« setembro de 2010 | Main | novembro de 2010 »

outubro de 2010に作成された記事

2010/10/28

10年J1第27節NTT対川崎@NK5

(追記:11/16の結果を受けて、記事を修正しています)
 
DSC02927
 
 J1第27節、NTT対川崎@NK5です。
 NK5スタジアムは警察の指導により1万3500人しか入場できません。でもJリーグ側は問題とはしません。
これだけでなく、大企業であるNTTの傘に守られたこのクラブはJリーグを失墜させその顔に泥を塗ったとしても大きな問題とはなりません。まさにやったもの勝ち。
 
DSC02929
 
 メインカテ2Eだったので、ゲート2から入場。
 
DSC02930
 
 ゲートには空虚なお詫びが立っていました。
 
DSC02931
 
 入場。
 
DSC02932
 
 14時30分時点での入場者数3993人
 でもこれ以降の途中経過の発表は有りませんでした。意味無し。
 
DSC02933
 
 マッチディ。
 
DSC02935
 
 段幕。「積み上げた勝ち点に水増し無し」
 水増しした観客数で得た収入(Jリーグからの分配金も含む)で やかん とかを獲得したのは問題ではないようです。
 
DSC02936
 
 キックオフ一時間前。
 
DSC02938
 
 形だけのお詫びの挨拶。
 
DSC02941
 
 15時20分くらい、ピッチ練習開始。
 
DSC02942
 
 審判スタメン。主審はジャスティス。
 スピードは有りません。ダッシュされると追いつけません。ゴール前でファールがあっても判りません。
それでも引退しません。
<追記:この試合の結果か、やっと引退されるそうです>
 
DSC02943
 
 川崎スタメン。結局ジュニはお休み。
 NTTスタメンは略。
 
DSC02944
 
 コレオ? ホーム側。
 
DSC02945
 
 アウェイ側。
 
DSC02947
 
 整列。
 
DSC02948
 
 大天使と尾藤試合前に歓談中。身長差がなんとも。
 
DSC02951
 
 川崎ボールで前半開始。
 
DSC02974
 
 前半5分。ゴール前クロから
 
DSC02975
 
 ヤジに渡され
 
DSC02976
 
 シュート! 
 
DSC02978
 
 川崎先制<NTT0-1川崎>
 
DSC03016
 
 さらに前半11分、憲剛押し込み
 
DSC03017
 
 コミが折り返して
 
DSC03019
 
 ユースケ! 
 
DSC03020
 
 あっという間に2点。<NTT0-2川崎>
 ところがどっこい。
 
DSC03085
 
 前半20分、NTTミドルシュート
 
DSC03086
 
 クロスバーに当たった跳ね返りは枠内で跳ねたように見えたがノーゴール、跳ね返りをやかん! これは枠内には行かず。
 
DSC03087
 
 うーむ。
 
DSC03270
 
 前半34分、タッピーから
 
DSC03271
 
 クロの突撃、ペナルティエリア内で倒されたが
 
DSC03272
 
 何のおとがめも無し。そうですか。
 
DSC03283
 
 逆に前半44分、
 
DSC03284
 
 NTT押し込み
 
DSC03285
 
 やかんゴール前で交錯、というかシーマンの腹に一撃! 
 
DSC03286
 
 あまりにもやばい行動ですが黄紙止まり。やかんやりたいほうだい。
 
DSC03304
 
 ロスタイム2分で前半終了。
 
 
 
DSC03306
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC03309
 
 NTTボールで後半開始。
 
DSC03331
 
 後半3分。
 
DSC03333
 
DSC03335
 
 あっという間に失点。<NTT1-2川崎>
 
DSC03452
 
 しかし後半まったく攻め手を欠く川崎、後半20分クロout ゆうin。
 
DSC03493
 
 後半24分。
 
DSC03494
 
DSC03496
 
 また失点で、同点。<NTT2-2川崎>
 
DSC03521
 
 後半29分、イナout ヨコin。定例業務。
 
DSC03589
 
 そして後半38分、ユースケout タニin。うーむ。
 
DSC03605
 
 今日の「発表」入場者数は1万0740人だったそうです。
 ちなみにスタンドを見回した感じでは、3993人と発表した時点から倍以上に増えているようには到底見えませんでした。まぁ良いですけどね。
 処で有料入場者数は何人だったのでしょうか。メインカテ2E席は前座少年サッカーとその家族の皆様でいっぱいだったのですけど。
 
DSC03612
 
 そして後半41分、ゴール前に突進したヨコ、NTTDFに思いっきり後ろから掴まれて
 
DSC03613
 
 倒されたのですけど、もうこれも当然のようにNTTにはおとがめ無しだ! 
 
DSC03666
 
 後半ロスタイムは4分の、後半48分。川崎即行で突撃、と審判はどこ?
 
DSC03667
 
 主審ジャスティスはNTTベンチの前。
 
DSC03669
 
 誰か知らんが、なんか言ったかベンチエリアはみ出したかペットボトル蹴飛ばしたか判りませんが、ベンチに居た藤本阿波踊りに黄紙! しかし後になってこの黄紙がまったくの人違いだったことが判明! 
何やってるのですかこの主審!! 
 
