« outubro de 2011 | Main | dezembro de 2011 »

novembro de 2011に作成された記事

2011/11/29

2011年ホーム最終戦セレモニー

 
DSC08032
 
 試合終了後間を置いて、選手再登場。
 
DSC08038
 
 ふろん太らの出迎えを受けて
 
DSC08040
 
DSC08044
 
 バックスタンドに整列。
 
DSC08045
 
 まず試合の表彰。イッツコムの副賞も、
 
DSC08046
 
 ビッグマックもジュニに。
 
DSC08047
 
 ここからホーム最終戦セレモニーです。
 
MAH08048
 
 まず社長挨拶。以下はスピーチ内容聞き書き。

みなさんこんにちは。川崎フロンターレ武田でございます。いや本当にお待たせしました。7月16日以来のホームの勝利です。
それもですね、ジュニーニョが2点決めるという本当に劇的な、等々力劇場ここに有りというような素晴らしいゲームだったと思います。
ただ、今日の試合だけで喜んでいるわけにはいきません。やはりシーズンを通してみると、大変不甲斐ない結果だというふうに思います。私自身もですね、本当に忸怩たる思いでいっぱいでございます。
皆さんの期待を大きく裏切ってしまったなと言うことにつきましては、心よりお詫びを申し上げたいと、そういうふうに思います。
振り返ってみますとですね、今言った7月16日に勝って23日以降ずっと勝ちがありませんでした。我々として初めての8連敗というものも経験しました。成績がどんどんどんどん下がっていって降格という文字がですね、ちらついてくるところまで来ました。私は、残留が決まるまでのこの三ヶ月間本当に気の休まる思いではありませんでした。
みなさんもですね、本当にはらはらどきどきのこの三ヶ月間だったのではないかとといういうふうに思います。
ただ、こういうふうなですね、非常にチーム状態が悪いにもかかわらず多くのファン、サポーターの方がですね、あらん限りの声で応援をしてもらえました。その声援がですね、私達にどれだけの勇気を与えたか、本当に計り知れないものが有ります。降格という崖っぷちに立って、滑り落ちることなくですね、堪えることができたというのは、本当にこの皆さんの大声援のお影でございます。
本当に感謝しても、感謝しても、感謝しきれない、ありがたいことでございます。本当にありがとうございました。
(拍手)
さて、ジュニーニョでございますけども。2003年に入団をして、9年間。先程もありましたけども、354試合、213得点というすばらしい成績をですね、出してくれました。2004年に於けるJ2でのぶっちぎりの優勝、そして昇格。J1になりましてからは、リーグ戦で3回の準優勝とナビスコで2回の準優勝。本当に、優勝こそできませんでしたけども、ここまでのですね、成績を上げることができたのは、やっぱりジュニーニョあってのことだと、いうふうに思います。
(拍手)
本当に活躍してくれました。えー私は、感謝の気持ちを心から彼に捧げたいというふうに思います。ジュニーニョ、本当にありがとう! 
(拍手)
このジュニーニョのですね、お別れ会というものを、12月6日、この等々力競技場で行います。普通だと貸していただけないのですけども、特別な御配慮がありまして、ジュニーニョのためだということで市も快くこの場所を提供してくれました。午後7時からの開催になります。皆さん本当に多くの方が来て、ジュニーニョとですね最後のふれあいをしていただければと思います。
今年は、東日本大震災を抜きにしては語れないと言うふうに思います。私達も、多くのですね、支援の活動をやってまいりました。これだけ多く、これだけ長きにわたって活動しているJのクラブは他にございません。
それは私も、本当に誇りに思っております。皆さんにも、大変御協力を頂戴しました。その中でも、やはり、
陸前高田市のこどもたちとの交流。それを忘れることはできません。陸前高田市でサッカー教室をやり、
その時に等々力競技場に招待をして、彼ら本当に来てくれました。ただ、彼らにですね、勝利を見せてあげることができなくて非常に残念だったです。ただ、こどもたちのですね、「川崎は素晴らしい」と言って帰って行きました。あの姿は忘れることができません。私達のこういう活動、行動が、あのこどもたちに、また被災地の皆さんに勇気を与え、明日に進む力を与えることができたとしたら、これに勝るものはありません。
是非、元気になってもらいたいと思いますし、一日も早く復旧、復興されますことを心から願っておるところでございます。
さて、来シーズンでございますけども。今シーズンのこの結果というものをしっかりと重く受け止めて、何が良くて何が悪かったのか、この辺をしっかり分析して、二度とこういう事がないようにします。それで、もう一度ですね、攻撃力の有るフロンターレ、エキサイティングな試合をするフロンターレに様変わりしたいというふうに思っております。
(拍手)
まぁちょっと長くなりますけども、もう少しやります。
(苦笑)
この等々力競技場のことなのですけど、来シーズン2012年のシーズンが終わると、それを以て改築の工事に入ります。ですから、そういう意味では、この姿で試合をするのは来シーズンが最後になります。この最後の
等々力のこの姿で、なんとしても勝ち抜いていきたい。そういうふうに強く思っております。皆さんにもですね、是非、後押し応援を是非ともお願いしたいと思います。今シーズンはまだ、リーグ戦が1試合、天皇杯が残っております。ここのところをもう一度、立て直しを図りながらしっかりと戦って、良い成績を上げたい。
というふうに思います。
結びになりますけども、皆さんの本当に暖かい、熱い応援に対しまして、心から感謝を申し上げまして、今シーズンの御挨拶とさせていただきたいと思います。本当にありがとうございました。
(拍手)

 10分にわたるスピーチですけど肝心な部分はわずかでした。「もう一度攻撃力の有るフロンターレ、エキサイティングな試合をするフロンターレに様変わりしたい」。少なくとも新たな外国籍FWは獲得するという意味? 
 
