« 21 de março de 2010 - 27 de março de 2010 | Main | 4 de abril de 2010 - 10 de abril de 2010 »

Posts from 28 de março de 2010 - 3 de abril de 2010

2010/04/03

4月3日の徘徊というか後は帰るだけ

 
DSC09218
 
DSC09219
 
 昨日ホテルに戻った後荷物をまとめて0時には就寝、4時半起床。5時半にはホテルを出ました、
 ちなみにこのホテル、部屋は3階(ここではG階が在るので日本式では4階)なのですけどエレベータが2階までしか通って無く、2階から階段でさらに上に上がる必要があるとか、トイレの奧にシャワーが在るとか、ほかもろもろ安いなりの処でした。
 
DSC09220
 
 キングスクロス駅から
 
DSC09221
 
 セントラル駅を経由して
 
DSC09222
 
 6時半には空港に到着。チェックインは特別問題なく終了。
 
DSC09223
 
 少し買い物をして、出国。
 
DSC09224
 
 出国後にもお店が沢山ありましたので、ここで最後に残っていたA$を使い切りました。
と言っても30A$くらいしか残っていませんでしたけどね(^ ^;)
 
DSC09227
 
 と言うことで、この飛行機に乗って帰ります。
 
DSC09229
 
 朝ごはん。
 
DSC09230
 
 昼ごはん? 
 
DSC09231
 
 シドニー成田間は9時間ほどでしたけど、時差ほぼ無しの昼間便でしたので、朝方の不足分の睡眠を取り戻したらもう余り眠れなかったです。映画「シャーロックホームズ」と「攻殻機動隊2.0」、クィーンのモントリオールライブを一通り見た後は、落語をぼーと聞いていたです。
 
DSC09232
 
 成田にはほぼ定刻の17時に到着。入国して荷物引き上げて通関して、10分後の成田エキスプレスに飛び乗りました。19時にはもう小杉に到着します。
 
 てな処で、今回の徘徊はここまでです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4月2日の徘徊(シドニーふらふら)

 
DSC09095
 
 今日は「シドニーエクスプローラー」なるお上りさん用専用バスのパスを買いました。これはシドニーの主要観光地を周回しているバスで、1日乗り降り自由です。
 
DSC09096
 
 で。キングスクロスの停留所から乗って2つめの停留所、ミセス・マッコーリーズ岬でまず下車。
 
DSC09097
 
 朝も10時前なのにもう人で一杯でした。ここから見えるのはもちろん
 
DSC09098
 
 オペラハウスとハーバーブリッジのコンボです。
 
DSC09101
 
 (私自身も含めて)オペラハウスを見に来た人はまずここに来るみたい。
 

 
 パノラマ。
 

 
 パノラマその2。
 
DSC09112
 
 ちなみにここにはもう一つ、「ミセス・マッコーリーの椅子」と言うのがあって、見逃すなだそうです。
だから見ました。
 
DSC09115
 
 「椅子」でした。
 
DSC09118
 
 バス乗り場に戻って、次のバスに乗って次へ。
 
DSC09119
 
 とは言ってもバスの巡回コースの都合で、ウィンヤードで降りて、
 
DSC09120
 
 サーキュラーキーの乗り場へ歩いて移動。バス停の番号で言えば、13番から1番への移動です。
 
DSC09121
 
 そしてバスで次の停留所へ。
 
DSC09122
 
 降りててくてく歩くと……
 
DSC09123
 
 前方に山が。いえ
 
DSC09124
 
 コレです。
 
DSC09125
 
 オペラハウスです。説明不要ですね。
 

 
 パノラマその3。
 
DSC09127
 
 今日のすかーさま。
 
DSC09129
 
 意味はよく判りませんけど、尖っています。
 
DSC09130
 
 ウロコっぽいです。
 
DSC09133
 
 次の目的地は、ハーバーブリッジです。
 
DSC09141
 
 またバスに乗って。このバスは
 
DSC09144
 
 ブリッジを通過して、対岸に。
 
DSC09149
 
 取り敢えずふらふら……遊園地発見。
 
DSC09150
 
 入場無料だったので、中に。一昔前の遊園地といった感じでした。日本で言えば「はなやしき」? 
 
DSC09153
 
 歩いて橋の下をくぐった上で
 
DSC09156
 
 もうお昼でしたのでその辺でごはん。山盛り(^ ^;)
 
DSC09157
 
 そして休憩した後でこの階段を上り
 
DSC09158
 
 歩いて端を渡ります(^ ^)まぁ1500mくらいだそうですから。
 
DSC09159
 
 もちろん歩いて渡ることができるようになってます。
 金網の上には鉄条網も。
 
DSC09161
 
 取り敢えずてくてく。
 
DSC09164
 
 と、橋の支柱の上を見ると
 
DSC09165
 
 人が。登ることできるみたい。
 
DSC09166
 
 支柱(パイロン)入り口。
 
DSC09168
 
 有料でしたけど、階段でした。
 
DSC09175
 
 上はこんな感じでした。
 
DSC09176
 
DSC09171
 
DSC09174
 
 上からの眺め。
 
DSC09181
 
 パイロンから降りたら、後は残りの距離をてくてく。
 
DSC09184
 
 橋の下に「ロックス」なるエリアが在りました。
 
DSC09185
 
 ええと、植民地時代の面影を残したなんたらかんたら。
 
DSC09186
 
 再び歩きで町中に。
 
DSC09188
 
 てくてく歩いて……
 
DSC09189
 
 再び、ここに。
 
DSC09192
 
 シドニーのイルポルチェリーノです。
 
DSC09193
 
 もちろん鼻はてかてかです。
(ここでも鼻を撫でながら願い事をうんたらくんたらと書いてありました。あとドネーションも必要らしい(^ ^;))
 
DSC09201
 
 また歩いて、途中でバスに乗って。ここへ。クィーンヴィクトリアビルディングです。
 この外見でも
 
DSC09202
 
 中はデパートでした。日本橋の三越の感じ? 
 
