
DSC02958
 
 どちらもしばらく動けませんでした。
 
DSC02960
 
 どちらも大事はなかったようなので、良かった。
 
DSC02982
 
 後半6分、(`3´)/アタック。
 
DSC02983
 
 (`3´)/強引に押して
 
DSC02984
 
 ゴール前のジュニへ、しかしキーパーキャッチ。
 
DSC02987
 
 後半6分、まり攻撃。
 
DSC02988
 
 タニが絡んだ上で倒してしまい
 
DSC02990
 
 まりFK。
 
DSC02992
 
 意図的に枠を外したボールをなんとかクリア。
 
DSC02993
 
 続いてまりのスローイン
 
DSC02994
 
 シュートは
 
DSC02995
 
 杉山がキャッチ! 
 
DSC02996
 
 そこからのキックで(`3´)/乗っかかれて倒され
 
DSC02997
 
 しかし零れたボールをジュニが
 
DSC02999
 
DSC03000
 
 まりDFをするするとかわして
 
DSC03001
 
 ゴール前のヘナにパス、しかし僅かに合わずにボールはそのまま向こうへ。
 
DSC03002
 
 倒された(`3´)/はタンカを出されて
 
DSC03003
 
 ピッチの外へ。間もなく戻りましたけど。
 
DSC03084
 
 後半17分まりの攻撃
 
DSC03085
 
 パスを受けたまりのでかいFW、振り向きざまのシュート
 
DSC03086
 
 杉山キャッチ。
 
DSC03091
 
 後半17分、押し込まれたが
 
DSC03092
 
 杉山がキャッチ、そこから投げたボールを
 
DSC03093
 
DSC03094
 
 ジュニが一気に押し上げ
 
DSC03095
 
 対面のヘナへ
 
DSC03096
 
DSC03097
 
 ゴール前のヤブにパスをしたが
 
DSC03098
 
 うまく繋がらず当てられてタッチへ。
 
DSC03109
 
 後半19分
 
DSC03110
 
 ゴール前に上げられたがコレも杉山が
 
DSC03111
 
 倒れ込みながらもキャッチ。
 
DSC03122
 
 後半20分、ヤブout タッピーin。
 
DSC03134
 
 そして問題その1の後半22分。
 
DSC03135
 
 まりの突破にイガが
 
DSC03136
 
 ペナルティエリア外で倒してしまったが
 
DSC03138
 
 扇屋はここぞとばかりにイガに赤紙を提示、そしてPKと。
 
DSC03141
 
 抗議しますがもちろん扇屋は聞きませんはい。
 おまけで抗議をしたらしい杉山にも黄紙の追加。
 
DSC03143
 
 まぁこの状態でやっちゃったイガはうかつではありますわな。
 
DSC03146
 
 まりPK。
 
DSC03147
 
DSC03148
 
 山瀬だから仕方がない。普通に決められて、まり先制。
 川崎は急遽ヘナを下げてヨコ投入。
 
DSC03153
 
DSC03154
 
 川崎一人減ったところを突いて、まり一気に攻勢に。
 
DSC03196
 
 しかし川崎は必死で守ります。
 
DSC03222
 
 後半33分、まり三枚目の交代、河合out 水沼息子in……え? 
 
DSC03256
 
 あと一点取られる訳にはいかない川崎は
 
DSC03257
 
 コーナーキープなど駆使して必死で耐えます。
 
DSC03293
 
 そして問題その2の後半41分。杉山のキックから
 
DSC03294
 
 ボールを受けた(`3´)/が松田に倒され、それでもボールをキープしようとしたら松田も倒れ込んでボールを抱え込んだ。
 
DSC03295
 
 対してジュニは、ボールを抱え込んだ松田からボールを掻っさらってシュート。
 
DSC03296
 
 ボールは枠の中へ。
 しかし実際にはこの時には試合は止められていました。
(ここは遅延が目的では無く、スキあらばゴールしようという『ストライカーの本能』的行動。これを咎めたいならば、第一戦の際に主審の笛を待たずにリスタートして菊地を壊したマリの攻撃自体も自己批判してください)
 