MAH08049
 
 続いて社長の言う「何が悪かった」の対象の挨拶。
こんにちは。
(こんにちは)
えー、本当に今年一年間苦しい思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。
あの、こういう中でも、本当に等々力もそうですし、アウェイの地でもそうです。本当に支えていただきました。我々が、プロサッカークラブ、そのチームを、トップチームを預かる者として、皆さんに感動を、勇気、本来ならそういったものを与えるべきであるのですけども、正直今年はいただきっぱなしでした。本当に感謝して、感謝して、感謝しきれないほどです。やはり、この皆さんと共にした悔しさ苦しさを、来シーズンには返さなければいけないと思っています。
えー、本当に。スタッフ、選手、みんなとですね、同じことが起きぬよう、社長の言葉ではありませんが、そう社長が約束されましたので、私もさせていただきたいと思います。がんばります。
(拍手)
ただ、その前に、まだ残されたものがあります。リーグ最終戦、まだ順位を上げられるところに居ります。そして天皇杯、タイトルといってスタートした今年、残されたのはこれだけです。17日、24日とここ等々力で戦うことができます。是非皆さんと一緒に、今年最後の挑戦ができますよう、またよろしくお願いします。ありがとうございました。

 来年はまず勝つサッカーをしてください。自分の偉大さを示すのはその後です。
 
MAH08050
 
 次は後半出番を失ったキャプテンの挨拶。
えーみなさんこんにちは。
(こんにちは)
ホーム最終戦でこのような勝利を飾れたのは、本当にサポーターの皆様の力が、あったかろ、あったこと、あった、から、だと思います。
(笑)
え、まぁ今年、ぼくたちはタイトルを目指して挑んできました。えーぼくがいまこうやって、タイトルという言葉をする背景には、ジュニーニョや、そして今日ここに居られるミノさんやフロンターレに在籍したOBの方々、そしてサポーターの皆さんの努力そして悔しい思いとかさまざまな思いがあってのことだと思います。今年も悔しい思いをしてしまいました。皆さんの気持ちに応えるのは、来年こそはちゃんとタイトルを取って、この場で優勝という報告をできるように、選手みんなで力を合わせてがんばっていくので、これからも応援よろしくお願いします。そしてまだ、天皇杯というタイトルが残っているので、そこに向けてみんあで頑張っていくので、これからもよろしくお願いします。
(拍手)

 
DSC08052
 
 挨拶が終わると、集団は
 
DSC08054
 
 コア前に。
 
MAH08057
 
 ジュニの挨拶。(以下は中山通訳を通した言葉)

えーもう一度、またここにいる皆さんに感謝の言葉を言いたいと思います。本当にありがとうございます。いままでこの9年間このクラブでとても楽しく幸せな気持ちでやってこれたのは、ここにいる皆さんが自分を支えてくれたから、そんな9年間を作ったのだと思います。
この9年間を、ホームゲームで勝利で納められたのは本当にに幸せに思います、ただもう一試合アウェイが残っています。ここに居る全員の方が行かれないとは思いますが、TVラジオ等で見てもらえると思います。自分は最後の試合を精一杯最後まで戦うつもりなので、また今まで以上の応援をよろしくお願いします。

 
MAH08057
 
(ここは日本語で)ホントアリガトウゴザイマース!
(そして歌う)オーオオオ、ジュニゴール♪

 
DSC08060
 
 そうして、選手達はメインスタンド前に。
 
DSC08072
 
 ここで
 
DSC08074
 
 ジュニをかこんで記念撮影。まず古株組。
 
DSC08077
 
DSC08079
 
 次は全員で。(あれ、相馬は?)
 
DSC08081
 
 それが終わるとみなでジュニを取り囲んで
 
DSC08083
 
 胴上げ
 
DSC08084
 
 胴上げ
 
DSC08087
 
DSC08088
 
 9年間ありがとう。
 
DSC08090
 
 ひとまずお疲れ様でした。
 
DSC08112
 
 これで2011年リーグ戦ホームの試合は終了しました。天皇杯があるけど。
 リーグ戦はもう、次節が最終戦です。
 
DSC08031
 
 なおジュニの「お別れ会」は、12月6日(火)19時より等々力競技場にて、とのこと
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/11/27

11年J1第33節川崎対まり@等々力 ホーム最終戦

 
DSC07177
 
 リーグ戦ホーム最終戦の等々力です。
 
DSC07178
 
 今日はカシオ提供試合なので、エリクシムのブースも在りました。
 
DSC07180
 
 コレオの準備完了。
 
DSC07182
 
 マッチディ。山瀬。
 
DSC07183
 
 今日は第33節川崎対まり戦@等々力、ホーム最終戦です。
 
DSC07189
 
 その前にミノの引退挨拶。
 
DSC07192
 
DSC07197
 
DSC07203
 
 お疲れ様でした。
 
DSC07214
 
 13時20分少し前、キーパー練習開始。
 
DSC07221
 
 13時25分、フィールドプレイヤーピッチ練習開始。
 
DSC07222
 
 もちろんジュニも、そこに。
 
DSC07225
 
 ビッグフラッグ展開。
 
DSC07233
 
 まりスタメン。
 
DSC07246
 
 川崎スタメン。
 
DSC07238
 
 川崎フロンターレ、10番ジュニーニョ! 
 
DSC07247
 
 審判スタメン。主審は川崎を勝たせまいと必死でした。
 
DSC07251
 
 うそつき市長の挨拶。ここに来て、等々力競技場改修の件は一言も触れず。
 

 
 試合前、コレオ。
 
DSC07258
 
 10
 
DSC07260
 
 整列。
 
DSC07273
 
 円陣。
 
DSC07274
 
 まりボールで前半開始。
 
DSC07283
 
 前半01分まり タニが押し上げ
 
DSC07284
 
 ゴール前の大黒に
 
DSC07285
 
 これはキクがクリア。
 
DSC07292
 
 前半02分タッピーから新ユースケ
 
DSC07293
 
 ゴール前に上げようとしたがゴールラインを割った。
 
DSC07311
 
 前半05分まり
 
DSC07312
 
 ゴール前にボールを出され
 
DSC07313
 
 川崎FM実況曰く(ラグビーの)ラック状態になったが
 
DSC07314
 
 審判はタニのファールを取りました。
 
DSC07323
 
 前半07分まり
 
DSC07324
 
 大黒に押し込まれ
 
DSC07325
 
 シュート、しかしボールは大きく枠の上に。
 
DSC07339
 
 前半10分憲剛の接触でファールを取られまりFKはもちろんすんすけ。
 
DSC07340
 
 まりの選手に当たった?
 
DSC07341
 
 まり跳ね返りを回して
 
DSC07342
 
 ゴール前タニが頭で合わせたが
 
DSC07343
 
 リッキーが外にはじき出しました。
 
DSC07344
 
 まりCK。
 
DSC07345
 
 まりの選手がクリア(?)
 
DSC07346
 
 まりこぼれ球を回し
 
DSC07347
 
 新ユースケに当ててスローインに。
 
DSC07348
 
 まりスローイン。
 
DSC07349
 
 しっかりクリア。
 
DSC07364
 
DSC07365
 
 前半14分タッピー、まりDFを二人三人と掻い潜って前に
 
DSC07366
 
DSC07367
 
 ゴール前に上げたがしかしこれはまりキーパー直接キャッチ。
 
DSC07375
 
 前半16分新ユースケ自陣から一気に
 
DSC07376
 
 相手ゴール前に
 
DSC07377
 
 切り替わってタッピーが
 
DSC07378
 
 ゴール前の小林ゆうに!
 
