« 17 de agosto de 2014 - 23 de agosto de 2014 | Main | 7 de setembro de 2014 - 13 de setembro de 2014 »

Posts from 24 de agosto de 2014 - 30 de agosto de 2014

2014/08/30

14年J1第21節横鞠対川崎戦@三ッ沢

 
 ここまでやる気が出ないのも久々だ。
 
 バナナについては深く言及しませんが、瓦斯戦のバナナ配布に影響しないことを祈ります。
(2014/08/31追記:瓦斯側の意向によりビジター側の配布中止ですと。防止措置が必要と向こう側が判断したのか)
 それにしても、まりの人はわざわざ示威行為のためにバナナを持ち込んだのだろうか。
 自民党の政治活動の件もありましたけど、まりにはこういう問題が多いような気もしますが気のせいか。そしてたいした制裁が下されないのにも。浦和の件があって間も無いのに。そうですか。
 
 
DSC07600
 
 16時45分くらいに横浜に到着。
 
DSC07601
 
 応援しているそうです。
 
DSC07602
 
 バスで
 
DSC07603
 
 17時ごろに三ッ沢に到着……と、警備員に制されていつもの道では無く迂回させられた。
 そこまでは良いとして、その経路に案内一切無し。何ともビジターお断り状態これが横浜。
 
DSC07605
 
 スタジアムに到着。……なんか違う。
 
DSC07606
 
 陸上競技場のほうは入った事無かったので。
 
DSC07607
 
 改めて。入場。
 
DSC07608
 
 マッチディ。
 
DSC07609
 
 今回はメインSA席ビジター側に。……と、最前列は良いのですが思いっきり見切れている。
 
DSC07610
 
 なおビジター席はここまで押し込まれていたのでこっちは無理。結果SA席もビジター側は青黒ばかり。
 
DSC07611
 
 今日はJ1第21節横鞠対川崎戦@三ッ沢です。
 
DSC07612
 
 きゅうり。
 
DSC07613
 
 空。
 
DSC07614
 
DSC07615
 
 18時20分キーパー練習開始。
 
DSC07616
 
DSC07617
 
 18時30分少し前。フォールドプレイヤー登場。
 
DSC07618
 
 ビッグフラッグ。
 
DSC07619
 
DSC07621
 
 ジェシはボールをはね返す練習を
 
P2180684
 
 川崎スタメン。
 そういえば、ここまで頑なにスタメンで使っていた谷口は? ケガ? 
 
P2180685
 
 審判スタメン。「勝たせてくれない誰か」。
 というかこの人をプロフェッショナルレフリーとしていて本当に良いのか?
 
DSC07629
 
 コレオ。
 
P2180688
 
 整列。
 
P2180690
 
 握手。
 
P2180692
 
 円陣。
 
P2180694
 
 まりボールで前半開始。
 
P2180707
 
 前半01分まり。押し込んできたのを
 
P2180708
 
P2180709
 
 にょぼりが対応したが
 
P2180710
 
 手で触ったとして
 
P2180711
 
 イエモッツは遠慮無く黄紙を出し、PK。
 触ってるか? 意図的に触ってるか? 
 
