« 15年1月5日の徘徊(富山徘徊のはずが主に高岡) | Main | 2014年を振り返る時 »

2015/01/07

15年1月6日の徘徊(最後に富岡製糸場)

 
DSC09782
 
DSC09783
 
 高速バス到着から9時まで某所にて潜伏後。
 
DSC09784
 
 電車にて今日の目的地へ
 
DSC09785
 
 上州富岡に到着。
 
DSC09787
 
 ここからは歩きで
 
DSC09788
 
 ここは町並みとかはほぼ残ってないですね。なんせ操業停止からももう何十年も経っていますし。
 
DSC09789
 
 こういう謎の形の建物は在りましたけど。駅前からまっすぐの道もここで右に曲がると
 
DSC09790
 
 目の前に。
 
DSC09791
 
 富岡製糸場です。まぁ世界遺産になったと言う事でこの機会に。そのため高速バスも高崎で下りていました。
 ここは明治時代創業当時の建物が多くそのまま残されていると言う事で、一度は来てみたかったのです。
 
DSC09794
 
 これは繭の倉庫。
 
DSC09796
 
 煙突。
 
DSC09798
 
 乾燥場……は、去年の大雪で半壊してしまい、現在は復旧工事中とのこと。1年近くこのままだったのか。
 
DSC09802
 
 他いろいろな建物が
 
DSC09805
 
 残っていますが
 
DSC09807
 
 圧巻だったのは繰糸場つまり繭から糸を繰り出す作業の場ですが
 
DSC09808
 
 建物は明治時代そのままですが
 
DSC09809
 
DSC09810
 
 中身は昭和の操業停止時そのままに時間が止まっています。もう50年くらい?
 
DSC09811
 
 再開発再利用もせずにそのまま保存していたから、産業遺産となったのですが。
 
DSC09823
 
 ここはもうこのまま保全……とは言っても、今でも修復工事はあちこちで行われていましたし、それ自体が一番大変なのでしょうね。
 ちなみにこの辺は非公開部分です。
 
DSC09832
 
 というわけで、今日のすかーさま。
 
DSC09836
 
 これでおしまい。駅に戻って
 
DSC09837
 
 再び電車で高崎へ。
 
DSC09840
 
 高崎から、これで日常に戻ります。この項ここまで。
 

|

« 15年1月5日の徘徊(富山徘徊のはずが主に高岡) | Main | 2014年を振り返る時 »

2015にっき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 15年1月6日の徘徊(最後に富岡製糸場):

« 15年1月5日の徘徊(富山徘徊のはずが主に高岡) | Main | 2014年を振り返る時 »