« 7 de dezembro de 2014 - 13 de dezembro de 2014 | Main | 21 de dezembro de 2014 - 27 de dezembro de 2014 »

Posts from 14 de dezembro de 2014 - 20 de dezembro de 2014

2014/12/20

2014年フロンターレ展&トークショー

 
DSC08990
 
 15時前に市民ミュージアムへ。
 
DSC08991
 
 例によっての年末企画、「川崎フロンターレ展」を見に行きました。今日からです。
 
DSC08992
 
 あと、トークショーも。申し込んでたら当たったので。
 
DSC08993
 
 フロンターレ展は、今回はアートギャラリー1/2/3で。例によって始まったばかりのタイミングで記事を上げますので、写真はぼかします実際の処は現地でどうぞ。
 
DSC08998
 
 例年通り写真展示がメインで、
 
DSC08994
 
DSC09003
 
 他に各企画の展示など。
 
DSC08995
 
 一部フロンターレ後援会限定エリア(会員で無い人は有料)があり、ここではゴール集などのビデオ上映や
 
DSC08996
 
 嘉人の得点王トロフィーや、
 
DSC08997
 
 ACL記念品などの展示がありました。
 
DSC09019
 
 等身大タペストリ。
 
DSC08999
 
 札幌でもがんばれ。
 
DSC09000
 
 顔ハメ。
 
DSC09002
 
 来年のユニも展示。こうやって見ると、それほどおかしくはない。買いませんけどね。
 
 
 
DSC09004
 
 さて。企画展示室1では
 
DSC09018
 
「ひかりのたまてばこ」という展示会もやっていました。こちらは有料でしたけど(大人800円)中に
 
DSC09007
 
 こういう展示ですが写真撮影化となっていましたのでその写真も興をそがない範囲で。
 
DSC09005
 
 エレクトリカルな素材やデジタルな技術を駆使した、インタラクティブアートという言い方で良いのでしょうか、そいう作品が並んでいます。
 これは影に添って光る壁。
 
DSC09006
 
 他にも、ゲストの挙動で変化するタイプのアートがいろいろと。
 
DSC09008
 
DSC09010
 
 これも、触ると光り方が変わります。
 
DSC09011
 
 これはスポンジを投げ込むと……
 
DSC09014
 
DSC09017
 
 
 まぁそんなに広い展示室で無い事もあり、値段にしては展示数少ないかな、とも思いましたけど。
 リアクティブに反応する物が多かったので、見て楽しめました。お子様方大喜び。
 フロンターレ展に行く人は、こちらもお勧めしておきます。
 
 
 
DSC09020
 
 16時になりましたので、トークショーの受け付けを済ませてから、少し休憩。
 
DSC09021
 
 17時に並んで
 
DSC09022
 
 中に。
 
DSC09025
 
 フロンターレ展恒例のスペシャルトークショーです。
 
DSC09030
 
 でも今回は、アマノの人と、ヒロキ。
 
DSC09033
 
 ショーの内容は割愛。いろいろなプロモーション関係の話などをしていました。取り敢えず憶えているトピックだけ。
 
DSC09035
 
 川崎に来た選手はまず「バナナを被らせる」。しかし来年来る角田にそんなことができるのか? できるように雰囲気を持っていく。憲剛や嘉人が率先してやる姿を見せれば拒否できない。
 カブレラという名前は最終的には社長が決めた。他の最終候補は、ベッカブやピーターカブリエル、なカブらけんごうも最後の方まで残っていたと。
 ありきたりのストレートな名前はキライ(アマノ氏)なのでインパクト優先にした。今後この名前に絡んだ企画も予定。
 カブについては、なによりもピーカブーのままではグッズ展開が出来ないことが問題で、ここ数年は「いかに問題なくピーカブーを葬り新しくするか」が課題だったとのこと。
 ヒロキは今後はGM志望とのこと。
 
DSC09038
 
 などなど。
 
DSC09040
 
DSC09041
 
 一時間と少しもあっという間で
 
DSC09043
 
 終了。
 
DSC09044
 
 最後にヒロキらに見送られて、募金もして
 
DSC09045
 
 終了となったのでした。この項ここまで。
 今年ももうすぐ終了ですね。次の更新は来週末でしょうか。年末恒例徘徊になると思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014/12/15