P2180715
 
P2180716
 
 これを決めて
 
P2180718
 
 まり先制。<まり1-0川崎>
 
P2180721
 
 前半03分川崎リスタートからレナト突撃
 
P2180722
 
 二人がかりで倒されましたが
 
P2180723
 
 もちろんファールは取りません。
 
P2180746
 
 前半06分まり
 
P2180747
 
 押し込んでのシュートはリッキーが手に当て
 
P2180749
 
 右で拾われての
 
P2180750
 
 シュートは枠には行かず。
 
P2180752
 
 しかし、どんなジャッジでも動じません。
 
P2180783
 
 前半07分まりの突撃で
 
P2180784
 
 サネがエヒメッシと接触
 
P2180785
 
 これもイエモッツは遠慮無く黄紙。
 
P2180787
 
P2180788
 
 まりFK。
 
P2180789
 
P2180790
 
 ファーに送り込まれたが折り返させず。
 
P2180820
 
 前半13分川崎パスカットから小林ゆう突撃
 
P2180821
 
 スライディングでの足払いで倒されたが
 
P2180822
 
 もちろんこれもファールは無し。
 
P2180831
 
 前半14分川崎森谷が押し上げて
 
P2180832
 
 ゴール前に上げようとしたが
 
P2180833
 
 つなげられず。
 
P2180848
 
 前半17分川崎カットしたボールを
 
P2180849
 
 つなげていた憲剛にエヒメッシが体当たり。ヒジも腹に入ったようにも見えるが
 
P2180851
 
 もちろん何も無し。
 
P2180888
 
 前半22分川崎今度は嘉人
 
P2180889
 
 思いっきりケリ入れられたように見えますが
 
P2180890
 
 それでやっとファールを取ってくれるだけ。
 なんというか、川崎に対してとまりに対してのジャッジにズレが生じているように見えます。
 
P2180901
 
 前半23分川崎レナト
 
P2180903
 
 一気に押し上げての
 
P2180905
 
 シュートはしかしキーパーがはね返した。
 
P2180909
 
 前半23分川崎メイン側左CKレナト。
 
P2180910
 
 ジェシが折り返し
 
P2180912
 
 僚太が押し込もうとしたがうまくいかず。
 
P2180984
 
 前半32分まりバック側左CK。
 
P2180986
 
 ゴール前でクリアし
 
P2180988
 
 折り返しもリッキーがキャッチ。
 
P2180990
 
 そのリスタートから
 
P2180991
 
 押し込んだ森谷が右から
 
P2180992
 
P2180994
 
 嘉人が左に押し込んでのシュートは
 
P2180995
 
 しかしクロスバー直撃。
 
P2190008
 
 前半34分まり
 
P2190009
 
 の突撃をにょぼりが
 
P2190010
 
 対応したが、これをファールとしてイエモッツは遠慮無く
 
P2190011
 
 2枚目の黄紙。
 接触はしているがこれは黄紙を突き出す程か? そこまででもまりの人のファールはスルーしているのに。
 
P2190012
 
 にょぼり退場。
 
P2190014
 
 選手は抗議しますが、もちろん天下のプロフェッショナルレフリーイエモッツは聞きません。
 
P2190016
 
 もちろん監督も抗議……って、いない。
 監督として先頭に立っているのに、なぜジャッジに「反応しない」? この不満を言うのは今回が初めてではありません、それだけになおさらここが腹立たしい。
 
 織部のようにやれとは言いません、織部のやり方は完全に日本の審判を莫迦にして「圧力掛ければ折れる」と思ってやっている節が有りましたから。ただあの人のやり口が効果有ったときも見ました、つまり審判に圧力を掛けて自分の方へ判断を引き寄せる(ねじ曲げる)事自体も「監督としてできること」であるということです。また、そのような手段を使ってまでも勝つことにこだわる事自体は「監督として」正しい姿と思いますし尊敬はできます。どんな手段をもっても、できることはなんでもやって勝ちに結びつける。それこそが「プロの」監督の仕事だと考えますから。
 翻って、ベンチ前に突っ立っているだけの人は「勝つためにできること」をすべてやっているのでしょうか? 
 それどころか、憲剛すら「生活がかかっている」とまで言わしめるほどの偏向ジャッジに対しても「何の反応もしない」のですから。正直、監督なのに勝つことに執着していないのか、それとも試合自体を「ちゃんと見ていないのか」のどちらかではないかと疑ってしまいます。

※あの人を監督に据える効用として「元リーグ幹部のあの人を監督に据えればこんなジャッジは起きない」という与太もありましたが、まぁ当然ながら妄想に過ぎませんでした。 そういう意味でもあの人を監督に据えた意味は「今は」無いようです。ここは将来あの人が椅子男に収まったら「なんか良いこと起きるかも」という妄想にでもすがりましょうか。
 
