« 福岡戦でもカブを愛でる。今日は5人体制。 | Main | 16年天皇杯3回戦川崎対千葉@等々力 »

2016/09/21

等々力徘徊(16年9月21日の徘徊)

 
DSC07137
 
 シルバーウィークとやらに夏休みも当てていたのでヒマだったので。チャリでフラフラと。
 「こっちの等々力」の対岸へ。
 
DSC07139
 
 途中から多摩川を離れ
 
DSC07140
 
 「あっちの等々力」へ。来た事無かったので。
 
DSC07141
 
 水が流れています。
 
DSC07142
 
 と、その前に
 
DSC07143
 
 まずは「等々力不動尊」へ。まずは拝んできました。
 
DSC07144
 
 あとは流れに沿って進む。
 
DSC07145
 
 蜜蜂の巣。触らなければ大丈夫。
 
DSC07146
 
 それにしても
 
DSC07150
 
 都内というか二十三区内それも世田谷区にこういう処があるのも不思議です。実際都内唯一の「渓谷」だそうですけど。
 
DSC07152
 
 途中には古墳も。
 
DSC07153
 
 それにしてもすっかり森の中。
 
DSC07154
 
 と、橋の下を通過。橋というか、道路ですけどこれようするに「環八」。道路の下がこうなってるのも不思議。
 
DSC07155
 
 そのままたらたらと進むと
 
DSC07157
 
 「ゴルフ橋」の下に到着。これはその昔にこの辺に有ったゴルフ場への経路として掛けられた橋との事。それがいつの話かは知らないけど、もちろん今は近くにゴルフ場なんか有りません。
 
DSC07159
 
 これで終了。こちらの末端は階段だったのか、通りで途中で「この先自転車禁止」となってた訳だ。(ここまで転がして、担いで上げた)
 
DSC07160
 
 等々力駅の近くまで来ていたようですけど。
 
DSC07162
 
 上に上がって、戻ります。と、環八。
 
DSC07163
 
 道路上から見ると、下が渓谷になっていたとはまったく見えませんでした。ちょっとびっくり。
 
DSC07164
 
 という訳で、後は再び多摩川縁に進んで
 
DSC07165
 
 二子玉川経由で二子橋を渡って、川崎に戻ったのでした。
 都内とは思えないほどの森の中でひんやり静かで良い所ではありましたけど、如何せん「川向こう」からは行きにくい。
 「等々力大橋(仮名)」ができれば……いつの話か知りませんけど。
 
 次回の多摩川徘徊は、「岸辺のアルバム」コースにします。
 

|

« 福岡戦でもカブを愛でる。今日は5人体制。 | Main | 16年天皇杯3回戦川崎対千葉@等々力 »

2016にっき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/471/64322253

Listed below are links to weblogs that reference 等々力徘徊(16年9月21日の徘徊):

« 福岡戦でもカブを愛でる。今日は5人体制。 | Main | 16年天皇杯3回戦川崎対千葉@等々力 »