DSC03298
 
 扇屋としては、ながったり。遅延としてジュニに黄紙。ここでジュニが少しでも不服の素振りを見せたらすかさずもう一枚黄紙を出して退場、という展開を目論んでいたのかもしれません。(あの瓦斯大逆転を演出した審判ですから、こっちはそこまで勘繰ります)09/08修正:ガス戦はハゲでした。
 
 ところがここで扇屋にも想定外の展開に。ジュニの行為に(何故か?)激昂したマリGK飯倉がゴール前からまっすぐ突進し、ジュニを背後から掴み膝を入れて蹴り倒した! 
※ちなみに直後には松田が倒れているジュニに掴み掛かっている。
 
DSC03300
 
 遅延としてジュニに黄紙がでたものの。当然というか、こうなると扇屋も飯倉にレッドを出さないとしょうがなくなりました。例えこのキーパーの目には「ジュニが松田を蹴った」ように見えたとしても、報復として背後から蹴り倒していいわけは有りませんから。
 
DSC03305
 
 しかしそれで済まず、このマリGK、抗議の最中審判の胸を手で押してる姿が映像でもはっきりと。暴れるだけならまだしも、審判に手を出すと「審判に対する乱暴な行為」と見なされて出場停止は加算されます(主審が掲げた黄紙をはたき落とした柏(当時)の李忠成は3試合加算されて4試合出場停止)→ http://www.j-league.or.jp/release/000/00002325.html
 
DSC03306
 
DSC03307
 
 ちなみにこのマリGK、仲間にピッチから引きずり出された後も暴れ放題。尤もこの姿はついこの前の大白鳥でのユースケの様子と重なってしまって、この辺には何とも言う気も起きません。スイッチ入っちゃうと感情を制御できなくなる人は一人ではないと言うことが認識できただけと言うことで。取り敢えずユースケは、審判や備品に手を出しては居ませんけどね(少なくとも川崎に来てからは。昔は知らない)
 
 
DSC03310
 
 さてまりは「またしても」三人交代後にキーパー退場という2年前のナビ準決勝第2戦と同じ事態となってしまいました。
 監督の指示らしく、入ったばかりの水沼息子がキーパーユニとグローブを装着。
 
---
 
処で、
 3人交代した上でのGK退場でフィールドプレイヤーが臨時でGKやるってのは、本当にレアなことなのでしょうかね? なんせ私が見た試合でも、

2005/10/01 野沢退場で菊地GK(新潟)※ハンド
2007/10/13 榎本退場で松田GK(まり)※ハンド
2008/04/02 高木退場で曽田GK(札幌)※得点機会阻止

そして今回(※乱暴)と、ここ数年でもう4回目ですから。
 
---
 
DSC03312
 
 と、2年前と同じくやる気満々だった松田もユニ脱いでました。
 
DSC03313
 
 けどもう一度着ちゃいました。
 
DSC03334
 
 そしてロスタイムは。前代未聞の7分! 
 確かに、イガの退場とまりGKの退場あれやこれやをそのまま加算するとこの数値になってしまうのかも知れませんけど……
 
DSC03382
 
 延々と続くまりの攻勢を耐え続けた川崎。後半50分(`3´)/out でクローツin!
 
DSC03384
 
 後半50分、タッピーが押し込んで
 
DSC03386
 
 ユースケのスローイン。
 
DSC03387
 
 クローツが受け、ジュニへ。
 ジュニ急造キーパーを難無くかわしてシュート! 
 
DSC03388
 
DSC03389
 
 土壇場に来て、とどめを刺す得点! 
 