DSC07379
 
 しかしこれはオフサイドの判定。
 
DSC07393
 
 前半18分
 
DSC07394
 
 憲剛からジュニへ
 
DSC07395
 
 ジュニのシュートはしかしキーパーキャッチ。
 
DSC07424
 
 前半22分まり
 
DSC07425
 
 大黒スルーしてタニのシュート!
 
DSC07426
 
 辛うじて枠に行かず。
 
DSC07427
 
 こわいこわい。
 
DSC07430
 
 前半23分またまりのFK。
 
DSC07431
 
DSC07432
 
 クリアしたが
 
DSC07434
 
 最後ゴール前に出され
 
DSC07435
 
DSC07436
 
 大黒のシュート! しかしこれはリッキーが体で弾いた! 
 
DSC07437
 
 続くCK。
 
DSC07438
 
DSC07439
 
 すんすけ直接狙ったのか直接枠の上。
 
DSC07494
 
 前半31分山瀬押し上げ
 
DSC07495
 
DSC07496
 
 ゴールに寄せようとして倒され
 
DSC07498
 
 川崎FK、タッピー。

DSC07499
 
 キクが飛び込んだがオフサイド。
 
DSC07582
 
DSC07584
 
 前半44分すんすけが前に出したボールはおもいっきりオフサイドだったが
 
DSC07583
 
 大黒構わずそのままシュート
 
DSC07586
 
 黄紙。
 
DSC07597
 
 ロスタイム1分で前半終了。
 
 
 
 今日のすかーさま、は取り忘れた。
 
 
 
DSC07605
 
 後半開始前主審とヒロキが何か話していました。
 
DSC07606
 
 いつもと同じく、ジュニは最後に登場。
 
DSC07607
 
 川崎ボールで後半開始。
 
DSC07634
 
 後半03分タッピーの突撃
 
DSC07635
 
 ゴール前の小林ゆうへのパスをまりDFがカットしたが
 
DSC07636
 
 ボールはそのまま枠の中に。
 
DSC07638
 
 まりのオウンゴールで川崎先制!
 
DSC07639
 
 <川崎1-0まり>
 
DSC07648
 
 後半05分ジュニが押し上げ
 
DSC07649
 
 ゴール前の小林ゆうに
 
DSC07650
 
DSC07651
 
 小林ゆう、ペナルティエリア内で思いっきり後ろから突き飛ばされて倒れたのだが
 
DSC07652
 
 審判は無視! 
 
DSC07653
 
 しかし川崎のファールはきっちり取ります。判りやすい。
 
DSC07665
 
 後半06分タッピーが前に出し
 
DSC07666
 
 山瀬のシュート! 
 
DSC07667
 
DSC07668
 
 しかし僅かに枠に行かず。
 
DSC07674
 
 後半07分またまりのFK。
 
DSC07677
 
DSC07679
 
DSC07680
 
 ヒロキが顔で防いだ! 
 
DSC07683
 
 根性です。
 
DSC07769
 
 後半20分まり交代。森谷out 小野in。
 
DSC07779
 
 後半21分まり
 
DSC07780
 
DSC07781
 
 押し込まれたがなんとか防いだ。
 
DSC07782
 
 なんとか、ね。
 
DSC07799
 
 後半24分川崎カウンター。
 
DSC07800
 
 山瀬押し込んだが打ち切れず
 
DSC07801
 
 こぼれ球に憲剛が詰めたが
 
DSC07802
 
 これも枠の上に。
 
DSC07804
 
DSC07806
 
 後半25分川崎交代。山瀬out ヨコin。
 
DSC07812
 
 後半26分
 
DSC07813
 
 ジュニ一気に押し込んだが
 
DSC07814
 
 ペナルティエリア内でまりDFに足掛けられて倒された。
 もちろん今日の審判はファールを取りません。
 
DSC07845
 
 今日の入場者は1万9972人とのこと。まり相手で最終戦なのに2万に届きません。
 
DSC07853
 
 そして後半31分。憲剛がゴールを奪い
 
DSC07854
 
 ゴール前に。小林ゆうが折り返して
 ジュニーニョが! 
 
DSC07857
 
 ゴール! 
 
DSC07859
 
DSC07860
 
DSC07861
 
DSC07862
 
DSC07863
 
DSC07869
 
 <川崎2-0まり>
 
DSC07865
 
 その祝福にはキーパーのリッキーまで来ていました。
 
DSC07866
 
 さすがの主審も、この状況ではうるさいことは言えません。
 
DSC07878
 
 後半33分まり
 
DSC07879
 
 押し込んで
 
DSC07881
 
 タニのシュート! リッキーが止めたがそのこぼれ球に滑り込んで大黒
 
DSC07882
 
 なんとか枠には行かず。
 
DSC07883
 
 後半33分まり交代。パンゾーout ちまin。
 
DSC07920
 
 後半38分まりCK。
 
DSC07921
 
 これもなんとかクリア。
 
DSC07924
 
 まりが回した球をタッピーが奪い
 
DSC07925
 
 まりDFを振り切って前に
 
DSC07926
 
 一気に押し上げ
 
DSC07927
 
 最後はジュニが
 
DSC07929
 
 きっちり決めて、この試合を決定づける3点目。
 
DSC07930
 
DSC07931
 
DSC07932
 
DSC07933
 
 <川崎3-0まり>
 
DSC07934
 
 ちなみにこの時もリッキーは来ていました。
 
DSC07945
 
 さらに後半40分にもジュニにボールが送られ
 
DSC07946
 
DSC07947
 
 シュートしかしキーパー正面。
 
DSC07965
 
 後半42分川崎二枚目の交代。小林ゆうout ヤジin。
 
DSC07986
 
 そして後半ロスタイムは4分。ここで川崎が最後に切った交代は何と
 
DSC07987
 
 黒津! 
 
DSC07988
 
 後半45分川崎最後の交代。タッピーout クロin!
 ついにクロが復活です!!! 
 
DSC07991
 
 クロは入って早々ゴール前でボールを受けましたが
 
DSC07992
 
 ボールはゴールラインを割りました。
 
DSC07993
 
 がんばれ、クロ! 
 
