« 東欧見聞日記2012(#06)06/26-1:ヴィエリチカ岩塩坑 | Main | 東欧見聞日記2012(#08)06/27-1:アウシュヴィッツ&ビルケナウ »

2012/06/28

東欧見聞日記2012(#07)06/26-2:クラコフ徘徊(2)シンドラーの工場

 
DSC02764
 
 ヴァヴェル城の処で降ろしてもらいましたので、そのままお城へ
 
DSC02767
 
 てくてく歩いて
 
DSC02768
 
DSC02771
 
 入り口へ。
 
DSC02772
 
 ここでは特にお金払ってさらに奥までは入りませんでしたけどね。
 
DSC02774
 
 と、あやしげな表示が。この看板に従って進むと
 
DSC02775
 
 行きに通り過ぎたときには気が付かなかったここに。龍の洞窟だそうです。
 
DSC02776
 
 3zl払って、また地下へ。螺旋階段をグルグルと。
 
DSC02783
 
 着いた先は洞窟でした(^ ^)
 
DSC02785
 
 でも肝心の龍は居ない……と
 
DSC02786
 
 穴を抜けるとそこに
 
DSC02787
 
 居ました。
 
DSC02792
 
 お城の真下を突っ切って反対側に抜けていました。
 
DSC02794
 
 さて、ここから「シンドラーの工場」へ移動します。これが事前にチェックしていた「地球の歩き方」にも場所が明示されておらず、行き方に困る人も少なくないようなので、ここで行き方を詳しく説明します。と言っても私も多少迷ってしまいましたけど。
 
DSC02850
 
 トラムの場合、最寄り電停はここ"Plac Bohaterów Getta"です。町中からは7・9・11・13・24番などに乗って(現地で再確認を)、ヴィスワ川を渡ったすぐの電停で降ります。
 若干戻る方向で、このビルの間の道に進むと
 
DSC02804
 
 この表示板があります。EMALIAつまりホウロウ。「Oskar Schindler 工場として知られている場所」です。
 
DSC02805
 
 道に沿ってしばらく進みます。他所うらびれた工場街という感じで、日が暮れた後に行くのは止めた方が止さそう。
 
DSC02806
 
 随時立っている表示板を見ながら進みます。
 
DSC02807
 
 すると5分も掛からず、電車の駅に到着します。
 
DSC02808
 
 この駅の下をそのまま通過。
 
DSC02809
 
 線路を越えると
 
DSC02810
 
 もう少しです。
 
DSC02811
 
 さらにうらびれた中を抜けると
 
DSC02812
 
 そこにこのビルが。
 
DSC02814
 
 シンドラーのホウロウ工場だった場所です。
 
DSC02815
 
DSC02817
 
 実際にはこの建物は事務棟で、工場本体はその背後に在ったようです。
 
DSC02818
 
DSC02820
 
 現在は中は歴史資料館となっていました。17zl。この時点での展示テーマは"Krakow Under Nazi Occupation 1939-1945"となっていましたから、「ナチ占領下のクラコフ 1939-1945」てな処でしょうか。
 
DSC02823
 
 時間経過を追いながら、占領下時代のクラコフの様子や人々の暮らしを展示していくという感じでした。
 
DSC02824
 
 ナチ台頭時代の展示は足元もこの状態。いや、ハーケンクロイツを踏み付けろという意図か。
 
DSC02828
 
 2階(日本で言うところの3階)にはこのようなインスタレーションが
 
DSC02830
 
 この部屋に。オスカーシンドラーの事務室です。
 
DSC02833
 
 窓から外を見ると、実際の工場が在った場所には建物が建っています。これについては後で。
 
DSC02835
 
 そんなこんなで、ナチ占領時代が終わると
 
DSC02836
 
 次に来たのは「赤の時代」だったのでした。うーむ。意図的だろうけどなんとも恐ろしい結末。
 
DSC02837
 
 展示場最後に在ったインスタレーション。「選択の部屋」と
 
DSC02841
 
 焼けこげた書類の山。なんだろう? 
 
DSC02842
 
 さて事務所の裏、実際の工場跡ですが現在そこに在ったのは
 
DSC02843
 
 MOCAK"Muzeum Sztuki Współczesnej w Krakowie"クラコフ現代美術館でした。最近できたようです。
 
 
DSC02846
 
 旧事務所棟の背後に
 
DSC02845
 
 工場の形を模して造られていました。
 
DSC02847
 
 ついでだからここも中に。通常は10zlのはずですが、お金を払おうとしたら「今日は無料で良いよ」とタダチケットをもらいました。
 
DSC02848
 
 現代芸術ですからよく判らない物も多かったですけど、スポーツをテーマにした作品にはいろいろ見て面白い物もあったです。
 特に2006年ドイツW杯フランス対イタリアの試合を複数の画面でいろいろな形で流し続ける作品は面白かった。実写映像にゲーム風にパスやドリブルを線で表示したり、完全にCG(それも意図的にチープ)で再現したり、スタジアムの外からの全景や裏方などの様子を同時進行で映し出していたりと、うっかり一試合全部見てしまうところでした。
 
DSC02848
 
 ちなみにgooglemapで見るとこの現代美術館"Muzeum Sztuki Współczesnej w Krakowie"の場所は表示されていましたので、スマホでgooglemapみることができるならこれを目標に進むと良いでしょう。基本的に同じ場所ですから。
(黄色い道がトラムの走る道。道は途中途切れていますが、実際は駅を介して通り抜けできます)
 
DSC02851
 
 さて。後はトラムで
 
DSC02858
 
 シナゴーグ前までもどり
 
DSC02855
 
 昨日気になった「ユダヤ風レストラン」に。
 
DSC02859
 
 ビールは今日はこれ。読めない(^ ^;)
 
DSC02860
 
 どこがどう「ユダヤ風」なのかはよく判りませんでしたけど(^ ^;)
 ターキーステーキとサラダ、ビールにコーヒーで80zl、2000円くらい(^ ^)
 
DSC02863
 
 後はトラムで
 
DSC02864
 
 戻ろうとしたらうっかりよく判らないところに着いてしまいましたけど(^ ^;)
 なんとか駅前まで戻り、ガレリアで少し買い物をしてホテルに戻りました。
 26日はこれで終了。続く。

|

« 東欧見聞日記2012(#06)06/26-1:ヴィエリチカ岩塩坑 | Main | 東欧見聞日記2012(#08)06/27-1:アウシュヴィッツ&ビルケナウ »

2012にっき」カテゴリの記事

2012EURO2012」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東欧見聞日記2012(#07)06/26-2:クラコフ徘徊(2)シンドラーの工場:

« 東欧見聞日記2012(#06)06/26-1:ヴィエリチカ岩塩坑 | Main | 東欧見聞日記2012(#08)06/27-1:アウシュヴィッツ&ビルケナウ »