DSC03682
 
DSC03683
 
 試合終了。
 
DSC03685
 
 NTT2-2川崎
 
DSC03684
 
 速攻でNTTの選手は主審に抗議。
 選手のスピードに追いつけず、PKかどうかの判定をはるか背後でやっている状態で、もはや限界は見えています。なぜこの主審は未だに主審なのでしょうか? 
 
DSC03688
 
 整列。
 
DSC03690
 
DSC03693
 
 NTTの力石監督は、ハーフタイムできっちり修正したということ。
 川崎の監督は修正を全くできなかったと言うこと。
 
DSC03695
 
 負けなくて幸いという他はありません。
 なんでこうなった? 
 今年はこのまま監督の限界を晒し続けなければならないのか。
 来年はどうなる? 
 この項終わり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/10/24

10月24日の徘徊

※筆者すっかり気落ちしてますので、試合については明日以降の更新になりますはい。
 
DSC02910
 
 10時にチケットぴあで仙台戦アウェイのチケットを確保してから、ここに。
大宮の先の「鉄道博物館」です。
 
DSC02911
 
 朝から人で一杯でした。
 入場料は1000円。Suicaが使えます。
 

DSC02913
 
 中には蒸気機関車や昔の特急が居たり
 
DSC02912
 
 新幹線が居たり
 
DSC02914
 
 ほか色々な鉄道が待っていました。
 
DSC02915
 
 日本食堂のカレーも待っていました。
 
DSC02916
 
 博物館中央には転車台があり蒸気機関車が乗っていて
 
DSC02918
 
 12時になると汽笛と共に
 
DSC02919
 
 回転を始めましたので
 
DSC02921
 
 ぼーと
 
DSC02922
 
 見て
 
DSC02924
 
 ました。
 なんだかんだで、10時過ぎに入って、出たのは13時でした。
 私自身は鉄道のシュミはあまりない(乗るのは未だしも見るだけでは)
それでも、門司の九州鉄道博物館はもっも楽しかったような気はするのですけど。
(気のせい?)
 
DSC02926
 
 さて。歩いて30分ほど、今日の目的地に到着です……と、間違えた。
続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10年J2第31節柏対熊本@日立台

 
DSC02312
 
 今日は柏に。おくりびとに迎えられました。
 
DSC02317
 
 J2第31節柏対熊本戦@日立台です。
 
DSC02319
 
 今日のレイ君はハロウィン仕様。
 
DSC02325
 
 15時15分、熊本キーパー練習開始。南雄太の凱旋です。
 
DSC02328
 
 15時25分ほど、ピッチ練習開始。
 
DSC02329
 
 匠も……走りながら藤田と話してました。
 
DSC02331
 
 審判スタメン。
 
DSC02332
 
 熊本スタメン。
 
DSC02333
 
DSC02334
 
 匠もすっかり熊本の人になってるようです。
 
DSC02338
 
 柏スタメン。
 
DSC02336
 
 バカ一代絶唱中。ホーム。
 
DSC02337
 
 バカ一代鑑賞中。アウェイ。
 
DSC02341
 
 レイ君も南瓜を叩いてました。
 
DSC02344
 
 選手入場。
 
DSC02345
 
 整列。
 
DSC02348
 
 と、熊本がトスで勝って、裏を取りました。
 
DSC02349
 
 雄太前半から柏サポの前に登場。歓声に答える。
 こういう状態だから裏を取ったのでしょうね。
 
DSC02351
 
 柏ボールで前半開始。
 
DSC02352
 
 開始早々柏攻め込み
 
DSC02353
 
DSC02354
 
 シュート、枠に行かず。
 
DSC02356
 
 大砲監督とコーチの皆様。立ちっぱなし。
 コーチにも柏出身者が居るのか、試合前には柏の人と話している風景も見かけました。
 あとカレンも。
 
DSC02395
 
 基本柏が押していましたが前半7分
 
DSC02396
 
 熊本押し込んだが残念そこにすげーの。
 
DSC02397
 
 で、この後すげーのがけり出したボールが熊本の選手の後頭部に当たって跳ね返ってあわや、というシーンが。
これが得点になっていたら新たな伝説となったことでしょうに。
 
DSC02403
 
 前半9分柏
 
DSC02404
 
 シュートも残念そこに雄太。
 以降もこの試合は両キーパーがシュートを防ぎ続けます。
 
DSC02458
 
 前半18分、熊本は匠から
 
DSC02459
 
 押し込んで
 
DSC02460
 
 シュートこれは辛うじて枠に行かず。
 
DSC02486
 
 前半23分
 
DSC02487
 
 ゴール前でカレン、ダイレクトでシュート
 
DSC02488
 
 これもすげーのキャッチ。
 
DSC02546
 
 前半36分
 
DSC02548
 
 柏のシュートは雄太が。
 
DSC02600
 
 ロスタイム1分で前半終了。
 
 
 
