« março de 2012 | Main | maio de 2012 »

abril de 2012に作成された記事

2012/04/30

12年J1第8節川崎対広島@等々力

 
 今回絶望の淵を越えた陰々滅々状態です。
 
DSC01389
 
 12時頃に等々力に到着。スモウワールドです。
 
DSC01390
 
 というわけで、すもうとりの皆様がいっぱい。
 
DSC01398
 
 力餅を買いました。
 
DSC01397
 
 今日の試合はJ1第8節川崎対広島戦@等々力です。
 
P1090346
 
 段幕。
 常識を疑うことと、常識を否定することとは違います。
 
P1090352
 
 14時23分頃、フィールドプレイヤー練習開始。
 
P1090355
 
 望月(真監督)もフィールドに。
 
P1090356
 
 監督よりもこうして現場に密着できる位置の方が良いのでしょうね。
 
DSC01399
 
 マッチディは新監督登場。去年で懲りず、またJ経験不足の監督育成に残り少ない時間を浪費するか。
 
P1090362
 
 広島スタメン。
 
P1090372
 
 川崎スタメン。
 コミもケガらしいのですけど、そこで新監督はイナをCBに、ユースケをMFに、加えて要のタッピーとレナトをサブに回すという謎のスタメン選択を。数日しか無くこの配置でろくに練習もできてないでしょうし、それ以前に新監督自身サブまで含めた選手の特性なんか全然判って居ないだろうにこう大幅に面子を変える意味と言えば、これは単に「新監督のエゴ」以外に他有りません。
 チームの勝利を優先するなら、前節望月コーチが組んだ面子から大きく変えたりはしないはずです。
 つまり新監督は「俺様采配」を提示するのが最優先で、「チームの勝利」なんかはどうでも良いという姿勢を明示したと言うことです(もしくはこれでも勝てるとJ1を甘く見すぎ)。これでは前監督と変わらない! (Jでの経験値で言えば前任者のほうがまだましです)
 
P1090373
 
 審判スタメン。
 
P1090385
 
 アウェイの皆様。
 
DSC01400
 
 ……。
 
DSC01401
 
 ビッグフラッグ。今日はキテレツでした。
 

 
 パノラマ。
 
P1090394
 
 整列。
 
P1090395
 
 ちなみに前の試合で、ヒロキはJ1通算200試合出場とのことで、花束。
 
P1090396
 
 アウェイ側ビッグフラッグ。
 あれ、等々力ではアッパーからビッグフラグ垂らすのは禁止になっていたのでは?
 
P1090411
 
 円陣。
 
P1090413
 
 川崎ボールで前半開始。
 
P1090427
 
 ちなみに広島の監督は保一。新潟でコーチとして修行を積んだ上で監督に臨んでいます。
 
P1090428
 
 川崎の新監督は大学で監督をしていたそうですが、Jでの指導は今回が初めてです。
 川崎はJリーグから、J1での経験豊富な監督を呼んではいけないと言われているのでしょうかね。
 
P1090519
 
 前半15分広島
 
P1090520
 
 ピパポ経由でボールは山岸。
 
P1090521
 
 抜かれて、あっさり。
 
P1090522
 
P1090523
 
 広島難無く先制。<川崎0-1広島>
 
P1090533
 
 その後も
 
P1090534
 
 都度押し込まれます。
 
P1090638
 
 それも前半32分
 
P1090639
 
P1090640
 
 ヒロキが押し上げて
 
P1090641
 
 シュート、西川のヨコを抜け
 
P1090643
 
 ゴール!<川崎1-1広島>
 ここまでは良かった。んが
 
P1090689
 
 数分後の前半38分
 
P1090690
 
 広島のカウンター
 
P1090691
 
P1090692
 
 これまたザルをくぐってのゴール。
 
P1090694
 
 <川崎1-2広島>
 
P1090764
 
 ロスタイム1分で前半終了。
 
 
 
DSC01405
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
P1090774
 
 広島ボールで後半開始。
 
P1090782
 
 後半02分広島。ミキッチ押し込んで
 
P1090783
 
 ピパポが決めた。
 
P1090785
 
 ピパポには決められるとは思ったけど早すぎ。<川崎1-3広島>
 
P1090794
 
 その直後にも
 
P1090795
 
 やられ掛けたがこれは西部なんとか防いだ。
 
P1090860
 
 後半12分川崎交代。山瀬out 田坂in。これはテンプレ交代か、とは言えここでタッピーいれるならなぜ先発から外した? 
 
P1090889
 
 後半17分
 
P1090890
 
 またピパポにシュートを打たれるがこれは今の川崎で最も信頼できるDF、クロスバーがはね返した。
 
P1090900
 
 後半18分またミキッチに押し込まれ
 
P1090901
 
 石原のシュートはこれもクロスバー。
 
P1090944
 
 後半24分川崎交代、ヒロキout ルイin。これは負けているので仕方ない交代か。
 
P1090984
 
 後半29分広島交代、ミキッチout 黄錫鎬in。
 
P1090992
 
 後半30分川崎最後の交代、カミout レナトin。
 
P1100007
 
 で。後半32分。また右を寄り切られて
 
P1100008
 
 またピパポ。
 
P1100010
 
P1100011
 
 <川崎1-4広島>
 
P1100015
 
 後半33分広島交代、そのピパポout 大崎in。
 
P1100053
 
 今日の入場者は1万9895人とのこと。黄金週間の初日、良い天気で2万行かんのか。
 
P1100054
 
 この頃になると、小林ゆうが脚をつり掛けているのか都度屈伸をしていたのが心配です。
 
P1100065
 
 後半41分広島も山岸が足をつってしまい。
 
P1100070
 
 そのまま交代。清水in。
 
P1100084
 
 川崎もここにきて攻めはするのですが積極性がまるでない。まるでやる気がないように。
 新監督のために無様な姿は見せられない、という気概が全く感じられないというか、これはもう「この新監督では駄目だ、この監督のために頑張ってもしょうがない」と諦念してしまったかのようにも見えました。
 
P1100127
 
 ロスタイム4分で試合終了。
 
P1100129
 
 川崎1-4広島
 
P1100130
 
 まさに無様。
 新監督の経験不足がそのままこの点差として現れました。
 少なくとも望月コーチが指揮していればここまで無様とはならなかったことが見えるだけに、なおさら悔しい。
 
P1100136
 
 この人式のやりかたが浸透するまで時間がかかるのは判るが、そこまで持ち堪えられないぞ。
 去年相馬にJ2陥落させられ掛けたのをなんとか回避できたと思ったら、今度はこの人にJ2陥落させられるのか。(むしろ去年降格していた方が今後にとって良かったかも、とすら思える)。
 
P1100139
 
 だれがこいつに任せた? 
 まぁこれでこの人も現実は見えたでしょうから、次は現実的な戦いをするでしょうね。
 というか次もホーム、ホームでリーグ戦3連敗なんかできるわけはありません。
 次節磐田戦での戦い方を見てから、絶望するならすることにします。
 
P1100140
 
P1100141
 
 とまれ今年も、覚悟のシーズンとなりそうです。
 しかしクラブが進んでJ2に落ちたがっているなら、それもやむなしか。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/24

4月22日の徘徊

 
DSC01304
 
 ホテルでうだうだしていたらチェックアウト時間になってしまいました。
 地下鉄で移動。
 
DSC01305
 
 ここで下車。
 
DSC01306
 
 動物園があるらしいけどそっちへ行くわけではありません。
 
DSC01308
 
 バスで
 
DSC01309
 
 10分ほど。
 
DSC01312
 
 山道をてくてく登って
 
DSC01313
 
 到着。
 
DSC01317
 
 大倉山のジャンプ台です。
 
DSC01319
 
 とりあえず今日のすかーさま。
 
DSC01322
 
 リフトで
 
DSC01323
 
 上に。
 
DSC01326
 
 着地斜面には網が掛けてありました。なんだろ? 
 
