« setembro de 2016 | Main | novembro de 2016 »

outubro de 2016に作成された記事

2016/10/31

16年J1・2nd第16節鹿島対川崎@カシマ

 
DSC07568
 
 途中足留め食らったりして、現地到着したのはキックオフ1時間と少し前の12時48分。2時間前には着きたかったのですけど。
 
DSC07569
 
 足早に移動。
 
DSC07570
 
 新日鐵住金。
 
DSC07571
 
 マッチディ。
 
DSC07574
 
 出遅れたので席有るかと不安に思ったのですけど、この日はビジター席がゴール裏サイドスタンドロア全解放。お影で普段行けないバック側の端で席を確保できました。通りで、チケット売り切れなかった訳だ。
 
P1630658
 
 今日の試合はJ1・2nd16節鹿島対川崎戦@カシマです。
 
P1630654
 
P1630655
 
 13時15分過ぎ、キーパー陣アップ開始。
 
P1630659
 
 13時25分ごろ。
 
P1630662
 
P1630663
 
 フィールドプレイヤー登場。
 
P1630665
 
 アップ開始。
 
P1630669
 
 川崎スタメン。僚太までケガだと。
 終盤怪我人が増えるのは当たり前、ということを当たり前にするなです。特に練習での怪我人を端から減らそうとしてないのに。
 
P1630670
 
 鹿島スタメン。
 
P1630671
 
 主審スタメン。にしむー。
 

 
 試合前。パノラマ。
 
P1630672
 
 崇拝の対象。
 
P1630674
 
 選手入場。整列。
 
P1630676
 
 写真撮影。
 
P1630677
 
 円陣。
 
P1630679
 
 川崎ボールで前半開始。
 
P1630680
 
 したとたん、憲剛ぶち倒された。
 
P1630681
 
 にしむーの命令で、倒したまんおと握手。
 
P1630686
 
 前半00分鹿島右に押し上げ
 
P1630687
 
 押し込まれゴール前で強引なシュートしかし
 
P1630688
 
 ボールは明後日へ。でも誰に当たったのかコーナーキック。
 
P1630690
 
 前半01分鹿島メイン側右CK。
 
P1630692
 
 ゴール前でクリア。
 
P1630694
 
 しかしこぼれ球を再度ゴール前に
 
P1630695
 
 押し上げられてのシュートは新井キャッチ。
 
P1630703
 
 前半03分川崎左を押し上げ
 
P1630704
 
 右エウシーにょに振ったが
 
P1630705
 
 これははね返された。
 
P1630707
 
 これを拾いパスをつなげて憲剛経由で
 
P1630710
 
 右隅から森谷が
 
P1630711
 
 ゴール前へ。
 
P1630712
 
 ゴール前小林ゆうが合わせたがボールは枠の上へ。
 
P1630776
 
 前半10分鹿島右から
 
P1630777
 
 押し入ってきたが、ネットが割って入り
 
P1630778
 
 でも倒してしまった。
 
P1630779
 
 前半11分鹿島ペナエリア右外からのFK。
 
P1630781
 
P1630782
 
 憲剛が跳ね上げ
 
P1630783
 
 ボールはラインの向こうへ。
 
P1630784
 
 前半11分鹿島バック側左CKまんお。
 
P1630785
 
 これは小林ゆうがクリアした。
 
P1630801
 
 前半13分鹿島これも右から
 
P1630804
 
 押し上げられたが
 
P1630805
 
 ゴール前に送られた球は新井がキャッチ。
 
P1630829
 
 前半15分鹿島にボールを奪われ
 
P1630831
 
 押し上げられての
 
P1630833
 
 振り向きざまのシュート! しかしこれはクロスバー直撃! あぶない。
 
P1630861
 
 前半18分更に鹿島に
 
P1630862
 
 右を抜かれて
 
P1630863
 
 キーパーとの一対一に持ち込まれたが
 
P1630864
 
 新井が体を張って止めた。
 いやこれ失点しなかったのが不思議なくらい
 
P1630865
 
 すごいぞ新井! 
 
P1630875
 
 前半20分川崎ボールを奪い
 
P1630876
 
 押し上げて
 
P1630880
 
 右エウシーにょが折り返して
 
P1630881
 
 ゴール前に送り出したが
 
P1630882
 
 誰も合わせられず。
 
P1630888
 
 前半20分川崎タッピーが
 
P1630890
 
 回り込んでゴール前に押し上げたが
 
P1630891
 
 小林ゆうへのパスは切られてつなげられず。
 
P1630894
 
 前半21分川崎バック側右CK憲剛。
 
P1630895
 
 これはゴール前でクリアされ
 
P1630896
 
P1630898
 
 左でボールを拾ったエウシーにょのシュートも
 
P1630900
 
 ゴール前を横断。おしい。
 
P1630904
 
 前半22分直後の鹿島の反撃はこれも右へ
 
P1630905
 
 エドウアルドが押し出して
 
P1630907
 
 前半23分鹿島メイン側右CK。
 
P1630908
 
P1630909
 
 ゴール前を通過したボールをエドゥアルドが押し出した。
 
P1630910
 
 前半23分鹿島バック側左CK。
 
P1630912
 
 ニア側ではね返したが
 
P1630913
 
 そのこぼれ球を拾われ
 
P1630914
 
 遠目からのシュート! しかしこれも新井が弾き上げた! 
 
P1630915
 
 新井凄い。
 
P1630917
 
 前半24分鹿島メイン側右CK。
 
P1630918
 
P1630919
 
 ゴール前で合わせられたがボールは明後日へ。
 
P1630923
 
 前半24分谷口が前にはね返したボールに
 
P1630924
 
 嘉人が反応したが
 
P1630925
 
 これはオフサイドに。
 
P1630950
 
 前半27分鹿島バック側左CKまんお。
 
P1630952
 
 ゴール前エウシーにょがはねかえした。
 
P1630954
 
 しかしそのこぼれ球を拾われて右へ
 
P1630956
 
P1630957
 
 ゴール前に送り出されたボールはしかし新井正面。
 
P1630980
 
 前半30分川崎嘉人が前に送り出したボールに
 
P1630981
 
P1630982
 
 小林ゆうが走り込んだがアゴがクリア、しかしこの時小林ゆうに異変
 
P1630989
 
 そのまま倒れ込んでしまった。
 
P1630990
 
 脚を痛めた模様。
 
P1630992
 
 選手は休憩、指示を出す新吉コーチ。
 
P1630994
 
 小林ゆうはタンカでそのまま外へ。
 とは言っても後でベンチに戻って来たようなので、重傷では無いと信じたい。
 
P1640039
 
 前半36分川崎1枚目の交代、小林ゆうout 森本in。痛い交代。
 
P1640088
 
 前半41分鹿島左から
 
P1640089
 
 ゴール前に送り出されたが何とか対応。
 
P1640108
 
 前半42分川崎ネットが前へ
 
P1640109
 
 ゴール前嘉人が折り返して
 
P1640111
 
 左でエウシーにょが受け
 
P1640112
 
 足払いを受けながらのシュートはしかし
 
P1640113
 
 枠には行かず。
 
P1640135
 
 前半アディタイムは1分。
 
P1640147
 
 さらに鹿島に押し込まれたものの、アディタイム1分で前半終了。
 
 ここ数試合試合の入りが最悪なのはどうした事なのか、事前のスカウティングがうまくいってないのか端からやってないのか。尤も監督は気にしてない項目なので監督のせいでは無いのでしょう、相手構わず自分達のサッカーをやれば勝てる(スカウティング嫌い)なので。
 ハーフタイムに言ってる事も「守備は正しいポジションからコンパクトな形で。自信を持って仕掛けて崩していこう」と、即効力は無さそうな感じ。表に露出している言葉が全てでは無いはずですけど。
 なお鹿島の監督が言ってる事は「守備は良い形ができている。後半も続けること。相手陣内に攻め込んだら、テンポよくボールを動かし、背後を狙っていこう。後半も立ち上がりから集中力を切らさず戦おう。前線からしっかり相手にプレーを制限していこう」。こちらなら即効力があるかと言えばまぁこちらもそうでも無さそうですけど、まだ具体性はあります。
 
DSC07584
 
 今日のすかーさま。
 
DSC07586
 
 ハーフタイムの際に照明を点灯しました。
 そのため後半は色調が変わります、いや元より全然気にせず撮ってるけど。
 
 
 
P1640148
 
 前半58分相当、今日は鹿島の方が先にピッチに戻って来ました。
 
P1640150
 
 円陣。
 
P1640151
 
 両方早めにセットアップしたお影でキックオフまで間が発生。ムーと森本歓談中。
 
P1640152
 
 鹿島ボールで後半開始。
 
P1640157
 
 後半00分鹿島右から
 
P1640159
 
 ゴール前に送り出したが
 
P1640160
 
 森本がクリアした。
 
P1640210
 
 後半05分鹿島ボールをかっぱいで
 
P1640212
 
 右ゴール前まで押し込まれたが
 
P1640214
 
 谷口がなんとか対応。
 
P1640220
 
 さらに押し込まれたのを耐えたものの
 
P1640222
 
 ゴール前でファール取られた。
 
P1640225
 
 後半06分鹿島FK。
 
P1640227
 
P1640228
 
 壁で何とかはね返した。
 
P1640254
 
 後半09分川崎2枚目の交代、森谷out 中野in。
 風間組から風間組への交代。森谷は途中出場では結果出す事も有るけど先発だとうーむ、ということで。でもそれで代わりに投入したのもやっぱり身内優先なのね、と思いたくなる展開はいつものこと。
 
P1640269
 
 後半10分川崎押し込もうとして
 
P1640270
 
 ボールを奪われ
 
P1640272
 
 一気に突進された
 
P1640274
 
 しかしエドゥアルドと中野で壁を作って
 
P1640275
 
 寄せさせず。
 
P1640276
 
 後半11分鹿島バック側右CK。
 
P1640277
 
 ニア側憲剛がはね返した。
 
P1640278
 
 そのこぼれ球を再び拾われ、
 
P1640279
 
 再度押し込まれ
 
P1640281
 
 更に左から押し込まれた
 
P1640283
 
 もののなんとかライン外に押し出した。
 
P1640284
 
 後半12分鹿島メイン側左CK。
 
P1640286
 
 ゴール前ネットがはね返した。
 
P1640312
 
 後半14分川崎ネットが前に
 
P1640313
 
 送り出したボールを左で憲剛が
 
P1640314
 
 押し押し込んだが
 
P1640315
 
 ペナエリア内でぶちかまされてシュートできず
 
P1640317
 
 潰されたけどファールでは無いらしい。
 
P1640318
 
 憲剛しばし動けなかったが
 
P1640320
 
 大事は無かった模様。
 
P1640321
 
 こわいこわい。
 
P1640369
 
 しばし鹿島に押し込まれるのを耐えての後半18分川崎
 
P1640370
 
P1640371
 
 エウシーにょがゴール前まで押し上げ
 
P1640372
 
 シュートはしかしアゴがはね返したが、そのこぼれ球に森本の一閃! 
 
