« 5 de setembro de 2010 - 11 de setembro de 2010 | Main | 19 de setembro de 2010 - 25 de setembro de 2010 »

Posts from 12 de setembro de 2010 - 18 de setembro de 2010

2010/09/15

北京で中国公安に取り囲まれてきました(北京工人体育場でのことの次第)

 
 貴方は中国で、公安に取り囲まれたことがありますか? 私は有ります。

今回はその時の話を。
 とは言っても、4月28日の事ですから、もう4ヶ月以上前のことですけども。「負け試合」だったので見直すのが辛くてここまで来てしまいましたけど、こう負けが混むと気にしてもしょうがなくなったという心境まで至りましたので、ここで。
 
 
DSC03072
 
 4月28日、早朝の羽田発関空行きの便を経て、関空から3時間半ほどで北京空港に到着。入国審査など特に問題なし。
 
DSC03078
 
 北京空港からは机場快軌(エアポートシャトル)で、途中地下鉄に乗り換えて。
 
DSC03082
 
 1時間ほどで北京駅前に到着しました。私はこの駅近くにホテルを取っていたので(一泊3000円くらいで朝食とインターネット付き)。ホテルのチェックインを済ませて、さてここから
 
DSC03085
 
 事前に告知されていた集合場所(ホテル)へ。
 
DSC03087
 
 ここで説明しておきますと、これから行く場所は北京工人体育場(陸上競技場)で、行われるのはACL(アジアチャンピオンズリーグ)グループリーグ第6戦。
 ACLはアジアでのサッカークラブの大会で、日本はJリーグ3位までと天皇杯1位のクラブが参加できます(2010年は鹿島、川崎、ガンバ大阪、広島)。グループリーグは4チームでホーム&アウェイの6試合が行われます。そしてここで行われる試合はその第6試合目、北京国安対川崎フロンターレ(中国語表記で「川崎前鋒」)。共にこの試合勝つとグループリーグ勝ち抜けを決めるという重要な試合でした。
 ですがそれ以前に中国のホームの試合は中国側が入場に大きな制限をかけ、特にアウェイ側は一人でのこのこ行っても「入れてもらえません」。これは「国際問題となるような事件が起きることを恐れ」ていると言うことでしょうが、特にこの日は4月28日、上海万博直前に国際問題となる騒動は「絶対」起こしたくなかったことでしょう。
 今回も川崎サポは事前に告知があった集合場所に集まって、そこからまとめて会場へ移動となりました。
 
DSC03093
 
 と言うわけで、集合場所のホテル(オフィシャル応援ツアーの宿泊ホテル)にツアー外の人も集まって。
 
DSC03088
 
 ここから用意されたバスで移動ですが
 
DSC03094
 
 「中国の人を刺激しないように」との指示があり、移動中はカーテンを閉めることに。その上で、
 
DSC03095
 
 パトカー先導で、バスは移動を開始しました。
 
DSC03096
 
 ものものしい先導の割に、途中普通に間にタクシーに割り込まれたりもしましたけど。
 
DSC03098
 
 20分ほどで、制服の方が立ち並ぶ会場に到着(手前は灰色の制服と、奥は黒の制服。後で検証します)
 
DSC03101
 
 見ると(警備の方々の)バスがずらりと並ぶ状況。
 
 スタジアムへの入場時にも細かい荷物チェックなどが有りましたけど、事前に言われていたほど(とにかく投げることができそうな物は全て没収で返却無し)の制限はなく、飲食類の持ち込みを止められている人が出る程度でした。それでも、中に売店はなかった物の食べ物や飲み物を売りに来る人も居ましたから、それほど難儀はなかったです。
 

 
 パノラマ。スタジアム内部です。アウェイ(川崎)サポは、ゴール裏の極一部の範囲にのみ押し込まれています。

DSC03160
 
 そのまわりには制服の皆様ががっちり囲っているのです。
 
 それ以外のメインスタンド・バックスタンド、そしてホーム側ゴール裏はホーム(中国)側です。
 さて向こうのホーム(中国)側にも人(黒い点)があちこちに居ることに注目してください、
 
