« fevereiro de 2010 | Main | abril de 2010 »

março de 2010に作成された記事

2010/03/31

3月31日の徘徊(メルボルンその2)

 なんか人が多いと思ったら……明日はイースターです。
 
DSC08135
 
 今回もトラムでまずフリンダース駅へ。
 
DSC08136
 
 ここからてくてく歩いてあの高いところに。
 
DSC08153
 
 このビルの88階、285mだそうですけどここに展望台があります。16A$でしたけど、空港で貰った冊子の頁を提示したら1割引で14.85A$になりました。
 
DSC08154
 
 上から周囲を眺望。
 
DSC08157
 
 今日の舞台も見えます。天気が良いので、屋根も全開です。
 
DSC08159
 
 ちなみにガラスではなく金網の部分もありました。その右側には……それは項目を改めて、後で。
 
DSC08190
 
 なんやかんやで、そんなところでした。
 
DSC08195
 
 その後にビクトリア国立美術館(NGV)。美術館です。常設展示は無料でしたので、ぼーと回っていたらそれだけで1時間以上掛かりました。古代近代現代ヨーロッパからアジアまでいろいろ。知ってる名前の人の作品もそこかしこに。
 
DSC08199
 
 後はトラムで
 
DSC08200
 
 フリンダース駅前まで戻り、その目の前のセントポール寺院の中に。
 
DSC08201
 
 お祈りとかはしませんでしたけどね。
 
DSC08202
 
 馬車が居ました。
 
DSC08203
 
 さてさて、トラムでふらっとした揚げ句にサザンクロス駅に戻ってきました。
 この辺で軽くご飯を食べて15時前にはホテルに戻りました。現在休憩中です。開場が18時と言うことですから、17時くらいに再度動きはじめるつもりです。
 
mel100331
 
 ちなみに今回の行動はこんな感じ。
 前回よりもぐっと狭い範囲でうごめいています(^ ^;)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月30日の徘徊(メルボルンその1)

 
DSC08048
 
 さて、空港から市街地まではシャトルバス「スカイバス」で。このキオスクの裏チケットに自動販売機が有りましたけど、私はインタネット経由で事前購入していましたので、プリントアウトを見せて(バーコードをスキャンして)乗りました。
 
DSC08050
 
 7時前でしたので乗ったのは数人。
 
DSC08052
 
 やがて、日が昇ろうとした頃に
 
DSC08054
 
 サザンクロス駅に到着。
 
DSC08055
 
 サザンクロス駅はとても大きな駅でした。
 
DSC08060
 
 そして、エティハドドームも駅の側に在ります。ですので私自身も駅の近くで宿を確保しました。
 
DSC08063
 
 まずホテルに行ってキャリーバッグを預かって貰ってから、移動開始。
 
DSC08064
 
 それもトラム、つまり路面電車で。
 ゾーン1の1日券で6.80A$でした。尤もサザンクロス駅で勝ったのですけど自販機が我が侭で、でかい札は使うなだの釣り銭はないだのだだをこねるので困りました(^ ^;) 
 チケット自体は最初に乗った際に日付を印字する必要が有りますが、そうしてしまえば後は乗り降り自由のようです。(中心部には無料のトラムも周回しています)
 
DSC08065
 
 まず最初に向かったのは、クィーンヴィクトリアマーケット。市場です。まぁ早朝ですから他はどこも開いてなかった(^ ^;)
 
DSC08066
 
 野菜果物から肉から、訳わからないものまでいろいろ売られていましたです。
 
DSC08068
 
 その後に向かったのは、王立博覧会ビル。1880年に開催された万博のために建てられたビルで、世界遺産に認定されているそうです。
 
DSC08069
 
 そういわれると確かに、前時代の万博っぽい。
 
DSC08070
 
 そのとなりにメルボルン博物館が在りましたので、しばらくここに居ました。
 
DSC08073
 
DSC08077
 
 中は恐竜の骨とか、そういう感じ。
 
DSC08078
 
 剥製の中でしばしぼーとしていましたです。
 
DSC08080
 
 その後もトラムで町中を徘徊していましたけど、あちらこちらに時代がかった建物が建っていて(残されて?)
 
DSC08081
 
 それらを眺めるだけでももうおなかいぱい。
 
DSC08090
 
 フィッツロイ公園内のキャプテンクックの家にも行きました。
 
DSC08092
 
 受け付けで聞かれたので日本からと答えたら、日本語の案内を貰いました。
 
DSC08096
 
 途中メルボルンクリケットグラウンドも見えました。そういえばエティハドスタジアムもオージーフットボールのために楕円形のピッチだったはず。
 
DSC08095
 
 その後には、フリンダース駅そばのフェデレーションスクェアへ。
 
DSC08097
 
 現代美術の美術館なども在ったようですけど、私が気に入ったのはACMI、オーストラリア・センター for the ムーヴィング・イメージ"Australian Centre for the Moving Image"。映像関係の総合的な展示施設で、オーストラリアに関係する映画関係者の展示を中心に、総合的な「映像作品」について展示を行っていて、範囲はヴィデオゲームなどまで、ゲームは実動しているコモドール64など伝説の域に行ってしまったゲーム機にびっくりしました。アニメ関係も鉄腕アトムの展示がありましたです。
 
DSC08099
 
 隣はフリンダース駅です。
 
DSC08100
 
 駅の対面は広場になっていて、常時イベントなどが開催されているようです。
 
DSC08104
 
 さて、一回りを越えて、エティハドスタジアム……を通り越して、ドックランズのモールまで行きました。
 

 
 パノラマ。"docklands"ドックランズというからには以前はドックが在ったのでしょうね。今はスタジアムの他再開発が進行中です。
 
DSC08106
 
 モールです。尤もいまいち活気がありませんでしたけど。
 
DSC08112
 
 モールで軽くご飯を食べた後、エティハドスタジアムに戻りました。この通り、明日の試合が告知されています。
 
DSC08118
 
 見ると屋根が開いていました。試合当日も晴れると良いですね。
 
DSC08123
 
 そして現地のチケットマスター窓口で、事前購入していたチケットを引き取りました。
 購入時のプリントアウトと購入時のクレジットカードを提示しただけ。受取にサインして代わりにチケット受取とあっという間。
 尤も「チケットマスターのチケット」になってしまいましたとさ。現地で直接買ったらちゃんと印刷されたチケットになったのかな? 
 
 この後15時くらい。ホテルに戻ってチェックインを行い、部屋に入りました。
 先に書いた通りで、部屋にインタネット設備があるのに使えませんでしたので、フロントの方に対応して貰うことになりましたけど、最後はなんとか使えるようになったのは書き込みできているとおりです。
 
MEL100330
 
 ちなみにこの日の昼間の行動を辿ると概ねこんな感じになります(^ ^;)
 途中GPSのデータを拾えなくて素っ飛んでいる箇所がありますけどそれは気にするなです。
 
 
 
DSC08124
 
 部屋でぼーとしているうちにうとうとしたりして、気がつくと日が暮れてしまいましたので、この後には夜のメルボルンを徘徊しました(^ ^;)
 
 途中で選手の皆様とすれ違いましたけど、それはそれとして(^ ^;)
 
DSC08126
 
 夜も良い感じでした。
 
DSC08127
 
 ので、あっちへこっちへ
 
DSC08131
 
 ふらふらと。
 
DSC08133
 
 ふらふらと。
 
DSC08134
 
 ふらふらとした後に部屋に戻りましたです。
 明日もすこしふらふらしてから、エティハドスタジアムへ行きます。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/30

3月29日の徘徊(成田>チャンギ>メルボルン)

 
現在ホテルのチェックイン他が済んだところです。部屋からインターネットアクセスできるはずなのにできない(部屋のTV経由でパスワードが確認できるはずなのにできない)のでフロントの兄ちゃん呼んで対応して貰ってようやくつながりました、はい。3日で20Aドルとのこと。
 
 
DSC08015
 
 始発のバスで6時過ぎに小杉に到着。
 
DSC08017
 
 横須賀線小杉駅から、成田エキスプレスで一気に。
 
DSC08019
 
 8時10分にはもう成田空港に到着。早い! 
 今までだと成田エキスプレスには渋谷か品川まで行く必要有ったのですけど、今や乗り換え無し。
 
DSC08020
 
 クウタンがうろうろしていました。
 
DSC08021
 
 なんか知りませんがそこかしこ大行列でしたけど、チェックインも荷物検査も出国手続きもほどなく通過。

DSC08024
 
 天気は良くなかったですけど、影響出るほどではなし。
 
DSC08025
 
 今回行きはシンガポール経由です。見回してもそれっぽい人は無し。
 
DSC08027
 
 離陸後程無く、ごはん。カレー。
エコノミーですはい。
 
DSC08028
 
 後、アイスも。
 
DSC08029
 
 なんやかんやで、現地時間17時15分(日本時間で18時15分)シンガポールのチャンギ国際空港に到着。
7時間くらい。「ハムナプトラ3」を一通り見てしまいました(^ ^;)
 
DSC08030
 
 次の搭乗口を確かめて……と。
 
DSC08031
 
 ターミナル1を一回りすることになってしまいました。
 
DSC08035
 
 窓の向こうにさっきまで乗っていた飛行機が見えるくらいで。
 
DSC08032
 
 ちなみに乗り換えの場合は「入国」の必要はありません。お店とかも一杯あったです。シンガポ$持ってないけど(カード払いで何とかなるみたい)
 
DSC08034
 
 搭乗口着いたけどまだ開いてなかった。1時間前から?
 
DSC08036
 
 と言うわけで、今は空港のラップトップ用机でこの文章を打ってます(あと充電)。
 
***** ここからは30日になってから書いています。
 
DSC08037
 
 18時40過ぎて、待合室入場開始。ここで荷物チェック有り。
 
DSC08038
 
 そして19時過ぎに搭乗……と。
 
DSC08040
 
 なんか椅子が豪勢なのですけど(^ ^;)
 
DSC08043
 
 その席は「Premium Economy」でした。成田では自動発券だったので、それ以前にすでにアップグレードしていたみたいです。とまれシンガポールまでの7時間でもう疲れていましたので、助かりました。
 
DSC08041
 
 エコノミーとはいえどプレミアムなので、最初にシャンパン貰いましたし、ご飯も若干良い感じ(^ ^)
 
 椅子も大きくなった分それなり寝やすかったです、微妙に疲れも取れたかな? 
 とは言ってもメルボルン到着は現地の6時前、日本時間で言えば4時前です。到着前に朝御飯も出ましたけどその時間は日本時間で3時(^ ^;) これが、今日30日の疲れを呼ぶことに~
 
DSC08046
 
 入国審査も通関も問題なく。現地6時には外に出ることができました。
※無料シャワーは見つかりませんでしたけどね。シャワーマークまでは見つけたのですけど……
続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/29

たびのはじまりです2010その1<メルボルン編>

 
 
DSC08018
 
例によって今回も、こういう絵からスタートです。
 
 当座は以下の過去の<ACL>旅行日記でお楽しみください。
 
2007
<バンコク編>2007/05/21-2007/05/25

2009
その1<浦項編>2009/03/18-2009/03/20
その2<天津編>2009/05/05-2009/05/08
 
 
 
【以下2010/04/10追記】
 
メルボルン反転日記2010 目次
 
3月29日の徘徊(成田>チャンギ>メルボルン)
 
3月30日の徘徊(メルボルンその1)
 
3月31日の徘徊(メルボルンその2)
 
10年ACL第4節メルボルン対川崎@エティハド
ふろん太君大遠征・オーストラリアメルボルンの巻
 
4月1日の徘徊(メルボルン→シドニー)
 
4月2日の徘徊(シドニーふらふら)
 
4月3日の徘徊というか後は帰るだけ  
 
 
 今年もACLです、メルボルンヴィクトリー戦です。つまりメルボルンです。
 メルボルン行きは去年年末くらいから逡巡していましたが最終的にえいやっと。何よりも最大の難点だったのは往復について。ジェットスターも考慮に入れましたのですが、結局あまり値段は変わりませんでしたからJALにしました。往復の料金は「フロリダに行ける金額」になってしまいましたけども。
 
