« dezembro de 2009 | Main | fevereiro de 2010 »

janeiro de 2010に作成された記事

2010/01/17

2010年もカブを愛でます。すべての種類のカブ。<2009年カブ総集編>

 
愛はさだめ、さだめはカブ
Love Is the Plan the Plan Is Kabu.
 
 毎年のように消滅を覚悟していますけども。今年は新体制会見にも登場して存続が発表されたということで、一安心です。経営危機によりシティグループを経て、三井住友フィナンシャルグループと所属が代わってからの初契約更新ということでちと心配はしました。
(正直、終了に向けた大ネタも準備していました。それ自体は取り敢えず公開見合わせにします)
 
 ともあれ、その恩に報いるためにも、私も今年も。カブの露出に貢献します!! 
 
 というわけで、毎年恒例カブ総集編です。
 
 まずは過去のカブ。
 
2005年総集編
2006年総集編
2007年総集編
2008年総集編
 
 そして、2009年のカブ記事総覧です。
 ちなみに2009年シーズンでのカブ記事には意図して「副題」を付けてきました、以下にその副題も合わせて表示します。副題自体には深い意味は無いです。気がついた人だけニヤリと笑ってくださいな。
 
 



P1920910
 
P1920996
03/07 対柏戦
そしてわたしは失われた道をたどり、カブを見いだした
And I Have Come upon This Kabu by Lost Way.
 


P1930841
03/11 対天津戦
カブに映しておぼろげに
Through a Kabu Darkly.
 


P1960991
04/04 対名古屋戦
おお、わがカブよ、光満つるその顔よ!
Your Faces, O My Kabu! Your Faces Filled of Light!
 


P1980425
 
P1980479
04/08 対大宮戦
カブがとまるまで押さえてください
Press Until the Kabu Stops.
 


P1990247
04/21 対マリナーズ戦
オージーたちの知らないカブ
The Kabu Oz Don't See.
 


P1990915
 
P1990924
04/29 対京都戦
汝が半数カブの心
Your Haploid Kabu Heart.
 


P2030433
05/16 対磐田戦
カブしておくれ、ふるさとへ
Kabu Us Home.
 


P2040147
05/19 対浦項戦
大きいけれどもカブが好き
I'm Too Big But I Love Kabu.
 


P2060816
06/07 ファン感
カブ・イン・ザ・スカイ・ウィズ・フロンターレ
Kabu in the Sky with Frontale.
 


P2070280
・06/20 対大分戦「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
※副題なし
 


DSC01586
07/01 対脚大阪戦
カブの鼻は夜ひらく
The Night-blooming Kabu.
 


DSC02294
07/05 対鹿島戦
カブ、カブ、聞こえるか? 
Kabu, Kabu, Do You Read?
 


DSC04986
 
DSC05005
07/18 対神戸戦
スイミングカブが干上がるころ待ってるぜ
I'll Be Waiting for You When the Swimming Kabu Is Empty.
 


DSC06177
07/29 ナビ 対鹿島戦
カブから10000光年
Ten Thousand Light-Years From Kabu.
 


DSC07196
 
DSC07212
08/01 対瓦斯戦
からあげくんで永遠をめざしたカブ
The Kabu Who Karaage-kun to Forever.
 


DSC00465
 
DSC00481
08/23 対山形戦
ふろん太たちがあいさつするカブ
The Kabu Fronta Said Hello To.
 


DSC01162
 
DSC01169
08/30 対清水戦
ハドソン・カブ毛布よ永遠に
Forever to a Hudson Kabu Blanket.
 


DSC01776
09/02 ナビ 対まり戦
老いたるカブの星への賛歌
Star Songs of an Old Kabu.
 


DSC04168
09/19 対浦和戦
カブは永遠にたちのぼって
Her Kabu Rose Up Forever.
 


DSC05090
 
DSC05103
09/23 ACL 対名古屋戦
接続されたカブ
The Kabu Who Was Plugged in.
 