P2190017
 
 まぁにょぼりはやるべきことをやったのですから責められない。
 イエモッツで既に一枚喰らっている処でなので、うかつだったとは言えますがそれも後出し。
 
P2190019
 
 そのにょぼりを迎えるモッチー。
 こういう処でのケアも監督の仕事のような気はしますけど。
 
P2190022
 
 前半36分まりFKで再開。
 
P2190023
 
 押し込まれたが
 
P2190024
 
 なんとか対応。
 
P2190037
 
P2190038
 
 固まっている人と、恐らくは選手への指示を示唆しているのだろう新吉コーチ。
これまでにも見てきた記憶から考えるに、新吉コーチが明示的に動く時は文字通りやばい状況です。じっさいそうですけど。
 
P2190077
 
 前半42分まり
 
P2190079
 
P2190080
 
 押し込まれてのシュートはしかしジェシがはね返した。
 
P2190103
 
 前半アディタイム2分の前半45分川崎FK。憲剛。
 
P2190104
 
P2190106
 
 クリアされた。
 
P2190120
 
 よくわからないうちに前半終了。
 
P2190121
 
 新吉コーチが選手に声を掛けます。
 
 
 
DSC07632
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
P2190122
 
P2190124
 
 選手交代は無し。
 こういう時にどう組み直して対応するかも監督の仕事ですし力の見せ所です。
 まぁそういう時に「なすすべも無い」となってしまうのも何度も見ましたけど。
 
P2190125
 
 川崎ボールで後半開始。
 
P2190175
 
 後半06分まり
 
P2190176
 
 右を押し込まれたが
 
P2190177
 
 リッキーキャッチ。
 
P2190196
 
 後半08分まりの攻撃を
 
P2190197
 
 ジェシが倒してしまい、もちろんジェシには遠慮無く黄紙
 
P2190199
 
 しかしこの後倒されたラフィーニャが暴れ出して
 
P2190200
 
 抑えようとしたイエモッツにまでドツく始末。
 ……って、審判どついたら意図無くとも赤では? (cf. 飯倉)
 この日のイエモッツの遠慮無いカードの出し方では、一発赤でも不思議では無いし、少なくとも即黄紙でおかしくない。
 
P2190201
 
 でも出さないんだなこれが。
 
P2190203
 
 もめにもめた揚げ句で、ようやくあばれたラフィーニャにも黄紙。
 やはりこの日の主審は、川崎に対してとまりに対してのジャッジだけでなく、姿勢にズレが生じているように見えます。(でも、Jリーグで審判に文句言ってそれが通るのは鹿島だけです)
 