14年J2J3入替戦第2戦讃岐対長野@丸亀

 うだうだしているうちに週が変わってしまいましたけど、こっそり。
 試合描写は簡単に。
 
DSC08754
 
神戸の朝は早い。
 という訳でも有りませんが、移動のために今朝も早めに起きてホテルをチェックアウトしました。
 
DSC08756
 
 地下鉄で新幹線駅まで移動。これから帰る……わけでは有りません。川崎とは反対方向に移動です。
 
DSC08757
 
 ところで、地下鉄でそのまま有馬温泉まで行けるとは知りませんでした。そっちへ行きたい気持ちも有りましたけど、今はそんな余裕ありま温泉。
 
DSC08760
 
まぁタイトル見れば判る通りで、行き先は丸亀です。
 讃岐は今年は2回目、丸亀競技場自体は過去も含めて3回目です。一回目は天皇杯での甲府戦、思い出したくない。
2回目は今年の春で徳島戦の前乗り
 この時は高速バスで直接丸亀まで乗り込みましたので、うどんも降車場に近い「長田in香の香」に開店時間から行きました、この時も開店前から列ができていましたけど、今日は団体さんがたが多数乗り込んできてえらいことになってたらしい。
一体どちらの団体さんかしら? それはそれ。
 
DSC08763
 
 神戸から丸亀への行き方はいろいろ考えました。当初神戸でお宿が取れませんでしたから、「フェリーで夜明かし」というヘヴィな行程まで考えたのですが。結局は一番単純な「新幹線で岡山、そこから特急で瀬戸大橋を渡る」という方法に。キックオフが12:30と早かったのも選択肢狭まった理由ではあります。
 
DSC08765
 
 新幹線は各座席にコンセントが有ったので、ありがたく充電させていただきました。最近は行程中にどうやって電源を確保するかも要点となっています。
 
DSC08767
 
 岡山で新幹線を降り、乗り換え。

 そういえば私は岡山県は、このように乗り換えで駅に降りたことはあっても、駅から外に出たことはないような気も。このまま、ファジアーノがJ1に上がるまで機会は無いのかも? 
 ちなみにJ2クラブでも、岡山、鳥取、富山のホームには行ったこと無いのです(J1とJ2の他のクラブは一通り行ったこと有り)。松本山雅の試合も見たこと無いけど、アルウインには甲府戦で行ったですね。
 
DSC08769
 
 で、乗り換えた電車がコレ。
 
DSC08770
 
 実にアンパンマンです。
 
DSC08771
 
 取り敢えず今日のすかーさま。
 
DSC08773
 
 中も天井も、アンパンマン。
 
DSC08775
 
 でも走り出したら気にしない。電車は橋を越え
 
DSC08776
 
 くすんだゴールドタワーの横も通過し
 
DSC08777
 
 10時前には丸亀駅に到着しました。
 
DSC08779
 
 例によって、丸亀駅の人は出迎える気満々です。
 ちなみにこの殿みたいなのは讃岐のマスコット……ではなく、「丸亀名物骨付鳥マスコット とり奉行骨付じゅうじゅう」だそうだ。
 
DSC08780
 
 はてさて、
 とりあえず駅の近くでうどん。駅近くのうどん屋さん、10時開店となっていたのですが、10時前でも入れてくれた。
 
DSC08781
 
 試合に合わせてここは釜玉で。うまうま。
 
DSC08782
 
 いつも気になる、駅前の現代美術館。今回も入らず。時間あったので入れば良かった。
 
DSC08784
 
 その美術館の前に、シャトルバス到着。
 
DSC08785
 
 おなかも満たされたので、駅前からシャトルバスで競技場へ。往復600円で。
 
DSC08786
 
 行きの時は、長野っぽい人はほとんど見ませんでした(つまり居るには居た)。
 
DSC08788
 
 詰まることもなく、片道20分弱くらいで
 
DSC08789
 
 バスは現地に到着。
 
DSC08790
 
 「入れ替わりま戦」。
 
DSC08793
 
さて。
 前回はメイン裏のデッキ上に展開されていたフードコートが、今回は入ってすぐの処に展開されていました。この日はバックスタンド売店が無かったそうなので、バックスタンドへの導線でもあるここに配置されていたのでしょうか。
 私自身は朝のうどんでおなかは満たされていましたので、買ったのは骨付き鶏一本だけ。でもこれもおいしいかったから困る~。前回も思いましたけど、丸亀はスタジアムグルメもそれなり充実していていいです。岐阜とかもそういう方向で引きつけられます。
※今の松本平とかはどうなのだろうか? そういう意味でも楽しみっす。
 
