« 8 de julho de 2012 - 14 de julho de 2012 | Main | 22 de julho de 2012 - 28 de julho de 2012 »

Posts from 15 de julho de 2012 - 21 de julho de 2012

2012/07/19

7月16日の徘徊(大崎下島へ)

 
DSC04089
 
 昨日寝坊したお影で、今日は6時半にはもうホテルをチェックアウト。てくてく歩いて竹原駅へ。
 
DSC04091
 
 ……と。
 
DSC04093
 
 これは一体
 
DSC04094
 
 なんだろう? 
 
DSC04095
 
 「ももねこ様」と書いてあるからには、ももねこ様なのでしょうね。
 
DSC04096
 
 でも、猫なのだろうか? 
 それはそれ。(帰って調べました。前日見た旧笠井邸に飾ってあったアニメ関係らしい)
 
DSC04097
 
 竹原駅のコインロッカーに荷物を置いて、竹原港へ。
 
DSC04098
 
 1時間に一本も通らない電車を見送って
 
DSC04099
 
 カニも見送って。
 
DSC04101
 
 「大崎島ゆき」の港へ。
 
DSC04102
 
 こういうフェリーに乗ると思っていたのですけど、実際に乗ったのは
 
DSC04104
 
 こっち。
 
DSC04105
 
 客席は10席ほどの小さな船でした。
 
DSC04106
 
 でも速い。穏やかな海の上を滑るように走って
 
DSC04108
 
 1時間掛からずここに到着。
 
DSC04110
 
 大崎下島の御手洗(みたらい)です。
 
DSC04111
 
 こちらも古めの町並みが残されているとか何とかで。やっぱりふらふらと。
 
DSC04113
 
 若胡子屋。江戸時代にはこの辺は潮待ちの街として栄えていて、ここはその頃の「お茶屋」の跡とのこと。その当時は豪勢だったのでしょうね。
 
DSC04114
 
 今では中は鉄骨で補強されている状態でしたけど。
 
DSC04117
 
 天満宮。ということはここも菅公絡み。左遷時にここにも立ち寄ってトイレを使ったから地名が「御手洗」になった。いえ文字通り「手を洗った」という事みたいですけど。
 
DSC04115
 
 ちなみにこの天満宮の下をくぐると願い事が叶うのだそうで。潜ってきました。
 
DSC04119
 
 時代がかった時計屋さんも有りました。
 
DSC04122
 
 その先にはこの建物が。「乙女座」。
 
DSC04125
 
 有料でしたが中に入れましたので入ってみました。花道もありますし、演劇用の舞台のようですね。
 
DSC04126
 
 寅さんの看板も置いてありましたし、二階には映写室もありましたから、映画館としても使われたようです。
 
DSC04127
 
 こういう処では活動写真とか弁士付きで見たいです。
 
DSC04128
 
 学校です。
 
DSC04129
 
 灯台です。
 
DSC04134
 
DSC04135
 
 古そうなお屋敷。
 
DSC04136
 
 七卿落ち遺跡だそうです。文久の政変で京都を追い出された公家7人が長州まで落ち延びるその途中でここに滞在したとのこと。実際にここに滞在したのは5人だそうですけどね。
 
DSC04137
 
 さて。ここからはこの階段を上って
 
DSC04138
 
 「歴史の見える丘公園」なる展望台に登ろうとしたのですが
 
DSC04139
 
 それが
 
DSC04140
 
 行き先はひたすら山の上でした。
 
DSC04142
 
 できるならこれで上まで上げて欲しい(^ ^;)
 
DSC04143
 
 この「ミカン運搬用モノレール」は、山のあちこちにレールが走っていましたです。
 
DSC04144
 
 それはそれ、まだ先がある。
 
DSC04146
 
 結局15分くらいかかって上に到着。
 
DSC04147
 
 椅子が4つ。
 
DSC04148
 
DSC04149
 
 眺めは良かったです。暑かったですけど。
 

 
 パノラマ。
 
DSC04154
 
 さて降ります。
 
DSC04155
 
 ああ風景が変わって、なんか降りたような気がする(^ ^;)
 