P2190262
 
 後半15分まり
 
P2190263
 
 ゴール前に送り込まれたがリッキーが確保。
 
P2190264
 
 しかしそのとびあがって居るところに体当たりされ
 
P2190268
 
 これでやっと黄紙。
 
P2190272
 
 リッキーしばらく動きませんでしたが何とか復帰。
 
P2190278
 
 後半17分川崎憲剛が前に送り出し
 
P2190280
 
 レナトがゴール前に
 
P2190281
 
 しかし枠に行かず嘉人も寄せられず。
 
P2190289
 
 後半18分川崎森谷
 
P2190290
 
 ファールを取られ
 
P2190293
 
 まりペナルティエリアすぐ外からFK。
 
P2190294
 
P2190295
 
 ゴール前で合わせられたが枠には行かず。
 
P2190315
 
 後半22分川崎レナト
 
P2190316
 
 押し込んでのシュートは
 
P2190317
 
 これもクロスバー直撃。
 サッカーの神様に嫌われるようなことをしたのか……いや、したのはあの人だけのはず。
 
P2190332
 
 後半24分まり交代。エヒメッシout 兵藤in。
 
P2190335
 
 後半24分川崎バック側左CK、憲剛。
 
P2190336
 
 クリアされた。
 
P2190361
 
 後半27分まり、押し込まれたが
 
P2190363
 
 ぎりぎりでサネが対応。
 
P2190378
 
 しかし後半30分まり。
 
P2190383
 
P2190385
 
 耐えきれず
 
P2190386
 
P2190387
 
 ついに失点。
 
P2190388
 
 <まり2-0川崎>
 
P2190389
 
 一人足りない状況でここまで耐えてはいたのですが……
 
P2190421
 
P2190423
 
 失点してようやく動く。森谷out 真希in。
 この交代をするのなら、なんでこの時間まで待ってたんだろ。
 
P2190428
 
 後半35分川崎憲剛のパスをサネが受け
 
P2190429
 
P2190430
 
P2190431
 
 ゴール前に送り出したが嘉人は合わせられず。
 
P2190480
 
 後半40分川崎2枚目の交代、サネout ユースケin。
 こういう交代の意図を読み切れない私はなにも判っていないのでしょうね。
 
P2190481
 
 小林ゆうに伝言。
 
P2190504
 
 後半42分まり余裕の交代。ラフィーニャout 藤田in。
 
P2190515
 
 さらに後半44分まり交代、キノコout 喜田in。
 
P2190521
 
 そして後半アディタイムは6分。
 どれだけ時間が有っても、策無しではどうしようもありません。
 
P2190530
 
 後半45分川崎ユースケが押し上げ
 
P2190532
 
P2190533
 
 小林ゆうに、しかし通せず。
 
P2190534
 
 まりのキーパー当然のようにボールをゆっくり扱う。
 この前リッキーが遅延行為で黄紙喰らったけど、でもイエモッツは出しません。
 リッキーがやってたら喰らったでしょうか。
 
P2190553
 
 後半48分川崎押し上げたが
 
P2190554
 
 押し込めず。
 
P2190579
 
 そして、アディタイムのアディタイムはほぼ取らず即終了。
 
P2190580
 
 仕事をやり終えた満足感。
 
P2190581
 
 あ、試合終了後のスコア撮影していない。
 
 まり2-0川崎
 
 ちなみに入場者は1万4014人だったそうです。
 
P2190582
 
 なんか露骨にジャッジが偏っていたような気がしますが、気のせいでしょうか。
 川崎はクラブとしても意見書を出すという話でしたが、出したのでしょうか……というか、前にも書いた記憶が有りますが、いくらクラブが後で意見書を出しても結果は変わりません。それに監督が試合中におかしいと明示しないのでは、監督が文句を言ってないジャッジをクラブが「おかしい」と言っているという「変な状況」になってしまいます。
 試合中偏向したジャッジを目の当たりにして(見ていたとするならばですが)何の反応もしないなら、ベンチの前に突っ立っている意味は本当に無いです。居る意味はあるのか。
 
P2190583
 
 いや、すでに居ませんでしたけどね。
 
DSC07635
 
 もちろんここにも出てきません。それでいいのか? 
 
DSC07636
 
さて、
 次は調子上がっていない名古屋です。ここで勝って流れを変えるしかありません。
 どうやって勝つのか、その采配が見所ですね。
 この項ここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014/08/24

愛媛戦でもカブを愛でる。伊予柑とカエル付き

 
 こっちの更新を先にします。鞠戦更新はいつになるやら頭が冷えるまで保留。
 
 
おお、わがカブよ、光満つるその顔よ!
 
 
 
DSC07570
 
 スタンドに着くと……なんかいる! 
 
DSC07573
 
 というか、伊予柑太です。愛媛戦なので。
 と言っても等々力に来たのは初めてではなく、2010年11月23日の桜大阪戦の時以来。
この時は、味スタでの緑戦に向かう途中で寄ったということで競技場内には入りませんでしたけど、今回は堂々と中に入って、そして座っています。
 
DSC07574
 
 伊予柑太「いや試合を見に来たのでは無かった」
 
DSC07576
 
 と言うわけで立ち上がるとグリーティグに。
 
DSC07578
 
 そしてカエルも登場。
 前回もこの二人でしたが、遠征にはこの二人という縛りでもあるのだろうか?? 
 