DSC07999
 
 後半47分まりCK。
 
DSC08000
 
 はね返し
 
DSC08002
 
DSC08003
 
 こぼれ球をすんすけに拾われ最後ゴール前に上げられたがこれはリッキーがキャッチ。
 
DSC08013
 
 後半48分すんすけがゴール前に上げ
 
DSC08014
 
 大黒のシュート
 
DSC08015
 
 しかしこれも枠には行かず。
 
DSC08016
 
 試合終了。
 
DSC08018
 
 川崎7月以来の、ホーム等々力での勝利となりました。
 
DSC08008
 
 川崎3-0まり
 
DSC08020
 
 整列。
 
DSC08022
 
DSC08023
 
DSC08028
 
 ヒーローインタビューはもちろんジュニ。
 
DSC08029
 
 このあと最終戦セレモニーが有りましたが、これは記事を別に分けます。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/11/25

ボクシング:日本マスコット級タイトルマッチ@とどろきアリーナ

 
 引き続き、とどろきアリーナの記事ですが
 
DSC06228
 
 今回はふろん太が主役です。
 
DSC06337
 
 第4試合が終了後、エキシビションマッチとして日本マスコット級タイトル防衛戦が行われました。なお(非公認)です。
 
DSC06339
 
 リングアナはごく真面目に経歴をアナウンス。
 
DSC06341
 
 まず赤コーナー。
 
DSC06343
 
DSC06344
 
 マスコット級王者、ふろん太登場。セコンドはワルンタ。
 
DSC06346
 
 リングに登るのも一苦労。
 
DSC06347
 
 勢い付けて
 
DSC06348
 
 飛び込んだりはせず、またいで
 
DSC06349
 
 リング上に。
 
DSC06350
 
 そしてチャンピオンベルトを
 
DSC06351
 
 装着しようとしたけどうまくいかず、レフリーが手伝うことに。
 
DSC06353
 
 次いで挑戦者
 
DSC06354
 
 千葉ロッテマリーンズ所属の「COOL」登場。
 
DSC06356
 
 イワトビペンギンらしい。クールミント? 
 
DSC06357
 
 こっちは軽やかにロープを飛び越えました。
 
DSC06360
 
 COOLのセコンドはマーくんです。
 
DSC06361
 
DSC06363
 
 ふろん太「がんばるぞー」
 
DSC06364
 
DSC06370
 
 ちなみにレフリーは本職ではなく川崎新田のボクサーらしい。
 
DSC06372
 
 第1ラウンド開始。
 
DSC06373
 
DSC06374
 
DSC06375
 
 ふろん太パンチ! 
 
DSC06378
 
 たいしてCOOLはキック! って、おい。
 
DSC06379
 
 ふろん太ダウンですが、もちろんこれはノーカウント
 
DSC06381
 
 COOLには注意、ふろん太には休憩が与えられました。
 なお場内アナウンスによれば、足技を使ったCOOLは本来ならその時点で反則負けだが、レフリーの温情でそのまま進行とかなんとか。
 
DSC06382
 
 試合再開。
 
DSC06384
 
DSC06387
 
 頭のサイズの差か、COOLの方が身が軽いです。
 
DSC06390
 
 第1ラウンド終了。
 
DSC06392
 
DSC06393
 
 インターバル。
 
DSC06395
 
 セコンドアウト。
 
DSC06396
 
 第2ラウンド開始。ちなみにこの試合は2回戦です。
 
DSC06398
 
DSC06404
 
 打ち合いの末
 
DSC06406
 
 クロスカウンター炸裂! 
 
DSC06407
 
DSC06408
 
 ダブルノックダウン! 
 
DSC06409
 
 両者にカウント開始。
 
DSC06410
 
DSC06411
 
 両者立ち上がったが
 
DSC06412
 
 COOLは再度ダウン。
 
DSC06414
 
DSC06415
 
 ふろん太の勝利です! 
 
DSC06424
 
 勝利者アピール中。
 
DSC06429
 
 「誰の挑戦でも受けるよ!」
 
DSC06430
 
 なぜかワルンタも「次の挑戦者は俺様だ!」とのアピール。
 ほんとかどうかは判らないけど、恐らくは次の機会に対戦相手が決まらなかった時の保険。
今回もギリギリまで相手が決まらなかったようですし。
 
DSC06432
 
DSC06434
 
 ということで、王者はリングを降り
 
DSC06436
 
DSC06438
 
 控え室に戻ったのでした。
 
 
DSC06482
 
 で、出番は終わりではなく、ふろん太はこの後の3試合で
 
DSC06484
 
 ラウンドボーイを勤めたのでした。
 
DSC06836
 
 また川崎新田の選手が勝った時には
 
DSC06837
 
 その出迎えも。
 
DSC06920
 
 そういえば、CSでの放送にも登場したのか? 
 
DSC07176
 
 そんなこんなで、試合終了まで大忙しのふろん太なのでした。
 今回はここまでです。
 明日というか今日11月25日は、もうホーム最終戦です。
 
 



 
 2011年のカブ
 
03/05 対山形戦
04/23 対仙台戦
05/03 対磐田戦
05/15 対鹿島戦
05/29 対脚大戦
06/11 対甲府戦
06/18 対広島戦
・2011年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:大人の事情で別枠の始球式
  その3:ハーフタイムYMCA編
07/16 対柏戦
07/27 ナビ杯 対広島戦
07/30 対浦和戦
08/06 対桜大戦
08/24 対名古屋戦
08/31 スポンサ激励会
09/04 ファン感謝デー
09/11 対神戸戦
09/24 対清水戦
09/28 ナビ杯 対まり戦
10/04 天皇杯 対高崎戦
10/16 対新潟戦
11/03 対大宮戦
11/16 天皇杯 対大分戦
 
 
 2011年のカブ以外
 
04/02 対福横縞戦(練習試合)
08/13 熊本対大分
10/01 対甲府@小瀬
10/22 対仙台@ユアスタ
10/23 草津対北九州
 
 
 過去のカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 ・2008年の「マスコット全員集合!祭り
2009年のカブ
 ・2009年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
2010年のカブ
 ・2010年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:ハーフタイムYMCA編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/11/24

ボクシング:日本LF級タイトルマッチ@とどろきアリーナ

 
DSC06222
 
 今日は昼前に等々力に。いえとどろきアリーナに。
 
DSC06223
 
 ボクシングです。川崎の川崎新田ボクシングジムによる自主興行の2回目。
 前回は平日だったので行けなかったですけど今回は祝日でしたので。
 ちなみに私はボクシング生で見るのは始めてます。ということもあって行くかどうしようか考えているうちにチケットぴあでの販売が終了。
 結局当日券で購入しました。2階自由席3000円です(前売りと同じ値段)。
 