DSC07653
10/04 対まり戦
カブへ歩いたボビーくん
The Bobby Who Walked Kabu.
 


DSC00648
 
DSC00679
10/25 対広島戦
時分割のカブ
Time-Sharing Kabu.
 


DSC01628
10/29 サテ 対千葉戦@等々力
一瞬のカブの味わい
A Kabu Taste of Being.
 


DSC03861
11/08 対千葉戦@等々力
愛しのカブよ帰れ
Kabu Come Home.
 


DSC07804
11/28 対新潟戦@等々力
カブといっしょに生きよう
Come live with Kabu.
 


 
そして、使わなかったネタです(もし去年が最後だった場合には、この副題を使うつもりでした)
たったひとつの冴えたカブ
The Starry Kabu.
 とりあえずネタはほぼ尽きましたので、2010年度はまた別のネタを探します。
 
 というわけで。もちろん今年も、このブログではカブを愛でることを押し進めます!! 
 
 
 
 
おまけ:
以下は2009年のカブ以外です。アウェイだったり、天皇杯でカブが居なかった試合。そして関係ない試合です。
リンクのみ示しておきます。
 
04/12 対清水戦@アウ平
パルちゃんに残酷なことのできない心理学者(フロンタサポ)
The Psycologist(Fronta-sapo) Who Wouldn't Do Awful Thing to Pull-chan.
05/02 対まり戦@日産
カブなき戯れ
A Source of Kabu Merriment.
05/09 愛媛対讀賣戦@人参
そして目覚めると、わたしはこの人参スタにいた
And I Awoke and Found Me Here on the Ninjin-stadium.
05/30 水戸対仙台戦@笠松
すべてのホーリーくんは水戸の海に消えた
Tales of the mito.
08/15 対名古屋戦@瑞穂
グッドナイト、スイートグランパス
Good Night, SweetGrampus.
08/16 徳島対仙台戦@大塚ポカリ
ラセンタヌキ解決法
The ScrewTanuki Solution.
10/11 天皇杯 対山口戦@等々力
カブはとけた、カブは消えた
The Kabu Are Melted, the Kabu Are Gone.
10/17 対大宮戦@玉スタ
アルディ博士の最後の飛行
The Last Flight of Doctor Ardi.
11/03 ナビ決勝戦@霞ヶ丘
※副題なし
11/11 天皇杯 対富山戦@霞ヶ丘
輝くカブ天より墜ち
Brightness Kabu falls from the air.
11/22 対大分戦@九石ド
われら<カメ>を盗みし者
We Who Stole The Kame.

| | | Comments (1) | TrackBack (0)

2010/01/03

広島サポに送る「浦項」ガイド

 
 天皇杯の結果によって、リーグ4位の広島がACL出場決定ということで、おめでとうございます。
もしくは「地獄へようこそ」。
 そのACLグループリーグでも、韓国の浦項が一番近いですから行く気になっている人も少なくないでしょう。私も去年浦項に行きましたので、その時の情報をまとめてみました、参考になりましたらどうぞ。
 
 その前に、参考となるサイトを。
 まずJsGoalのオフィシャルガイド(去年版)は以下を見るです。
【レッツゴーACL】アウェイへ行こう!川崎Fが3月18日に対戦する浦項編(09.03.16)
【レッツゴーACL】アウェイへ行こう!川崎Fが3月18日に対戦する浦項の写真レポート編(09.03.16)
 まぁ以下私が書いている内容も、これらと被っているところは有りますけどね。
 
 それから、浦項市の日本語サイトです。私が行く前にはけっこう参考になりましたです。
 
 最後に、私が行った時の日記です>たびのはじまりです2009その1<浦項編>
 
 
 
P1940594
 
P1940598
 
 私は関空から釜山経由で行きました。他には仁川・金浦まで行って、金浦から飛行機・またソウルから高速バスという手段も有ると思います。
もちろん釜山へなら、下関からフェリーや博多港からジェットフォイルという手も有りますけどね。広島から行くならなおさら。
 