03/28(土) 清水戦@等々力
 この日は荷物まとめなど準備をしていました。まぁ4泊なので着替えなども最少単位で済みましたし、荷物自体はそんなに大きく無かったのですけど。パッケージの際についいつものクセで(?)ボストンバッグをキャリーバッグの奥に詰めてしまいました。お土産などはほとんど買いませんでしたから荷物が増えることもなく、つまり結局使用せず。現地4泊+機内1泊という長さの旅行は初めてだったので調整失敗です。次の旅行は2泊ですからボストンだけで十分のはず。
 
03/29(月)
 朝5時に起きて、6時前の始発のバスで武蔵小杉駅へ。南武線の小杉駅からてくてく歩いて横須賀線の小杉駅へ6分くらい。ここまで順境に着きすぎてホームの待合室で30分ほどぼーとすることになってしまいましたけど、成田エキスプレスに乗ってしまえばあっという間に空港へ。実質的にはそんなに早くなった訳では無いはずですけど、気分的には成田空港がかなり近くなったような気分です。
さて。
 成田でのチェックインは大半自力でしたけど、ここではアシストも有りましたし問題なし。出国も問題なし。機内でも問題なしで、シンガポール・チャンギ空港まで例によってというか、うつらうつらとしながら7時間。
 チャンギ空港で乗り換え。私シンガポール・チャンギ空港は初めてでこの乗り換えがちと不安でしたけど、実際には乗り継ぎ時に手続きはいりませんでした。飛行機降りて、搭乗口確認して、ターミナル移動して、そして乗っただけ(改めて搭乗エリアに入る際に荷物の再検査がありましたけど)。もちろんシンガポールドルなどは持っていませんでしたが、カード払いにすれば買い物も問題無さそう。けど今回は一応、お金を余り使わない方針でしたから結局ここでは何も買わずに。
 最初の7時間でもう疲れていましたけど、でもこのシンガポール発の便では何故か席がプレミアムエコノミーにアップグレードされていました(成田での発券当初から)。なのでこの後の移動は少し楽になりましたです。
プレミアムとはいえエコノミーなのですけど、椅子は大きいですしシャンパンで出迎えからいろいろと、当然ながらエコノミーより良いサービスでした。後半7時間は(日本時間でも夜でしたし)寝て過ごしました。
 
03/30(火)
 30日早朝にメルボルン空港に到着しました。時刻はだいたい5時45分。入国審査はともかく税関は厳しいと聞いていたのですが、特に止められることもなく6時半には開放されていました。
 まずは何と言っても、暖かかったです。川崎を出る際に来ていたフリースの上着は、到着以降無用の長物になりましたので、即行で畳んでバッグの中に。
 事前に調べた処では無料のシャワーが有るらしいのですが、それらしい場所まで行っても探しても見つかりませんでした。なのでそのまま、スカイバス(エアポートシャトルバス)でサザンクロス駅へ(往復26A$)。サイトからの事前購入で、プリントアウトした紙を運転手さんに見せたらバーコードを読み取らせて、それでおっけー。サザンクロス駅下のバスターミナルまでは30分くらい。駅に着いた時には夜も明けていました。
 駅に到着後、まずホテルに。スタジアム自体この駅の側ということもあり、ホテルは駅の近くで確保していました。表通りに面していたこともあり、まもなく迷いもなく発見。フロントに直進して、荷物を預かって貰いました。(その際にチェックインは12時以降にできると言ってました、多分)
 サザンクロス駅に戻って、まず朝のエティハドスタジアムを眺めた後、駅の自販機でメットリンクの1日乗車券を購入……しようとしたのですけど、これが売ってくれない。
 メルボルン空港で両替したのですが、大半20A$で渡されたのでこれ以上細かいお金がほとんど無かったのですけど、何度突っ込んでも受け取ってくれない(自販機自体には20A$受付けると書いてあるのに)。結局駅の売店で水買って細かいお金を作ってから、ぴったり6.5A$入れたらこれでようやくチケットを発行してくれましたです。(乗車範囲にはゾーン設定が有るのですけど、ゾーン1で)
 そしてトラム、つまり路面電車に乗りました。最初の乗車時に車内に有る改札機に通すだけ(日付が入ります)で、後は乗り放題です。(結局臨時改札などには会わなかったです)
 中心部には周回する無料トラムも有りましたけど、自由度が低くなりますのでこれには乗りませんでした。
この日の徘徊詳細は日記の方で。
 15時くらいにホテルに戻ってチェックイン。これ自体も問題なし。インルームインターネットのセットアップがうまくいかずフロントの兄ちゃんにお願いして云々も日記に書いた通りです。そんなこんなで気がついたら20時過ぎちゃいましたけど、その後に夜の町へ。と言ってもあちこち夜景を眺めただけです、はい。
☆メルボルン宿泊
 
03/31(水)
 9時くらいまでうだうだした後。この日も最初にサザンクロス駅でメットリンクの1日乗車券を購入してから、トラムでフリンダース駅に進み、ユーレカタワーへ。ここの展望台「ユーレカスカイデッキ」に登り、その展望台からガラスの箱で外に押し出される「エッジ」に挑戦。
 
 その後は特に予定も無かったのですけど、目についた近くの「ヴィクトリア美術館」へ、常設展示は無料でしたから。それでも、展示をぼーと見て回っている内にけっこう時間掛かってしまったです。
 
 ホテルに戻って一休みした後エティハドスタジアムへ。現地でドーナッツとビールを買いました。
10年ACL第4節メルボルン対川崎@エティハド
ふろん太君大遠征・オーストラリアメルボルンの巻
 
 終わり次第ホテルに戻りましたが、結果がアレでしたので夕飯も「ハングリージャックス」でワッパー。
 ワッパーが有ると言うことで現地でも気がついてはいましたけど、調べると案の定というか、これはバーガーキングのOZでの別名でした。
 やる気がないといいつつ、写真をまとめていたら記事の整理がついたので即行でアップロードして、荷物をまとめて寝ました。
☆メルボルン宿泊
 
おまけ:デイリーポータルZ コネタ城
http://portal.nifty.com/cs/catalog/portal_koneta/detail/1.htm?aid=100408123370
メルボルンに歪んで見えるビルが有った
 
04/01(木)
 移動日です。この日に乗るのは昼の便でしたので、チェックアウトの10時ぎりぎりまで部屋でうだうたしてました。チェックアウトの際にはインターネットの使用料を払っただけ。サザンクロス駅に移動して、スカイバスで空港に。シドニーへの移動はカンタス航空で。チェックイン自体は機械式でしたけど、画面の指示通り情報入力したら問題なしでした。ただ荷物預け入れは大行列でしたけども。
 機内は特に記憶無し。南瓜のパイの軽食が出たような? 
 シドニー空港からは電車で。中心部まで30分掛かりませんでしたから、結構近い方ですね。セントラル駅で地下鉄に乗り換えて、予約したホテルが有るキングスクロス駅に。
 ホテルは裏手でしたからちょっと迷いましたけど、まもなく発見。
 この日はシドニータワーに上るなど、軽く動いただけ。
 
※ちなみに記事中などで判る通りで現地では「4月1日」がイースターだと思い込んで居ますけど、実際のイースターは4月4日でした、はい。
 
 シドニーではホテル探しに苦労しました。(後でこの時期、4月1日~3日がもうイースター連休に正面衝突していることが判明して理解できましたけども)いろいろ探した結果で、キングスクロスに一泊7000円台でほどほどと思われたお宿を確保、したのですけど。
 宛われた部屋は3階(OZはイギリス式なので地上階がG階になりますから、3階は日本式で言う4階です)だったのですけど、フロントの人曰く
「お前さんの部屋は3階だけど、エレベータは2階までしか通ってないので2階に上がって後は階段を使え」
と言われたような気がしたのですけど実際エレベータは2階(3階)まで。階段でもう一階上に上がることに。
部屋は狭く、トイレの奥にシャワーブースが在る状態。つまりシャワーを浴びるためには便器を越える必要在り。揚げ句に早朝はお湯が出なかった。
アメニティは普通なりに置いて有りましたけど、補充無し。というかベッドメイクなども何も無し。(まぁ勝手に部屋に入られるよりはましかも)空調はなし、在るのは「扇風機」! テレビはもちろんブラウン管。
 ただ、食事は持ち込みが前提なのか(ホテルの入り口にはレストランが併設されていましたけど)部屋の中にはコーヒーメーカー以外にナイフとフォークや皿などがそれなりに用意されていました。ホテルの目の前がスーパーマーケットでしたから、夕食はそこで調達しましたけど、そういう時にフォークなど無くて困る時がたまにありますから、有り難かったです。
 
 あと、インターネットは有線無線共に設備は在りました。でも直接はつながらずID/PASSWD必要と頁が表示。とは言ってもこの件フロントに聞いてみたらさくっとID/PASSWDをプリントアウトしてもらえました。一応その紙には10A$/24hrと書いてありましたけどその場で支払いについて言及無く要するに無料。ということで、有り難く利用させてもらいました。(私の確認が悪かったのか、1日IDしか出してもらえませんでしたから、2日目にもフロントに行ってID/PASSWDを発行してもらいましたです)
☆シドニー泊

04/02(金)
 一日シドニー観光でした。シドニーエキスプローラーなる周回観光バスに乗って、ふらふら。
朝9時過ぎから、18時くらいまで。子細は日記の方で。
☆シドニー泊

04/03(土)
 ホテルのフロントの営業は7時過ぎからということで、最終日の出発時(5時半)には思いっきり閉まってました(^ ^;) しょうがないので、フロントの処にルームキー置いて出ましたけどね。
 
 まぁ値段なりということではあるのでしょうけど。そもそもシドニーにもう一度来ることがあるかどうかは判りませんけど、在ったとしてもその時はここには泊まりません(^ ^;)
 
 飛行機のチェックインは難無く済みました(出国手続きの場所がどこか判らずうろうろすることになってしまいましたけど)後は搭乗口付近でふらふらうだうだと時間を待つだけ。残ったA$でいろいろ買ったりね。最終的に手元には55A¢だけ残りました。
 機内ではまぁ寝てました、というか朝出発の昼間の便でしたので余り眠れませんでしたけど。成田空港には17時に到着。入国手続きをいろいろ済ませて外に。18時過ぎの成田エキスプレスで。19時すぎにはもう小杉に到着です、早い! 
 気分的に、小杉駅前の「松屋」で牛丼を食べてから家に帰りました。
 
04/04(日) 瓦斯戦@等々力
 以降、2時間という時差ぼけに苦しみつつ日常に戻りつつあります。
 
 
 
メルボルンはもう一回くらい来ても良いとは思ったです。
 路面電車が普通に走っていて、古めかしいビルも在る中に近代的な建物も普通に混在する様子は良い感じでした。まぁシドニーもそんな感じはありましたけど、ただ運悪くかイースター休暇の時期でなのか人が多すぎましたので、シドニーにはあまり良い感想はないです。
 
 現地での食事は……まぁ聞くな。グレートブリテンに栄光あれ。
 レストランとかには入りませんでしたし、基本安い所で安く済ませましたです。
 
 物価は基本的に高かったです。単三電池の予備が切れて現地で購入したら単3が2本で10A$以上とられた(- -#)しかもその割に保たなかった(いちおうパッケージには「2倍長持ち」的な事が書かれていたのだが……)。
 
 何故か知りませんが、中国系の人が多かったです、メルボルンもシドニーも。移民の国ですから中国の人もいっぱい行っているのでしょうか、町中での喧騒でも中国語がそこかしこから聞こえましたです。
 そういう状況だからか、町の人も非アメリカ語の人の相手は慣れているのか、私のてきとーアメリカ語でも会話が成立しましたです、聞き直しなどはなんどもやりましたけどね。
 
 今回も行程中はふらふら歩きづめでした。ですが今回は冷却シートである「休足時間」を買って持って行ってましたから、機内や寝る前などに脚に張ったらけっこう楽になりましたです。私的に今後は必需品かな。
 ちなみにJALは4月から「フライトマイル2倍」だそうで、今回の旅行では「帰りだけ」マイルが2倍着いてきました。4月からと言わず、行きも反映してくれデス……
 しかも最近はJALカードマイル割引なんかやってる。もっと早くやれです……
 
 今回お土産類はほとんど買わなかったです。
 自分用に買ったほぼ唯一の物はこれ↓だけ(^ ^;)
 
DSC00172
 
 オーストラリアといえば「ベジマイト」ですね(^ ^;)
 珍味を通り越してアレ、ということは知っていましたけど、実際舐めてみるとセイロガンのような、エビオス錠を噛み砕いたときに感じるような味(x x;)(実際ビール酵母から作っているそうなので、前者は兎も角後者は正解でした)
 
