« 10 de março de 2013 - 16 de março de 2013 | Main | 24 de março de 2013 - 30 de março de 2013 »

Posts from 17 de março de 2013 - 23 de março de 2013

2013/03/20

3月16-17日の徘徊(嬉野温泉)

 
DSC07861
 
 試合後ゆっくりと、鳥栖駅に戻ってきました。
 
DSC07863
 
 ここから電車でさらに移動。
 
DSC07865
 
 赤いけど「みどり」です。
 
DSC07867
 
 乗車。
 
DSC07869
 
 離脱。
 
DSC07872
 
 特急で40分ほどで、ここに到着。
 
DSC07874
 
 ……新幹線が通るそうです。
 
DSC07875
 
 明日の帰りの電車チケットを確保した後、バスでさらに進みます。
 
DSC07876
 
 30分ほどで、今回の目的地である……ええと。
 
DSC07877
 
 歩いて行くと今回のお宿に到着。というかでかい。
 ホテルサイトで、この辺で予約できる安めの処を選んだつもりだったのですけど。
 というわけで、今回は嬉野温泉に宿泊です。名前だけは以前から知っていましたけど場所的に行きづらくて今回が初めて。
 
DSC07885
 
 まぁ昭和の時代の温泉街ですね。このでかいホテルも改築を繰り返したのか中も入り組んでいるところもまた昭和っぽい。
 温泉自体はいい御湯でしたし、露天風呂も川に向かって開けていて開放的で。
 こんなに開放的すぎて大丈夫かと思ったけど、川の対岸も系列のホテルでした、なんと大規模な。
 
DSC07887
 
 さて一夜明けて17日。早々にチェックアウトを済まして、バスセンターに移動。
 
DSC07893
 
 表示は五カ国語対応でした。
 
DSC07888
 
 黄門様は九州を漫遊中。
 
DSC07895
 
 バスで武雄温泉駅に戻ります。
 
DSC07898
 
 特急の時間まで30分ほど有りましたから、この武雄温泉でも見物という、武雄温泉楼門を見に行った……のですが
 
DSC07899
 
 この有り様。
 
DSC07902
 
 保存工事中……残念。
 
DSC07900
 
 しょうがない、こちらの温泉は次の機会にでも。
 
DSC07905
 
 武雄温泉駅に戻って、ここからも特急で。
 
DSC07906
 
 再び鳥栖経由で……って、なぜに「新鳥栖駅」の方の駅名標シンボルマークがウイントスなんだろ? 
 
DSC07907
 
 鳥栖駅も通過。
 
DSC07908
 
 1時間ほどで博多駅に到着。
 
DSC07909
 
 地下鉄に乗り換え。
 
DSC07910
 
 そして、またここに戻ってきました。
 
DSC07915
 
 帰りもジェットスターで成田経由。
 
DSC07917
 
DSC07919
 
 歩いて搭乗。
 
DSC07922
 
DSC07924
 
 問題なく成田空港に到着。
 
DSC07926
 
 あとは成田エキスプレスで帰りましたです。
 成田エキスプレスが小杉に止まるようになったので、成田空港からの帰りもそんなに時間がかからず、楽になりました。と言うわけで、この記事はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とっとちゃん2013

 
 とっとちゃん、可愛いよとっとちゃん(x x;)
 
 鳥栖と言えば、なんと言っても「とっとちゃん」です。鳥栖市職員。
 過去にも折に触れてとっとちゃんの記事を書いています。
 
2004年のとっとちゃん
2008年のとっとちゃん
 
 なぜか4年周期。
 
P1090260
 
 これは2004年11月27日に写したとっとちゃん。この写真は転載されて出回っていて、思わぬところで見つけてびっくりしますけども。
 そして1年ずれましたけど、今回は「2013年のとっとちゃん」です。
 
 
 
DSC07862
 
 鳥栖駅の看板。とっとちゃんは鳥栖市の最終兵器です。鳥栖市に有事あった時には、ベアスタ地下から汎用鳥形決戦兵器として出撃します。
 
 
DSC07734
 
 鳥栖駅前。車止めの柱の上にはウイントス。こちらはサガン鳥栖のマスコット。
 
DSC07736
 
 虹の橋にもウイントス。
 
DSC07741
 
 陸橋を渡った向こう側にも……あ、本物。
 
DSC07743
 
 「だるまさんがころんだ」的アトラクションをしていたようです。
 
DSC07744
 
 ……それで、とっとちゃんは? 
 
