« 24 de junho de 2012 - 30 de junho de 2012 | Main | 8 de julho de 2012 - 14 de julho de 2012 »

Posts from 1 de julho de 2012 - 7 de julho de 2012

2012/07/07

東欧見聞日記2012(#22)07/02-3:挙句:後は帰るだけ(FRA>NRT)

 
DSC03785
 
 JALの窓口も開いていましたので、チェックイン……と、追加料金でプレミアムエコノミー席利用可能との掲示が上がってましたので、うっかり有償アップグレードを申し込んでしまいました(^ ^;) もう疲れて増したから。
 手続き済ませてフードコートに上がり
 
DSC03786
 
 ここに来てマクドで。取り敢えずここまでもクラコフ、ワルシャワそしてキエフでもマクドは見かけてましたが、意識して使わないようにしてきましたです。あ、ケンタもバーキンも。
 でももうここまで来ると旅行自体もほぼ終了と言うことですし、実際マクドを食べることでさらに現世が近づきましたです。
 日本のそれに比べるとでかかったですけどね。
 
DSC03787
 
 出国手続きも問題なく、20時半過ぎには機内に。
 
DSC03788
 
 最初にシャンパンを戴いたところまでは憶えているのですが。以降は爆睡です。
 
DSC03789
 
 一食目のハンバーグも
 
DSC03790
 
 二食目のオムレツも、提供時間には思いっきり寝ていたようですから(^ ^;)
※どちらも起きてから戴きました。
 
DSC03792
 
 定刻の15時過ぎには無事成田に到着。
 
DSC03793
 
 成田エキスプレスで川崎に帰ったのでした。
 これで今回の旅行は無事完了です。
 
 ちなみに記事の方は旅行前のまとめなど追加記事を暫時追加する予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東欧見聞日記2012(#21)07/02-2:マインツ徘徊

 
DSC03744
 
 JALの窓口が開くのも17時過ぎですから、最低でも4時間空きがあります。
 取り敢えず荷物を預けて(7ユーロx2個)
 
DSC03746
 
 空港内電車でターミナル1へ移動。
 
DSC03747
 
 電車でマインツへ。近場で見るところ有りそうでしたから。
 ICEでケルンに行ってドムを見るということも考えたのですけど、こっちは移動に少し時間かかり過ぎかと思い断念。
 
DSC03749
 
 とまれ、電車でのんびり。
 
DSC03750
 
DSC03751
 
 なんとかマインツに到着しました。
 外国の人が乗ること前提の飛行機よりも、外国の人あまり考慮していない鉄道の方が難易度高いということが今回の旅行で判りましたです。2006年ではICEばかり乗ってたから帰って難易度低かったか。
 
DSC03753
 
 とまれここでも地図を見ながら
 
DSC03754
 
 トラムで。
 
DSC03756
 
 若干迷いつつも(最寄り駅で降り損ねた)
 
DSC03757
 
 町中を抜け
 
DSC03758
 
 この教会へ。
 
DSC03759
 
 ザンクトシュテファン教会です。
 
DSC03761
 
DSC03762
 
 中に入ると……
 
DSC03763
 
 青の世界でした。
 このステンドグラスはシャガール作成とのこと。
 
DSC03764
 
DSC03766
 
 他の面も青いステンドグラスで、中は青い光に包まれていました。
 
DSC03767
 
 というわけで、解毒されてきましたです。
 
DSC03769
 
 再びてくてく歩いて
 
DSC03772
 
 今度はここへ。
 
DSC03773
 
 いやその背後のここへ。マインツ大聖堂です。
 
DSC03775
 
 ケルンほどではないのでしょうけど、ここもでかいですね。
 
DSC03776
 
 ここでも中で癒されて、外へ。なんだか天国の門を抜けて、現世へ戻るような気分がしました。
 
DSC03777
 
 そういえば大聖堂の前にこんな線が。ここにも壁が……ではなく、これは「北緯50度」を示す線ですね。
北緯50度って、北海道よりも北なのか。
 
DSC03778
 
 歩いて駅へ。変なオブジェ。
 
DSC03779
 
 無事駅に戻り
 
DSC03781
 
 無事電車に乗れて。
 
DSC03782
 
 あっという間にマイン川を越え
 
DSC03784
 
 17時20分過ぎにはフランクフルト空港に戻ってきました。
つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東欧見聞日記2012(#20)07/02-1:フランクフルトへ(KBP>FRA)

 
 この旅行もついに帰りの行程に。
 お宿の前で行きと同じ運転手さんにピックアップしてもらって、キエフ・ボリスピリ空港へ。8時半に到着。
 
DSC03732
 
 11時発のフランクフルト行きへ。行きはドゴール空港経由でしたけど帰りはフランクフルトにしたのは、ドゴール空港行きが早朝が夜遅い時間しか無く移動しづらかったことと、フランクフルト行きの方が安かったから。ちなみにウクライナ航空(UIA)を使用します。もちろん事前に予約していましたが、この日の便は早々に満席になってしまっていました。
 
DSC03733
 
 離陸時間まで2時間半有りましたから全然大丈夫と思いましたら
 
DSC03734
 
 チェックイン窓口は大行列、しかも列が全然動かない。実にここで2時間待つ羽目になってしまいました。
とは言っても「無為に待たされる」事自体はミンスクでも経験済み、これこそまさに旧共産圏だということなのでしょうね。
 ちなみに待たされた揚げ句に「ココでは受け付けられないあっちの窓口へ行って」という扱いを受けてぶち切れている人を何人と見てしまいました(欠航か変更があった便についてはそういう扱いになった模様)。
とまれやっと自分の番に。受け付けのお姉さん、私の予約票を見たのは良いとして、その後に私のパスポートをぺらぺらとめくり始め、最後に一言「ヴィザは?」。
「なんでヴィザ?」みたく答えたところ、お姉さんどこかに電話をかけ始めました。私ウクライナ語はわかりませんがここでの電話での会話はハッキリ意味がわかりました、いわく「日本人がヴィザ無しでドイツ行こうとしてるけどだいじょうぶでしたっけ?」
 もちろん大丈夫なので、荷物を預けてチケット受け取って私の番は終了。それにしても列が全く進まなかった理由はよく判りましたです。この日は決勝翌日という事もあって外国人ばかりだったのに、それらの国の人のヴィザの要不要など必要情報をまったく頭に入れてなかったのでしょうね。いちいち確認していたらそれは時間も掛かるわ。
 