DSC03392
 
 というのも、これで川崎はアウェイゴール1を獲得での合計川崎3-1まりとなったため、アウェイゴールを取ることができなかったまりはここから3点取って総得点で上回らないと勝ち抜けできなくなってしまったのですから。
 
DSC03397
 
 後半51分、まり最後の攻撃
 
DSC03398
 
 ラインを割ってCK
 
DSC03399
 
 ゴール前で競って、川崎がクリア
 
DSC03407
 
 後半53分を過ぎてもまりは攻め続けたが
 
DSC03412
 
 ついに試合終了。
 
DSC03425
 
 最終スコアは……と、得点表示はさっと隠されてしまいましたです。
 

 まり1-1川崎
 2戦トータルで川崎3-1まり。川崎が1勝1分で勝ち抜け。
 
 そう言えば入場者数の表示見てなかった。……1万6467人だそうです。
 
DSC03416
 
 試合が終わると、松田も川崎の列の中に入って声を掛けていました。
 
DSC03421
 
DSC03424
 
 2007年以来三度目のナビスコ杯決勝進出です!
 決勝の相手は瓦斯です。
 
DSC03428
 
 日産スタジアム。天皇杯を順調に勝ち抜けば、もう一試合ここで有ります。
それが最後の「日産スタジアムでの試合」となるのでしょうか? 
 
 取り敢えずここまで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009/09/06

ナビまり戦でもカブを愛でる。老いたるカブの星への賛歌。

 
カブ、可愛いよカブ(x x;)
 
 
 
DSC01769
 
 キックオフ直前に等々力に到着しましたので、すでにカブふろん太はピッチをうろうろしていました。
 
DSC01771
 
 平日ナイトゲームだと時間的に試合開始前の写真が少なくなりますので、今回も写真は少なめです。
 
DSC01773
 
 ところでてんけんくんは?
 というかカップ戦だとこの二人しか居ないことは少なからずですね。
 
DSC01775
 
 試合開始前の写真撮影。
 
DSC01776
 
 終わったので帰るカブふろん太
 
DSC01777
 
 もちろんふろん太の手には、チップスター! 
 



 
DSC02121
 
 ハーフタイムにもいつものようにスタンド前を周回していました。
 
DSC02122
 
 なお今日のカブの根は程々の長さです。
 



 
DSC02497
 
 試合終了後。
 
DSC02505
 
 ふろん太勝利のポーズ。
 
DSC02508
 
 表彰も終わったので
 
DSC02510
 
 後はいつもの通り
 
DSC02511
 
 スタンド前を
 
DSC02513
 
 周回したのでした。
 
 今回はココまでです。
 次回カブの登場は9月19日対浦和戦です。なおカブはアウェイ側には行きません。
 
 



 
 いままでのカブの勇姿を確認されたい方は、以下から参照してくださいな。
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 
2009年のカブ
 
03/07 対柏戦
03/11 対天津戦
04/04 対名古屋戦
04/08 対大宮戦
04/21 対マリナーズ戦
04/29 対京都戦
05/16 対磐田戦
06/07 ファン感
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
07/01 対脚大阪戦
07/05 対鹿島戦
07/18 対神戸戦
07/29 ナビ 対鹿島戦
08/01 対瓦斯戦
08/23 対山形戦
08/30 対清水戦
 
2009年のカブ以外
 
04/12 対清水戦
05/02 対まり戦
05/09 愛媛対讀賣戦
05/30 水戸対仙台戦
08/15 対名古屋戦
08/16 徳島対仙台戦

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/09/05

ナビスコ杯準決勝第1戦川崎対まり@等々力

 
DSC01768
 
 なんとかキックオフ前に等々力に到着。許すまじ京浜東北線。
 
DSC01770
 
 今日の試合はナビスコ杯準決勝第1戦、川崎対まり戦ホームです。
 
DSC01874
 
 スタメン発表には間に合いませんでしたので、スタメンは試合中の写真から。
オランダに行ってる憲剛の代わりはヤブ、そして川島の代わりは杉山!!! 
 