P1640373
 
 ゴール! 
 
P1640374
 
 森本復活の一撃で、均衡は破れました。<鹿島0-1川崎>
 
P1640377
 
 森本はまっすぐ
 
P1640378
 
P1640380
 
 ベンチ組の元へ。
 
P1640382
 
 大喜び。
 
P1640393
 
 後半20分鹿島バック側右CK。
 
P1640394
 
P1640396
 
 ゴール前でクリア
 
P1640397
 
 この時腰を打ったのかタッピーが引っくり返ったけど
 
P1640398
 
 鹿島は遠慮無く攻撃を続行。さすが鹿島。
 
P1640399
 
 この折り返しも何とか耐え、
 
P1640401
 
 憲剛がクリア。
 
P1640403
 
 タッピーはしばらく動けなかったが
 
P1640406
 
 なんとか復帰。
 
P1640417
 
 後半23分鹿島1枚目の交代、ファブリシオout 中村充孝in。
 
P1640420
 
 後半23分鹿島ファールを受けたと言う事で
 
P1640422
 
 ペナエリア右外あたりからのFK。
 
P1640424
 
P1640425
 
 しかし新井が直接キャッチ。
 
P1640430
 
 後半25分鹿島左スローインから押し込まれての
 
P1640432
 
 ゴール正面ドフリーでのシュート
 
P1640433
 
 しかしこれすらも新井は防いだ! この試合はもう新井すごいの嵐。
 
P1640461
 
 後半27分鹿島2枚目の交代、鈴木out 赤崎in。
 
P1640518
 
 今日の入場者は2万4000人だったそうです。なんとも切りの良い数(集計途中かな?)
 カシマなのに等々力と余り変わらないような数字でいいのかは分からないけど。
 
P1640529
 
 後半32分鹿島左遠目の位置からのFK。
 
P1640530
 
P1640531
 
 左で合わされてボールは枠の中に! 
 
P1640532
 
 しかし
 
P1640534
 
 これはオフサイド。あぶない。
 
P1640535
 
 副審を拝む憲剛。
 と言ってもこのオフサイドは、広島戦のアレほどあやしくはない文字通りのオフサイドだった模様。
 
P1640538
 
 鹿島の選手も特に抗議はしてなかったようですし。
 
P1640540
 
 後半33分川崎中野が左奥へ
 
P1640543
 
 ゴール前車屋が押し込もうとしたが
 
P1640544
 
P1640545
 
 防がれてボールはアゴがキャッチ。
 
P1640548
 
 後半33分そこから鹿島の反撃
 
P1640550
 
 右隅まで押し込み
 
P1640552
 
 折り返しを受けでのシュート
 
P1640553
 
 しかし新井がキャッチした。
 
P1640570
 
 後半35分鹿島咲良に押し込んで
 
P1640571
 
 これも右から
 
P1640572
 
 ゴール前に送り出されたボールをシュートされたが、これまたクロスバー直撃! 
 
P1640575
 
 今日のゴールは川崎の味方です。
 という偶然が味方しないといけない状態ではなくその前の守備で何とかしないといけないはずですけど、そういうことは考えません。
 
P1650048
 
 後半44分鹿島最後の交代、永木out 杉本in。
 
P1650050
 
 後半45分そして川崎も最後の交代、中野out にょぼりin。
 って、中野途中投入途中交代かこれはキツイ。実際居たような気はしなかったですけど。交代失敗ですか? ここでにょぼりを守備固めで入れる事自体は分かるというかもっと早くても良かった位。
 
P1650052
 
 そして後半アディタイムは4分。途中試合止まってましたし(川崎の選手ばたばた倒されてたりで)前半のアディタイムも印象より短かったので、込み込みでもっと長くなるかと思いましたので。
 
P1650053
 
 後半45分川崎ネットがはね返し
 
P1650055
 
 嘉人がゴール前まで行きパス
 
P1650057
 
 森本のシュートは
 
P1650058
 
 しかしキーパーがはね返した。
 
 
P1650060
 
P1650061
 
 後半45分川崎バック側左CK憲剛。
 
P1650062
 
P1650063
 
 ショートコーナーでにょぼりががんばった。
 
P1650065
 
 コーナーフラッグを傾けるくらいに。
 
P1650071
 
 後半46分鹿島押し上げたが
 
P1650074
 
 なんとかはね返し
 
P1650076
 
 そのこぼれ球を拾ったにょぼり突撃。
 
P1650079
 
 途中で防がれたけど。
 
P1650087
 
 後半47分川崎さらに
 
P1650089
 
P1650090
 
 にょぼりが前へ。
 
P1650092
 
 押し出されちゃったけど。
 
P1650094
 
 このボールは鹿島のボール扱いだったけど、森本がさっさとスローインしてしまったので、黄紙くらった。
 
P1650117
 
 後半49分鹿島最後の猛攻も
 
P1650120
 
P1650121
 
 なんとか耐えて
 
P1650125
 
 なんとか試合終了。
 
P1650128
 
 鹿島0-1川崎
 
P1650131
 
 なんとか鹿島から勝ちをもぎ取りました。
 このままだとチャンピオンなんとか第1戦で鹿島と対戦する事になると考えると、ここでの勝利は必須でしたのでよかった。
 
P1650132
 
 とはいえこの試合での勝利は、相変わらずのDFぐだぐだの中にあって一人で守り切った新井のお影でしょうか。これなら成龍いなくても大丈夫、かも。
 
P1650136
 
 ただ相変わらずの怪我人続出……ほんとなんとかしてほしいです。(来年はなんとかするでしょうけど)
 
P1650138
 
 選手はゴール裏前へ。
 
P1650141
 
P1650143
 
 せーの、で
 
P1650144
 
P1650145
 
 ばんざい。
 
P1650147
 
 そいえば、いつもの輪になってぐるぐるはやらなかったのは、危ないから? 
 
DSC07587
 
 というわけで、勝って満足。でも裏の試合では(略)。
 と言っても、行きも難儀でしたけど帰りも電車でしたので早めにスタジアムを出て駅に向かったのでした。
※往復については、後でこっそり記事が追加されているかも。
 
 次はリーグ戦最終戦、脚大戦@等々力です。
 「横鞠に期待したボクがバカでした」という展開か。期待してないけど。

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/10/30

16年10月29日の徘徊(成田経由鹿島行き帰り)

 
※鹿嶋行きへの往復について、後からこっそり追記します(16/11/01)
 まぁ往復自体はそれほど読みたいという事でも無いでしょうし。いちおう記録として残す感じです。
 
 
DSC07512
 
 家を出たのは06時半くらい、バスで小杉駅へ移動して7時前の東横線で
 
DSC07513
 
 新宿三丁目に着いたのは、07時17分。ここで
 
DSC07514
 
DSC07515
 
 乗る機会ほとんど無い都営新宿線に乗り換え。
 いやまぁカシマ行くならバスだろ、てのは分かってはいますけどいつも同じ方法だと「移動」になってしまいます、「その移動」自体もおもしろがりたいということで。なおいちおう「一番安い方法」という動機付けも用意しています。
 
DSC07516
 
 本八幡で乗り換え。08時06分くらい。もうココがどこかよく分からない、千葉? 
 
DSC07517
 
 ここの乗り換えは少し歩いて
 
DSC07519
 
 ここからは京成線へ乗り換え。
 
DSC07520
 
 あまり乗った事無い、成田空港行くにも川崎からだと成田エキスプレスが有りますし。
 だから今回は「こういう経路」なのですけど。
 
DSC07521
 
 で。そして成田に到着。09時くらい。
 
DSC07523
 
 こちらは京成成田。
 
DSC07524
 
 その対面には、JR成田。ここでJRに乗り換えなのですけど
 
DSC07525
 
 折角なのでここで徘徊。というかもとよりそのつもりで早めに家を出た(つもりだった)。
 いままでここで降りた事は無かったので。
 
DSC07526
 
 参道をたらたらと
 
DSC07527
 
 途中には色あせた看板のセブンイレブン。看板規制でもあるのでしょうね。
 
DSC07528
 
 時計台。というか消防か。
 
DSC07529
 
 ちなみに行き先は成田「山」のはずなのに、参道は下り坂でした。ふむ? 
 
DSC07531
 
DSC07532
 
 朝9時くらいなので店も全然空いていない中を、たらたらと。
 
DSC07533
 
 それはそれ、いつ頃に建てられた物なのかは分かりませんが、時代掛かった建物もいくつもありました。
 
DSC07534
 
 そんなこんなで歩いて十分とちょっと。山門に到着。
 「成田山新勝寺」です。
 
DSC07537
 
 成田「山」なので、ここからは登り。
 
DSC07538
 
 仁王門を通過。
 
DSC07540
 
 さらに登り。
 
DSC07541
 
 橋を渡って
 
DSC07542
 
 本堂の前に。
 
DSC07543
 
 隣には三重の塔も。
 いちおう拝んできましたけど、さすがに鹿島に近い処の仏様に川崎の勝利を祈るのも筋違いと思い、ここでは「優勝祈願」を行いました。
 
DSC07544
 
 あとは周辺を徘徊。
 
DSC07545
 
 階段をさらに上って
 
DSC07547
 
 古い建物をいろいろと拝んできましたです。
 
DSC07546
 
 成田屋さんが居ました。
 
DSC07549
 
 裏手の平和大塔てのは、古そうでは有りませんでしたけどね。ここで折り返し。
 何を思っていたのかはともかく、思っていたほど広くなかったかな? 
 