DSC07767
 
 あ、居た。ベアスタのアウェイ・メインコーナーに鳥栖市の物販が。
 
DSC07771
 
 とっとちゃんグッズも売られていましたけど、今回は小さいのを購入。
 で。
 
P1470781
 
 スタンドでしばしまつこと幾星霜。ピッチ練習が始まったころ、ふと気がつくとバックスタンド前に。
 
P1470791
 
 もちろんウイントスも。
 
P1470796
 
 ウイントス「ほら、行くよ」
 
P1470799
 
 というわけで、スタンド前を周回。
 
P1470806
 
 ぐるりと進んで
 
P1470809
 
 ウイントス「ほら早く来るデス」
 
P1470810
 
 ウイントス「がおー」
 と、アウェイサポを威嚇。
 
P1470814
 
 とっとちゃん「……」
 
P1470818
 
 ウイントス「よくぞ来やがったなー」
 
P1470819
 
 ウイントス「まぁせいぜい楽しみやがれデス」
 とっとちゃん「……」
 
P1470824
 
 というわけで、じわじわメインスタンドに近づいてきました、わくわく。
 
P1470825
 
 にしてもウイントス、嘴が痛々しい。
 
P1470831
 
 にしても、もとの絵はこんなんでは無かったはずなのに、どこでどう次元変換の方法を間違ったのか。
 すばらしい。
 
P1470832
 
 ウイントス「いくぞー」
 目つきのせいか、ウイントスは所作が常に「えらそう」な感じです。
 
P1470837
 
 逆に、とっとちゃんは常に「魂が抜けて」います。ゆるい、なんて次元は越えて緩みきっています。
 
P1470842
 
 ちらっ
 
P1470852
 
 その気の抜け加減は、我が愛するカブを髣髴とさせます。
 
P1470865
 
 写真撮影。
 
P1470868
 
 写真撮影。ウイントスポーズ取るとなると翼を掲げるから、
 
P1470875
 
 さて試合前の仕事は終わったので
 
P1470876
 
 ホーム・バック角にあるゲートから退場。裏方で一休み。
 

 
P1480290
 
 ハーフタイムにも登場。とっとちゃん
 
P1480291
 
 と、ウイントス。
 
DSC07800
 
 ハーフタイムには高校生の演奏がピッチで。
 
DSC07805
 
 というわけで、二人も側に待機。
 
DSC07806
 
 演奏中は踊ってました(^ ^;)
 
DSC07810
 
 演奏終わり。
 
DSC07813
 
 ウイントス「ほな帰るべ」
 
DSC07819
 
 と、またこのゲートを通って消えていきました。
 

 
DSC07835
 
 試合終了後。
 
DSC07837
 
 とっとちゃん「買って良かったね……」
 ウイントス「当然」
 
DSC07842
 
 得意満面ウイントス。
 
DSC07848
 
 それでもなんだか所作なさげのとっとちゃんのアップで、スタジアム内はここまで。
 

 
DSC07856
 
 これはスタジアム外に立っている鳥栖市の看板。
 
DSC07857
 
 感動の余り滂沱のとっとちゃんでした。
 この記事はここまで。
 次回はまた、カブ記事で。
 
 



 
※以下はマスコット記事共通フォーマットです。とっとちゃん関係ない(^ ^;)
 