DSC01774
 
 整列。
 
DSC01778
 
 試合開始前アウェイ側。
 
DSC01779
 
 試合開始前ホーム側。
 
DSC01780
 
 川崎ボールで、前半開始。
 
DSC01782
 
 開始早々押し込まれて
 
DSC01784
 
 センタリング。杉山手を伸ばしたが、ボールは軌道変わりませんでしたのでその上を通過
 
DSC01786
 
 と思ったのに、何故かコーナーキック。今にして思うと開始早々からこの日のジャッジは……
ちなみに主審はジョージ。判断基準が明確に偏っていました。
 
DSC01787
 
 前半1分、まりCK。
 
DSC01788
 
 周平がクリア。
 
DSC01792
 
 前半2分、ジュニヘナ(`3´)/のジェットストリームアタック
 
DSC01793
 
 ユースケがサイドから押し上げ
 
DSC01794
 
 ヘナ経由で
 
DSC01795
 
 ゴール前にしかしこれはクリアされた
 
DSC01866
 
 前半13分周平押し出して
 
DSC01868
 
 ヘナテセと回し
 
DSC01869
 
 ジュニが再度からゴール前へ
 
DSC01870
 
 しかしキーパーキャッチ。
 
DSC01885
 
 そして前半15分、ユースケが
 
DSC01886
 
 ゴール前に突進
 
DSC01887
 
 上げたボールに(`3´)/が足先で合わせて
 
DSC01888
 
 ゴール! 
 
DSC01890
 
 お疲れかつ不調気味の(`3´)/、久々の得点で、先制。
 
DSC01910
 
 前半19分、(`3´)/の競り合いから零れたボールをヘナ
 
DSC01911

 
 さらにタニがシュート
 
DSC01912
 
 しかしボールはころころとキーパーに。
 
DSC01945
 
 前半23分、競り合いでヘナが脚を上げて相手を蹴る形になってしまいファール。
これはちょっと危なかった。
 
DSC01946
 
 なんとか相手に大事無かったですけど。
 
DSC01949
 
 でもこの直後にまりが勝手に試合を始めてしまい、その時に交錯して
 
DSC01951
 
 キクが負傷離脱。それも三週間……
 
DSC01963
 
 今日も前半で交代、イガin。
 
DSC01965
 
 前半27分、まりスローインから
 
DSC01967
 
DSC01969
 
 どとーの攻撃も
 
DSC01970
 
 最後のシュートは杉山が正面でキャッチ。
 
DSC02040
 
 前半36分なおもまりのターン。
 
DSC02041
 
 山瀬のセンタリングは
 
DSC02042
 
 タニがクリアして
 
DSC02043
 
 CK。
 
DSC02044
 
 ゴール前頭で合わせたが
 
DSC02045
 
 ボールは向こうへ。
 
DSC02053
 
 前半38分、(`3´)/倒されてFK
 
DSC02054
 
 蹴るのはユースケ
 
DSC02056
 
 ……と。
 
DSC02057
 
 出しどころが見つからなかったのか、時間掛かってしまい審判に怒られた。
 
DSC02058
 
 結局は横パス。
 
DSC02083
 
 前半43分、クロスにサカタ飛び込もうとするがイガが対応、
 
DSC02084
 
 杉山キャッチ。
 
DSC02090
 
 後半43分、まり河合が遠目からシュート!
 