DSC03735
 
 出国手続き自体はすぐ終了して、搭乗口へ。
 
DSC03736
 
 そとには小さな飛行機が多数待っていました。
 
DSC03737
 
 定刻10分前に搭乗開始。
 
DSC03738
 
 と言っても、ここでも飛行機へはタラップで。
 
DSC03739
 
 定刻を若干遅れて、それでも無事離陸。
 
DSC03740
 
DSC03741
 
 搭乗時間は3時間ほど。ハムとチーズのサンドイッチが機内食として配られましたです。
 
DSC03742
 
 13時過ぎにフランクフルトに到着。成田行きは21時。8時間のトランジット待ちです。
続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふろん太君大遠征・キエフの巻

 
(2012/07/21)記事を追加しました。
 
 世界を股に掛けたふろん太、東ヨーロッパもさらに奧へ進撃です。
 こちらでもtwitterで現地より速報版も上げました→ http://via.me/-2mwgv4k
 
 しかし旧東側の壁は厚かった、ここでふろん太は未曾有の事態に陥ったのでした。
 
DSC03595
 
 地下鉄で移動だよ。
 
DSC03606
 
 ついにここまできたぞ。
 
DSC03610
 
 ふろん太、キエフのオリンピスキスタジアムに到着です。
 
DSC03617
 
 しかしここで緊急事態。セキュリティで「荷物大き過ぎなので持ちこんぢゃ駄目」として中に入れさせて貰えなかったのです。確かにふろん太だけでもサイズ的に微妙なところはありましたけど。まぁここまで来たところですと、よほどでない限りその位は通してもらえていたのですがここは旧東側も奧のキエフ、そういうルールには必要以上に厳格と言うことのようです。
 しょうがないのでふろん太及びバッグはクローク(?)に預けることとなったのでした。
 
DSC03619
 
 と言うわけで、いつもの調子の写真は中では撮ってないです。
 
 
 
DSC03718
 
 試合終了後、無事ふろん太を回収。
 
DSC03719
 
 ふろん太「試合見られなくて残念」
 ここにも二度と来ることはないでしょう。というか旧東側はもうこりごり。ロシアW杯にも行かないよ。
この項ここまで。
 
 
 
 
なおここまでは以下のようなかんじ。
 
ユーロ2004観戦日記より
04/06/27 ふろんた君大遠征  @ポルト
04/06/30 ふろん太君大遠征その2 @ホセアルバラーデ、リスボン
04/07/01 ふろん太君大遠征その3 @ポルト
04/07/04 ふろん太君大遠征その4 @ルース、リスボン
  
ドイツW杯2006観戦日記より
06/07/03 ふろん太君大遠征 @ベルリン
06/07/06 ふろん太君大遠征 @ミュンヘン
 
2007年ACLバンコク大学戦観戦日記より
07/05/23 ふろん太君大遠征 @タイ・バンコク
 
2009年浦項突撃日記より
09/03/18 ふろん太君大遠征@韓国浦項
 
2009年天津大変日記2009より
09/05/05 ふろん太君大遠征@中国天津
 
2010年メルボルン反転日記より
10/03/31 ふろん太君大遠征・オーストラリアメルボルン

2010年北京轟沈日記より
10/04/28 ふろん太君大遠征・北京

◆2012年東欧見聞日記より(編集中)
12/06/27 ふろん太君大遠征・ワルシャワ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オリンピスキスタジアム

 
(2012/07/21)記事を追加しました。
 
P1180752
 
 決勝の会場についても別枠でまとめます。
 
DSC03615
 
 NSC(National Sports Complex)オリンピスキスタジアムです。
 モスクワオリンピックの時にサッカー会場となったとのこと。そしてこの決勝に合わせて全面改修が行われました。
 
DSC03620
 
 これは正面玄関で、メインスタンド中央裏に相当します。
 
DSC03621
 
 VIP様はこちらへ。
 
DSC03623
 
 そうでない方はこちらへ。
 
DSC03624
 
 この左の出っ張ったところにはディナモキエフのショップが有ったのですが閉まっていました。
チャンピオンズリーグなど大きな国際試合ではここを使うようです。
 

 
 パノラマ。
 
DSC03629
 
 ゴール裏の広い半円の余白で判るとおり、ここは「陸上競技兼用」です。だたそれでも余白はかなり狭いです。何故だろうと思って良く見たところ
 
DSC03640
 
 これに気が付きました。障害走の水濠ですが、これがトラックの内側に掘られているのです。
 
DSC03644
 
 日本の陸上競技場ではなぜか必ず水濠がトラックの外に掘られていて、その分ゴール裏が遠くなってしまっていますが、ここではトラック周辺の余白をなるだけ取らないようにしています。
 
DSC03631
 
 今回私の席はカテ3でしたのでゴール裏ロアでしたが
 
DSC03633
 
 ロア席は傾斜も低かったので、前の方は結構見にくかったでしょうね。
 
DSC03643
 
 私の席はロアでも後ろの方でしたので、そんなに難儀はなかったですけど。
 
DSC03632
 
 屋根はスタンドの上を一通り被っています。
 
DSC03711
 
 こちらでも帰りは交通規制で歩いて帰らざるを得なくなりました、まぁそれは覚悟していたのでそれほど難儀とは思いませんでしたけどね。
 また来ることは……ないような気はします(^ ^;)
 この項以上です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東欧見聞日記2012(#19)07/01-4:euro2012決勝後