DSC01328
 
 その下。
 
DSC01330
 
 踏切台。
 
DSC01331
 
 実際を見ると、助走路ってかなり細かったのですね。そりゃ考えてみれば、一人降りることができればそれで十分ですし。
 
DSC01333
 
 とか言ってるうちに終点に。
 
DSC01336
 
 展望台に。
 
DSC01339
 
 ……上から見るとこれはとても恐いです。
 元は囚人の処刑として斜面を突き落とすことから始まった、という話も本気で信じてしまいそう。
 
DSC01341
 
 札幌ドームも見えたです。
 この間にクラークさんも立っているはず。
 
DSC01342
 
 大通公園も見えたです。
 
DSC01345
 
DSC01349
 
 長居はせず降りました。
 
DSC01351
 
DSC01350
 
 そう言えば、減速区間の下は配水池が隠れていました。なるほど、山の上。
 
DSC01353
 
 記念館も有りましたのでこちらも見学しましたけどこちらは権利関係の都合もあって撮影不可と言うことなので写真は無しです。
 
DSC01354
 
 川島も居ました。
 
DSC01356
 
 山を降りた後、北海道神宮へ。
 
DSC01358
 
 お参りだけしてきました。
 
DSC01361
 
 この人が造ったらしい。
 
DSC01362
 
 後は歩いて駅まで戻りました。今回はこちらは行かなかったです。
 
DSC01365
 
 大通りまで戻った後、地下街をふらふら。
 
DSC01366
 
 金庫がありました。蓋だけ。
 
DSC01368
 
 少し時間が残っていたので、上に。
 
DSC01369
 
 はい、時計台。
 私はがっかりはしませんけどね。
 
DSC01372
 
 今日のすかーさま、その2。
 
DSC01377
 
 さっぽろ駅まで戻って、すこし中をふらふらしてから
 
DSC01378
 
 バスで空港へ。
 
DSC01379
 
 読売新聞。
 
DSC01380
 
 バスで出発、と。途中大渋滞に巻き込まれてしまいましたけどなんとか想定の90分で
 
DSC01384
 
 千歳空港に到着。
 
DSC01385
 
 後は飛行機で帰ったです。
 今回はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/22

12年J1第7節札幌対川崎@札幌ドーム

 
DSC01237
 
 羽田空港から
 
DSC01238
 
 朝出発。
 
DSC01240
 
 空港からは青黒満杯のバスで移動。
 
DSC01242
 
 12時頃に現地到着。
 
DSC01245
 
 回りにはまだ雪が残っています。
 
DSC01248
 
 アウェイサポ専用の裏通りを通って
 
DSC01250
 
 入場口へ。
 
DSC01253
 
DSC01255
 
 入場。ここでは缶瓶ペットボトルに加えて水筒まで持ち込み不可とのこと。
 
DSC01256
 
 マッチディは無料でした。
 
DSC01258
 
 配置。
 
DSC01259
 
 ドーレくん。
 
DSC01260
 
 中に。
 
DSC01261
 
 今日はJ1第7節札幌対川崎戦@札幌ドームです。
 
DSC01266
 
 4年ぶりに来たのですが、あなぶきんちゃんが居なくなってました。
 
DSC01269
 
 さて札幌線と言えばサザエ食品の必勝弁当です。
 
DSC01270
 
 毎試合対戦相手ゆかりのおかずが入っているのですが……
 
DSC01271
 
 「あさり」だそうです。川崎は昔あさりがたくさん「取れたようです」だそうです。
 というか以前も同じネタつかっていた記憶が。毎回川崎戦は何入れるか苦労しているようですね。(4年前は(`3´)/が居たということでプルコギに逃げていた)
 
P1080375
 
 13時前、アウェイエリア前に登場したのはオカ!
 
P1080377
 
 なんか煽っていたみたい。今日はベンチ外ということでなんかやるとは思ったのですけど。
 
P1080378
 
 がんばれ、オカ。
 
P1080384
 
 踊ってました。
 
P1080385
 
P1080387
 
 何気に動く梟です。
 
P1080392
 
 13時17分、選手がピッチ下まで出てきました。
 内部のアップエリアは野球のブルペン兼用と言うことで狭いのか?
 
P1080398
 
 ヒロキを中心にミーティング中。どんな話してたんだろ? 
 
P1080401
 
 段幕。
 
P1080403
 
P1080405
 
 13時24分くらい、ピッチ練習開始。
 
P1080407
 
 川崎スタメン。ジェシ負傷、サネ赤紙と言うことで、DFはユースケ、ヒロキ、森下、コミという布陣。病み開けの憲剛は大事を取ったのかベンチでMFはイナ、タッピー、そして大島。FWは最近のいつものヤジ、レナト、小林ゆう。
 
P1080410
 
 札幌スタメンは略。監督はノブリン。
 
P1080411
 
 審判スタメン。
 
P1080413
 
 恰幅のいい梟。
 
P1080414
 
 ボールパーソンを従えます。
 
P1080417
 
 試合前、アウェイ側。
 
P1080419
 
 試合前、ホーム側。タスキでコレオ。
 

 
 パノラマ。
 
P1080422
 
 段幕。
 
P1080423
 
 入場。
 
P1080424
 
 整列。
 
P1080426
 
 写真撮影。
 
P1080427
 
 円陣。
 
P1080428
 
 川崎ボールで前半開始。
 
P1080482
 
 前半08分札幌
 
P1080483
 
 押し込まれて
 
P1080484
 
 前俊に頭で合わせられて、あっさり。
 
P1080485
 
 札幌先制。<札幌1-0川崎>
 
P1080657
 
 さらに前半32分札幌
 
P1080658
 
 右サイドから押し込まれ
 
P1080660
 
 これまたあっさり失点。
 
P1080661
 
 札幌前半で2得点。<札幌2-0川崎>
 
P1080778
 
 ロスタイム2分も何もできぬまま前半終了。
 ジェシがいないだけでザル復活です。ナビ杯以降ジェシ抜きのDF練習やる時間もほとんどないままこの試合に突入しているだろうとは言え。ともかくどんよりどよどよ状態で折り返しです。
 
 
 
DSC01281
 
 今日のすかーさま。
 
P1080782
 
 ハーフタイムにも踊っていました。
 
 
 
P1080783
 
 札幌ボールで驚愕の後半開始。
 この時点で選手交代はなし。後半開始から手を打つと思ったのですけど。
 
P1080789
 
 後半01分
 
P1080790
 
 右から押し込んで
 
P1080791
 
 シュートはブロックされた。
 
P1080805
 
 後半03分ゴール前でファールを取られ
 
P1080807
 
 札幌FK。
 
P1080808
 
P1080809
 
 直接狙ったが枠には行かず。
 
P1080832
 
 後半07分川崎大島押し込んでののシュート
 
P1080833
 
 しかしキーパーキャッチ。
 
P1080869
 
 後半12分満を持して川崎交代、イナout 憲剛in。
 
P1080873
 
 その直後の後半12分、レナトが押し上げ
 
P1080874
 
 そのパスを受けた憲剛が
 
P1080875
 
 シュート、ゴール! 
 
P1080876
 
P1080877
 
 川崎反撃の狼煙を上げる。<札幌2-1川崎>
 というか憲剛入っただけで攻撃が一気に活性化。
 
P1080880
 
 後半13分札幌ゴール前にボールを送るが
 
P1080881
 
 西部直接キャッチ。
 
P1080883
 
 後半13分今度は右サイドから押し込まれるが
 
P1080884
 
 これはヒロキが対応。前半あれだけバタついていたDF陣も安定したのか、それとも前半押しすぎた札幌がすでに力尽きていたのか。
 
P1080891
 
 後半14分札幌ロングシュート
 
P1080892
 
 これは明後日の方向に。
 
P1080893
 
 と、ゴールラインではなくサイドラインを割ったようで、西部がスローインで
 
P1080894
 
 リスタート。
 
P1080897
 
 後半15分タッピーが押し上げ
 
P1080898
 
 ゴール前に送り出したが小林ゆう合わせられず。
 
P1080934
 
 後半19分スローインから
 
P1080936
 
P1080937
 
 レナト押し込むが
 
P1080938
 
 DFに防がれる。
 
P1080957
 
 そして後半21分。
 
P1080958
 
 レナトが押し込んだのですが
 
P1080959
 
 正直私自身はこの時何が起きたのか判りませんでした。
 
P1080960
 
 ただレナトは喜んでいる。
 
P1080961
 
 ペナルティエリア内の攻防の際に札幌DFが手を使ってしまったということで、PKとなったのでした。蹴るのはレナト。
 
P1080962
 
P1080965
 
P1080966
 
 きっちり決めて
 
P1080967
 
P1080968
 
 川崎追い付いた!<札幌2-2川崎>
 
P1080971
 
P1080972
 
 これでこの試合行ける思ったです。まだ後半23分しかも勢いは川崎に傾いています。
 
P1090004
 
 後半26分札幌交代近藤out横野in。FW追加投入。
 
P1090006
 
 今日の入場者数は1万1119人とのこと。って、札幌ドームでこの人数はまずいような気が。
 
P1090043
 
 後半30分左CK、憲剛
 
P1090044
 
 ゴール前に送り
 
P1090045
 
 レナトのシュートは
 
P1090046
 
 大きく枠の上。
 
P1090047
 
 こうなるとこの試合は山瀬が決めると確信していたのですがアップも動き無しベンチも動き無し。交代自体は的確だったとは思いますけどなんでこんなに遅かったのだろうか? 
 
P1090085
 
 後半34分札幌二枚目の交代、前out 三上in。どんどんFWが増えていきます。
 
P1090126
 
 後半37分川崎2枚目の交代はレナトout ルイin。
 
P1090129
 
 と、札幌も一人負傷。
 
P1090148
 
 後半40分札幌は負傷交代、前田out 櫛引in。
 
P1090150
 
 そして川崎最後の交代、小林ゆうout 山瀬in!
 
P1090179
 
 後半42分
 
P1090180
 
 ルイが押し上げ
 
P1090181
 
 タッピーが押し込んだボールに
 
P1090182
 
 山瀬飛び込みライン際でのシュート、これが枠の中に!
 