DSC03111
 
 実はこの時点ではアウェイ(川崎)側だけ先行しての入場で、ホーム側はまだ入場を開始していません。ゲートは固く閉ざされています。
 
DSC03113
 
 つまりこの時点で中に居るのは中国公安の人、または警備員です。
 
DSC03116
 
 ちなみに黒い制服は中国公安つまり警察官、灰色の制服は袖章を見るに「警備員」の模様。
 
DSC03143
 
 各所に点々と配置されています。
 
DSC03117
 
 そして
 
DSC03118
 
DSC03119
 
 最前列などにズラリと並ぶ黒い背広の男達。
 こうなるともちろん、これらも私服の公安の皆様なのでしょう。この辺に構えている人は「中国の人が何らかの理由で暴れるのを押さえる」のが仕事でしょうから、いかにも公安と判る制服では見た目に困るのでしょう。
 
DSC03121
 
 アウェイ(川崎)側の200人ほどが入ってから30分後、一般入場が開始されました。
 
DSC03125
 
 と、アウェイ(川崎)が居たゴール裏の両外側に、盾を持ったこれは明らかに機動隊の皆様が登場。
(袖章には「中国武警」の文字)
 
DSC03126
 
DSC03127
 
DSC03128
 
DSC03129
 
 あっという間に
 
DSC03130
 
 両側をそれぞれ50人ぐらいの盾装備の皆様に固められました。
 とは言ってもこの人達はいざという事態が起きたときにアウェイの川崎サポつまり「日本人」を守るために配置されているのですから、別に恐くはありません。いざという自体には暴徒となりかねない現地中国の皆様から日本人を守るためにここに配置されているのです。
 何か起きたときのことを考えると、実はこの警備員に囲まれたアウェイ側つまり日本人のエリアが一番安全になっていることは判りました。それは
 
DSC03171
 
 廻りを取り囲んでいる警備員や中国公安が緊張で張り詰めているのに対して、この日本人エリア内に配置されていた公安は一番リラックスしているようでしたから。
 
ちなみに
 この日この試合で動員された公安含めた警備員は総勢1万2000人!! 
 


 
 この時点でのスタジアムの様子は、動画でもどうぞ。
 



 
 
DSC03134
 
 さて。ここで方向を少し変えまして。きちんと教育された中国の皆様というのか、この試合で披露された対日感情豊かな中国の皆様の「張り紙」や「段幕」などを紹介します。
 これは中国語なので意味は判りませんが
 
DSC03154
 
 これはストレートで判りやすい。
 
DSC03136
 
 国安虐川崎なんとかかんとか。国安はホームクラブの名前です。
 
DSC03149
 
 いやこれは、見た最初は正直吹きました。
 
DSC03191
 
 次はパフォーマンス。川崎のマスコットはイルカということで
 
DSC03192
 
 イルカに酷いことを
 
DSC03193
 
 していましたのです。
 
DSC03194
 
 これが。
 

 
 その様子は動画でもどうぞ。
 
DSC03202
 
 そのくせその側ではこういう段幕を出すのが楽しい。
 
DSC03596
 
DSC03597
 
 ほかにもいろいろな段幕が有りましたです。まぁ大半は中国語だったので読めませんでしたけど、読めなくて良かったのでしょうね。
 



 
DSC03138
 
 話を警備に戻します。
 警備の人はグラウンドにも配置されていました。
 
DSC03140
 
 三人単位なのか、三角形に各所に。
 
DSC03145
 
 配置されていました。
 
DSC03141
 
DSC03169
 
 追加人員も、整然と列を組んで参入。
 
DSC03176
 
 時間が経つにつれて、一般客も増えてきました。
 
DSC03203
 
 一般客が増えても、「最前列」はまだ目立っています。
 
DSC03204
 
 他の場所でも。
 
DSC03205
 
 グラウンドレベルで待つ人は、ボールが来ても気が付きません。
 
DSC03215
 
 ちなみに「死ね死ね」の段幕はそののちに撤去されていました。
 
 
DSC03404
 
 キックオフ間近になると、席もかなり埋まってきました。
 
DSC03405
 
 でもアウェイ側ゴール裏はきっちり隔離されています。
 この空間を経て、盾持った警官の集団を経て、ようやく川崎サポの領域となります。
 
DSC03598
 
 そして正確に言うとホーム側も、このように見てはっきり判るとおりで、有る意味「隔離されて」います。
正直この状態で、アウェイ側を煽る皆様が沢山の状態だったとは言え、身の危険を感じるような局面は全くなかったです。
 