 
P1190422
 
 赤い皆様大喜び。
 
P1190423
 
 輪を作って喜ぶその横を仏本は通過。
 
P1190426
 
 ワニナルスペイン。
 
P1190424
 
 一方青いチーム。
 
P1190429
 
 輪を解いて集合。
 
P1190432
 
P1190433
 
 と思ったらまた輪を作成。
 
P1190435
 
P1190436
 
 うらやましい。
 
P1190439
 
 早速カップには優勝国名が彫り込まれました。
 
P1190442
 
 マンofマッチはイニエスタ。
 
P1190445
 
P1190446
 
 審判団もメイン側に移動。
 
P1190450
 
 選手の中にはお子様を抱えている人も。
 
p1190457
 
p1190458
 
p1190460
 
 と言うわけで、こういう風景も見えました。
 
P1190451
 
P1190453
 
 イタリアも中央に移動。
 
P1190464
 
 ピッチにお立ち台設置。
 
P1190465
 
 表彰開始。
 
P1190467
 
 まず審判団。
 
P1190470
 
P1190471
 
 そして準優勝表彰。
 
P1190473
 
 その頃ピッチでは記念撮影中。
 
P1190477
 
 イタリア選手が戻ってきた早々にメダルを外しているところで
 
P1190479
 
 優勝表彰。スペインです。
 
P1190482
 
P1190486
 
 メダルを受け取った選手は特設ベランダに移動して
 
P1190493
 
 最後にカップが掲げられました。
 
P1190504
 
P1190505
 
 バックスタンド前のカップも立ち上がりました。
 
P1190502
 
 一方イタリアは天上の出来事は気にせず。
 
P1190506
 
 天上人がピッチに降りてくるのと入れ代わるように
 
P1190508
 
 静かにピッチを去っていたのでした。
 
P1190510
 
 スペインはピッチ上のお立ち台でも
 
P1190511
 
P1190512
 
 記念撮影。
 
P1190514
 
P1190517
 
 ここで屋根の淵を走るように花火が連発。
 
P1190519
 
 ピッチでも銀の吹雪。
 
P1190521
 
 そしてスペインの選手の皆様はバックホーム角
 
P1190522
 
 スペインサポが集結するエリア前に。
 
P1190523
 
P1190526
 
P1190527
 
 サポと喜びを分かち合います。
 
P1190529
 
 と言うわけで、今大会もスペインの優勝ということで大会も幕を閉じたのでした。
 個人的には準決勝の組み合わせからなら、ポルトガル対ドイツという決勝が見たかったです。と言いつつ、準決勝以降は私が応援した方がことごとく負けるという貧乏神状態(^ ^;) ちなみに観戦したスタンドはどちらも勝った方のサイドでした。
 
 
P1190530
 
P1190531
 
 勝利の喜びは続いていましたけど
 
P1190535
 
 私はこの辺でスタジアムから抜け出しました……と言っても、現地時間ではもう0時です。
 
P1190537
 
 外では花火が打ち上げられ続けていました。綺麗だったのでしょうけどこれは完全に屋根で包まれたスタンド内からは全く見えません。
 
DSC03721
 
 さて。最寄り地下鉄駅は封鎖されていましたから
 
DSC03724
 
 歩いてお宿へ。尤も歩かざるを得なかった人は私以外にも多数居ましたから、夜中と言っても通りは人でたくさん。表通りを歩く限りは危険は全くなかったです。
 
DSC03725
 
DSC03727
 
 中心部まで道路は封鎖されて車も入れなくしていたようですしね。
 
DSC03728
 
 35分ほどで独立広場のファンゾーンに到着。
 
DSC03731
 
 昼間迷った甲斐があって位置関係も把握できてましたし、スマホのgooglemapも駆使しながらではほぼ迷うこともなく、途中食料品の小さなお店で買い物をした上で、1時にはお宿まで帰ることができました。
 
 帰ってから荷物をまとめ、3時くらいから6時まで仮眠しました、後はもう帰りの行程です。
続く。あと少し。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/07/06

東欧見聞日記2012(#18)07/01-3:euro2012決勝 スペイン対イタリア@キエフ

 
 例によって、試合自体についてはノーコメントで一気に行きます。
 
P1180777
 
P1180783
 
P1180785
 
P1180786
 
P1180787
 
P1180795
 
P1180798
 
P1180799
 
P1180801
 
P1180802
 
P1180803
 
P1180811
 
P1180812
 
P1180813
 
P1180814
 
P1180815
 
P1180816
 
P1180819
 
P1180820
 
P1180821
 
P1180822
 
P1180823
 
P1180824
 
P1180835
 
P1180836
 
P1180838
 
P1180839
 
P1180840
 
P1180841
 
P1180842
 
P1180850
 
P1180851
 
P1180853
 
P1180854
 
P1180855
 
P1180856
 
P1180858
 
P1180859
 
P1180860
 
P1180864
 
P1180866
 
P1180867
 
P1180869
 
P1180870
 
P1180871
 
P1180874
 
P1180875
 
P1180877
 
P1180879
 
P1180880
 
P1180883
 
P1180884
 
P1180885
 
P1180886
 
P1180887
 
P1180891
 
P1180892
 
P1180894
 
P1180895
 
P1180916
 
P1180917
 
P1180919
 
P1180920
 
P1180922
 
P1180945
 
P1180946
 
P1180947
 
P1180948
 
P1180949
 
P1180951
 
P1180953
 
P1180955
 
P1180956
 
P1180957
 
P1180965
 
P1180966
 
P1180968
 
P1180969
 
P1180970
 
P1180971
 
P1180972
 
P1180973
 
P1180974
 
P1180975
 
P1180977
 
P1180978
 
P1180996
 
P1180997
 
P1180998
 
P1180999
 
P1190039
 
P1190040
 
P1190041
 
P1190047
 
P1190048
 
P1190049
 
P1190053
 
P1190055
 
P1190056
 
P1190057
 
P1190058
 
P1190059
 
P1190060
 
P1190061
 
P1190063
 
P1190064
 
P1190066
 
P1190069
 
P1190087
 
P1190088
 
P1190090
 
P1190091
 
P1190092
 
P1190093
 
P1190100
 
DSC03707
 
P1190101
 
P1190102
 
P1190103
 
P1190104
 
P1190108
 
P1190109
 
P1190110
 
P1190111
 
P1190118
 
P1190119
 
P1190120
 
P1190121
 
P1190122
 
P1190125
 
P1190126
 
P1190127
 
P1190128
 
P1190129
 
P1190130
 
P1190131
 
P1190132
 
P1190135
 
P1190136
 
P1190138
 
P1190139
 
P1190140
 
P1190144
 
P1190145
 
P1190146
 
P1190147
 
P1190183
 
P1190184
 
P1190185
 
P1190187
 
P1190188
 
P1190189
 
P1190190
 
P1190191
 
P1190192
 
P1190193
 
P1190194
 
P1190195
 
P1190196
 
P1190197
 
P1190198
 
P1190200
 
P1190201
 
P1190202
 
P1190208
 
P1190209
 
P1190210
 
P1190212
 
P1190213
 
P1190214
 
P1190218
 
P1190219
 
P1190220
 
P1190221
 
P1190223
 
P1190254
 
P1190282
 
P1190283
 
P1190284
 
P1190285
 
P1190286
 
P1190297
 
P1190298
 
P1190299
 
P1190307
 
P1190308
 
P1190311
 
P1190312
 
P1190313
 
P1190314
 
P1190325
 
P1190326
 
P1190354
 
P1190355
 
P1190357
 
P1190359
 
P1190360
 
P1190366
 
P1190369
 
P1190377
 
P1190378
 
P1190379
 
P1190380
 
P1190385
 
P1190386
 
P1190387
 
P1190388
 
P1190392
 
P1190394
 
P1190395
 
P1190397
 
P1190405
 
P1190407
 
P1190412
 
P1190413
 
P1190414
 
P1190415
 
P1190416
 
P1190420
 
P1190431
 
 スペイン4-0イタリア
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/07/05

東欧見聞日記2012(#17)07/01-2:euro2012決勝前

 
 自分自身は既に帰国していますが、記事はまだ7月1日です。
 残り最低でも記事5回分ですが、金曜夜までに完了させたいです。
 
DSC03584
 
 試合は現地時間21時45分キックオフ。これは今回の大会が中央ヨーロッパ時間を基準にしているため、さらに1時間早い東ヨーロッパ時間に属するウクライナでは1時間遅いキックオフとなっています。
 ポーランド時間では20時45分で、ドイツやフランスも同じ時間。イングランドやポルトガルでは西ヨーロッパ時間のため19時45分キックオフとなります。
 ようするに視聴者の多いイングランドやドイツなどのTV観戦者優先で、キックオフ時間を現地時間21時45分にしやがった。お影で試合終了後は0時越え確実です。その時どうなったかはあとの記事で。
 