 2013年のカブ
01/20 新体制発表会
03/03 対大分戦@霞ヶ丘
 
 2013年のカブ以外
02/16 PSM対栃木戦 海豚と猿
02/23 Jリーグマスコット集結(まつり)
 
 
 例によって当座は去年分のリンクも残します。
 
 2012年のカブ
01/22 新体制発表会
03/24 対新潟戦
03/31 対桜大戦
04/08 対瓦斯戦
04/18 ナビ 対仙台戦
04/28 対広島戦
05/03 対磐田戦
05/12 対柏戦
05/16 ナビ 対浦和戦
05/26 対仙台戦
05/27 ファン感
06/07 ナビ 対磐田戦
06/23 対まり戦
07/28 対大宮戦
08/11 対鳥栖戦
08/25 対名古屋戦
09/08 天皇杯 対徳山大学戦
09/15 対鹿島戦
09/29 対札幌戦
10/10 天皇杯 対徳島戦
10/20 対脚大戦
11/07 対浦和戦
12/01 対清水戦
 
 
 2012年のカブ以外
2012/03/03 J1マスコットまつり
05/19 大宮対川崎戦
12/15 大宮対川崎戦
13/01/01 天皇杯決勝
 
 
 過去のカブ
2005年のカブ
2006年のカブ
2007年のカブ
2008年のカブ
 ・2008年の「マスコット全員集合!祭り
2009年のカブ
 ・2009年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:始球式編
  その4:ハーフタイムYMCA編
  その5:試合後編
2010年のカブ
 ・2010年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:ピッチ登場編
  その3:ハーフタイムYMCA編
2011年のカブ
 ・2011年の「マスコット大集合祭」
  その1:フロンパークでのグリーティング編
  その2:大人の事情で別枠の始球式
  その3:ハーフタイムYMCA編

