« 26 de janeiro de 2014 - 1 de fevereiro de 2014 | Main | 23 de fevereiro de 2014 - 1 de março de 2014 »

Posts from 2 de fevereiro de 2014 - 8 de fevereiro de 2014

2014/02/04

必勝祈願、新年ご挨拶回り@川崎大師

 
DSC05282
 
 たまたま午後は仕事も有りませんでしたので、午前中で職場を飛び出して川崎大師へ。でも着いたのは13時も20分すぎ。
 
DSC05285
 
 でも現地には既に人がいっぱい。
 
DSC05289
 
 報道の皆様も絶賛待機中。
 
DSC05290
 
 そんなこんなで、どんどん冷えていく中13時40分すぎ
 
DSC05291
 
 風呂上がりの海豚登場。
 
DSC05293
 
 「勝訴」
 
DSC05299
 
 その後に
 
DSC05300
 
 コーチ陣から登場。
 
DSC05301
 
 社長も。
 
DSC05306
 
 そして、他の皆様も。
 
DSC05308
 
 憲剛も。
 
DSC05310
 
 前に移動。
 
DSC05311
 
 階段に
 
DSC05312
 
 並びます。
 
DSC05318
 
 写真撮影。
 
DSC05324
 
 撮影終了。
 
DSC05333
 
 大半の選手は
 
DSC05336
 
DSC05337
 
 信徒会館を通過して
 
DSC05338
 
 その裏の駐車場へ。
 
DSC05339
 
DSC05341
 
 選手は各商店街での挨拶回りのために個別の車で散開していったのでした。
 
DSC05342
 
 さて私は踵を返して、大師の表参道へ戻り
 
DSC05343
 
DSC05345
 
 こちらでのお練りに追い付きました。
 
DSC05348
 
 ここはデカモリシ、谷口、可児の新顔三人組でした。
 大師の商店街は監督コーチ陣も居るはずですが、そちらは別行動だったようです。
 
DSC05353
 
 所々で停止して
 
DSC05355
 
DSC05356
 
 写真撮影や
 
DSC05359
 
DSC05360
 
 店によってはサインなども。
 
DSC05364
 
DSC05367
 
 さらに挨拶と写真撮影。
 
DSC05368
 
 表参道を折り返して更に進みます。
 
DSC05371
 
 それにしても、デカモリシはでかかったです。
 
DSC05372
 
DSC05374
 
 だるまやさん。
 
DSC05382
 
DSC05383
 
 移動。
 
DSC05386
 
 せんべい屋さん。
 
DSC05393
 
 スナック。
 
DSC05399
 
 などと、ポイントをクリアしながら進みます。
 
DSC05413
 
 と、これは。
 
DSC05415
 
DSC05416
 
 ここでも写真撮影。
 最初はなんとなく固かったデカモリシも、この頃には慣れてきたという感じで
 
DSC05417
 
 笑顔も見せるようになってたです。
 
DSC05426
 
 うなぎ屋さん。
 
DSC05433
 
 お肉屋さん。
 
DSC05435
 
 デカモリシはお肉が気になる。
 
DSC05448
 
 パン屋さんのパンも気になる。
 
DSC05454
 
 ここが終点で、炊き出しが用意されていました。
 
DSC05458
 
DSC05459
 
 おいしそうに食べるデカモリシ。
 
DSC05460
 
 でもなんか物足りない? 
 
DSC05465
 
 と、さっきのうなぎ屋さんに戻ってしまいました。
 
DSC05473
 
 ウナギ弁当を買って
 
DSC05475
 
 食べ始めたのでした。確かにおいしそう。
 
DSC05482
 
DSC05485
 
 幸せそうだ。
 
DSC05492
 
 そうこうしているうちに、別働隊の社長やコーチ陣も登場。
 
DSC05501
 
 ここでも写真を撮って
 
DSC05508
 
 ここの挨拶回りはこれで終了となったのでした。
 
DSC05512
 
 後は別れてタクシーで帰った模様。お疲れ様でした。
 
DSC05513
 
 私は普通に大師線で帰りました。小杉とかも経由しようかとは思ったのですが……
 家に着く頃には雪も降り出しました。明日も冷えそうですね。
 と言うわけで、これはここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014/02/03

東芝未来科学館行ってきたです

 
DSC05235
 
 日曜日はここに。
 
DSC05236
 
 と言ってもラゾーナではなく、今回の目的地はその向こうに在るこちら。
 
DSC05237
 
 東芝堀川工場跡地であるこの地、、ラゾーナ川崎の隣に東芝スマートコミュニティセンターができました。これは本社事業所のうち先端技術部門が堀川町に「帰ってきた」と言うことになるようです。
 
