« 東欧見聞日記2012(#14)06/29-1:ワルシャワ徘徊 | Main | 東欧見聞日記2012(#16)07/01-1:キエフ徘徊 »

2012/07/03

東欧見聞日記2012(#15)06/30-1:キエフへ(WAW>KBP)

 
DSC03448
 
 6月30日はワルシャワからキエフへ移動します。とは言っても午前中は開いていましたので、荷物はワルシャワ中央駅に預けて、ワルシャワ蜂起記念館へ。
 
DSC03451
 
 ポーランドの蹂躙されてきた歴史を見てきましたです。
 
DSC03453
 
 この建物自体が何かはよく判りませんでしたので、判れば後で追記します。
 
DSC03456
 
 駅に戻ってきて荷物を引き取って。
 
DSC03458
 
 プラットフォームで待っていると、電車が到着。
 
DSC03459
 
DSC03460
 
 25分ほどでショパンに空港に到着。空港への鉄道線は最近できたそうですが、お影でこの移動も楽だったです。これは便利。
 
DSC03463
 
 中へ
 
DSC03465
 
 と言ってもチェクイン窓口がどこかさっぱり判らない。
 しょうがないのでインフォメーションのお姉さんに聞いてみたです。「ミンスク行きに乗りたいのですけど?」
お姉さん「ミンスク?……139」
 
DSC03464
 
 お姉さんに言われたとおり139番窓口に行ったところ待ってる人はいるものの何の準備もされていなかったのですが。
 
DSC03466
 
 離陸2時間前に表示が出て、受け付けが始まりました。
 これから乗るのはBELAVIA、ベラルーシ航空。キエフに行くのに他に安い経路がありませんでしたから、ミンスク経由でのキエフ行きです。。そのため、ベラルーシ大使館にトランジットヴィザを貰いに行くことになりましたけど。
(ベラルーシはヴィザが必要で、その発券には面倒が有るようですが、トランジットヴィザ)それはそれ。
 
DSC03470
 
 ここでは荷物の預け札を渡され荷物はキエフまでスルーされると言ったのですが、搭乗券はミンスクまでのみ。キエフ行きはミンスクで渡すとはいいましたけど。
 このまま、不安満載がキエフまで続きます。
 
DSC03467
 
 チェックインを済ませて。
 ポーランドは予想よりも物価が安く、入国前に用意したズロチの1/4が残ってしまいましたから、これをそのままウクライナのフリブニャに変えました。レート余り良くなかったですけどね。
 
DSC03471
 
 搭乗口へ。
 
DSC03473
 
 ついにヨーロッパ圏()シェンゲン協定圏から未知の世界へ。
 にしてもユーロの人、ハンコの押し方が適当てすぎ。
 
DSC03475
 
 この飛行機で、ミンスクへ出発です。 ちなみにワルシャワからは1時間ほど。
 寝ているうちに離陸してしまっていたのであっというまにミンスク到着という感じでしたけど。到着してからが長かった。
※ちなみにミンスク空港は写真撮影禁止と聞いているので、しばらく写真なしです。
 タラップを降りてバスで入国審査窓口まで移動したのですが、もちろんというかそこからは入国できません。片隅に「TRANSFER」と書かれていた窓口がありましたのでその辺でじっと待っていると、プリントアウトを持ったお姉さん登場。様子を見ていると乗り換え客の確認をしているようで、私の名前も有りました。
 しかし支持は「ここで暫く待て」で、じっさい1時間45分くらいそのまま留め置き。
 ようやく動き出すと、搭乗口のフロアに直接上げられたのですがここでも説明無し。
結局自力でキエフ行きの搭乗口を探し出して(実際には上げられた搭乗口自体が僧でしたけど)不安のまま待機。そこでまた2時間近い待機、というか放置。
 19時50分になって係の人が登場し、ここでワルシャワからのトランジット客に声を掛けた野は良いのですけど、ここでパスポート没収! 
 いや、搭乗券の発券(およびヴィザチェック)のためとは判っていても、この時点で私は映画「ターミナル」のトムハンクス状態になってしまったのですから心配するしかできない。
 ヒマなのでお店でお土産買おうとしたらここでもパスポートチェックが有るため買い物もできない状態。
 
 まぁ15分ほどで搭乗券付けてパスポート返して貰いましたけどね。
 と言うわけで私も空港に閉じこめられることもなく、無事ミンスクを出発することができました。出発時刻が定刻を20分くらいオーバーしていても、この辺の国では普通なのでしょう。
 
DSC03476
 
 さて、ミンスクを離陸しましたので写真は再開。
 この飛行機はヨコ3席という、とても小さな飛行機でした。シートは微妙に良かった。
 
DSC03478
 
 あっというまに空の上でした。
 
DSC03479
 
 ワルシャワーミンスクも、ミンスクーキエフもどちらも1時間弱のフライトですが、こちらでは軽食が出ました。(AEROSVIT運航便だから?)
 
DSC03480
 
 トマト、キュウリ、ハム、チーズの普通のサンド。おいしいかったですけど、考えるとこの日はここまで食事してなかった。
 
DSC03481
 
 航路的にはチェルノブイリの近くも飛ぶと思ったのですが、結局判りませんでした。
 
DSC03484
 
 見ているうちに風景は豊壌に。
 
DSC03485
 
 キエフ空港到着。
 
DSC03488
 
 ちなみにこんなに小さい。
 ここまで来ると入国審査も簡単でした。
 係の人「どっから来たの? ミンスク? ファイナル見に来た? チケットは持ってる? そっか、楽しんで」
 これで終わり。
 
DSC03490
 
 そんなこんなでキエフに到着。お願いしていた送迎の方とは多少すれ違って時間掛かりましたけど無事遭遇。逗留先まで送っていただきました。
 と言うわけで、この旅行で一番難儀なこの移動も無事終了です。つづく。

|

« 東欧見聞日記2012(#14)06/29-1:ワルシャワ徘徊 | Main | 東欧見聞日記2012(#16)07/01-1:キエフ徘徊 »

2012にっき」カテゴリの記事

2012EURO2012」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東欧見聞日記2012(#15)06/30-1:キエフへ(WAW>KBP):

« 東欧見聞日記2012(#14)06/29-1:ワルシャワ徘徊 | Main | 東欧見聞日記2012(#16)07/01-1:キエフ徘徊 »