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/18

13年J1第3節鳥栖対川崎戦@ベアスタ

 
P1470878
 
 川崎ボールで前半開始。
 
P1470885
 
 前半00分ヒロキから小林ゆう
 
P1470886
 
 ゴール前の憲剛に渡そうとしたが
 
P1470887
 
 つながらず。
 
P1470897
 
 前半02分左サイドにょぼりのスローインから
 
P1470899
 
 レナトが押し上げ
 
P1470900
 
 一度は押し返されたものの
 
P1470905
 
 再度レナト
 
P1470906
 
 にょぼりが
 
P1470907
 
 ゴール前に……しかしボールはラインの向こうに。
 
P1470910
 
 前半03分憲剛が押し上げ
 
P1470912
 
 小林ゆうゴール前に折り返したが
 
P1470913
 
 つながらずクリアされた。
 
P1470915
 
 前半04分バック側右CK。レナト。
 
P1470916
 
 ゴール前に落としたがクリアされた。
 
P1470933
 
 前半06分ゴール前で受けた嘉人
 
P1470934
 
P1470935
 
 振り向いてのシュートはしかし枠には行かず。
 
P1470941
 
 前半06分レナト突撃
 
P1470942
 
P1470943
 
 嘉人に渡し、送り出したボールに
 
P1470944
 
 小林ゆう走り込んだが
 
P1470945
 
 シュートは枠の外。
 
P1470955
 
 前半08分鳥栖
 
P1470956
 
 ボールはゴール前に送り込まれたが
 
P1470957
 
 西部が確保。
 
P1470988
 
 前半11分憲剛
 
P1470989
 
 シュートは防がれた
 
P1470991
 
 そのこぼれ球からレナト
 
P1470992
 
 シュートもコレもクリア。
 
P1470994
 
 前半12分メイン側左CK。レナト。
 
P1470995
 
 これはゴール前通過。
 
P1480029
 
 前半16分鳥栖押し込んだが
 
P1480030
 
 にょぼりが対応。
 
P1480035
 
 前半16分ユースケボールを前に
 
P1480036
 
P1480037
 
 ゴール前の嘉人にはうまくつながらず。
 
P1480069
 
 前半21分イナのパスが
 
P1480070
 
 小林ゆうに抜けたが
 
P1480071
 
 さらに押し込めず。
 
P1480114
 
P1480115
 
 前半26分左サイドレナト押し込み
 
P1480116
 
P1480117
 
 憲剛経由で嘉人にパスが通ったが
 
P1480118
 
P1480119
 
 シュートはキーパーキャッチ。
 
P1480125
 
 そして前半28分鳥栖
 
P1480127
 
 一度は押し返したが
 
P1480128
 
 ボールを拾われ再度ゴール前に
 
P1480129
 
 ボールはフリーとなり
 
P1480130
 
 ゴール。
 
P1480132
 
P1480133
 
 鳥栖先制。<鳥栖1-0川崎>
 3試合連続で先制点を奪われました。
 
P1480134
 
 大喜び。
 
P1480141
 
 直後にも押し込まれるが
 
P1480142
 
 これは西部がキャッチ。
 
P1480187
 
 前半35分レナト突撃
 
P1480189
 
 ゴール前まで寄せたが
 
P1480190
 
 シュートは出来ず。
 
P1480194
 
 前半36分小林ゆう押し込み
 
P1480196
 
 戻した処を憲剛がゴール前に
 
P1480197
 
 しかしレナトに合わせられず。
 
P1480219
 
 前半38分嘉人左から
 
P1480221
 
 押し込み
 
P1480222
 
 憲剛のシュートはしかしキーパーが防ぎ
 
P1480223
 
 こぼれ球にも寄せたが
 
P1480224
 
 これも弾かれた。
 
P1480252
 
 前半41分鳥栖バック側左CK。藤田。
 
P1480253
 
 シュートコーナーをつないで
 
P1480254
 
P1480255
 
 シュートは枠には行かず。
 
P1480266
 
 前半44分嘉人倒されて
 
P1480267
 
 ゴール前FK。憲剛。
 
P1480268
 
P1480269
 
 クリアされた。
 
P1480270
 
 続くバック側右CK、レナト。
 
P1480271
 
 ヒロキが合わせたがボールは枠の上に。
 
P1480288
 
 アディタイム1分で前半終了。
 
 
 
DSC07797
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
DSC07815
 
 監督の座に居る人はハーフタイムに何をしているのか、川崎の選手は早めにピッチに戻ってきました。
 
P1480292
 
 選手交代は無し。
 
P1480293
 
 鳥栖ボールで後半開始。恐怖の9分間が始まります。
 監督がきちんと前半の状態を把握して的確な対策を選手に伝えることで、後半開始時点に優位を勝ち取ることが出来ます。関塚監督もこれが巧かったために、当時の試合では後半開始10分は川崎の時間となっていました。
 
 で、スカウティングをしても対策されるからしないと豪語した人は、ではどう相手のスカウティングを対策しているのでしょうか? 
 
P1480306
 
 後半02分鳥栖押し込んだが
 
P1480307
 
 西部がはね返した。
 
P1480308
 
 続くCKも
 
P1480309
 
 ゴールにはならなかったが
 
P1480317
 
 後半04分鳥栖ボールをかっぱぐと
 
P1480318
 
 左から押し込んでの
 
P1480319
 
 シュートはバーに当たって枠の中に。
 
P1480321
 
P1480322
 
 鳥栖追加点。<鳥栖2-0川崎>
 
P1480333
 
 さらに後半05分鳥栖カウンターから
 
P1480334
 
 水沼息子。
 
P1480336
 
P1480338
 
P1480339
 
 鳥栖追加点。<鳥栖3-0川崎>
 
P1480358
 
 さらに後半08分
 
P1480359
 
 これもカウンターでトヨグバ。
 
P1480360
 
P1480361
 
 鳥栖追加点。<鳥栖4-0川崎>
 なにこれ? 
 
