« 2 de dezembro de 2012 - 8 de dezembro de 2012 | Main | 30 de dezembro de 2012 - 5 de janeiro de 2013 »

Posts from 23 de dezembro de 2012 - 29 de dezembro de 2012

2012/12/28

年の瀬はいかい、綱島送り

 
DSC06677
 
 年内の仕事も終了、午後に開放されましたので
 
DSC06678
 
 歌舞伎町を徘徊。というかコマ劇跡の状況を見に行ったのですけど見た目変わりなし。
逆に後楽そば跡地はあっさり案内所に変わっていてこれはこれで何だか。
 映画館どころか、ゲームセンターも消えていく。過去にあった姿は破壊されて行くのみ。過去が良かったとは言わないが、今後のことを考えない破壊は単なる破壊でしかない。
 
DSC06680
 
 それはそれ、渋谷に移動したところでご飯が食べたくなってヒカリエの上に登ったのですけど。
 なぜか利久で牛タンを。おいしいかったですけど何故今牛タンなのかは自分でも不明。
 
DSC06681
 
 さて。東横線で小杉を通り越して、綱島に。
 
DSC06684
 
 駅を降りて少し歩いただけで
 
DSC06685
 
 ここに到着。「綱島ラジウム温泉」東京園です。
 古えの綱島温泉の姿をそのままに、とかな歴史はよくわからんですけど、昔そのままに営業しています。
 
DSC06686
 
 が、16時以降は銭湯料金の450円です。(そのため時間つぶししてました)
 
DSC06688
 
 もちろん中は撮影できないですけど。大きな浴室に大きな湯船、たっぷり黒湯とゆったり使ってきましたです。銭湯時間だったからかお客も沢山。前からここは気になってはいたのですけど今まで来る機会を作ってなかったのがもたいなかったです(^ ^;)
 
DSC06690
 
 奧には大広間も在りましたけど、こういうレトロな温泉施設ならではの じいさまとばあさまのカラオケ大会 状態でした、はい。それはそれとして休憩エリアふとみるとこんな自販機が。ビン入りコーラの。何か懐かしい、値段は130円でしたけど。
 
DSC06694
 
 コーラで一息。建物自体の雰囲気と言い、前世紀にタイムスリップしたかのようです。
 
 これで帰りました。今日はこの位。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/24

12月23日の徘徊(生田緑地彷徨)

 
DSC06613
 
 昼前に向ヶ丘遊園駅に。
 
DSC06614
 
DSC06615
 
 ここから、てくてく歩いて
 
DSC06618
 
 10分ほどで、ここに到着。
 前に来たときにはバスで延々と登ったような記憶があるのですが、こんなに近かったのか。
 
DSC06619
 
 まずはこちらに。
 
DSC06620
 
 「かわさき宙と緑の科学館」です。
 現地到着が12時前、丁度12時の回の入場状態でしたので、そのまま中に。
 
DSC06622
 
 ここのプラネタリウムは世界最強の「メガスターIII」です。12年4月に導入したばかりとのこと。
 
DSC06623
 
 どのくらい精密かと言えば、双眼鏡が貸し出されるくらい。実際リアルに見ることはできないと思えるくらい精細な星空でした。」
 と、上映中は写真撮影不可だったので写真は無しですその様子は現地でごらんください。
 
DSC06624
 
 プラネタリウム終わると、再度徘徊に。
 
DSC06625
 
 歩いているうちに
 
DSC06627
 
 ここへ。「なんだこれは?」
 
DSC06629
 
 と言うわけで、先程の科学館からすぐそばの「岡本太郎美術館」へ。2回目くらい。前回は大阪万博テーマ館再現の時に来ました。
 
DSC06631
 
 こちらも中は撮影禁止なので写真はここまで。
 まぁ爆発していました(^ ^)
 
DSC06632
 
DSC06633
 
 さて、階段を上がって
 
DSC06636
 
 山道をふらふら。
 
DSC06638
 
 頂上に到着。
 
DSC06639
 
 枡形山山頂展望台です。
 
DSC06661
 
 スカイツリーも見えました。
 
DSC06664
 
 最後に民家園に。
 
DSC06665
 
DSC06668
 
 まぁこんな「民家」が集まっているわけです。
 
DSC06672
 
 一部工事中でしたけど。
 
DSC06673
 
 そんな感じでした。
 
DSC06674
 
 緑地から出ると、丁度バスが来ましたのでこれで帰ることに。
 
DSC06675
 
 ドラえもんのバスでしたが、実際藤子Fミュージアム経由で登戸へ。
 登戸からは普通にJRで溝の口へ、バスで家まで戻りました。この日の徘徊はこれだけです。
 
 あ、今日のすかーさま。それは、後日また。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012/12/23

天皇杯NK5でもカブ……はいないけど海豚を愛でる

 
DSC06533
 
 NK5、ふと気が付くとふろん太が来ていました。
 
DSC06534
 
 という訳で、今年最後のマスコット記事はこれで。なお対岸のアレについては基本的に言及無しです。
 
DSC06535
 
 でもこの二匹については多少言及有り。
 
DSC06537
 
 ジュリアの人もこれでこのお仕事は終了とのこと。お疲れ様でした。
 
DSC06539
 
 で、こいつらは
 
DSC06545
 
 発掘されたマスコット、はにーとどぐーだそうで。今は天皇杯専用? 
 
DSC06541
 
 ふろん太「やぁ誰だか知らないけどこんにちは」
 
DSC06542
 
 抱擁。
 
DSC06548
 
 記念写真。
 はい、はにどぐ出番終わり。
 
 
DSC06550
 
 ふろん太ポーズ! 
 