DSC09204
 
 でも私が行くところはその斜向かいにあるスーパーマーケット。ここでおみやげ物を調達
 
DSC09205
 
 のはずが、お休み。"Good Friday"ですから。
 
DSC09211
 
 実際、閉まっている店はあちらこちらに。このモールは全店お休み。
 
DSC09212
 
 さて、再びバスに乗って
 
DSC09213
 
 パワーハウスミュージアムへ。名前の通り元は発電所だったらしい。
 
DSC09214
 
 展示はさまざま。企画展では80年代をテーマにした展示が行われていましたけど、時代に合わせてか当時のビデオゲームの動体展示も。お子様方がディグダグやギャラクシアンをやってました(^ ^)
 
DSC09215
 
 なんやかんやで、ここには2時間くらい居たみたい。、
 

 
 さてさらに移動して、ダーリングハーバーへ。パノラマその4。
 
DSC09217
 
 人が一杯でした。
 この後もう少しふらふらしてから、ホテルに戻ったのでした。まぁ8時間くらい徘徊してましたけども、バスに乗っている時間もそれなりにありましたからね。
 
syd100402
 
 そして今回の行動はこうなりました。最後のホテルへ戻る前あたりで電池が切れちゃったようです。
ちなみに昨日出さなかったのは「記録失敗」のためでした。
 
 
あとは帰りの行程に入ります。早朝から空港へ移動。
時差が+2時間てのは却ってつらいですね、要するに普段より2時間早く起きて行動始めているわけですから。
まぁ明日寝ているうちに辻褄は合うでしょうけど。
今日はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/02

4月1日の徘徊(メルボルン→シドニー)

 
はっぴーイースター!(- -#) (追記:実際にはこの日がイースターではありませんが、現地ではそのつもりだったのでした)
 
DSC09037
 
 荷物は基本的に昨日のうちにまとめていましたので、9時過ぎまでだらだらしてからチェックアウト。
サザンクロス駅の下から、シャトルバスに乗りました。
 
DSC09038
 
 10時にはメルボルン空港に到着。カンタスの国内線です。
 
DSC09039
 
 チェックインは自力でやれですと。これは特に問題なく搭乗券発券までは難無く。
 
DSC09040
 
 でも荷物の預け入れのために大行列。30分くらいかかったような。
 
DSC09041
 
 その間気になったのは、前の人の荷物。足が生えてる……
 
DSC09046
 
 登場までロビーでぼーと待ってました。インターネット使えましたのでそれで時間つぶし。1時間5A$
 
DSC09047
 
 飛行機の到着は12時過ぎで、40分にはもう搭乗でした。
 
DSC09048
 
 機内ではこんなんが出ました。
 
DSC09049
 
 1時間半ほどで? シドニー空港到着。
 
DSC09054
 
 鉄道で20分かからず中心部に到着。地下鉄に乗り換えてホテル最寄り駅に。チェックインを済ませて、部屋に。
ここもインターネットの環境は用意してあるけど「フロントに確認して」状態でしたのでフロントに戻ってid/PASSWDを発行して貰って、無事接続できました(^ ^)
 
DSC09060
 
 さてそんなこんなでもう17時すぎになってしまいました。地下鉄で町中に。
 
DSC09061
 
 イースター当時なので、人が一杯でした。
 
DSC09063
 
 と、とあるサイトで見かけたパブを見つけました。
 
DSC09065
 
DSC09066
 
 6.95A$のステーキです(^ ^) ビール込みでも11.50A$。
 まぁその値段ですから肉自体に関してはまぁアレです(^ ^;)(ちと固かった)お腹いっぱいになりましたけど。
 
DSC09067
 
 その後もその辺をふらふらしつつ
 
DSC09069
 
 モノレールにも乗ってみました。
 
DSC09070
 
 そして高いところにも。
 
DSC09075
 
 展望台は250mとのことで、もちろん見晴らしよかったです。
 
DSC09076
 
 高層ビル建ちすぎでオペラハウス方面は見通し悪かったですけど。
 
DSC09079
 
 そうこうしているうちに日が暮れてしまいました。でもこの時点で行きたいところがありました。
 
DSC09081
 
 ここです……って、見えないがな(^ ^;)
 
DSC09084
 
 シドニーの「イル・ポルチェリーノ」幸せの子豚像です。以前に日本国内のこの像めぐりをやりましたので、国外行った先にも有るというのならば来ないわけにはいきません! 見えませんけど(^ ^;)
 時間があったら明日改めて来ます。
 
DSC09085
 
 ちなみにここの子豚像はちゃんと噴水になっていました。写真で見えるかどうか判りませんが、口から水を吐き出しています。
 
DSC09094
 
 そして日が暮れた後、夜の歓楽街キングスクロスへ! 
 というわけではなく、予約したホテル最寄り駅がここでしたので(^ ^;)
 まぁ確かに妖しい店も幾つかありましたけど、歩いていったらあっという間に終わるくらいの短い範囲だったようです、ちょっと拍子抜けするくらい。それとも裏にはいるともっとアレなのか?(^ ^;)
 
 この日はここまで。明日は一日シドニーをふらふらします。
 ただ明日は"GOOD FRIDAY"どこもかしこも休みだったらどうしよう?(^ ^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/04/01

ふろん太君大遠征・オーストラリアメルボルンの巻

 
 世界を股に掛けたふろん太、今回は南半球に登場です。
 
 
DSC08211
 
 はるばる来たよ
 
DSC08220
 
 エティハドスタジアムだよ。以前の名前はテルストラドーム、ネーミングライツ使えない時はドックランズスタジアム。通りすがりのスタッフの中には「テルストラドーム」のロゴが入ったままのユニフォームの人も居たので、名前が変わったのは最近みたい。
 
DSC08226
 
 お腹空いたのでドーナッツ買ったよ。6個で8A$。
 
DSC08234
 
 中に入ったよ。
 
DSC08246
 
 ここはビールが呑めるからうれしいな。
 
DSC08245
 
 応援したよ。
 
DSC09024
 
 結果は……
 
DSC09033
 
 でも泣かないよ。できることは前に進むことだけだから。
 また来たその時には……って。ここはさすがに、自分は二度は無いでしょうけど(^ ^;)
 
 
 
 
なおここまでは以下のようなかんじ。
 
ユーロ2004観戦日記より
04/06/27 ふろんた君大遠征  @ポルト
04/06/30 ふろん太君大遠征その2 @ホセアルバラーデ、リスボン
04/07/01 ふろん太君大遠征その3 @ポルト
04/07/04 ふろん太君大遠征その4 @ルース、リスボン
  
