« 21 de agosto de 2011 - 27 de agosto de 2011 | Main | 4 de setembro de 2011 - 10 de setembro de 2011 »

Posts from 28 de agosto de 2011 - 3 de setembro de 2011

2011/09/03

「藤子F不二雄ミュージアム」に行ってきましたです

 
DSC05017
 
 今日は午前中は栗平のスーパー銭湯に浸かっていましたです。んで、13時くらいに向ヶ丘遊園に。
 
DSC05018
 
 丁度こんな電車が来ていました。
 
DSC05020
 
 なおこの駅前にタバコ販売機があった場合それはメトロン星人が設置した物ですので御注意ください。
 
DSC05019
 
 駅前にもこのようなモニュメントが設置されていました。
 
DSC05021
 
 今回は時間も有りましたので、てくてく歩いて。道標を見ながら。
 
DSC05022
 
 途中にはこの人も待っていました。
 
DSC05024
 
 府中街道に沿って進めば、歩いても15分掛かりません。
 
DSC05025
 
 川の柵もこうなっていました。
 
DSC05026
 
 地面にはこういう道標も。
 
DSC05028
 
 その一歩手前には大階段。
 
DSC05029
 
 ここは閉鎖中で上は住宅地として再開発中です。
 遊園自体は私は入らずじまいだったのですけども。
 
 
 
P1600726
2007/05/05
 
 そういえばで、過去の写真を探ったところ2007年に「川崎徒歩縦断」をしたときの写真が発掘されました。
当時は大階段の処にモノレール駅の跡が残っていました。

P1600724
2007/05/05
 
 遠景で見にくいですが、そのモノレール駅の隣の建物(ボーリング場だったはず)ここが
 
 
 
DSC05030
 
 こうなっていました。
 
DSC05031
 
 いうまでもありませんが、藤子F不二雄ミュージアムです。本日2011年9月3日開館です。
 この時の時間は13時15分、入場時間は14時でしたがもう待ち行列ができていました。
 
DSC05034
 
 30分前に、玄関前のキューエリアに移動。
 
DSC05033
 
 入場時になんか渡されました。
 
DSC05060
 
 広げてみると、「藤子F不二雄ミュージアム十の掟」なるものが描かれた手拭いでした。
(※これは初日限定配布物かも?)
 
DSC05036
 
 13時45分入場開始。
 
DSC05038
 
 その中は……残念、ここから展示エリアは撮影禁止のため写真は無しです。
 
 入場の際に音声ガイダンスが一人一台渡され、展示毎のガイドを聞くことができます。
(ガイダンス器は基本は電話式に耳を当てて解説を聞きますが、ヘッドフォン穴もありますので手持ちのヘッドフォンを接続して聞くことも可能です)
 展示室は大きく二つ、ここは原画と関連品の展示が中心です。他に先生の机を再現した展示や、他の関連物品の展示など。その途中には
 
DSC05042
 
 「きれいなジャイアン」も(^ ^;)(これは展示室外)
 
DSC05043
 
 展示室が終わるとそこでガイダンス器は回収されます。あとは図書室(全集がずらり)など。
 
DSC05044
 
 そして上の階にはレストランや屋外展示。レストランは混んでたから行ってないです。
 
DSC05046
 
 いろいろありましたです。
 
DSC05048
 
 そんなこんなでした。
 おもったより年齢層が幅広く、ドラえもんで言えば連載開始時世代からたくさん。
 
DSC05049
 
 中にはミニシアターもありました。ドラえもんとパーマン両方登場の新作短編、かな。
ドラえもん関係の声は今の人でしたが、パーマンは1号パー子パーやんとも(私の認識している)オリジナルの人だったので驚いた(^ ^;)
 
DSC05050
 
 ちなみにシアターは、入場時に配布されるシアター入館切符が必要なので一回のみ入場可でした。
シアター入場時には切符にパンチが入れられます。
 
DSC05051
 
 そんなこんなで、園内をふらふらした後に帰りましたです。
 ちなみにミュージアムショップも人多すぎで何も買わずに退散。1/1チンプイがちょっと欲しかった(^ ^;)
 