DSC07551
 
 本堂の前に戻って。ここで今日のすかーさま。
 
DSC07552
 
 ここまででだいたい30分くらい、山を下って
 
DSC07553
 
 駅に戻ります。というか、ここから逆に登りだ。
 
DSC07554
 
 途中の準備中のお店では、店員の方々がウナギに串打ってました。おいしそうだったけどまだ開店前。時間無かったので先に進みます。
 
DSC07555
 
 そして10時と少し前に、JR成田駅前に到着。ここでベンチに座り込みました。
 
2016-10-29-09-58-27
 
 というのも、時は10時直前。
 あろうことか、天皇杯4回戦のチケット販売開始がこの日のこの時間でしたから。
 しょうがないので、スマホ経由で争奪戦にアタックです! 
 
2016-10-29-10-04-48
 
 とは言っても、準備の甲斐あって開始後なんとか2分で販売ページに接続できました。でもその時すでにメインSA席ロアは完売状態。ただなんとかアッパー席で、席を確保する事はできました。
 そして10時20分頃にはホーム側は壊滅。天皇杯も4回戦なのに。
(尤も、川崎市サッカー協会割り当て分は脚大戦で販売するそうですし、まだチケット確保の方法は有りそうですね)
 
DSC07558
 
 さて移動再開、鹿島サッカースタジアム駅ではSuica使用不可ということで、成田駅ではチケットを購入。(実際にはJRの駅員がSuica対応もしていたけど)
 
DSC07559
 
 さらに移動します……が、ここからが難儀でした。
 まず銚子行きが10時41分とここで出発まで30分ほど待ち。
 
DSC07560
 
 電車は畑の中を走り
 
DSC07563
 
 乗り換え案内の指示通り香取駅で降りたら、
 
DSC07561
 
 降りた人は私一人だけ。
 一瞬間違えたのかと思ったけど。本当は一つ前の、鹿島線始発の佐原駅で降りたほうが良かったみたい(というか去年は佐原で降りている)。
 
DSC07566
 
 ともあれこの駅でぽつんと「1時間」待たされて、ようやく鹿島神宮行きの電車が到着。
 待ち時間の分予定を遅れて時刻は12時20分。
 
DSC07567
 
 12時39分に鹿島神宮駅に到着。ここは接続よくでも満員の臨海線に乗り換え。
 
DSC07588
 
 なんだかんだで、現地に到着したのは12時48分でした。6時間掛かった? 
 ちなみに成田駅からは840円。鹿島サッカースタジアムまでJR扱いです。
 
DSC07589
 
 なお試合自体については、次の書き込みを参照と言う事で。
 



 
DSC07591
 
 試合終了は15時54分、でも16時03分にはもう駅に戻ってきました。
 行きも難儀だっただけに帰りも大変そうだったから。
 
DSC07592
 
 ここでも成田まで切符を買ってそうそうにプラットホームへ。
 
DSC07593
 
 来たのはなんだか「浮かれた」電車でした。
 
DSC07594
 
 16時15分ころには鹿島神宮駅へ到着。
 
DSC07596
 
 もとより接続するように臨時便が設定されていたようで、ここではそんなに待たされることもなく、佐原行きへ乗り換え。
 
DSC07597
 
 佐原には16時57分。ここでもすんなり成田行きへ乗り換え。行きもここまでスムーズだったら楽だったのに。
 
DSC07598
 
 17時半過ぎに成田駅でJRを降りて
 
DSC07601
 
 帰りも京成線に乗り換え。
 参道に戻ってウナギを食べたくも有ったけど、日も暮れたことでここは帰りを急ぐことに。ウナギはまた次の機会で。
 
DSC07602
 
 ここでうっかり「成田」行きに乗りかけたけど(そんなことはありません)、これに乗ると空港に行ってしまいます(さらに芝山千代田駅(芝山鉄道)まで)。
 そっちにも行ってみたいけど、それも次の機会で。
 
DSC07603
 
 ともあれ17時55分上野行き特急に乗り
 
DSC07604
 
 18時35分には本八幡で都営新宿線に乗り換え。
 
DSC07605
 
 19時15分くらいに新宿三丁目を経由して、小杉に着いたのは19時40分くらい。家にたどり着いたのは20時くらいでしたから、帰りも4時間くらいの行程となったのでした。
 
 途中でタブレットPCの電源が尽きるくらいの長い道のりとなりましたけど、まぁそれを面倒と思うなら最初からバス使えという話ではありますが。尤も、バスでも帰りは高速載るまで渋滞に嵌って小杉まで4時間くらい掛かったような印象なので、必ずしも余計に時間かかってる訳でも無いとは思います。
 ただ成田から先はちょっと面倒だったので、次回は京成成田まで行ってもそこから直行バス往復という手段を使うかも知れません。
 いや、水戸で泊まりにするかも知れませんけど。
 
 この項ここまで。次の試合が詰まっているので早めにこっそり上げときます。
 

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/10/26

広島戦でもカブを愛でる。今日は熊も居たけど。

 
おお、わがカブよ、光満つるその顔よ!
 
 
 
DSC07489
 
 まずは今年も赤い羽根に募金。今年はバッヂだけでなくクリアファイルも付いてきました。
 
DSC07491
 
 それはそれ。まずは12時すぎ、選手バスの周辺にて。と、
 
DSC07492
 
 この新顔は、JAセレサ川崎のオリジナルキャラクター「モスぴー」だそうです。
 
DSC07493
 
 もちろん、ふろん太コムゾーもここに。
 
 


 
DSC07500
 
 時間少し進んで、グラウンド。こちらもモスぴーとカブ
 
DSC07501
 
 そしてふろん太コムゾーのツーマンセルです。
 
P1620325
 
 あ、そうでもなかった。写真を撮る時はカブふろん太です。
 
P1620338
 
 さて、中央へ移動。
 
P1620342
 
 いつものように、花道の列の端で
 
P1620343
 
 アップに出てくる選手達の出迎えです。ここはモスぴーは不参加。
 
P1620346
 
P1620347
 
 まずキーパー陣。
 
P1620349
 
 「がんばれー」
 
P1620352
 
 そして
 
P1620356
 
P1620359
 
 フィールドプレイヤーの出迎え。
 
P1620360
 
 そしていつものように、選手に付いていくカブふろん太
 
P1620363
 
 ふろん太「がんばるぞー」
 
P1620365
 
 ふろん太「というかがんばってー」
 
 


 
P1620368
 
 さてさて、さらに時間が進んでキックオフ前。モスぴーも再び、
 
P1620370
 
 そしてここには陸前高田の「たかたのゆめちゃん」も参加。
 
P1620376
 
P1620380
 
 五人でピッチ内へ移動。
 
P1620378
 
 ここからは始球式
 
P1620381
 
 陸前高田の市長登場。
 
P1620382
 
 守るはふろん太
 
P1620384
 
 挨拶終わった市長を待ち構えます。
 
P1620385
 
 やる気満々ふろん太。やる気だけはいつも満々。
 
P1620387
 
 市長構えて
 
P1620389
 
 蹴ったボールは
 
P1620390
 
P1620392
 
 ふろん太の横をすり抜け
 
P1620394
 
 無事ゴール! 
 
P1620395
 
 ひっくりかえるふろん太
 
P1620397
 
 よしよしコムゾー
 
P1620400
 
 よしよしカブ
 
P1620402
 
 カブ「今日も止められなかったね」
 ふろん太「うんそうだね」
 
P1620404
 
 ふろん太「じゃあここからはいつもの仕事だ」
 っと、
 
P1620409
 
 ゆめちゃんはこれで離脱。お先におつかれさま。
 
P1620410
 
 ここからはまた四人で。
 
P1620419
 
 なお向こう側にはこの御方もいらっしゃったのでした。
 
P1620430
 
 そして四人
 
P1620440
 
 輪を作って
 
P1620442
 
 ぐるぐる。
 
P1620446
 
 ふろん太「いくぞー」
 他の三人「おっおー」
 
P1620449
 
 選手が整列すると
 
P1620455
 
 四人も列の端に。
 
P1620458
 
 反対側にはクマーも。
 
P1620463
 
 四人は相手選手と
 
P1620465
 
 握手し
 
P1620466
 
 クマーとも
 
P1620468
 
 握手。
 
P1620471
 
 ふろん太は審判陣とも握手。
 
P1620475
 
 写真撮影。
 
P1620476
 
 これで、試合前の
 
P1620478
 
P1620479
 
 仕事は終了です。
 
 


 
P1620956
 
 ここからはハーフタイム。と、なんかコスプレしてる。
 
P1620957
 
 あ、ハロウイン仕様か。
 
P1620963
 
 マントふろん太と、なぜか目がキラキラなカブ
 
P1620966
 
 なんだろうこれはカブ
 
P1620964
 
 クマーもなんか着てます。
 
P1620968
 
 そのかっこで、スタンド前を周回したの
 
P1620972
 
 でした。
 
 


 
P1630599
 
 試合後。
 
P1630618
 
 ふろん太「勝って良かったね、うんうん」
 
P1630620
 
 そしてこの後はいつものように
 
P1630623
 
P1630626
 
 選手の後を着いて、スタンド前を周回。
 
P1630632
 
 ばんざい。
 
P1630637
 
 ふろん太「はい、お疲れ様でした」
 
P1630642
 
 でもカブふろん太は、この後もいつものように。
 
P1630647
 
 スタンド前を
 
P1630653
 
 周回するために戻ったのでした。
 今日はここまで。
 
 今日のカブはこんな処で。
 次のカブの出番は最終節、11月03日脚大戦です。
 
 