P1090183
 
P1090184
 
P1090188
 
 川崎逆転!!<札幌2-3川崎>
 
P1090202
 
 後半45分札幌左から
 
P1090203
 
 ゴール前に上げられたが西部キャッチ。
 
P1090205
 
 西部はしばらく動きませんでした。本当に痛かったのかベテランらしい老獪な時間稼ぎなのかは不明。
 
P1090238
 
 ロスタイムは4分、こうなると
 
P1090239
 
P1090240
 
 露骨に鹿島るコーナーキープ。
 
P1090253
 
 ロスタイムの1分以上をこれで経過させましたから札幌サポにはさぞかし歯痒かったことでしょう。
 
P1090256
 
 試合終了。
 
P1090257
 
 札幌2-3川崎
 
P1090259
 
 まるでこの前の万博の意趣返しを札幌ドームで行ったかのような2点差からの逆転。
 
P1090260
 
 ようやくリーグ戦での3勝目を得ることができました。
 憲剛のいなかった前半がぐたぐただったのは問題ですけどね。
 ただ前半は札幌が力入れすぎて後半疲れて止まってしまったという展開だったかも。ちょうど去年の川崎状態ですね。
 
P1090263
 
P1090266
 
 ばんざい。
 
P1090267
 
 と。
 
P1090268
 
P1090269
 
 イナが呼び掛けたのでしょう、ここでも勝利の円陣を。
 
P1090271
 
 勝利を喜び
 
P1090272
 
 代行監督に祝福を。
 
P1090273
 
P1090275
 
 今後もよろしくお願いします。
 
P1090278
 
 選手退場。
 
P1090283
 
 入れ替わりでヒーローインタビューを受けていた山瀬が
 
P1090285
 
 コア前に挨拶に。
 
DSC01282
 
 コアは「すすきのに行こう」の大合唱。
 
DSC01284
 
 札幌は、今の川崎に2点差まで持ち込んでの逆転負けはキツイでしょうが、これで折れずにがんばってください。罵声飛び交う様子なんかこのまままでの等々力のようで心痛いです。
 
DSC01289
 
DSC01291
 
 と言うわけで、あとはてくてく地下鉄駅まで歩いて帰ったです。
 
DSC01298
 
 で、すすきのへ(^ ^;)いえホテルがこの辺だったので(^ ^;)
 ジンギスカンをたらふく詰め込んで、寝ました(^ ^)
 今日ももうすこしその辺を徘徊してから、川崎に帰ります。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/21

ナビ杯仙台戦でもカブを愛でる。

 
おお、わがカブよ、光満つるその顔よ!
 
 
 
P1070551
 
 平日ナイトゲームなので、試合直前からスタートです。
 
P1070556
 
 我らのアイドル、カブふろん太コムゾーです。
 
P1070564
 
 川崎国国歌に合わせて
 
P1070565
 
 踊る
 
P1070566
 
 ふろん太
 
P1070569
 
 フェアプレーです。
 
P1070573
 
 選手入場しました。となるともちろんいつものアレ
 
P1070576
 
 対戦相手と握手。そして
 
P1070578
 
 審判とも握手。
 
P1070582
 
P1070583
 
 試合前の仕事終わり、礼。
 
P1070584
 
 カブ「はぁーきょうもがんばったねぇ」
 



 
P1070948
 
 ハーフタイム。
 
P1070949
 
 礼によってスタンド前を周回。
 
P1070950
 
 今日は勝っているので気が楽です。
 



 
P1080324
 
 そして試合終了。
 
P1080326
 
 ふろん太「今日は勝って良かったね」
 
P1080330
 
 セレモニーが終わると、例によって
 
P1080332
 
 メイン側に移動。
 
P1080335
 
 出迎えの列に
 
P1080336
 
 並びます。
 
P1080340
 
 出迎え。
 
P1080344
 
P1080347
 
 バンザイ。
 
P1080352
 
 見送り。
 
P1080358
 
P1080364
 
 天野「やぁ、御疲れ様」
 
P1080366
 
 と。ふろん太はメイン前中央に。
 
P1080368
 
 なぞの外人さんの集団と記念撮影。どこかのクラブの視察? 
 
P1080373
 
 そのあとはまたいつものように、スタンド前を周回していたのでした。
 今回はここまで。
 
 次のカブの出番は、4月28日 対広島戦です。あぁもうゴールデンウィークなのか。
 



 
 2011年のカブ
01/22 新体制発表会
03/24 対新潟戦
03/31 対桜大戦
04/08 対瓦斯戦
 
 2011年のカブ以外
2012/03/03 J1マスコットまつり
 
 ※ある程度貯まるまでは、以下も残しておきます。
 
2011年のカブ
03/05 対山形戦
 
04/23 対仙台戦
05/03 対磐田戦
05/15 対鹿島戦
05/29 対脚大戦
06/11 対甲府戦
06/18 対広島戦
・2011年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:大人の事情で別枠の始球式
  その3:ハーフタイムYMCA編
07/16 対柏戦
07/27 ナビ杯 対広島戦
07/30 対浦和戦
08/06 対桜大戦
08/24 対名古屋戦
08/31 スポンサ激励会
09/04 ファン感謝デー
09/11 対神戸戦
09/24 対清水戦
09/28 ナビ杯 対まり戦
10/04 天皇杯 対高崎戦
10/16 対新潟戦
11/03 対大宮戦
11/16 天皇杯 対大分戦
11/26 対まり戦
12/17 天皇杯 対湘南戦
 
 2011年のカブ以外
04/02 対福横縞戦(練習試合)
08/13 熊本対大分
10/01 対甲府@小瀬
10/22 対仙台@ユアスタ
10/23 草津対北九州
11/23 ふろん太対COOL
2012/01/01 京都対瓦斯
 
 
 過去のカブ
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 ・2008年の「マスコット全員集合!祭り
2009年のカブ
 ・2009年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
2010年のカブ
 ・2010年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:ハーフタイムYMCA編
2011年のカブ
 ・2011年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:大人の事情で別枠の始球式
  その3:ハーフタイムYMCA編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/20

12年ナビ杯第3節川崎対仙台@等々力

 
DSC01227
 
 職場を早めに抜け出して、小杉へ。
 
DSC01229
 
 バスで夕暮れの等々力に。
 
DSC01231
 
 18時半頃に到着、さすがに5番ゲートもすかすか。
 
P1070552
 
 今日はナビスコ杯第3節川崎対仙台戦@等々力です。
 ナビ杯は鳥栖アウェイ、広島アウェイと続いて、この第3節でようやくホームです。
 
P1070553
 
 アウェイの皆様。
 
P1070554
 
 仙台スタメン。面子を大きく落としてきたようです。
 
P1070560
 
 川崎スタメン。憲剛が直前の発熱で代わりにイナ。
 
P1070559
 
 そして監督は(代行の)望月。
 
P1070561
 
 審判スタメン。
 
P1070572
 
 整列。
 
P1070585
 
 円陣。
 
P1070588
 
 仙台ボールで前半開始。
 
P1070598
 
 前半01分川崎押し込み
 
P1070599
 
 右からサネ
 
P1070600
 
 小林ゆう合わせたが仙台DFがライン外に押し出した。
 
P1070602
 
 メイン側右CK、タッピー。
 
P1070603
 
P1070604
 
 ジェシが頭で合わせたが、枠には行かず。
 
P1070608
 
 前半03分まず森下やられた。
 
P1070610
 
 なんとか無事で済んだようですけど、仙台の破壊衝動はこれでは済みませんでした。
 
P1070638
 
 前半07分左タッピーが押し上げ
 
P1070639
 
 ゴール前でヤジが折り返して
 
P1070640
 
 レナト、しかし合わせられず。
 
P1070663
 
 前半10分仙台
 
P1070664
 
 押し込まれ
 
P1070665
 
 シュートを受けた西部のこぼれ球を押し込まれたが
 
P1070667
 
P1070668
 
 仙台のファールでゴールは認められず。
 
P1070679
 
 前半13分レナト左ペナルティエリア脇で倒され
 
P1070681
 
 FK。もちろんレナト。……ではなくタッピー。
 
P1070683
 
 クリアされた。
 
P1070688
 
 前半14分右を小林ゆう押し上げ
 
P1070689
 
 左に振ってイナ
 
P1070690
 
 押し込んだイナ後ろから倒された
 
P1070691
 
 んが、ファールではなかった。ことにされた。
 
P1070716
 
 前半19分レナト押し込み
 
P1070717
 
 ゴールにボールを送り込んだが
 
P1070718
 
 枠には行かず。
 
P1070766
 
P1070767
 
 前半26分サネファール取られて黄紙。
 
P1070768
 
 仙台FK。
 
P1070769
 
 西部直接キャッチ。
 
P1070791
 
 前半30分レナト突撃
 
P1070793
 
 レナトから
 
P1070794
 
 ボールを受けた小林ゆうのシュートは枠の上。
 
P1070803
 
 前半31分ヤジのダンプ
 
P1070804
 
 遠目からのシュートは枠直撃! 
 
P1070830
 
 前半35分カウンター
 
P1070831
 
 ジェシが押し上げ
 
P1070834
 
P1070835
 
 ジェシはそのまま相手ゴールまで突撃、しかし合わせられず。
 
P1070836
 
 すごいぞジェシ。いままで意味無く相馬に封じられていた最終兵器発動です。
 
P1070858
 
 前半38分川崎メイン側右CK、タッピー。
 
P1070859
 
 ジェシが合わせたが
 
P1070860
 
 これはクリアされた。
 
P1070862
 
 そのボールをイナがシュート、これも枠には行かず。
 
P1070868
 
 前半40分仙台に押し込まれる
 
P1070870
 
 これに対応した、今度はジェシがやられた。
 
P1070874
 
P1070877
 
 ジェシは外に。
 
P1070887
 
 1分ほどで復帰したが、思えばここで交代させるべきだったのか。
 
P1070903
 
 ロスタイムは4分の、前半45分。
 
P1070904
 
 小林ゆう行った
 
P1070905
 
P1070906
 
 ゴール前でヤジが合わせ跳ねたボールに
 
P1070907
 
 タッピー飛び上がって頭で受けたボールは
 
P1070908
 
 キーパーの上をすり抜けて枠の中に! 
 