ドイツW杯2006観戦日記より
06/07/03 ふろん太君大遠征 @ベルリン
06/07/06 ふろん太君大遠征 @ミュンヘン
 
2007年ACLバンコク大学戦観戦日記より
07/05/23 ふろん太君大遠征 @タイ・バンコク
 
2009年浦項突撃日記より
09/03/18 ふろん太君大遠征@韓国浦項
 
2009年天津大変日記2009より
09/05/05 ふろん太君大遠征@中国天津

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10年ACL第4節メルボルン対川崎@エティハド

 
DSC08209
 
 18時開門予定なので、その前に現地到着。
 
DSC08221
 
 7番ゲート前には若干名。
 
DSC08230
 
 予定の時刻にゲートは開かれました。
 
DSC08231
 
 入場。
 
DSC08237
 
 今日の試合はACL第4節、メルボルンV対川崎戦@エティハドスタジアムです。
 
DSC08239
 
 開閉式の屋根は閉じてありました。
 
DSC08240
 
 このスタジアムはオーストラリアフットボールがメインの用途ということで、ピッチは楕円形になっていました。陸上競技場のトラックまで芝生が埋めてある感じです。
 

 
 パノラマ。
 
DSC08244
 
 ビールを購入。種別が「ハード」「ミディアム」「ライト」だったので、ライトを。6ドルくらい。
 
DSC08249
 
 あとドーナッツも買いました。外に砂糖がかけて有る上に中にジャムが入っていてベタ甘でした。
 
DSC08250
 
 16時40分キーパー陣登場。
 
DSC08254
 
 16時50分少し前フィールド陣登場
 
DSC08255
 
 アウェイサポータ席前で挨拶の後
 
DSC08256
 
 練習に……って、向こう側? 
 ……いやがらせ? 
 
DSC08260
 
 スタメン審判はまとめ表示無かったので略。尾藤サブで復活。
 
DSC08267
 
 選手入場。
 
DSC08268
 
 整列。
 
DSC08269
 
 握手。
 
DSC08270
 
 円陣。
 
DSC08272
 
 ホーム側ゴール裏。
 
DSC08271
 
 アウェイ側ゴール裏。……いえ、ゴール裏は両方ホーム側。メイン右の通常はアウェイ側と思われる方がコアっぽかったです。
 
DSC08265
 
 ビジターエリアはメインのピッチ向いて左側と、普通にはホーム的位置のような気もしますけど、オージーでは逆なのかも。地球の裏側ですし。
 
DSC08273
 
 メルボルンボールで前半開始。
 
DSC08307
 
 前半1分、スローインから
 
DSC08309
 
DSC08310
 
 コミ倒されて
 
DSC08313
 
 鼻血出したのか一度外に。
 
DSC08316
 
 FK、タッピー。
 
DSC08318
 
 クロうまく合わず。
 
DSC08322
 
 前半3分、コミはユニも着替えて試合に復帰。
 
DSC08361
 
 前半12分、ノボリ
 
DSC08362
 
 押し込んで
 
DSC08364
 
 ゴール前のクロに。しかしその前にキーパーキャッチ。
 
DSC08391
 
 前半16分、スローインから
 
DSC08392
 
 クロのミドル炸裂。
 
DSC08393
 
 これも枠には……
 
DSC08412
 
 前半18分、ユースケの押上げから
 
DSC08416
 
 ゴールに
 
DSC08419
 
DSC08421
 
 何度も
 
DSC08423
 
DSC08424
 
 さらに何度も襲いかかるが決めきれない。
 まぁ毎度のことですが、この辺で決めていたならば……
 
DSC08475
 
 前半27分ヘナ
 
DSC08476
 
 突撃
 
DSC08477
 
 シュートはこれもキーパーに弾かれ、クロも詰め切れず。
 
DSC08479
 
 CK、タッピー。
 
DSC08480
 
 クリアされた
 
DSC08481
 
 ボールを背後からイナシュート!
 
DSC08482
 
 しかしボールは枠の上へ。
 
DSC08511
 
 前半31分、今度はクロの突進
 
DSC08512
 
 シュートはこれもキーパーが辛うじて弾き出した。
 
DSC08514
 
 続くCKも
 
DSC08517
 
 クロが頭で合わせたがキーパーこれをも防ぐ。
 
DSC08554
 
 前半36分、今度はノボリの突進
 
DSC08555
 
DSC08556
 
 シュートはこれも枠に入らず。
 
DSC08632
 
 ロスタイム1分で前半終了。
 
 
 
DSC08635
 
 今日のすかーさま。
 
DSC08638
 
 ハーフタイムにはピッチとメインスタンドの間の芝生でお子様方のミニサッカーをやってました。
 ピッチが楕円なので、その位のスキマがメイン側にも有ります。
 
DSC08640
 
 アウェイサポゾーンに赤いオージー(アーセナルユニ?)が乱入してました。
 アンチメルボルンなのか、一緒に川崎を応援してましたけど。
 
DSC08641
 
 ピッチの端を車が走っていきました。トヨタの宣伝? 
 
 
 