DSC02602
 
 今日のすかーさま。
 
DSC02604
 
 今日のおつきさま。
 
 
 
DSC02606
 
 熊本ボールで後半開始。
 
DSC02614
 
 後半3分、柏左CK。
 
DSC02616
 
DSC02617
 
 競り合いで勝ったがそこに雄太。
 
DSC02671
 
 後半14分、柏攻め続け。
 
DSC02672
 
 ゴール前で受けて
 
DSC02673
 
 倒れながらもシュート
 
DSC02674
 
 雄太がキャッチ。
 
DSC02696
 
 今日の入場者数は8141人だったそうです。水増しはしていません。
 
DSC02765
 
 後半33分、途中で交代した柏の外国籍の人、遠目から
 
DSC02766
 
 シュート、しかしこれも雄太が。
 
DSC02771
 
 後半34分、交錯して柏のFK。
 
DSC02773
 
 と、ここまで大活躍の雄太、活躍しすぎたのかここで脚をつってしまった。
 
DSC02776
 
 なんとか試合に復帰。
 
DSC02777
 
DSC02778
 
 それでも容赦ない柏の攻撃。
 
DSC02780
 
DSC02782
 
 しかし熊本は雄太だけでなくDFも必死で守ります。
 
DSC02842
 
 雄太が脚つって停まっていた分もそのまま加算され、後半ロスタイムは6分。
 
DSC02849
 
DSC02850
 
 後半46分、柏倒されて
 
DSC02853
 
 柏FK。
 
DSC02854
 
DSC02855
 
 これはゴール前の集団の上を通り過ぎていきました。
 
DSC02859
 
 後半58分の柏の突撃も
 
DSC02860
 
 雄太。
 
DSC02889
 
 結局そのまま。試合終了。
 
DSC02890
 
 柏0-0熊本
 
DSC02893
 
 J2最強キーパー決定戦は引き分けとなりました。
 
DSC02894
 
 雄太は柏の選手と握手や抱擁をすると
 
DSC02896
 
 うながされるように、そのまま柏サポの前に
 
DSC02898
 
 何度も頭を下げていました。
 
DSC02900
 
 その後足早にアウェイ側にも戻って、こちらでも挨拶を。
 
DSC02905
 
 柏サポも、雄太から点を取るのは忍びなかったのか、勝てなかったとは言えそれほど悪い雰囲気にはなってなかったです。
ゴール裏は知らんけど。
 
DSC02906
 
 一方アウェイ側は負けなかったことを一応満足はしていたみたい。でも点が取れないと勝てない。
 松橋とカレンはもっとがんばれです。
 
DSC02907
 
 そんなこんなで柏駅に戻って電車で帰りました? 
 次は大宮です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/10/22

うん、山形戦でもカブを愛でたんだ。

 
 大きいけれどもカブが好き。
 
 
DSC01394
 
 お昼過ぎのフロンパークでは、一生懸命バナナがジャンケンしていました。
 
DSC01405
 
 それはそれとして、15時前のグラウンドに登場の三人組。
 
DSC01407
 
 と。モリゾーの動きが
 
DSC01408
 
 カブにぴったり張り付き。
 
DSC01413
 
 スタンド前を周回する時にも
 
DSC01429
 
 何気にカブの後を追うコムゾー
 
DSC01431
 
 そしてカブにべったりのコムゾー
 
DSC01432
 
 果たしてこの二人の関係は如何に! 
 というか、私の妄想では、「カブをお姉ちゃんと慕う弟」的にしか見えていません、今のところ。
色濃いざたにはまだ早そう。
 



 
DSC01434
 
 それはそれとして、この日はドールのバナナのボビー君が来ている日です。
つまりバロンドール贈呈の日。
 
DSC01437
 
 カブ「バロンドーム貰うの誰だろね?」
 コムゾー「んー。だれだろ?」
 
DSC01438
 
 ふろん太「わくわく」
 
DSC01439
 
 タッピーでした。
 
DSC01440
 
 むきむき。
 
DSC01442
 
 剥かれたボビー君は、やっぱりなんだかまぬけでした。
 

line

 
DSC01488
 
 三人「やまがたの皆様」
 
DSC01489
 
 三人「ようこそ」
 
DSC01490
 
 三人「とどろきに!」ぺこり。
 
 
DSC01494
 
 さて試合開始直前になりました。
 
DSC01495
 
 跳ねるカブ! 
 
DSC01496
 
 跳ねる! 
 