 でもバターと合わせて「薄く」パンに塗って、チーズも乗せて食べてみると、そんなに酷い物では無いです。
まぁ食えるというか、ちょっとしたアクセント? 
 この後は他の料理作るときにも隠し味として入れてみます(どうなるかは知らんけど(^ ^;))

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/28

晴れの清水戦でもカブを愛でる。

 
DSC07208
 
 今回は試合前から。キックオフ2時間以上前の10時45分の段階でカブふろん太も精力的にスタンド前を廻っていました。
 
DSC07209
 
 今日も仲良し、カブふろん太
 
DSC07210
 
 一人先にメインスタンド前に、カブ
 
DSC07212
 
 カブ「はいカブだよー」
 
DSC07216
 
 少し遅れて、ふろん太もメイン前に到着。
 
DSC07217
 
 こちらでも二人で。
 
DSC07227
 
 ふろん太「じゃあ挨拶するよ」
 カブ「はーい」
 
DSC07228
 
 勢い付けて
 
DSC07229
 
 ぺこり。
 



 
DSC07234
 
 さて、カブふろん太はアウェイスタンド前に突撃。
 
DSC07235
 
 と。
 
DSC07236
 
 黄色いのを手渡されました。
 
DSC07238
 
 これはまぁ、こちらの皆様相手にはお約束だということで。
 
DSC07241
 
 返しましたけどね。
 
DSC07243
 
 そして改めて、ぺこり。
 



 
DSC07254
 
 時間飛んで、試合開始前。
 
DSC07256
 
 選手の出待ち。
 
DSC07260
 
 選手登場。
 
DSC07261
 
 写真撮影/wカブふろん太
 
DSC07262
 
 段幕持ち。
 
DSC07263
 
DSC07264
 
 というわけで。
 
DSC07265
 
 試合前の仕事終わったから帰るカブ
 



 
DSC07600
 
 ハーフタイムにも
 
DSC07601
 
 スタンド前を廻るカブふろん太でした。
 
DSC07605
 
 カブっポーズ! 
 



 
DSC07991
 
 試合終了後。バックスタンド前で選手を出迎えカブふろん太
 
DSC07997
 
 引き分けだったので表彰はふろん太が代行。
 
DSC08001
 
 その後は、激励ビデオ撮影のためにコア前で待機のカブふろん太
 
DSC08004
 
 ふろん太「今日はもう少しがんばってね」
 カブ「……」
 
DSC08011
 
 撮影中。
 
DSC08014
 
 のカブが、何となしに畑のカブに見えましたので、今回はこの写真までで。
 今回はここまで。
 次のカブの出番は4月4日瓦斯戦です。
 
 



 
 2010年のカブ
 
03/06 対新潟戦
03/09 対北京戦
03/23 対メルボルン戦
 
 2010年のカブ以外
 
03/21 柏対福岡戦
 
 
 過去のカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 
2009年のカブ
03/07 対柏戦
03/11 対天津戦
04/04 対名古屋戦
04/08 対大宮戦
04/21 対マリナーズ戦
04/29 対京都戦
05/16 対磐田戦
06/07 ファン感
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
07/01 対脚大阪戦
07/05 対鹿島戦
07/18 対神戸戦
07/29 ナビ 対鹿島戦
08/01 対瓦斯戦
08/23 対山形戦
08/30 対清水戦
09/02 ナビ 対まり戦
09/19 対浦和戦
09/23 ACL 対名古屋戦
10/04 対まり戦
10/25 対広島戦
11/08 対千葉戦@等々力
 
※2009年のカブ以外
04/12 対清水戦@アウ平
05/02 対まり戦@日産
05/09 愛媛対讀賣戦@人参
05/30 水戸対仙台戦@笠松
08/15 対名古屋戦@瑞穂
08/16 徳島対仙台戦@大塚ポカリ
10/11 天皇杯 対山口戦@等々力
10/17 対大宮戦@玉スタ
10/29 サテ 対千葉戦@等々力
11/03 ナビ決勝戦@霞ヶ丘
11/11 天皇杯 対富山戦@霞ヶ丘
11/22 対大分戦@九石ド
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/27

10年J1第4節川崎対清水@等々力

 
DSC07205
 
 等々力です。
 
DSC07214
 
 人が続々来ています。
 
DSC07215
 
 今日はJ1第4節、川崎対清水戦@等々力です。
 
DSC07232
 
 サイン会が当たりましたので
 
DSC07245
 
 12時前にはバックスタンド裏へ。
 
DSC07246
 
 練習後渋滞に巻き込まれ、予定を遅れて登場小林ゆう。
 
DSC07249
 
 取り敢えず一人で開始。
 
DSC07250
 
 キクはメインスタンド前で挨拶をしていたため、さらに遅れて登場。
 二人からサインを貰いましたです。
 
DSC07251
 
 清水スタメン。
 
DSC07252
 
 川崎スタメン。
 審判スタメンは写真取れませんでした。主審吉田先生。
 

 
 試合前。パノラマ。
 
DSC07266
 
 試合前ホーム側。
 
DSC07258
 
 試合前バックスタンド。
 

DSC07267
 
 試合前アウェイ側。
 
DSC07259
 
 整列。
 
DSC07268
 
 円陣。
 
DSC07269
 
 清水ボールで前半開始。
 
DSC07277
 
 前半1分、イナから前のクロへ
 
DSC07278
 
 遠目からのシュートは緩くキーパー正面。
 
DSC07281
 
 前半1分、タニ倒されて
 
DSC07283
 
 FK、タッピー
 
DSC07284
 
 普通にはね返された。
 
DSC07285
 
 直後の攻防でイナと小野がごっつんこ。
 
DSC07287
 
DSC07289
 
 イナは頭をさするくらいでしたが小野はタンカで一度外へ。間もなく復帰。
 
DSC07313
 
 前半6分岡崎の突進はイガ対応
 
DSC07314
 
 川島キャッチ。
 
DSC07323
 
 前半8分カウンターから
 
DSC07324
 
 ヘナ突撃
 
DSC07326
 
 ゴール前で倒されたが倒れただけか何も無し。
 
DSC07334
 
 前半10分
 
DSC07336
 
 ユースケの突進
 
DSC07338
 
 ゴール前に上げたが
 
DSC07339
 
 キーパーキャッチ。
 
DSC07344
 
 前半10分ヘナ小野にスライディングで脚を払われ
 
DSC07345
 
 FK。
 
DSC07346
 
DSC07347
 
 タッピーまたいで(`3´)/、壁に当たった。
 
DSC07360
 
 前半12分押し込まれて
 
DSC07361
 
 ゴール前に
 
DSC07362
 
 コミがクリア
 
DSC07373
 
 前半14分ヘナの突進から
 
DSC07374
 
 タニにパス! は通らずキーパーキャッチ。
 
DSC07377
 
 前半15分ゴール正面で
 
DSC07380
 
 清水FK。
 
DSC07381
 
DSC07382
 
 ジャンゴのシュートを川島キャッチ! 
 
DSC07416
 
 前半23分ヘナ突撃を
 
DSC07417
 
 ボスナが足掛けて
 
DSC07418
 
 ボスナは黄紙
 
DSC07419
 
 ゴール前でFK。
 
DSC07424
 
 蹴ったのはタッピーでも壁に。
 
DSC07431
 
 前半25分、清水の突撃
 
DSC07433
 
DSC07434
 
 シュートはイガが辛うじて脚に当てて弾き出す。
 
DSC07437
 
 清水CK。
 
DSC07438
 
 ゴール前でクリア。
 
DSC07453
 
DSC07454
 
 前半28分コミの突撃
 
DSC07455
 
 クロに送り出されたがDFに防がれた。
 
DSC07491
 
 前半34分、清水押し込み小野が押し上げ
 
DSC07492
 
 寄せられたが
 
DSC07493
 
 タニがクリア! 
 
DSC07513
 
 前半36分、清水
 
DSC07514
 
DSC07515
 
DSC07516
 
DSC07517
 
 怒涛の攻撃を川崎凌ぎきる。
 
DSC07519
 
 死屍累々。
 
DSC07523
 
DSC07524
 
 ユースケなんとか立ち上がるが、小野はここでもタンカで外に。
 
DSC07536
 
 小野は若干逡巡しましたが、試合に復帰。
 
DSC07540
 
 前半40分、ヘナから
 
DSC07541
 
 ユースケけ経由でコール前の
 
DSC07542
 
 (`3´)/にしかし合わせられず。
 
DSC07543
 
 こぼれ球をタッピー拾って
 
DSC07544
 
 再度ユースケ折り返し
 
DSC07546
 
 ボールはゴールを越えて向こうへ
 
DSC07553
 
 前半41分、クロ
 
DSC07554
 
 押し込んでヘナへ
 
DSC07555
 
DSC07556
 
 シュートまで持ち込めず。
 
DSC07597
 
 ロスタイム2分で、前半終了。
 
 
 
DSC07599
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC07607
 
DSC07608
 
 川崎ボールで後半開始。
 
DSC07614
 
 後半1分、ヘナから
 
DSC07615
 
 コミに
 
DSC07616
 
 自ら押し込んだが
 
DSC07617
 
 クリアされた。
 
DSC07625
 
 前半2分ユースケ
 
DSC07626
 
 これもクリアされた。
 
DSC07627
 
 続いてCK。
 
DSC07628
 
 これもクリア。
 
DSC07637
 
 後半3分、ユースケがゴール前に
 
DSC07638
 
DSC07639
 
 ヘナ飛び付いたが僅かの差で合わず。
 
DSC07685
 
 後半11分のヘナの突進も
 
DSC07686
 
 ボールはサイドネットに。
 
DSC07724
 
 後半16分、岡崎
 
DSC07725
 
 のシュートは枠に入らず
 
DSC07726
 
 怒る川島。
 
DSC07751
 
 後半20分
 
DSC07752
 
 ゴール前に、(`3´)/は潰されたがクロがシュート
 
DSC07753
 
 DFに当たって枠に入らず。
 
DSC07755
 
 CK、タッピー。
 
DSC07756
 
 タニが頭で合わせたが
 
DSC07758
 
 シュートに持ち込めず。
 
DSC07765
 
 今日の入場者は1万7716人とのことです。アウェイ側アッパーホーム席などに空き席は見えましたけど、もっと入ってるかと思ったです。
 
DSC07769
 
 後半22分
 
DSC07771
 
DSC07772
 
DSC07773
 
 清水のどとーの攻撃をなんとか凌ぎます。
 
DSC07774
 
 川島「ん……目が」
 
DSC07776
 
 ここで一時試合中断。川島のコンタクトが外れた? 
 
DSC07780
 
DSC07781
 
 後半24分クロ、ボスナにどつかれてFK。
 
DSC07784
 
 その前に清水、満を侍して最終兵器四戦投入。川崎が後半へばると見て温存していた? 
 