DSC04133
 
 さてさて、11時になりましたので、ご飯を食べることにしました。
 
DSC04160
 
 元は船宿だったそうです。二階に上げてもらいました。
 
DSC04161
 
 景色良いです。
 
DSC04163
 
 ここで名物となっていた「あなご丼」をいただきました(^ ^)
 
DSC04164
 
 しばらくまったり。
 
DSC04171
 
 と言ったところで、御手洗滞在はここまで。行きに乗った船はしばらくさっきの港には停まらないと言うことで、
 
DSC04172
 
 バスで移動です。
 
DSC04173
 
 しかし、降りるべき処で降り損ねて「小長港」まで来てしまった。ここからは隣の大崎上島にしか行けないみたい。
 
DSC04175
 
 だそうです。
 
DSC04176
 
 なので歩いて、「大長港」まで移動。
 
DSC04180
 
 少し待ってまたさっきの小さい船に乗り
 
DSC04182
 
 竹原に戻りました。
 
DSC04184
 
 時間が残っていましたので再度保存地区やこの像あたりを徘徊し
 
DSC04186
 
 竹原到着時に予約していた空港行き乗り合いタクシーで、広島空港へ。
 
DSC04188
 
 広島空港到着。
 
DSC04189
 
 飛行機で帰ったのでした。まる。
 次に来ることが有ったら、今度は大久野島(うさぎ島)に行きたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/07/18

7月15日の徘徊(竹原にて)

 
DSC04008
 
 6時には起きるはずが、起きたのが7時。慌てて身仕度してチェックアウト。路面電車で
 
DSC04009
 
 バスセンターへ移動。
 
DSC04010
 
 ここからバスで1時間20分ほど。
 
DSC04011
 
 “安芸の小京都”竹原に到着。
 
DSC04012
 
 来たのは初めてですけど、ただいまです。
 
DSC04014
 
 時は10時くらい。大荷物はホテルに預けて
 
DSC04015
 
 ここに到着。
 
DSC04017
 
 「町並み保存地区」です。この日はひたすらこの辺を徘徊します。
 
DSC04018
 
 ん? 
 
DSC04019
 
 と言うことで早速脇道に。
 
DSC04020
 
 坂も登ると
 
DSC04021
 
 なんか居ました。というか、何? 
 
DSC04023
 
 それはそれ、お地蔵様。
 
DSC04024
 
 というわけで持ち上げてお願いしました。
 ……重かったです。願いは叶いそうにない。
 
DSC04028
 
 広場。
 
DSC04034
 
 そんなに広くはないですけど、ひたすら右往左往。
 
DSC04080
 
DSC04036
 
DSC04037
 
 竹鶴という酒屋(だったところ)も有りました。ニッカの竹鶴氏の生家とのこと。
 
DSC04039
 
 そんなこんなで、行きついたのがこの家。
 
DSC04040
 
 旧笠井邸。無料公開とのことで
 
DSC04041
 
 上がってみました。
 
DSC04042
 
 2階。
 
DSC04043
 
 ……これはなんだろう? 
 
DSC04044
 
 アニメに出てきた、ということ? 
 
