« 東欧見聞日記2012(#15)06/30-1:キエフへ(WAW>KBP) | Main | 東欧見聞日記2012(#17)07/01-2:euro2012決勝前 »

2012/07/04

東欧見聞日記2012(#16)07/01-1:キエフ徘徊

 
DSC03496
 
 9時前に部屋を出発。今回キエフでのお宿はアパートの日貸し形式でした。まぁきちんとしたホテルサイトから予約しましたし、調べてみるとまともなアパート賃貸などの会社でしたから大丈夫とは思いましたけど心配は心配でした。まぁなんとか無事まともな会社で、部屋まで連れて行って貰えましたけど。ただそういう形式ゆえに、この後困った事態に。
 
DSC03500
 
 てくてく徘徊。
 
DSC03501
 
 と、すぐにここに到着。ここでまず不思議には思ったのですけどね、想定の場所からはこんなに早く着かないハズでしたから。
 
DSC03502
 
 「聖ミハイルの黄金ドーム修道院」だそうです。
 
DSC03504
 
 その対面には
 
DSC03505
 
 「ソフィア大聖堂」が。
 
DSC03508
 
 ここで今日のすかーさま。
 中に入ろうとチケット窓口に言ったらそのばあさんは「10時」と言うだけ。恐らくは外人向けツアーが10時からと言うことなのでしょうけどなんかアレなので撤退しました。
 
DSC03510
 
 その後も町中を徘徊。すると
 
DSC03511
 
 今回の最大かも知れない目的地、「キエフの大門」に!
 
DSC03513
 
 え、これで大きな門? (今日のすかーさま)
 
DSC03514
 
 その昔は大きかったのかも知れませんけど、今では町中にぽつんと建つ状態。
 
DSC03515
 
 さて、「キエフの大門」と言えばムソルグスキーの「展覧会の絵」ですけど、ここで困った要点があります。
 この「キエフの大門」は、1982年に建てられたものですが、その前の1869年にもキエフ市が門の再建のためのデザイン・コンペを実施しました。そのコンペに応募したのが、ムソルグスキーの友人というヴィクトル・ハルトマンなる御方です。結局1869年の再建計画は頓挫してしまったので、その御方のデザインは採用されることもなく。ハルトマンの死後に回顧展が開かれ、そこに展示された絵の印象を元にしたのが「展覧会の絵」という曲になったそうです。
 要するに「展覧会の絵」の「キエフの大門」は「コレジャナイ」。実際ハルトマンの書いたキエフの大門は全然違います。
 
DSC03517
 
 まぁ私自身はコレジャナイを判ってここまで来たのですけどね。
 
DSC03519
 
 さて、町中をさらにふらふら徘徊。アディダスショップがありましたけどまだ開店前でした。
 
DSC03520
 
 ファンゾーンも開園前でしたから
 
DSC03521
 
 ぐるりと迂回して。ちなみにキエフのファンゾーンは道をそのまま区切っていました。
 
DSC03524
 
 地下道を通って反対側に抜け
 
DSC03526
 
 石畳の道を進んだ先にあったのは
 
DSC03527
 
 ここです。
 
DSC03528
 
 ディナモキエフのホームスタジアム。ロバノフスキースタジアム(の入り口)です。
 
DSC03530
 
 入り口は開いていましたので、中に入ってみました。
 
DSC03532
 
 このスタジアム自体はそんなに大きくなさそう。今は大一番はオリンピックスタジアムで行っているようです。
 
DSC03533
 
 一段上に見えるのがスタジアムと思いますが
 
DSC03534
 
 さすがにスタジアム自体には近付けませんでした。ここで折り返し。
 
DSC03535
 
 ちなみに何故かスペインサポが次々と来訪していました。サッカー好きな人が夜まで暇な人となると行くところはココ、とでもなるのか? 
 入り口隣にオフィシャルショップがありましたので多少お買い物。
 ポーランドは赤白、ウクライナは黄色ですから私が着るには色がちょっとと言うことも有りまして。
 
DSC03538
 
 町中を歩いて
 
DSC03539
 
 ファンゾーンに戻ってきました。
 
DSC03540
 
 と、ゲートが開放されていましたから中に
 
DSC03541
 
 車がたくさん。
 
DSC03543
 
 ラリーのスタート? 
 
DSC03544
 
 そんな感じで、続続とオフロード車が出発して行ってましたです。
 
DSC03549
 
 まだ人も少ないファンゾーンを抜け(夜はここも人で一杯だったのでしょう)
 
DSC03553
 
 地下鉄を求めて徘徊。やっと見つかりました。
 
DSC03555
 
 キエフの地下鉄はこのトークンを使います。1個2uah(20円くらい)
 
DSC03554
 
 これをゲートに投入すると入れてくれます。
 
DSC03556
 
DSC03557
 
 それにしてもウクライナの地下鉄は深かったです。
 
DSC03560
 
 地下鉄で移動し、バスで移動し。で、ここに到着。
「ペチェールスカ大修道院」です。
 
DSC03561
 
 入場料は50uah、ただし写真を撮りたい人は100uahの追加です。
 
DSC03562
 
 聖三位一体教会。
 
DSC03563
 
 大鐘楼。
 
DSC03564
 
 そんな感じで、作り込まれた建物が幾らでも。
 
DSC03566
 
 解くにはこんな像も立っていました。結構でかい。何かは不明。
 
DSC03568
 
 坂を下りてしたの修道院エリアへも。
 
DSC03570
 
DSC03572
 
DSC03573
 
 奧まで行っては見ましたけど、実際ここは新人の場所で物見遊山には肩身が狭いというか申し訳ない。と言うことで、私自身はこの辺で
 
DSC03574
 
 引き返し。これで一度ホテルに戻ることにしました。
 
DSC03577
 
 ちなみにこれはバスのきっぷ。1.5uah。車中で買った後、パンチで穴を抜きます。
 つづく。
 
 
 実はこの後道に迷ってえらいことになったのですけど、略。地図はちゃんと持ち歩きましょう。

|

« 東欧見聞日記2012(#15)06/30-1:キエフへ(WAW>KBP) | Main | 東欧見聞日記2012(#17)07/01-2:euro2012決勝前 »

2012EURO2012」カテゴリの記事

2012にっき」カテゴリの記事

Comments

いつも楽しく読ませていただいています。

さて、私は5年ほど前にサッカーとは全く関係ないツアーでキエフに行ったのですが、その時に空き時間を利用してロバノフスキースタジアムをとりあえず見るだけ見に行ったことをこの記事を見て思い出しました。

やはり、キエフに行ったら見なければいけないところですよね。

ところで、祖国の母像を華麗にスルーされていましたが、大祖国戦争博物館には行かれなかったのでしょうか。

ぐんちゃさんなら必ず行っていると思ったのですが。

Posted by: bewise | 2012/07/07 at 01:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/471/55115218

Listed below are links to weblogs that reference 東欧見聞日記2012(#16)07/01-1:キエフ徘徊:

« 東欧見聞日記2012(#15)06/30-1:キエフへ(WAW>KBP) | Main | 東欧見聞日記2012(#17)07/01-2:euro2012決勝前 »