DSC06224
 
 11時半開場。
 
DSC06225
 
 中はこんな感じです。とどろきアリーナに入るのも今回が初めて。
 
DSC06226
 
 今日の興行は7試合+エキシビションマッチ1試合。
 メインイベントは日本ライトフライ級タイトルマッチ(10回戦)です。
 とは言っても私はボクシングはよく判っていませんので以下も試合自体のレポとしては期待するなです。
 
DSC06229
 
 12時。予定通り第1試合開始。
 
DSC06230
 
 Sバンタム級 4回戦
 長野健太郎 対 飯作竜一
 
DSC06232
 
 赤コーナーが川崎新田の選手です。デビュー戦とのこと。
 
DSC06235
 
DSC06239
 
 フルに4回まで闘って
 
DSC06246
 
 判定に。
 
DSC06247
 
 リングサイド三方に居たジャッジから結果を集め
 
DSC06248
 
 その場で確認。
 
DSC06249
 
 川崎新田、長野の判定勝ちとなりました。
 
DSC06251
 
 すぐに第2試合。
 Sフライ級 4回戦
 竹中康人 対 岸本朗
 
DSC06253
 
DSC06255
 
 レフリーも交代。
 
DSC06256
 
 しかしこの対戦は、1ラウンド開始30秒ほどで岸本がダウン
 
DSC06257
 
DSC06258
 
 レフリーが即座に試合を止めて竹中のテクニカルKO勝ちになってしまいました。
 
DSC06262
 
 第3試合は女子バンタム級 6回戦
 三好喜美佳 対 カイ・ジョンソン
 女子は1ラウンド2分でした。
 
DSC06263
 
DSC06265
 
 なんというか、遠目では女子には見えなかったです。
 
DSC06268
 
DSC06272
 
 激しい戦いがフルラウンド続いて
 
DSC06279
 
 この試合も判定に。
 
DSC06281
 
 川崎新田、三好の判定勝ち。
 
DSC06286
 
DSC06287
 
DSC06289
 
 第4試合 契約56kg 6回戦
 友田達也 対 鈴木鹿平
 
DSC06290
 
DSC06294
 
DSC06299
 
 この試合も白熱した戦いが
 
DSC06303
 
DSC06306
 
DSC06331
 
 フルラウンドまで続いて
 
DSC06332
 
 判定。
 
DSC06334
 
 この試合は対戦相手鈴木の判定勝ち。
 
DSC06442
 
 第4試合の後にエキシビションマッチが有りましたけど、これは別枠で(^ ^;)
 
DSC06447
 
 それ以外にも多摩高校合唱部の合唱が有りました。
 ここまでで1時間半です。
 
 
 
DSC06451
 
 第5試合
 フェザー級 8回戦
 片桐秋彦 対 道産子ファイター早坂
 
DSC06452
 
DSC06454
 
 ここまでは両選手同時に入場でしたが、この試合からは一人ずつ入場でした。
 まず道産子ファイター早坂
 
DSC06457
 
 そして川崎新田の片桐はふろん太ユニで登場。
 
DSC06458
 
DSC06459
 
 なぜか5番(名前はAKIHIKO)。
 
DSC06465
 
DSC06466
 
 試合開始。
 
DSC06468
 
DSC06471
 
DSC06475
 
DSC06481
 
 あっという間に3分、第1ラウンド終了。
 
DSC06483
 
 ちなみにこの試合からふろん太が「ラウンドボーイ」をやっていました。
 
DSC06496
 
DSC06572
 
 川崎新田・片桐の攻勢が続き
 
DSC06675
 
DSC06676
 
 そして第8ラウンド。
 
DSC06685
 
DSC06690
 
 片桐の猛攻に
 
DSC06691
 
 ついにタオル投入。
 
DSC06692
 
 実際にはその前にレフリーが試合を止めていたそうですけど。
 
DSC06696
 
DSC06700
 
 川崎新田、片桐のテクニカルKO。
 
DSC06708
 
 この試合からは勝利者インタビューも。
 
DSC06714
 
 そして第6試合、セミファイナル
 Sバンタム級 8回戦
 古橋大輔 対 斉藤修司
 
DSC06716
 
 まず斉藤入場。
 
DSC06718
 
DSC06719
 
 そして古橋
 
DSC06721
 
DSC06722
 
 やはりふろん太ユニで入場。こちらはなぜか18番。名前は確認できませんでした。
 
DSC06729
 
 試合開始。
 
DSC06734
 
DSC06765
 
 -
 
DSC06805
 
 そして第6ラウンド。
 
DSC06806
 
DSC06808
 
 ここで試合が止められました。不可抗力で目の上を切ったようで、ドクターが状態確認。
 
DSC06810
 
 再開。
 
DSC06817
 
 しかし。
 
DSC06818
 
 再度負傷ということで
 
DSC06819
 
 ここでレフリーが試合を止めました。負傷のためここで試合を打ち切って判定とのこと。
 
DSC06827
 
 判定の結果、川崎新田・古橋の勝利となりました。
 
 
DSC06839
 
 メインイベント前に、来賓紹介。市長ほかいろいろ。
 
DSC06840
 
 そしてメインイベント。
 日本Lフライ級チャンピオン
 WBA世界同級9位、WBC世界同級14位
 黒田雅之
 対
 日本Lフライ級10位、2010年新人王
 山口隼人
 
DSC06842
 
DSC06843
 
DSC06845
 
DSC06847
 
 挑戦者山口入場。
 
DSC06848
 
DSC06851
 
DSC06853
 
 そしてチャンピオン入場。
 
DSC06854
 
 ここからは大型ビジョンも映像を表示。CSで放送するようです。
 
DSC06857
 
 国歌斉唱。
 
DSC06861
 
 チャンピオン。
 
DSC06862
 
 挑戦者。
 
DSC06865
 
 試合開始。
 
DSC06866
 
DSC06872
 
 第1ラウンドなんか見ていてあっという間に終わってしまいました。
 
DSC06921
 
 で、あっという間の第4ラウンド。
 
DSC06930
 
DSC06931
 
 チャンピオン、スリップ?
 