P1480383
 
 でもなにが腹立たしいかと言えば、試合後になってからヤヒロが試合中の選手の問題を指摘したこと。
そういうことは「試合中に選手に伝えろよ!」。試合中は置物化して何もしていないくせに。
 
P1480390
 
 後半12分川崎2枚交代。
 イナout ヤジin。
 サネout 真希in。
 スクランブルアタックです。
 
P1480407
 
 後半15分小林ゆうカウンターで突撃
 
P1480408
 
P1480409
 
 ゴールに寄せてのシュート
 
P1480410
 
 しかしキーパーキャッチ。
 
P1480425
 
 後半17分ユースケから
 
P1480426
 
 ゴール前にヤジへのパスは
 
P1480427
 
 クリアされて通らず。
 
P1480428
 
 後半17分メイン側右CK、レナト。
 
P1480429
 
 これもゴール前クリアされた。
 
P1480431
 
 しかし後半18分レナトから
 
P1480432
 
 ボールを受けた嘉人が遠目から脚を振り抜いてのシュートが
 
P1480433
 
 枠の中に! 
 
P1480434
 
P1480436
 
 川崎漸く一矢。<鳥栖4-1川崎>
 
P1480463
 
 後半21分真希が押し上げたボールをにょぼりがゴール前に
 
P1480464
 
 ヤジが合わせたが
 
P1480465
 
 キーパーキャッチ。
 
P1480466
 
 今日の入場者は8716人だったそうです。川崎が相手では不足ですか。
 
P1480471
 
 後半23分鳥栖交代。丹羽out 金井in。
 
P1480482
 
 後半23分にょぼりから
 
P1480483
 
 レナトがゴール前に送り出し
 
P1480484
 
 ゴール前で小林ゆう飛び込み
 
P1480485
 
 ボールは枠の中に。
 
P1480487
 
 川崎二の矢は小林ゆう。<鳥栖4-2川崎>
 
P1480488
 
 鳥栖は4点差まで行ってしまったがために却って崩れてしまったようで、そこを川崎のスクランブルアタックが崩していったようです。
 
 問題は、普段点が取れないのに緊急状態ではなぜ点が取れるのか。これはつまり、緊急事態とすることで普段「監督の座に居る人から押し付けられている約束事を無視することができる」からではないかと。
 やればできることを、しかし監督の座に居る人が無駄に高等な(自己満足の)枷を掛けるがために点が取れなくなっている。
 これは別にヤヒロだけの話ではなく、前任者の相馬先生の時も有りましたけどね、なぜ当時の川崎は「10人になった方が強い」と言われたのか。同じ理由で説明できます。
 
P1480508
 
 で押し続けられれば良かったのですけど後半27分鳥栖。
 
P1480509
 
 ゴール前に上げられて
 
P1480510
 
 またグバが頭で。
 
P1480511
 
P1480512
 
 鳥栖駄目押し。<鳥栖5-2川崎>
 
P1480523
 
 後半29分鳥栖の池田、足をつってしまい
 
P1480526
 
 交代。金正也in。
 
P1480561
 
 後半34分川崎最後の交代。にょぼりout パトリキin。
 
P1480567
 
 後半34分川崎ファールを受けて
 
P1480569
 
 川崎FK。レナト。
 
P1480571
 
P1480572
 
 直接狙ったが枠には行かず。
 
P1480585
 
 後半36分右から小林ゆう
 
P1480586
 
P1480587
 
 押し込んでパス
 
P1480588
 
 受けたレナトが遠目からのシュート
 
P1480589
 
 枠の中へ! 
 
P1480591
 
 <鳥栖5-3川崎>
 
P1480594
 
 後半37分パトリキ突撃
 
P1480596
 
 倒されたようにも見えたが
 
P1480597
 
 主審にはそうは見えません。
 
P1480598
 
 嘉人がなだめる方に。
 
P1480599
 
 後半38分鳥栖交代、金民友out 野田in。
 
P1480614
 
 後半39分レナトのシュートは
 
P1480615
 
 キーパーセーブ
 
P1480618
 
 後半39分メイン側右レナトCK。
 
P1480619
 
 ゴール前の混戦合わせたが
 
P1480620
 
 ボールは枠の上に。
 
P1480629
 
 そして後半41分また川崎メイン側右CK。レナト。
 
P1480630
 
 ショートで折り返し
 
P1480631
 
 レナトがゴール前に送り込んだボールに
 
P1480632
 
 パトリキが頭で合わせて! 
 