DSC02091
 
 杉山パンチでクリア。
 
DSC02092
 
 杉山「うまくできてるじゃないかオレ」
 
DSC02093
 
 続くCK。
 
DSC02094
 
DSC02095
 
 ゴール前に上がったボールを
 
DSC02096
 
 杉山キャッチ。
 
DSC02114
 
 ロスタイム2分も間際の前半47分
 
DSC02115
 
 まりの最後の攻めは
 
DSC02116
 
DSC02117
 
 オフサイド
 
DSC02118
 
 前半終了。
 
 
 
DSC02120
 
 今日のすかーさま。
 
 
DSC02126 
 
 アップをしていたヨコが、杉山を出迎え。
 
DSC02127
 
 まりボールで後半キックオフ。
 
DSC02131
 
 端からアタックをかけてきたまり、シュートはでも杉山がガッチリと。
 
DSC02135
 
 さらにゴール前を横断する形でクロスが通ったが
 
DSC02136
 
 シュートは枠を大きく逸れた。
 
DSC02141
 
 後半3分、まりの人遠くから
 
DSC02142
 
 思い切ってシュートでもこれも杉山が弾きだした。
 
DSC02143
 
 続くコーナーキックも
 
DSC02144
 
DSC02145
 
 カムさんが頭でクリア。
 
DSC02149
 
 後半また押し込まれて山瀬
 
DSC02150
 
DSC02151
 
 シュートはまっすく枠の→外へ。
 
DSC02158
 
 後半5分、また押し込まれて
 
DSC02160
 
 一気にゴール前まで
 
DSC02161
 
 シュートは周平が体ではね返し
 
DSC02162
 
 更なるシュートからも守りきった。
 
DSC02194
 
 後半9分ずっとマリノスのターン。
 
DSC02195
 
 回されて山瀬のシュート、これも杉山が弾き出す。
 
DSC02196
 
 固いぞ杉山。
 
DSC02235
 
 そんなこんなで攻め込まれ続けだったのも、後半12分。スローインを奪って
 
DSC02236
 
 サイドからカムさんが
 
DSC02237
 
 送り出したボールを
 
DSC02238
 
 ジュニが頭で合わせて! 
 
DSC02239
 
DSC02240
 
DSC02242
 
 2点目です!! 
 
DSC02247
 
 後半15分、
 
DSC02248
 
 ユースケが一気に押し上げて
 
DSC02250
 
 ゴール前のヘナ、タニと渡ったが
 
DSC02251
 
 共にシュートできず。
 
DSC02261
 
 後半16分送り出されたボールに突進したヘナ
 
DSC02262
 
 ゴールを背にしたオーバーヘッドキックは枠に行かず。
 
DSC02268
 
 後半16分、まりは一気に二人交代。
 
DSC02329
 
 後半26分、川崎はヘナout 、ヨコin。
 
DSC02338
 
 今日の入場者は1万1850人だったそうです。
 
DSC02375
 
 後半33分、ゴール前に送り出されたボールをカムさんがクリア
 
DSC02376
 
 拾われて更にシュートもこれは杉山ががっちりキャッチ。
 
DSC02378
 
 再度ゴール前に送り出されたボールをはね返して、
 
DSC02379
 
 そこから
 
DSC02380
 
 (`3´)/の突進へ
 
DSC02381
 
 シュートはしかしキーパーが弾き、
 
DSC02382
 
 (`3´)/はそのこぼれを拾おうとしたが相手DFに倒されて寄せられず。
 
DSC02384
 
 その後も、もうアウェイゴールを取る気満々のまりのどとーの攻めが続きます。
 
DSC02385
 
 が、川崎DF陣も(背後が杉山だったから却って?)いつも以上の集中力でゴールを割らせません。
 
DSC02386
 
DSC02387
 
 CKでも割らせません。
 
DSC02399
 
 後半36分、ヤブout タッピーin。
 
DSC02404
 
 後半37分、ジュニカウンター
 
DSC02406
 
 ゴール前の(`3´)/に送り出されたが
 
DSC02408
 
 これはオフサイド。
 
DSC02484
 
 そんなこんなで延々と攻め込まれ、かつ主審の笛も副審の旗も「迷ったらマリノスの方」というようにしか見えないジャッジングにも耐えながらロスタイムは3分。その終了間際。
 
DSC02486
 
 このシュートも杉山が弾いた! 
 