 ガイダンス器のこともありますけど、展示室は一度出ると戻れそうになかったのがちと残念。も少し中の動き方が柔軟にできるようにして欲しかったです。とは言え定期的に展示も変えるでしょうし、その内また来るとは思いますです。全集が揃ったらもう少し読み込みたい(^ ^;)
 
DSC05055
 
 帰りはシャトルバスで
 
DSC05056
 
 登戸に戻りました。傘の忘れ物に注意。
 
DSC05059
 
 バスの外見はこんな感じ。
 
DSC05057
 
 最後は、登戸駅にて待つドラえもんの姿で、今回は終了です。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/08/31

2011年フロンターレスポンサー激励会+激励会でもカブを愛でる。

 
DSC04922
 
 溝の口に来ました。
 
DSC04923
 
 駅のバナーは半分こうなっていました。
 
DSC04925
 
 バスで数分、KSPへ。川崎フロンターレスポンサ-限定選手激励会です。
 私も一応スポンサー企業に居るのですが、今回はこの状態のためか、チケットが私の処まで回ってきました。
 
DSC04926
 
 と、カブが待っててくれました! 
 激励会は特定のスポンサーむけのイベントでは無いので、カブコムゾーも参加可能なのですね。
 
DSC04927
 
 会は立食パーティ形式でした。
 
DSC04929
 
 式次第。
 
DSC04930
 
 なんとかテーブルに居場所を確保しました。
 
DSC04931
 
 開始時間前に
 
DSC04933
 
DSC04934
 
 ふろん太ほか二人登場。
 
DSC04936
 
 続いて社長挨拶。始めたとたんに地震で揺れ始めて……。それはそれとして、話をまとめると
「期待に添えず心苦しい。二週間間が開くのでここで立て直したい。連敗を止めて少しずつ上がって行けるよう頑張りたい。下を向かず前を向いて挑み続けたいと思う。
今日は選手激励会なので、是非選手達を励ましてほしい、元気を与えて欲しい」
 こんな処でした。
 
DSC04939
 
 続いて後援会長の挨拶、のはずが市長は現在中国に行ってるそうで副市長が代わりに挨拶。
 
DSC04940
 
 そして
 
DSC04943
 
 選手入場。
 
DSC04944
 
 代表のために憲剛、そしてにょぼりと安藤。それと大学生二人が学業のためとして不参加でした。
 
DSC04946
 
DSC04948
 
 監督挨拶。
「応援有り難うございます。しかし期待に応えられる成績を残すことができずにいます。しかしここから残された戦いチーム一丸となって前に進みたい、挑みたい。私もここでパワーを戴ければと思う」
 こんな感じでした。
 
DSC04949
 
 お偉いさん登場。
 
DSC04951
 
 お偉いさんの掛け声で乾杯。
 
DSC04954
 
 ここからは歓談ということで、選手が別れて
 
DSC04961
 
 そこかしこで握手&サイン&写真撮影会。
 
DSC05016
 
 なお時間短縮のためか、サインは事前に書かれた物でした。
 
DSC04956
 
DSC04963
 
 そんなこんな。
 参加者は思ったよりも年齢の幅が広くお子様なども少なからず居ましたです。
 
DSC04966
 
 そしてカブ。というか以下はここぞとばかりにカブが続きます。
 
DSC04968
 
 カブ
 
DSC04969
 
 カブ降着ポーズ。
 
DSC04971
 
 カブ呼ばれてステージに……あがれません。
 
DSC04972
 
 階段でなんとか。
 
DSC04973
 
 係の人「はい、コレ持って!」
 
DSC04975
 
 抽選会です。賞品はサイン入りユニフォームと練習着。
 カブ「賞品はコレでーす!」
 
DSC04978
 
 カブカブもこれ欲しいですぅー」じたばた。
 
DSC04983
 
 でも当たった人に渡されちゃいました。
 
DSC04984
 
 カブ「あーん、欲しかったのに……」
 
DSC04985
 
 カブ「残念」
 
DSC04993
 
 さて抽選会終わって、今度はステージから降ります。
 
DSC04995
 
DSC04996
 
DSC04997
 
 なんとか無事に降りることができました。
 
DSC05000
 
 そして最後は……
 
DSC05001
 
 キャプテンの挨拶。
「今チームが苦しい時期に入ってますけど、明日から9月なので9月から巻き返しできるよう頑張っていくので応援よろしくお願いします」こんな感じでした。
 