 
◇2016年のカブ
03/05 対湘南戦
03/12 対名古屋戦
03/23 ヤマザキ杯 対鞠戦
03/27 ヤマザキ杯 対福岡戦
04/02 対鹿島戦
04/10 対鳥栖戦
04/24 対浦和戦
05/04 対仙台戦
05/14 対神戸戦
05/25 ヤマザキ杯 対仙台戦
05/29 対磐田戦
06/25 対大宮戦
・2016年の「マスコット大集合祭」(07/13 対新潟戦)
 その1:フロンパークでのグリーティング編
 その2:試合前いつもの3人編
 その3:ハーフタイムYMCA編
07/23 対瓦斯戦
08/06 対甲府戦
08/16 宇宙強大DAY2「宇宙スター★ジアム」
08/27 対柏戦/w てんけんくん
09/03 天皇杯 対秋田戦
09/10 対福岡戦
09/10 対福岡戦
09/22 天皇杯 対千葉戦
09/25 対横鞠戦
・10/22 対広島戦 ← いまここ
・11/03 対脚大戦
 
◇2016年のカブ以外。
02/20 16年ゼロックスJクラブマスコット大集合(まつり)でも今回は少しだけ
06/11 対横鞠戦 ふろん太
07/30 対湘南戦 ふろん太
 
 
◆それ以前のカブ
 2005年総集編
 2006年総集編
 2007年総集編
 2008年総集編
 2009年総集編
 2010年総集編
 2011年総集編
 2012年総集編
 2013年総集編
 2014年総集編
 2015年総集編
 

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/10/24

16年J1・2nd第15節川崎対広島@等々力

 
DSC07484
 
 今日は12時過ぎて現地到着。
 
DSC07485
 
 今日のフロンパークは陸前高田ランドでした。
 
DSC07487
 
 なので牡蛎とかいろいろ有りましたけど……
 
DSC07488
 
 混んでましたから、ほどほどに。

DSC07486
 
 そういえば、単なる「かわさき塩ちゃんこ」になってました。
 力士の方も今日は不在。こんなことでフロンターレと大相撲のコラボが潰えるというのもなんとも。
 (八百長発覚の時も真っ先に切られてましたし、あっちでもこっちのような政治的力関係に起因する難儀がありそうな……)
 
 
DSC07495
 
 なお今日はガラポン抽選会でしたけど、ハズレでした。
 当たったら当たったで、うっかりすると朝日新聞購読がおまけで付いてくるからそれもまた難儀だけど。
 
DSC07496
 
 あと謎のお箸も。いえ、この試合はJAセレサ川崎提供試合でしたから。
 新鮮野菜は当たらなかった、残念。
 
DSC07497
 
 というわけで、今回もメインS席北アッパーへ。
 
DSC07498
 
 今日の試合は、J1・2nd第15節川崎対広島戦@等々力です。
 
P1620337
 
 その前に、ハイエース贈呈式。
 横浜? トヨペット? と気になるのはそうですけど。まぁ鞠に車を供出するわけにもいかんでしょうし。
 
P1620328
 
P1620334
 
P1620336
 
 一周してました。
 
P1620345
 
P1620354
 
 13時20分すぎ、キーパー陣登場。
 
P1620355
 
P1620362
 
 そして13時25分少し前に、フィールドプレイヤー登場。
 
P1620367
 
 広島スタメン。コーセーもスタメン。拍手。
 
P1620438
 
 なぜか森崎浩司の時も拍手。と思ったら今シーズンでの引退が発表されていたのか。
 
P1620373
 
 川崎スタメン。タッピー先発。
 というか成龍はどうなった? 
 
P1620374
 
 審判スタメン。なお副審は一般的にメイン側から先に表示されます。
 
P1620439
 
 ゴール裏ビジター側。今日は若干絞り気味。
 

 
 試合前。パノラマ。
 
DSC07506
 
 試合前。ビッグフラッグ。
 
P1620450
 
 整列。
 
P1620453
 
 J1・200試合出場達成と言う事で、コミに花束。
 
P1620457
 
 陸前高田から両チームにお米。
 
P1620480
 
 試合前円陣。あ、タイミングずれた。
 
P1620481
 
 広島ボールで前半開始。
 
P1620482
 
 前半00分広島開始早々押し込んだ
 
P1620484
 
 エドゥアルドが対応したけど
 
P1620485
 
 押し込まれて
 
P1620486
 
 ボールはラインの向こうへ。
 
P1620487
 
 前半01分広島バック側右CKコーセー。
 
P1620488
 
 ゴール前何とかクリアした。
 
P1620508
 
 前半04分川崎谷口ボールを奪われ
 
P1620509
 
 押し上げられ
 
P1620510
 
 ゴール前でネットがはね返しものの
 
P1620511
 
 遠目の位置からシュートを打たれた、が僚太に当たって
 
P1620512
 
 ボールは明後日へ。
 
P1620514
 
 前半05分広島バック側右CKコーセー。
 
P1620515
 
 ゴール前頭で合わせられたが枠には行かず。
 
P1620522
 
 前半06分広島右から
 
P1620523
 
 放り込まれてゴール前でシュート
 
P1620524
 
 のハズだったけど、なぜかボールは新井に。
 
P1620526
 
 しかしこの戻したボールを
 
P1620527
 
 速攻で奪われ
 
P1620528
 
 こぼれ球にコーセーが突っ込んだが
 
P1620529
 
 新井間一髪ではね返した。
 
P1620530
 
 危ない2連発。
 
P1620555
 
 前半08分川崎憲剛から
 
P1620556
 
 僚太経由で
 
P1620558
 
 右奧小林ゆうへ。
 
P1620560
 
 しかしペナエリアに押し入ろうとした処を立ち塞がれ、倒してしまい
 
P1620561
 
 ファールを取られた。
 
P1620565
 
 さらに前半10分川崎僚太が押し上げ
 
P1620567
 
 ゴール前に送り出したボールに嘉人
 
P1620568
 
 しかし後一歩間に合わず。
 
P1620569
 
 おしい。
 
P1620638
 
 前半16分川崎パスをつないで
 
P1620639
 
 タッピーが前へ。
 
P1620640
 
 走り込んだ小林ゆうが潰されながらもシュート
 
P1620641
 
 も、しかしキーパー正面。
 
P1620664
 
 前半21分広島左から
 
P1620665
 
 押し込まれ
 
P1620666
 
 コーセーに折り返されたが
 
P1620667
 
 新井と谷口で遮って
 
P1620668
 
 なんとか押し出した。危ない。
 
P1620670
 
 前半21分広島メイン側左CKこっちもコーセー。
 
P1620671
 
 ゴール前何とかクリア。
 
P1620677
 
 再度戻されて
 
P1620678
 
 おしこまれそうになったが
 
P1620679
 
 これもシュートはかろうじて枠には行かず。
 
P1620680
 
 この辺攻め込まれまくり。
 
P1620710
 
 前半25分川崎ボールを拾ったタッピーが
 
P1620711
 
 ゴール前に送り出し
 
P1620712
 
 ゴール前でエウシーにょがボールを受けたが
 
P1620713
 
 しかしシュートはできず。
 
P1620752
 
 前半思う通りには行ってませんが、もちろん見ているだけです。
 憲剛いわく広島が事前のスカウティングでの予測通りでは無かったため対応に苦労したそうですけど。
 その辺はもう憲剛の仕事なのでしょうね。
 
P1620762
 
 前半29分広島
 
P1620763
 
 右から押し込まれたが
 
P1620764
 
 エドゥアルドが対応して
 
P1620766
 
 ボールを押し出した。
 
P1620766
 
 前半30分広島バック側右CKミキッチ
 
P1620769
 
 ではなく、やっぱりコーセー。
 
P1620771
 
P1620772
 
 ゴール前あわせられたが
 
P1620773
 
 ボールは明後日へ。
 
P1620798
 
 前半33分川崎僚太
 
P1620799
 
 ゴール前にふんわりと送りだし
 
P1620800
 
 ゴール前で嘉人が受けたが
 
P1620801
 
P1620802
 
 しかしDFに防がれてシュートはできず。
 
P1620815
 
 前半33分そこから広島の逆襲
 
P1620817
 
 ペナエリア外からシュートを打たれたが
 
P1620818
 
P1620819
 
 新井なんとかキャッチ。
 
P1620861
 
 前半38分広島右に押し上げられ
 
P1620863
 
 ゴール前へ送り出され
 
P1620864
 
P1620865
 
 ゴール前頭で合わせられたがしかしこれは枠には行かず。あぶない。
 
P1620922
 
 前半43分川崎パスをつないで
 
P1620925
 
 右でタッピーが受け
 
P1620926
 
 ゴール前に送り出されたが
 
P1620927
 
 しかし嘉人合わせられず。
 
P1620928
 
 嘉人はがちがちに抑えられていたから大変だ。
 
P1620951
 
 アディタイム2分も押し込んだものの、そのまま前半終了。
 
P1620954
 
 川崎はミスが目立っていたような、その分広島もミスしていたので致命的な処には至りませんでしたけど。
監督曰く「奪った後のボールの処理、落ち着いて正確に」だそうですけど、そのためにこの3週間一体何をやってたのやら。精度が命のハズの風間サッカーでしょうに。
 あ、もちろんミスをしない方法は「ミスをしない事」ですから。それは各選手自身がやることで監督のせいではないのでしょうけど。
 
 
 
 あ、今日のすかーさま撮るの忘れた(^ ^;)
 
 
 