DSC02487
 
 その後のシュートは枠を外れ
 
DSC02488
 
 松田が猛抗議を始めたけど子細不明。
 
DSC02492
 
 松田が黄紙を喰らって、試合終了。
 
DSC02494
 
 川崎2-0まり
 
 準決勝前半を、2-0で折り返すことができました。
 もう一点取れていればかなり楽だったのですけど、それでもアウェイゴールを取られなかっただけでもかなり有利となります。
 
DSC02493
 
 皆に祝福される杉山。初出場完封勝利、おめでとう。
 
DSC02515
 
 今日の勝利には、ユースケもにっこり。
 
DSC02517
 
 まずはもう一試合、がんばれ。
 
DSC02518
 
 と言うわけで、帰りましたです。
 ナビ杯準決勝第2戦は9月6日、日産スタジアムで18時キックオフです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/09/02

清水戦でもカブを愛でる。ハドソン・カブ毛布よ永遠に。


カブ、可愛いよカブ(x x;)
 
DSC01153
 
 取り敢えず試合開始前2時間の17時頃。この頃はまだ雨も降っていませんでした。
 
DSC01155
 
 今日もピッチ内でのイベントがありましたので、こちらでも。
 
DSC01157
 
 さてアウェイ側に突撃。
 
DSC01158
 
 パルちゃんを受け取ったふろん太
 
DSC01159
 
 係員に取られて戻されちゃいました。
 
DSC01160
 
 ふろん太「やっぱり、パルちゃんよりもカブお前の方が可愛いよ」
 



 
DSC01164
 
 17時50分、力士の皆様登場。雨が降り始めていましたので、カサ持参。
 
DSC01165
 
 バックスタンド前で整列。ふろん太は雨天仕様に変更。
 
DSC01168
 
 でもカブてんけんくんはそのままだよ。
 
DSC01170
 
 春日王挨拶。
 
DSC01172
 
 さて力士の皆様が引き上げると、今度は。
 
DSC01175
 
 花嫁さん登場。等々力での人前結婚式だそうで。
 
DSC01177
 
 この日はてんけんくん提供試合でしたので、てんけんくんが指輪を渡しました。
 
DSC01180
 
 子規が済むとコアの前へ……と、ここら辺から雨が激しく。
 
DSC01184
 
 先週入場を出迎えのふろん太も雨天仕様のまま。
 
DSC01188
 
 そして試合開始直前には、もう雨がもう。
 
DSC01192
 
 でも雨天仕様を脱ぎ捨てたふろん太
 
DSC01194
 
 てんけんくん
 
DSC01195
 
 押し出して
 
DSC01198
 
 勝利! 
 
DSC01201
 
 試合前に仕事終了のカブふろん太てんけんくん
 
DSC01202
 
 帰る……のは良いけど。
 
DSC01203
 
 ふろん太てんけんくんはスタスタと帰るのに
 
DSC01204
 
 カブは一人取り残されてしまった。今日のカブは根が短いから。
 



 
DSC01765
 
 さて次は申し合い終了後。なんとか引き分けに持ち込みましたのでバックスタンド前のセレモニーに登場のカブふろん太てんけんくん
 
DSC01766
 
 次の登場はもう明日、9月3日です。果たしてそれまでに三人は乾くのでしょうか?(^ ^;)
 
 



 
 いままでのカブの勇姿を確認されたい方は、以下から参照してくださいな。
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 
2009年のカブ
 
03/07 対柏戦
03/11 対天津戦
04/04 対名古屋戦
04/08 対大宮戦
04/21 対マリナーズ戦
04/29 対京都戦
05/16 対磐田戦
06/07 ファン感
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
07/01 対脚大阪戦
07/05 対鹿島戦
07/18 対神戸戦
07/29 ナビ 対鹿島戦
08/01 対瓦斯戦
08/23 対山形戦