DSC08643
 
 円陣。
 
DSC08644
 
 川崎ボールで後半開始。
 
DSC08656
 
 開始早々、ユースケ突撃
 
DSC08657
 
 押し上げてゴール前の
 
DSC08658
 
 ヘナシュート! しかしメルボルン体で防ぐ。
 
DSC08660
 
 続くCK
 
DSC08661
 
 ボールはゴールの向こう側へ。
 
DSC08741
 
 で。後半11分。メルボルンの突進にコミが対応したが
 
DSC08742
 
 これがPKに。
 
DSC08744
 
DSC08745
 
DSC08746
 
DSC08748
 
 決められて失点。<メルボルン1-0川崎>
 
DSC08756
 
 後半13分、クロの突進から
 
DSC08757
 
 タッピー経由で
 
DSC08758
 
 クロ
 
DSC08759
 
 しかしまたしてもキーパーの防御。
 
DSC08760
 
 CKはまた
 
DSC08761
 
 ファーに流れ、
 
DSC08762
 
 コミのシュートこれも枠に行かず。
 
DSC08763
 
 後半14分、タニout クスin。
 
DSC08770
 
 後半16分、クス倒されて
 
DSC08773
 
 FK。
 
DSC08774
 
 タッピーのボールはそのまま枠の上空に。
 
DSC08808
 
 後半22分、ノボリout ここで尾藤の復活。
 
DSC08822
 
 後半23分、タッピー
 
DSC08823
 
 シュートはバーに弾かれもうゴールならず。
 
DSC08824
 
 折り返しを
 
DSC08825
 
 尾藤
 
DSC08826
 
DSC08827
 
 しかしゴールできず。
 
DSC08872
 
 後半30分
 
DSC08873
 
 ゴール前ドフリーのクロにボールが渡ったが
 
DSC08874
 
 クロ何故かシュート体制まで持ち込めずそのまま。
 
DSC08922
 
 後半38分、CK、尾藤。
 
DSC08923
 
 キーパー手ではじき返したが
 
DSC08924
 
 そのボールをクスがシュート
 
DSC08925
 
 しかしこれもボールは枠の上に。
 
DSC08926
 
 この日の入場者は6011人だったそうです。5万人分以上の席があるのに。
 
DSC08973
 
 後半44分、タッピーout キムin。
 
DSC08977
 
 そして後半ロスタイムは3分。
 
DSC08987
 
 後半45分、なおも続く川崎の攻撃は
 
DSC08990
 
 はね返され
 
DSC08994
 
DSC08995
 
 はね返され
 
DSC09006
 
 イナのシュートも
 
DSC09007
 
 ヘナのシュートも
 
DSC09008
 
 決めきれませんでした。
 
DSC09015
 
 試合終了。
 
DSC09016
 
 メルボルン1-0川崎
 
 点を取るチャンスがあれだけあったのに決めきれないのでは、勝てません。
 
DSC09019
 
DSC09021
 
DSC09022
 
 ともあれこれ以上ぐだぐだとは書きません。
 
DSC09029
 
 メルボルンに広がる川崎の旗。またいつかこの旗を広げた元で勝利を祝いましょう。
 
DSC09032
 
 お月さんは丸かったです。
 取り敢えず今回はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/31

3月31日の徘徊(メルボルンその2)

 なんか人が多いと思ったら……明日はイースターです。
 
DSC08135
 
 今回もトラムでまずフリンダース駅へ。
 
DSC08136
 
 ここからてくてく歩いてあの高いところに。
 
DSC08153
 
 このビルの88階、285mだそうですけどここに展望台があります。16A$でしたけど、空港で貰った冊子の頁を提示したら1割引で14.85A$になりました。
 
DSC08154
 
 上から周囲を眺望。
 
DSC08157
 
 今日の舞台も見えます。天気が良いので、屋根も全開です。
 
DSC08159
 
 ちなみにガラスではなく金網の部分もありました。その右側には……それは項目を改めて、後で。
 
DSC08190
 
 なんやかんやで、そんなところでした。
 
DSC08195
 
 その後にビクトリア国立美術館(NGV)。美術館です。常設展示は無料でしたので、ぼーと回っていたらそれだけで1時間以上掛かりました。古代近代現代ヨーロッパからアジアまでいろいろ。知ってる名前の人の作品もそこかしこに。
 
DSC08199
 
 後はトラムで
 
DSC08200
 
 フリンダース駅前まで戻り、その目の前のセントポール寺院の中に。
 
DSC08201
 
 お祈りとかはしませんでしたけどね。
 
DSC08202
 
 馬車が居ました。
 
DSC08203
 
 さてさて、トラムでふらっとした揚げ句にサザンクロス駅に戻ってきました。
 この辺で軽くご飯を食べて15時前にはホテルに戻りました。現在休憩中です。開場が18時と言うことですから、17時くらいに再度動きはじめるつもりです。
 
mel100331
 
 ちなみに今回の行動はこんな感じ。
 前回よりもぐっと狭い範囲でうごめいています(^ ^;)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月30日の徘徊(メルボルンその1)

 
DSC08048
 
 さて、空港から市街地まではシャトルバス「スカイバス」で。このキオスクの裏チケットに自動販売機が有りましたけど、私はインタネット経由で事前購入していましたので、プリントアウトを見せて(バーコードをスキャンして)乗りました。
 
DSC08050
 
 7時前でしたので乗ったのは数人。
 
DSC08052
 
 やがて、日が昇ろうとした頃に
 
DSC08054
 
 サザンクロス駅に到着。
 
DSC08055
 
 サザンクロス駅はとても大きな駅でした。
 
DSC08060
 
 そして、エティハドドームも駅の側に在ります。ですので私自身も駅の近くで宿を確保しました。
 
DSC08063
 
 まずホテルに行ってキャリーバッグを預かって貰ってから、移動開始。
 
DSC08064
 
 それもトラム、つまり路面電車で。
 ゾーン1の1日券で6.80A$でした。尤もサザンクロス駅で勝ったのですけど自販機が我が侭で、でかい札は使うなだの釣り銭はないだのだだをこねるので困りました(^ ^;) 
 チケット自体は最初に乗った際に日付を印字する必要が有りますが、そうしてしまえば後は乗り降り自由のようです。(中心部には無料のトラムも周回しています)
 
DSC08065
 
 まず最初に向かったのは、クィーンヴィクトリアマーケット。市場です。まぁ早朝ですから他はどこも開いてなかった(^ ^;)
 
DSC08066
 
 野菜果物から肉から、訳わからないものまでいろいろ売られていましたです。
 
DSC08068
 
 その後に向かったのは、王立博覧会ビル。1880年に開催された万博のために建てられたビルで、世界遺産に認定されているそうです。
 
DSC08069
 
 そういわれると確かに、前時代の万博っぽい。
 
DSC08070
 
 そのとなりにメルボルン博物館が在りましたので、しばらくここに居ました。
 
DSC08073
 
DSC08077
 
 中は恐竜の骨とか、そういう感じ。
 
DSC08078
 
 剥製の中でしばしぼーとしていましたです。
 
DSC08080
 
 その後もトラムで町中を徘徊していましたけど、あちらこちらに時代がかった建物が建っていて(残されて?)
 
