« 14年J1第20節川崎対桜大阪@等々力 | Main | 愛媛戦でもカブを愛でる。伊予柑とカエル付き »

2014/08/23

14年天皇杯三回戦川崎対愛媛@等々力

川崎2-1YS横浜
 二回戦でどれだけ苦戦したのかを忘れたのか、全く検証していないのか。
 同じ判断ミスを繰り返す人に今後も判断を任せるような「判断ミス」をしてはいけません。
 
 
DSC07566
 
 早めに職場を離脱して現地へ。
 
DSC07567
 
 天皇杯なので何もありません。
 
DSC07568
 
 入場。
 
DSC07569
 
 放水中。
 
DSC07582
 
 今日の試合は天皇杯3回戦川崎対愛媛戦@等々力です。
 
P2170794
 
 18時20分くらい、キーパーアップ開始。
 
P2170795
 
 愛媛の皆様。
 
P2170796
 
P2170797
 
 18時23分ころ。フィールドプレイヤーアップ開始。
 
P2170851
 
 愛媛スタメン。
 
P2170858
 
 川崎スタメン。全員ターンオーバー。
 この過密日程でターンオーバーしたくなるのは判りますし、実際負荷分散のためにもそれは必要でしたが、単にサブメンバに切り返しただけだとどうなるか、それはYSCC戦で判っていたはずなのに。(判ってなかった?)。
 それとも、メンバの力量は判ってそれでも今回このメンバを組んだというなら「愛媛をバカにしていた」が正解になってしまいます。
 まぁ今回「選手全員入れ替え」というシチュエーションに酔って、適切な変更ということには考えが及んでいなかったのではないかとは思うのですけどね。
 デカモリシが不調なこの状態で、どうやって点を取る気だったのだろうか……
 
 というか、誰も止めなかったのか? だれだスタメン決めたのは? 
 
P2170878
 
 審判スタメン。
 
P2170862
 
 整列。
 
P2170882
 
 円陣。
 
P2170885
 
 川崎ボールで前半開始。
 
P2170912
 
 前半04分愛媛
 
P2170913
 
 右から押し込んでの
 
P2170914
 
 シュートは西部がキャッチ。
 
P2170942
 
 前半08分川崎
 
P2170943
 
 真希遠目からのシュート
 
P2170944
 
 枠には行かず。
 
P2170952
 
 前半10分川崎真希の突撃を
 
P2170953
 
 潰されて
 
P2170954
 
 ゴール正面でFK。
 
P2170956
 
 蹴ったのは金久保
 
P2170957
 
 ゴール前ジェシが構えたが通らず。
 
P2170958
 
 前半11分川崎スローインから
 
P2170959
 
 パウリーにょが遠目からのシュート
 
P2170960
 
 これも枠には行かず。
 
P2170997
 
 前半18分川崎メイン側右CK。金久保。
 
P2170998
 
P2170999
 
 ゴール前に放り込んだが押し込めず。
 
P2180036
 
 前半24分愛媛スローインから
 
P2180037
 
 ゴール前に
 
P2180038
 
P2180039
 
 なんとかクリア。
 
P2180040
 
 前半25分愛媛バック側右CK。
 
P2180041
 
P2180042
 
 はね返したがこぼれ球を拾われ
 
P2180043
 
 右から
 
P2180044
 
 押し込んでのシュートは西部キャッチ。
 
P2180092
 
 そして前半33分
 
P2180093
 
P2180094
 
 愛媛に左をぶっ千切られて
 
P2180095
 
 シュート。
 
P2180098
 
 愛媛先制。<川崎0-1愛媛>
 
P2180118
 
 前半36分川崎25番が
 
P2180119
 
P2180120
 
 ドリブルで前に押し出したがカットされた。
 負けていようがパスでつなぐ「だけ」の風間サッカーの中で、山越が走るようになっていたのは却って不思議。それでも安易なパスも多かったですけど。
 
P2180157
 
 前半40分川崎バック側左CK。山越。
 
P2180159
 
P2180160
 
 ゴール前に落としたがクリアされた。
 
P2180180
 
 前半43分川崎バック側左CK。
 
P2180181
 
 聡太が頭で合わせたが
 
P2180182
 
 枠には行かず。
 
P2180203
 
 アディタイム1分で前半終了。
 
 
 
DSC07589
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
P2180214
 
 ハーフタイムに川崎二枚交代。パウリーにょout 僚太in。

P2180215
 
 デカモリシout 小林ゆうin。
 YS横浜戦でも主力を投入した結果延長まで引っ張って「休ませた意味無くなった」になったのですけど、この試合でもこの交代。またか。
 寧ろ先発で投入して途中交代のほうが良かったのでは? 
 それと、僚太投入は判りますけど、なぜパウリーにょだったのか(前半で黄紙喰らっていたから?)
 中盤で代えるなら可児と思ったのですけど。
 