P1070910
 
DSC01234
 
P1070911
 
 川崎先制!<川崎1-0仙台>
 
P1070916
 
 畳み掛ける前半47分
 
P1070917
 
 レナトが前に送り出したボールを
 
P1070918
 
 オフサイドすれすれで抜け出した小林ゆうが受け
 
P1070919
 
 キーパーをかわしてゴール! 
 
P1070923
 
 川崎ロスタイムで2点。<川崎2-0仙台>
 
P1070924
 
 これに手倉森怒って副審に詰め寄る。
 
P1070927
 
 これはリプレイのビジョンを指差しているのか? 
 
P1070928
 
 主審は一応副審に確認したようですが、ジャッジは変わらず。
 
P1070940
 
 前半49分このタイミングでなぜか川崎選手交代。
 コーセーout 大島in。コーセーもケガなのか? 
 
P1070947
 
 前半終了。
 
 
 
DSC01235
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
P1070953
 
 川崎ボールで後半開始。
 
P1080004
 
 しかし後半08分、サネのまっとうなディフェンスに対して審判は
 
P1080005
 
 黄紙を提示、2枚目で赤紙に。
 
P1080012
 
 サネ退場。赤なので次の札幌戦は出場停止。
 
P1080013
 
 ここで川崎すぐに対応、サネの代わりとしてユースケ投入、レナトout。これは仕方ないか。
 
P1080022
 
 しかし後半11分タッピーががんばって
 
P1080024
 
 コミがゴール前に上げたボールに
 
P1080025
 
 そこに小林ゆう! 
 
P1080027
 
 川崎3点目! <川崎3-0仙台>
 
P1080045
 
 後半13分仙台交代、へなぎout関口in。
 
P1080055
 
 後半15分仙台続けてもう一枚交代、田村out 菅井きんin。
 
P1080066
 
 後半16分さらに仙台渡辺、ヤジと交錯時に頭同士が当たり出血
 
P1080068
 
P1080074
 
 そのままピッチの外へ。
 
P1080083
 
 後半19分仙台交代富田in。
 
P1080101
 
 後半22分ジェシが
 
P1080102
 
 脚を。
 
P1080104
 
P1080105
 
 これでジェシout ヒロキin。
 
P1080109
 
 ジェシは前半の負傷がやはり問題だったのか……3ヶ月の負傷(i i)
 
P1080129
 
 この後は仙台に攻めまくられ
 
P1080133
 
 仙台に攻めまくられ
 
P1080165
 
 仙台に攻めまくられます。
 
P1080186
 
 今日の入場者は8186人だったそうです。ナビ杯平日ナイトゲームとしては入りましたね。
 
P1080241
 
 後半42分川崎CK、と
 
P1080242
 
 イナがコーナーに。
 
P1080243
 
 ショートコーナーでコーナーキープ
 
P1080244
 
 こうなると鹿島ってでも時間を潰します。なんせ川崎一人少ないですから。忘れてましたけど。
 
P1080257
 
 しかし後半43分仙台。
 
P1080260
 
 ゴール前に上げられてしまい
 
P1080261
 
P1080262
 
 押し込まれた。<川崎3-1仙台>
 
P1080279
 
 しかしその後のロスタイム5分はなんとか耐え
 
P1080307
 
P1080309
 
 なんとかそのまま試合終了。
 
P1080310
 
 川崎3-0仙台
 
P1080312
 
 相手は2軍半状態だったとは言え、勝利を得ることができました。
 今は何よりも、勝つことが重要です。その代償も大きな物となってしまいましたけども。
 
P1080317
 
 小林ゆうに飛び付くカミ(^ ^)
 
P1080318
 
P1080319
 
P1080321
 
 と、輪になって大喜び。
 
P1080322
 
 イナが居るとこうなってしまうのか?(^ ^;)
 
P1080331
 
 監督(代行)コア前で挨拶。スカパーで見た万博ではベンチにドクターオクトパスが居たと思ったのだが、アレは別の人だったのだろうか? 
 正直監督はこのまま望月でいいと思うのですけど、GMはなんか代わりの風除けを準備しているようですね。
 
P1080337
 
P1080338
 
 とまれ勝って良かったです。いつ以来、って鹿島以来か。等々力では開幕戦以来。
 ジェシ抜きできびしい状態ですが、次の札幌も勝ちましょう、というか勝たなければなりません。
今回はここまで。

いくぞ札幌!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/17

12年J2第8節町田対栃木戦@野津田

 
DSC01167
 
 日曜には鶴川に。
 
DSC01169
 
 ここからバスで
 
DSC01173
 
 20分ほどで、山の中に。
 
DSC01180
 
 駐車場がフードコートになっていました。
 
DSC01176
 
DSC01182
 
 お腹空いたのでまずここに並んだのですけど、300円の割にボリュームも有って、焼きたておいしいかったです(^ ^)
 
DSC01177
 
DSC01179
 
 鳥が居ました。以前等々力で見たような気もします。
 
DSC01186
 
 お腹もくちたので、入場。
 
DSC01195
 
 今日はJ2第8節町田対栃木戦@野津田です。W杯前の時には私は行きませんでしたから、野津田は今回が初めてです。
 
DSC01188
 
 マッチディは無料配布でした。
 
DSC01189
 
 そこで目の当たりにしたのは! 
 
DSC01192
 
 「仮設メディアセンター」と呼ばれている謎の建物です。
 
DSC01193
 
 野津田はメインスタンドが全面改修中で、その下に有る必須設備も使えないため。本来ならJの試合も開催できないのですが、この仮設設備を造って必須設備を補うことでJから特別のお目こぼしを受けているのです。
(メインスタンドが無いと1万席を確保できてないような気がとてもしますけども)
 
P1070025
 
 メインスタンドは建設中で
 
DSC01198
 
 周辺も工事中です。なので一般客席はサイドスタンドとバックスタンドのみ。
 
DSC01203
 
 ちなみにトラックやその周辺は荒れ放題でしたけど、これは恐らく仮設メディアセンターを撤去した後にまとめて整備するのでしょうね。
 
P1070019
 
 5階建ての一番上はカメラ用のプラットフォーム。
 
P1070043
 
 4階には座席。記者席と関係者席、そして個室の中は貴賓席か? 
 
P1070045
 
 3階には放送席が見えました。
 1階と2階には他の必須施設、選手のドレッシングルームや審判の控え室、医務室にドーピングコントロール室、記者会見室などなどが入っているのでしょう。
 
 ちなみに野津田のメインスタンドは今年中に完成しますので、この仮設設備は1年足らずで撤去されますが、この設備自体は来年そのまま等々力メイン前に移築され、同じくメインスタンド改修中の代替設備として使う可能性が高いです。
 
DSC01199
 
 と。鳥とお子様方がスタンド前を周回。
 
DSC01200
 
 パレードだったそうです。
 
P1070028
 
 アウェイスタンド前から
 
DSC01204
 
 バックスタンド前を通って
 
DSC01206
 
DSC01207
 
 ホームゴール裏を通過して行ったです。
 そいえばホームが(メインから見て)右側なのね。恐らくはそっちの方が便利が良いからでしょうけど。
 
P1070032
 
 12時11分キーパー練習開始。シーマン登場。
 
DSC01211
 
 12時18分、フィールドプレイヤーも登場。
 
P1070046
 
 アウェイ側。
 
P1070047
 
 ホーム側。
 
P1070049
 
P1070050
 
 選手入場、仮設棟の脇から。
 
P1070051
 
 整列。
 


パノラマ。
 
P1070052
 
P1070053
 
 円陣。
 
P1070054
 
 ちなみにスタメンはこれを見てください。
 って、シーマンベンチかよ! ソノも、栃木のクッキーもサブ。
 ナツメはスタメン。そういえば、
 
P1070042
 
 この解像度では「棗」と表示するのは不可能のようです。
 
P1070056
 
 栃木ボールで前半開始。
 
P1070057
 
 ナツメ。
 
P1070062
 
P1070063
 
 前半から基本栃木の攻勢。
 
P1070073
 
P1070074
 
 ナツメは、いにしえの巨神兵(`3´)/を髣髴とさせるブルドーザーぶりでした。
 
P1070075
 
 今日は得点こそできませんでしたけど。早く帰ってこい。
 
P1070103
 
P1070104
 
 ほか栃木の攻撃が目立っていました。
 
P1070254
  
 ロスタイム不明(0分?)で前半終了。
 
 
DSC01214
 
 今日のすかーさま。
 そういえばホームA席に川崎シーマンユニの人が居ました。ゴール裏とは言っても端の方とはいえ、うーむ。
 
 
 