DSC08081
 
 それらを眺めるだけでももうおなかいぱい。
 
DSC08090
 
 フィッツロイ公園内のキャプテンクックの家にも行きました。
 
DSC08092
 
 受け付けで聞かれたので日本からと答えたら、日本語の案内を貰いました。
 
DSC08096
 
 途中メルボルンクリケットグラウンドも見えました。そういえばエティハドスタジアムもオージーフットボールのために楕円形のピッチだったはず。
 
DSC08095
 
 その後には、フリンダース駅そばのフェデレーションスクェアへ。
 
DSC08097
 
 現代美術の美術館なども在ったようですけど、私が気に入ったのはACMI、オーストラリア・センター for the ムーヴィング・イメージ"Australian Centre for the Moving Image"。映像関係の総合的な展示施設で、オーストラリアに関係する映画関係者の展示を中心に、総合的な「映像作品」について展示を行っていて、範囲はヴィデオゲームなどまで、ゲームは実動しているコモドール64など伝説の域に行ってしまったゲーム機にびっくりしました。アニメ関係も鉄腕アトムの展示がありましたです。
 
DSC08099
 
 隣はフリンダース駅です。
 
DSC08100
 
 駅の対面は広場になっていて、常時イベントなどが開催されているようです。
 
DSC08104
 
 さて、一回りを越えて、エティハドスタジアム……を通り越して、ドックランズのモールまで行きました。
 

 
 パノラマ。"docklands"ドックランズというからには以前はドックが在ったのでしょうね。今はスタジアムの他再開発が進行中です。
 
DSC08106
 
 モールです。尤もいまいち活気がありませんでしたけど。
 
DSC08112
 
 モールで軽くご飯を食べた後、エティハドスタジアムに戻りました。この通り、明日の試合が告知されています。
 
DSC08118
 
 見ると屋根が開いていました。試合当日も晴れると良いですね。
 
DSC08123
 
 そして現地のチケットマスター窓口で、事前購入していたチケットを引き取りました。
 購入時のプリントアウトと購入時のクレジットカードを提示しただけ。受取にサインして代わりにチケット受取とあっという間。
 尤も「チケットマスターのチケット」になってしまいましたとさ。現地で直接買ったらちゃんと印刷されたチケットになったのかな? 
 
 この後15時くらい。ホテルに戻ってチェックインを行い、部屋に入りました。
 先に書いた通りで、部屋にインタネット設備があるのに使えませんでしたので、フロントの方に対応して貰うことになりましたけど、最後はなんとか使えるようになったのは書き込みできているとおりです。
 
MEL100330
 
 ちなみにこの日の昼間の行動を辿ると概ねこんな感じになります(^ ^;)
 途中GPSのデータを拾えなくて素っ飛んでいる箇所がありますけどそれは気にするなです。
 
 
 
DSC08124
 
 部屋でぼーとしているうちにうとうとしたりして、気がつくと日が暮れてしまいましたので、この後には夜のメルボルンを徘徊しました(^ ^;)
 
 途中で選手の皆様とすれ違いましたけど、それはそれとして(^ ^;)
 
DSC08126
 
 夜も良い感じでした。
 
DSC08127
 
 ので、あっちへこっちへ
 
DSC08131
 
 ふらふらと。
 
DSC08133
 
 ふらふらと。
 
DSC08134
 
 ふらふらとした後に部屋に戻りましたです。
 明日もすこしふらふらしてから、エティハドスタジアムへ行きます。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/30

3月29日の徘徊(成田>チャンギ>メルボルン)

 
現在ホテルのチェックイン他が済んだところです。部屋からインターネットアクセスできるはずなのにできない(部屋のTV経由でパスワードが確認できるはずなのにできない)のでフロントの兄ちゃん呼んで対応して貰ってようやくつながりました、はい。3日で20Aドルとのこと。
 
 
DSC08015
 
 始発のバスで6時過ぎに小杉に到着。
 
DSC08017
 
 横須賀線小杉駅から、成田エキスプレスで一気に。
 
DSC08019
 
 8時10分にはもう成田空港に到着。早い! 
 今までだと成田エキスプレスには渋谷か品川まで行く必要有ったのですけど、今や乗り換え無し。
 
DSC08020
 
 クウタンがうろうろしていました。
 
DSC08021
 
 なんか知りませんがそこかしこ大行列でしたけど、チェックインも荷物検査も出国手続きもほどなく通過。

DSC08024
 
 天気は良くなかったですけど、影響出るほどではなし。
 
DSC08025
 
 今回行きはシンガポール経由です。見回してもそれっぽい人は無し。
 
DSC08027
 
 離陸後程無く、ごはん。カレー。
エコノミーですはい。
 
DSC08028
 
 後、アイスも。
 
DSC08029
 
 なんやかんやで、現地時間17時15分(日本時間で18時15分)シンガポールのチャンギ国際空港に到着。
7時間くらい。「ハムナプトラ3」を一通り見てしまいました(^ ^;)
 
DSC08030
 
 次の搭乗口を確かめて……と。
 
DSC08031
 
 ターミナル1を一回りすることになってしまいました。
 
DSC08035
 
 窓の向こうにさっきまで乗っていた飛行機が見えるくらいで。
 
DSC08032
 
 ちなみに乗り換えの場合は「入国」の必要はありません。お店とかも一杯あったです。シンガポ$持ってないけど(カード払いで何とかなるみたい)
 
DSC08034
 
 搭乗口着いたけどまだ開いてなかった。1時間前から?
 
DSC08036
 
 と言うわけで、今は空港のラップトップ用机でこの文章を打ってます(あと充電)。
 
***** ここからは30日になってから書いています。
 
DSC08037
 
 18時40過ぎて、待合室入場開始。ここで荷物チェック有り。
 
DSC08038
 
 そして19時過ぎに搭乗……と。
 
DSC08040
 
 なんか椅子が豪勢なのですけど(^ ^;)
 
DSC08043
 
 その席は「Premium Economy」でした。成田では自動発券だったので、それ以前にすでにアップグレードしていたみたいです。とまれシンガポールまでの7時間でもう疲れていましたので、助かりました。
 
DSC08041
 
 エコノミーとはいえどプレミアムなので、最初にシャンパン貰いましたし、ご飯も若干良い感じ(^ ^)
 
 椅子も大きくなった分それなり寝やすかったです、微妙に疲れも取れたかな? 
 とは言ってもメルボルン到着は現地の6時前、日本時間で言えば4時前です。到着前に朝御飯も出ましたけどその時間は日本時間で3時(^ ^;) これが、今日30日の疲れを呼ぶことに~
 