DSC07786
 
 川崎FK
 
DSC07787
 
 蹴ったのはタッピー
 
DSC07788
 
 すり抜けたボールを
 
DSC07789
 
 コミが折り返したがこれはクリアされた。
 
DSC07840
 
 後半31分、タニout キムin 。
 当初表示されていた番号は「99」でしたけど取り損ねた(^ ^;)
 
DSC07869
 
 後半36分、(`3´)/out ノボリin。
 
DSC07893
 
 後半38分、ユースケからのボールにヘナが合わせて強引に押し出したが
 
DSC07894
 
 枠を外れた。
 
DSC07898
 
 後半39分、タッピーout クスin。若い者を積極的に投入、というかサブは若い者ばかり。
 
DSC07921
 
 後半41分、清水
 
DSC07922
 
 シュートは川島キャッチ。
 
DSC07953
 
 ロスタイム寸前、ノボリ突進するが
 
DSC07954
 
 対応されて押し込めず。
 
DSC07985
 
 後半ロスタイム3分も、どちらも最後の決め手を欠いて。そのまま試合終了。
 
DSC07986
 
 川崎0-0清水
 
DSC07988
 
 チャンスを決め切れていたら勝てた試合だったとは言え、今のこの状態では勝ち点1取れただけでも良かったとしましょう、というかするしかない。
 
DSC07998
 
 スタンド前をぐるりと廻って、メインスタンド前でも一礼。
 
DSC08002
 
 その後他の選手も集合。
 
DSC08005
 
DSC08008
 
 その後、バックスタンド前にて。キクの学友だった人の闘病激励のための映像撮影となりました。
 
DSC08009
 
DSC08012
 
 試合に負けなくてよかったです。病にも負けるな。
 選手はもう明日には地球の裏側に出発するそうです。移動にも、気候にも、負けるな。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/25

雨のACLメルボルン戦でもカブを愛でる。

 
DSC06732
 
 この日も私が着いた時間がキックオフ直前だったからか、試合前には二人の姿を見ることはなかったのですけど。ハーフタイムふと気がつくと、向こうのスタンド前にカブふろん太
 
DSC06735
 
 ふろん太「じゃあ行くからね」
 
DSC06737
 
 カブ「でもこの人たちもボクのことを『オニオン』言うんでしょ?」
 ふろん太「……」
 
DSC06738
 
 気を取り直して。
 
DSC06739
 
 メルボルンの皆様に、ペコリ。
 
DSC06742
 
 カブ「オージーの人、反応悪いよ?」
 
DSC06743
 
 ふろん太「今日は雨だからね」
 
DSC06746
 
 と言うわけで、アウェイ前からは早々に撤退。
 
DSC06749
 
 そしてメインスタンド前に。
 
DSC06750
 
 雨をものともせず
 
DSC06751
 
DSC06757
 
 スタンド前を廻るカブふろん太なのでした。
 



 
DSC07157
 
 試合終了後。ふろん太は雨天モードに。
 
DSC07164
 
 選手たちを待ってから
 
DSC07165
 
 その後をついて行くカブふろん太
 
DSC07168
 
 バンザイ
 
DSC07174
 
 そしてそのまま
 
DSC07177
 
 選手の後をついて
 
DSC07181
 
DSC07184
 
 ハイタッチキッズの処まで。
 
DSC07188
 
 更にお子様方とハイタッチしながら
 
DSC07189
 
DSC07194
 
 端まで。
 
DSC07200
 
 最後にインタビューを受けたイナとクロを出迎え。
 
DSC07204
 
 そしてハイタッチキッズのお子様方と共に帰るカブふろん太なのでした。
 今回はここまで。
 
 次のカブの出番は、3月27日の対清水戦です。
 



 
 2010年のカブ
 
03/06 対新潟戦
03/09 対北京戦
 
 2010年のカブ以外
 
03/21 柏対福岡戦
 
 
 過去のカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 
2009年のカブ
03/07 対柏戦
03/11 対天津戦
04/04 対名古屋戦
04/08 対大宮戦
04/21 対マリナーズ戦
04/29 対京都戦
05/16 対磐田戦
06/07 ファン感
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
07/01 対脚大阪戦
07/05 対鹿島戦
07/18 対神戸戦
07/29 ナビ 対鹿島戦
08/01 対瓦斯戦
08/23 対山形戦
08/30 対清水戦
09/02 ナビ 対まり戦
09/19 対浦和戦
09/23 ACL 対名古屋戦
10/04 対まり戦
10/25 対広島戦
11/08 対千葉戦@等々力
 
※2009年のカブ以外
04/12 対清水戦@アウ平
05/02 対まり戦@日産
05/09 愛媛対讀賣戦@人参
05/30 水戸対仙台戦@笠松
08/15 対名古屋戦@瑞穂
08/16 徳島対仙台戦@大塚ポカリ
10/11 天皇杯 対山口戦@等々力
10/17 対大宮戦@玉スタ
10/29 サテ 対千葉戦@等々力
11/03 ナビ決勝戦@霞ヶ丘
11/11 天皇杯 対富山戦@霞ヶ丘
11/22 対大分戦@九石ド
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/23

10年ACL第3節川崎対メルボルン@等々力

 
DSC06380
 
 職場を何とか抜け出して、18時半に小杉へ、直行バスで。
 
DSC06381
 
 なんとか試合前に等々力に到着……今日も雨。
 
DSC06382
 
 取り敢えずフロンパークでマトンドッグだけ買いました。
 
DSC06383
 
 スタメン紹介は済んだ後でしたので、またぞろろくでもない皆様だけ。
 
DSC06384
 
 今日の試合はACL第3節、川崎対メルボルンヴィクトリー戦。2敗同士の対戦です。
 

 
 パノラマ。
 
DSC06386
 
 ホーム側。
 
DSC06387
 
 アウェイ側。
 
DSC06388
 
 整列。
 
DSC06391
 
 メルボルンボールで前半開始。
 
DSC06402
 
 前半2分、ユースケのスローインから
 
DSC06403
 
 ヘナ押し込んで
 
DSC06406
 
 ゴール前で(`3´)/! 
 
DSC06409
 
 川崎先制<川崎1-0メルボルン>
 
DSC06417
 
 前半4分にはヘナから
 
DSC06418
 
 タッピー
 
DSC06419
 
 さらにヘナのシュートもこれはクリア
 
DSC06421
 
 川崎CK、タッピー。
 
DSC06422
 
 クロ合わせたが
 
DSC06423
 
 これはクリアされた。
 
DSC06445
 
 前半8分、これも右サイドヘナからタッピー
 
DSC06446
 
 シュートはかろうじて枠の外に。
 
DSC06466
 
 そして前半11分。川崎FK。
 
DSC06467
 
 ユースケまたいで
 
DSC06468
 
 タッピー
 
DSC06469
 
 クロが頭で合わせて! 
 
DSC06470
 
 川崎2点目<川崎2-0メルボルン>
 
DSC06496
 
 前半15分川崎CK。
 
DSC06497
 
DSC06498
 
 これもゴールに押し込めず。
 
DSC06513
 
 前半18分ファールを取られてしまい
 
DSC06514
 
 メルボルンFK。ゴール前遠目。
 
DSC06515
 
DSC06516
 
 壁でクリア。
 
DSC06535
 
 そして前半22分、ヘナ突進。
 
DSC06536
 
DSC06537
 
 3点目。<川崎3-0メルボルン>
 
DSC06603
 
 前半30分、(`3´)/正面から強行突破。
 
DSC06604
 
 シュートは力無くキーパーキャッチ。
 
DSC06713
 
 それですんなり終わるかと思った前半ロスタイム2分の46分。(`3´)/
 
DSC06714
 
 倒された
 
DSC06716
 
 後で報復をかましたらしく
 
DSC06719
 
 黄2枚目なのか一発なのか、赤紙で退場……
 
DSC06728
 
DSC06730
 
 前半終了。
 
 
 
DSC06731
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC06762
 
DSC06763
 
DSC06764
 
 川崎ボールで後半開始。
 
DSC06825
 
 例によってというか一人足りないことも有ってか、後半15分当たりから防戦一方に。
 
DSC06831
 
DSC06837
 
DSC06853
 
 それでもなんとか耐えます。
 
DSC06919
 
 今日の入場者は9728人とのことです。
 
 
DSC06954
 
 後半25分メルボルンこぼれ球をシュート
 
DSC06955
 
 これは枠を外れました。
 
DSC06984
 
 後半30分メルボルンのシュート
 
DSC06985
 
 これも枠を左へ外れた。
 
DSC07004
 
 後半32分、イナout ヨコin。
 
DSC07005
 
 後半32分、CKタッピー
 
DSC07007
 
 跳ね返りをコミ
 
DSC07008
 
 シュートはメルボルンキーパー辛うじて弾きだした
 
DSC07009
 
 今度は左サイドメインスタンド側からCK。
 
DSC07010
 
 これはクリアされた。
 
DSC07058
 
 その後も攻め続けられますが、なんとか耐えます。
 
DSC07081
 
 後半40分、タッピーout 楠神in! 
 
DSC07095
 
 クスはライン際を何度も駆け上がります。
 
DSC07098
 
DSC07099
 
 特に後半42分のかけ上がりは惜しかった。
 
DSC07100
 
 と。CK。……クスがそのままCKに。
 
DSC07101
 
 ヘナが駆け寄ってのショートコーナーでしたけど。
 
DSC07102
 
DSC07103
 
 とまれこの辺の交代で、川崎に流れが向きました。
 
DSC07110
 
 後半43分ヘナライン際を
 
DSC07111
 
 駆け上がって
 
DSC07112
 
 折り返しをタニが

DSC07113
 
DSC07114
 
 川崎駄目押し。<川崎4-0メルボルン>
 
DSC07116
 
 がっくり。
 
DSC07125
 
 後半ロスタイムは4分、クロout ノボリin。
 
DSC07132
 
 後半46分、ヘナ倒されて
 
DSC07134
 
 メルボルンの選手、黄紙。
 
DSC07135
 
 抗議したからか、追加で赤紙
 
DSC07137
 
 退場。
 
DSC07148
 
 試合終了。
 
DSC07149
 
 川崎4-0メルボルン
 
DSC07151
 
 なんとか勝ったとは言え、(`3´)/が退場と、なおも苦しい状態が続きます。
 
DSC07156
 
 せめてヤジが早く復帰してくれないものか。
 
DSC07158
 
 次は土曜の清水戦です。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/22

日立台では何故かパッカくんを愛でる。

 
 今回は日立台です。
 
DSC05970
 
 開門直後に入場して、イベント会場へ行くと
 
DSC05971
 
 カッパが待っていました。いえカッパですけど「パッカくん」です。
 
DSC05972
 
 この日は講談社「モーニング」連載のサッカーまんが「GIANT KILLING」とのコラボイベントで、そのまんがに登場するクラブETU(イースト・トウキョー・ユナイテッド)のマスコットであるこのパッカくんが登場ということです。……まぁここまで来た人は「GIANT KILLING」知らない人は殆ど居ないでしょうけど(^ ^;)
 
GIANT KILLING(10) (モーニング KC) (コミック) (amazon)
GIANT KILLING(10) (モーニング KC) (コミック) (amazon)

 
 ちなみに今回は10巻の「カレーパーティ」を模した
 
DSC05973
 
 カレーイベントで
 
DSC05985
 
 ETUの選手をテーマにした各種カレーが販売されていました。
 
DSC05974
 
 ちなみに私は開門直後だったので空き空きでしたけど、この後大行列になった模様。
 
DSC05976
 
 パッカくんもこの時点ではヒマそうでした。
 
DSC05980
 
 ちなみに「GIANT KILLING」はNHKでアニメ化されるそうで。(相変わらずNHKは講談社べったりですね)BSで4月より放送とのこと。26話と言うことですがNHKなら好評なら第2シーズン以降にも続くのでしょうから、今回もそんなに先まで原作を消化しないでしょうね。おそらくは「大阪ガンナーズ戦」位までかな。ただここは川崎系ということで、第2シーズンで構いませんから
 
GIANT KILLING(11) (モーニング KC) (コミック) (amazon)
GIANT KILLING(11) (モーニング KC) (コミック) (amazon)

 
 川崎フロンティア戦まで映像化して欲しいです(先の10巻と11巻が川崎戦です)
 
DSC05984
 
 マッチディにもパッカくん登場。
 
DSC05997
 
 ゴール裏にもパッカくん登場。
 
 
DSC05998
 
 さて試合開始直前。レイ君です。
 
DSC06004
 
 試合前にパッカくんと対戦してました。
 
DSC06006
 
 なんとも殺伐とした仲でございます。
 
DSC06009
 
DSC06010
 
 すぐに和気あいあいとなりましたけどね。
 
DSC06014
 
 選手入場の先導。
 
DSC06016
 
 キックインセレモニー。
 



 
DSC06175
 
 ハーフタイム。スタンド前を廻るレイ君とパッカくん。
 



 
DSC06319
 
 試合終了直前。時間を気にするパッカくん。
 
DSC06354
 
 試合終了後、選手と共にバックスタンド前に進むレイ君とパッカくん。
 
DSC06356
 
 バンザイ。
 
DSC06357
 
 選手を迎えるパッカくんにケリで答える朴東赫。
 
DSC06358
 
 ハイタッチするゆーぞー。
 
DSC06360
 
 他の選手たちも。
 
DSC06363
 
 最後にスタンドに向けて、ポーズ。
 
DSC06364
 
 スタンドに向けてぺこり。
 
DSC06367
 
 そしてゴール裏前で、バンザイ。
 
DSC06370
 
 もう一人のカッパと肩組んでポーズ。
 と、最後まで仲が良いというか、柏の空気にそまっていたパッカくんなのでした。
 そのうちには等々力にも来そうですけど、等々力ではどういうどうさをするのやらら。
 