P1070257
 
 町田ボールで後半開始。
 
P1070282
 
 後半05分栃木。
 
P1070283
 
 ゴール前大きく振って崩して
 
P1070284
 
 ずどん。
 
P1070286
 
P1070287
 
P1070288
 
 栃木先制。<町田0-1栃木>
 
P1070310
 
 さらに後半10分、栃木今度はスローインから
 
P1070311
 
 切り込んで
 
P1070312
 
 ゴール。
 
P1070314
 
P1070315
 
 栃木追加点。<町田0-2栃木>
 
P1070328
 
P1070329
 
 これに対し町田は後半13分、ソノを投入。
 
P1070343
 
 さらに後半16分平本outでFW投入。
 
P1070378
 
 後半24分主審試合を止めて
 
P1070380
 
 栃木の松田監督の処に。なんか言ったんすかね。注意だけで終わりましたけど。
 
P1070414
 
 そして後半30分。栃木サビアが投入。
 
P1070444
 
 ちなみに入場者は3682人だったそうです。
 見た目アウェイ側のホーム席以外はそれなり埋まっていたのですけど。
 
P1070451
 
 後半36分栃木
 
P1070452
 
 サビアが突撃して
 
P1070453
 
 あっさりキーパーをかわして、ゴール。<町田0-3栃木>
 
P1070454
 
 サビアはそのまま
 
P1070455
 
 ゴール裏を抜け
 
P1070456
 
 アウェイスタンド前を通過して
 
P1070457
 
 まっすぐ
 
P1070458
 
P1070459
 
 ベンチにいた白パウの処まで走っていったのでした。
 
P1070474
 
 後半40分栃木、クッキーも投入。
 シーマンも見たかった。
 
P1070496
 
 後半43分、鳥は出て行ってしまいました。
 
P1070536
 
 ロスタイム4分の後半49分、町田も攻めますが
 
P1070537
 
 栃木は最後まで固かった。
 
P1070540
 
 試合終了。
 
P1070541
 
 町田0-3栃木
 
P1070542
 
 町田のチームもスタジアムと同じで仮設の状態、という事でしょうか。
JFLからJへ改築中。
 
P1070544
 
 栃木は大喜び。
 
P1070545
 
 ナツメをよしなに。でも、返してね。
 
DSC01221
 
 スタンドを出ると、さっき先に出た鳥が待ち構えていて見送ってくれました。
 
DSC01222
 
 帰りもバスで。往復600円。
 
DSC01225
 
 鶴川駅に戻って、来た道を
 
DSC01226
 
 そのまま戻るのも面白くなかったので、逆方向に町田へ出て、横浜線→菊名乗り換えで東横線と大回りで帰りました。町田に行ったのはもう何年ぶりか忘れましたけど、見ていないうちになんか変わってたです。
 そんなこんなの野津田行でした、おしまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/12

瓦斯戦でもカブを愛でる。特記事項無し。

 
おお、わがカブよ、光満つるその顔よ!
 
 では、カブをどうぞ。今回もおおむねいつもの面子です、
 なお川崎カブサポ以外の方が期待されるものはここにはありません。他を当たられますようお願いします。
 
 
DSC01057
 
 時刻は12時50分くらい、フロンパークにて。
 
DSC01060
 
 いつもの三人組登場です。
 
DSC01061
 
 と、通行の邪魔だったのか、係の人が誘導。
 
DSC01065
 
 大勢に取り囲まれて、フォトセッション開始。
 
dsc01071
 
 ポーズを取る三人
 
dsc01075
 
 なんか違和感がありますが、ここはこういうものです。
 

 
DSC01084
 
 時間進んで、14時くらい。スタジアムの中。
 
DSC01088
 
 にしてもふろん太この三角ポーズは何ぞや? 
 
DSC01093
 
 ここで前哨戦、“コ”ラシコです。
 
DSC01095
 
 よい子の皆様入場。
 
DSC01097
 
 整列。
 
DSC01098
 
 試合開始で、三人はピッチから外に。
 
DSC01101
 
DSC01102
 
 試合終了。トップもこのくらい点取らないと。取られなくても良いけど。
 
dsc01103
 
 写真撮影。
 
DSC01105
 
 散開。
 
DSC01107
 
 コムゾー「終わったねー」
 
DSC01108
 
 ふろん太「いや今日は他にも仕事があるよ」
 
DSC01109
 
 ふろん太「まずはこれ」
 すきすきーふろんたーれっ
 
DSC01110
 
 続いて、次の仕事。
 
DSC01113
 
 毎月はじめ恒例のバロンDole表彰、ボビーくん登場です。
 
DSC01114
 
 受賞者はレナトでした。
 
DSC01115
 
 例によって皮を剥く受賞者。
 
DSC01117
 
 毎度の事ながら、なんか変なセレモニーです。
 
DSC01121
 
 これでボビーくんの仕事は終わり……と思ったら。
 ボビーくん「さぁボクをお食べ!」
 
DSC01123
 
 ボビーくんはキーパー出迎えにも参加していました。
 
DSC01124
 
 カブ「がんばれー」
 
P1060253
 
P1060256
 
 ボビーくんはその後メイン前のフィールドプレイヤー出迎えには参加していませんでしたけどね。
 

 
DSC01128
 
 すこし時間が進むと、もう試合開始直前です。
 
DSC01131
 
 ふろん太も横縞モードに。
 
DSC01137
 
 ピッチの中に移動。
 
dsc01141
 
 ラジオ実況解説「いまなら勝てますよ、3対1ですし」
 
dsc01147
 
 そう、三人が力を合わせれば恐い物はありません。
 今度は勝利が恐い。
 
P1060258
 
 選手入場。
 
P1060259
 
 礼。となるともちろん
 
P1060260
 
 相手選手と握手。
 
P1060263
 
 審判とも握手。
 
P1060264
 
 写真撮影。
 
P1060266
 
 礼。
 
P1060267
 
 試合前の仕事終わり。
 

 
dsc01153
 
 ここからはハーフタイムです。
 
dsc01154
 
 いつものようにスタンド前を周回します。
 
DSC01156
 
 なぜか立ち止まって、フォトセッション。
 
DSC01160
 
 なんやかんやで、メイン前に戻ってきました。
 ……今回も結果がアレでしたので、試合終了後の写真は無しです。
 と言うわけで、今回はここまで。次回こそは気持ちよく最後まで写真を撮る気にさせておくれ。。
 
 次のカブの出番は、4月18日 ナビ杯 対仙台戦です。
 



 
 2011年のカブ
2012/01/22 新体制発表会
03/24 対新潟戦
03/31 対桜大戦
 
 2011年のカブ以外
2012/03/03 J1マスコットまつり
 
 ※ある程度貯まるまでは、以下も残しておきます。
 
2011年のカブ
03/05 対山形戦
 
04/23 対仙台戦
05/03 対磐田戦
05/15 対鹿島戦
05/29 対脚大戦
06/11 対甲府戦
06/18 対広島戦
・2011年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:大人の事情で別枠の始球式
  その3:ハーフタイムYMCA編
07/16 対柏戦
07/27 ナビ杯 対広島戦
07/30 対浦和戦
08/06 対桜大戦
08/24 対名古屋戦
08/31 スポンサ激励会
09/04 ファン感謝デー
09/11 対神戸戦
09/24 対清水戦
09/28 ナビ杯 対まり戦
10/04 天皇杯 対高崎戦
10/16 対新潟戦
11/03 対大宮戦
11/16 天皇杯 対大分戦
11/26 対まり戦
12/17 天皇杯 対湘南戦
 
 2011年のカブ以外
04/02 対福横縞戦(練習試合)
08/13 熊本対大分
10/01 対甲府@小瀬
10/22 対仙台@ユアスタ
10/23 草津対北九州
11/23 ふろん太対COOL
2012/01/01 京都対瓦斯
 
 
 過去のカブ
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 ・2008年の「マスコット全員集合!祭り
2009年のカブ
 ・2009年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
2010年のカブ
 ・2010年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:ハーフタイムYMCA編
2011年のカブ
 ・2011年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:大人の事情で別枠の始球式
  その3:ハーフタイムYMCA編

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012/04/11

12年J1第5節川崎対瓦斯戦@等々力

 
DSC01041
 
 サクラ咲く等々力です。
 今回も短い&早くも愚痴モードですので、それがお嫌な方はこの桜のみ見てお帰りください。
 
DSC01043
 
 その一番奥だけ咲いていません。
 
DSC01046
 
 時間間違ってフロンパーク開園前に現地到着。とちゃんこの処にはもう赤青い人達が列を作っていました。
 
DSC01048
 
 何故か花輪がありました。
 
DSC01051
 
 恒例小菅村のヤマメの塩焼きも食べたです。
 
DSC01079
 
 チケットはほぼ完売のため現地販売は無し。
 
DSC01083
 
 今日の試合はJ1第5節川崎対瓦斯戦@等々力です。
 
DSC01125
 
 15時15分キーパー練習開始。
 
P1060257
 
 15時23分フィールドプレイヤー練習開始。
 
DSC01129
 
 瓦斯スタメン。
 
DSC01135
 
 川崎スタメン。今回はヤジレナトゆうのFW三枚という攻勢配備。
 
DSC01136
 
 審判スタメン。主審は勝手にジャッジを調整するなです。
 
DSC01139
 
 アウェイの皆様。
 
DSC01146
 
 ラッパ隊。
 

 
 ホーム。コレオ。見にくいけど。
 
P1060269
 
 円陣。
 
P1060271
 
 川崎ボールで前半開始。
 
P1060568
 
 前半はすっとばして、42分。
 
P1060569
 
 小林ゆう潰されて
 
P1060570
 
 瓦斯長谷川アーリアに黄紙。
 
P1060611
 
 前半はロスタイム1分で終了。
 
 
 
DSC01151
 
 今日のすかーさま。
 
DSC01159
 
 映画「テルマエ・ロマエ」関連の始球式は5月3日に実施とのこと、でも来るのは宍戸開。
近くで「阿部寛じゃないのかよー」という声が聞こえたような気がする。
 
 
 