DSC05011
 
 最後は選手に見送られて終了となりました。
 
DSC05013
 
 いや、最後はカブに見送られましたです。
 
DSC05015
 
 お土産として、ピンズとおせんべいを貰いました。
 
DSC05014
 
 外に出るともう真っ暗、しかも雨が降ってきました。
 これがシーズン終了時を暗示しているのでなければよいのですが。
 
 ともかくこの二週間で立て直すと言ってるのですから、立て直してもらいましょう。
 立て直すと言っても、そのために何かを変えるというわけでもなさそうですけど。怪我人の復帰も期待しない方が良さそうですし。(その上怪我人は増えてる……)
 それでも立て直してもらいましょう……
 
 なお次のカブの出番は9月4日のファン感でしょう、たぶん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/08/29

11年J1第24節柏対川崎@日立台

 
 くじけそう。
 
DSC04268
 
 今回はバスツアーで。7台構成とのこと。
 
DSC04269
 
 15時過ぎに現地に着くと、もう大行列でした。
 
DSC04270
 
 ジワジワと移動。
 
DSC04276
 
 14時前に入場。
 
DSC04280
 
 今日はJ1第24節柏対川崎戦@日立台です。
 
DSC04273
 
 マッチディは無料。
 
DSC04272
 
 旧テニス場は囲われていました。
 
DSC04279
 
DSC04275
 
 来るべきクラブライセンス制度に向けてスタンドの拡張中です。アウェイ側ゴール裏にアッパー席を造り、でき次第ホームと入れ替えるそうで。
 
DSC04274
 
 そのため、フードコートは旧テニス場と体育館の間に設置されていました。二店舗だけ。
 
DSC04277
 
 旧テニス場に仮設で置かれていた大型ビジョンも現ホーム側ゴール裏中央の位置に移動していました。
お影で時刻がよく判らない。
 
DSC04282
 
 17時16分キーパー練習開始。
 
DSC04283
 
 17時22分フィールドプレイヤー練習開始。
 
DSC04286
 
 と、数日前に全治3週間と診断されていたはずのカミもそこにいました。
 
DSC04288
 
 審判スタメン。
 
DSC04289
 
 川崎スタメン。
 
DSC04290
 
 柏スタメン。
 
DSC04291
 
 試合前ホーム側。
 
DSC04292
 
 試合前アウェイ側。
 
DSC04293
 
 整列。
 
DSC04294
 
 握手……には、レイ君も参加していました。
 
DSC04296
 
 円陣。
 
DSC04297
 
 柏ボールで前半開始。
 
DSC04589
 
 ロスタイム1分で前半終了。前半は一見川崎が押す状態だったのですが、ここで点を取れなかったのが。
 
 
 
DSC04593
 
 今日のすかーさまは中止。ハーフタイムには流山の中学生のブラスバンドが演奏していました。
 
DSC04594
 
 と、そこに怪しい親父乱入。
 
DSC04595
 
 一緒に踊ってました。
 
 
 
DSC04597
 
 川崎ボールで後半開始。
 
DSC04628
 
 後半04分雄大から
 
DSC04629
 
 ヤジで折り返し、突進してきたタッピーが! 
 
DSC04630
 
DSC04633
 
 川崎先制。<柏0-1川崎>
 
DSC04645
 
 しかし後半07分負傷でキクout ヒロキin。
 
DSC04656
 
 後半08分ジュニ
 
DSC04659
 
 一気に押し上げ、ゴール!
 
DSC04661
 
 川崎追加点<柏0-2川崎>
 普通後半に入ってからここまで来たら勝ちようはあるはずです、しかし。
 
DSC04684
 
DSC04685
 
 後半12分、柏待ち合わせたかのように2枚交代。ワグネルout 澤in。栗澤out 大谷in。
 
DSC04709
 
 すると後半12分柏。
 
DSC04710
   
 あっさり押し込んで
 
DSC04711
 
 まず一点。<柏1-2川崎>
 
DSC04736
 
 後半19分ここで川崎というか相馬謎の交代。山瀬out 大島in。毎度の交代だけど、なぜ? 
 ちなみに見た通りで、ビジター指定席はメイン側のライン際が思いっきり見切れます。
 クラブライセンスではピッチ全体が見渡せない席は「席数にカウントしないでほしい」です。席数だけ合わせればいいとして造ってしまうから、このような見にくいメイン席ができてしまう。
 
