Posts categorized "2016にっき"

2016/12/31

ヤタガラスにお願いしてきました(16年12月31日の徘徊)

  
DSC08221
 
 大晦日です。ぐっすり寝て9時前に移動開始。と言っても、昨日のうちに来られるだけ来ていますから後は楽です。
 
DSC08222
 
 金ぴかの人は窓越しに拝んできました。
 
DSC08223
 
 おにぎりだけ買って食べてから
 
DSC08224
 
 移動開始。9時22分岐阜発で
 
DSC08225
 
 米原で乗り換えて11時過ぎには、京都は山科に到着。
 1時間半も掛かってないので楽々です。
 
DSC08228
 
 ここからは18きっぷを外れ、地下鉄で
 
DSC08229
 
 三条からは
 
DSC08230
 
 おけいはんで。
 
DSC08231
 
 11時半過ぎには出町柳駅に到着。
 
DSC08233
 
 川を渡って
 
DSC08234
 
 下鴨神社へ。いえここが目的と言うよりは
 
DSC08237
 
 この中にある
 
DSC08238
 
 河合神社に
 
DSC08244
 
 一緒に祭られている「任部社」。御祭神は「八咫烏」。
  
DSC08247
 
 
 必勝祈願をやるなら、ここしか無いでしょうから。お願いしてきました。
 
DSC08246

 こういう場所なので、サッカーボールも多数。
 なむー
 
DSC08251
 
 あとは
 
DSC08252
 本殿の方にも行って
 
DSC08254
 
DSC08257
 
 こっちも拝んできましたです。
 
DSC08259
 
 さて。やることは済みましたので、後は大阪方面に移動するだけです。
 
DSC08260
 
 川を渡ると
 
DSC08261
 
 なんか商店街がありました。餅屋に大行列ができてた、年末だから? 
 
DSC08262
 
 若干くたびれた商店街の中を移動。
 
DSC08263
 
 魚が浮いてました。
 
DSC08264
 
 そして出口にはこれ。旧豊郷小学校周辺にもこういうの有った記憶が。
 
DSC08266
 
 徘徊は続きます。12時45分くらい。
 
DSC08269
 
 塀の中に。というか御所でした。
 
DSC08270
 
 門の中にはさすがに入れない。
 
DSC08271
 
 なので徘徊するだけです。
 
DSC08272
 
 エリア抜けるまで30分くらい歩いていたような。
 
DSC08274
 
 後も京都をふらふらと。京都はこういう古めの建物多くて徘徊しがいがあります。
 
DSC08275
 
 と、途中で人の流れにに乗って道を曲がったら、こちらもまた商店街に。
 
DSC08276
 
 ただこっちは途中身動きできなくなりかけるくらい大盛況。特に買うものは無かったですけど。
 
DSC08278
 
 途中で離脱。と、こんな建物が。これでも錦湯という「銭湯」らしい。入りたかったけど時間的にまだ早かった。残念。
 
DSC08281
 
 さらに駅の方へ移動。
 
DSC08283
 
 この際というか折角なのでというか、今まで登ったことが無かったここに。
 
DSC08284
 
 エレベータで11回まで上がって
 
DSC08286
 
 ここでタワーのエレベータに乗り換え。770円でした。
 
DSC08287
 
 見晴らしよかったです。それだけ。
 
DSC08289
 
 さっさと帰ろうとしたら、帰りエレベータ乗り場のフロアへ降りるための階段がオーバーハングしている風で、ちと恐かった。
 
DSC08290
 
 と思ったくらいで、ここでの感想はそれだけ記憶に残りそう。
 
DSC08292
 
 さて、移動再開。京都駅15時5分。
 
DSC08293
 
 もう脚痛かったので、普通でたらたらと
 
DSC08294
 
 50分ほど後に大阪駅に到着、
 
DSC08295
 
 環状線に乗り換えて
 
DSC08296
 
 ホテル最寄り駅で降りたのでした。16時出発。前日の出発から35時間後? いや寄り道し過ぎですから。
 
DSC08300
 
 ホテルにチェックイン後、通天閣を眺めたり
 
DSC08302
 
 たこ焼き買ったりして。うだうだしているうちに年を越してしまいました。
 いよいよ2017年1月1日です。というか、さっさと寝ろです、寝ます。
 よい新年でありますように。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊東経由名古屋の先まで(16年12月30日の徘徊)