DSC06932
 
 かと思ったけどレフリーはダウンと。
 
DSC06933
 
DSC06934
 
 チャンピオンには特にダメージ無いようにも見えましたけど。
 しかしこれで挑戦者側サイドは一気に盛り上がり。
 
DSC07000
 
DSC07012
 
DSC07042
 
 その後はチャンピオンの攻勢が続きましたが
 
DSC07045
 
DSC07076
 
DSC07097
 
 ダウンを奪うまでは行きません。
 
DSC07124
 
 そして最終10ラウンドに。
 
DSC07130
 
DSC07132
 
DSC07136
 
 ここでも最後まで決着は付かず。
 
DSC07156
 
DSC07158
 
 勝負は判定に。
 
DSC07159
 
DSC07160
 
 判定の結果、チャンピオンの防衛。
 
DSC07162
 
 挑戦者はがっくり。
 いや現地では私も挑戦者の勝ちかと思いましたもの。
 
DSC07165
 
 表彰。
 
DSC07168
 
 でもチャンピオンは余り嬉しくなさそう。
 
DSC07170
 
 そのあとのインタビューでも開口一番謝ってました。
 KOで勝ちたかったのでしょうね。
 もう次の対戦相手も決まっているそうで、次もがんばってください。
 
DSC07175
 
 そんなこんなで、時間は16時前に。4時間ほどの興行でした。
 正直見慣れていないこともあって、見ているだけでもけっこう疲れましたです。
 でもまぁ、またとどろきアリーナでやるとなった時は、休日とかならまた来るかもです。
 この項エキシビジョンマッチの分に続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/11/19

天皇杯大分戦でもカブを愛でる。今そこになぜか居るカブ

 
おお、わがカブよ、光満つるその顔よ!
 フロンターレ主催ではない天皇杯で、フロンターレのスポンサーマスコットであるカブ(とコムゾー)が普通に闊歩しているのは毎回不思議に思いますが、まぁ許されてるならいいか。4回戦以降もも登場に期待します。
 
 
DSC05350
 
 ナイトゲームなので、現地到着は試合開始少し前。なのでそこから開始です。
 
DSC05352
 
 ふろん太は既に試合仕様です。
 
DSC05354
 
 カブは根が長めの仕様です。
 
DSC05356
 
 カブです。
 
DSC05357
 
 カブです。
 
DSC05359
 
 カブです。
 
DSC05370
 
 カブです。
 
DSC05373
 
 ふろん太「さぁ」
 
DSC05374
 
 三人で輪を作りました。
 
DSC05376
 
 ふろん太「勝つぞー」
 カブ「おー」
 
DSC05379
 
 ふろん太「というか勝ってくださいお願いします」
 カブ「……おー」
 
DSC05380
 
 ふろん太「後生ですから……」
 
DSC05384
 
 整列。挨拶。
 
DSC05385
 
 バックスタンドにも挨拶。
 
DSC05386
 
 するともちろん次は
 
DSC05387
 
 大分の選手とも握手の三人
 
DSC05389
 
 ふろん太は例によって審判とも握手。
 
DSC05390
 
 審判大喜び。
 
DSC05391
 
DSC05392
 
 写真撮影。
 



 
DSC05786
 
 ハーフタイムにも
 
DSC05787
 
 スタンド前を周回するカブ
 
DSC05792
 
 アウェイ側スタンド前でも
 
DSC05796
 
 軽やかなカブ
 
DSC05798
 
 なのでした。
 



 
DSC06167
 
 試合終了前。例によってホームバック角で待機する三人
 
DSC06171
 
 ふろん太「今日は勝ちだね」
 
DSC06173
 
 試合終了。
 
DSC06179
 
 バックスタンド前に進む選手達の処へ。
 
DSC06182
 
DSC06188
 
 ふろん太「ばんざーい」
 
DSC06194
 
 久しぶりの等々力での勝利で、安堵の三人なのでした。
 残りの等々力での試合でも安堵させてください。
 
 
 今回はこれにて。
 
 次のカブの出番は11月26日。今年最後の試合です。いや、天皇杯4回戦にも、準々決勝にも出番はあるか。
 
 



 
 2011年のカブ
 
03/05 対山形戦
04/23 対仙台戦
05/03 対磐田戦
05/15 対鹿島戦
05/29 対脚大戦
06/11 対甲府戦
06/18 対広島戦
・2011年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:大人の事情で別枠の始球式
  その3:ハーフタイムYMCA編
07/16 対柏戦
07/27 ナビ杯 対広島戦
07/30 対浦和戦
08/06 対桜大戦
08/24 対名古屋戦
08/31 スポンサ激励会
09/04 ファン感謝デー
09/11 対神戸戦
09/24 対清水戦
09/28 ナビ杯 対まり戦
10/04 天皇杯 対高崎戦
10/16 対新潟戦
11/03 対大宮戦
 
 
 2011年のカブ以外
 
04/02 対福横縞戦(練習試合)
08/13 熊本対大分
10/01 対甲府@小瀬
10/22 対仙台@ユアスタ
10/23 草津対北九州
 
 
 過去のカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 ・2008年の「マスコット全員集合!祭り
2009年のカブ
 ・2009年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
2010年のカブ
 ・2010年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:ハーフタイムYMCA編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/11/17

11年天皇杯3回戦川崎対大分@等々力

 
 EC-02 10/08 (土) 13:00○川崎2-1高崎@等々力
 
 
 
DSC05342
 
 職場を早めに離脱して、等々力へ。
 
DSC05343
 
 空いてます。
 
DSC05344
 
 今日の試合は天皇杯第3回戦川崎対大分戦@等々力 です。
 
DSC05346
 
 アウェイの皆様。
 
DSC05349
 
 大分スタメン。
 
DSC05360
 
 川崎スタメン。
 
DSC05362
 
 審判スタメン。
 
DSC05383
 
 整列。
 
DSC05397
 
 川崎ボールで前半開始。
 
DSC05408
 
 前半02分ヒロキのパスが
 
DSC05409
 
 タッピーに通ったが
 
DSC05410
 
 なぜかこれはオフサイドに。
 
DSC05429
 
 前半05分菊地のファールで大分のFK。
 
DSC05430
 
 押し込まれたけどボールはタッチラインを割りました。
 
DSC05444
 
 前半07分
 
DSC05446
 
 ジュニが押し上げ
 
DSC05448
 
 最後はコーセーのシュートしかしボールは枠の上に。
 
DSC05465
 
 前半10分大分。押し込まれてゴール前にボールを上げられたが
 
DSC05466
 
 リッキーがキャッチ。
 
DSC05479
 
 前半11分タッピー突撃
 
DSC05480
 
 遠目からのシュートは
 
DSC05481
 
 枠には行かず。
 
DSC05525
 
DSC05526
 
 前半16分田坂押し上げ
 
DSC05527
 
 ジュニへのパス、は、クリアされて通らず。
 
DSC05529
 
 川崎CK右メイン側、タッピー。
 
DSC05530
 
 クリアされた。
 
DSC05536
 
 前半18分倒してしまったので大分のFK。
 
DSC05538
 
DSC05540
 
 なんとかクリアしたものの
 
DSC05541
 
 折り返してのシュート
 
DSC05542
 
 枠には行かず。
 
DSC05563
 
 前半22分川崎
 
DSC05564
 
 コミが押し上げ
 
DSC05565
 
 最後はジュニがゴールに寄せたが最後に大分キーパーに遮られる。
 
DSC05570
 
 川崎CK左バック側タッピー。
 
DSC05571
 
DSC05572
 
 なんか知らんがファール取られた。
 
DSC05589
 
 そして前半25分。
 
DSC05592
 
 ヨコが押し上げ
 
DSC05593
 
 ゴール前に上げられたボールに小林ゆう! 
 