DSC04772
 
 見た目満員でしたが、入場者数は1万703人だったそうです。
 
DSC04773
 
 後半26分柏早くも三枚目の交代、朴東赫out 増嶋in。
 
DSC04778
 
DSC04779
 
 後半27分柏あっさり同点。<柏2-2川崎>
 
DSC04780
 
 ざる。
 
DSC04808
 
 後半32分
 
DSC04809
 
 柏あっさり逆転。<柏3-2川崎>
 
DSC04835
 
 後半37分川交代タッピーout 小林ゆうin。
 ここで入れるくらいなら、なぜ大島投入の処で小林ゆうを投入しないのか判らない。
 
DSC04914
 
 後半ロスタイム4分でもまた追いつけず、試合終了。
 
DSC04915
 
 柏3-2川崎
 
DSC04916
 
 整列。
 
DSC04919
 
 何を信じろと? ここに挨拶に来ない人をですか? 
(博多の森でも来なかったのが腹立たしかった……)
 
DSC04921
 
 だんだん愚痴が長くなってきたのが悲しい。
 
 7連敗です。それもここ数試合は後半に追い込まれるという毎回同じ展開。今の川崎には明確な弱点があり、後半そこを突くだけで勝てる状態となっていると言うことです。連敗はどこまで伸びるのでしょうか、このままではどこまでも伸びそうです。
 
 さすがに監督は「選手が指示通りやってない」ことに対しては問題を感じているようです。ただ「それが原因で」勝てないということにしてしまっている。原因を自分の他に探せて良かったですね、としか言いようがない。
 しかし、選手が悪いにしても修正できない、修正できないにしても選手を替えることもできない。できないならできるように修正できない。ならいったい監督には何ができるというのか。
 今監督にできていることは(事前に決めているのであろう)試合の流れを見ない定型の交代でチームの良い点、勢いを潰して「負け」に貢献すること。
 大島が悪いとは言いませんがこちらも今年の新卒で経験不足、この修羅場で前線に投入するのは無茶すぎます。しかしその失敗をなんども繰り返している。ここでも監督は本当に「勝つための采配」をしているのか? 
 今節の場合でも、ケガを押してでもベンチに入れているなら、なぜカミを使わないのか。(アップの様子では普通でしたので、短時間なら使えると思ったです。それでも使えない状態ならなぜベンチに入れた?)
 
 前節諦念した通り、この状態を続けるならもはや降格も覚悟です。降格しないためには、もはや残り試合下位のチームに「負けてください」と祈るほかありません。
 とは言っても、2000年の地獄で音を上げた身には、降格はまっぴらです。しかしフロントなどはそうは思っていないのか、なによりもここが不思議です。「監督と違って」フロントには何をすればいいのかは明白でしょうから。
 もう去年から繰り返し呪文のように唱えていますが、監督を解任できないなら、速攻でコーチを補充してください。現状を直視できて必要な修正ができる人で良いです。今コーチを補充するすべを持っていないなら、最悪「前監督のコーチ復帰」でもいいでしょう、そもそもこういう時のために前監督を囲っていたのでしょうから。
 
 パンドラの箱のように(最早それにすがるしかないという最後の災厄である)希望として、「イナやコミ、ヨコが復帰すれば」とは思いますが、川崎ではなぜか故障は長引きます。フィジコは何をしてるのか。もっと言えば、「全治3週間」と診断したクスの帯同を許可するメディカルの仕事も信用できません(全治3週間か、帯同許可か。どっちかで判断を誤っている)。
 要するに現状の惨状は、フロントが監督、コーチ、フィジコ、ドクターと裏方を悉くないがしろにした結果と考えれば納得できます。納得したくはありませんが。
 