P1620974
 
 例によって川崎は、アディタイムなしの前半59分相当に戻って来ました。
 
P1620977
 
 選手を出迎えるにょぼり。
 
P1620980
 
 前半61分相当になって、審判もピッチに。
 
P1620981
 
 川崎ボールで後半開始。
 
P1620989
 
 後半00分広島ボールを奪ってのカウンターで
 
P1620990
 
 一気に前にしかし
 
P1620992
 
 これはオフサイド。
 
P1630013
 
 後半04分広島スローインから
 
P1630014
 
 ゴール前につなげられ
 
P1630015
 
 シュートはしかし辛うじて枠の外。あぶない。
 
P1630020
 
 押し込まれまくりでココはなんか手を打たなければ……という時に監督はベンチに引っ込んでます。
よくある事ですけど。
 
P1630036
 
 後半06分川崎押し上げていったエドゥアルドが
 
P1630037
 
 遠目の位置からシュート、キーパーシャイニングウイザード林止めたが
 
P1630038
 
 こぼれ球にエウシーにょ走り込んで押し込もうとしたが
 
P1630039
 
 これは止められた。
 
P1630052
 
 後半07分川崎僚太
 
P1630053
 
 遠目からのシュートは
 
P1630054
 
 しかしキーパーに止められた。おしい。
 
P1630055
 
P1630056
 
 こぼれ球を嘉人が拾ったが
 
P1630057
 
 右からのシュートも枠には行かず。
 
P1630078
 
 後半10分川崎ネットから前へ
 
P1630079
 
 ボールに寄せたエウシーにょが
 
P1630080
 
 エリア内に押し込んでの
 
P1630081
 
P1630082
 
 シュートはしかしキーパーにはね返された。
 
P1630085
 
 後半10分広島1枚目の交代。ミキッチout 清水in。
 
P1630087
 
 後半11分川崎メイン側左CK憲剛。
 
P1630090
 
 パスをつないで憲剛がゴール前に送り出したボール
 
P1630091
 
 ゴール前でDFと谷口の競り合いで背後にこぼれたボールを
 
P1630092
 
 最初オーバーヘッドで蹴ろうとがしたがこれはうまく合わず
 
P1630093
 
 しかしそのボールを再度拾って振り向きざまのシュート
 
P1630094
 
 しかしこれもキーパーに押し出された。おしい。
 
P1630111
 
 後半13分川崎
 
P1630112
 
 車屋が押し上げて
 
P1630114
 
 ゴール前に折り返したが
 
P1630115
 
 しかしキーパー確保。
 
P1630179
 
 後半19分広島
 
P1630180
 
 押し込まれたのをエウシーにょが対応
 
P1630181
 
 しかし倒してしまって
 
P1630184
 
 FKに。
 
P1630186
 
P1630187
 
 これを綺麗に
 
P1630188
 
 決められてしまったのですが
 
P1630190
 
 メイン側副審は旗を上げ
 
P1630192
 
 主審もそれを認めて、これはノーゴールに。
 スカパー解説は、広島の選手がキーパーの視野を遮るように先に動いてしまったから、という事を言ってましたが、後で聞くに主審と副審の判断は食い違ってた模様。ううむ? 
 
P1630194
 
 とかいう疑念を審判陣に考えさせる時間を与えずさっさとリスタートしてしまった憲剛の勝ち、てのはそうなのでしょう。この辺は憲剛は経験豊富です。
 
P1630207
 
 後半22分川崎バック側右CK憲剛。
 
P1630209
 
 ゴール前クリアされた。
 
P1630220
 
 後半23分広島
 
P1630221
 
 左に押し上げたが
 
P1630222
 
 エウシーにょ突撃で止めた。
 
P1630224
 
 黄色食らったけど。
 
P1630227
 
 後半24分広島ペナエリア左外でのFKコーセー。
 
P1630229
 
 エドゥアルドがはね返し
 
P1630230
 
 こぼれ球を拾われてのシュートも
 
P1630232
 
 枠には行かず。
 
P1630247
 
 後半26分広島
 
P1630248
 
 左に押し上げられ
 
P1630250
 
 押し込まれたが新井が体で止めた。
 
P1630256
 
 後半26分川崎1枚目の交代。僚太out 森谷in。
 森谷を入れるのはともかく、僚太をここで下げたのは? 凡人にはわからない非常識サッカー。
 あ、川崎FM実況の解説も疑問符上げてたか、失礼。
 結果的にそれで結果が出たと言っても、ね。
 
P1630275
 
 後半28分広島
 
P1630277
 
 右から押し込まれたが
 
P1630279
 
P1630280
 
 なんとかはね返した。
 
P1630295
 
 後半29分広島左から
 
P1630296
 
 押し上げてきたが
 
P1630298
 
 なんとかはね返した。
 
P1630301
 
 この過程で誰か脚つってしまって
 
P1630305
 
 外へでて
 
P1630306
 
 そのまま交代。
 後半30分広島2枚目の交代。皆川out ウタカin。最終兵器投入。
 
P1630341
 
 後半32分川崎
 
P1630343
 
 左遠目の位置からタッピーが
 
P1630344
 
 シュートしかしキーパーキャッチ。
 
P1630360
 
 後半34分川崎
 
P1630361
 
 遠目の位置からエドゥアルド
 
P1630362
 
 シュートもしかし枠を大きく上へ。
 
P1630364
 
 今日の入場者は2万3290人だったそうです。もはや2万越えは当たり前の世界に。
 残る最終戦も完売必至ですから、今年の入場者は結構な事に。
 
P1630386
 
 後半36分川崎2枚目の交代。エドゥアルドout 中野in。風間組優先で入れます。
 次は、こういう疑念が起きない副業無しの監督でお願いします。
 
P1630400
 
 後半37分広島右から
 
P1630401
 
 ゴール前に振られそこにウタカ
 
P1630403
 
 頭で合わせられたが新井正面でキャッチ。
 
P1630406
 
 そこからの逆襲
 
P1630409
 
 左に押し上げた中野かが上げたボールに
 
P1630410
 
 右エウシーにょが飛び込んだが
 
P1630412
 
 うまく合わずボールは後ろへ。
 
P1630414
 
 しかしその球を拾った森谷が
 
P1630415
 
 ペナエリア外から放ったボールは緩やかな弧を描いて
 
P1630416
 
 枠の中に! 
 
P1630418
 
P1630420
 
 ここに至って、川崎先制!<川崎1-0広島>
 
P1630451
 
 後半40分広島最後の交代。丸谷out 寿人in。
 
P1630456
 
 後半41分広島
 
P1630458
 
 押し上げてきたが
 
P1630459
 
 ボールは新井がしっかり確保。
 
P1630462
 
 ここでネットが倒れ込んでひやりとしましたけど
 
P1630464
 
 大事は無かった模様。このあとすぐに復帰。
 
P1630480
 
 後半43分広島左に押し込んで
 
P1630482
 
 ゴール前に送られ合わせられたが
 
P1630483
 
 枠内には行かず。
 
P1630492
 
 後半44分広島
 
P1630494
 
 さらにウタカに押し込まれたが
 
P1630496
 
 新井が体を張りました。その前にオフサイドだったけど。
 
P1630499
 
 そして後半アディタイムは、なんと5分! 5分有ったら2点取られてしかも逆転できません! 
 まぁ選手負傷で2度ほど試合止まりましたけど。
 
P1630529
 
P1630530
 
 ここまで来ると、広島はもう押し込みまくりで川崎は耐えるだけ状態。
 
P1630533
 
 後半47分嘉人ゆっくり歩いて
 
P1630535
 
 後半48分川崎最後の交代。嘉人out にょぼりin。
 川崎守備固め。
 
P1630532
 
 ちなみに交代時の表示板はいつのまにかタグホイヤーになってた。
 川崎だけかと思ったら、ほかでもこうなってるみたい(J1では?)。
 
P1630551
 
 後半48分川崎なおも押し込まれ
 
P1630553
 
 なんとかコーナーに逃げると
 
P1630555
 
P1630558
 
 広島はGK林も最前線に
 
P1630559
 
 後半49分広島メイン側右CKコーセー。
 
P1630560
 
 ゴール前なんとか押し返して
 
P1630561
 
P1630563
 
 このこぼれ球を奪い、一気にカウンター! 
 
P1630566
 
P1630567
 
 左憲剛に渡り
 
P1630569
 
 林は戻ってはいたものの守備が間に合ってない状況の中
 
P1630570
 
 枠の中に流し込んで
 
P1630572
 
 憲剛の駄目押し!<川崎2-0広島>
 
P1630573
 
P1630574
 
 ベンチ組に飛び込む憲剛。
 
P1630575
 
 
P1630582
 
 ガッツポーズ。
 
P1630586
 
P1630587
 
 後半50分広島のリスタートと同時に試合終了。
 
P1630591
 
 川崎2-0広島
 
P1630592
 
P1630594
 
 (川崎としては珍しく)審判に助けられたような気もしますけど、なんとか勝利です。
 
P1630601
 
 そういうことならそれは、次期五輪代表監督もしかすると代表監督様となられる方には一層の箔が必要なのでしょう。
 
P1630602
 
 毎度のように自作自演川崎劇場のような勝ち方に陥らせる監督ではありますけどね。
 あ、試合中監督はそういう指示はしてないか。何してるのかは分からないけど。
 
P1630605
 
 というわけで例によって輪を組んで
 
P1630607
 
 ぐるぐる。
 
P1630610
 
 まぁ負けられない状況で勝った事を良しとしましょうデス。
 
P1630611
 
 なお監督は今日も審判と一緒に
 
P1630615
 
 さっさと消えていったのでした。
 
P1630633
 
 ばんざい。
 
P1630646
 
 なお他会場の結果は「新潟を信じたのがバカでした」でした。新潟はお疲れ様でしたこのままあちらへどうぞ。
 
P1630645
 
 Jリーグは残り2試合、次はアウェイ鹿島戦。最後はガンバ戦とこれも難儀な戦いが残ります。
 勝つしかないのですけどね。
 
DSC07507
 
 というわけで競技場を出たのでした。(バスが3台なのはなぜ?)
 