 
 いえ、天皇杯決勝が吹田と決まった時点で行くことはほぼ決めていましたし、R16を勝った時点で確定していました。
 最悪、準々決勝諌早→準決勝長居→決勝吹田という場合の行程もシミュレートしていたくらいで。
 決勝チケットは発売初日開始直後に確保しましたし(その結果面白いことが起きましたけど、それは試合レポで)12月頭には大晦日から2泊のお宿も確保していました、大阪は大陸から来る人いっぱいで安い宿の確保は困難なことは分かっていましたから。
 
 まぁ準決勝まで勝ち上がった時には「これで負けて暗雲たる気持ちで大阪行きはたまらん」とは思いましたけど、無事意気揚々と大阪に乗り込むことができました。18きっぷで。
 毎年年末年始の休みには18きっぷで徘徊してましたから、今回も当然そういうことで。

2015年01月02日~06日 奈良井→明治村→高山本線→高岡→富山→富岡製糸場→帰る
2015年12月28日~31日 名古屋→奈良→長居→尼ロック→帰る
 
DSC08064
 
 さて12月30日朝5時過ぎの武蔵中原。ここからスタートです。
 
DSC08068
 
 川崎で東海道線に乗り換え。と、この写真では南武線と見分けが付かないw
 
DSC08070
 
 実は29日試合後寝ずに旅行の準備をしてから出発という強行だったので、7時に熱海に着くまでは普通に寝てました。
 
DSC08071
 
 ここで伊東線に乗り換え。18きっぷで行ける処まで。
 
DSC08073
 
 伊東線の車中で日の出となりました。
 
DSC08075
 
 7時45分伊東に到着。
 
DSC08076
 
 ハトヤはどこかな? 
 
DSC08077
 
 いえ行き先はハトヤではなく。
 
DSC08078
 
 ここからはバスで
 
DSC08079
 
 40分ほど進んで、山の麓に。
 
DSC08081
 
 8時37分最初の目的地に到着。伊豆しゃぼてん公園。およそ12年ぶり。
 
DSC08082
 
 開園の9時にはまだ早かったけど、シャトルバスを動かして貰ったので
 
DSC08085
 
 開園時にすぐ中に。なおジョルダンのクーポンで1割引の2070円でした。
 
DSC08086
 
 さて最初の目標は……これです。
 
DSC08090
 
 これではありません。
 
DSC08092
 
 高原竜ヒドラこと荒原竜です。来年は酉年なので。
 12年前の年賀状でもここで写真を撮ったのですが、その時はもうボロボロで。しゃぼてん公園自体経営難で存続の危機となっていましたが、その後親会社の変更など有って経営も立ち直り、高原竜も化粧直しされてめでたしめでたし、ということに。
 大元の色がどうだったのかは分かりませんけど、綺麗になりすぎて却って違和感という気も(贅沢)
 というわけで、今回はここで年賀状用の写真を撮りました。その結果は年初めの更新記事をご覧ください。
 