 ところで監督の年俸は5000万円って本当? (流れている数値は推定に過ぎないけど)
「お金がないので、新人監督に任せる代わりにお金を浮かせました」ならそれはそれで納得はできる理由になるのですけど、しかし5000万も出したとなると。この金額出すならJ1監督経験者は幾らでも雇えそうですし、経験方法なコーチの獲得も可能でしょうに。
(ちなみに山形/小林4500万、磐田/柳下3500万、横浜/木村3000万、新潟/黒崎3000万、仙台/手倉森2800万。全て推定)
 ちなみに契約期間は3年ではなく2年のようですね。クラブとして解任は無いというなら、来年末まで相馬体制ですね。それならばむしろ来年はJ2の方が影響は少ないかもとすら思います。へたに残留した方が、来年今年以上のダメージを喰らっての降格となりかねません。千葉がまさにそういう展開でしたから。
 
 この状態でファン感とか。その前にスポンサー激励会もありますけどどう「激励」しろと。
 せめてスポンサー激励会の場では「激励したくなる」ようなネタを準備していただきますようお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011/08/28

11年J2第26節湘南対北九州@平塚

 
DSC03637
 
 電車でふらふらと。
 
DSC03642
 
 今日はスーパー銭湯に。
 
DSC03641
 
 いや天然温泉らしい。たっぷりお湯に浸かって、仮眠とってまったりしていました。
 
DSC03644
 
 そのあと、スーパー温泉となりのここに。
 
DSC03647
 
 今日はJ2第26節湘南対北九州戦@平塚です。
 
DSC03643
 
 マッチディ。
 
DSC03645
 
 そういえば、大型ビジョンが稼働していました。
 
DSC03671
 
 バックスタンドの掲示板は電気点いていませんでしたが、時計と時間計はそのまま動いていました。
 
DSC03649
 
 審判スタメン。試合中ジャッジの偏りが見えたような? 
 
DSC03650
 
 北九州スタメン。
 
DSC03652
 
 湘南スタメン。
 
DSC03657
 
 マスコットスタメン。
 
DSC03655
 
 と、謎のゲスト。キリンビバレッジからの派遣らしい。
 
DSC03660
 
 ホームゴール裏。
 
DSC03659
 
 アウェイゴール裏、は閉鎖でアウェイサポはバックスタンドアウェイ側に隔離されていました。
 
DSC03663
 
 整列。
 
DSC03665
 
 写真撮影。
 
DSC03666
 
 円陣。
 
DSC03667
 
 北九州ボールで前半開始。
 
DSC03686
 
 前半03分湘南倒されて
 
DSC03687
 
 FKはアジエル
 
DSC03688
 
 ファーに流れて北九州クリア。
 
DSC03700
 
 前半05分にも
 
DSC03701
 
 湘南倒されて
 
DSC03702
 
 またFK。
 
DSC03703
 
 これが
 
DSC03704
 
 決まって
 
DSC03705
 
 湘南先制。<湘南1-0北九州>
 
DSC03756
 
 前半14分北九州押し込んだが倒され
 
DSC03758
 
DSC03760
 
 FK。
 
DSC03761
 
 蹴るのはもちろん木村。
 
DSC03762
 
 ボールは枠の上をかすめていきました。
 
DSC03789
 
 前半22分湘南
 
DSC03790
 
DSC03791
 
 これは後ろから押されて倒されたように見えたのですけど、
 
DSC03792
 
 審判はスルーしました。これはPK取られても不思議はないと思ったが。
 
DSC03798
 
 前半24分北九州押し上げて
 
DSC03799
 
 遠目からの安田弟のショート、キーパー体で止めて
 
DSC03800
 
 北九州CK、もちろん木村。
 
DSC03801
 
 これはニア足元に落とされたが北九州選手いない処で
 
DSC03802
 
 湘南クリア。
 
DSC03829
 
 前半28分
 
DSC03830
 
 さっきゴール決めた坂本がここでも押し込んでのシュート
 
DSC03831
 
 しかしこれはゴール前を横断。
 
DSC03841
 
 前半30分
 
DSC03842
 
 湘南の突撃に北九州タックル
 
DSC03843
 
 いちおボールに行ってたという事でファールは無かったのですが
DSC03844
 
 倒れたままの選手ほったらかし。
 
DSC03845
 
 湘南選手がボールを外に出して
 
DSC03846
 
 審判もやっと現場に。
 すぐに立ち上がれない状態でしたから、これは審判試合を止めた方が良かったのではないかと。
 止めなかったお影で、雰囲気はますます悪くなっていきました。
 