DSC08046
 
 入国審査も通関も問題なく。現地6時には外に出ることができました。
※無料シャワーは見つかりませんでしたけどね。シャワーマークまでは見つけたのですけど……
続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/29

たびのはじまりです2010その1<メルボルン編>

 
 
DSC08018
 
例によって今回も、こういう絵からスタートです。
 
 当座は以下の過去の<ACL>旅行日記でお楽しみください。
 
2007
<バンコク編>2007/05/21-2007/05/25

2009
その1<浦項編>2009/03/18-2009/03/20
その2<天津編>2009/05/05-2009/05/08
 
 
 
【以下2010/04/10追記】
 
メルボルン反転日記2010 目次
 
3月29日の徘徊(成田>チャンギ>メルボルン)
 
3月30日の徘徊(メルボルンその1)
 
3月31日の徘徊(メルボルンその2)
 
10年ACL第4節メルボルン対川崎@エティハド
ふろん太君大遠征・オーストラリアメルボルンの巻
 
4月1日の徘徊(メルボルン→シドニー)
 
4月2日の徘徊(シドニーふらふら)
 
4月3日の徘徊というか後は帰るだけ  
 
 
 今年もACLです、メルボルンヴィクトリー戦です。つまりメルボルンです。
 メルボルン行きは去年年末くらいから逡巡していましたが最終的にえいやっと。何よりも最大の難点だったのは往復について。ジェットスターも考慮に入れましたのですが、結局あまり値段は変わりませんでしたからJALにしました。往復の料金は「フロリダに行ける金額」になってしまいましたけども。
 
03/28(土) 清水戦@等々力
 この日は荷物まとめなど準備をしていました。まぁ4泊なので着替えなども最少単位で済みましたし、荷物自体はそんなに大きく無かったのですけど。パッケージの際についいつものクセで(?)ボストンバッグをキャリーバッグの奥に詰めてしまいました。お土産などはほとんど買いませんでしたから荷物が増えることもなく、つまり結局使用せず。現地4泊+機内1泊という長さの旅行は初めてだったので調整失敗です。次の旅行は2泊ですからボストンだけで十分のはず。
 
03/29(月)
 朝5時に起きて、6時前の始発のバスで武蔵小杉駅へ。南武線の小杉駅からてくてく歩いて横須賀線の小杉駅へ6分くらい。ここまで順境に着きすぎてホームの待合室で30分ほどぼーとすることになってしまいましたけど、成田エキスプレスに乗ってしまえばあっという間に空港へ。実質的にはそんなに早くなった訳では無いはずですけど、気分的には成田空港がかなり近くなったような気分です。
さて。
 成田でのチェックインは大半自力でしたけど、ここではアシストも有りましたし問題なし。出国も問題なし。機内でも問題なしで、シンガポール・チャンギ空港まで例によってというか、うつらうつらとしながら7時間。
 チャンギ空港で乗り換え。私シンガポール・チャンギ空港は初めてでこの乗り換えがちと不安でしたけど、実際には乗り継ぎ時に手続きはいりませんでした。飛行機降りて、搭乗口確認して、ターミナル移動して、そして乗っただけ(改めて搭乗エリアに入る際に荷物の再検査がありましたけど)。もちろんシンガポールドルなどは持っていませんでしたが、カード払いにすれば買い物も問題無さそう。けど今回は一応、お金を余り使わない方針でしたから結局ここでは何も買わずに。
 最初の7時間でもう疲れていましたけど、でもこのシンガポール発の便では何故か席がプレミアムエコノミーにアップグレードされていました(成田での発券当初から)。なのでこの後の移動は少し楽になりましたです。
プレミアムとはいえエコノミーなのですけど、椅子は大きいですしシャンパンで出迎えからいろいろと、当然ながらエコノミーより良いサービスでした。後半7時間は(日本時間でも夜でしたし)寝て過ごしました。
 
03/30(火)
 30日早朝にメルボルン空港に到着しました。時刻はだいたい5時45分。入国審査はともかく税関は厳しいと聞いていたのですが、特に止められることもなく6時半には開放されていました。
 まずは何と言っても、暖かかったです。川崎を出る際に来ていたフリースの上着は、到着以降無用の長物になりましたので、即行で畳んでバッグの中に。
 事前に調べた処では無料のシャワーが有るらしいのですが、それらしい場所まで行っても探しても見つかりませんでした。なのでそのまま、スカイバス(エアポートシャトルバス)でサザンクロス駅へ(往復26A$)。サイトからの事前購入で、プリントアウトした紙を運転手さんに見せたらバーコードを読み取らせて、それでおっけー。サザンクロス駅下のバスターミナルまでは30分くらい。駅に着いた時には夜も明けていました。
 駅に到着後、まずホテルに。スタジアム自体この駅の側ということもあり、ホテルは駅の近くで確保していました。表通りに面していたこともあり、まもなく迷いもなく発見。フロントに直進して、荷物を預かって貰いました。(その際にチェックインは12時以降にできると言ってました、多分)
 サザンクロス駅に戻って、まず朝のエティハドスタジアムを眺めた後、駅の自販機でメットリンクの1日乗車券を購入……しようとしたのですけど、これが売ってくれない。
 メルボルン空港で両替したのですが、大半20A$で渡されたのでこれ以上細かいお金がほとんど無かったのですけど、何度突っ込んでも受け取ってくれない(自販機自体には20A$受付けると書いてあるのに)。結局駅の売店で水買って細かいお金を作ってから、ぴったり6.5A$入れたらこれでようやくチケットを発行してくれましたです。(乗車範囲にはゾーン設定が有るのですけど、ゾーン1で)
 そしてトラム、つまり路面電車に乗りました。最初の乗車時に車内に有る改札機に通すだけ(日付が入ります)で、後は乗り放題です。(結局臨時改札などには会わなかったです)
 中心部には周回する無料トラムも有りましたけど、自由度が低くなりますのでこれには乗りませんでした。
この日の徘徊詳細は日記の方で。
 15時くらいにホテルに戻ってチェックイン。これ自体も問題なし。インルームインターネットのセットアップがうまくいかずフロントの兄ちゃんにお願いして云々も日記に書いた通りです。そんなこんなで気がついたら20時過ぎちゃいましたけど、その後に夜の町へ。と言ってもあちこち夜景を眺めただけです、はい。
☆メルボルン宿泊
 