DSC01497
 
 跳ねないカブ
 
DSC01498
 
 跳ねません。
 
DSC01500
 
 例によって、三人で輪を作って、ぐるぐる。
 
DSC01507
 
 選手入場して、記念撮影も終わると
 
DSC01508
 
 コムゾー「しごと、おわりー」
 

line

 
DSC01896
 
 ハーフタイムの三人
 

line

 
DSC02270
 
 試合終了後もいつもの通り、ホームバック角で終了を待って。
 
DSC02275
 
 バックスタンド前で選手と合流すると
 
DSC02283
 
DSC02285
 
 そのままメインスタンド前に移動。
 
DSC02292
 
 メインスタンド前でのバンザイに参加すると
 
DSC02306
 
 その後もしばらく、メインスタンド前にて愛想を振りまく三人なのでした。
 
DSC02310
 
 カブの背中で、今回は終わりです。
 

line

  
 2010年のカブ
 
03/06 対新潟戦
03/09 対北京戦
03/23 対メルボルン戦
03/27 対清水戦
04/04 対瓦斯戦
04/14 対城南戦
04/24 対神戸戦
05/01 対湘南戦
06/27 ファン感
07/14 対大宮戦
・2010年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:ハーフタイムYMCA編
08/01 対仙台戦
08/15 対広島戦
08/18 対名古屋戦
09/05 天皇杯 対鹿屋体育大戦
09/08 ナビ杯 対鹿島戦
09/11 対まり戦
09/25 対脚大阪戦
10/10 ナビ杯 対磐田戦
10/13 天皇杯 対横縞戦
 
 
 2010年のカブ以外
 
03/21 柏対福岡戦
06/12 甲府対千葉戦
07/04 仙台対浦項戦
09/18 湘南対川崎戦
 
 
 過去のカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
・2008年の等々力「マスコット全員集合!祭り
 
2009年のカブ
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/10/17

10年J1第26節川崎対山形@等々力

 
DSC01395
 
 13時20分頃に現地到着。
 
DSC01397
 
 バナナとか売ってました。
 
DSC01398
 
 監督段幕は外に(リーグ戦ではコーナーは広告枠なので)
 
DSC01399
 
 入場。
 
DSC01400
 
 マッチディ。
 
DSC01401
 
 赤い羽根。
 
DSC01402
 
 りんご4個300円。
 
DSC01403
 
 バナナ二袋、380円。等を買いました。
 
DSC01404
 
 今日の試合はリーグ戦26節、川崎対山形戦です。
 
DSC01409
 
 来月の川向こう戦の特別イベントは、ウォークツアーだそうで。歩いて味スタへ。
 
DSC01424
 
 ダノンカップの報告会もありました。
 
DSC01482
 
 15時半、自己満足気味の煽りビデオを経て、フィールド選手練習ピッチ開始。
 
DSC01491
 
 山形スタメン。
 
DSC01492
 
 川崎スタメン。タッピー外れてカミスタメン。憲剛はいってヨコ外れた。これだけ。
 
DSC01493
 
 審判スタメン。
 

 
 選手入場。パノラマ。
 
DSC01504
 
 整列。
 
DSC01505
 
 ホーム側。ビッグフラッグ色々。
 
DSC01506
 
 アウェイ側。
 
DSC01511
 
 山形ボールで前半開始。
 
DSC01550
 
 前半5分
 
DSC01552
 
 ユースケ、カミと押し込み
 
DSC01554
 
 憲剛の
 
DSC01555
 
 シュート、枠の上に。
 
DSC01638
 
 前半13分、ジュニ押し込んで
 
DSC01640
 
 押し返し、カミが合わせたが
 
DSC01641
 
 キーパー弾き
 
DSC01642
 
DSC01643
 
 こぼれ球に尾藤も、これは山形DFが弾いた。
 
DSC01685
 
 前半19分、クロ
 
DSC01686
 
 突破を思いっきり掴んで止められ
 
DSC01688
 
 さすがにこれは黄紙。
 
DSC01690
 
 ゴール正面でFK。
 
DSC01692
 
 蹴ったのは憲剛、DFがクリア。
 
DSC01732
 
 前半25分、イナのぶちかましでファールを取られ
 
DSC01734
 
 山形遠目の位置ながらFK。
 
DSC01735
 
 枠内に飛んだがシーマンのセーブ! 
 
DSC01736
 
 山形右CK。
 
DSC01738
 
DSC01740
 
 ゴール前でクリア。
 
DSC01821
 
 前半38分、トーミのファールでFK
 
DSC01822
 
 と、憲剛クイックスタートで、ジュニ
 
DSC01823
 
 一気に寄せてシュート!
 
DSC01824
 
DSC01825
 
 川崎先制!<川崎1-0山形>
 
DSC01827
 
 山崩し。
 
DSC01893
 
 ロスタイム1分で、前半終了。
 
 
 
DSC01898
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC01901
 
 川崎ボールで後半開始。
 
DSC01903
 
 開始早々クロが押し込んで
 
DSC01904
 
 CKへ。
 
DSC01905
 
 左CK、尾藤。
 
DSC01907
 
 ヒロキが受けて
 
DSC01908
 
 戻した処に憲剛
 
DSC01909
 
 一閃!
 
DSC01911
 
DSC01912
 
 川崎後半開始早々に追加点!<川崎2-0山形>
 
DSC01959
 
 しかし後半7分、不意にジュニが外へ。脚を痛めた? 
 
DSC01960
 
DSC01961
 
 ほぼ同じくらいに、ゴール前で山形の選手とシーマンが衝突!
 