 話を戻して、18時過ぎに宿を出発。19時には現地到着するつもりだったのですが、なぜかここ聖アンドレイ教会に。
 
DSC03585
 
 ここからまた迷走の揚げ句で
 
DSC03586
 
 ぐるぐる彷徨い
 
DSC03587
 
 坂を下り
 
DSC03588
 
 橋を見ながら
 
DSC03589
 
 ここに到着。しかし大行列。
 
DSC03590
 
 「ここで待たなければならないのか?」と思いながら並んだのですが良く見ると線路は上に。
ケーブルカーでした。(コレを登るとさっきの教会の処に出たはず)
 
DSC03591
 
 そうではなく、ここから地下鉄へ。
 
DSC03592
 
 青ラインの地下鉄で、乗り換え無しで競技場最寄りの「オリンピスカ」に着くはずでした。
 
DSC03593
 
 ちなみにこの頃になると、この駅表示も読み方が判るようになりました。右端黄色板が今の駅で、そこから進行方向へ順にこの先の駅名が並びます。立てに赤と緑の列ができている駅は乗換駅で、それぞれの駅で緑ライン、赤ラインの地下鉄に乗り換えることができます。
 
DSC03594
 
 地下鉄到着。
 
DSC03596
 
 んで、緑ライン乗換駅の次の駅で降りたはずですが……
 
DSC03597
 
 そこにスタジアムは有りませんでした。
 後になって判ったのは、どうやら混乱を避けるためにスタジアム最寄り駅は閉鎖していた模様。
 
DSC03598
 
 しょうがないのでここから来た道をてくてく戻ることに。
 
DSC03599
 
 歩いているうち10分ほど、道が閉鎖されていました。
 
DSC03600
 
 ここから先は車では関係者しか近寄れません。
 
DSC03601
 
 歩行者は歩道をそのまま進みます。
 
DSC03602
 
 そして地下鉄駅から歩いて20分ほど。
 
DSC03603
 
 ついにその姿が。
 
DSC03604
 
 今回の決勝、キエフ・オリンピック(オリンピスキ)スタジアムです。その昔はスターリンスタジアム。
 
DSC03605
 
 モスクワオリンピックを経て、今回の大会に併せて大改修を行ったとのこと。
 
DSC03607
 
 なんだかんだで、現地に着いたのは19時半。おおむねキックオフ2時間前で、ゲートは既に解放されていました。
 
DSC03613
 
 取り敢えず、今日のすかーさま。
 
DSC03614
 
 さて、荷物チェックの第2ゲートに突入。と、ここで恐ろしい自体に! 子細は別の記事で。
 
DSC03616
 
 二次ゲート通過。今日の決勝はスペイン対イタリア。正直私が一番期待していない組み合わせでした。
ドイツ対ポルトガルが見たかった。
 
DSC03622
 
 可愛くないマスコットが待っていました。
 
DSC03625
 
 今回の私の席はカテ3、ゴール裏ロアです。ちなみにスペイン側。ワルシャワ準決勝ではイタリア側。
 
DSC03626
 
 オリンピスキスタジアムは陸上競技場なので、ゴール裏は広く空間が取られ、しかもロアスタンドの傾斜は緩かったです。
 

 
 パノラマ。
 
DSC03635
 
 ホットドッグ。ここのはおいしくなかった。
 そういえばスタンドで隣に座っていたドイツ人(ドイツレプユニ)もコレを買ってきたのですが、「この国ではホットドッグにマヨネーズかけようとするんだぜ? もちろん断ったよ」とかなんとか、まるで映画パルプフィクションでのジュールズとヴェガみたいな会話をしていたです(^ ^;)
 