DSC04045
 
 それはそれ、二階からの風景。
 
DSC04046
 
 お庭。
 
DSC04047
 
 そういえばここは「竹原」というだけあって、車止めもタケノコでした。
 
DSC04048
 
 そんなこんなで、いちど保存地区を抜けて川沿いに移動すると
 
DSC04049
 
 途中にこんな可愛い写真館が。
 
DSC04050
 
 実際には営業してないようでしたけど。
 
DSC04051
 
 今日のすかーさま。
 
DSC04056
 
 11時になりましたので、保存地区に戻り、そこに有ったお好み焼き屋さんに。
開店直後でしたから、待たずに入れました。
 
DSC04054
 
 もちろんお好み焼きを。そば入りで。おいしいかったけど量が。私はこのシングルでおなかいぱい、でも学生さんらはダブルとか頼んでた。
 
DSC04055
 
 酒粕アイスもいただきました。
 
DSC04057
 
 さて。裏に回って
 
DSC04058
 
 お寺に。長生寺。
 
DSC04059
 
 さらに山道をたどると
 
DSC04060
 
 ここに辿り着きました。
 
DSC04061
 
 普明閣だそうです。清水の舞台を模したとか何とか。
 
DSC04064
 
DSC04063
 
DSC04065
 
 上がってみました。
 
DSC04069
 
 階段を下ると
 
DSC04072
 
 さっきのお好み焼き屋さんの前に(^ ^;)大回りしてしまったみたい。
 
DSC04073
 
 そんなこんなで
 
DSC04078
 
 途中「道の駅たけはら」で息も抜きつつ
 
DSC04079
 
 昼過ぎまでこの辺を徘徊したのでした。
 その後はホテルにチェックインして、ご飯食べて早めに寝たです。
 続く。明日は島へ行きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/07/15

12年J1第18節広島対川崎@ビッグアーチ

 
DSC03945
 
 気が付いたらお昼には羽田空港に到着。
 
DSC03944
 
 ここから広島へ……と、搭乗口変更で86番? 
 
DSC03947
 
 80番台はバス乗り場。
 
DSC03948
 
 バスで移動してタラップで機内へ。
 
DSC03949
 
 15時前には広島に到着。
 
DSC03950
 
 さらにバスで……
 
DSC03955
 
 と、広島駅まで行ってしまいました。直行便だったのか? 
 
DSC03957
 
 しょうがないので路面電車で移動。
 
DSC03959
 
 本通駅でアストラムラインに乗り換え。
 
DSC03960
 
 往復は、サンフレッチェ応援乗車券。前回来た時は窓口でのみ発売だったような。今回は券売機でそのまま購入できました。
 
DSC03961
 
 あっという間に人里離れた山の中に。
 
DSC03963
 
 といっても40分くらい掛かりましたけど。
 
DSC03965
 
 シャトルバスが有りましたのでそっちへ。却って大回りになったような気もしますけど。
 
DSC03966
 
 到着。
 
DSC03968
 
 獅子? 
 