03/31(水)
 9時くらいまでうだうだした後。この日も最初にサザンクロス駅でメットリンクの1日乗車券を購入してから、トラムでフリンダース駅に進み、ユーレカタワーへ。ここの展望台「ユーレカスカイデッキ」に登り、その展望台からガラスの箱で外に押し出される「エッジ」に挑戦。
 
 その後は特に予定も無かったのですけど、目についた近くの「ヴィクトリア美術館」へ、常設展示は無料でしたから。それでも、展示をぼーと見て回っている内にけっこう時間掛かってしまったです。
 
 ホテルに戻って一休みした後エティハドスタジアムへ。現地でドーナッツとビールを買いました。
10年ACL第4節メルボルン対川崎@エティハド
ふろん太君大遠征・オーストラリアメルボルンの巻
 
 終わり次第ホテルに戻りましたが、結果がアレでしたので夕飯も「ハングリージャックス」でワッパー。
 ワッパーが有ると言うことで現地でも気がついてはいましたけど、調べると案の定というか、これはバーガーキングのOZでの別名でした。
 やる気がないといいつつ、写真をまとめていたら記事の整理がついたので即行でアップロードして、荷物をまとめて寝ました。
☆メルボルン宿泊
 
おまけ:デイリーポータルZ コネタ城
http://portal.nifty.com/cs/catalog/portal_koneta/detail/1.htm?aid=100408123370
メルボルンに歪んで見えるビルが有った
 
04/01(木)
 移動日です。この日に乗るのは昼の便でしたので、チェックアウトの10時ぎりぎりまで部屋でうだうたしてました。チェックアウトの際にはインターネットの使用料を払っただけ。サザンクロス駅に移動して、スカイバスで空港に。シドニーへの移動はカンタス航空で。チェックイン自体は機械式でしたけど、画面の指示通り情報入力したら問題なしでした。ただ荷物預け入れは大行列でしたけども。
 機内は特に記憶無し。南瓜のパイの軽食が出たような? 
 シドニー空港からは電車で。中心部まで30分掛かりませんでしたから、結構近い方ですね。セントラル駅で地下鉄に乗り換えて、予約したホテルが有るキングスクロス駅に。
 ホテルは裏手でしたからちょっと迷いましたけど、まもなく発見。
 この日はシドニータワーに上るなど、軽く動いただけ。
 
※ちなみに記事中などで判る通りで現地では「4月1日」がイースターだと思い込んで居ますけど、実際のイースターは4月4日でした、はい。
 
 シドニーではホテル探しに苦労しました。(後でこの時期、4月1日~3日がもうイースター連休に正面衝突していることが判明して理解できましたけども)いろいろ探した結果で、キングスクロスに一泊7000円台でほどほどと思われたお宿を確保、したのですけど。
 宛われた部屋は3階(OZはイギリス式なので地上階がG階になりますから、3階は日本式で言う4階です)だったのですけど、フロントの人曰く
「お前さんの部屋は3階だけど、エレベータは2階までしか通ってないので2階に上がって後は階段を使え」
と言われたような気がしたのですけど実際エレベータは2階(3階)まで。階段でもう一階上に上がることに。
部屋は狭く、トイレの奥にシャワーブースが在る状態。つまりシャワーを浴びるためには便器を越える必要在り。揚げ句に早朝はお湯が出なかった。
アメニティは普通なりに置いて有りましたけど、補充無し。というかベッドメイクなども何も無し。(まぁ勝手に部屋に入られるよりはましかも)空調はなし、在るのは「扇風機」! テレビはもちろんブラウン管。
 ただ、食事は持ち込みが前提なのか(ホテルの入り口にはレストランが併設されていましたけど)部屋の中にはコーヒーメーカー以外にナイフとフォークや皿などがそれなりに用意されていました。ホテルの目の前がスーパーマーケットでしたから、夕食はそこで調達しましたけど、そういう時にフォークなど無くて困る時がたまにありますから、有り難かったです。
 
 あと、インターネットは有線無線共に設備は在りました。でも直接はつながらずID/PASSWD必要と頁が表示。とは言ってもこの件フロントに聞いてみたらさくっとID/PASSWDをプリントアウトしてもらえました。一応その紙には10A$/24hrと書いてありましたけどその場で支払いについて言及無く要するに無料。ということで、有り難く利用させてもらいました。(私の確認が悪かったのか、1日IDしか出してもらえませんでしたから、2日目にもフロントに行ってID/PASSWDを発行してもらいましたです)
☆シドニー泊

04/02(金)
 一日シドニー観光でした。シドニーエキスプローラーなる周回観光バスに乗って、ふらふら。
朝9時過ぎから、18時くらいまで。子細は日記の方で。
☆シドニー泊

04/03(土)
 ホテルのフロントの営業は7時過ぎからということで、最終日の出発時(5時半)には思いっきり閉まってました(^ ^;) しょうがないので、フロントの処にルームキー置いて出ましたけどね。
 
 まぁ値段なりということではあるのでしょうけど。そもそもシドニーにもう一度来ることがあるかどうかは判りませんけど、在ったとしてもその時はここには泊まりません(^ ^;)
 
 飛行機のチェックインは難無く済みました(出国手続きの場所がどこか判らずうろうろすることになってしまいましたけど)後は搭乗口付近でふらふらうだうだと時間を待つだけ。残ったA$でいろいろ買ったりね。最終的に手元には55A¢だけ残りました。
 機内ではまぁ寝てました、というか朝出発の昼間の便でしたので余り眠れませんでしたけど。成田空港には17時に到着。入国手続きをいろいろ済ませて外に。18時過ぎの成田エキスプレスで。19時すぎにはもう小杉に到着です、早い! 
 気分的に、小杉駅前の「松屋」で牛丼を食べてから家に帰りました。
 
04/04(日) 瓦斯戦@等々力
 以降、2時間という時差ぼけに苦しみつつ日常に戻りつつあります。
 
 
 