DSC03636
 
 観客主に赤い人、続々入場。
 
P1180753
 
 キックオフ1時間と少し前。選手がピッチに登場。
 
P1180754
 
 旗を持っている人も登場。
 
P1180755
 
 可愛くないマスコットも登場。
 
DSC03641
 
 旗を持った人達は、スタンド前でスペインサポを煽り始めました。
 
DSC03642
 
 イタリア側も……と、ここはイタリア協会確保エリアのハズですが、こっちは空席が目立ちました。
 
P1180758
 
 21時ともなると、空はようやく暗くなってきました。
 
DSC03643
 
 練習開始。
 
P1180759
 
 今日の試合はついに決勝、スペイン対イタリア戦です。
 
P1180761
 
 スペイン監督。心のボス。け。
 
P1180762
 
 イタリアキャプテン。仏本。
 
P1180763
 
 スーパーマリオ。
 
P1180766
 
 イタリア監督。
 
P1180767
 
 審判団はポルトガルでした。
 
DSC03646
 
 21時20分。キックオフ25分前にしてイベント準備。
 
DSC03647
 
 蛍光緑(対面には蛍光オレンジ)の集団もセットアップ。
 
DSC03651
 
 21時26分。試合前イベント開始です。
 
DSC03652
 
 まずその前に、養生シートを展開。
 
DSC03653
 
 ピッチは水色に。
 
DSC03654
 
 そこに蛍光食の皆様が。
 
DSC03660
 
 男の子達のホイッスルを合図に、演技開始。
 マスコットよりもこっちのほうがいい。
 
DSC03661
 
DSC03662
 
 スタンドそれもゴール裏ロアからは何やってるかよく判りませんでしたけどね。
 
DSC03664
 
 まぁこれはTVで見ることが前提だったでしょうから。
 
DSC03666
 
 ボールも登場。
 
DSC03668
 
 これも席からは何がなにやらですが
 
DSC03669
 
 TVではこう見えたのでしょうね。
 
DSC03671
 
 そんなこんなで
 
DSC03675
 
 ゴール裏には参加16国の旗が集結。
 
DSC03676
 
DSC03677
 
 演舞が終わると
 
DSC03678
 
 同時に、トロフィーも起き上がりました。
 
DSC03681
 
 終了。
 
DSC03683
 
 参加16国の旗が入場。
 
DSC03684
 
 グループリーグを勝ち上がった国の国旗が前に。
 赤緑の皆様退場。
 
DSC03686
 
 さらに準決勝に残った4国が大きな旗で登場。
 
DSC03687
 
 それらが裏返ると、最後に残った2カ国の旗に変わりました。
 
DSC03688
 
 いよいよです。
 
DSC03689
 
DSC03692
 
 もちろんその前に養生シート回収。
 
DSC03694
 
 報道の行進開始。
 
DSC03697
 
 6分前。
 
DSC03700
 
 スペイン側は満杯。スペイン協会席だけで3カテ併せて1万席確保しているとか。
 
DSC03701
 
 対してイタリア側はキックオフ寸前でも空席が目立つ状態です。
 
DSC03703
 
 両国国旗入場。
 
DSC03704
 
 そして選手入場。
 
P1180769
 
 その背後には合唱団も配置。
 
P1180770
 
 イタリア国歌斉唱。
 
P1180771
 
 スペイン国歌斉唱(って、こっちは歌詞無し?)
 
P1180772
 
 スペイン先発。
 
P1180774
 
 イタリア先発。
 
P1180773
 
 コイントス。
 
P1180776
 
 カウントダウン開始。……と言うところで、記事を切ります。続く。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/07/04

東欧見聞日記2012(#16)07/01-1:キエフ徘徊

 
DSC03496
 
 9時前に部屋を出発。今回キエフでのお宿はアパートの日貸し形式でした。まぁきちんとしたホテルサイトから予約しましたし、調べてみるとまともなアパート賃貸などの会社でしたから大丈夫とは思いましたけど心配は心配でした。まぁなんとか無事まともな会社で、部屋まで連れて行って貰えましたけど。ただそういう形式ゆえに、この後困った事態に。
 
DSC03500
 
 てくてく徘徊。
 
DSC03501
 
 と、すぐにここに到着。ここでまず不思議には思ったのですけどね、想定の場所からはこんなに早く着かないハズでしたから。
 
DSC03502
 
 「聖ミハイルの黄金ドーム修道院」だそうです。
 
DSC03504
 
 その対面には
 
DSC03505
 
 「ソフィア大聖堂」が。
 
DSC03508
 
 ここで今日のすかーさま。
 中に入ろうとチケット窓口に言ったらそのばあさんは「10時」と言うだけ。恐らくは外人向けツアーが10時からと言うことなのでしょうけどなんかアレなので撤退しました。
 
DSC03510
 
 その後も町中を徘徊。すると
 
DSC03511
 
 今回の最大かも知れない目的地、「キエフの大門」に!
 
DSC03513
 
 え、これで大きな門? (今日のすかーさま)
 
DSC03514
 
 その昔は大きかったのかも知れませんけど、今では町中にぽつんと建つ状態。
 
DSC03515
 
 さて、「キエフの大門」と言えばムソルグスキーの「展覧会の絵」ですけど、ここで困った要点があります。
 この「キエフの大門」は、1982年に建てられたものですが、その前の1869年にもキエフ市が門の再建のためのデザイン・コンペを実施しました。そのコンペに応募したのが、ムソルグスキーの友人というヴィクトル・ハルトマンなる御方です。結局1869年の再建計画は頓挫してしまったので、その御方のデザインは採用されることもなく。ハルトマンの死後に回顧展が開かれ、そこに展示された絵の印象を元にしたのが「展覧会の絵」という曲になったそうです。
 要するに「展覧会の絵」の「キエフの大門」は「コレジャナイ」。実際ハルトマンの書いたキエフの大門は全然違います。
 
DSC03517
 
 まぁ私自身はコレジャナイを判ってここまで来たのですけどね。
 
DSC03519
 
 さて、町中をさらにふらふら徘徊。アディダスショップがありましたけどまだ開店前でした。
 
DSC03520
 
 ファンゾーンも開園前でしたから
 
DSC03521
 
 ぐるりと迂回して。ちなみにキエフのファンゾーンは道をそのまま区切っていました。
 
DSC03524
 
 地下道を通って反対側に抜け
 
DSC03526
 
 石畳の道を進んだ先にあったのは
 
DSC03527
 
 ここです。
 
DSC03528
 
 ディナモキエフのホームスタジアム。ロバノフスキースタジアム(の入り口)です。
 
DSC03530
 
 入り口は開いていましたので、中に入ってみました。
 
DSC03532
 
 このスタジアム自体はそんなに大きくなさそう。今は大一番はオリンピックスタジアムで行っているようです。
 
DSC03533
 
 一段上に見えるのがスタジアムと思いますが
 
DSC03534
 
 さすがにスタジアム自体には近付けませんでした。ここで折り返し。
 
DSC03535
 
 ちなみに何故かスペインサポが次々と来訪していました。サッカー好きな人が夜まで暇な人となると行くところはココ、とでもなるのか? 
 入り口隣にオフィシャルショップがありましたので多少お買い物。
 ポーランドは赤白、ウクライナは黄色ですから私が着るには色がちょっとと言うことも有りまして。
 
DSC03538
 
 町中を歩いて
 
DSC03539
 
 ファンゾーンに戻ってきました。
 
DSC03540
 
 と、ゲートが開放されていましたから中に
 
DSC03541
 
 車がたくさん。
 
DSC03543
 
 ラリーのスタート? 
 
DSC03544
 
 そんな感じで、続続とオフロード車が出発して行ってましたです。
 
DSC03549
 
 まだ人も少ないファンゾーンを抜け(夜はここも人で一杯だったのでしょう)
 
DSC03553
 
 地下鉄を求めて徘徊。やっと見つかりました。
 
DSC03555
 
 キエフの地下鉄はこのトークンを使います。1個2uah(20円くらい)
 
DSC03554
 
 これをゲートに投入すると入れてくれます。
 
DSC03556
 
DSC03557
 
 それにしてもウクライナの地下鉄は深かったです。
 
DSC03560
 
 地下鉄で移動し、バスで移動し。で、ここに到着。
「ペチェールスカ大修道院」です。
 
DSC03561
 
 入場料は50uah、ただし写真を撮りたい人は100uahの追加です。
 
DSC03562
 
 聖三位一体教会。
 
DSC03563
 
 大鐘楼。
 
DSC03564
 
 そんな感じで、作り込まれた建物が幾らでも。
 
DSC03566
 
 解くにはこんな像も立っていました。結構でかい。何かは不明。
 
DSC03568
 
 坂を下りてしたの修道院エリアへも。
 
DSC03570
 
DSC03572
 
DSC03573
 
 奧まで行っては見ましたけど、実際ここは新人の場所で物見遊山には肩身が狭いというか申し訳ない。と言うことで、私自身はこの辺で
 
DSC03574
 
 引き返し。これで一度ホテルに戻ることにしました。
 
DSC03577
 
 ちなみにこれはバスのきっぷ。1.5uah。車中で買った後、パンチで穴を抜きます。
 つづく。
 
 
 実はこの後道に迷ってえらいことになったのですけど、略。地図はちゃんと持ち歩きましょう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012/07/03