 
DSC06376
 
 おまけ。柏駅に戻ったら、そこにはけんけつちゃんが居ました。
 
 
DSC06379
 
 そしてちば国体のマスコット、チーバくんも。二人とも赤いです。
 今回はココまでです。
 



 
 2010年のカブ
 
03/06 対新潟戦
03/23 対北京戦
 
 ここまでのカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 
2009年のカブ
 
03/07 対柏戦
03/11 対天津戦
04/04 対名古屋戦
04/08 対大宮戦
04/21 対マリナーズ戦
04/29 対京都戦
05/16 対磐田戦
06/07 ファン感
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
07/01 対脚大阪戦
07/05 対鹿島戦
07/18 対神戸戦
07/29 ナビ 対鹿島戦
08/01 対瓦斯戦
08/23 対山形戦
08/30 対清水戦
09/02 ナビ 対まり戦
09/19 対浦和戦
09/23 ACL 対名古屋戦
10/04 対まり戦
10/25 対広島戦
11/08 対千葉戦@等々力
 
2009年のカブ以外
 
04/12 対清水戦@アウ平
05/02 対まり戦@日産
05/09 愛媛対讀賣戦@人参
05/30 水戸対仙台戦@笠松
08/15 対名古屋戦@瑞穂
08/16 徳島対仙台戦@大塚ポカリ
10/11 天皇杯 対山口戦@等々力
10/17 対大宮戦@玉スタ
10/29 サテ 対千葉戦@等々力
11/03 ナビ決勝戦@霞ヶ丘
11/11 天皇杯 対富山戦@霞ヶ丘
11/22 対大分戦@九石ド
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10年J2第3節柏対福岡@日立台

 
DSC05952
 
 小杉駅から
 
DSC05956
 
 線路沿いに新たなホームに
 
DSC05957
 
 地下の迷路を経て
 
DSC05963
 
 6分ほどで横須賀線武蔵小杉駅に。
 
DSC05965
 
 東京・上野と経由して、1時間で柏に到着。なんだかとても早くなったです。
 強風の加減で早めに動いたら9時半には着いちゃった。
 
DSC05966
 
 柏駅前。
 
DSC05967
 
 10時には日立台に到着。
 
DSC05979
 
 今日の試合はJ2第3節、柏対福岡戦です。
 
DSC05984
 
 マッチディは一枚紙の無料になっていました。キックオフ90分前に発行、スタメン明記。
 
DSC05988
 
 12時20分ころ、ピッチ練習開始。
 
DSC05989
 
 今日の段幕。「オブリ旬
 
DSC05990
 
 審判スタメン。
 
DSC05991
 
 福岡スタメン。サブは5人
 
DSC05993
 
 柏スタメン。
 
DSC05999
 
 試合開始直前、ビッグフラッグ展開。
 

 
 パノラマ。
 全体的に空いてます。
 
DSC06015
 
 整列。
 
DSC06017
 
 柏ボールで前半キックオフ。
 
DSC06040
 
 前半6分、福岡FK。
 
DSC06041
 
DSC06042
 
 キーパー正面、すげーのキャッチ。
 
DSC06055
 
 前半9分、柏押し込んで
 
DSC06056
 
 スローインからゆーぞー突進、福岡DF防いだ。
 
DSC06062
 
 そのCKからの福岡のカウンター
 
DSC06063
 
 シュートをしかしこれもすげーのキャッチ。
 
DSC06090
 
 前半18分ミノルーニー押し込んで
 
DSC06091
 
 レアンドロなんとかのシュートは右に外れた。
 
DSC06130
 
 前半30分福岡のシュートは
 
DSC06131
 
 これも枠を大きく外れた。
 
DSC06133
 
 前半31分福岡FK。この試合の審判も流れを細かく引きちぎります。
 
DSC06135
 
DSC06136
 
 直接狙ったがボールは浮きました。
 
DSC06157
 
 前半41分、柏の突進を体で止めてしまい
 
DSC06159
 
 柏のFK。
 
DSC06160
 
DSC06161
 
 良いところにボールは落ちたのですけど押し込められず。
 
DSC06172
 
 ロスタイム1分で前半終了。
 
 
 
DSC06178
 
 福岡ボールで後半開始。
 柏はハーフタイムにミノルーニーout 林陵平in。
 
DSC06185
 
 後半3分柏FK。
 
DSC06186
 
 ゴール前で合わせたが
 
DSC06188
 
 オフサイドでした。
 
DSC06194
 
 後半6分、福岡
 
DSC06196
 
 ゴール前でクリアされて
 
DSC06197
 
 福岡CK。
 
DSC06198
 
 すげーのキャッチ。
 
DSC06200
 
 その直後にも福岡押し込むが
 
DSC06201
 
 これも柏押し出して
 
DSC06202
 
 福岡今度はバックスタンド側からCK。
 
DSC06203
 
 大谷がクリア。
 
DSC06205
 
 後半8分、今度は柏。レアンドロなんとか強引に割り込んでシュート
 
DSC06206
 
 キーパー抱え込んで防御。
 
DSC06256
 
 後半24分、主審福岡の監督の処に。注意? 
 
DSC06261
 
 入場者は7115人だったそうです。少ない。
 
DSC06260
 
 後半25分、福岡DF柳楽、脚を痛めた模様で
 
DSC06263
 
 タンカで外に。
 
DSC06264
 
 そのまま交代。宮路in。
 
DSC06269
 
 後半27分、福岡
 
DSC06270
 
 ゴール前にボールが転がったがすげーのが確保。
 
DSC06278
 
 後半30分柏、キタジout 工藤in。
 
DSC06281
 
 後半31分福岡、高橋out 吉原in。
 
DSC06295
 
 そして膠着したまま試合も終わるかと思った後半36分。福岡のバックパスをインターセプトし柏の工藤
 
DSC06296
 
 ゴールに押し込んで
 
DSC06298
 
 ゴール裏に突進。<柏1-0福岡>
 
DSC06350
 
 後は柏が福岡をいなして、ロスタイム4分もそのまま終了。
 
DSC06351
 
 柏1-0福岡
 
DSC06352
 
 ハーフタイムにやり忘れていましたので、ここで今日のすかーさま。
 
DSC06353
 
 連勝していた福岡をここで足留めした柏。
 状況自体は均衡していました、ただミスをしたほうが負けたという結果です。
 
DSC06366
 
 柏は今までのように、ゴール裏前で勝利のアレを。尤も昔のように踊っては居ませんでしたけどね。
 とまれ数ヶ月ぶりの日立台でした。バックスタンドは数年ぶりか(川崎との対戦の際はアウェイ指定席に居ますから)。今年は取り敢えず熊本戦はまた日立台に来る予定です。
 
 歩いて柏駅に戻って、常磐線-山の手線-横須賀線と行きと同じ経路で帰りました。
競技場から家まで2時間ほどで着くのですから、なんとも早くなりましたです。横須賀線から南武線の小杉駅まで歩いて6分てのは難では有りますけどね。
 次に横須賀線小杉駅へ行くのは、成田エキスプレスに乗るときと思いますです、はい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010/03/20

10年J1第3節横浜対川崎@日産ス

 
DSC05398
 
 新横浜です。
 
DSC05400
 
 横国です。
 
DSC05402
 
 星の人です。
 
DSC05403
 
 開場一時間前に来て、ぼーと待ってました。
 
DSC05405
 
 開場15分後に入場。
 
DSC05407
 
 今日の試合はJリーグ第3節、まり対川崎戦です。
 
DSC05409
 
 前座でユースの試合をやっていました。こちらは1-1で引き分け。
 
DSC05410
 
 金曜の番組の収録をしていました。
 
DSC05411
 
 マスコットの出番です。
 
DSC05412
 
 お姉さん方に取り囲まれるマリノス君と、
 
DSC05413
 
 端でさびしく踊っているマリノスケ。
 
DSC05414
 
 13時20分キーパー練習開始。
 
DSC05415
 
DSC05416
 
 13時30分フィールドプレイヤーピッチ練習開始。
 
DSC05417
 
 川崎先発。キクは先週の負傷のためか、お休みでソノ先発。
 
DSC05418
 
 主審は西村だ。大丈夫なのかこの人は? 
 
DSC05419
 
 アウェイ側。
 
DSC05421
 
 整列。
 
DSC05422
 
 ホーム側。
 
DSC05425
 
 川崎ボールでキックオフ。
 
DSC05445
 
 前半4分
 
DSC05446
 
 タッピー茸と接触
 
DSC05448
 
 まりのFK。
 
DSC05449
 
 これはなんとか防いだ。
 
DSC05464
 
 しかし川崎は少々のことをされても審判は知らんぷりです。
 
DSC05471
 
 前半8分
 
DSC05472
 
DSC05473
 
 押し込まれて一度は防いだが
 
DSC05474
 
 送り出されたボールを
 
DSC05475
 
 茸がミドルで
 
DSC05477
 
 先制された。<まり1-0川崎>
 
DSC05492
 
 前半12分ヘナ突進
 
DSC05493
 
 ペナルシエリア内で倒されたようにしか見えませんでしたが
 
DSC05494
 
 ノーファールです。
 
DSC05495
 
 今日の審判の方針です。
 
DSC05496
 
 その直後に今度は山瀬兄。
 
DSC05497
 
 <まり2-0川崎>
 
DSC05560
 
 前半25分ヒロキが防いだが
 
DSC05561
 
 これもファールでFK。川崎のやることはすべてファールです。
 
DSC05563
 
DSC05564
 
 FKは壁で防いだ。
 
DSC05568
 
 前半27分またFK。
 
DSC05569
 
 これはファーに流れ折り返しも何とか対応。
 
DSC05614
 
 前半36分今度はクロがペナルティエリア内で倒されるが
 
DSC05615
 
 もちろんこれもノーファール。
 
DSC05634
 
 前半39分
 
DSC05635
 
 また山瀬兄。<まり3-0川崎>
 
DSC05673
 
 ロスタイム1分で前半終了
 
 
 
DSC05674
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC05676
 
 まりボールで後半開始。
 
DSC05686
 
 後半2分まりFK。
 
DSC05687
 
 川島なんとかボールを押し出して
 
DSC05688
 
 それをまた山瀬兄
 
DSC05689
 
 ボールは何とか枠の上に。
 
DSC05720
 
 後半8分、ヘナから
 
DSC05721
 
 ゴール前の混戦で
 
DSC05722
 
 ゴール脇に押し出され
 
DSC05724
 
 CK、タッピー。
 
DSC05725
 
 ファーのヘナに送り出されたが
 
DSC05726
 
 クリアされた。
 
DSC05727
 
 今度はバックスタンド側からCK。
 
DSC05728
 
DSC05729
 
 これもクリアされた。
 
DSC05754
 
 後半14分、まりCK。
 
DSC05755
 
 頭で合わせられて
 
DSC05757
 
 駄目押し。<まり4-0川崎>
 
DSC05763
 
 後半15分にここまで来ても、ベンチに動きなし。
 
DSC05768
 
 まりの方は後半17分で茸を温存に。うぐぐ。
 
DSC05787
 
 入場者は3万5870人だったそうです。
 
DSC05795
 
 後半24分。(`3´)/突進
 
DSC05796
 
 シュートはキーパー直接。
 
DSC05816
 
 後半27分、クロout ノボリin。
 
DSC05852
 
 さらに後半35分。イナout で楠神in! 
 
DSC05860
 
 そのクスが攻め上がるが
 
DSC05861
 
 囲まれてしまい
 
DSC05862
 
 攻撃つながらず。
 
DSC05865
 
 コミのシュート
 
DSC05866
 
 キーパーキャッチ。
 
DSC05878
 
 後半39分、ライン際をノボリが突進、
 
DSC05879
 
 まりのDFをひらりひらりと飛んでかわす
 
DSC05880
 
 まりのファールで切られたけど。
 
DSC05905
 
 後半43分、ソノout イガin。ってなぜここに来てこの交代? 
 