DSC07510
 
 そのまま、アリーナでBリーグを……いえ見てませんけど。
 チケット割引とかしていたので、次の機会には考えます。
 続く。
 
 
 
 
 
で。以下は監督の件について、いつもの口調で。
 まぁ前に五輪代表監督の噂が上がった際に書いた通りで「川崎で続ける気ならとうの昔に契約更新してる」。
早々に更新していなかった以上、どちらにしろ今年限りとは思ってました。取り敢えず保証されているのは五輪監督で、場合によってはホジホジの後釜なのでしょう。なんだかんだで、川崎で風間氏の「箔付け」には成功したと言うことですかね、相馬先生の時は失敗したけど。そして「タイトルはとれてませんけど」。いや今日の展開を見るに、川崎がタイトルを取れるようなんとかしてくれるのかも。
 まぁ、もっと前に今年のように「勝つことを意識した」戦い方をしていたら、どっかで取れていたかもとは思いますけど。
 
ちなみに次の監督は私の希望としては。
1)守備構築ができる人。キーパー任せにするな。DFへの指示が「ミスするな」だけではなく「ミスしないためにどうするか」考えられる人。考えられないならそれを考える事ができる人に守備構築を任せることができる人。
2)好き嫌いではなく、その時の面子で最適な選手を選択できる人。子飼いの選手優先はもってのほか。息子最優先は論外。
(使えない選手は息子でも干すし追い出すと言うけど、さんざんスタメン固定で使っておいて、結局J1では無理と知れ渡った処で明示的に。干すくらいならさっさとレンタルで出せ、飼い殺しにするなと思った)
3)試合の流れを見て適切にシステム組み替えとその指示ができる人。「自分達のサッカーをしろ」で済ませられるなら、それは楽でしょうけど。前半で見た相手の問題点(と自分の問題点)をハーフタイムの短い時間に整理し簡潔な文言で選手に伝え明確な指示を与えることができ、かつ必要なら精神的な後押しができる人。短い時間と言っても、それすらめいっぱい使おうとはしない人も居ますけど。
4)審判のジャッジにおかしい所が有ったらその場で明確にその意志を提示し、場合によっては審判を威圧威嚇できる人。審判のジャッジを有利になるようねじ曲げようとすることは、やり過ぎると織部になってしまうけど。ただ監督なら、勝つためにそれが有効と考えられることは全てやるのは正義と考える人を望みます。
5)試合終了後さっさと居なくならない人、毎試合サポの前まで出て挨拶しろとは言わんけど。
6)なによりも勝利することを最優先とする人。「この人は勝つためにそこまでやらない」と言われる時点でプロの監督としては駄目なのではと。
7)練習でのケガ防止ができる人。というか試合中ならまだしも練習中でのケガ人が最後まで減らなかったのは一体。未だにアップなしで練習開始ではあるまいに。それが試合前のアップは自主的にやっとけ、ということにしてもそれで練習中のケガ人が続出してるのですからなんとかしろとは思った。ともあれこの辺練習時のケガ対策と選手へのケアがきっちりできる人。もしくは、その辺を「きっちりできる人に任せられる」人。
8)要はなんでもかんでも監督一人でやれとはいわない、できないことは専門家に任せられることができる監督ということ。できないことはできないからやらない、また「嫌いだからやらない」ではなく。
 
9)総合的に言えば、「この人なら任せて安心」と信じられる人。もしくはきっちり「騙してくれる」人。
 
 いや実際全部満たせる人は居ないでしょうけど、せめて(9)だけでも……。
 今の人は、なによりも最初の広島戦からして「この人は信じてはいけない」と思わせられて、実際それに輪を掛けられた(息子引き入れてスタメン固定したとか)のが、私の悪印象固定の原因ですから。
 
まぁ、そうはいっても、Jリーグや協会に媚びへつらうことはできても監督を呼ぶ伝はない川崎ですから、選択肢は多くありません。
a)鬼木コーチの昇格(既定路線)
b)相馬先生の復帰
c)また協会が押しつけてきた「川崎を踏み台にする人」
d)想像外の人(だれ?)
 
 JFKは以前に依頼して断られたと言うし、今更ノブリンと言うこともないでしょうし、関塚も無いでしょうね、それは退行。
 ただ鬼木コーチに最終的に任せるにしても、他の監督の元でもコーチをやってほしいとは。非常識な監督だけで無く常識な監督の元でもコーチをやって、経験を積んでおかないと行けないとは思いますので。そんな人を引き込めるだけの伝手や力量が呼ぶ方にあるなら、ココまでのような迷走した監督招聘はしていないでしょうけど……。

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/10/06

16年10月02日の徘徊(お台場までと、そこからの帰り少し歩きで)

 
DSC07271
 
 前記事の通り、2日にはお台場の東京カルチャーカルチャーまで行ったのですけどまずそこまでの話。
 
DSC07272
 
 川崎経由で11半に品川、ここから。
 
DSC07273
 
 ここからはバスで。
 
DSC07274
 
 11時44分乗車。210円パスモなど使用不可。うむ? 
 
DSC07275
 
 普通に出発して
 
DSC07276
 
 高速に上がり
 
DSC07277
 
 ぐるっと回って
 
DSC07278
 
 レインボーブリッヂを通過。
 
DSC07279
 
 あっという間の15分で、お台場海浜公園駅前へ。陸橋を渡って
 
DSC07280
 
 なんかイベントやっている広場や
 
DSC07281
 
 トヨタのショールームを抜けて
 
DSC07282
 
 ゼップ東京上のカルカルに到着。15分ほどです。
 なお中のイベントについては前の記事参照ということで。
 



 
DSC07399
 
 イベント終わって15時20分過ぎ。後は帰るだけなので少し徘徊。と、
 
DSC07401
 
 ガンダムが居ました。いや私はこれ見るの初めて。というかお台場来たのはいつ振りか?(大江戸温泉は置くとして)
 
DSC07402
 
 ガンダム40周年まであと917日。その日が来たら何をするのだろう? 
 
DSC07403
 
 まぁ人工的なお台場には相応しいモニュメントか。
 
DSC07404
 
 そのまま流れで徘徊。
 
DSC07405
 
 全体的にできたばかりの街と言う事も有ってか、なんかラスベガスみたいな雰囲気を感じます。まわり外国の人ばかりですし。
 
DSC07406
 
 そのまま進んで
 
DSC07407
 
 海浜公園を抜け
 
DSC07408
 
 その橋のたもとへ。ここまで来たので、レインボーブリッヂを歩いて渡ります。
 ちなみに無料。今15時47分。
 
DSC07409
 
 歩いて行くと
 
DSC07411
 
 途中に分岐。ノースルートかサウスルート。要は橋のどちら側を通るか。せっかくだから私は右のルートを通るぜ。
 

 
 パノラマ。あー世間が歪んでいる(笑)いちおう、東京タワーもスカイツリーも写ってます。
 
DSC07420
 
 あとはひたすらふらふら歩きます。というか、走ってる人の方が多かったような気も。ここでも、外国の方も少なからず居ましたけどね。
 
DSC07421
 
 10分ほど歩いて、ようやくアンカレッジの手前まで。
 
DSC07422
 
 ここから橋本体(?)のはず。
 というか車が通る度に橋はぐらぐら明確に動くから正直足元が覚束無くなる……
 
DSC07423
 
 高さは考えないようにしよう、と思った所で思いっきり「海抜52m」という数字を見てしまう。これは落ちる訳には行かない。いまここで地震とかゴジラとか来ませんように。
 
DSC07424
 
 取り敢えず考えない事にして、進みます。
 
DSC07425
 
 あっちは芝浦だそうです。
 
DSC07426
 
 さっきまで居たのはお台場。
 
DSC07427
 
 橋を渡り始めて20分ほど、ようやく東京タワーが間近に。
 
DSC07428
 
 と、芝浦側はエレベータでした。
 
DSC07429
 
 あっというまに
 
DSC07432
 
 下へ。
 
DSC07434
 
 エレベータを降りた。
 
DSC07435
 
 というわけで、レインボーブリッヂ終了。16時11分。
 
DSC07436
 
 渡りきるのに25分ほど掛かってしまった。
 
DSC07439
 
 今日のすかーさまをここで。
 
DSC07443
 
 後もふらふら
 
DSC07444
 
 歩いて
 
DSC07445
 
 歩いて
 
DSC07448
 
 やっと品川に到着。行きは15分だったのに、帰りは1時間以上かかってしまった。意味無し。
 まぁ見えた風景は、行きのバスの中からとは全然違いましたけどね。だからふらふら歩く。
 
DSC07449
 
 品川駅からは、行きと同じく川崎経由で帰ったのでした。
 まぁそれだけの話なのでした。おしまい。

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/10/03

川崎フロンターレ20周年記念トークイベント@東京カルチャーカルチャー

 
DSC07282
 
 ここまでの過程は別途「にっき」として書くとして、12時過ぎにお台場 Zepp Tokyo の上の、「東京カルチャーカルチャー」へ。
 
DSC07294
 
 川崎フロンターレ20周年記念トークイベントです。申し込んだら当たったので。
 
DSC07286
 
 入ってすぐの処には、今のユニと合わせて20年前のペナルティのユニが展示。
 
DSC07291
 
 初年度のユニ背中には「NIFTY」のロゴが入っていましたから。いやこれうちにも有るはずだが、ドコだろうか? 
 
DSC07283
 
 選手サイン入りクリアファイルを貰いました。5番。あと「ニフティでんき」のボールペンなど。
 
DSC07284
 
 それはそれ、私が着いたのは開場すぐ後でしたけど、席はもう端の方しか空いていませんでした。
 
DSC07285
 
 ドリンクフリーだったので、取り敢えずビール。あとフードもバッフェ形式で。ニフティふとっぱら。
 
DSC07289
 
 カブ。本体は居ませんでしたけどね。
 
DSC07293
 
 そんなこんなで、開始までは20周年でサポータが選んだ試合のダイジェストを上映していたのですけど。
 
DSC07295
 
 開始時間となり、まずは前説で「ニフティのえらい人」登場。今年はニフティ30周年記念で周年が重なったことでイベントを行ったとの事。
 
DSC07298
 
 そしてアマノの人登場。
 「2時間面白い話をしましょう」
 
DSC07301
 
 ヒロキの人。
 「昨日の試合は快勝で(ヤケ)。昨日は仕事で大阪に行ってたが朝から新大阪駅にフロンターレユニがいっぱいで思わず身を隠した。今日は楽しんで頂けるようお話します」
 
DSC07306
 
 そしてスペシャルゲストとして、イガとにょぼりも登場。
 イガ「午前中は長男の運動会で、それを抜けてきた」
 にょぼり「奥さんをヴィーナスフォートに置いてきた」
 
DSC07308
 
 という訳で、この4人でのトークショーとなりました。
 
DSC07311
 
 その前に乾杯。配られたのはあの「菊水 無冠帝」。
 
DSC07312
 
 あまの「昨日の試合の結果でこれはシャレにならない」
 いやいや。ピークはチャンピオンシップに持っていくそうです。
 
DSC07316
 
 ともあれ乾杯。
 
DSC07320
 
 以降トークショーとしてフロンターレのコレまでを振り返る話が始まりましたが、ここでは私の記憶に残った話をダイジェストで行きます。
 
DSC07323
 
 で、まずイガの変遷を選手写真で(^ ^;)
 フロンターレに来る時はまず気合いを入れるために坊主にしたが、その前の名古屋ではコーンロウにしていた。なおイガの髪型について観客に聞いたが、長い髪を支持する人は皆無。
 
DSC07325
 
 そこで昔の(裏)ポスター。イガ「これはあまのさんがやれと言った」
 あまの「ノリよくやってくれる選手は貴重だ」
 ここで話が脱線、ACLでイランに行った際に現地の食事が食べられない時に備えてクラブがカップラーメンなどを用意していたが、それを食べたイガが
 関塚「おい井川食い過ぎだ!」 ちょっと理不尽(笑)。
 あまの「関塚監督は真面目。ラフなのはイクヲ監督と石崎監督。この二人はプロモーションにも協力的。しかし関塚監督は難しかった。フロンターレのイベントは趣旨を説明できる物では無いのに説明して承認を貰う必要が有ったが、どう言えば理解して貰えるか悩んだ」

DSC07328
 
 次ににょぼりの遍歴。あまり変わらない? けど太ってる?
 にょぼり「オフシーズン明けのチーム始動直後に撮るので」
 最初は高校生みたい。3年目位に色気づいた(笑)
 
DSC07329
 
 で、にょぼり初ゴールの写真2009年。ジュニーにょの1対1からのこぼれ球を押し込んだ。
 「高校野球(智弁和歌山?)みたい」 
 
DSC07331
 
 さらにヒロキの遍歴。それとも、カメラの性能の変化? 
 