東欧見聞日記2012(#15)06/30-1:キエフへ(WAW>KBP)

 
DSC03448
 
 6月30日はワルシャワからキエフへ移動します。とは言っても午前中は開いていましたので、荷物はワルシャワ中央駅に預けて、ワルシャワ蜂起記念館へ。
 
DSC03451
 
 ポーランドの蹂躙されてきた歴史を見てきましたです。
 
DSC03453
 
 この建物自体が何かはよく判りませんでしたので、判れば後で追記します。
 
DSC03456
 
 駅に戻ってきて荷物を引き取って。
 
DSC03458
 
 プラットフォームで待っていると、電車が到着。
 
DSC03459
 
DSC03460
 
 25分ほどでショパンに空港に到着。空港への鉄道線は最近できたそうですが、お影でこの移動も楽だったです。これは便利。
 
DSC03463
 
 中へ
 
DSC03465
 
 と言ってもチェクイン窓口がどこかさっぱり判らない。
 しょうがないのでインフォメーションのお姉さんに聞いてみたです。「ミンスク行きに乗りたいのですけど?」
お姉さん「ミンスク?……139」
 
DSC03464
 
 お姉さんに言われたとおり139番窓口に行ったところ待ってる人はいるものの何の準備もされていなかったのですが。
 
DSC03466
 
 離陸2時間前に表示が出て、受け付けが始まりました。
 これから乗るのはBELAVIA、ベラルーシ航空。キエフに行くのに他に安い経路がありませんでしたから、ミンスク経由でのキエフ行きです。。そのため、ベラルーシ大使館にトランジットヴィザを貰いに行くことになりましたけど。
(ベラルーシはヴィザが必要で、その発券には面倒が有るようですが、トランジットヴィザ)それはそれ。
 
DSC03470
 
 ここでは荷物の預け札を渡され荷物はキエフまでスルーされると言ったのですが、搭乗券はミンスクまでのみ。キエフ行きはミンスクで渡すとはいいましたけど。
 このまま、不安満載がキエフまで続きます。
 
DSC03467
 
 チェックインを済ませて。
 ポーランドは予想よりも物価が安く、入国前に用意したズロチの1/4が残ってしまいましたから、これをそのままウクライナのフリブニャに変えました。レート余り良くなかったですけどね。
 
DSC03471
 
 搭乗口へ。
 
DSC03473
 
 ついにヨーロッパ圏()シェンゲン協定圏から未知の世界へ。
 にしてもユーロの人、ハンコの押し方が適当てすぎ。
 
DSC03475
 
 この飛行機で、ミンスクへ出発です。 ちなみにワルシャワからは1時間ほど。
 寝ているうちに離陸してしまっていたのであっというまにミンスク到着という感じでしたけど。到着してからが長かった。
※ちなみにミンスク空港は写真撮影禁止と聞いているので、しばらく写真なしです。
 タラップを降りてバスで入国審査窓口まで移動したのですが、もちろんというかそこからは入国できません。片隅に「TRANSFER」と書かれていた窓口がありましたのでその辺でじっと待っていると、プリントアウトを持ったお姉さん登場。様子を見ていると乗り換え客の確認をしているようで、私の名前も有りました。
 しかし支持は「ここで暫く待て」で、じっさい1時間45分くらいそのまま留め置き。
 ようやく動き出すと、搭乗口のフロアに直接上げられたのですがここでも説明無し。
結局自力でキエフ行きの搭乗口を探し出して(実際には上げられた搭乗口自体が僧でしたけど)不安のまま待機。そこでまた2時間近い待機、というか放置。
 19時50分になって係の人が登場し、ここでワルシャワからのトランジット客に声を掛けた野は良いのですけど、ここでパスポート没収! 
 いや、搭乗券の発券(およびヴィザチェック)のためとは判っていても、この時点で私は映画「ターミナル」のトムハンクス状態になってしまったのですから心配するしかできない。
 ヒマなのでお店でお土産買おうとしたらここでもパスポートチェックが有るため買い物もできない状態。
 
 まぁ15分ほどで搭乗券付けてパスポート返して貰いましたけどね。
 と言うわけで私も空港に閉じこめられることもなく、無事ミンスクを出発することができました。出発時刻が定刻を20分くらいオーバーしていても、この辺の国では普通なのでしょう。
 
DSC03476
 
 さて、ミンスクを離陸しましたので写真は再開。
 この飛行機はヨコ3席という、とても小さな飛行機でした。シートは微妙に良かった。
 
DSC03478
 
 あっというまに空の上でした。
 
DSC03479
 
 ワルシャワーミンスクも、ミンスクーキエフもどちらも1時間弱のフライトですが、こちらでは軽食が出ました。(AEROSVIT運航便だから?)
 
DSC03480
 
 トマト、キュウリ、ハム、チーズの普通のサンド。おいしいかったですけど、考えるとこの日はここまで食事してなかった。
 
DSC03481
 
 航路的にはチェルノブイリの近くも飛ぶと思ったのですが、結局判りませんでした。
 
DSC03484
 
 見ているうちに風景は豊壌に。
 
DSC03485
 
 キエフ空港到着。
 
DSC03488
 
 ちなみにこんなに小さい。
 ここまで来ると入国審査も簡単でした。
 係の人「どっから来たの? ミンスク? ファイナル見に来た? チケットは持ってる? そっか、楽しんで」
 これで終わり。
 
DSC03490
 
 そんなこんなでキエフに到着。お願いしていた送迎の方とは多少すれ違って時間掛かりましたけど無事遭遇。逗留先まで送っていただきました。
 と言うわけで、この旅行で一番難儀なこの移動も無事終了です。つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/07/02