P1940607
 
 釜山・金海国際空港です。中央付近に見えるのが国際線ターミナル出入り口で、出入り口出て右方向に進むとバス乗り場があります。
 
P1940603
 
 私が行った09年の際は1番乗り場からでした。
 
P1940604
 
 事前の情報では金海空港からは慶州行きのバスしかないとなっていましたけど、現地に着くと慶州経由で浦項行きの便がありました。
 バスは07:30から一時間間隔。浦項までは11000Wでした。この記事を書いている2010年1月3日では1W=0.08円なので、875円くらいです。
 
P1940606
 
 なお浦項行きがない場合、慶州で乗り換えて浦項まで行けます。
 
P1940608
 
 バスのフロントには行き先が書いてありますので、これを確認して乗ってくださいな。
 
P1940609
 
 ちなみに私が乗ったときは私一人だけでしたので、慶州には止まらず浦項直行だったようです。
 
P1940612
 
P1950391
 
 11時30分出発で、13時ごろには浦項市外バスターミナルに到着。さて、ここで位置関係を表示します。
 

より大きな地図で 浦項 を表示
 
青いポイントが「浦項スティールヤード」、最終目的地ですね。
青いバスが「市外バスターミナル」、釜山からだとこちらに到着しますが、浦項の高速バスターミナルは赤のピンの「高速バスターミナル」も有り、
 
P1940616
 
 行き先によってどっちか代わりますので注意。ソウルへは、高速バスターミナルでも市外バスターミナルでも行けるようです。
 緑のテントは私が宿泊したホテル「ラマダアンコール浦項」。まぁ普通に考えれば、タクシー拾っていくのが一番でしょうけど……
 
P1940614
 
 私はふらふらするのが好きななので、市外バスターミナルの旅行者案内所で地図を貰ってふらふら歩いていきましたです。
 
P1950389
 
 ちなみに市外バスターミナル近くには温泉マークも並んでいました。韓国の場合安いホテルはこんな感じです。
 
P1940615
 
 1時間後に宿泊ホテルに到着。「ラマダアンコール浦項」です。アメリキ語サイトとはいえ直接予約できて楽だったから。
 
P1940618
 
 室内はこんな感じ。チェックイン窓口は、私の拙いアメリキ語でも十分でした。
 
 ちなみに他のホテルは浦項市サイトのホテル紹介頁なども参考になると思いますです。
 
P1940619
 
P1940620
 
 で、スティールヤードに行くのも、タクシーを使った方が良かったのでしょうけど。ここでは私は歩くことに(^ ^;)
 
P1940621
 
 ちなみに「Stadium」は陸上競技場ですので、タクシーに乗るときは「浦項スティールヤード」とはっきり言いましょう(^ ^)
 