P1480633
 
P1480637
 
 ゴール!<鳥栖5-4川崎>
 
P1480675
 
 そして後半アディタイムは5分、ここまできたらせめて追い付いてくれ! とは思ったが
 
P1480688
 
 鳥栖もコーナーキープなどで耐え
 
P1480697
 
 後半47分ユースケが送り出したボールに
 
P1480698
 
 これもパトリキが合わせたが
 
P1480699
 
 枠には行かず。
 
P1480711
 
 後半48分レナト押し込んでだがクリアされ
 
P1480712
 
 でも副審はゴールキックを指示
 
P1480713
 
 おこったレナチは副審に詰め寄ってしまい
 
P1480714
 
 黄紙。
 
P1480715
 
 中山通訳も副審の処に詰め寄ろうとしたが四審に制された。
※置物は身動きもしません、置物ですから。
 
P1480727
 
 試合終了。
 
P1480728
 
 鳥栖5-4川崎
 
P1480730
 
P1480732
 
 負け自体はやむなしとは言え、ここまで馬鹿試合に引きずり落とせたのですから引き分けまで持ち込んで欲しかったです。しかしできなかった。
 
DSC07821
 
DSC07822
 
 と、ヤヒロ。アウェイゴール裏に進むのかと思ったら
 
DSC07823
 
 今日もまたさっさと消えてしまいました。
 
DSC07824
 
DSC07825
 
 選手はゴール裏前へ。
 
DSC07829
 
 戻ってきた処をコーチ陣で出迎え。
 
DSC07832
 
DSC07833
 
 監督の座に居る人は出迎えすらしない。
 試合の結果は自分とは無関係とでも言いたそうです、実際言ってますけど。
 
 後半点を取れたからといって、それは鳥栖が自壊したから取れたという処も有りますし、ヤヒロ式を放棄したからこそ点が取れたと言うことでも。つまりヤヒロのやり方は選手に枷をつけているだけという事が明白となったと言えます。ヤヒロのやり方では勝てる面子でも勝てません。
 年初めからキャンプをやって、この体たらくです。ほんとキャンプ中いったい何をやっていたのやら。
 なんで本番になってから選手の連携を練らないといけない状態なのか。まぁスカウティングしないヤヒロが、チーム内でもスカウティングしないとしても不思議ではありませんけど、しないのではなく出来ないのですから。
 
 ヤヒロのままでは、このまま降格します。それが判らないフロントでも無いでしょうが、もう心中する気でしょうから。
 ヤヒロ解任のためには降格もやむなしなんてバカなことを言う人もいますが、まっぴらごめんです、なぜヤヒロと心中して降格しないといけないのか。
 しかしこのままヤヒロで引っ張れば降格します。それだけの話です。
 
 これで次のリーグ戦、対甲府戦はどうするのか。
 
DSC07851
 
 ふらふらとホーム側に抜け、外に。
 
DSC07858
 
 ……来年はここに戻ってくることはできないかも知れません。
 
DSC07859
 
 その代わりに、九州は行く場所がたくさんになるかもしれません。
 ……諌早はリニューアルしてから行ったこと無いな。まぁ今年天皇杯で飛ばされる可能性は有りますけどね。
 この項ここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013/03/17

3月16日の徘徊(ベアスタ到着試合前まで)