※なお、去年は大分戦の翌日に長崎へ移動して、諫早県総でJ2プレーオフの準決勝を見たのでした。
 
DSC08794
 
DSC08795
 
 10時40分入場。
 
DSC08796
 
 マッチディ。無料。
 
DSC08797
 
 ビジターの皆様。少ないな……と思ったら
 
DSC08798
 
 難か騒がしい。
 
DSC08800
 
 メイン下でオレンジの皆様は、集会をしていたのでした。何人か分からないけど一杯だ。
 
DSC08803
 
あらためて。
 今日の試合はJ2J3入替戦第2戦讃岐対長野戦@丸亀です。
 この日はJ2プレーオフもありそっちも見たかったですけど、前日が神戸でしたので急いで帰るのもなんだと思いましたので、神戸泊にしました(でも電飾は見に行ってない)。
 その上で、入れ替え戦が讃岐になったらこっちにしようと待ち構えていました。おかげで飛行機往復の確保もぎりぎりになってしまい、行きは関空経由に。
 
DSC08805
 
ちなみにJ2J3入れ替え戦はホーム&アウェイの形式で「アウェイゴール有」。第1試合はJ3側長野パルセイロのホームで11月30日に実施され、こちらは0-0のドロー。つまり第2試合では
 
 どっちか勝ち → 勝ったほうがJ2
 0-0の引き分け → 延長戦(アウェイゴールなし)→PK戦
 1-1以上の引き分け → アウェイゴール数により長野がJ2
 
 という展開になります。
 3行目が要点で、讃岐は長野でアウェイゴールを得られなかったため、この試合では勝つしかない状態に追い込まれたとも言えます。つまりアウェイの長野が有利です、「点を取りさえすれば」。繰り返します「点を取りさえすれば」。
 実際、「長野が有利、Jリーグではホームタウンディシジョンは存在しない」と唱えていた人でも、「点を取ることができれば」という最重要の前提を意図的に無視していたのには、「笑う」までいかないにしても「笑み」ました。
 