P1060613
 
 ここからこの監督の座に居座っている人の勝たないための活動が本格化します。
 
P1060615
 
 瓦斯ボールで後半開始。
 
P1060626
 
 後半開始早々の02分、またアーリア。
 
P1060627
 
 憲剛倒して
 
P1060628
 
P1060631
 
 黄色二枚目の赤で退場。
 でもこれを有利にできないのが相馬川崎。
 
P1060647
 
 後半05分
 
P1060648
 
P1060649
 
 押し込んだがファールがあったとして試合を止めた主審は
 
P1060650
 
 勢いのままゴールしたレナトに
 
P1060652
 
 黄紙を。さっき瓦斯にレッドを出したので、川崎にも黄色を出してバランスを取ります。
 
P1060654
 
 後半06分瓦斯はにゅーを早めに出して米本in。
 
P1060670
 
 後半08分川崎
 
P1060673
 
 ゴール前に寄せ、
 
P1060674
 
 レナトのシュートしかし枠には行かず。
 
P1060703
 
 後半12分レナト突撃
 
P1060704
 
 これはペナルティエリア内で倒されて止められたが
 
P1060705
 
 ノーファールだそうだ。
 
P1060847
 
 後半30分瓦斯交代、ヤザーout ソータンin。
 
P1060849
 
 そして川崎もやっと交代、タッピーout、イナin。って、なんでここでこの交代? 
イナをいれて憲剛を前に出すと言うことらしいけど、うーむ。
 
P1060870
 
 そして3分後の川崎のつぎの交代は、レナトout ルイin。
 なぜレナトを下げる? 
 
P1060877
 
 今日の入場者は2万0996人とのこと。
 実質的なフルハウス。これが今年のマックスになるのかな。
 
P1060945
 
 そして後半42分。メイン側右CK、石川ナオ。
 
P1060946
 
P1060947
 
 どん。
 
P1060948
 
 失点。<川崎0-1瓦斯>
 
P1060961
 
 後半45分。失点して慌てて山瀬投入、コーセーout。山瀬入れるにしても遅すぎるわ! 
 
P1060964
 
 瓦斯は太田負傷でout 椋原in。
 
P1060969
 
 この負傷関係でロスタイムは6分となりましたが
 
P1060975
 
 コーナーで時間を潰され
 
P1070008
 
P1070009
 
 終了間際にFKを獲得しても
 
P1070013
 
 その時にはすでに必殺兵器のレナトが居ない! 
 なぜレナトを下げたのか! 
 
P1070014
 
P1070015
 
 壁でクリアされて
 
P1070016
 
 試合終了。
 
P1070017
 
 川崎0-1瓦斯
 
 浦和の時は最後の一人以外はそんなに違和感は無かったのですけど。今回に至っては(浦和の時も含めて)なんて消極的な交代策、と呆れざるを得ないです。
 そもそも後半早々から相手一人少ない状態なのだから、もっと早めに攻勢に出るべきだった。なのに後半30分までフリーズした揚げ句、最初の交代がタッピーout でイナin。
 私ですら、最初の交代をもっと早めに打つべきと思いましたし、タッピー下げるなら入れるは山瀬と思ったですし、それができない理由があるならここでルイ投入とも。
 かと思ったらルイ投入でレナトを下げてしまって、FKでの必殺剣を自ら鞘に納めてしまう。
 揚げ句に失点したら慌てて山瀬投入。ロスタイム+αの時間で何ができるというのか。
 要するに交代策に「勝つための意図」がまったく感じられない。むしろ「勝たないための意図」が見えてしまう。
 
【川崎F】1人多かったのに…落胆

 後半1人多い状況で敗戦した川崎F相馬直樹監督(40)は、落胆を隠せなかった。同3分に東京MF長谷川の退場で優位に立つはずが、同42分に決勝点を奪われ敗戦。「決めるべき時に決めないと、こういうことが起こるのがサッカー。結果は私に責任がある」と話した。(日刊スポーツ)

 
 「結果は」ではなく、その結果に至るまでの「過程」にも責任を感じてください。今回は明らかに過程で間違っています。
 
 相手が少ない状態で点を取るために積極的に動けないのでは、いつ動くのか。
 ホームで勝たずしてどこで勝つというのか。
 
 勝つための、自ら宣言した通りの「タイトルを取るため」の戦いができないのなら、もはやそれは監督では無いでしょう。(監督の器がない、もしくは監督の素養がない、とかでも良いです)。
 
※それとも鹿島があの状態では「勝つわけにはいかない」のか? 
 
DSC01163
 
 競技場は早くもブーイングに包まれました。
 これは負けたからではなく、「勝つための戦いをしていない」人に対してです。
 
DSC01165
 
 すべてはこの人が悪い。「監督の座に座っている人に勝つ気が無い」。
 そしてブーイングの対象は、そういう人を上に据えたまま「この2年間をドブに捨てようとしている」フロントに対してです。素養もない監督を育成することが勝つことよりも重要という姿勢を崩さないなら、それはブーイングも起きるでしょう。
 そうでないというのならばフロントは「監督がこのままで無ければならない理由」を早急に明示するべきですね。 まぁはっきりと、現川崎フロントは「元代表で早稲田閥、将来のJFA幹部候補の経歴に傷を付けることはできないJFAの犬です」と宣言してくれた方がまだ気が楽ですね。
 
DSC01166
 
処で、
 今回ヤジ+小林ゆう+レナトの3トップと、意識して攻撃的布陣に代えてきたのは「相馬らしからぬ」というか「別の人の意図」を感じはしたのですけど。(これが相馬の意図というなら迷走しています。攻撃的なスタメンに対して交代は攻撃的ではなかったのですから、ちぐはぐです)
 それならばもう今後は、試合中の交代なども「別の人の意図」で行ってください。
 フロントに監督を交代させる気が全くないのは判っています。相馬は負けた時に非難を一手に引き受けることで「別の人」および他のスタッフを守る仕事に専念して頂きますようおねがいします。
(それができるのはラモスやカズシのような偉大な戦歴を持った人だけです)
 
 リーグ戦、このあとは「ここまで無勝」のクラブのアウェイ連戦、脚大と札幌です。鳥栖に今年初勝利を与えて調子に乗らせたように、ここでこの2クラブに勝ちを与えると、もう「再び今年も」残留戦線に引き摺りこまれてしまいます。ここからのアウェイ連戦が早くも正念場ですね。
 
 
 相馬が今年のどこかで解任もしくはシーズン終了後に任期満了となったとしても、「この2年間をドブに捨てた」ことに対しての責任は誰が取るのでしょうかね? 
 
 
 
(2012/04/11 追記)
↑ということを書き殴って寝て起きて会社から帰ってきた時には、相馬はすでに過去の人になってしまっていました。
相馬直樹監督 契約解除のお知らせ
川崎フロンターレでは、相馬直樹監督との契約を本日4月11日(水)付けで解除しましたので、お知らせ致します。
なお、本日の練習より、暫定的に望月達也コーチが指揮を執ります。また、後任の監督に関しましては、正式に決定次第お知らせ致します。

 実際この週末からまたナビ杯を挟んだ連戦になりますし、決断するならこのタイミングとは思いますけども。
 ただクラブ側から切るにしてはタイミングが変です。切るには何ヶ月も遅すぎますし、そのまま相馬用の大幅補強、相馬に対応できる経験有るコーチまで揃えて2年目に突入した以上は、この1年も相馬と心中するつもりでなければ「クラブフロントの覚悟が足りなさすぎます」。去年は「相馬長期政権」を目指してやってきていた節が有り有りでしたし、それを前提としていたからこそ去年を捨てることもできたのですから。それが瓦斯戦程度の醜態を一度見せられたくらいで音を上げるのは違和感が多すぎます。 
 それこそクラブ側の本音は、相馬のコメントとしてクラブから提示されている「この2年目のシーズンはチームの中身としては一歩づつ前に進んでいる感覚を持っており、ここからだと思っていました」では無いかと。この言葉自体相馬自身の言葉としては、直近に出されたとされている「結果は私に責任がある」と大きく噛み合いませんし。
 ちなみに私自身は、今年いっぱいは望月監督のままで良いのではないかとはお思います。そういう意味でも相馬を解任させるぐらいなら「(風除けとして)案山子として立てておけ」という意見でした。実際フロントも最悪の事態ではそうする(監督そのままに実質指揮権を望月に渡す)つもりで、解任を考えるとはとうてい思いません。
と言うわけで、
 実際は「辞任」だけど、クラブ側の温情で表向きは解任という形にした、といった処ではないかと私は推測しています。そう考えた方が川崎フロントっぽいですし。あれだけの面子を揃えてあの体たらくを見せられて、その上で温情を与えるほど甘いクラブなのかといえば、まぁそうでしょうから。
 
 ともあれ、クラブフロントの失策によって去年1年間をまるまる無駄にしたことは確定したわけです。
この件の責任者は、どう責任を取ってくれますやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/06

DMC-G3を購入しました(2011年12月に)

 
 久しぶりにガジェット系ネタを。
 
最初に私のデジカメの遍歴を。
 初めて買ったのはキヤノンの"PowerShot A50" 2000年よりも前だったはず。
その後、LUMIX DMC-FZ1(甲府で大雨にやられて死亡)→LUMIX DMC-FZ2(初代の死亡を受けて急遽ヨドバシアウトレットで中古を購入)→LUMIX DMC-FZ7(引退。実家に置いてきた)→そして2009年にソニーのサイバーショット DSC-HX1を。
 
