« 10年J1第13節鹿島対川崎@カシマ | Main | 2010年マスコット祭でもカブを愛でる。その1:フロンパークでのグリーティング編 »

2010/07/27

10年J1第14節川崎対京都戦@等々力

 
DSC09946
 
 本編は別枠に書くとして、今日の試合はJリーグ第14節川崎対京都戦@等々力です。
川崎市提供試合です。川崎市政記念試合の本編は別枠で。
 
DSC09947
 
 今日の主審は世界の西村先生です。
 スタンドからの拍手と歓声に笑顔で答える西村先生でした。
 
DSC00057
 
 18時25分頃、ピッチ練習開始。
 
DSC00054
 
 アウェイ側も。
 
DSC00061
 
 と
 
DSC00063
 
DSC00068
 
 この人が。ついに。
 
DSC00073
 
 京都スタメン。
 
DSC00080
 
 川崎スタメン。
 
DSC00078
 
 そして、ベンチにはジュニーニョ! 
 
DSC00081
 
 審判スタメン。
 
 
DSC00083
 
 後援会長挨拶。
 
DSC00101
 
 整列。
 
DSC00103
 
 花束貰ってニコニコしている「世界の」西村先生。
 
DSC00106
 
 円陣。
 
DSC00107
 
 京都ボールで前半開始。
 
DSC00116
 
 ディエゴを自由にさせすぎ。なんど押し込まれたことか。
 
DSC00130
 
 前半4分、タッピーからヘナ
 
DSC00131
 
 押し込んで
 
DSC00132
 
 しかしボールは枠の向こうに。
 
DSC00204
 
 前半13分、これもタッピー押し込んでヘナ
 
DSC00205
 
 シュートは京都キーパー弾く。
 
DSC00243
 
 前半18分尾藤から
 
DSC00245
 
 タッピー経由で
 
DSC00246
 
 尾藤
 
DSC00247
 
 ペナルティエリア外からのシュートは
 
DSC00248
 
 これもキーパーが弾く。
 
DSC00268
 
 前半21分、クロ
 
DSC00269
 
 突進を遮られ
 
DSC00272
 
 ゴール前でFK。
 
DSC00273
 
DSC00274
 
 憲剛送り出してキクが合わせたが
 
DSC00276
 
 オフサイド。
 
DSC00290
 
 その2分後にもゴール前で今度はタニが倒されて
 
DSC00292
 
 またFK。
 
DSC00294
 
DSC00296
 
 今度は尾藤が蹴ったが壁に。
 
DSC00350
 
 前半34分憲剛いなして前に
 
DSC00351
 
 クロ受けて
 
DSC00352
 
 シュート
 
DSC00353
 
 しかし枠の右へ。
 
DSC00355
 
 この辺で雨がばらばら降り始め、京都水本がスパイク交換。
 
DSC00358
 
 京都前半36分ディエゴFK。
 
DSC00359
 
 壁での攻防の跳ね返りを
 
DSC00360
 
 シュートしかしシーマン弾き上げた! 
 
DSC00420
 
 前半ロスタイム寸前、タッピー。
 
DSC00421
 
 ゴール前でタニが合わせようとしたが、DFに阻まれた。
 
DSC00422
 
 うぐぐ。
 
DSC00439
 
 ロスタイム2分で前半終了。
 
 
 
DSC00441
 
 今日のすかーさま。
 ハーフタイムのアレは、これも別枠で。
 
 
 
DSC00472
 
 京都は後半から、へなぎさわ投入。
 
DSC00475
 
 川崎ボールで後半開始。
 
DSC00582
 
 前半に引き続き、後半もお互い決めきれないまま続きます。
 
DSC00595
 
 そして後半16分。今の監督お得意の後半15分での交代で
 
DSC00605
 
DSC00607
 
 タニout 。
 ジュニーニョin! 
 
DSC00614
 
DSC00615
 
 1分後、ジュニーニョ2010年ファーストタッチ。
 
DSC00641
 
 後半20分、憲剛からジュニ
 
DSC00642
 
 押し込んで
 
DSC00643
 
 ジュニーニョ2010年ファーストシュート。キーパー正面。
 
DSC00653
 
 後半21分、クロから
 
DSC00654
 
 ゴール前のジュニにしかしうまく合わず。
 
DSC00673
 
 後半26分、ヘナout ヨコin。
 
DSC00680
 
 今日の入場者は1万7862人だったそうです。
アウェイ側はガラガラでした。さらに半分くらいまで狭めても良かったでしょうに。
 
DSC00716
 
 後半32分、川崎はタッピーout 最終兵器の“神”投入。
 
DSC00775
 
 それでも試合は膠着したまま、後半38分ともなると京都GKは引き分け狙いか露骨にボール処理に時間を掛けるように。
 
DSC00776
 
 京都は現在最下位。勝ち点1でも最下位脱出できたらしいからそれは無理もない。
 
DSC00804
 
 しかし実際このままこの試合も無得点の引き分けで終わるのか、と思いかけた後半43分。
憲剛が送り出したボールに
 
DSC00805
 
 神がつっかけ
 
DSC00806
 
 ジュニが
 
DSC00807
 
 
 
 
 
 
DSC00808
 
DSC00809
 
DSC00812
 
DSC00816
 
 ジュニーニョ復活弾!<川崎1-0京都>
 
DSC00817
 
 その直後にへなぎにシュート撃たれたけどこれもシーマンが。
 
DSC00823
 
 ロスタイムは3分。
 
DSC00824
 
 後半45分、ジュニから神へ
 
DSC00825
 
 押し込んで
 
DSC00826
 
 パスを送り出したはずですけど、尾藤はなにしてるだ。
 
DSC00855
 
 試合終了。
 
DSC00856
 
 川崎1-0京都
 
DSC00858
 
 5月1日の湘南戦以来、85日ぶりの勝利です。ジュニーニョの復活と共に。
 
DSC00859
 
 そしてこの勝利が、川崎のJ1通算100勝目だったそうです。
 
DSC00860
 
 整列。
 
DSC00865
 
 ヒーローインタビュー。
 
DSC00875
 
 ばんざい。
 
DSC00888
 
 と言うわけで、この試合は何とか「ジュニーニョ」で勝利することができました。とはいえ。
 
 ジュニーニョも半年以上試合から離れていたからか、ところどころでパスが合わなかったりコケたりと、ジュニーニョのできはひどい物でした。まだ完全では無いのでしょうし、往年の完全にはもう戻らないかも知れません。
 それでも、「一瞬のかがやきのみ」で勝利をたぐり寄せることができるのですから、やはりジュニーニョはすごいのです。
 
 今年のココまでは、「すごいジュニーニョ」が居なくなった後を模索するための期間でも有ったはずですが、結局うちは「ジュニーニョがいないと」という現実を見せられることになりました。この後監督はジュニーニョだのみのサッカーをするのか。ここからが高畠監督の正念場でしょうね。
 
 ともかく、ジュニーニョの復活はめでたい。でも今後も無理しないでね。
試合についてはここまで。試合以外についてはまた明日以降に。

|

« 10年J1第13節鹿島対川崎@カシマ | Main | 2010年マスコット祭でもカブを愛でる。その1:フロンパークでのグリーティング編 »

2010ふろんたーれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 10年J1第14節川崎対京都戦@等々力:

« 10年J1第13節鹿島対川崎@カシマ | Main | 2010年マスコット祭でもカブを愛でる。その1:フロンパークでのグリーティング編 »