P1940625
 
 先の地図でのほぼ中央の橋。このタワーが有る程度方向の目安になると思います。
 
P1940626
 
 この辺からはposcoの高炉の群がよく見えます。
 
P1940629
 
P1940630
 
P1940631
 
P1940632
 
 スティールヤードは製鉄所の敷地内なので、風景もそれっぽく続きます。
 
P1940635
 
P1940638
 
 ホテルから歩いて30分ほどで、ようやく現地に到着。道は一本、橋から曲がる必要は殆ど無いので迷うことはないとは思いますけど歩きは勧めません。
 
P1940639
 
 スティールヤードは森の中です。
 
P1940640
 
 しかも若干老朽化してるっぽい。
 
P1940657
 
 チケット売り場はホーム側に在りました。隣にはグッズ売り場も
 
P1940653
 
 チケットの値段は、09年の際は10000W。795円くらい。

 
P1940654
 
 またスタンド周辺には屋台も並んでいました。この鶏の唐揚げは5000W(397円くらい)他に缶ビール3000W(238円くらい)などなど。
 
P1940649
 
 スタンドの周囲には周回できるように通路が作られていますので、アウェイ側にも問題なく行けます。
 
P1940650
 
 アウェイ入り口。
 
P1940664
 
P1940671
 
 スタジアムはサッカー専用です。スタンドは二層。
 
P1940700
 
 大型ビジョンはカラーで、ホーム側に設置されています。
 
P1940720
 
 スタメン表示はアルファベット。
 
P1940663
 
 傾斜も強く、ピッチに近いです。
 
P1940667
 
 ゴール裏にはネット。
 
P1940702
 
 コーナー付近に縄張りが張ってあって、アウェイゾーンは一応隔離されていました。天津では制服に取り囲まれていたことを考えると、平和です。
 

P1940701
 
 浦項のコアな皆様。
 
P1940691
 
 売店も有りますので、中での食料調達も可能です。
 
P1940690
 
 ここはぜひ「のしかわはぎ」を(^ ^;) 2000W(159円くらい)
 
P1940692
 
 これを……
 
P1940693
 
 売店よこに設置されているガス台で、自分で焙ることができます。
 
P1940696
 
 まぁ焙りたてはおいしいかったですよ(^ ^;)
 ちなみにニフティのデイリーポータルZ「コネタ城」にも投稿したら掲載されました。
 
 
 
P1940705
 
 アウェイゴール裏はこんな感じになりました。
 
P1940714
 
P1940722
 
 ちなみに、バックアッパーには制服の団体様が観戦に来ていました(軍人の皆様?)
 
P1950339
 
P1950373
 
P1950381
 
 試合中はこんな感じ。
 
P1950382
 
 試合終了後。軍人さんの皆様引き上げ中。
 
P1950383
 
 試合が終わると、夜です。私は帰りもてくてく歩いてホテルに戻りましたので、タクシーがどこで拾えるのかは判りません。
 
P1950384
 
 こういう風景をぼーと眺めていました。
 
 
 
P1950392
 
 翌日再び市外バスターミナルに戻って、こちらからバスで釜山に戻りました。7300W(581円くらい)です。
ちなみにハングルは表音文字ですし子音と母音の記号の組み合わせで作られていますから、そんなに勉強しなくてもある程度は「読める」ようにはなりますし、ハングルが読めると地名なども確認できますから、こういうチケットも行き先が読めて気が楽になります。
 
P1950397
 
 そして1時間半ほどで、釜山の総合バスターミナルに。
 
P1950398
 
 釜山総合バスターミナルは、釜山地下鉄1号線老圃洞(Nopo-dong)駅に隣接しています。
 
P1950399
 
 この路線図では赤いラインの一番右上端。ちなみに釜山金海空港最寄り駅は釜山地下鉄1号線亀浦(Gupo)駅で、左側、黄色の3号線と緑の2号線の交差したすぐ左の駅です。
つまり金海空港から釜山総合バスターミナルへ移動するとなると釜山を横断するも同然です。とは言え2002年の際にはタクシーで移動しましたけど3000円かからなかったように記憶します(行き先を告げるとタクシーの運転手さんが大喜びした事も思い出した)
 
P1950400
 
P1950402
 
 釜山の地下鉄の切符は自販機で買えましたので安心です(アメリキ語表記に切替可能)
 
P1950412
 
P1950413
 
 まぁこんなこんなで、帰りも釜山金海空港から。
 なお、保安関係の制限で液体関係は機内持ち込みできませんので預け入れる必要が有るのですが、「キムチも液体扱い」なので注意(^ ^;) キムチをお土産に買う場合には、荷物を預ける前にしましょう。
 