DSC08118
 
 なおこれはショッカーの秘密基地入り口……ではありません、温室の入り口です。
 
DSC08119
 
 なお中にはウルトラマンの写真が。
 
DSC08121
 
 もちろんメインはサボテンです。
 
DSC08123
 
 けど、動物展示も増えているような。綺麗なオオハシや
 
DSC08125
 
 眠そうなフクロウなども。
 
DSC08127
 
 それでもメインはサボテンです。これでもかと繰り出される多種多様なサボテン。
 
DSC08128
 
 を見回っていると、高原竜の背後を抜けて、終了。
 
DSC08132
 
DSC08133
 
 他にもカピバラ。でも温泉は掃除中だったのかお湯抜かれていた残念。
 
 
DSC08134
 
DSC08138
 
 孔雀はその辺を普通に徘徊する状態。
 
DSC08141
 
 あと、遺跡っぽいのは健在でした。
 
DSC08142
 
 さて、ここでの第2の目的へ、バードケイジに。
 
DSC08143
 
 ここにはハシビロコウのビルが居るのです、触れる距離に。
 いや12年前の時点で長寿扱いだったのですけど、まだ健在だったとは。
 
DSC08144
 
 でもこの日は飼育小屋に篭っていて出る雰囲気は無かったです、残念。
 
 P1100148
 
 ※代わりに、これは12年前の写真です。
 
DSC08146
 
 でもケージの中には、触れる距離にフラミンゴが。
 
DSC08147
 
 触りはしませんけど、逆にクチバシで突かれた。ううむ。
 
DSC08150
 
 そんなこんなで、ここまで来た甲斐は一応。ビルには会いたかったけど。
 
DSC08156
 
 サボテンカレー食べて
 
DSC08175
 
 シャトルバスで山を下りました。2時間弱の滞在。
 
DSC08177
 
 さて前回もそうでしたけど、今回も
 
DSC08179
 
 大室山にも登りました。
 
DSC08180
 
 なおシャボテン公園のチケットを提示すると団体料金の450円にw
 
DSC08181
 
 若干待った。年末だからかお客多い? 
 
DSC08183
 
 リフトに。
 
DSC08184
 
 高尾山では乗れませんでしたし。ケーブルカーも好きですけどリフトも好きです。
 
DSC08186
 
 脚を振ってはいけません。振りたくなるけど。
 
DSC08191
 
 あっという間に山頂(の縁)に到着。
 
DSC08189
 
 噴火口底のアーチェリー場は気になります、アーチェリーやったこと無いけど。
 
DSC08192
 
 天気良かったので、見晴らしも良かったです。富士山は見当たらなかったけど……あ、ここでは富士山の話題は禁則事項か。
 
DSC08193
 
 まぁそれだけで満足したので、数分で列に並び
 
DSC08194
 
 再びリフトで下へ。
 
DSC08196
 
 角度あって正直恐かったです。
 
DSC08197
 
 高原竜の背後が見えるのはここだけw
 
DSC08202
 
 と、しゃぼてん公園入り口が大行列になっている。朝は結構空いていたのに。
 ともあれこれなら経営的にも大丈夫そうで、安心です(えらそう)。
 
DSC08204
 
 無事地面に到着。
 
DSC08205
 
 なおここで富士山の話題を出してはいけないのは、大室山と富士山は姉妹で、姉の大室山は(いろいろあって)妹を良く思ってないと言うことで。
 「鬼灯の冷徹」でもやったな、詳細はそちらなどで御確認ください。
 
DSC08206
 
 さてここからはひたすら移動です、11時11分バスで出発。
 
DSC08207
 
DSC08208
 
 伊東駅で12時54分の熱海行きに乗り換え。
 
DSC08209
 
 熱海からは東海道線の続き。
 
DSC08210
 
 まず島田行きへ。
 
DSC08212
 
 島田で浜松行きに乗り換え。
 
DSC08213
 
 さらに豊橋まで行って
 
DSC08217
 
 最終的に岐阜に到着したのは18時24分でした。
 とは言っても、ここまでの行程5時間半ほどは、寝ていたか大宮戦の記事作成していたかでさほど暇な時間は無かったです。
 まぁそういう状態で記事作成すると多少冗長になってしまうようで、ちょっと反省気味です。
 岐阜のお安いお宿で一泊しました。続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/12/29

年の瀬、ふらふら高尾山(16年12月28日の徘徊)

 
DSC07889
 
 今年も本日12月28日はお昼で業務終了と言うことで、昼過ぎに職場を離脱。
 私的に年末恒例の温泉徘徊です……というのが毎年のパターンで。
 
DSC07893
 
 今年は高尾の方へ……と、電車遅れてる。
 
DSC07894
 
 それでも5分ほどの遅れで。13時26分新宿発
 
DSC07895
 
 14時11分に高尾に到着。
 
DSC07897
 
 この辺の温泉というかスーパー銭湯に浸かるつもりでしたけど、ここまで来たと言うことで、山の方へ。取り敢えずたらたら歩いて
 
DSC07898
 
 川超えて
 
DSC07899
 
 陸橋くぐって
 
DSC07900
 
 高尾山口駅前を経て
 
DSC07901
 
 さらに日の差す方向へ。
 
DSC07903
 
 高尾山のケーブルカー乗り場到着。
 高尾山自体には前に登ったことがあったはずだったけど、忘れた。
 ケーブルカーには乗った事無かったはず。
 
DSC07904
 
 あとリフトも乗りたい……ん? 
 