 
2009年のカブ以外
 
04/12 対清水戦
05/02 対まり戦
05/09 愛媛対讀賣戦
05/30 水戸対仙台戦
08/15 対名古屋戦
08/16 徳島対仙台戦

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/09/01

09年J1第24節川崎対清水@等々力

 
DSC01152
 
 フロンパークでは力士の人がじゃんけんをしていました。それはそれ。
 
DSC01163
 
 今日の試合はJ1リーグ第24節、川崎対清水です。
 
DSC01181
 
 ガミさんは元気でした。
 
DSC01185
 
 アウェイのオレンジの皆様。
 
DSC01186
 
 清水スタメン。
 
DSC01190
 
 川崎スタメン。
 
DSC01191
 
 審判スタメン。
 
DSC01193
 
 台風の影響か、天気はどんどん崩れて試合開始前には本降りに。
 
DSC01200
 
 整列。
 
DSC01206
 
 川崎ボールで前半キックオフ。
 
DSC01211
 
 前半1分、ヤジが押し込んで
 
DSC01212
 
 ジュニがシュートしかしバーの上。
 
DSC01232
 
 前半5分、右から押し込まれて
 
DSC01233
 
 ゴール前で岡崎、しかしこれも
 
DSC01234
 
 ゴールの向こうへ。
 
DSC01236
 
 前半6分、再び押し込まれ
 
DSC01237
 
 川島まで振り切られてボールはゴール前の四千に、しかしこれをキクが何とか
 
DSC01238
 
 ボールに脚を伸ばして、クリア。
 
DSC01263
 
 前半11分、また右サイドからの押し込みをヒロキがクリア
 
DSC01264
 
 清水CK。
 
DSC01265
 
 市川が合わせたが
 
DSC01266
 
 ボールはゴールを左に逸れました。
 
DSC01268
 
 しかしこの時の攻防で
 
DSC01269
 
 ヤジが脚を痛めてしまい
 
DSC01270
 
 前半13分で、今週山形戦の後で台湾での代表戦二試合をこなして疲労困憊の(`3´)/を投入。というかこの状態の(`3´)/の方がクロより良いというのか監督は。
 
DSC01312
 
 前半19分、ジュニ倒されてのリスタートからユースケ、
 
DSC01313
 
 ゴール前に走り込んだ(`3´)/にパスは通らない。
 
DSC01323
 
 前半22分、またこっち側から押し込まれて
 
DSC01324
 
 ゴール前の四千にしかしこれは川島が横っ跳びでクリア
 
DSC01368
 
 前半30分、ユースケから、ジュニ。ジュニドリブルで押し上げるが
 
DSC01369
 
 蹴ったボールは清水DFに当たって
 
DSC01370
 
 CK、憲剛。
 
DSC01371
 
 クリアされて
 
DSC01373
 
DSC01374
 
 カウンター
 
DSC01375
 
 ゴール前四千に上げられたボールをコレも何とか防いだ。
 
DSC01387
 
 後半33分、ヒロキが対応したこぼれ球を
 
DSC01388
 
 拾われてシュート、しかしこれは川島がなんとかキャッチ。
 
DSC01394
 
 前半34分、またや
 
DSC01395
 
 これも川島がキャッチ。
 
DSC01396
 
 メガネの代表監督が来ているからって、川島にアピールさせすぎ。
 
DSC01417
 
 前半39分、清水CK。
 
DSC01418
 
 叩きつけるようなヘディングシュートを
 
DSC01419
 
 これも川島が弾き出した。
 
DSC01429
 
 後半41分、川崎のCK、憲剛。
 
DSC01430
 
 ニアでクリアされたボールを
 
DSC01431
 
 憲剛が拾い
 
DSC01432
 
 再度ゴール前で競り合い、
 
DSC01433
 
 零れたボールをキクが遠目からシュート
 
DSC01434
 
 ボールはゴールの上に。
 
DSC01441
 
 前半43分、カムさん押し込んで
 
DSC01442
 
 ゴール向こうでボールを受けたジュニ、
 
DSC01443
 
 シュート、しかしこれはうまく当たらず、クリアされた。
 
DSC01454
 
 ロスタイムは一分だったものの、そのまま前半終了。
 
 
 