DSC07332
 
 そしてヒロキ後半。最後変わりすぎ。
 
DSC07334
 
 これは、スタッフの悪意の写真? 
 あまの「いや、自分はヒロキー企画には何も言ってない」 すべてヒロキ自身が他のスタッフと相談して決めたとの事。
 
DSC07335
 
 ここからは20年で印象に残ってる事から。
 イガ「実は03年最終節広島戦は「広島側で」試合に出ていた」
 イガのファールからのFKでアウグス父さんに決められた、とのこと。すごい因縁だ。
 その時のフロンターレのイメージは。
 イガ「移籍したばかりでJ2のことはよく分からなかったが、昇格争い中で大変なのは分かった」
 なおこの時にょぼりは中学生。フロンターレのことは知らなかった。
 
 リストには載ってないが、今年の分も含めていたらこの前の鞠戦も入っていただろう。
 「自作自演劇場(笑)」
 あまの「審判家本が9分と言ったときは「ふざけんな」と思ったが結果的に9分だったからこうなった。家本さんありがとう」
 こういう時あんたが大賞を決めるのは大変。すんなり行ってたら狩野だった。あんたが大賞はあまの氏がスポンサーと相談しながら決める(実質あまの氏が決定)
 DFは選ばれるのがむつかしい(にょぼりも)ホームで活躍しないと。もしくはあまの氏に御中元を(笑)。
 イガは終盤に上がっていいシュートは打つが決めきれないから残念。これからに期待。
 
DSC07337
 
 雨で中断鹿島の話。悪いツーショット(笑)。ユースケは坊主なので反省中の頃(笑)。でも鑑別所の写真では無い(笑)。
 あまの「FKからのリスタートからでこれで入ったらヤバイと思ったら本当に入った。フロンターレはすごい、本当にそういうところを作り出す力?がある」
 中断の時はその決定を受けて社長が出てきたら「帰ってください!」 するとサポは社長のいいなり。あまの「頭おかしいかと思った、おれも怒ってたのに」
 
 2011年はキャンプ場の噴火にはじまり厳しいシーズンだった。8連敗でファン感。
 にょぼり「この時はステージではなかったのでほっとした」
 2009年ナビ準々決勝鹿島戦。0-0だったら負けだったらラストワンプレーでジュニーにょの「三本指シュート」
 あまの「この勝ち方ならタイトル取れると思った」。でも結果は……
 
DSC07339
 
 リーグ戦最後節雨の日立台。「切ない写真はいっぱい有るので」。
 あまの「優勝セレモニーの準備は毎回やってる6回くらいやってる。今年も用意する」
 
DSC07343
 
 2013年最終戦鞠戦。裏の試合との結果次第でACLだった。その前節アウェイ大分戦も終了間際の嘉人の得点で勝ったが、でもその直前にイガが外してた。
 鞠戦は西村主審が最後のキノコのFKを「演出」してた。ヒロキは終盤に投入。憲剛はその時にキャプテンマークを渡そうとしたが雰囲気で渡す事ができなかった。で、ヒロキはいきなりマーク外して憲剛に怒鳴られた。
 にょぼり「最後クリアしたのはオレ」
 
 試合後のヒロキ引退セレモニーについて。
 あまの「映像はファイフロの人がつくっている。しっかり送り出す伝統があった方がいい」
 で、送り出したのに次にヒロキが出てきたのはACLの青島ビール(笑) チンタオ、チンタオ! 
 

P1900965
P1900969
http://sukao.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-4747.html
 ※当時の写真(^ ^;)ヒロキがどこに居るのかは不明。

 あまの「こんなだからプロモ部に選手が来てくれない」
 
ここからはイベントの話。
 イベントについては選手は分からない(準備での写真撮影くらい)。ピーカブーの胴上げは「そういう流れが面白い」ということで実際は台本通り。
 
DSC07344
 
 いやこれカブより目立ってる人が(笑)
 
DSC07345
 
 あまの「ピーカブーをフロンターレの正式なマスコットにできたのは良かった。関係ないほうがいい、マスコットマスコットしているのはキライ。次はコムゾーをフロンターレの正式マスコットに(おい)」
 
 アウェイツアーについて。最近やってないのでは無いか? 
 あまの「アウェイツアーは相手と詰める必要が有るので大変だ。しかし新潟でのツアーイベントが途切れたときに勝ってしまったので「今まで負けていたのはおまえのせい」と言われた」
  

hlImage8.jpg
http://sukao.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_82bc.html
 
DSC03032
http://sukao.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-248e.html

 
 新潟アウェイツアーでは新幹線の途中の田んぼや船で待ち構えたりが許可取るなど大変だった。
 川では流されて端に行ってしまった。
 そこまで苦労しても勝たなかった、辛かった。
 
DSC07347
 
 多摩川クラシコで味スタへ歩いて行った。(所轄跨いでいるので)警察との交渉も大変だった。
 
DSC07348
 
 社長は試合直前にコスプレさせられ馬に乗せられて不機嫌だったが、サポが「似合ってる」と褒めたので機嫌良くなった。
 ここまでやると「いい絵」が撮れる。
 
DSC07350
 
 動物花束贈呈について。
 イガ「はよしてくれんかな」
 まんおやヤットも顔は引きつってる。
 
DSC07351
 
 高田についてはイガが中心にやっていた。
 あまの「試合とは切り替え、勝敗とは無関係に「やらされる」ではなくやってくれることがうれしい」
 
DSC07352
 
 ヒロキ、イガ、にょぼりともに選手会長をやっている。選手会が選手をまとめて、会社との調整を含めやってくれる。会社と選手をつなげられるしっかりした人がやってくれることが、フロンターレのよい処だ。
 
DSC07353
 
 宇宙強大について。
 
DSC07355
 
 2011年に「難局物語」で難局との交信をやった。このあとサポに「次は宇宙ですね」と言われて、調べ始めた。宇宙兄弟の編集とのコネクションができていたためこちらとも連携できた。
 NASAもJAXAとの交渉も「何言ってんだコイツは」状態からはじまった。宇宙との通信もお金が掛かるのでフロンターレだけではまかないきれないと、川崎市などを巻き込んで川崎市の事業にした。(フロンターレは38%ほど負担)。
 NASAとは「必ずイベントをやります」という誓約書を書いたが、颱風もめったには来ないだろうと思ったが本当に来てしまった。などなど。
 
DSC07357
 
 あ、なんか宣伝してましたです。
 
DSC07364
 
 ここで休憩が入りました。
 
DSC07391
 
DSC07358
 
 この日限定のカクテルをいただきました。LOVE KAWASAKI。
 
DSC07362
 
 休憩中にフロンターレの人が宣伝。
 
DSC07363
 
 登録すれば、nifmoが安くなる! 
 ちなみに私自身は開始時点から登録しているので、すでに7月は260円、8月は140円、9月は200円も割引になってます(笑)。
 
DSC07365
 
DSC07366
 
 第2部開始。
 
DSC07367
 
 ここからは会場アンケートから話題を取っての進行。
 
DSC07370
 
 ヒロキのスカウトとしての仕事について。
 ヒロキ「スカウトとして入団2人決まった、とは言っても今はまず先生などへの挨拶回りから始めている」
 あまの「本当はもう1年位プロモの仕事をやって欲しかったが、最終的にはヒロキの意思で」
 タビナスは6チームと競合したが取れた。フロンターレでの練習で選手が優しくしてくれたから? 
 タビナスも碧も期待できると言うよりは「育てます」。
 でもジェフ(JEFではなくJEFF)はファン感要員(笑)。
 にょぼり「定期的に来るのでみな選手達はやさしくしている、オレ筆頭に(笑)。自分が高校生で練習参加したときもそうだった、しかし村上さんがいじってきたのはむしろ恐かった(笑)」
 
 3人のフロンターレ入団動機。
 ヒロキ「2000年でJ1昇格した年だったので、これから強くなると思って入った、ら降格した。練習参加時の雰囲気も良かったが、川崎が「都会過ぎず田舎すぎない」処が良かった」
 イガ「最初はレンタルだった。関東は恐いと思ったが水があった」
 
DSC07372
 
 にょぼり「2年の高校選手権の試合が等々力で試合があった際に建さんが目を付けた。他のスカウトがみな大迫を追っている時に建さんは優先してくれた。その結果あっちの方が(笑)」

DSC07373
 
 建さんは目の付け所が凄い。僚太は夏にケガをしていたためにノーマークだったのか、たまたま試合で見た建さんがフロンターレもほぼ体勢が固まっていた所に無理矢理ねじ込んだ。
 イガ「僚太が練習参加時に強化部長に聞かれたので「絶対取った方が良い」と答えた。そのくらい練習生としても凄かった」
 
DSC07374
 
 あまの「新しく来た選手がどこまでできるのかは、最初のバナナのかぶり方で分かる。オリジナルのポーズを求められていくらでもやる選手は少ない」
 なお大塚はそのため移籍に悩んでいた(笑)。
 