 
 今回辿り着くまでも長かったので分割します。試合については川崎に帰ってから。
 
DSC07689
 
 金曜夜の新宿から。
 
DSC07698
 
 時間を潰して、16日01時にまた新宿駅前のバス停に。
 
DSC07701
 
 01時20分に乗車。
 
DSC07702
 
 今回は成田空港検問の人に起こされるまで熟睡、2時間後に到着。
 
DSC07703
 
 さらに荷物検査が始まるまで待機。NHKラジオではキャンディーズとピンクレディの特集をしていました。
 
DSC07704
 
 05時前に荷物検査を通過。
 
DSC07706
 
 はい、今回もジェットスターの早朝便です。
 
DSC07707
 
 バスは完全な裏方を通って
 
DSC07708
 
 飛行機の元まで。
 
DSC07709
 
 飛行機の元に辿り着いた時点では燃料給油中で降りることできませんでしたけど。 
 
DSC07711
 
DSC07712
 
 搭乗。
 
DSC07713
 
 で。02時間後の08時にはここに到着。不満は特にありません、熟睡していましたし。
 
DSC07714
 
DSC07715
 
 で、今回もバスで移動
 
DSC07716
 
 二日市温泉「博多湯」で御湯に浸かって、しばし休憩。
 
DSC07718
 
DSC07719
 
 JR二日市駅まで移動して。
 
DSC07720
 
 暫し進むと……
 
DSC07723
 
DSC07725
 
DSC07727
 
DSC07729
 
 鳥栖駅に到着。
 
DSC07728
 
 確かに鳥栖駅でした。取り敢えずうどん喰う。
 
DSC07731
 
 駅では歓迎状態。
 
DSC07739
 
 陸橋を渡って
 
DSC07748
 
 ホーム側ゲート……は大行列
 
DSC07749
 
 バックスタンド側をまわって
 
DSC07751
 
 迂回。
 
DSC07760
 
 アウェイ側ゲートに到着。ここでも歓迎されていました。
 
DSC07766
 
 アウェイ側眺望。
 
DSC07765
 
 アウェイ側サポを待ち構える悪魔の店。
 試合中にもふらふらしながら席を離れたかと思ったら、コップ握ってふらふらと戻ってきた人が居たな。
 
DSC07768
 
 私はメイン側に移動。バリケードなど何も無し。
 
DSC07769
 
 メインロアアウェイ寄り眺望。
 
DSC07772
 
 マッチディ無料。
 
DSC07764
 
 マッチデイ裏側。
 
DSC07773
 
 入場時にいちごをいただきました。席に着いてから食べてしまいました。うまうま。
 
DSC07776
 
 今日の試合はJ1第3節鳥栖対川崎戦@ベアスタです。
 
DSC07782
 
 13時15分キーパーアップ開始。
 
P1470766
 
P1470768
 
 13時20分過ぎ、フィールドプレイヤー登場。
 
P1470773
 
 審判陣スタメン。
 
P1470937
 
 まとめ表示はなかったので、両チームスタメンは試合中のビジョンから。
 ヤヒロもここに来て身内+弟子をスタメンから排除。追い込まれるとこういうスタメンにすると言うことは、普段選んでいる身内が戦力として一番良い選択ではないと自覚してやっていると言うことか。この時点で許しがたい。
 
P1470817
 
 鳥栖市長挨拶。
 
P1470848
 
 選手入場待ち。
 
DSC07783
 
 試合前。アウェイ側。
 
P1470856
 
 試合前、ホーム側。
 

 
 試合前、パノラマ。
 
P1470858
 
 キックイン。
 
P1470859
 
 整列。
 
P1470864
 
 写真撮影。
 
P1470866
 
 今日はアウェイユニ。胸には「ARROWS」。
 
P1470869
 
 現在の日本代表14番と、次世代の日本代表14番。
 
P1470872
 
 イナは試合前入念にストレッチ。
 
P1470873
 
 円陣。
 と言うことで、ここで記事は切ります。怒涛の試合は次の更新で。それまでに憤懣収まれば良いのですが。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 10 de março de 2013 - 16 de março de 2013 | Main | 24 de março de 2013 - 30 de março de 2013 »