 とりあえずこんな処ですが、質問有りましたらどうぞ。答えられる範囲で御答えします。
でわでわ。

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/01/02

天皇杯決勝脚大阪対名古屋@霞ヶ丘

 
DSC02272
 
 試合前に四角いのが右往左往していました。
 
DSC02276
 
 13時25分、アウェイ側。ピッチ練習に合わせてビッグフラッグ展開。
 
DSC02277
 
 ホーム側、仕込み中。
 
DSC02280
 
 天皇杯決勝、脚大阪対名古屋戦です。
 
DSC02279
 
 審判スタメン。
 
DSC02281
 
 脚大スタメン。
 
DSC02282
 
 名古屋スタメン。
 
DSC02283
 
 グランパス君は来ていましたけど、ガンバボーイは見えませんでした。
 

 
 試合開始前、コレオ。パノラマ。
 
DSC02288
 
 アウェイ側拡大。
 
DSC02289
 
 ホーム側拡大。
 
DSC02296
 
 ぐるぐる巻きグランパス君
 
DSC02297
 
 脚大ボールで前半開始。
 
DSC02320
 
 名古屋が押しても
 
DSC02321
 
DSC02322
 
 ジョシュアは取り囲まれて
 
DSC02323
 
 ゴールに寄せられません。
 
DSC02327
 
 前半6分
 
DSC02328
 
 ルーカス。
 
DSC02329
 
 脚大あっさり先制。<脚大1-0名古屋>
 
DSC02343
 
 馬絹も押し込みますが
 
DSC02344
 
DSC02346
 
 あきまへん。
 
DSC02385
 
 前半16分、加地倒されて
 
DSC02387
 
 FK、ガチャ。
 
DSC02388
 
 折り返してのヘディングシュート
 
DSC02389
 
 は、楢崎がキャッチ。
 
DSC02448
 
 前半28分、今度は名古屋ゴール前でのFK。
 
DSC02449
 
 すかして後ろから小川
 
DSC02450
 
 低く飛んだボールは脚大キーパーキャッチ。
 
DSC02486
 
 前半35分脚大
 
DSC02487
 
 送り出されたボールに脚大飛び付こうとしたが
 
DSC02488
 
 その前に楢崎ボールを確保。
 
DSC02505
 
 そのままガンバ優勢で終わるかと思った前半40分。玉田から
 
DSC02506
 
 ゴール前に送り出されたボールが
 
DSC02507
 
 ケネディの頭を経由してナオシ。
 
DSC02509
 
 同点。<脚大1-1名古屋>
 
DSC02522
 
 更に前半43分、名古屋FK。
 
DSC02523
 
 頭で合わせてさらに送り出し
 
DSC02524
 
 シュート、とその前にキーパーキャッチ。
 
DSC02545
 
 ロスタイム2分で、前半終了。
 
 
 
DSC02547
 
 ハーフタイムもこちらの皆様でお楽しみください。
 なんか、ホームゴール裏前で寸劇やっていたような? 
 
 
 
DSC02548
 
 名古屋ボールで後半開始。
 
DSC02550
 
 開始早々名古屋押し込むが
 
DSC02551
 
 脚大なんとかクリア。
 
DSC02553
 
 続くCKも
 
DSC02554
 
 点にはつながらず。
 
DSC02570
 
 後半4分名古屋左に押し込み
 
DSC02571
 
 ゴール前に送り出したボールにジョシュア! 
 