 来年のフロンターレの話として、この後あまの氏の来年の話に。
 来年から4年間東京オリンピック組織委員会に出向する。フロンターレは今後も続くが2020年は一生に一度しか無い。2002年ワールドカップ出向の経験も大きかったのでここで更に積み重ねたい。「おもてなし」という受け身ではなく、日本が世界にPRする場と考えている。
 小杉の発展をフロンターレで示したいしスタッフも成長する必要がある。そのためにも経験を積んできたい。しかしフロンターレのスタッフは優秀、フロンターレらしさを理解し形をつくることができるし上乗せをつくる事もできる。次は4年後だが、4年はあっというま。むしろあまのさんが帰ってくる場がない状態にフロンターレをしないといけない。
 ただ憲剛が「おれの引退ビデオは誰がつくるんだ!」と言ってきたので、憲剛にも4年後以降も頑張ってもらう。
 
 30周年未来予想。
 サッカーは野球などと比べると歴史はまだまだ、ここからどうするか。しかし10周年イベントでやったことを考えると、10年前にやった事は小さく感じる位の上積みがある。ならば30周年の時もそう思えるよう積み上げていきたい。今後等々力2期工事などいろいろあるが、10年も遠い話では無い。
 しかしそれでもスタッフとお客さんではなく「一緒に造っていくクラブ」というスタンス、距離感だけは変えたくない。
 
 ヒロキ「たぶん今年はタイトルを取る。取った後もスタンスを変えないようにする。これを下の選手にも伝えるようにしたい、バナナを被る意味とか(笑)」
 今後の選手を教育する必要が有る。にょぼりの次の世代はだれ? ……次は三好? 
 
 
 トークショーはだいたいこの辺で終わり。
 
DSC07378
 
 この後はグッズ抽選会。
 
DSC07379
 
 鞠戦で使用したボールや
 
DSC07380
 
 今年のユニ(ヒロキイガにょぼりのサイン入り)。
 
DSC07381
 
 そしてにょぼりからはスパイク
 
DSC07383
 
 イガは磐田戦でジェイに踏まれて敗れた
 
DSC07384
 
 ユニが提供されたのでした。私は外れたけどね。
 
DSC07386
 
 最後の言葉。
 あまの「20周年としてフロンターレ節目の年なのでここでタイトルを取ることを祈ってます。一体となって川崎を盛り上げ最後に笑いましょう。そしてセレモニーをやらさせてください」
 ヒロキ「これからも暑いサポートをお願いします」
 イガ「喋り足りないのでもっとやりたいあまの氏と(却下)。一日でもはやくケガを治してピッチに立ちたい、外からでもチームの力になれるよう頑張りたい」
 にょぼり「この中断期間で復帰できると感じている。チーム一丸となってタイトルに向けてサポータといっしょにがんばりたい、これからもよろしくお願いします」
 
DSC07393
 
DSC07395
 
 これでイベントは終了。
 
DSC07397
 
 という訳で、ニフティはこれからもフロンターレを応援してくれるそうです。よかった、よかった。
 
DSC07398
 
 15時13分と予定を超過していたのでお客も早々に退席と言う事で、速やかに外へと出て、家に帰ったのでした。
 なおこのあとの帰り過程についても、別途「にっき」として書きます。

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/10/01

鞠戦でもカブを愛でる。今日はコムゾーが主役。

 
おお、わがカブよ、光満つるその顔よ!
 
 
 
DSC07182
 
 東急提供試合なので、今日はコムゾーが出張っています。そんな中、ふろん太の足元に(右下)
 
DSC07184
 
 なんかがお腹を上に向けて転がってました。
 
DSC07190
 
 いや何かというか、こいつですけど。
 
DSC07194
 
 さてステージの方に行くと
 
DSC07196
 
DSC07197
 
 丁度壇上にカブふろん太が上がる処でした。
 
DSC07198
 
 カブ電車。
 
DSC07201
 
 カブポーズ。
 
DSC07202
 
DSC07204
 
 さてここでゲスト登場。東急線マスコットキャラクター「のるるん」と
 
DSC07205
 
 ……段差があると大変です。
 
DSC07207
 
 なんとか乗り越えた。
 
DSC07210
 
 脚が縮んでるような気もしますけど。
 
DSC07209
 
 そして
 
DSC07213
 
 東急バスマスコットキャラクター「ノッテちゃん」。
 
DSC07215
 
 この四人でグリーティング
 
DSC07217
 
 を行ったのでした。
 



 
P1600301
 
 時間進んで17時半位。いつもの三人。なお「10番」は岩本テル。
 
P1600303
 
 ふろん太カブ
 
P1600304
 
 いちゃつくふろん太カブ
 
P1600306
 
 カメラにポーズするふろん太カブ
 
P1600308
 
P1600310
 
 いえいえ、今日の主役はコムゾーです。
 
P1600309
 
 ふろん太「ではこちらへ」
 
P1600315
 
P1600316
 
 カブ「椅子を御用意しました」
 
P1600321
 
 コムゾー「はい、どっこいしょ」
 
P1600323
 
 コムゾー「おう、こりゃ楽だ」
 
P1600324
 
P1600325
 
 カブ「マッサージしましょう」さわさわ
 
P1600326
 
 ふろん太「おかゆい処はございませんか?」
 
P1600327
 
 カムゾー「じゃあツノを」
 カブ「かしこまりでございましー」
 
P1600328
 
 コムゾー「うむまんぞくじゃ」
 
P1600330
 
 満足したコムゾー
 
P1600334
 
 通常のグリーティングの仕事に戻ったのでした。
 



 
P1600335
 
 なお途中で何かやってました。
 
P1600337
 
 揺れたら身を守る姿勢をとりましょう。
 
P1600338
 
 さてここからは定例の仕事です
 
P1600339
 
 メイン前中央に移動カブ
 
P1600340
 
 と、その前に
 
P1600341
 
 通りすがりのスキフロお姉さんと
 
P1600343
 
 写真撮影。
 
P1600344
 
 移動再開。
 
P1600348
 
 花道を通って
 
P1600351
 
 その端へ。
 
P1600359
 
P1600361
 
 まずキーパー陣の出迎え。
 
P1600363
 
 カブ「がんばれー」
 
P1600369
 
P1600372
 
 そしてフィールドプレイヤーの出迎えも。
 
P1600373
 
 で、いつもの通りカブふろん太は選手の後を……あれ? 
 
P1600375
 
 いつもはおいてけぼりにされていたコムゾーも、今日は一緒に! 
 
P1600376
 
 これは東急提供試合だからか、今後もそうなのか?
 
P1600379
 
P1600384
 
 できれば今後もこれで。
 
P1600389
 
 礼。
 
P1600394
 
 そしてスタンド前をまわって
 
P1600397
 
 ここで一休み。
 



 
P1600401
 
 時間進んで、キックオフ前。
 
P1600405
 
 コムゾーも戦闘服着用。
 
P1600418
 
 ビジターの皆様に向かって
 
P1600421
 
 よろしくお願いします。
 
P1600437
 
 では、ピッチの中へ。
 
P1600441
 
 ふろん太「では皆様応援よろしくお願いします」
 
P1600455
 
 カブ「がんばろう」
 
P1600463
 
 と、そういえばマリノスケも居たのか向こうに。絡んでなかったので気が付かなかった。
 
P1600487
 
P1600488
 
 いつもの輪を作ってぐるぐるund ばんざい。
 
P1600505
 
 そして選手の列の端へ。
 
P1600507
 
P1600508
 
 相手選手と握手し、
 
P1600511
 
 ふろん太は審判陣の処へも。
 
P1600514
 
 写真撮影。
 
P1600517
 
 コムゾーは先に離脱しましたが
 
P1600518
 
P1600519
 
 カブふろん太の仕事も、ここまでなので。
 
P1600521
 
 ひとまずお疲れ。
 



 
DSC07246
 
 ハーフタイムにも
 
DSC07247
 
 スタンド前を周回する二人
 
DSC07248
 
 と一人。
 
DSC07251
 
 そいえばこの時はコムゾー居なかったような?
 



 
P1620274
 
 そして試合後。
 
DSC07254
 
 選手と一緒にスタンド前を周回し
 
DSC07258
 
P1620310
 
 メイン前に。
 
P1620312
 
 新加入タビナスと写真撮影。
 
P1620321
 
 それが終わると、三人
 
P1620323
 
 再び
 
P1620324
 
 スタンド前でのグリーティングのためバックスタンド方向へ
 
DSC07266
 
 戻っていったのでした。
 
 というわけで、今日のカブでした。
 次のカブの出番は、10月22日の広島戦です。
 
 


 
◇2016年のカブ
03/05 対湘南戦
03/12 対名古屋戦
03/23 ヤマザキ杯 対鞠戦
03/27 ヤマザキ杯 対福岡戦
04/02 対鹿島戦
04/10 対鳥栖戦
04/24 対浦和戦
05/04 対仙台戦
05/14 対神戸戦
05/25 ヤマザキ杯 対仙台戦
05/29 対磐田戦
06/25 対大宮戦
・2016年の「マスコット大集合祭」(07/13 対新潟戦)
 その1:フロンパークでのグリーティング編
 その2:試合前いつもの3人編
 その3:ハーフタイムYMCA編
07/23 対瓦斯戦
08/06 対甲府戦
08/16 宇宙強大DAY2「宇宙スター★ジアム」
08/27 対柏戦/w てんけんくん
09/03 天皇杯 対秋田戦
09/10 対福岡戦
09/10 対福岡戦
09/22 天皇杯 対千葉戦
・09/25 対横鞠戦 ← いまここ
・10/22 対広島戦
・11/03 対脚大戦
 
◇2016年のカブ以外。
02/20 16年ゼロックスJクラブマスコット大集合(まつり)でも今回は少しだけ
06/11 対横鞠戦 ふろん太
07/30 対湘南戦 ふろん太
 
 
◆それ以前のカブ
 2005年総集編
 2006年総集編
 2007年総集編
 2008年総集編
 2009年総集編
 2010年総集編
 2011年総集編
 2012年総集編
 2013年総集編
 2014年総集編
 2015年総集編
 

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

« setembro de 2016 | Main | novembro de 2016 »