 上記通り、ここまではずっと望遠レンズ付きコンパクトデジカメを使っていました。当時はまだ「デジタル一眼」と言われるカメラは高価な部類でしたし、私自身そこまでのスペックが要るとは思ってなかったですから。
 
 とはいえこのHX1、これで十分満足だったかと言えばいろいろ不満もそこかしこに。
1)ズームが電動のため、激しい動きに追随できないことが多々。
2)連写ができない。10枚くらいは設定でできるが、やると撮影後にかなりの待ち時間ができてしまう。
3)メモリースティックの使用を強いる。マイクロSDにメモリースティックのアダプタ付けて使ったらカメラに怒られた。
4)シャッターが落ちるまでに時間がかかり、また再度シャッターが押せるようになるまで間があるのでシャッターチャンスを結構逃した。
 
 そんな処です。後はレンズが若干暗い=ナイトゲームでブレブレに、という難点も有りますけどこれは腕の問題でも有るでしょうから。
 
※あとソニーの写真管理方法が9999枚でループする(一万枚毎に同じファイル名になる)という問題点も有りました。ただこれは、管理時にexifデータを使って撮影日付時間付きの名前にリネームするという方法で対処するようにしました。この管理方法自体は自分自身にも判りやすいですから、今でも他のカメラで写した写真についても同じ処理を通して整理しています。
 
 
 そして2011年12月11日です。
 
DSD09071
 
 なぜか関西の旅行中、大阪駅の変貌にうっかり降りてしまったのが運の尽き。
 
DSD09080
 
 なぜか梅田のヨドバシカメラにて買ってしまいました、デジカメを。
 
DSD09081
 
 買ったのはパナソニックのDMC-G3。所謂ミラーレスのレンズ交換式カメラです。今回はダブルズームキットで購入しました。まぁ実のところはこの以前から、カメラの買い直しについてもつらつら考えてはいたのですけどね。なぜか大阪で購入に勢いが付いてしまいました、何故かは不明。
 
DSD09082
 
 合わせて8GのSDカードと、レンズプロテクターを一枚。
 これで込み込みで7万円ほど(-ポイント分)ですから、まぁなんとか無理をしないで済む範囲でした。というか定価では10万越えているのに、発売から半年くらいでここまで値段が下がっているというのも何かひどい。
 なおついたポイントで充電池の予備を買うつもりでしたが、梅田には在庫が無かったのでここでは購入できず。
(12/18に川崎ヨドバシに買いに行ったらこちらも在庫なしとのこと。ううむ。結局この場で在庫があるところを確認してもらい、比較的近場(上大井)だったのでそこまで移動しての購入となりました、はい)
→結局追加で汎用ソフトケース、レンズプロテクターを追加。それとレンズキャップ紛失防止ワイヤーを2本(フタに接着)なと、こまごまとしたものを購入したです。
 
話を大阪に戻して。
 
DSD09074
 
 梅田のヨドバシで買った後、神戸のモザイクでちまちまセットアップして、最初の写真を取りました。
 
Q1000001
 
 これが記念の1枚目。
 
 以下はここまで使ってみての感想です。
 
1)ズームは手動になりましたので、必要に応じて即座に変えることができるようになりました。慣れてないから当初は「どっちに回せばいいのか」判らなくなることもありましたけど、そのうちに慣れました。
2)通常でもシャッターが落ちてから復帰するまでの時間が短縮されていて、通常でも必要な連写ができそうです。
3)パナソニックなので、SDカードで安心です。
 
 さらに良くなった点
a)画質が良くなったような? まぁ一枚当たりの容量も倍増していますけど。
b)ブレが減ったような。レンズの口径が大きくなった分明るくなったようです。またオートフォーカスが早くなったことも関係していそう。
c)ビューファインダーも鮮明になった。これは単純にVF内部の液晶が大きくなっているだけですけど。

 対して、良くない点。
x)重くなった。元より重くなることを嫌ってコンパクトデジカメにしていた処もあります。重く大きくなると、取り回しにくくなりますし。DMC-G3は、それでもレンズ交換型では軽い方とは思いますけど。
y)電池の保ちが悪くなった。一試合を電池一個で取り切れなくなりました。
予備バッテリー必須です。
 
dsc01040
 
 というわけで、予備として純正バッテリを1個、非純正バッテリを1個購入しました。これで2試合の時でも大丈夫でしょう。
 →と思ったら、充電池自体が慣れて来たのか、今では千枚近く撮影しても電池交換なしで済むようになってきました。まぁ後半心許なくなったら充電池を交換するようにしていますけど。
 
dsc01039
 
z)望遠レンズを取り付けているのですが40mm相当~200mm相当で、広角撮影ができない。もちろんレンズを交換すれば良いのですけど、正直レンズ交換は特に外では極力避けたいです。
 また、HX1の有る意味「飛び道具」だった「パノラマ撮影」機能も無いです。
 →この項目を解決する方法を模索したのですが、結局簡単な解決策で。
「広角用のサブカメラを用意する」。もちろんパノラマ撮影もこちらということで、
 
p1060252
 
 というわけで、SONYのコンパクトデジカメ(WX7)も追加で購入することにしました。尤も、これもSDメモリー込みで1万5000円くらいでした。こっちも本体価格は定価の半分近い。
 広角と言っても25mmですが、撮影時にはこれを併用することでワイドな写真も賄うことができますし、「パノラマ」もこれまで通りに撮影できます。
 

 
 これはWX7で撮った「パノラマ」写真。(2011/12/31 高校サッカーの際)。
 過去に上げているパノラマ写真と比べても遜色ない写真になってるとは思います、このブログではね。
 
 またWX7は手のひらに収まるサイズですから、「気ままなスナップ写真」も撮りやすくなりました。
 先に書いた、DMC-G3に変えてから失った「取り回しのしやすさ」も、WX7で補っている感じです。。
(そしてG3の電池か切れたときの緊急用としても。実際湘南戦ではまたG3の予備バッテリを用意していませんでしたから助かりました)
 
 
 書いた通りでDMC-G3(とWX7)は、去年末の天皇杯湘南戦から撮影に使用しています。
 
DSD00002
 
 これがWX7での2枚目(1枚目は何を撮ったのか、保存してませんでした)
 
Q1000003
 
 そしてこちらがDMC-G3での3枚目です。
 この試合以降の写真は、基本的にDMC-G3とWX7を使い回しながら撮っています。
 まぁこのブログに上げるくらいに縮小してしまうと、カメラの差もそうは判らないような気もしますけどね(^ ^;)
 
 
ちなみにDMC-G3のダブルズ-ムキット、5万6千円弱まで下がっているのですね。私買ってからまた4ヶ月しか経っていないのに……
Cybershot WX7は、ホワイトは1万5千円弱と、そんなに安くなってないけど。
ピンクは1万3千円弱か)※共に2012/04/05現在、amazonにて。
 
 
おまけ。
 
Q1000002
 
 DMC-G3で撮った2枚目の写真。朝ホテルで撮ったみたい(^ ^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/04/01

12年J1第4節浦和対川崎戦@玉スタ

 
DSC01016
 
 大風の小杉から。
 
DSC01018
 
 バスツアーで。
 
DSC01019
 
 行きは1時間半ほどで現地に到着。
 
DSC01022
 
 Aビジター専用入り口から
 
DSC01024
 
 隔離エリアに。
 
DSC01025
 
 今日はJ1第4節浦和対川崎戦@玉スタです。
 
DSC01027
 
 14時15分、キーパー練習開始。
 
P1050411
 
 14時22分、フィールドプレイヤー練習開始。
 
P1050414
 
 この頃には冷たい雨が降っていました。
 
P1050416
 
 川崎スタメン。
 ケガということで、西部とサネが居ません。
 浦和はまとめ表示無かったので略。
 
P1050417
 
 審判スタメン。
 家本は基本浦和に有利な笛を吹いて、浦和のファールは極力取りませんでした。
 そのため浦和側が荒くなってしまい、後半家本でもカード出さざるを得ないプレイが続出してあの結果です。
 意図の有無はおくとして、審判が試合を制御できなかったのは確かでしょう。
 