東欧見聞日記2012(#14)06/29-1:ワルシャワ徘徊

 
DSC03310
 
 準決勝翌日の29日。この日は一日ワルシャワを徘徊する日としていました(キエフへの飛行機の都合)。
 朝の10時くらい、まずは逗留しているホテルに近いここへ。
 
DSC03311
 
 コペルニクス科学センターです。
 
DSC03316
 
 ロボットがしゃべってました。
 
DSC03317
 
 一応イギリス語版ガイドも在りましたから安心です。とは言っても科学館ですから展示的に言葉はそんなに問題はない。
 
DSC03318
 
DSC03319
 
 お子様がいっぱい……かと思いましたら、じいさまばあさまの団体も少なからずでみなで装置を楽しんでいました。
 
DSC03320
 
 外にでしばらく川沿いにあるく……と、謎の人魚像発見。なぜかクロアチア。正体は後で判明します。
 
DSC03324
 
 ふらふら歩いているうちに、ここに到着。赤い建物が旧王宮です。
 
DSC03325
 
 とりあえず今日のすかーさま。
 
DSC03328
 
 ここにはイタリア版の人魚が。
 
DSC03330
 
 古い町並みを抜けると
 
DSC03331
 
 旧市場に。ここの真ん中に
 
DSC03332
 
 これがオリジナルで、ユーロの16国仕様のレプリカが市中
 あちこちに配置されているのでしょう。それは全部確認しないと! ……と言うほどの元気も時間も残っていません。
 
DSC03333
 
 今日のすかーさま、その2。
 
DSC03334
 
 広場の真ん中には井戸があり水も出ていました。
 
DSC03335
 
 さらに進むと
 
DSC03339
 
 城壁、バルバカンが。
 
DSC03340
 
 城壁から先は若干新しい「新市街」でしたが
 
DSC03341
 
 こっちはそんなにおもろ無かったので早めに引き返しました。
 
DSC03342
 
 と、謎の線発見。
 
DSC03343
 
 説明に依れば、第二次大戦中にユダヤ人居住区「ゲットー」を壁で囲んだその跡だとのこと。
 
DSC03344
 
 ポーランドはあちこちで、こういう先の戦争の痕跡が残っていますね。
 このビルの足元で右の道を封鎖するように壁が建てられていました。
 
DSC03351
 
 再び旧市街に。遠くに昨日のスタジアムが見えます。
 
DSC03356
 
 ライオンがタオマフまいていました。
 
DSC03357
 
 大統領官邸らしい。
 
DSC03359
 
 ポルトガル版人魚発見。
 
DSC03364
 
 人魚はワルシャワのマークにも描かれています。
 
DSC03368
 
 フランスも発見。
 
DSC03369
 
 さて。いよいよ目的地はこのデカブツです。
 
DSC03373
 
 と言ってもその周辺に造られていたファンゾーンのほうですけど。
 
DSC03374
 
 荷物チェックされて、入場。
 
DSC03375
 
 中。大型ビジョンの前にひたすら広い空き地。
 
DSC03377
 
 ちなみにビールはいっぱい8zlでした。まだ高いけどスタジアムよりは安い(12zl)。
 
DSC03379
 
 ポーランド版人魚はここに居ました。さがせばこのファンエリア内にもっと居たはず。
 
DSC03383
 
 それにしても、スターリンの文化と科学の宮殿の足元でサッカーというのも、なかなか悪意が見えますね。
 
DSC03384
 
 この辺で外に。
 
DSC03390
 
 駅の隣にモールがありましたので、そこへ。このうにゅうにゅしたガラス板の天井
 
DSC03392
 
 の下に、4階建てのモールが納まっています。これも店揃えはフランスとかと大差ない感じでした。
 
DSC03399
 
 トラムで国立美術館へ移動
 
DSC03400
 
 と、なぜかここにドゴール。何故? 
 国立美術館は西洋絵画が沢山でした。これと言った物は。かなりでかい絵が修復作業中だったのが気になったくらい。
 
DSC03405
 
 むしろ個人的にはとなりの軍事博物館の方が(^ ^;)
 
DSC03406
 
 なんせこういうのがいっぱいでしたから。
 
DSC03411
 
 元は軍の施設か何かだったのですかね?
 
DSC03413
 
 15時半くらいトラムで一度ホテルに戻って一休みしてから
 
DSC03416
 
 19時にはここに戻ってきました。
 
DSC03418
 
 ポルトガル版発見。
 
DSC03420
 
 モールで買い物をしてから
 
DSC03423
 
 バスの路線図をしばらく睨んで選択したバスで
 
DSC03425
 
 旧市街に戻ってきました。
 
DSC03427
 
 夕方です。
 
DSC03431
 
 この辺のカフェで、ゆっくりご飯を食べたです。
 
DSC03436
 
 それにしてもビールは1Lが普通なのが恐ろしい。そういうどでかジョッキを前にしていた人はたくさんいましたです。
 
DSC03443
 
 20時40分スタートで、食べ終わったのは22時10分。もう日も暮れてしまいました。
 
DSC03444
 
 そのまま、夜の旧市街をふらふらした跡にホテルに帰りました。
6月29日終了。旅はここから難儀な局面に入ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/07/01

ふろん太君大遠征・ワルシャワの巻

 
(2012/07/21)記事を追加しました。
 
 世界を股に掛けたふろん太、今回は東ヨーロッパに突撃です。
 ちなみに今回はtwitterで現地より速報版も上げました→ http://via.me/-2gws3aa
 
 
DSC03118
 
 はるばる来たぜ、わるしゃわー。
 
DSC03120
 
 と言うわけで、今日はワルシャワに来たよ。
 
DSC03135
 
 ここがワルシャワに有る国立競技場なんだ。
 
DSC03141
 
 開場前なので、外には人がいっぱいだ。
 
DSC03143
 
 ……というか、早く中に入れてくれ! 
 
DSC03161
 
 やっとゲートが開いたよ。
 
DSC03164
 
 セキュリティチェックでは体の隅々まで調べられたけど、最終的には問題なく中に入れたよ。
 
DSC03172
 
 入ってすぐの処ではバンドが演奏してたよ。
 
DSC03179
 
 ビールはカールスバーグ、ホットドッグはおいしかったよ。
 
DSC03185
 
 浮かれてしまって、タオマフも買っちゃったよ。
 
DSC03193
 
 なんか走ってたよ。
 
DSC03199
 
 喰われそうだったです。
 
DSC03201
 
 さて中にはいるよ。
 
DSC03206
 
 正直回転ドアに引っかかり掛けたけど、無事中に入れたよ。
 
DSC03213
 
 席に座ったよ。
 
DSC03275
 
 ドイツを応援したよ。
 
DSC03281
 
 ……ドイツ負けちゃった。
 
DSC03284
 
 ポーランドでの試合はこれで終わりなんだって。
 
DSC03298
 
 帰るよ。多分に度とここには来ないと……思う。
 続く。
 
 
 
なおここまでは以下のようなかんじ。
 
ユーロ2004観戦日記より
04/06/27 ふろんた君大遠征  @ポルト
04/06/30 ふろん太君大遠征その2 @ホセアルバラーデ、リスボン
04/07/01 ふろん太君大遠征その3 @ポルト
04/07/04 ふろん太君大遠征その4 @ルース、リスボン
  