DSC08806
 
 11時40分長野キーパー陣アップ開始。
 
DSC08807
 
 他の選手も外でアップ中。
 
P2350620
 
P2350621
 
 11時45分過ぎ、讃岐の選手登場。
 
P2350622
 
P2350623
 
 11時50分頃、長野の選手もピッチの中に。
 
P2350624
 
 長野スタメン。
 
P2350625
 
 審判スタメン。J1の試合ならまだしも、このクラスならばさすがに妙なジャッジも無かったように思います。
 
P2350626
 
 ホーム側。
 
P2360027
 
 ホーム側ゴール裏。「絶対残留」
 
P2360023
 
 アウェイ側ゴール裏。「長野の思いを懸けて。絶対昇格」
 
P2350684
 
 讃岐スタメンは一覧表示無かったので試合中の表示から。
 
P2350633
 
 ガナはベンチ。
 
P2350638
 
 整列。
 
P2350640
 
P2350641
 
 写真撮影。
 
P2350644
 
 讃岐ボールで前半開始。
 
P2350646
 
 前半00分讃岐FK。
 
P2350648
 
 長野はね返したが
 
P2350649
 
 讃岐折り返しをシュート
 
P2350650
 
 しかしキーパーキャッチ。
 
P2350676
 
 前半06分讃岐スローインから
 
P2350677
 
 はね返されたのを拾って
 
P2350678
 
P2350679
 
 シュートこれはキーパーが弾き上げた。
 
P2350680
 
P2350681
 
 讃岐バック側左CK。
 
P2350682
 
 クリアされた。
 
P2350727
 
 ルイージまたはポトフの人。
 
P2350752
 
 前半15分讃岐メイン側右CK。
 
P2350753
 
 ショートコーナーから
 
P2350754
 
 ゴール前ボールが上がったが
 
P2350755
 
 キーパーキャッチ。
 
P2350822
 
 前半23分このへんずっと讃岐のターン。
 
P2350823
 
P2350824
 
 前半24分讃岐20番遠目からのシュート
 
P2350825
 
 枠には行かず。
 
P2360003
 
 前半はほぼ讃岐優勢のまま、前半44分
 
P2360004
 
 讃岐ゴール前に送り込んだが
 
P2360005
 
P2360006
 
 シュートは出来ず。
 
P2360009
 
 アディタイム1分の前半45分讃岐スローイン。
 
P2360013
 
 ゴール前に送り出したが
 
P2360014
 
 キーパーキャッチ。
 
P2360017
 
P2360018
 
 前半終了。
 
P2360019
 
 讃岐ベンチ陣ミーティング中。ガナも。
 

 
 バックスタンド側パノラマ。
 
P2360027
 
 長野ボールで後半開始。
 
P2360061
 
 後半03分長野FK。
 
P2360062
 
P2360063
 
 ゴール前押し込んだが
 
P2360064
 
 辛うじてキーパー防いだ。
 
P2360141
 
 後半12分長野
 
P2360142
 
 遠目からのシュート
 
P2360143
 
 は、キーパーキャッチ。
 と、後半開始からは長野攻勢に傾いたものの寄せきれず。
 
P2360192
 
 後半17分讃岐1枚目の交代。アンドレアout 古田in。
 
P2360268
 
 そして後半25分讃岐
 
P2360269
 
 ゴール前に放り込んだボールに長野追い切れず振り切られて
 
P2360270
 
P2360271
 
 押し込まれて
 
P2360272
 
 ゴール! 
 
P2360274
 
P2360275
 
 ついに均衡が破れた。<讃岐1-0長野>
 
P2360276
 
P2360279
 
 ここに来て、讃岐有利に。それでも長野は追い付けばよかったのですけど。
 
P2360284
 
 後半27分讃岐1枚目の交代。小澤out 高橋in。
 
P2360288
 
 後半27分長野2枚目の交代。向out 大橋in。
 
P2360320
 
 今日の入場者は6170人だったとのこと。
 J2J3入れ替え戦とは言え、もう少し入って欲しいところ。長野の方は9000人くらい入ったそうですし。
 
P2360321
 
 後半30分長野FK。
 
P2360324
 
P2360326
 
 押し込めず。
 
P2360342
 
 後半33分2枚目の交代。佐藤out 川鍋in。
 
P2360373
 
 そして後半37分讃岐最後の交代。木島out 西野in。ガナ残念。
 
P2360375
 
 後半38分長野最後の交代。川鍋out 畑田in。
 
P2360506
 
 そしてアディタイム4分の後半49分
 
P2360507
 
 長野FK獲得。
 
P2360510
 
P2360512
 
 長野キーパーも上がります。
 
P2360514
 
P2360516
 
P2360517
 
 讃岐これを守り切って
 
P2360518
 
P2360519
 
 これで試合終了。
 
P2360521
 
 讃岐1-0長野
 つまり
 
P2360528
 
 讃岐のJ2残留確定となったのでした。
 
P2360522
 
P2360523
 
 讃岐のベンチ大喜び。
 
P2360525
 
P2360526
 
 長野はがっくり。J2どころか「マリノスのキノコも認めたJ1中位クラス」のクラブだったはずの長野は、J3ではなんとか2位という程度だったのでした。まぁ当たり前と言えばそうですけど。
 それもこれも、金沢の田中ことパウロにゴール決められて負けたあの試合が分水嶺だったようにも思います。
 
P2360529
 
P2360530
 
 試合結果は、まさに「点を取りさえすれば」でした。
 基本的に讃岐が押す時間が多く、長野に勝ち目は見えなかった。それでも一瞬の隙を突いて一点取るだけで良かったのですが……
 
P2360532
 
P2360533
 
 動けなくなった長野の選手達の処に、讃岐の選手。
 
P2360542
 
 なんとか整列。
 
P2360544
 
 そして讃岐の皆様は、中に。
 
P2360549
 
 長野のヒゲ監督の教え子は讃岐にも居るようですね、何人か挨拶に行ってました。
 
P2360554
 
P2360555
 
 讃岐の選手一同は、ホームのコア前に。
 
P2360558
 
 ばんざい。
 「さらなる高めをめざせ」
 
P2360557
 
 長野の選手は、ビジターのコア前に。
 
P2360564
 
 長野はもう一年、J3でがんばれ。来年は新球技場もできるそうなので、機会が合えば見に行きたいですね。……機会と言っても、松本戦の時くらいか? 
 