P2180217
 
 円陣。
 
P2180218
 
 愛媛ボールで後半開始。
 
P2180286
 
 後半10分川崎
 
P2180287
 
P2180288
 
P2180289
 
 パスはつながりますが
 
P2180291
 
 フィニッシュまでは行きません。パス練習は得意ですがそこからフィニッシュは選手任せですから。
それにしても、勝っているならまだしも負けている試合でも細かくパスをつないでいくことだけしかできないのはどうしようもない。これが風間サッカーとは言え。
 
P2180297
 
 後半11分川崎僚太の上げたボールに小林ゆうが押し込んだが
 
P2180298
 
 ここは愛媛も黄紙のファールで止める。
 
P2180303
 
 後半12分川崎。金久保のFK。
 
P2180306
 
P2180309
 
P2180318
 
P2180326
 
P2180342
 
 枠には行かず。
 
P2180344
 
 その合間に愛媛交代。近藤out 堀米in。
 
P2180389
 
 そして後半19分にも愛媛交代。村上(巧)out 村上(佑介)in。
 
P2180392
 
 後半19分山越左を駆け上がる
 
P2180394
 
 ゴール前に上げたがキーパーキャッチ。
 
 正直山越も出場機会を与えるために外に出した方が良かったのでは無いかとは思う。
 あの兄弟だって今年はJ2で活躍できていますが、その二人にしても去年はまるまる飼い殺しにされて一年無駄にしています。山越も契約終了までこのまま飼い殺しにする気とは。
 
P2180422
 
 後半23分川崎
 
P2180424
 
 右から
 
P2180426
 
 ゴール前に上げたがクリアされた。
 
P2180427
 
 後半23分川崎バック側右CK。金久保。
 
P2180428
 
 クリアされた。
 
P2180439
 
 今日の入場者は5104人だったそうです。
 
P2180472
 
 後半29分川崎左から押し込み
 
P2180473
 
 ゴール前に、しかし受けられず。
 
P2180478
 
 後半29分川崎さらに押し込み
 
P2180479
 
 右からシュート
 
P2180480
 
 しかしキーパー確保。
 
P2180483
 
 後半29分川崎最後の交代。可児out 谷口in。
 すみません私莫迦なのでこの交代の意味判りません。お手上げという意味かと思った。
 
P2180488
 
 後半30分ジェシ倒されて
 
P2180490
 
 川崎FK。
 
P2180491
 
 金久保
 
P2180493
 
P2180494
 
 枠には行かず。
 
P2180536
 
 後半35分川崎聡太から
 
P2180537
 
 山越が押し上げてゴール前に
 
P2180538
 
 真希のシュートは
 
P2180539
 
 これも枠に行かず。
 
P2180553
 
 後半37分愛媛最後の交代。代out 韓熙訓in。
 
P2180562
 
 後半38分川崎メイン側左CK。
 
P2180563
 
 ゴール前ジェシが頭で合わせたが
 
P2180564
 
 しかしキーパーキャッチ。
 
P2180662
 
 そのまま。アディタイム4分もそのまま。試合終了。
 
P2180663
 
 川崎0-1愛媛
 
P2180664
 
 ものすごく恥ずかしい結果。
 さすがにこの結果には自然にブーイングも起きましたが、それをコアの皆様はコールで潰そうとしてました。
 こういう場合ブーイングはさせてしまった方が、その場で済むガスは抜けますので良いと思うのですけど。ガス抜きを阻止するとガスが溜まってしまいます。ガスが溜まればそのうちガス爆発します。つまり却って危ない。
 
P2180665
 
この試合で何が絶望的かといえば、監督が選手の力量をまったく把握してないということ。今回選手選択は「この面子なら勝てるだろう」ではなく「スタメン全員ターンオーバーしたい」が最優先になってたのでは無いかと思えてなりません。YSCC戦は何の教訓にもなってなかった。
 もちろん選手を替えるのは難しいことで、だから普段も固定メンバにこだわる(替えられなくなる)ということはよく判りました。それを問題無く行うためには経験が必要と言うことでしょうし、今の人はそれが足りていないということも。
そのような「監督」に高い金払っているというのもなんか頭が痛いです。(尤も、日本人J監督で最も高いという話はさすがに嘘でしょう、そこまで莫迦なクラブではないはず。ただ絶望的なのは、このような監督を続投させようとしているフロントなのですが……
いやもちろん、今後Jリーグの偉い人になる人の箔つけに協力すること、つまりリーグの意向がチームの勝利よりも優先されるというのは、ガナの件でも判る通り今に始まったことではありません。クラブ悲願のタイトルとは言っていますが、タイトルを取ることよりも重要なことがクラブには有ると考えた方が「考え自体」はすっきりとはします。
 
DSC07598
 
 愛媛は次もガンバってください。
 この項ここまで。
 伊予柑とカエル含むカブ記事は、鞠戦の後になりそうです。こうなったら今日は勝たねば。

|

« 14年J1第20節川崎対桜大阪@等々力 | Main | 愛媛戦でもカブを愛でる。伊予柑とカエル付き »

2014ふろんたーれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 14年天皇杯三回戦川崎対愛媛@等々力:

« 14年J1第20節川崎対桜大阪@等々力 | Main | 愛媛戦でもカブを愛でる。伊予柑とカエル付き »