ドイツW杯2006観戦日記より
06/07/03 ふろん太君大遠征 @ベルリン
06/07/06 ふろん太君大遠征 @ミュンヘン
 
2007年ACLバンコク大学戦観戦日記より
07/05/23 ふろん太君大遠征 @タイ・バンコク
 
2009年浦項突撃日記より
09/03/18 ふろん太君大遠征@韓国浦項
 
2009年天津大変日記2009より
09/05/05 ふろん太君大遠征@中国天津
 
2010年メルボルン反転日記より
10/03/31 ふろん太君大遠征・オーストラリアメルボルン

2010年北京轟沈日記より
10/04/28 ふろん太君大遠征・北京

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国立競技場@ワルシャワ

 
(2012/07/21)記事を追加しました。
 
 
DSC03216
 
 準決勝の会場になった国立競技場@ワルシャワについて簡単にまとめます。
 
DSC03106
 
 ヴィスワ川の向こうにある赤と白の建造物。
 
DSC03129
 
 "Stadion Narodowy" 国立競技場です。ワルシャワです。
 
DSC03134
 
 外周は赤と白の板で囲われています。
 
DSC03139
 
 みなで開場まち……と言っても、チケット売りの人も多数。
 
DSC03147
 
 禁止事項。
 タバコ、カサ、レーザーポインタ、瓶缶だけでなく飲み物全部、花火、薬物、プロパガンダの為のチラシ、
 
DSC03148
 
 1m以上の旗棒、2x1.5m以上の旗、ビデオカメラ、銃刀、宣伝のためのチラシ、ガス缶、でかい荷物、ロールペーパー、拡声器やブブゼラ。
 なんか項目増えていますね。
 ちなみに荷物については25x25x25cm以上は駄目とはなっていますが、ここではそんなに厳密にはやってなかったです。ここではね。
 
DSC03163
 
 開場。中へ。
 
DSC03167
 
 スタジアムの周りを囲んでいる板は穴が空いて半透明状態です。
 
DSC03218
 
 ちなみに内側から見るとこんな感じ。網状です。
 
DSC03219
 
DSC03222
 
 なので中から外は結構透けて見えます。
 
DSC03174
 
 スタジアムマップ。
 
DSC03192
 
 謎のオブジェ。
 
DSC03200
 
 ゲートは回転式ゲートで、チケットのバーコードを読ませて通過します。
 
DSC03202
 
 私の席はアッパーでしたので、階段で上に。
 

 
 パノラマ。
 
DSC03227
 
 サッカー専用とは思いますけど、ゴール裏の余白は大きく取られていますね。
 
DSC03230
 
 アッパーの傾斜は豊田スタジアムのようにきつく、席の前には安全バーが付いています。
 
P1180568
 
 ロアーは傾斜緩いような気もしましたけど、行ってないので判りません。
 
DSC03226
 
 そしてこのスタジアムの最大の要点が屋根です。
 中央に大型ビジョン4面を備えた設備が「宙に浮いています」。
 
DSC03229
 
 これはワイヤーで支えられては居ますけど。
 
DSC03235
 
 その中央にはダモクレスの剣が。いやこれは恐い。
 
P1180129
 
 なにもこのように尖らせた物をピッチ中央上空に「ぶら下げる」ことはないでしょうに。
 正直私は試合中気になって仕方がありませんでしたから、真下で走る選手達にも影響は有ったのではないかと。
 
DSC03256
 
 中央に掛けて幕を張ることで、屋根は全天に展開できるようです。この日は天気良かったので開いたままでした。
 
DSC03296
 
 そんな感じでした。回りは交通規制されていましたので帰りは大回りすることになり難儀しました。
 
DSC03306
 
 また来ることは……ないかな?(^ ^;)
 この項以上です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東欧見聞日記2012(#13)06/28-4:euro2012準決勝 試合後

 
 リアルタイムではキエフに到着しています。昨日の移動は難儀でした(x x;)がそれはまたあとで。
 記事はまだ準決勝の試合後です。
 
P1180716
 
 明暗が分かれました。
 
P1180717
 
P1180718
 
P1180720
 
 イタリアの選手は次々と集結。
 
P1180721
 
 敗戦の将。
 
P1180723
 
 ドイツサポ側サイドで輪を作って喜び始めましたので、主審が制止。
 
P1180724
 
P1180725
 
P1180726
 
 なので軽く輪を作っただけで散開。
 
P1180728
 
 ユニ交換も行われていました。
 
P1180735
 
 マンオブザマッチ。
 
P1180737
 
 ドイツ側。
 
P1180739
 
P1180740
 
 イタリアの選手も自分側サイドに移動。
 
 
P1180738
 
 ピッチではなにやら準備中。
 
DSC03282
 
 広げられたそれはポーランド国旗でした。
 ポーランドサイド全試合終了ということで
 
DSC03288
 
 感謝の言葉を各国の言葉でも。
 
P1180742
 
P1180743
 
 イタリアの選手もこっちがわなら存分に喜べます。
 
P1180745
 
P1180746
 
 で、こっちではさっきより大きめの輪を作って
 
P1180747
 
 ぐるぐる。
 
P1180749
 
 ばんざい。
 
P1180751
 
 というわけで、選手達もピッチを去っていったのでした。
 
DSC03289
 
 ぞろぞろ帰宅。やはりというか、イタリアドイツ両国以上にポルスカカラーの人が多かったです。
 他の国に合わせるという発想は余り無さそうですね、それもドイツやイタリアと同化したくはないでしょうし。
 
DSC03290
 
 ともあれ帰りは大混雑。
 
DSC03291
 
 しかもスタジアムの回りは大きく取り囲んで閉鎖していましたから、移動が面倒でした。
 
DSC03293
 
 ともあれ。
 
DSC03295
 
 人ごみの中を歩いて
 
DSC03302
 
 橋を渡って、ホテルに戻ったのでした。
 
DSC03305
 
 また来る日まで。、また来る機会があるとは思えないけど。
 
 なおホテルに戻ってエレベータに乗るとそこにいたイタリアレプユニな方に話し掛けられました。
イタの人「サッカー見てきたのか?」
私「はい」
イタの人「どっち応援した?」
私「うっ」※私どちかというとドイツ応援していたので口ごもった。
イタの人「ドイツかい?」
私「ファイナルはイタリア応援します」
イタの人「そうか」にっこり。
 まぁそんな会話がありましたとさ、というだけの話です。
 
DSC03447
 
 ちなみにこれは翌日のガゼッタ・デル・スポルト。こういうのまですぐに入手できるポーランドもやはりヨーロッパなのですね。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 24 de junho de 2012 - 30 de junho de 2012 | Main | 8 de julho de 2012 - 14 de julho de 2012 »