DSC07579
 
 悠然とスタンドを上がると
 
DSC07580
 
 コンコースへ移動。
 このあとバックスタンド裏でグリーティングしていたようですけど、私はそこまで追わなかったです。
 
P2170793
 
 そのころいつもの三人は、いつものようにメインホーム角でキーパー陣の出迎えをしていました。
 



 
P2170799
 
 さて時間が進んで、キックオフ15分前ほど。いつもの三人はホームバック角に登場。と、その背後に
 
P2170801
 
 カエルも登場。
 
P2170802
 
 カエル「ぐへへ、おいしそうなカブだな」(多分違う)
 
P2170806
 
 伊予柑太「よう、ひさしぶりだな」
 
P2170812
 
 伊予柑太「おい、いくぞ」
 
P2170813
 
P2170814
 
 しかしカエルは、伊予柑太の言うことを無視してスタンドへダッシュ
 
P2170815
 
 一平「……」
 
P2170816
 
 伊予柑太「何やってんだゴラァ」
 
P2170818
 
 伊予柑太「今日は仕事で来てるんだぞ」
 一平「つーん」
 
P2170820
 
 伊予柑太「まったく、しょうがねぇなあ」
 
P2170823
 
 いつもの三人もピッチの中に。
 
P2170828
 
 そして中央で再び対峙。
 
P2170831
 
 一平「あらためて、よろしくな」
 
P2170832
 
 ふろん太「これはこれはご丁寧に」
 
P2170861
 
 選手入場
 
P2170863
 
P2170864
 
 それぞれ列の末端に。
 
P2170867
 
 ふろん太達は相手選手とも握手。
 
P2170869
 
 伊予柑太とカエルは列から離れていました。
 
P2170871
 
 もちろんふろん太は審判陣とも握手。
 
P2170881
 
 試合前の仕事おしまい。
 



 
DSC07591
 
 さてハーフタイム。
 
DSC07592
 
 スタンド前を巡回するカブ
 
DSC07594
 
 そのまま
 
DSC07596
 
 ビジター側へ
 
P2180211
 
P2180213
 
 伊予柑太とカエルも参加。
 



 
P2180677
 
 試合後。
 
P2180679
 
 選手を出迎え。
 
P2180682
 
 選手と一緒に深深と頭を下げる三人でした。
 頭を下げるべき人はここには居ませんでしたけどね。
 この項ここまで。
 
 次のカブの出番は9月7日のナビ杯桜大阪戦です。
 9月はホーム4試合と出番が多いです。
 



 
 2014年のピーカブー
01/11 新体制発表会
02/26 対貴州戦
03/02 対神戸戦
03/15 対大宮戦
03/28 対名古屋戦
04/01 対Wシドニー戦
04/11 対柏戦
04/22 対蔚山戦
04/26 対脚大戦
05/03 対脚大戦
05/07 対ソウル戦
05/10 対鹿島戦
05/18 対まり戦
 2014年ピーカブー総集編
06/14 ファン感
 
 2014年のピーカブー(仮)
07/12 対YS横浜感
・2014年の「マスコット大集合祭」
  その1:大人の事情で別枠編
  その2:フロンパークでのグリーティング編
  その3:ハーフタイムYMCA編
 
 2014年の新カブ
08/09 対浦和戦
08/16 対桜大阪戦
 
 2014年のカブ以外。
03/23 対瓦斯戦@味スタ
04/06 対徳島戦@ポカリ
 
 
◆それ以前のピーカブー
 2005年総集編
 2006年総集編
 2007年総集編
 2008年総集編
 2009年総集編
 2010年総集編
 2011年総集編
 2012年総集編
 2013年総集編
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 17 de agosto de 2014 - 23 de agosto de 2014 | Main | 7 de setembro de 2014 - 13 de setembro de 2014 »