メルボルンはもう一回くらい来ても良いとは思ったです。
 路面電車が普通に走っていて、古めかしいビルも在る中に近代的な建物も普通に混在する様子は良い感じでした。まぁシドニーもそんな感じはありましたけど、ただ運悪くかイースター休暇の時期でなのか人が多すぎましたので、シドニーにはあまり良い感想はないです。
 
 現地での食事は……まぁ聞くな。グレートブリテンに栄光あれ。
 レストランとかには入りませんでしたし、基本安い所で安く済ませましたです。
 
 物価は基本的に高かったです。単三電池の予備が切れて現地で購入したら単3が2本で10A$以上とられた(- -#)しかもその割に保たなかった(いちおうパッケージには「2倍長持ち」的な事が書かれていたのだが……)。
 
 何故か知りませんが、中国系の人が多かったです、メルボルンもシドニーも。移民の国ですから中国の人もいっぱい行っているのでしょうか、町中での喧騒でも中国語がそこかしこから聞こえましたです。
 そういう状況だからか、町の人も非アメリカ語の人の相手は慣れているのか、私のてきとーアメリカ語でも会話が成立しましたです、聞き直しなどはなんどもやりましたけどね。
 
 今回も行程中はふらふら歩きづめでした。ですが今回は冷却シートである「休足時間」を買って持って行ってましたから、機内や寝る前などに脚に張ったらけっこう楽になりましたです。私的に今後は必需品かな。
 ちなみにJALは4月から「フライトマイル2倍」だそうで、今回の旅行では「帰りだけ」マイルが2倍着いてきました。4月からと言わず、行きも反映してくれデス……
 しかも最近はJALカードマイル割引なんかやってる。もっと早くやれです……
 
 今回お土産類はほとんど買わなかったです。
 自分用に買ったほぼ唯一の物はこれ↓だけ(^ ^;)
 
DSC00172
 
 オーストラリアといえば「ベジマイト」ですね(^ ^;)
 珍味を通り越してアレ、ということは知っていましたけど、実際舐めてみるとセイロガンのような、エビオス錠を噛み砕いたときに感じるような味(x x;)(実際ビール酵母から作っているそうなので、前者は兎も角後者は正解でした)
 
 でもバターと合わせて「薄く」パンに塗って、チーズも乗せて食べてみると、そんなに酷い物では無いです。
まぁ食えるというか、ちょっとしたアクセント? 
 この後は他の料理作るときにも隠し味として入れてみます(どうなるかは知らんけど(^ ^;))

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/03/28

晴れの清水戦でもカブを愛でる。

 
DSC07208
 
 今回は試合前から。キックオフ2時間以上前の10時45分の段階でカブふろん太も精力的にスタンド前を廻っていました。
 
DSC07209
 
 今日も仲良し、カブふろん太
 
DSC07210
 
 一人先にメインスタンド前に、カブ
 
DSC07212
 
 カブ「はいカブだよー」
 
DSC07216
 
 少し遅れて、ふろん太もメイン前に到着。
 
DSC07217
 
 こちらでも二人で。
 
DSC07227
 
 ふろん太「じゃあ挨拶するよ」
 カブ「はーい」
 
DSC07228
 
 勢い付けて
 
DSC07229
 
 ぺこり。
 



 
DSC07234
 
 さて、カブふろん太はアウェイスタンド前に突撃。
 
DSC07235
 
 と。
 
DSC07236
 
 黄色いのを手渡されました。
 
DSC07238
 
 これはまぁ、こちらの皆様相手にはお約束だということで。
 
DSC07241
 
 返しましたけどね。
 
DSC07243
 
 そして改めて、ぺこり。
 



 
DSC07254
 
 時間飛んで、試合開始前。
 
DSC07256
 
 選手の出待ち。
 
DSC07260
 
 選手登場。
 
DSC07261
 
 写真撮影/wカブふろん太
 
DSC07262
 
 段幕持ち。
 
DSC07263
 
DSC07264
 
 というわけで。
 
DSC07265
 
 試合前の仕事終わったから帰るカブ
 



 
DSC07600
 
 ハーフタイムにも
 
DSC07601
 
 スタンド前を廻るカブふろん太でした。
 
DSC07605
 
 カブっポーズ! 
 



 
DSC07991
 
 試合終了後。バックスタンド前で選手を出迎えカブふろん太
 
DSC07997
 
 引き分けだったので表彰はふろん太が代行。
 
DSC08001
 
 その後は、激励ビデオ撮影のためにコア前で待機のカブふろん太
 
DSC08004
 
 ふろん太「今日はもう少しがんばってね」
 カブ「……」
 
DSC08011
 
 撮影中。
 
DSC08014
 
 のカブが、何となしに畑のカブに見えましたので、今回はこの写真までで。
 今回はここまで。
 次のカブの出番は4月4日瓦斯戦です。
 
 



 
 2010年のカブ
 
03/06 対新潟戦
03/09 対北京戦
03/23 対メルボルン戦
 
 2010年のカブ以外
 
03/21 柏対福岡戦
 
 
 過去のカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 
2009年のカブ
03/07 対柏戦
03/11 対天津戦
04/04 対名古屋戦
04/08 対大宮戦
04/21 対マリナーズ戦
04/29 対京都戦
05/16 対磐田戦
06/07 ファン感
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
07/01 対脚大阪戦
07/05 対鹿島戦
07/18 対神戸戦
07/29 ナビ 対鹿島戦
08/01 対瓦斯戦
08/23 対山形戦
08/30 対清水戦
09/02 ナビ 対まり戦
09/19 対浦和戦
09/23 ACL 対名古屋戦
10/04 対まり戦
10/25 対広島戦
11/08 対千葉戦@等々力
 
※2009年のカブ以外
04/12 対清水戦@アウ平
05/02 対まり戦@日産
05/09 愛媛対讀賣戦@人参
05/30 水戸対仙台戦@笠松
08/15 対名古屋戦@瑞穂
08/16 徳島対仙台戦@大塚ポカリ
10/11 天皇杯 対山口戦@等々力
10/17 対大宮戦@玉スタ
10/29 サテ 対千葉戦@等々力
11/03 ナビ決勝戦@霞ヶ丘
11/11 天皇杯 対富山戦@霞ヶ丘
11/22 対大分戦@九石ド
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 21 de março de 2010 - 27 de março de 2010 | Main | 4 de abril de 2010 - 10 de abril de 2010 »