 
DSC03218
 
 そして試合開始(手前側の青黒はアウェイ川崎の人)。
 この日の公式入場者数は(Jリーグの発表に依れば)4万人だったそうです。いちおうチケットは前売りで「完売」ということになっていましたが、実際には「危険なので」早い段階でチケット販売を打ち切ったのでしょう。
 1990年のアジア大会でメインスタジアムとして使用された北京工人体育場の現在の収容人数は6万6161人。アウェイゴール裏は隔離されていましたが、メインスタンドとバックスタンドは最終的に見た目ほぼ満席まで行ってましたので、実際にはもう少し多かったような気もします。もしかするとこの数字は警備関係者は含まれていないのかも知れません。この日配置された警備員1万2000人の半数以上が「スタジアム内」に配置されていたはずですから。
 



 
DSC03600
 
DSC04060
 
 試合自体については略。川崎の敗戦で終わりました。
 
DSC04061
 
 で、終わりかと言えば……終わりません。
 ホーム側が捌けるまで、アウェイ(川崎)側はその場に留め置きとなりました。
 

 
 取り敢えず試合終了直後。パノラマ。
 
DSC04064
 
 中国の皆様は三々五々お帰りでしたが
 
DSC04065
 
 立ち去った後はこの有り様。新聞紙を尻に敷いて、そのまま放置していった模様。そういう国なのでしょう。
 
DSC04066
 
 試合前からこの時間まで4時間ほど。じっと待っていた皆様は
 
DSC04067
 
DSC04070
 
DSC04076
 
 ようやく撤収しました。お疲れ様でした。
 
DSC04078
 
 出番はありませんでした、残念ながら(川崎が勝っていたら少なからず出番があった可能性があったという意味です)。
 
DSC04073
 
 試合終了後10分。ホーム側は概ね捌けましたけど、まだ動けません。
 
DSC04080
 
 照明も消されてしまいました。
 
DSC04082
 
 それでは暗すぎたのか、補助灯らしい照明だけ再点灯。
 
DSC04088
 
 まぁホームの勝ちでしたのでたいした混乱もなく、20分ほどで
 
DSC04089
 
 スタンドから開放されました。
 
DSC04090
 
 外にはまだ制服の皆様が。その前を
 
DSC04091
 
DSC04092
 
 川崎サポはバスに戻ったのでした。
 
DSC04093
 
 とは言っても警戒状態はすぐに解かれ、帰りはそのまま帰りたい人は帰っていいという状態でしたので、そのまま歩いて帰る人も。
私はバスで集合場所に戻り、そこからホテルに戻りました。
 
 
 
まとめ:
 
 普通に生活していたら、「中国で公安に取り囲まれる」なんて経験はそうはないとは思います。サッカーの応援で中国に行く事自体「普通ではない」のかも知れませんけど。
 ただ中国公安に取り囲まれたと言っても、それは私達日本人を「守るため」それも中国の人から守るために取り囲んでいたのですから、実際の処は感謝はしていてもそれ以外の感想はないです。ただ一言言えば、川崎が試合に勝って、その皆様の真の姿を見ることができなかったのは残念です。次の機会が有れば、その時はぜひに。

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010/09/13

それでもカブを愛でる

 
 大きいけれどもカブが好き。
 
 
 