DSC06557
 
DSC06558
 
 ふろん太勝利の祈り! 届かんかったけど。
 
DSC06566
 
 アップで出てきた選手と一緒に挨拶。
 



 
P1410839
 
 試合開始前。例によってふろん太は審判と握手。
 
P1410840
 
P1410841
 
 相手選手とも握手。
 
P1410844
 
 写真撮影。
 



 
P1420835
 
 試合終了。
 
P1420842
 
 ……今後は試合後に、こういう風にふろん太に頭下げさせないでくださいね。
 この記事はここまでです。
 



 
 2011年のカブ
01/22 新体制発表会
03/24 対新潟戦
03/31 対桜大戦
04/08 対瓦斯戦
04/18 ナビ 対仙台戦
04/28 対広島戦
05/03 対磐田戦
05/12 対柏戦
05/16 ナビ 対浦和戦
05/26 対仙台戦
05/27 ファン感
06/07 ナビ 対磐田戦
06/23 対まり戦
07/28 対大宮戦
08/11 対鳥栖戦
08/25 対名古屋戦
09/08 天皇杯 対徳山大学戦
09/15 対鹿島戦
09/29 対札幌戦
10/10 天皇杯 対徳島戦
10/20 対脚大戦
11/07 対浦和戦
12/01 対清水戦
 
 
 2012年のカブ以外
2012/03/03 J1マスコットまつり
05/19 大宮対川崎戦
 
 
 過去のカブ
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 ・2008年の「マスコット全員集合!祭り
2009年のカブ
 ・2009年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
2010年のカブ
 ・2010年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:ハーフタイムYMCA編
2011年のカブ
 ・2011年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:大人の事情で別枠の始球式
  その3:ハーフタイムYMCA編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12年天皇杯4回戦大宮対川崎@NK5

 
 例によって、こういう時は試合の描写は無しです。ばかばかしい。
 
 
DSC06521
 
 行程は略、11時半には大宮に到着。
 
DSC06522
 
 てくてく歩いて
 
DSC06523
 
 氷川神社の参道経由。
 
DSC06525
 
 いつものようにここで団子を買って
 
DSC06526
 
 大宮公園の
 
DSC06527
 
 ナック5スタへ。
 
DSC06528
 
 入場。
 
DSC06529
 
 ブブゼラ禁止。
 
DSC06531
 
 メインスタンドとアウェイの境界は申し訳程度に区切っていました。
 
DSC06532
 
 今日は天皇杯4回戦大宮対川崎戦@NK5です。
 
DSC06554
 
 そういえばズデンコも契約延長だそうで。
 
DSC06562
 
 12時15分くらいキーパー陣登場。
 
DSC06565
 
 数分後には他の面子も
 
DSC06570
 
 アップ開始です。
 
DSC06571
 
 アウェイ側。
 
DSC06572
 
 ホーム側。
 
DSC06574
 
 イナは丹念に柔軟運動を行っていました。
 
DSC06583
 
 川崎スタメン。ジェシはけが。
 にしても交代枠を兄弟+弟子で埋めるとは。この3人をベンチに置いた時点で(交代のしようがなく)負けは確定だったか。それは、この3人をなにより最優先で使ってきたために他の面子が入れられなくなったという事にでもしましょうか、いずれ起用方法について監督の失策と言うことです。失策ではなく意図的にそうやってきた結果ではありますけど。
 
DSC06584
 
 大宮スタメン。カムさんはベンチ。
 
DSC06585
 
 審判スタメン。
 
P1410837
 
 ホーム側。
 
DSC06588
 
 アウェイ側。
 

 
 パノラマ。
 
DSC06597
 
 整列。
 
P1410845
 
 寒いのにイナは半袖です。
 
P1410847
 
 逆に大島は袖を指先まで伸ばしてました。
 
P1410848
 
 円陣。
 
P1410850
 
 大宮ボールで前半開始。
 ~略~
 
P1420284
 
 前半終了。
 
P1420285
 
 いくら過去にも、前半4点差から追い付かれたとか、3点差から逆転されたとか有ったとは言っても、ここから負けるとは普通思わないでしょ。
 
DSC06600
 
 今日のすかーさま。
 
P1420289
 
P1420290
 
 後半開始前、カムさんと交流中。
 
P1420295
 
 川崎ボールで後半開始。
 
P1420820
 
 試合終了。
 
P1420821
 
 大宮4-3川崎
 
P1420822
 
P1420824
 
 酷い話です。
 
P1420826
 
 まぁここまででも、試合が悪い方に傾いたときにこの人は何もできませんでしたけど。
 何もできないなら、試合中の指揮は望月コーチに丸投げしてください。
 
P1420828
 
 そういえば、中山通訳が審判に詰め寄っていました。
 そういうことすらあのタヌキはしないのですよね。
 
P1420827
 
 ブーイング。
 
P1420831
 
 これが今年の川崎の最期の試合となったのですが、まぁ今年の川崎に相応しい終劇か。
 
P1420832
 
 今の体制のままなら、来年はもっと酷い終わりを見せられることになるでしょうね。
尤もタヌキ自体は来年末まで居るとは思いませんけど。(本人も、来年夏までには兄弟を海外移籍させる気でしょうし)もはや問題は監督では無いですからね。
 
DSC06604
 
 陰鬱な気分で大宮を離れ、帰りました。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 2 de dezembro de 2012 - 8 de dezembro de 2012 | Main | 30 de dezembro de 2012 - 5 de janeiro de 2013 »