P1050419
 
 整列。
 
P1050420
 
 写真撮影。
 
P1050421
 
 円陣。
 
P1050422
 
 川崎ボールで試合開始。
 
P1050430
 
 前半02分川崎
 
P1050431
 
 突撃レナト倒されて
 
P1050432
 
 FK、レナト。
 
P1050435
 
 ゴール前で合わせられずクリアされた。
 
P1050436
 
 メイン側左CK、レナト。
 
P1050437
 
 ジェシ合わせたが
 
P1050438
 
 これもクリアされた。
 
P1050442
 
 前半03分川崎
 
P1050443
 
 右からユースケゴール前に上げたが
 
P1050444
 
 これもクリアされた。
 
P1050445
 
 前半03分右CK、憲剛。
 
P1050446
 
P1050447
 
 ゴール前の混戦は
 
P1050448
 
 川崎のファールを取りました。
 
P1050482
 
 前半09分浦和
 
P1050484
 
 押し込まれて
 
P1050485
 
 どん。
 
P1050487
 
 浦和先制。<浦和1-0川崎>
 
P1050502
 
 前半12分コミ押し上げて
 
P1050504
 
 ルイが飛び込んだがゴール際でクリアされた。
 
P1050506
 
 川崎右CK、今度はタッピー。
 
P1050507
 
 レナトが押し倒されているように見えますけど
 
P1050508
 
 これももちろん家本には川崎のファールです。
 
P1050518
 
 前半14分川崎
 
P1050519
 
 また右、ユースケサイドから
 
P1050521
 
 ゴール前に放りこみルイが飛び込んだが、うまく合わせられず枠に行かず。
 
P1050538
 
 前半17分浦和が倒れると
 
P1050539
 
 すかさず川崎のファールを取る家本。
 
P1050603
 
 前半25分コミ押し上げ
 
P1050605
 
 山瀬が押し込み
 
P1050606
 
 シュートはキーパーキャッチ。
 
P1050628
 
 前半29分浦和CKからのカウンター、タッピーが切り込み
 
P1050630
 
 ゴール前に押し上げたがクリアされた。
 
P1050631
 
 前半29分左CKはレナト。
 
P1050632
 
 クリアされたが
 
P1050635
 
 ボールを回してタッピー遠目からのシュート
 
P1050636
 
 キーパー正面でキャッチ。
 
P1050640
 
 前半30分浦和押し込む
 
P1050641
 
 安藤ゴール前で
 
P1050642
 
 振り切られたが
 
P1050643
 
 そこからの攻め込みは森下が対応。
 
P1050644
 
 あんちゃんあぶねえぞ。
 
P1050657
 
 前半32分浦和にまた押し込まれた
 
P1050658
 
P1050660
 
 ゴール前左右に振られたが
 
P1050661
 
 最後のシュートは枠には行かず。
 
P1050677
 
 前半34分レナト掴まれて
 
P1050679
 
 さすがにこれはファール。
 
P1050680
 
 FK、蹴るのはレナト。
 
P1050683
 
 キーパーキャッチ。
 レナトのFKが正確無比なのは良いけど、今は直接ゴールを狙いすぎているような。
 
P1050723
 
 前半40分川崎スローインから
 
P1050725
 
 コーセーのシュート
 
P1050726
 
 枠には行かず。
 
P1050774
 
 ロスタイム1分で前半終了。
 
 
 
DSC01028
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
P1050776
 
 浦和ボールで後半開始。
 
P1050777
 
 川崎ハーフタイムで山瀬out ヤジin。
 負けているときの選択として早めのヤジ投入てのは、相馬らしからぬ速い判断です。
 
P1050781
 
 後半開始早々左から
 
P1050782
 
 押し込んだが
 
P1050783
 
 ゴールには寄せられず。
 
P1050797
 
 後半03分川崎スローインから
 
P1050798
 
 ぺナルティエリアに突撃
 
P1050799
 
P1050800
 
 エリア内で背後から脚を払われて倒されたのですが、それは真っ正面の位置に居た家本には見えません。
 
P1050806
 
 後半04分川崎メイン側右CK、憲剛。
 
P1050807
 
 ゴール前ジェシが合わせたがボールは逸れ
 
P1050808
 
 クリアされた。
 
P1050847
 
 後半09分レナトから
 
P1050848
 
 左のコミに回し
 
P1050849
 
 ゴール前に戻したがルイ合わせられずクリアされた。
 
P1050851
 
 川崎メイン側右CK、憲剛。
 
P1050852
 
 キーパー弾き上げた。
 
P1050856
 
 そのまま浦和のカウンター
 
P1050857
 
P1050858
 
 ゴール前でなんとか
 
P1050859
 
 防御。
 
P1050864
 
 後半10分川崎
 
P1050866
 
 ゴール前に寄せたタッピー、ループシュート
 
P1050867
 
 しかし浦和キーパー反応して弾きだした。
 
P1050868
 
 浦和交代、矢島(慎)out 、丸塩in。
 
P1050870
 
 川崎バック側左CK、レナト。
 
P1050870
 
 キーパー直接キャッチ。
 
P1050882
 
 そして後半13分。
 
P1050885
 
 ユースケが上げたボールを
 
P1050886
 
 ゴール前ルイが頭で折り返して
 
P1050887
 
 最後は9番がが決めた! 
 
P1050889
 
P1050891
 
 川崎追い付いた!<浦和1-1川崎>
 
P1050893
 
 得点は川崎の9番、中原! 仙台から移籍してきた中原の川崎での初ゴールです! 
 
 
 
P1050902
 
 あ、後で得点者はヤジに修正されましたです(^ ^;)
 
P1050905
 
 さらに押し込む川崎、
 
P1050906
 
 これはゴール前のヤジには合わせられず。
 
P1050908
 
 その際にジェシが槙野に激しくやられ
 
P1050910
 
 あの頑丈そうなジェシが動けなくなるくらいのアタックですからには、これには家本も黄紙を出さざるを得なくなります。
 
P1050911
 
 というか浦和のファールは極力取らなかったからこそ、浦和側のファールが激しくなってしまったところもあります。家本の本骨頂、カードでの試合制御が始まってしまったのは、元より家本が試合をきちんとコントロールできていなかったから。
 
P1050914
 
 川崎FK。レナト。
 
P1050916
 
P1050917
 
 
 ゴール前でジェシが頭で合わせたがボールは枠の上。
 この時浦和の選手がゴールネットを破いてしまいました。
 
P1050922
 
 浦和二枚目の交代、ケイタout 山田ノブin。
 
P1050925
 
P1050926
 
 ここで試合は中断、ゴールネットの修復。
 
P1050933
 
 3分ほど試合は中断しました。
 
P1050974
 
 後半25分
 
P1050975
 
 ユースケ、阿部に足払い掛けられて
 
P1050976
 
 阿部には黄紙。
 
P1050996
 
 後半27分川崎
 
P1050997
 
 憲剛がゴール前に送り出したが
 
P1050998
 
 タッピー合わせられず。
 
P1060004
 
 後半28分ルイ突撃をこれも足払いで止められたがゴールはレナトが取り
 
P1060005
 
 そのまま押し上げて
 
P1060006
 
 シュート、しかしキーパー手に当てて弾き上げた。
 
P1060008
 
 で。脚を掛けて止めたのはまた阿部で。
 
P1060009
 
 また黄紙、二枚目で
 
P1060010
 
P1060014
 
 赤紙、退場。
 
P1060012
 
 川崎右CK、憲剛。
 
P1060015
 
P1060016
 
 キーパーキャッチ。
 
P1060022
 
 後半30分浦和はFWポポout DF濱田in。
 
P1060027
 
 後半31分川崎ユースケ
 
P1060028
 
P1060029
 
 しかしゴール前ルイ合わせられず。
 
P1060030
 
P1060031
 
 後半31分積極に対し家本は躊躇無く憲剛に黄紙。もはや止まらぬカードの乱舞。
 
P1060045
 
 この日の入場者数は2万5743人だったそうです。年を追うごとに少なくなっているような? 
 
P1060067
 
P1060068
 
 今度は槙野がレナトに激しく当たりすぎて
 
P1060070
 
 これも黄色二枚目の赤紙。
 
P1060072
 
 抗議しても相手は家本です。
 
P1060077
 
P1060078
 
 これで浦和は9人。
 
P1060079
 
 川崎FK、レナト。
 
P1060081
 
P1060082
 
 クリアされた。
 
P1060120
 
 後半39分
 
P1060121
 
 コミ押し込んでのシュート
 
P1060122
 
 枠には行かず。
 
P1060123
 
 後半39分川崎最後の交代はルイout、小林ゆうin。
 ここでゆうを入れるのは判りますけど、相手2枚居ないのだから後ろ削ってのゆう投入で力押しにはできなかったのか? 
 
P1060127
 
 後半40分川崎
 
P1060128
 
 ヤジが押し上げて
 
P1060129
 
 タッピーのシュート
 
P1060130
 
 しかしキーパーキャッチ。
 
P1060138
 
 川崎さらに押し込むが
 
P1060139
 
P1060140
 
 浦和がんばります。
 
P1060184
 
 後半44分川崎バック側左CKタッピー。
 
P1060188
 
 回した後最後はゴール前タッピーのシュート
 
P1060189
 
 しかしキーパーキャッチ。
 
P1060213
 
 後半ロスタイムは5分、こうなると浦和は
 
P1060214
 
 恥もかなぐり捨ててコーナーキープで鹿島る作戦に。
 
P1060223
 
 ホームでこれで良いならそれで良いです。
 
P1060228
 
 後半49分川崎GKから押し上げ
 
P1060233
 
 遠目から
 
P1060234
 
 ジェシのシュート
 
P1060235
 
 僅かに枠には行かず。
 
P1060247
 
 後半50分ぴったりで、家本は終了の笛を吹きました。
 
P1060250
 
 浦和1-1川崎
 
P1060251
 
 2人退場まで追い込んだのですから勝って欲しかったのは確かですが、先行されて引き分けまで持ち込んだことを良しとしますかね。
 
DSC01029
 
DSC01030
 
 監督の交代策も良い方向に転じているようですし。ケガ人は心配では有りますが。
 
DSC01031
 
 今日は負けなかっただけ良しとします。
 
DSC01035
 
 と言うわけで
 
DSC01036
 
 試合終わった頃には雨も止んでいたのは難ですけど、帰りもバスで。高速乗るまでに若干時間がかかりましたけど、2時間ほどで小杉まで帰ることができましたです。
 
 今回はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« março de 2012 | Main | maio de 2012 »