DSC03971
 
 ビジターゲートから中へ。
 
DSC03973
 
 マッチディは無料。
 
DSC03975
 
 ビジターエリアとバックスタンド側は閉鎖で(ビジターのユニでは)通行止めになっていましたが、その間に川崎グッズのお店が。あっち側にもお客有り。
 
DSC03978
 
 スタンドに入場。
 終始雨でしたのでどうなることかと思いましたけど、小雨時々止むという状態でしたからなんとか最後まで。
 
DSC03981
 
 J1第18節広島対川崎戦@ビッグアーチです。
 ホーム広島戦は風間体制緒戦で醜態を晒しましたが、それからもう4ヶ月。その成果がこの日示されました。
 

 
 パノラマ。
 
DSC03990
 
DSC03991
 
 18時15分キーパー練習開始。
 
DSC03992
 
DSC03993
 
 18時20分フィールドプレイヤー練習開始。
 
DSC03996
 
 審判スタメン。
 
P1200180
 
 両チームスタメンは試合中の絵から。
 
DSC03997
 
 ビッグフラッグ。
 
P1200167
 
 整列。
 
P1200171
 
P1200172
 
 握手、にはクマも参加。
 
P1200178
 
 円陣。
 
P1200181
 
 広島ボールで前半開始。
 
P1200187
 
 前半01分いきなりピパポに押し込まれ
 
P1200189
 
 広島CK。
 
P1200190
 
 これをダイレクトで合わせられて、ボールは
 
P1200191
 
 枠の中。
 
P1200192
 
 いきなり失点。<広島1-0川崎>
 
P1200210
 
 前半05分憲剛のパスが
 
P1200211
 
 ゴール前に送られたがレナト合わせられず。
 
P1200232
 
 前半08分イガが押し上げ
 
P1200234
 
 小林ゆう走り込み合わせたが
 
P1200235
 
 キーパーキャッチ。惜しかった。惜しかったのはこれだけ。
 
P1200236
 
 この人もまだ余裕。
 
P1200268
 
 前半14分
 
P1200269
 
 西部押し込まれてボールをけり出され
 
P1200270
 
 ボールはそのまま枠の中に。
 
P1200272
 
 得点ピパポ。<広島2-0川崎>
 
P1200287
 
 さらに前半18分またも簡単に押し込まれ
 
P1200288
 
P1200289
 
 またピパポ。
 
P1200291
 
 前半18分で試合は決まってしまいました。<広島3-0川崎>
 
P1200331
 
 前半26分川崎
 
P1200332
 
 右サイドから押し込み
 
P1200333
 
 小林ゆう頭で合わせたが防がれ
 
P1200334
 
 こぼれ球にレナトが寄せたがシュートは枠の上。
 
P1200448
 
 ロスタイム2分で前半終了。
 
 
 
DSC03998
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
P1200450
 
 ハーフタイムに川崎選手交代。タッピーout 山越in。え?
 
P1200451
 
 山越は先日特指で川崎に入ったばかり。その選手をここで投入か。
 
P1200452
 
 ということは、風間はこの試合「投げた」ということでしょうね。
 勝敗よりも新人に出場機会を与えることを優先したと言うことですから。
※ところが試合後コメントではタッピーよりも山越の方が良かったなんて世迷言を言う始末。
 そういえば山越は風間が大学監督時代の選手だそうですね。息子のみならず、そういう情実優先ですかと言いたくなる。
 
P1200453
 
 川崎ボールで後半開始。
 
P1200483
 
 後半05分川崎二枚目の交代、レナトout ヤジin。
 なぜこれが後回しになったんだか。
 
P1200521
 
 対して広島は後半12分ピパポout 浩司in。ピパポ温存です。
 
P1200600
 
 今日の入場者は1万1585人でした。
 
P1200632
 
 選手の質が悪いと言い続けるこの御方は、この4ヶ月選手の質を上げるために何をしたのでしょうかね。
この試合でも後半にもなるともう傍観状態。
 
P1200644
 
 後半34分広島交代、清水out 井波in。
 
P1200677
 
 そして後半39分川崎最後の交代、カミout ルイin。
 なぜこの交代がこんなに後回しになったのか。山越投入がこの時間ならまだ納得できたのですが。
 
P1200719
 
 ロスタイム3分の後半47分で、広島余裕の3枚目交代。高萩out 大崎in。
 
P1200724
 
 試合終了。
 
P1200725
 
 広島3-0川崎
 
P1200727
 
 無様。
 しかしこれこそが風間体制の集大成なのでしょう。風間にはこうすることしかできない。というかどうすることもできない。なんせ4ヶ月掛けて、選手の質を上げることができないと言うことなのでしょうから。
 しかし風間は勝てないのは選手の質の問題であると言い張り、山越だけでなく息子共などを含めて新しい選手をどんどん投入しようとするでしょうね、ラモス監督のように。
 そしてチームは壊れていく。フロントはそれがお望みか。
 
P1200729
 
P1200730
 
 選手の挨拶の場には、もちろん風間は居ません。
 さすがにこうなると「風間挨拶しろ!」とかなヤジを上げる人も出てくるのですが、その直後に「フロンターレコール」を被せてきた団体の皆様の結束の固さには却って感心しました。
 結束は固い。フロントとの。
 
DSC04000
 
 小雨の中駅まで歩き、アストラムラインで町中へ。
 ふらふら泊まったホテルに移動しました。
 ホテルで一泊、日曜も月曜も広島近辺です(^ ^)
 
 なおホテルフロントの方がチェックイン終了後に「今日は残念でしたね、風間監督はどうですか?」
と言ってきましたから「わたしあの人あまり信用できないです」と答えたら。
「広島ではあの人は待望されているのです、がんばって欲しいです」とかなんとか。
 いまからでもいいですから、監督はぽいちの人と変えてください。
 それにしても現役時代は同時期に選手だった二人。どこで差が着いた? 
 もちろん、Jの現場でコーチとして経験を積んだぽいちと、Jの現場を避けてきた人ではJでの経験値の差が大きくなるのは当たり前ですけど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« 8 de julho de 2012 - 14 de julho de 2012 | Main | 22 de julho de 2012 - 28 de julho de 2012 »