DSC05914
 
 後半44分タッピーから
 
DSC05915
 
 押し込んだがキーパーキャッチ。
 
DSC05943
 
 ロスタイム3分の後半48分。クス押し込んで
 
DSC05944
 
 ゴール前に送り出したが、キーパーキャッチ。
 
DSC05945
 
 これで試合終了。
 
DSC05946
 
 まり4-0川崎
 
DSC05949
 
 近年まれに見る「どうしようもない試合」でした。4点差負けっていつ以来? 
 とは言っても今の満身創痍状態では、遅かれこういう試合が来るとは覚悟はしていましたけども。
(若手に経験を積ませることができただけ、良しとすべきでしょうか)
 それと、ここまでの試合に比べると試合の入り方が変わっていたような気もします。前半最初からフルスロットルで行って後半失速するパターンを変えるべく調整した結果なのかも。ともあれバランスは取らなければならないのでその試行錯誤はもう少し続くのでしょうけども。
 怪我人の復帰が待ち遠しいです。尾藤は、ジュニの復帰はいつですか? 
 
DSC05951
 
 試合終了後、足早に(溝の口行き)バスで立ち去りました。
 この項ここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/14

10年J1第2節名古屋対川崎@豊田ス

 
DSC04662
 
 今回はバスツアーで。8時半過ぎ小杉出発。
 
DSC04663
 
 事故渋滞で、現地到着は14時40分くらい。6時間強。
 
DSC04664
 
 豊田スタジアムです。
 
DSC04667
 
 Jリーグ第2節、名古屋対川崎戦です。
 
DSC04668
 
 雨は降っていませんでしたけど、屋根は閉めてありました。
 
DSC04676
 
 15時20分、キーパー練習開始。
 
DSC04679
 
DSC04680
 
 その5分後、フィールドプレーヤーピッチ練習開始。
 
DSC04682
 
 審判スタメン。
 
DSC04683
 
 川崎スタメン。
 
DSC04713
 
 名古屋のスタメンは一覧表示有りませんでしたので試合中の表示から。
 闘莉王とかムーとか。
 
DSC04686
 
 アウェイ側。
 
DSC04687
 
 ホーム側。
 
DSC04688
 
 違法駐車する人は全て「トヨタ車以外」でした。
 

 
 試合前。パノラマ。
 
DSC04692
 
 整列。
 
DSC04695
 
 コレオ。ホーム開幕戦ですから。
 
DSC04697
 
 円陣。
 
DSC04698
 
 川崎ボールで、前半開始。
 
DSC04710
 
 前半1分、クロ
 
DSC04711
 
 棟梁に倒されて
 
DSC04712
 
 ゴール前でFK。
 
DSC04714
 
 ヘナが蹴って
 
DSC04715
 
 あ。ゴール。
 
DSC04717
 
 川崎先制。<名古屋0-1川崎>
 
DSC04732
 
 しかし前半4分、ムーの突進
 
DSC04734
 
 クリアして
 
DSC04735
 
 CK。
 
DSC04736
 
DSC04737
 
 押し込まれて
 
DSC04739
 
 5分で振り出しに。<名古屋1-1川崎>
 
DSC04792
 
 前半14分FK、ユースケ。
 
DSC04793
 
 ゴール前でクリアされた。そのボールを拾ったヘナがまたゴール前で棟梁に倒されて
 
DSC04797
 
 前半15分FK。棟梁大活躍。
 
DSC04799
 
 ヘナが跨いで(`3´)/が蹴ったボールは壁に当たって軌道を変えて
 
DSC04801
 
 ゴール。
 
DSC04803
 
 15分で再び勝ち越し。<名古屋1-2川崎>
 そして(`3´)/今期初ゴール。
 
DSC04820
 
 前半19分、ヘナ
 
DSC04821
 
 倒されて
 
DSC04822
 
 またFK。
 
DSC04825
 
DSC04826
 
 タッピーでもボールは枠の上に。
 
DSC04829
 
 前半20分、ヘナ交錯して倒してしまい黄紙。
 
DSC04833
 
 1分後、今度はケネディが競り合いでヒロキを倒してしまいファール。
 
DSC04834
 
 ケネ「おめ、あんなんでファール取るたぁふざけてっど!」
「ルール改正で手を使った反則は厳しく取る」のためなのか審判がアレなのかは判りませんが、特にかくこの試合ではしょっちゅう笛が吹かれて試合が停まってしまっていましたです。
 
DSC04839
 
 直後名古屋の突進。
 
DSC04841
 
 ケネディに合わせたボールは、コミがクリア。
 
DSC04843
 
 でまたこっちからのCK。
 
DSC04844
 
 ニアで(`3´)/が頭でクリア。
 
DSC04847
 
 その後にも右サイドから
 
DSC04848
 
DSC04849
 
 玉のシュートは川島キャッチ。
 
DSC04859
 
 前半24分、突進を防ぐべくキク倒してしまい
 
DSC04860
 
 黄紙。
 
DSC04863
 
 ゴール至近から名古屋FK。
 
DSC04864
 
 下げて
 
DSC04865
 
 シュート!
 
DSC04866
 
 川崎DF誰かなんとか弾きだして、ボールはゴールのヨコのネットへ
 
DSC04867
 
 続いてCK。
 
DSC04868
 
 これもクリア。
 
DSC04876
 
 この直後に、先程の件でキクは脚を捻った? のか、ベンチ前へ。
 
DSC04892
 
 そのまま、ソノと交代。スクランブルアタックです。
 
DSC04906
 
 前半30分、名古屋FK。
 
DSC04907
 
 (`3´)/がクリア。
 
DSC04926
 
 前半33分、イナかすみちゃんと衝突。
 
DSC04929
 
 かすみちゃんはタンカで外に。まもなく復帰しましたので大丈夫。
 
DSC04968
 
 後半40分、カウンター、(`3´)/。
 
DSC04969
 
 シュートはキーパー正面。
 
DSC04992
 
 前半43分、またこっち側から名古屋CK。
 
DSC04993
 
DSC04994
 
 ムーがファーサイドで会わせたがボールもファーサイドへ。
 
DSC05006
 
 ロスタイム2分で、前半45分。ゴール前で
 
DSC05007
 
 名古屋FK。
 
DSC05008
 
DSC05009
 
 玉のシュートは川島弾き上げた! 
 
DSC05011
 
 続くCK
 
DSC05012
 
 これもクリア。
 
DSC05015
 
 前半終了。
 処で私試合中は東海ラジオの実況を聞いていたのですが。解説の大学のサッカー部監督がローカル放送の割には中立的な解説で、特にイナについてはほめまくりだったのですけども。
 で。ハーフタイム付近に後半の展望を述べて曰く「川崎のプレッシングッサッカーは1.5倍くらいの運動量がある。実際ここまでの3試合でも後半失速している。サッカーは90分での勝負だから(名古屋は)後半に期待できる」という感じの「的確な」ことを言っていましたです。実際後半の失速は見えていましたからこの時点では全然勝ってる気有りませんでしたです。
 
 
 
DSC05016
 
 今日のすかーさま。
 
DSC05017
 
 今日のグランパコ。
 
 
 
DSC05020
 
 ハーフタイムに交代有。
 名古屋吉村out ダニエルソンin。そして川崎も、イナが脚に張りがあるということで自主的に交代、ヨコin。
 
DSC05022
 
 名古屋ボールで怒涛の後半開始。
 
DSC05027
 
 開始早々、ヘナ押し込んで
 
DSC05029
 
 タニのシュートしかしバーにはね返された。これが決まっていたらこの後の展開も楽だったのですけど。
 
DSC05049
 
 後半3分、コミ突破を止めたが
 
DSC05051
 
 黄紙で
 
DSC05052
 
 名古屋FK。
 
DSC05055
 
 クリア。
 
DSC05123
 
 後半15分、ソノ、ムーに倒されて
 
DSC05125
 
 タンカで一度外に。
 
DSC05128
 
 今度はタニが馬絹に叩かれて
 
DSC05129
 
 とにかく試合は停まります。
 
DSC05131
 
 後半17分、ユースケFK。
 
DSC05132
 
 直接ゴールの向こうへ。
 
DSC05169
 
 後半23分、隼磨out ブル蔵in。ここから地獄の責め苦が始まります。
 
DSC05171
 
 FK、馬絹。
 
DSC05172
 
 川島直接キャッチ。
 
DSC05185
 
 左サイド押し込められて
 
DSC05186
 
 ムーのシュートはこれも川島。
 
DSC05188
 
 CK。
 
DSC05189
 
 ファーでなんとかクリア。
 
DSC05191
 
 すぐにゴール前に押し込まれ
 
DSC05192
 
 シュート、これも川島、なんとかキープ。
 
DSC05199
 
 後半27分また左からケネディ
 
DSC05200
 
 ゴール前の玉に、これも川島キャッチ。
 
DSC05203
 
 今度はブル蔵
 
DSC05207
 
 ムーがゴール前に振ったボールにケネディが頭で。川島のクリアに玉が詰めたがこれもなんとかクリア。
 
DSC05224
 
 入場者は2万5176人だったそうです。無料の人が更に5千人以上上乗せされるとは思いますけど。
 
DSC05229
 
 以降も名古屋のターンは延々と続きます。
 
DSC05238
 
 後半31分、ヘナout キムin。
 
DSC05244
 
 そして後半32分。馬絹の頭で、ついに追い付かれました。
 
DSC05246
 
 <名古屋2-2川崎>
 
DSC05252
 
DSC05253
 
 その後も名古屋の攻勢は続くわ、川崎は後半失速サッカーだわ、イナは交代してるわ、対ケネディ決戦兵器キクは交代してるわ、頼みのヘナも既に交代してるわと、もう勝てる気全くなし。引き分けでも何とか、という気分でした。
 
DSC05263
 
DSC05264
 
 それでも最後は川島で、なんとか耐え続けます。
 
DSC05271
 
DSC05273
 
 耐え続けます。
 
DSC05280
 
 後半38分、玉out 巻弟in。ちょっと謎の交代。
 
DSC05326
 
 そして。堪え忍んだ末の後半44分。キムから渡ったボールを(`3´)/、振り向きざま
 
DSC05327
 
 シュート! 
 
DSC05328
 
DSC05329
 
 ここに来て、(`3´)/の豪快なシュートで勝ち越し! <名古屋2-3川崎>
 
DSC05340
 
 そしてロスタイムは4分。
 
DSC05362
 
 それでも川崎攻め続けて後半48分
 
DSC05363
 
 (`3´)/のシュート、枠の外。
 
DSC05371
 
 最後のケネディの突進も
 
DSC05372
 
 川島きっちりキャッチ。
 
DSC05373
 
 試合終了。
 
DSC05374
 
 名古屋2-3川崎
 
DSC05379
 
 整列後、アウェイ側スタンド前へ。
 
DSC05381
 
 バンザイ。
 
DSC05385
 
 そしてヒーローインタビューを請けていた(`3´)/も。
 
DSC05387
 
DSC05388
 
 アウェイ側スタンド前で勝利の昇龍拳を。
 
DSC05397
 
 主力大量離脱状態で試合中にイナとキクまで抜けてしまって、これで勝てるとは思えないというか、そこまで追い詰められたからこそ勝てたのかもしれません。
 ともあれ、この面子でも勝てるのです。自信を持って戦いを続けましょう。
 
 帰りは渋滞もなく、5時間ほどで小杉まで帰ってこられましたです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/11

10年J2第1節横縞対北九州@ニッパ

 
 順番が入れ代わってしまいましたが、日にちは3月7日日曜日に戻ります。
 
DSC03875
 
 横浜です。連邦軍の皆様が出迎えてくれました。
 
DSC03878
 
 今日の行き先は三ッ沢。NHKスタジアムになってからここに来たのは初めてのような気もします。
 
DSC03884
 
 見ないうちにメインスタンドは個別席に変わっていました。
 
DSC03888
 
 そしてアウェイ側に大型ビジョン。(ホーム側のパタパタ表示器は撤去されてた)
 なお私的にはクッキーも見に来た目的でしたが、何故かこの日は「一日店長」でした。
 
DSC03882
 
 J2第1節、横縞対北九州戦@ニッパツです。ニューウェーブ転じてギラヴァンツ北九州、J初見参という試合です。
 
DSC03883
 
 時間は14時40分くらい。ピッチでは藤吉コーチが、アップの準備をしていました。
 
DSC03890
 
 サポータもその藤吉にコールを。
 
DSC03885
 
 宇宙人も居ました。もちろん例のアレは捕獲しました。
 
DSC03891
 
 赤帽先生は、横縞に来てもやっぱり赤帽先生でした。
 
DSC03892
 
 15時20分、キーパー練習開始。北九州はやっぱりキーパーコーチが居ませんでした。いくらアモーレ水原がキーパーコーチ兼任も同然だからと言っても、二人きりではアップもままならないでしょうに。
(藤吉がボールを蹴ってアップの手伝いをしていました)
 
DSC03894
 
 15時25分、フィールドプレイヤーアップ開始。
 
DSC03896
 
 円陣。
 
DSC03897
 
 赤帽先生藤吉コーチと御歓談。
 この二人が絡んだのはヴェルディの頃まで遡る? 
 