DSC06883
 
 14時過ぎ、フロンタウンの「席詰め隊」パフォーマンス会場に行くと、そこに三人揃っていました。
 
DSC06885
 
 熱心にパフォーマンスを鑑賞の三人……と、一人離脱。
 



 
DSC06891
 
 時間進んで15時前。グラウンド。
 
DSC06893
 
 例によって三人で周回。
 
DSC06894
 
 係の人「ちょっと集まって」
 
DSC06895
 
 係の人「コムゾー、今日は君が主役なんだからね」
 コムゾー「そうなんだ」
 本人よく判っていません。
 
DSC06897
 
 席詰め隊中でもパフォーマンス。
 
DSC06899
 
 中でも見物の三人
 
DSC06900
 
 と、メイン前には黄色い人が。
 
DSC06901
 
 月初めのホームですから、例によって「バロンドール」贈呈式です。
 
DSC06902
 
DSC06903
 
 三人もメイン前に移動。
 ふろん太「先月は誰が受賞かな?」
 
DSC06904
 
 尾藤でした。
 
DSC06905
 
DSC06906
 
 例によって、受賞者はバナナの皮むき。
 
DSC06908
 
 授賞式終わり。
 
DSC06909
 
 と、なおもバナナにまとわりつかれる(笑)ふろん太
 
DSC06912
 
 いつものようにキーパー陣の出迎えを行うと
 
DSC06913
 
 次はメインスタンド前でフィールド選手の出迎え
 
DSC06916
 
 と思ったら、バナナのボビーくんはこれで離脱。
 
DSC06918
 
 後は通常の三人で。
 
DSC06925
 
 カブ
 
DSC06935
 
 試合前、ピッチ上の三人
 
DSC06944
 
 入場してきた選手と一緒の三人
 
DSC06945
 
 写真撮影での三人
 
DSC06946
 
 試合前の仕事終わり。
 
DSC06947
 
 帰るカブ
 
DSC06949
 
 帰る三人
 
DSC06950
 
 カブ
 



 
DSC07269
 
 ハーフタイムです。
 
DSC07270
 
 今日はiTSCOM提供試合、ついにコムゾーの出番です。
 
DSC07271
 
 コムゾー、ついにサインできるようになったそうです! 
 
DSC07272
 
 これがその、コムゾーのサインです! 
 
DSC07275
 
 いや別に、それだけです(^ ^;)
 



 
DSC07640
 
 試合後についてはボケた写真一枚だけで。
 次のカブの出番は、9月25日対脚大阪戦です。
 



  
 2010年のカブ
 
03/06 対新潟戦
03/09 対北京戦
03/23 対メルボルン戦
03/27 対清水戦
04/04 対瓦斯戦
04/14 対城南戦
04/24 対神戸戦
05/01 対湘南戦
06/27 ファン感
07/14 対大宮戦
・2010年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:ハーフタイムYMCA編
08/01 対仙台戦
08/15 対広島戦
08/18 対名古屋戦
09/05 天皇杯 対鹿屋体育大戦
09/08 ナビ杯 対鹿島戦
 
 
 2010年のカブ以外
 
03/21 柏対福岡戦
06/12 甲府対千葉戦
07/04 仙台対浦項戦
 
 
 過去のカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
・2008年の等々力「マスコット全員集合!祭り
 
2009年のカブ
・2009年の等々力「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010/09/12

10年J1第22節川崎対まり@等々力

 
 今回いつも以上に本編はありませんので。
 ここまでやる気が無くなったのは珍しい。
 
DSC06881
 
 いつになく盛況なフロンパークです。
 
DSC06882
 
 カレーイベントを行っていました、けど待ち行列長すぎて参加は断念。
 
DSC06887
 
 監督は外にいました。
 
DSC06888
 
 今日はiTSCOM提供試合でしたので、うちわとか配ってました。
 
DSC06889
 
 マッチディはコミ。
 
DSC06890
 
 Jリーグ第22節、川崎対まり戦です。
 
DSC06898
 
 小さい子がいっぱいでした。
 
DSC06920
 
 15時半、ピッチ練習開始。
 
DSC06922
 
 ビッグフラッグ展開。
 
DSC06926
 
 まり先発。
 
DSC06930
 
 川崎先発。
 
DSC06931
 
 そしてろくでもない皆様。
 ファールを見逃したかと思えば、変なところで取りすぎるとか、妙に偏ってたような。
 

 
 コレオ。パノラマ。
 
DSC06942
 
 中央部分。
 
DSC06943
 
 整列。
 
DSC06952
 
 川崎ボールで前半開始。
 
DSC06954
 
 そのまま押し込んで
 
DSC06956
 
 CK、尾藤。
 
DSC06957
 
 ゴール前に
 
DSC06958
 
 ジュニが押し込んで
 
DSC06959
 
DSC06960
 
 先制!<川崎1-0まり>
 
 
 
 
DSC07265
 
DSC07266
 
 ロスタイム2分で前半終了。
 
 
 
DSC07267
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC07276
 
 まりボールで後半開始。
 
 
 
 
DSC07635
 
 ロスタイム4分で試合終了。
 
DSC07636
 
 川崎1-3まり
 
DSC07637
 
 いいたいことは色々ありますけどもう書きません。
 ただ、後手に回ったにも関らず交代がいつもより遅くなったのはいったい何だったのか。どっしり座り込んでる場合ではないでしょうに。
 
DSC07644
 
DSC07645
 
 以上。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 5 de setembro de 2010 - 11 de setembro de 2010 | Main | 19 de setembro de 2010 - 25 de setembro de 2010 »