DSC05239
 
 威圧感のあるでこぼこ壁。
 
DSC05240
 
 それはそれとして、外周回ってエスカレータで一階上がった処に
 
DSC05242
 
 「東芝未来科学館」が在ります。2月1日にオープンしたのだそうです。(実際には、1月31日には先行一般公開されていたようですけど)。
 以前は小向工場内に「東芝科学館」が在りました、私も2009年に一度行きましたです。それが、今回移転してのリニューアルとなったそうです。
 と言うわけで、暇でしたし覗きに行きましたのです。
 
DSC05243
 
 入り口で案内をもらいました。ちなみに入場無料です。
 
DSC05244
 
 入り口入ってすぐに待ち構える大型ビジョン。
 メガビジョンに匹敵する縦横比のワイド(むしろシネラマ)スクリーンですが、これも東芝製なのでしょうね(スーパーカラービジョンのワイド版?)
 
DSC05250
 
 オープンしたばかりだったので、花も一杯。
 
DSC05253
 
 展示的には元の科学館と同じくお子様向け展示が大半ですがそれも全面的にリニューアルされていました。
 小向では3フロアだったのに対してここではワンフロアだったので、多少面積的には減っているでしょうか。
 
 ラゾーナの隣と言うこともあり混んでるかな、とは思ったのですけど実際にはそれほどでもなかったです。まぁお子様連れはそれなりいらっしゃいましたけど。
 
DSC05258
 
 まぁいろいろ有りましたけど、その辺の詳細は略。基本お子様向けの体験型展示がたくさん有りましたです。
 
DSC05251
 
 これはリニアモーターの実演展示、実演にはタイミング合いませんでしたけど。直截的には明示されていませんでしたが、JR東海のリニア新幹線の超電導磁石は東芝製ということのようです。
 
DSC05255
 
 あとは、東芝の製品展示。
 
DSC05254
 
 4Kテレビも始めて見ました。確かに画面間近に寄って見ても精細ではあります。テレビでここまで精細な必要が有るのかは判りませんが。
 
DSC05257
 
 ……川崎はいつの間にか新しいヒーローが守っていたようです。サンレッドは溝の口専門? 
 
 
 
DSC05247
 
 でも個人的には未来よりも過去、東芝創業者にして久留米の「からくり儀右衛門」こと“発明王”田中久重の展示や、
 
DSC05271
 
 過去の東芝製品の展示に惹かれます。先に書いた通り小向に行ったのもその理由でしたし。
 
DSC05262
 
 田中久重は初期にはからくり人形を多数造っていたと言うことで、その関連で茶運び人形の実演もやっていました。
 
DSC05266
 
 お茶を取って、戻すと
 
DSC05268
 
 振り返って元来た道を戻ります。
 
DSC05269
 
 その仕掛けも説明して貰えます、現地で御確認くださいな。
 
DSC05248
 
 そしてその田中久重が作成した驚異の時計が「万年自鳴鐘」。
 国の重要文化財です、と言いたい処ですが、これはレプリカ。本物も所有者は東芝ですけど、現在は国立科学博物館に有ります。
 
DSC05245
 
 その田中久重が興した芝浦製作所と、藤岡市助の“マヅダランプ”東京電気が合併して、「東京芝浦電気」の誕生となった……などという東芝の歴史の詳細は、これも現地でどうぞ。
 
DSC05272
 
 他にも、東芝の電卓! 
 
DSC05246
 
 日本初の日本語ワードプロセッサ! 
 などなど、日本初や世界初なども含めて東芝の歴史が並んでいました。
 
 
DSC05276
 
 まぁそんなに広くはありませんが、少々の時間つぶしには良いかとは思いましたです。ラゾーナとも直結していましたし。
 
DSC05277
 
 そんな一日でした。ラゾーナはイベントやってたからか、なんとなしに混んでいましたです。
 
 
 
 
 
 
 
ふと思ったこと。
 あれ、原子力発電関係の展示が無い? 
 まぁその辺の展示は小向時代にも無かった……と納得しようとしたのですけど、何故か同じ電力システム社関係である「ヒッグス粒子についての展示」は有ったから、困ってしまいます。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 26 de janeiro de 2014 - 1 de fevereiro de 2014 | Main | 23 de fevereiro de 2014 - 1 de março de 2014 »