DSC03925
 
 ロスタイム1分で前半終了。
 
 
 
DSC03926
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC03928
 
 ハーフタイムに北九州は二枚交代。森村out 冨士in、桑原out 金鐘必in。
 
DSC03930
 
 湘南ボールで後半開始。
 
DSC03977
 
 後半07分北九州押し込み、倒されて
 
DSC03978
 
 FK。もちろん木村
 
DSC03980
 
 どんぴしゃの所に落とし福井が頭で合わせ
 
DSC03983
 
 北九州追い付いた。<湘南1-1北九州>
 
DSC04004
 
 後半11分湘南田原投入。
 
DSC04019
 
 後半14分湘南押し込み北九州なんとかクリアで
 
DSC04020
 
 湘南CK。
 
DSC04021
 
 合わせたが枠に行かず……と
 
DSC04022
 
 北九州の選手が触っていたとして審判はCKを指示。
 
DSC04023
 
 湘南今度はバックスタンド側から。
 
DSC04024
 
 湘南ファーで合わせたがボールは枠の上に。
 
DSC04047
 
 後半19分北九州
 
DSC04049
 
 押し込んだが
 
DSC04050
 
DSC04051
 
 ファールを取られた。
 
DSC04054
 
 後半21分湘南ゴールキックからの押し上げで北九州足掛けてしまい
 
DSC04056
 
DSC04057
 
 湘南正面からのFK。
 
DSC04058
 
 北九州壁で止めた。
 
DSC04070
 
 後半24分
 
DSC04071
 
 湘南押し上げてゴール前に、田原飛び込んだが半歩届かず。
 
DSC04072
 
 その後は湘南のファール。
 
DSC04090
 
 入場者数は6728人とのこと。
 
DSC04102
 
 後半28分湘南押し込んだがシュートしきれず
 
DSC04103
 
 最後はアジエルのシュートも枠の上。
 
DSC04113
 
 後半30分北九州レオナルドこの位置からの
 
DSC04114
 
DSC04115
 
 シュート、これはキーパー弾き上げた。
 
DSC04147
 
 後半35分この試合の一番困ったシーン。
 北九州木村が脚をつったのか一度外に出ていたのですが
 
DSC04148
 
 復帰。と、主審はこれを認めず
 
DSC04149
 
 もう一度外に戻しました。
 
DSC04151
 
 これに反町は怒った! 
 「不許可でピッチに戻ったのならカードやろが!」
 
DSC04152
 
 木村は前半に黄紙一枚貰っているので、ここも黄色となると赤紙で退場です。
 
DSC04154
 
 しかし結局主審はこの抗議を認めませんでした。主審の許可を得ず試合に復帰しようとしたのは確かですからここはカード喰らっていても不思議ではないのですが。
(録画見直すと、試合が停まっていた状態で侵入したから押し戻すだけで済んだ、というのが審判の主張のようですね。それでいいのか?)
 
DSC04240
 
 後半ロスタイムは3分の後半47分。
 
DSC04241
 
 北九州ゴール前にあげレオナルド飛び込んだ、しかし枠に行かず。
 
DSC04248
 
 試合終了。
 
DSC04249
 
 湘南1-1北九州
 
DSC04250
 
 どちらも負けなくて良かったという感じの試合ではあります。
 
DSC04252
 
 ただ見た目湘南に不利な判断を繰り返した審判の皆様はブーイングで見送られることに。
 
DSC04260
 
 ここの所疲れが溜まっているのか、戦い方を見切られたか勝てなくなっているようですが、こちらは今はこのままで行くしかないですね。
 
DSC04261
 
 と、控え室に戻る選手達を
 
DSC04262
 
DSC04265
 
 出迎えるヤス監督。
 この監督は選手を掌握するすべを知っていて実践していると言うことでしょうか。
 羨ましいことであります。
 
 試合終了後、電車で帰りました。横須賀線が小杉で停まるようになったので帰りも早かったです。
この項ここまで、おしまい。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 21 de agosto de 2011 - 27 de agosto de 2011 | Main | 4 de setembro de 2011 - 10 de setembro de 2011 »