DSC05594
 
 押し込んで
 
DSC05595
 
 先制!<川崎1-0大分>
 
DSC05684
 
 前半35分
 
DSC05685
 
 タッピーがゴール前に上げ
 
DSC05686
 
 そこに小林ゆう、飛び込んだがボールはキーパーキャッチ。
 
DSC05784
 
 ロスタイム1分で前半終了。
 前半得点後大分がばた付いてる間に駄目押しできていれば後の展開が楽になったのですけど。とまれ次の得点を取った方に試合は傾くと思ったです。
 
 
 
DSC05785
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC05799
 
 ハーフタイムに大分選手交代。松原out 崔正漢in
 
DSC05803
 
 円陣。
 
DSC05804
 
 大分ボールで後半開始。
 
DSC05826
 
 後半02分大分
 
DSC05828
 
DSC05829
 
 押し込まれたが
 
DSC05832
 
 ゴールにはならず。
 
DSC05874
 
 後半08分山瀬がぶちぎって
 
DSC05875
 
 ジュニが押し上げ
 
DSC05877
 
 ゴール前に上げたボールに走り込んだタッピーが頭で! 
 
DSC05878
 
 追加点! 
 
DSC05881
 
 <川崎2-0大分>
 でも2点差では安心できないのが今の心境。
 
DSC05920
 
 後半14分大分2枚目の交代。古手川out 西in。
 
DSC05926
 
 同時にカミも準備していたが
 
DSC05921
 
DSC05924
 
 この時キクが痛んでいたため川崎の交代は保留に。
 
DSC05923
 
 しかし交代していないのに、山瀬とカミの交代がアナウンスされてしまいました。
 
DSC05927
 
 2分ほど後に、キクなんとか復帰。
 
DSC05941
 
 その2分ほど後に、ようやく山瀬とカミ交代。
 
DSC05985
 
 後半23分
 
DSC05986
 
DSC05987
 
 押し込んでのタッピーのシュートは
 
DSC05988
 
 かろうじて大分DFが体を当てて弾きだした。
 
DSC05990
 
 川崎CK右バック側、タッピー。
 
DSC05991
 
 これもはじき返された。
 
DSC06027
 
DSC06028
 
 後半28分川崎交代。ジュニout ヤジin。
 
DSC06047
 
 今日の入場者は4747人とのことです。
 
DSC06048
 
 後半30分川崎CK左メイン側、タッピー。
 
DSC06049
 
 クリアされたが
 
DSC06050
 
DSC06051
 
 こぼれ球をカミが押し込んだ! 
 
DSC06052
 
 3点目!<川崎3-0大分>
 これでようやく。
 
DSC06071
 
DSC06072
 
 後半33分川崎最後の交代。ヨコout にょぼりin。
 
DSC06080
 
 後半35分
 
DSC06081
 
DSC06082
 
 にょぼりが押し上げ
 
DSC06084
 
 最後はコミがシュート!
 
DSC06085
 
 しかしゴールならず。
 
DSC06086
 
 後半35分大分も最後の交代。幸野out 前俊in。
 
DSC06096
 
 後半37分
 
DSC06097
 
 カミが突撃
 
DSC06098
 
 これは大分キーパー倒して止めるしか無くなり
 
DSC06100
 
DSC06102
 
 PKに。川崎キッカーはヤジ。
 
DSC06103
 
 難無く決めて
 
DSC06105
 
 駄目押し。<川崎4-0大分>
 
DSC06168
 
 ロスタイム3分も難無く、試合終了。
 
DSC06169
 
 川崎4-0大分
 
DSC06174
 
 高崎戦での失態の二の足を踏むことはなく、今回は失点も無し。リーグの差が明確な結果となりました。
 
DSC06184
 
 とはいえ、大分は来年のクラブライセンス審査開始のため存亡の危機が間近に来ている状態ですから仕方がない状態なのか。
 今はがんばってお金返してください、と言う他はありません。
 
DSC06192
 
 まぁ今日は勝てて良かったです。
 
DSC06187
 
 なお天皇杯次は12月17日の四回戦、福岡大と湘南の戦いは延長の末湘南が勝ちました。場所は丸亀、などの地方送りになることもなく等々力になりそうとのことです。数日中に決定、かな。
 この項ここまで。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/11/06

大宮戦でもカブを愛でる。

 
おお、わがカブよ、光満つるその顔よ!
 
 
 
DSC04471
 
 12時45分から。キックオフ1時間15分前。いつものように選手入場時のお子様方の事前練習中です。
 
DSC04472
 
DSC04473
 
 と、そこにバナナ登場。
 
DSC04474
 
 そういえば、今日は月初めの試合だった。というかバナナのボビーくんの出番は今日が最後? 
 