P2360566
 
 ばんざい。
 
P2360568
 
 長野の皆様は、メインの方でも挨拶。
 
DSC08821
 
 そして讃岐は最終戦セレモニー。
 
DSC08822
 
 社長挨拶。
 
DSC08824
 
 そして県知事挨拶。来年はJ2プレーオフに、と言いたかったらしいのですけど「来年も入れ替え戦」と言ってしまいました。
 
DSC08829
 
 と言った処で、私は現場を離脱しました。
 
DSC08831
 
 次にここに来るのはいつだろうか? 
 来年は来る機会無さそうな。……また入れ替え戦だったりして。
 
DSC08833
 
 シャトルバスで丸亀駅へ。15時過ぎには駅前に到着。
 
DSC08834
 
 でも、私が乗る飛行機は20時過ぎの便でしたので空港に行くには早すぎる。
 と言うことで、ふらふら歩いて
 
DSC08836
 
 丸亀城址へ。
 
DSC08837
 
 天守ちっちゃ。でも江戸時代に建った物らしい。
 
DSC08841
 
 大手門を潜って、中へ。
 
DSC08844
 
 来年も「J2アウェイ割」で良かったですね。
 
DSC08846
 
 やたら急勾配。
 
DSC08845
 
 やたら急斜面
 
DSC08848
 
 を登って
 
DSC08849
 
 なんとか上に。橋も見えました。
 
DSC08850
 
 競技場も。
 
DSC08855
 
 折角だから天守の中にも。
 そいえば、「現存天守」のお城って、後は私が行ったことが有るのは松本城・彦根城・松山城くらいか。12カ所在るそうですけど。リアルな天守は、中の階段が急というか垂直に近くて大変。
 
DSC08856
 
 なんとか上に。橋も見えました。
 
DSC08859
 
 そんなこんなでお城を下り、その辺を徘徊した後は
 
DSC08862
 
 駅に戻りました。丸亀駅は既に浮かれていました、
 
DSC08864
 
 仕事が早い。
 
DSC08866
 
 でももうやること無かったので、後はスマホでJ2プレーオフを見ることに。見始めた段階で、もう一点入ってたのですけど。
 
“元川崎の監督”対決は、ノブリンの勝利となりました。
 まぁ「昇格争い何度目だ」のノブリンに対して、セッキーは昇格したことは有ってもあの時は「昇格争いはしていない」ですし。そのあの時も、後一歩という処で大宮戦だのとヘタを打ってます。そもそもカップ戦で優勝したこと有るのか? 
 要するに、経験値の差はいかんともしがたい。

 今回の山形の展開は、甲府が最初に昇格した時のミラクルを思い出します。
それはそれ、
 ノブリンのやり方は単純にフィジカルを鍛えることで全体的に底を上げるという泥臭い方法で、エレガントなパスサッカーでかっこよく勝つことをよしとする人とは対極の位置になるでしょう。ただ、フィジカルは終盤に効いてくるという話は、確かに「フィジカルトレーニングをおろそかにした川崎が終盤に失速したこと」と無関係ではないと言えそうです。
 神戸戦でのスカパー解説も「川崎は失敗をきちんと精査して来年に備える必要が有る」という言い口でした。とは言っても、我が道の理想を闇雲に突き進んで失敗は選手のせいにする人が、失敗から反省するとは思いませんけどね。
でもクラブは、今年も前年の反省で分析担当コーチを追加していますし、フロント側は問題に対応した行動を行うだろうとは思います。
 それにしても今の監督は何という厚遇なのか、相馬先生にはモッチーをつけてくれましたけど、ツトさんの時はどういうアシストが有ったのかさっぱり判らない状態。
 ツト監督の最大の不幸は、コーチにツトさんが居なかったことです。
 
DSC08867
 
 試合が終わった位で空港行きのバスが来ましたので、それに乗って
 
DSC08869
 
 高松空港へ。
 前日外部バッテリがなぜか十分に充電できなかった事もあって、バスの中ではとうとういろいろ電池切れになりましたけども。そろそろ外部バッテリももう一つくらい必要か。
 
DSC08871
 
 後は飛行機で、羽田空港経由で家に帰ったのでした。
 この項やっと終了です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 7 de dezembro de 2014 - 13 de dezembro de 2014 | Main | 21 de dezembro de 2014 - 27 de dezembro de 2014 »