DSC03898
 
 北九州スタメン。水原にはホーム側からも拍手あり。
 
DSC03911
 
 横縞の選手は試合中の大型ビジョンから。
 ちなみに柳沢将之、渡邉将基、高地系治は鳥栖からぶっこぬき。
 シュナ潤と金裕晋は2006年に赤帽先生ほぼ監督に起用された経験有り。
 他にシルビーニョ、寺田紳一、大黒将志、サーレスと新規組です。
 
DSC03903
 
 主審スタメン。
 


 
 そして試合開始直前。北九州の試合前は「友よ」。
 夜明けは近い。
 
DSC03907
 
 整列。
 
DSC03908
 
 写真撮影。黄色です。あかぱんつです。
 
DSC03910
 
 横縞ボールで前半開始。
 
DSC03912
 
 シュナ潤はピンクのシュナ潤です。
 
DSC03916
 
 前半4分前に送り出されたボールに北九州17番
 
DSC03917
 
 ライン際で追い付いたが横縞DFが絡んで
 
DSC03918
 
 ファール、FK。
 
DSC03922
 
DSC03923
 
 これはそのままゴール向こうに抜けてしまいました。
 
DSC03929
 
 前半7分、ゴールキックから前に
 
DSC03930
 
 押し込んだが
 
DSC03931
 
 シュナ潤がキャッチ。
 
DSC03954
 
 北九州から来た暴れ太鼓な皆様。
 
DSC03961
 
 前半18分、横縞シルビーにょが送り出したボールを
 
DSC03962
 
 しかし北九州パスを何とかカット。
 
DSC03964
 
 横縞CK。
 
DSC03965
 
 クリアから一度戻して
 
DSC03967
 
 再度ゴール前にコレも北九州DFなんとか防いだ。
 
DSC03975
 
 前半21分、北九州ボールを奪って
 
DSC03976
 
 ミドルシュートしかしシュナ潤がっちりキャッチ。
 
DSC03985
 
 そんなこんなでそれなり拮抗していたと思ったのですけど前半27分。
なんでも無いボールにしかし北九州DF滑って抑えられず
 
DSC03986
 
 yそのボールを拾った横縞の高地(岸野組)シュート。
 
DSC03987
 
 横縞先制。<横縞1-0北九州>
 
DSC03995
 
 前半30分、北九州冨士突破しようとした横縞を掴んで止めてしまい、黄紙。
 
DSC03996
 
 与那城ジョージ猛抗議。
 
DSC03999
 
 FKはこれも選手とゴール枠の間を抜けていきました。
 
DSC04018
 
 前半38分
 
DSC04020
 
 北九州一人交錯して倒れてしまい、これで集中を欠いてしまったのか?
 
DSC04021
 
 横縞にボール奪われ、大黒のシュート、これはバーを弾いたが
 
DSC04022
 
 跳ね返りをまた高地が。
 
DSC04023
 
 <横縞2-0北九州>
 
DSC04030
 
 前半40分CK、北九州CK。
 
DSC04031
 
 ニアで合わせたが
 
DSC04032
 
 ボールは枠の外へそのまま。
 
DSC04048
 
 ロスタイムは1分の、前半45分。北九州倒されて
 
DSC04049
 
 センターサークル近くからのFK。
 
DSC04050
 
 ゴール前で合わせたが
 
DSC04051
 
 なんか知らんけどファールに。
 
DSC04053
 
 前半終了。
 
DSC04054
 
 控え室に戻る選手。
 
 
 
DSC04055
 
 ハーフタイム。宇宙人。
 
DSC04057
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC04058
 
 北九州ボールで、後半開始。
 
DSC04060
 
 後半1分北九州CK。
 
DSC04061
 
 ファーに飛んだが横縞クリア。
 
DSC04086
 
 後半11分、横縞FKからゴール前大黒飛び込んだが水原飛び付いてキャッチ。
 
DSC04088
 
 後半12分中嶋out 元横縞の池元in。
 
DSC04090
 
 後半13分押し込んでサーレスシュート
 
DSC04091
 
 水原キャッチ。
 
DSC04107
 
 後半22分北九州
 
DSC04108
 
 池元のシュートはサイドネット。
 
DSC04136
 
 両チームとも選手を交代していって、そして後半33分。
 
DSC04137
 
 2点差ということだからか、ここでキング投入。
 
DSC04151
 
 ちなみに入場者は4506人とのこと。雨でしたからね。
 
DSC04170
 
 後半44分北九州
 
DSC04171
 
 ゴール前に上げられたボールに飛び込んだが
 
DSC04172
 
 半歩合わず。
 
DSC04174
 
 ロスタイムは3分。
 
DSC04185
 
 しかし、そのまま終了。
 
DSC04186
 
 横縞2-0北九州
 
DSC04188
 
 北九州、得点までは後一歩まで寄せていましたし、失点はどちらもミス起因ですから。それ程の力の差が見えたわけではありませんが、そうだからこそそこがJ2と上がってきたばかりのクラブとの差なのでしょうね。
 北九州はまずJで一点取るところまで。そしてまず勝ち点を取るところまで。まだ時間がかかりそうです。
 
DSC04190
 
 ホーム側旗振る皆様。支給品だそうです。
 
DSC04192
 
 こちらはアウェイ側。まずはここまで来たことを喜んでくださいな。探検はここから始まります。
この項はここまで。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/10

雪のACL北京戦でもカブを愛でる。

 
 雪の中、試合開始前には一切姿が見えませんでしたので、この日は二人とも休みなのかと。
 ……でも。ハーフタイム。
 
 
 
DSC04413
 
 ふと気がつくと。雪の風景の中、そこに。
 
DSC04414
 
 カブ
 カブ、可愛いよカブ
 
DSC04416
 
 そしてふろん太も雨天仕様でそこに。
 
DSC04417
 
 雪の中歩きにくいのか、カブは必要以上に? 脚を大きく振り上げながら歩いていました。
 
DSC04420
 
 雪夜のカブ
 
DSC04422
 
 らんららんらるー。
 
DSC04423
 
 えっへん。
 
DSC04425
 
 この天候でもファンサービスは欠かしません。
 
DSC04426
 
 ふろん太「あーもぅ、今日はしばれるねぇ」
 
DSC04428
 
 とは言ってもふろん太もファンサービスを欠かすわけではありません。
 
DSC04432
 
 時間になったので帰る、カブふろん太
 



 
DSC04656
 
 試合終了後、雪の中。バックスタンド前に登場したふろん太
 
DSC04657
 
 そして同じく、バックスタンド前に登場したカブ
 お疲れ様でした。
 



 
 2010年のカブ
 
03/06 対新潟戦
 
 ここまでのカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 
2009年のカブ
 
03/07 対柏戦
03/11 対天津戦
04/04 対名古屋戦
04/08 対大宮戦
04/21 対マリナーズ戦
04/29 対京都戦
05/16 対磐田戦
06/07 ファン感
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
07/01 対脚大阪戦
07/05 対鹿島戦
07/18 対神戸戦
07/29 ナビ 対鹿島戦
08/01 対瓦斯戦
08/23 対山形戦
08/30 対清水戦
09/02 ナビ 対まり戦
09/19 対浦和戦
09/23 ACL 対名古屋戦
10/04 対まり戦
10/25 対広島戦
11/08 対千葉戦@等々力
 
2009年のカブ以外
 
04/12 対清水戦@アウ平
05/02 対まり戦@日産
05/09 愛媛対讀賣戦@人参
05/30 水戸対仙台戦@笠松
08/15 対名古屋戦@瑞穂
08/16 徳島対仙台戦@大塚ポカリ
10/11 天皇杯 対山口戦@等々力
10/17 対大宮戦@玉スタ
10/29 サテ 対千葉戦@等々力
11/03 ナビ決勝戦@霞ヶ丘
11/11 天皇杯 対富山戦@霞ヶ丘
11/22 対大分戦@九石ド
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/09

10年ACL第2節川崎対北京@等々力

 
DSC04196
 
 試合前に等々力になんとかたどり着きました。
 
DSC04197
 
 雪降る等々力です。
 
DSC04198
 
 今日はACL第2節、川崎対北京国安戦@等々力です。
 
DSC04199
 
 北京スタメン。
 
DSC04213
 
 川崎のスタメンは試合中の表示から見て。周平→キク以外は前の試合のまま。
 
DSC04202
 
 審判スタメン。
 
DSC04205
 
 北京の皆様。
 
DSC04206
 
 ホーム側。
 
DSC04207
 
 整列。
 
DSC04210
 
 北京ボールで前半開始。
 
DSC04366
 
 前半35分、北京先制。
 
DSC04368
 
 <川崎0-1北京>
 
DSC04378
 
 でもそのすぐ後、前半39分。タッピーのCK。
 
DSC04379
 
DSC04380
 
 キク競り勝って、頭で!
 
DSC04382
 
DSC04383
 
 同点。<川崎1-1北京>
 
DSC04411
 
 ロスタイム1分で、前半終了。
 
 
 
DSC04433
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC04434
 
 ライン際だけ雪が除かれて
 
DSC04437
 
 川崎ボールで後半開始。
 
DSC04485
 
 後半13分、イナ押し込み
 
DSC04487
 
 ユースケが上げて
 
DSC04488
 
 クロが突撃したがクリアされ
 
DSC04492
 
 CK、タッピー。
 
DSC04493
 
 キーパー押し出したが
 
DSC04496
 
 更に押し込んで
 
DSC04497
 
 でもオフサイド。
 
DSC04504
 
 後半60分、タニ
 
DSC04505
 
 倒されて
 
DSC04507
 
 FK。
 
DSC04508
 
 タッピー。
 
DSC04509
 
 ゴール側でヘナ受けたが
 
DSC04510
 
 シュートは枠に行かず。
 
DSC04528
 
 後半20分。
 
DSC04530
 
DSC04532
 
 <川崎1-2北京>
 
DSC04557
 
 後半25分、ヘナout ヤジin。
 
DSC04590
 
 入場者数は6606人
 
DSC04617
 
 後半40分。
 
DSC04618
 
DSC04619
 
 <川崎1-3北京>
 
DSC04625
 
 後半43分。クロ、タッピーout 、ノボリ、キムin。
 
DSC04649
 
 後半ロスタイム2分の、後半46分。CK。
 
DSC04651
 
 これも得点に持ち込むことができず。
 
DSC04652
 
 試合終了。
 
DSC04654
 
 川崎1-3北京
 
DSC04658
 
 何も言うまい。6600人くらいの川崎な皆様、雪の中お疲れ様でした。
 
DSC04659
 
 そして雪の中をとぼとぼ帰ったのでした。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/08

2010年開幕戦の新潟戦でもカブを愛でる。副題は特になし。

 
DSC02981
 
 2010年の等々力です。そしてぐっとズームすると
 
DSC02982
 
 今年もふろん太と共に、カブがそこに。でもてんけんくんは居ません。
(開幕戦なのにミュートンも居ません)
 
 と言うわけで、今年も。
 カブ、可愛いよカブ
 
DSC02983
 
 ちなみにカブはまた綺麗になったような? 
 
DSC02984
 
 時間はキックオフ2時間前の14時。雨です。なのでふろん太は雨天仕様です。
 
DSC02986
 
 バックスタンドに。
 
DSC02988
 
 ファイフロ姉さんと一緒。
 
DSC02991
 
 さて、そのままゆっくりとスタンド前を巡回した上で
 
DSC02993
 
 アウェイ側に。
 
DSC02997
 
 雨だからかそうでないのか、反応が鈍いです。
 
DSC02998
 
 取り敢えず、ぺこり。
 
DSC03001
 
 なにゃかんやでメイン側に廻ってきました。
 
DSC03002
 
 両指たててのポーズだふろん太
 
DSC03006
 
 お迎え御苦労なふろん太
 
DSC03008
 
 手挙げ足上げのポーズだふろん太
 
DSC03010
 
 天を指差しポーズだふろん太
 
DSC03011
 
 で。一人さっさと行ってしまっただふろん太
 カブ「待っておいてかないで……」
 



 
DSC03014
 
 一休憩入って、グラウンドに戻ってきたふろん太はポンチョを脱いでいました。
 


 
 カブは一人あやしい踊りをおどった! 
 