DSC01962
 
 シーマンはまもなく立ち上がったが、山形の選手は倒れたまま。
 
DSC01967
 
 結局ジュニはそのままout ヤジ早めのの投入。
 
DSC01975
 
 山形の倒れた選手もそのまま交代。タシーロin。
 
DSC02051
 
 この日の入場者は1万7427人とのことです。
 
DSC02062
 
 後半23分、コミが押し上げ
 
DSC02064
 
 カミがゴールに寄せたが
 
DSC02065
 
 山形DFに防がれそのままゴールラインを越えた。
 
DSC02095
 
 後半27分、コミ突進
 
DSC02096
 
 ゴール前に上げたが山形DFクリア。
 
DSC02188
 
 後半38分、
 
DSC02189
 
 エリア外ぎりぎりでファール
 
DSC02192
 
 山形FK。
 
DSC02194
 
DSC02195
 
 ボールは抜けて向こうに。
 
DSC02197
 
 その向こうでも交錯して
 
DSC02198
 
 またFK。
 
DSC02200
 
 クリア。
 
DSC02211
 
 後半42分、ユースケout ソノin。
 
DSC02243
 
 そしてロスタイム3分の後半46分、カミout ヨコin。ん? 
 
DSC02249
 
 後半46分、尾藤
 
DSC02250
 
 シュートは山形キーパークリア
 
DSC02252
 
 煽る憲剛。
 
DSC02254
 
 左CK、尾藤。
 
DSC02255
 
 山形DFクリア。
 
DSC02267
 
 試合終了。
 
DSC02268
 
 川崎2-0山形
 
DSC02273
 
 なんとか勝ちましたが、酷使のしすぎでジュニまた離脱か。
 替えようがないと言うこともあるでしょうけど、後半FWにボールが収まらず攻めあぐねる展開がありましたので、それならばタニを入れて欲しかったです。
 
DSC02281
 
DSC02291
 
 とまれこの中二日連戦をなんとか乗り越えて勝つことはできました。それだけは良かったというしかありません。
この項ここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/10/15

天皇杯横縞戦でもカブを愛でる

 
 大きいけれどもカブが好き。
 例によって平日ナイトゲームなので写真少ないです(試合前の様子を写してないから)
 
 
DSC00302
 
 宇宙人は来ていません。
 
DSC00304
 
 カブです。
 
DSC00308
 
 カブです。
 
DSC00311
 
 カブふろん太コムゾーです。
 


 
 跳ねているカブです。
 
DSC00316
 
 やるぞーです。
 
DSC00320
 
 写真撮影です。
 



 
DSC00662
 
 ハーフタイムです。
 
DSC00665
 
 ポーズですカブです。
 
DSC00668
 
 アウェイ側です。
 
DSC00669
 
DSC00673
 
 アウェイ側でも変わらず愛想をふるまうカブです。
 
DSC00675
 
 ではひとまずサラバです。
 



 
DSC01380
 
 試合終了後です。
 
DSC01381
 
 勝ったのです。
 
DSC01392
 
 今回はここまでなのです。
 
 
 次のカブの出番ももう明日、16日の山形戦です。
 中二日が続くと忙しいのです。
 
 



  
 2010年のカブ
 
03/06 対新潟戦
03/09 対北京戦
03/23 対メルボルン戦
03/27 対清水戦
04/04 対瓦斯戦
04/14 対城南戦
04/24 対神戸戦
05/01 対湘南戦
06/27 ファン感
07/14 対大宮戦
・2010年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:ハーフタイムYMCA編
08/01 対仙台戦
08/15 対広島戦
08/18 対名古屋戦
09/05 天皇杯 対鹿屋体育大戦
09/08 ナビ杯 対鹿島戦
09/11 対まり戦
09/25 対脚大阪戦
10/10 ナビ杯 対磐田戦
 
 
 2010年のカブ以外
 
03/21 柏対福岡戦
06/12 甲府対千葉戦
07/04 仙台対浦項戦
09/18 湘南対川崎戦
 
 
 過去のカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
・2008年の等々力「マスコット全員集合!祭り
 
2009年のカブ
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10年天皇杯3回戦川崎対横浜C@等々力

 
DSC00296
 
 なんとか19時前に、現地到着。
 
DSC00297
 
 すかすかのゲートを通って中へ。
 
DSC00313
 
 天皇杯3回戦、川崎対横縞戦です。

DSC00661
 
 横縞スタメン。
 
DSC00663
 
 川崎スタメン。二日前と変わりなし。替える勇気はありません。
 
DSC00299
 
 審判スタメン。
 メイン側の副審は上の人のはず。
 
DSC00301
 
 アウェイの皆様。
 
DSC00303
 
 ホームの皆様。
 
DSC00318
 
 整列。
 
DSC00319
 
 ビッグフラッグ。
 
DSC00321
 
 赤帽先生。
 
DSC00322
 
 カメラの群れは監督を無視。
 
DSC00324
 
 川崎ボールで前半開始。
 
DSC00339
 
 前半2分、キクから
 
DSC00340
 
 つないで
 
DSC00341
 
 クロ!   あ。
 
DSC00342
 
 あ。
 
DSC00353
 
 前半5分、
 
DSC00354
 
 ゴール前でジュニのシュート!
 