DSC02572
 
 しかしこれも枠に収まらず。
 
DSC02574
 
 後半5分、馬絹が交錯して黄紙。背後から来た選手にヒジ入れちゃった模様。
 
DSC02575
 
 脚大の皆様猛抗議。「ヒジ打ちは赤だろがゴラァ」
 
DSC02576
 
 とは言っても背後から来た選手に意図的にヒジを入れるのは難しいと思う。
 
DSC02731
 
 そして後半33分。ガチャ自分で押し込んでシュート
 
DSC02732
 
 ゴール
 
DSC02734
 
 脚大勝ち越し。<脚大2-1名古屋>
 
DSC02789
 
 更に後半41分。
 
DSC02790
 
DSC02791
 
DSC02793
 
 3点目。<脚大3-1名古屋>
 
DSC02816
 
 そしてロスタイム4分の後半47分。
 
DSC02817
 
DSC02818
 
DSC02819
 
 またガチャ。<脚大4-1名古屋>
 
DSC02824
 
 試合終了。
 
DSC02825
 
 脚大阪4-1名古屋
 
DSC02829
 
 輪。
 
DSC02832
 
 楢崎。
 
DSC02840
 
 ばんざい。
 
DSC02842
 
 と言うわけで、元日の天皇杯決勝は脚大の連覇で終わりました、そうですか。
と言うことで、ACL日本第4代表は広島だそうです、そうですか。
この項終わり。

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/01/01

女子サッカー選手権大会決勝@霞ヶ丘

 
DSC02008
 
 小杉に着いたら東横線が遅延していて焦りましたけど、なんとか10時には霞ヶ丘に到着しました。
 
DSC02009
 
 さすがにこの時点ではゴール裏以外は空いていました。
 
DSC02013
 
 年の初めの試合は、女子サッカー選手権大会決勝です。
 浦和Rレディース対日テレベレーザ戦です。
 
DSC02012
 
 審判スタメン。
 
DSC02014
 
 浦和スタメン。
 
DSC02015
 
 日テレスタメン。
 
DSC02016
 
 その頃アウェイゴール裏では、テープを引っ張ってなにやら仕込み中でした。
 
DSC02017
 
 赤い皆様はバックスタンド寄りに集結。
 
DSC02018
 
 緑の皆様も同様に。
 
DSC02019
 
 整列。
 
DSC02023
 
 浦和ボールで前半開始。
 
DSC02030
 
 前半は
 
DSC02045
 
 日テレ微妙に攻勢とはいえ
 
DSC02050
 
DSC02052
 
 特に浦和キーパーのがんばりもあり
 
DSC02061
 
DSC02062
 
DSC02063
 
 互いに無失点のまま
 
DSC02122
 
 ロスタイム1分で、前半終了。
 
 
 
DSC02123
 
 日テレボールで後半開始。
 
DSC02128
 
 後半4分、日テレ大野。
 
DSC02129
 
DSC02130
 
DSC02131
 
 先制。<浦和0-1日テレ>
 
DSC02144
 
DSC02145
 
 その後も日テレの攻勢は続き
 
DSC02174
 
DSC02175
 
 続き
 
DSC02205
 
 そして後半33分、とどめを刺したのは
 
DSC02206
 
 澤!<浦和0-2日テレ>
 
DSC02219
 
DSC02223
 
 後半36分、日テレはついに最終兵器、ボンバヘ荒川を投入。
 
DSC02244
 
 後半ロスタイム2分に入っても、日テレは浦和の攻撃を押さえ
 
DSC02252
 
 試合終了。
 
DSC02253
 
 浦和0-2日テレ
 
DSC02254
 
 ベレーザの優勝となりました。
 
DSC02258
 
 日テレ喜びの輪。
 
DSC02260
 
 サポも大喜び。
 
DSC02261
 
 さて表彰式は、まず審判団から。
 
DSC02262
 
 そして(準優勝表彰の写真は飛ばして)優勝表彰。
 
DSC02263
 
 雛壇に整列、と
 
DSC02265
 
 ボンバヘが壁に上ってバンザイ。いやそれは危ないです……
 
DSC02267
 
 最後はピッチに戻って記念撮影でしたとさ。
 
 
 
DSC02268
 
 と言うわけで、霞ヶ丘ではこの後天皇杯決勝……ですが、記事はここで一度切ります。
今日のすかーさまだけ、先に。
続く。

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

あけましておめでとうございます

 
 2010年、川崎フロンターレは変革の年となりました。6年目の挑戦の年、始まります。
 
newyear2010
 
 
 
というわけで、
 今年の年賀状は虎です。今回は、詳細はすでにここに書いていますので、気になる方はそちらを見てくださいな。
 



 
2009年の年賀状
 
2008年の年賀状
 
2007年の年賀状
 
2006年の年賀状
2006年の年賀状製作話
 
2005年の年賀状
2005年の年賀状(友達用)を作った時の製作話。

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

« dezembro de 2009 | Main | fevereiro de 2010 »