DSC07905
 
 リハブ中でした、残念。
 
DSC07906
 
 という訳で、ケーブルカーの方へ。発車寸前だったので大慌て。
 
DSC07907
 
 席は埋まってたので立ったまま。
 
DSC07909
 
 出発……ととと、凄い角度だ。
 
DSC07911
 
 だからケーブルカーなのでしょうけど。だからこういうの好き。
 
DSC07913
 
 凄い傾斜を途中トンネルもくぐりながら
 
DSC07914
 
DSC07915
 
 7分ほどで上の駅に到着。
 
DSC07916
 
 さてふらふらと。
 
DSC07919
 
 見晴らしのいい処に出ました。これでもう帰りでも良かったのですけど、取り敢えず先へ
 
DSC07922
 
 途中にタコが居ました。
 
DSC07923
 
 がんばって進んで
 
DSC07925
 
 階段も上って
 
DSC07927
 
 坂も上って
 
DSC07928
 
 あ、北島三郎。
 
DSC07929
 
 ケーブルカー降りて17分ほどで、山門に到着。
 
DSC07930
 
 高尾山なので天狗さんが居ます。
 
DSC07932
 
 さらに上り
 
DSC07933
 
 上り
 
DSC07935
 
 上っていきます。どこまでも
 
DSC07940
 
 正直山頂まで登る気は無かったのですけど、もうここまで来てしまうと行かずに済ます訳にも行かなくなって
 
DSC07941
 
 上りましたがな。
 
DSC07942
 
 とかなんとかで、四苦八苦した上で何とか。ケーブルカー降りてからだと30分ほどで
 
DSC07944
 
 山頂到着。599.15m。
 
DSC07946
 
 ぐるりと見渡すと、太陽の方向に。
 
DSC07950
 
 富士山が……ですよね? 
 ここまで来たので、富士山に勝利を祈ってきましたのです。
 
DSC07953
 
 そして山頂で一杯w会社の納会で貰ってきた、なぜかカンボジア産のボールで。
 
DSC07957
 
 さて下り。
 
DSC07958
 
 下って
 
DSC07961
 
 下って
 
DSC07964
 
 へろへろになりながら、なんとかケーブルカー駅まで戻って来ました。
 
DSC07966
 
 今度は先頭で待つ状態になりましたので
 
DSC07969
 
 一番前かぶりつき席に。
 
DSC07970
 
 というか角度有りすぎ(31度とか言ってたような)これローラーコースターのファーストドロップと言われても信じる角度だ。
 
DSC07975
 
 その角度を下って行きます。でもケーブル付きなので安心です。
 
DSC07976
 
DSC07977
 
 真ん中で上り車と
 
DSC07978
 
 すれ違い
 
DSC07982
 
 またトンネルをくぐって
 
DSC07988
 
 あっというまに、下の駅に到着。
 
DSC07991
 
 高低差201mだったらしい。
 
DSC07993
 
 さて、京王線高尾山口駅に戻り。
 ここにもスーパー銭湯はあったのですけどそれはまたの機会と言う事で
 
DSC07994
 
 京王線で
 
DSC07999
 
 高尾駅まで戻り。
 
DSC08001
 
 送迎バスでこの辺のスーパー銭湯へ。というか健康センター? 
 昔懐かしい感じでした。
 
DSC08008
 
 2時間ほどふやかした後、高尾駅に戻り
 
DSC08010
 
 時間も20時過ぎ。次に降りたのは立川駅。
 
DSC08013
 
 イルミネーションを横目に
 
DSC08014
 
 立川シネマシティ2に到着。
 
DSC08016
 
 下のカフェでピッツア食べてから。まぁ映画を観た訳ですけど
 
DSC08017
 
 何を見たのかは略と言う事で。
 
DSC08020
 
 映画が終わった後は、立川駅に戻って南武線で帰ったのでした。
 業務終了日の長い半日はこれで終了。明日29日は日産です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/10/30

16年10月29日の徘徊(成田経由鹿島行き帰り)

 
※鹿嶋行きへの往復について、後からこっそり追記します(16/11/01)
 まぁ往復自体はそれほど読みたいという事でも無いでしょうし。いちおう記録として残す感じです。
 
 
DSC07512
 
 家を出たのは06時半くらい、バスで小杉駅へ移動して7時前の東横線で
 
DSC07513
 
 新宿三丁目に着いたのは、07時17分。ここで
 
DSC07514
 
DSC07515
 
 乗る機会ほとんど無い都営新宿線に乗り換え。
 いやまぁカシマ行くならバスだろ、てのは分かってはいますけどいつも同じ方法だと「移動」になってしまいます、「その移動」自体もおもしろがりたいということで。なおいちおう「一番安い方法」という動機付けも用意しています。
 
DSC07516
 
 本八幡で乗り換え。08時06分くらい。もうココがどこかよく分からない、千葉? 
 