DSC03020
 
 その頃メインスタンド前には、怪しい奴が居ました。
 
DSC03026
 
 ふろん太「なに私の写真が撮りたい?よろしいお撮りなさい!」
 
DSC03028
 
 ふろん太「さぁよい子建ちこの私を出迎えなさい!」
 
DSC03030
 
DSC03032
 
 と、お子様の間を通り抜けるカブふろん太
 
DSC03033
 
 もちろん本当はキーパーの皆様のお出迎えです。
 
DSC03034
 
 ふろん太「がんばれー」
 
DSC03038
 
 そして速やかにメインスタンド前に移動。
 
DSC03044
 
 もちろんこちらでも。
 
DSC03045
 
DSC03048
 
 まずカブふろん太がお子様がたの間を通り抜けます。
 
DSC03052
 
 その後に選手登場。
 
DSC03053
 
 そして今日も、ふろん太は選手の後についていって
 
DSC03057
 
 一緒に挨拶の後、バックスタンド前に抜け
 
DSC03058
 
 勝利の祈りを。
 
DSC03063
 
 ぐるっと廻って、メインスタンド前に戻ってきたふろん太
 カブ「おつかれー」
 
DSC03065
 
 カブ「いすどうぞ」
 ふろん太「そうか済まないな」
 
DSC03067
 
 ふろん太「あ、でも……やっぱり君が座りなさい」
 
DSC03068
 
 カブ「でも……。判った。座るね」
 
DSC03069
 
 カブ「よっこい、しょーいち」
 
DSC03070
 
 係の人「ちょっと待って、休むのはまだ早いよ」
 カブ「えー」
 

 
しょうがないので、
 カブふろん太はアレアレを踊った! 
 
DSC03093
 
 試合開始前。
 
DSC03094
 
 刑事さん登場。
 
DSC03097
 
 刑事さん「ふろん太、勝負だ!」
 
 なお勝負の結果はこっちを確認してくださいな(^ ^;)
 
DSC03112
 
 さて、始球式も終わりあとは試合開始を待つだけです。
 

 
 カブふろん太は「すきですかわさきあいのまち」を踊った! 
 
DSC03114
 
 そしてふろん太は、ここでも勝利の祈りを。
 
DSC03115
 
 カブ「大丈夫、勝つよ」
 
DSC03116
 
 ふろん太「そうだね、勝つよ!」
 
DSC03123
 
 そして選手入場も写真撮影も終わって、控え室に戻るカブふろん太でした。
 



 
DSC03472
 
 ハーフタイムです。
 
DSC03473
 
 市長挨拶です。
 
DSC03475
 
DSC03476
 
 そして短いハーフタイムの間にもスタンド前を廻るカブふろん太
 



 
DSC03856
 
 試合終了後。勝ったのでいつものように、選手たちとバックスタンド前に。
 
DSC03861
 
DSC03873
 
 そして試合後はこれもいつもの通り、スタンド前を周回するカブふろん太なのでした。
 今回はここまで。
 
 



 
 ここまでのカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
2009年のカブ
 
そして2009年のカブについては、しばらく詳細一覧も残しておきます。
 
03/07 対柏戦
03/11 対天津戦
04/04 対名古屋戦
04/08 対大宮戦
04/21 対マリナーズ戦
04/29 対京都戦
05/16 対磐田戦
06/07 ファン感
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
07/01 対脚大阪戦
07/05 対鹿島戦
07/18 対神戸戦
07/29 ナビ 対鹿島戦
08/01 対瓦斯戦
08/23 対山形戦
08/30 対清水戦
09/02 ナビ 対まり戦
09/19 対浦和戦
09/23 ACL 対名古屋戦
10/04 対まり戦
10/25 対広島戦
11/08 対千葉戦@等々力
 
2009年のカブ以外
 
04/12 対清水戦@アウ平
05/02 対まり戦@日産
05/09 愛媛対讀賣戦@人参
05/30 水戸対仙台戦@笠松
08/15 対名古屋戦@瑞穂
08/16 徳島対仙台戦@大塚ポカリ
10/11 天皇杯 対山口戦@等々力
10/17 対大宮戦@玉スタ
10/29 サテ 対千葉戦@等々力
11/03 ナビ決勝戦@霞ヶ丘
11/11 天皇杯 対富山戦@霞ヶ丘
11/22 対大分戦@九石ド
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/07

10年J1第1節川崎対新潟@等々力

 
DSC03126
 
 新潟ボールで前半キックオフ。
 
DSC03127
 
 送り込まれたボールをイナが受け、ユースケが押し出して
 
DSC03128
 
 (`3´)/経由で
 
DSC03129
 
 クロのシュート!
 
DSC03130
 
 新潟キーパー弾いたが
 
DSC03131
 
 ヘナが拾って
 
DSC03132
 
 シュート、ボールは枠の中に。
 
DSC03134
 
DSC03137
 
 前半28秒、ヘナ。<川崎1-0新潟>
 
DSC03144
 
DSC03146
 
 幸先良い発進で、その後も攻勢が続きます。
 
DSC03172
 
 前半8分、新潟押し込んで
 
DSC03173
 
 オオシが頭で合わせたが
 
DSC03174
 
 枠には入らず。
 
DSC03211
 
 前半11分、(`3´)/囲まれながらも
 
DSC03212
 
 強引にシュート、キーパーキャッチ。
 
DSC03222
 
 前半13分
 
DSC03223
 
 押し出されたボールにキショイが頭で合わせてゴール
 
DSC03224
 
 ではなくオフサイド。
 新潟はとにかく前のキショイにボールに送り出し続けます。
 
DSC03251
 
 前半17分、(`3´)/押し込み
 
DSC03252
 
 クロに抜けたが
 
DSC03253
 
 DFに阻まれて
 
DSC03254
 
 こぼれたボールを(`3´)/シュート
 
DSC03255
 
 しかしボールは枠の上に。
 
DSC03278
 
 そして前半21分、ボールをかっぱいだイナ
 
DSC03279
 
DSC03280
 
 ボールをクロに
 
DSC03281
 
DSC03282
 
 シュート! ボールはゴールの左枠の中へ。
 
DSC03284
 
DSC03289
 
 黒津。<川崎2-0新潟>
 
DSC03346
 
 前半29分CK,タッピー。
 
DSC03347
 
 ゴール前(`3´)/が頭で合わせたが
 
DSC03348
 
 枠には行かず。
 
DSC03376
 
 前半34分、タッピー交錯して相手を倒してしまい
 
DSC03377
 
 黄紙。
 
DSC03385
 
 前半35分今度はそのタッピーの突進を新潟DF“後ろから掴んで倒したが”
 
DSC03386
 
 ファールにはなってもカードはなし。ふーん。
 
DSC03389
 
 FK。
 
DSC03390
 
 (`3´)/が蹴り
 
DSC03391
 
 跳ね返りをコミがシュート! 
 
DSC03392
 
 ポストの跳ね返りにクロが寄せたがオフサイド。
 
DSC03470
 
 ロスタイム1分で前半終了。
 
 
 
DSC03471
 
 今日のすかーさま。
 2点差は恐いとは言え、今日は大丈夫と思ったのですけどね、ここまでは。
 
DSC03478
 
 川崎ボールで後半開始。
 
DSC03480
 
 新潟は曹永哲に右サイドをばかばか突かせ始め、これで後半はもう川崎は危機の連続です。
 
DSC03531
 
 後半8分新潟CK。
 
DSC03532
 
DSC03533
 
 新潟頭で合わせたが川島が弾いた
 
DSC03607
 
 後半19分
 
DSC03608
 
 送り出されたボールに(`3´)/
 
DSC03609
 
 しかしこのボールを奪われて
 
DSC03611
 
 また右サイドを曹永哲に抜かれ
 
DSC03612
 
DSC03613
 
 ゴール。<川崎2-1新潟>
 
DSC03659
 
 ちなみにこの日の入場者数は2万2117人だったそうです。開幕戦とは言えこの天気だったのに、実質的なフルハウス状態。
 
DSC03660
 
 後半25分、ヘナout ノボリin。
 後半引っかき回されていた曹永哲に張り付かせていたように思いますです。
 
DSC03679
 
 後半28分、ゴール前でFK。
 
DSC03681
 
 タッピー蹴ったが壁に。
 
DSC03694
 
 後半30分再びFK、今度は遠目。
 
DSC03695
 
DSC03697
 
 ユースケが蹴ったがボールは枠の上に。
 
DSC03721
 
 後半33分、周平ファールで新潟FK。
 
DSC03722
 
 これも川島が押し出してなんとか。
 
DSC03771
 
 後半40分、(`3´)/out ヤジin。交代させるならもっと早く……
 
DSC03810
 
 後半ロスタイムは4分
 
DSC03812
 
DSC03813
 
 ノボリがコーナーまで押し込んでがんばったが
 
DSC03814
 
 取られてカウンター
 
DSC03820
 
 押し込まれたが最後はオフサイドでなんとか助かった。
 
DSC03821
 
 後半48分、ノボリ
 
DSC03822
 
DSC03823
 
 タッピー経由で押し込んで
 
DSC03824
 
 ゴール前まで
 
DSC03825
 
 しかしヤジにパスがつながらず。
 
DSC03845
 
 そんなこんなで、なんとかそのまま試合終了。
 
DSC03846
 
 川崎2-1新潟
 
DSC03847
 
 ジュニも憲剛も居なかったとは言え、「辛うじて勝った」というだけの試合でした。
特に、前半うまくいっていたのに後半けちょんけちょんてのは。向こうの監督は前半で川崎の穴を見つけて(小宮山が上がったその後ろ……)そこを突くようにきっちり指示したのでしょうけど、こっちの監督はハーフタイムになにしていたのやら。北京戦と名古屋戦が恐いです。
 
DSC03855
 
 ヒーローインタビューは、クロ。
 
DSC03868
 
 ともあれ、開幕戦勝利ということで。よかった。
 
DSC03874
 
 とまれ今年も、また難儀な一年が始まりました、と言うことで。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/06

2010年J1開幕戦@等々力。試合開始前まで。

 
DSC02973
 
 久しぶりの等々力です。
 
DSC02974
 
 雨です。当日券はホームAのみ販売。
 
DSC02976
 
 13時30分、会場。
 
DSC02977
 
 メインスタンド下物販コーナーはギリギリまで下げられたので、通行できるところが広くなりました。
 
DSC02978
 
 メインの喫煙所は階段下に。(それでも無視して階段降りずに煙撒き散らしていたバカも居ましたけど)
 
DSC03012
 
 雨でした。
 
DSC03039
 
 韓国でケガさせられた憲剛も等々力に来ていました。
 
DSC03043
 
 今日の試合は2010年J1開幕戦、川崎対新潟戦です。
 
DSC03055
 
DSC03061
 
 15時23分、ピッチ練習開始。
 
DSC03056
 
 ほぼ同じ頃に新潟も登場。
 
DSC03089
 
 新潟スタメン。
 そして……煽りビデオ。
 
DSC00001
 
 新年の幕開けに
 予期しない
 アクシデントに見舞われた
 2010年シーズン
 でも
 この状況を乗り越えてきたのが

 
DSC00002
 
 川崎フロンターレ
 
DSC00003
 
 高畠フロンターレを信じて
 今日共に闘えない仲間の分まで
 今居るみんなで闘おう

 
DSC00004
 
 I beleve +α
 
DSC00005
 
 川崎スタメン。
 
DSC00006
 
 審判スタメン。
 
 
DSC03092
 
 そして始球式は、麻生の練習場側に済んでいるという俳優、平泉成さん。
 
DSC03095
 
 太い声でハッパを掛けた後
 
DSC03099
 
 コートを脱ぎ捨て
 


 
 ボールをゴールに叩き込みました、なんとか。
 

 
 パノラマ。コレオ+端のオレンジ。
 
DSC03121
 
 整列。
 
DSC03125
 
 円陣。
 と言うことで、試合自体は別枠で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« fevereiro de 2010 | Main | abril de 2010 »