DSC00355
 
 枠に入らず。
 
DSC00372
 
 前半8分、ジュニ押し込んで
 
DSC00373
 
 クロのシュート!
 
DSC00374
 
 枠に行かず。……この辺で一点でも取ってりゃあとが楽だったのに。
 
DSC00452
 
 前半17分、
 
DSC00453
 
 ジュニ倒されて
 
DSC00455
 
 ゴール前でFK。
 
DSC00458
 
DSC00460
 
 タッピー蹴ったが
 
DSC00461
 
 壁に防がれる。
 
DSC00601
 
 前半38分、キクからジュニ
 
DSC00602
 
 押し込んで
 
DSC00603
 
 ゴール前のクロに
 
DSC00604
 
DSC00607
 
 クロゴール前の競り合いでファール。
 
DSC00657
 
 ロスタイム1分で前半終了。
 
 
 
DSC00658
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC00676
 
 円陣。
 
DSC00677
 
 横縞ボールで後半開始。
 
DSC00713
 
 後半5分、
 
DSC00714
 
 ヨコ接触で倒してしまい
 
DSC00715
 
 黄紙。
 
DSC00718
 
 横縞FK。
 
DSC00719
 
DSC00720
 
 シーマン正面でキャッチ。
 
DSC00791
 
 後半15分、
 
DSC00792
 
 ジュニ押し込んだが
 
DSC00794
 
 倒されてしまい
 
DSC00796
 
 ゴール前でFK。
 
DSC00798
 
 例によってタッピー&尾藤。一歩下がってユースケ。
 
DSC00799
 
DSC00801
 
 ユースケが蹴ったが壁に防がれる。
 
DSC00879
 
 今日の入場者は5167人だったそうです。懐かしい雰囲気。
 
DSC00891
 
 後半26分、横縞
 
DSC00892
 
 シュートはシーマンキャッチ。
 
DSC00894
 
 後半26分、後退いや交代。
 
DSC00895
 
 いつものイナout タニin。それとクロout ヤジin。
 ヤジ投入はもっと早くても良かったのではないか?
 
DSC00931
 
 そして後半32分、横縞も交代。ここで、クッキー投入! 
 
DSC00978
 
 で。後半37分。
 
DSC00980
 
 クロスにクッキー頭で合わせて
 
DSC00981
 
DSC00982
 
 横縞先制!<川崎0-1横縞>
 お礼参り。
 
DSC00983
 
 大喜び。
 
DSC00996
 
 後半39分、キクout カミin。いつもの窮余の策、神頼み。
 
DSC01013
 
 後半41分、ユースケからカミ、押し込んでCKへ。
 
DSC01015
 
 この間にゴール前の攻防で、横縞ホベルト
 
DSC01016
 
 タンカ入り一度外へ
 
DSC01017
 
 ここで横縞用意していた交代を一度停止。
 
DSC01018
 
 ホベルト外に出たままCK
 
DSC01019
 
 ゴール前でジュニ! 
 
DSC01020
 
 川崎土壇場で同点に追いつきました。<川崎1-1横縞>
 
DSC01024
 
 その後でホベルト交代。
 
DSC01041
 
DSC01044
 
 後半ロスタイム3分、勢いつけて川崎押し込むが
 
DSC01045
 
 ゴールまでは届かず。
 
DSC01076
 
 後半終了。
 
DSC01078
 
 同点のため延長戦に。
 
DSC01079
 
 この後も中二日で試合というのに、フルメンバそのまま使っているのに、延長戦突入。
 
DSC01080
 
 円陣。
 
DSC01081
 
 川崎ボールで後半開始。
 
DSC01151
 
 延長前半9分、
 
DSC01152
 
 ジュニ押し込んでシュートは枠の外。
 
DSC01153
 
 延長前半終了。
 
DSC01213
 
 小休止入って
 
DSC01214
 
 横縞ボールで延長後半開始。
 
DSC01258
 
 そして延長後半4分、ジュニが
 
DSC01259
 
 押し入って
 
DSC01260
 
 サイドのカミに。
 
DSC01261
 
 カミ寄せて放ったシュートは
 
DSC01262
 
 ゴールの枠内側に当たって、そのまま中に。
 
DSC01266
 
 川崎やっと勝ち越し!<川崎2-1横縞>
 
DSC01267
 
 カミ降臨。
 
DSC01341
 
 そして延長後半14分、横縞
 
DSC01342
 
 押し込まれて
 
DSC01343
 
 ゴール! 
 
DSC01344
 
 土壇場の同点で、大喜び! 
 