DSC01455
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC01457
 
 選手交代は無し。なぜか川崎のサイド、カムさんとユースケは左右を交代、後半もメイン側がユースケ。
 後半は清水ボールでキックオフ。
 
DSC01485
 
 後半4分、ジュニ脚を払われて倒され、憲剛も倒されたが
 
DSC01488
 
 ファールは無し。
 
DSC01491
 
 その続きで押し込まれて
 
DSC01492
 
 ゴール前岡崎飛び込むが
 
DSC01493
 
 ボールは明後日へ。
 
DSC01529
 
 後半10分、タッピーout ヘナin。
 
DSC01533
 
 後半11分、大きく回されて
 
DSC01534
 
 ミドルシュート、これは川島キャッチ。
 
DSC01551
 
 さらに後半13分
 
DSC01552
 
 押し込まれたが
 
DSC01553
 
 カムさん対応
 
DSC01554
 
 さらに押し込まれてゴール前ドフリーの清水の人シュート
 
DSC01555
 
 これが何故かボールは枠の上に。
 
DSC01556
 
 ユースケも意味もなく倒れた。
 
DSC01558
 
 カムさん川島に説教喰らう。
 
DSC01574
 
 後半17分突進するジュニ
 
DSC01575
 
 後ろから引き倒され
 
DSC01576
 
 さすがにこれは黄紙。
 
DSC01579
 
 FK、憲剛。
 
DSC01580
 
DSC01581
 
 転がしたがこれはクリアされた。
 
DSC01608
 
 後半23分、キクが岡崎を倒してしまって清水FK。
 
DSC01609
 
 クリアしたボールを
 
DSC01610
 
 ミドルシュート
 
DSC01611
 
 これも枠の上に。
 
DSC01612
 
 後半24分、カムさんout イガin。
 
DSC01616
 
 そしてこの日の入場者数は、雨にも関らず2万0689人。
 コンコースも大混雑状態でした。
 
DSC01654
 
 後半31分清水CKは交代したばかりのジャンゴ。
 
DSC01656
 
 クリア
 
DSC01657
 
 ファーサイドで拾われたが
 
DSC01658
 
 これは川島がキャッチ。
 
DSC01659
 
 しかし後半32分。
 
DSC01660
 
 クロスを
 
DSC01661
 
 頭で合わされ、川島も対応しきれず
 
DSC01663
 
 清水に先制された。
 
DSC01689
 
 後半37分、ジュニ
 
DSC01690
 
 ヘナ
 
DSC01691
 
 (`3´)/をへて最後はジュニのシュートはしかし枠を逸れて向こうへ。
 
DSC01707
 
 後半40分、憲剛からジュニへ
 
DSC01708
 
 ゴール前に送り出したがキーパーキャッチ。
 
DSC01721
 
 後半42分、ジュニ倒され
 
DSC01722
 
 FK、憲剛。
 
DSC01724
 
 ゴール前ファーに流れ
 
DSC01725
 
 ラインの向こうへ
 
DSC01742
 
 そしてロスタイム突入、3分。
 
DSC01743
 
 その後半46分。川崎FK、憲剛。
 
DSC01745
 
 そのボールに、ヒロキが頭で合わせて
 
DSC01745
 
 同点! 
 
DSC01750
 
 残り時間にも勢いで攻め込んだが
 
DSC01752
 
 攻めきれず。
 
DSC01761
 
 試合終了。
 
DSC01762
 
 川崎1-1清水
 
DSC01763
 
 川崎またしても勝たなければならない試合で勝ちきれず。
 
DSC01764
 
 次は必ず勝つです。
 次は水曜、ナビ杯準決勝対まり戦の一試合目です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« agosto de 2009 | Main | outubro de 2009 »