DSC04476
 
 だからなのか、今日のボビーくんはやる気満々です。
 
DSC04477
 
 ふろん太「やれやれ、今日も付き合ってやるか」
 
DSC04480
 
 カブ「あれ何してるの?」
ふろん太「手順の確認中だよ、たぶん」
コムゾー「ふーん」
 
DSC04481
 
 ボビーくん、身だしなみ整え中。
 
DSC04483
 
 ふろん太「えーと。今回のバロンDole受賞者は誰だろう?(棒)」
 
DSC04484
 
DSC04485
 
 リッキーでした。
 
DSC04486
 
 例によって、皮むき。
 
DSC04487
 
 賞品はバナナ500本でした。
 
DSC04488
 
 さて表彰は終わって、片付けです。
 
DSC04489
 
 カブカブもバナナ欲しいな」
 
DSC04490
 
 カブ「……落としちゃった」
 
DSC04491
 
 ふろん太「だまって取ったらダメだよ」
 カブ「……はーい」
 
DSC04493
 
 カブ「くださいな!」
 
DSC04492
 
 カブ「わーい、もらった!」
 ふろん太「じゃあボクも」
 
DSC04494
 
DSC04495
 
 と、そのバナナで芸を見せるふろん太
 
DSC04498
 
 係の人「一度片付けるから、戻して」
 
DSC04499
 
 ふろん太「判った」
 
DSC04500
 
 カブ「後でくださいね」
 係の人「じゃあ片付け手伝って」
 
DSC04503
 
 と言うわけで、最後は机を片付ける
 
DSC04504
 
 ふろん太コムゾー
 
DSC04505
 
 でした。……カブも手伝えです。
 



 
DSC04508
  
 少し時間は進んで、13時くらい。
 
DSC04509
 
 メインスタンド前に集まる三人
 
DSC04510
 
 川崎新田ジムが11月23日に等々力アリーナで興行を行うということで、その告知です。
 
DSC04511
 
DSC04512
 
 メインイベントの日本ライトフライ級チャンピオン黒田選手自ら告知を行いました。
 前回の試合では判定勝ちだったので、今回はKOで勝つという事です。
 
DSC04513
 
 カブ「いいぞ黒田選手ガンバレですー」
 
DSC04520
 
 ちなみに今回も前座としてふろん太の試合も有るそうですが、対戦相手はまだ未定です。
 一平くんのように遠慮無く殴り倒しても後腐れがない相手はそうはいないからか、マッチメイクに苦労しているようですね。別に一平くんとの再戦でもいいのですけど、いよいよになったらわるん太との対戦になるのかな。
 今回は11月23日とお休みの日なので、私も観に行くつもりです。ボクシング事体は生で見た事無いのでちょっと楽しみ。
 



 
DSC04523
 
 あとはまぁいつもの通り。キーパーを出迎え。
 
DSC04527
 
DSC04529
 
 フィールドプレイヤーを出迎え。
 
DSC04533
 
 試合直前には、ふろん太は着替えました。
 
DSC04534
 
 跳ねるカブ
 
DSC04540
 
 飛ぶふろん太
 
DSC04544
 
 崩れるカブ(!)
 
DSC04546
 
 ふろん太「崩れちゃダメだよ」
 カブ「はーい」
 
DSC04549
 
 でも、崩れるカブ
 
DSC04554
 
 選手が入場したら
 
DSC04564
 
DSC04565
 
 対戦相手とも握手する三人
 
DSC04568
 
 そしてふろん太は審判とも握手。
 
DSC04570
 
 写真撮影では手に「エバラ黄金の味具だくさん」と「エバララーメンスープ鍋の素」も。
ふろん太お勧めです。
 



 
DSC04911
 
 後は簡単に。ハーフタイムの三人
 
DSC05336
 
 そして、試合後の三人でした。
 今回はここまで。
 
 次のカブの出番は、多分11月16日の天皇杯大分戦です。
 今年の出番ももうあと僅かです。SMBC日興証券様、来年以降も是非ともなにとぞよろしくお願いしします。
 
 



 
 2011年のカブ
 
03/05 対山形戦
04/23 対仙台戦
05/03 対磐田戦
05/15 対鹿島戦
05/29 対脚大戦
06/11 対甲府戦
06/18 対広島戦
・2011年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:大人の事情で別枠の始球式
  その3:ハーフタイムYMCA編
07/16 対柏戦
07/27 ナビ杯 対広島戦
07/30 対浦和戦
08/06 対桜大戦
08/24 対名古屋戦
08/31 スポンサ激励会
09/04 ファン感謝デー
09/11 対神戸戦
09/24 対清水戦
09/28 ナビ杯 対まり戦
10/04 天皇杯 対高崎戦
10/16 対新潟戦
 
 
 2011年のカブ以外
 
04/02 対福横縞戦(練習試合)
08/13 熊本対大分
10/01 対甲府@小瀬
10/22 対仙台@ユアスタ
10/23 草津対北九州
 
 
 過去のカブ
 
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 ・2008年の「マスコット全員集合!祭り
2009年のカブ
 ・2009年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
2010年のカブ
 ・2010年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:ハーフタイムYMCA編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/11/03

11年J1第31節川崎対大宮@等々力

 
 今回はいつにも増して簡単です。
 
DSC04459
 
 等々力です。
 
DSC04462
 
 ペンギンです。
 
DSC04464
 
 アルパカです。
 
DSC04465
 
 カピバラです。
 
DSC04467
 
 マッチディ。
 
DSC04468
 
 毎年恒例エバラ提供試合。
 
DSC04469
 
 今年は「ラーメンスープ鍋の素」でした。ラーメンは入っていません。
 
DSC04470
 
 今日はJ1第31節川崎対大宮戦@等々力です。
 
DSC04524
 
 13時15分キーパー練習開始。
 
DSC04530
 
 13時25分フィールドプレイヤー練習開始。
 
DSC04536
 
 大宮スタメン。
 
DSC04537
 
 川崎スタメン。
 
DSC04538
 
 審判主審。主審は埼玉の人。
 

 
 試合前。パノラマ。
 
DSC04553
 
 整列。
 
DSC04555
 
 花束贈呈としてアルパカ登場
 
DSC04556
 
 しかしアルパカはおかまいなしにピッチの芝を食み始めました。
 
DSC04559
 
 アルパカ「うまいぞ」
 
DSC04560
 
 なんとか花束贈呈
 
DSC04561
 
 ちょっと和みました。
 
DSC04574
 
 円陣。
 
DSC04575
 
 川崎ボールで前半開始。
 
DSC04585
 
 と、前半1分。
 
DSC04586
 
DSC04587
 
 あっさり押し込まれて
 
DSC04588
 
 失点。<川崎0-1大宮>
 
DSC04910
 
 ロスタイム1分で前半終了。
 
 
 
DSC04912
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC04913
 
 大宮ボールで後半開始。
 
DSC05163
 
 今日の入場者は1万7556人
 
DSC05329
 
 後半ロスタイム4分まで、川崎押し込んだ場面はなんどもあったものの決めきれず、そのまま試合終了。
 
DSC05330
 
 川崎0-1大宮
 
DSC05331
 
 とことん点を取れない状態に陥っています。点さえ取れればそれなり勝てているのでしょうけどね。
 
DSC05332
 
 その事に対して、この人は一体何をしているのやら。
 
DSC05340
 
DSC05341
 
 今日の収穫はこれだけ。
 以上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« outubro de 2011 | Main | dezembro de 2011 »