DSC01345
 
 と思ったら、副審の旗が。
 ゴール脇でDFに絡んでいた選手が攻撃に関与していたと見なされたと言うことなのでしょうか。

 
DSC01349
 
 猛抗議。
 
DSC01353
 
 赤帽先生も抗議に参加。
 
DSC01360
 
 延長後半ロスタイムは1分で、それも抗議で殆ど消費。
 
DSC01361
 
 川崎はなおも攻め続けます。
 
DSC01370
 
 ロスタイムを1分ほど超過して、試合終了。
 
DSC01390
 
 川崎2-1横縞
 なんとか勝ちました。
 
DSC01374
 
 なんとか勝っただけ。
 
DSC01376
 
 整列。
 
DSC01382
 
 お疲れ様でした。
 
DSC01388
 
 こっちはもっとお疲れ。
 次の試合まで中二日しかないに、120分の消耗戦に追い込まれた理由はどこに? 
 もちろんこの結果を経た上で、ツト監督は中二日の山形戦では、選手の疲労状態なども考慮した適切なメンバ編成を行うのですよね? まさか今回の面子からヨコ抜いて憲剛入れる「だけ」ってことは無いですよね?
 この天皇杯に対しても敢えてフルメンバに連戦させておいて、それも120分も消耗させておいて、何も考えていないはずはない……
 
DSC01378
 
 なお天皇杯4回戦は11月17日、対戦相手は山形。会場は今の処不明です。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/10/13

ナビ磐田戦でもカブを愛でる

 
 大きいけれどもカブが好き。
 
 
 
DSC09481
 
 13時20分ほど、選手バス出迎えを見に行ったら、いつもの三人組も待ち構えていました。
 
DSC09484
 
 出迎えが終わると、後は三人組が主役です。
 
DSC09485
 
 ここでもいつものようにグリーティングを。
 



 
DSC09488
 
 さて少し時間が進んで、13時50分ほど。グラウンド内にて。
 
DSC09489
 
 いつものように三人でスタンド前を周回する、ふろん太カブ、そしてコムゾー
 
DSC09491
 
 カブカブですー!」
 
DSC09500
 
 さて。
 メインホーム角に呼び出された三人組。そこで待ち構えていたのは「女子マネ」の人でした。
 
DSC09501
 
 寄り添う二人。
 
DSC09502
 
 カブ「なにさデレデレしちゃって」
 ふろん太「そんなこと……無いよ」
 
DSC09503
 
 監督「君ちょっと来て」
 ふろん太「はい?」
 
DSC09504
 
 そしてふろん太は、監督に何やら吹き込まれつつ
 
DSC09505
 
 女子マネの人と背中合せでポーズ。
 
DSC09506
 
 カブ「なにさ! 負けないんだから!」
 と、カブも同じポーズを。
 
DSC09508
 
 ぐるぐる
 
DSC09510
 
 まわって、ポーズ! 
 
DSC09511
 
 監督「はい、もう一回!」
 
DSC09512
 
 もう一度、背中合せに立って(カブコムゾーも)
 
DSC09513
 
 ぐるぐる
 
DSC09515
 
 ポーズ! 
 
DSC09516
 
 監督「はいおっけーです」
 ふろん太「ああ、緊張した」
 と、女子マネの人と握手。
 
DSC09517
 
 カブ「これで終わり?」
 
DSC09518
 
 と、監督の魔の手は今度はカブコムゾーに。
 
DSC09519
 
 はい、ぽーず!
 と、そこに女子マネの人乱入! 
 
DSC09520
 
 ポーズ
 
DSC09522
 
DSC09528
 
 これで撮影は御仕舞い。
 



 
DSC09529
 
 14時10分過ぎ。
 コムゾー「じー」
 
DSC09530
 
 コムゾー「この子可愛い、貰った!」
 
DSC09532
 
 ふろん太「駄目ですよ、そんな事をしては」
 コムゾー「うーん、反省~」
 
DSC09535
 
 コムゾー「お詫びに肩もむ~」
 
DSC09536
 
 ふろん太「うー効く~」
 
DSC09540
 
 カブ「どうだった?」
 ふろん太「気持ちよかったよ」
 
DSC09541
 
 ふろん太「お影で足取りも軽いー」
 
DSC09542
 
DSC09543
 
 そしていつもの通り、キーパー陣を出迎えた後は
 
DSC09545
 
 メインスタンド側に移動。
 
DSC09548
 
 係りの人「さぁカブもおいでなさい」
 
DSC09549
 
 カブ「はーい」
 
DSC09550
 
 処で今頃気が付いたのですけど、コムゾーってボランティアユニを着ていたのですね。
 
DSC09551
 
 メインスタンド前でフィールドプレイヤーの出迎え。14時20分くらい。
 
DSC09552
 
 ふろん太コムゾー、カメラにちょっかい。
 
DSC09553
 
 こう映されました。
 
DSC09554
 
 カブも割り込み。
 
DSC09555
 
 こう映されました。
 
DSC09559
 
 選手の出迎え。
 
DSC09562
 
 選手の見送り。
 
DSC09563
 
 練習が終わるまで待機。
 
DSC09566
 
 14時45分ほど、再びメインホーム角に登場。
 
DSC09578
 
DSC09581
 
 そしてピッチ内へ。
 
DSC09586
 
 選手を出迎えて
 
DSC09589
 
 試合開始前に控え室に帰りました。
 今回はココまでで止めておきます、これ以降の出番は略ということで。
 
 次のカブの出番はもう明日、13日の天皇杯対横浜FC戦です、のはずです。
 
 



  
 2010年のカブ
 
03/06 対新潟戦
03/09 対北京戦
03/23 対メルボルン戦
03/27 対清水戦
04/04 対瓦斯戦
04/14 対城南戦
04/24 対神戸戦
05/01 対湘南戦
06/27 ファン感
07/14 対大宮戦
・2010年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:ハーフタイムYMCA編
08/01 対仙台戦
08/15 対広島戦
08/18 対名古屋戦
09/05 天皇杯 対鹿屋体育大戦
09/08 ナビ杯 対鹿島戦
09/11 対まり戦
09/25 ナビ杯 対磐田戦
 
 
 2010年のカブ以外
 
03/21 柏対福岡戦
06/12 甲府対千葉戦
07/04 仙台対浦項戦
09/18 湘南対川崎戦
 
 
 過去のカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
・2008年の等々力「マスコット全員集合!祭り
 
2009年のカブ
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/10/12

10年ナビ杯準決勝川崎対磐田@等々力

 
DSC09470
 
 12時過ぎに現地に到着。
 
DSC09471
 
 ナビスコ杯準決勝第2戦川崎対磐田です。第1戦アウェイは0-1で川崎が勝ちました。
 
DSC09472
 
 マッチディはその際に点を取ったクロ。
 
DSC09473
 
 カードも貰いました。
 
DSC09475
 
 13時20分ほど。気が付くと外に人が集まってましたので
 
DSC09477
 
 見ると選手バスが到着したところでした。
 
DSC09486
 
 スタンドに戻ると、こっちでは磐田の選手が到着早々挨拶してました。
 
DSC09565
 
 14時20分過ぎ、ピッチ練習開始。
 
DSC09569
 
 磐田スタメン。
 
DSC09575
 
 川崎スタメン。憲剛を代表に取られているので「いつもの通り」代わりにヨコ。
 
DSC09576
 
 主審スタメン。
 
DSC09579
 
 カメラもいっぱい。
 
DSC09583
 
 アウェイ側。
 
DSC09584
 
 ホーム側。
 
DSC09585
 
 整列。
 
DSC09587
 
 ビッグフラッグ。
 
DSC09591
 
 と、コイントスで負けたようで
 
DSC09592
 
 裏を取られて
 
DSC09593
 
 川崎ボールで前半開始。
 
DSC09849
 
 前半34分、磐田右CK。
 
DSC09850
 
 合わせられて、
 
DSC09851
 
 失点。<川崎0-1磐田>
 
DSC09864
 
 しかしすぐさま、前半37分
 
DSC09865
 
 尾藤が押し込んで
 
DSC09866
 
 ジュニが受けて
 
DSC09867
 
 ゴール! 
 
DSC09869
 
 同点。<川崎1-1磐田>
 
DSC09925
 
 ロスタイムは1分、タッピー接触で額を切ったらしく
 
DSC09932
 
 前半終了
 
DSC09933
 
 頭ぐるぐる巻で引き上げました。
 
 
 
DSC09934
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC09941
 
 磐田ボールで後半開始。
 
DSC00124
 
 入場者は1万3417人。少ない。
 
DSC00146
 
 後半29分、2枚替え。いつもの通りイナout タニin。
 
DSC00148
 
 タッピーout カミin。
 
DSC00169
 
 後半32分。
 
DSC00170
 
 すかっと抜かれて
 
DSC00171
 
DSC00172
 
 磐田追加点。<川崎1-2磐田>
 
DSC00228
 
 後半40分、クロout ヤジin。ヤジはもっと長く使えないのか。
 
DSC00241
 
 後半43分、スローインから
 
DSC00242
 
 ボール奪われて
 
DSC00243
 
DSC00244
 
 追加点。
 
DSC00245
 
 <川崎1-3磐田>
 
DSC00280
 
 ロスタイム3分で試合終了。
 
DSC00281
 
 川崎1-3磐田
 合計一勝一敗、合計得点川崎2-3磐田で磐田の勝ち抜け。
 
DSC00282
 
 今の川崎はこれが限界というだけです。
 今の監督とコーチ陣ではこれが限界。社長も怒る前に、今の指導者陣で本当になんとかなると思っていたのか考え直して欲しい。今の監督が前に監督を務めた際には、関塚監督が元気を取り戻したとなったらさっさとコーチに引きずり降ろしたのを忘れたわけではあるまいに。
 
 今年はこのまま一蓮托生なのは仕方有りません。それで、来年の監督は? 
 
DSC00290
 
 これで中二日で、次は天皇杯です。
 その後もすぐ山形戦。キツイ戦いは続きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« setembro de 2010 | Main | novembro de 2010 »