DSC07517
 
 ここの乗り換えは少し歩いて
 
DSC07519
 
 ここからは京成線へ乗り換え。
 
DSC07520
 
 あまり乗った事無い、成田空港行くにも川崎からだと成田エキスプレスが有りますし。
 だから今回は「こういう経路」なのですけど。
 
DSC07521
 
 で。そして成田に到着。09時くらい。
 
DSC07523
 
 こちらは京成成田。
 
DSC07524
 
 その対面には、JR成田。ここでJRに乗り換えなのですけど
 
DSC07525
 
 折角なのでここで徘徊。というかもとよりそのつもりで早めに家を出た(つもりだった)。
 いままでここで降りた事は無かったので。
 
DSC07526
 
 参道をたらたらと
 
DSC07527
 
 途中には色あせた看板のセブンイレブン。看板規制でもあるのでしょうね。
 
DSC07528
 
 時計台。というか消防か。
 
DSC07529
 
 ちなみに行き先は成田「山」のはずなのに、参道は下り坂でした。ふむ? 
 
DSC07531
 
DSC07532
 
 朝9時くらいなので店も全然空いていない中を、たらたらと。
 
DSC07533
 
 それはそれ、いつ頃に建てられた物なのかは分かりませんが、時代掛かった建物もいくつもありました。
 
DSC07534
 
 そんなこんなで歩いて十分とちょっと。山門に到着。
 「成田山新勝寺」です。
 
DSC07537
 
 成田「山」なので、ここからは登り。
 
DSC07538
 
 仁王門を通過。
 
DSC07540
 
 さらに登り。
 
DSC07541
 
 橋を渡って
 
DSC07542
 
 本堂の前に。
 
DSC07543
 
 隣には三重の塔も。
 いちおう拝んできましたけど、さすがに鹿島に近い処の仏様に川崎の勝利を祈るのも筋違いと思い、ここでは「優勝祈願」を行いました。
 
DSC07544
 
 あとは周辺を徘徊。
 
DSC07545
 
 階段をさらに上って
 
DSC07547
 
 古い建物をいろいろと拝んできましたです。
 
DSC07546
 
 成田屋さんが居ました。
 
DSC07549
 
 裏手の平和大塔てのは、古そうでは有りませんでしたけどね。ここで折り返し。
 何を思っていたのかはともかく、思っていたほど広くなかったかな? 
 
DSC07551
 
 本堂の前に戻って。ここで今日のすかーさま。
 
DSC07552
 
 ここまででだいたい30分くらい、山を下って
 
DSC07553
 
 駅に戻ります。というか、ここから逆に登りだ。
 
DSC07554
 
 途中の準備中のお店では、店員の方々がウナギに串打ってました。おいしそうだったけどまだ開店前。時間無かったので先に進みます。
 
DSC07555
 
 そして10時と少し前に、JR成田駅前に到着。ここでベンチに座り込みました。
 
2016-10-29-09-58-27
 
 というのも、時は10時直前。
 あろうことか、天皇杯4回戦のチケット販売開始がこの日のこの時間でしたから。
 しょうがないので、スマホ経由で争奪戦にアタックです! 
 
2016-10-29-10-04-48
 
 とは言っても、準備の甲斐あって開始後なんとか2分で販売ページに接続できました。でもその時すでにメインSA席ロアは完売状態。ただなんとかアッパー席で、席を確保する事はできました。
 そして10時20分頃にはホーム側は壊滅。天皇杯も4回戦なのに。
(尤も、川崎市サッカー協会割り当て分は脚大戦で販売するそうですし、まだチケット確保の方法は有りそうですね)
 
DSC07558
 
 さて移動再開、鹿島サッカースタジアム駅ではSuica使用不可ということで、成田駅ではチケットを購入。(実際にはJRの駅員がSuica対応もしていたけど)
 
DSC07559
 
 さらに移動します……が、ここからが難儀でした。
 まず銚子行きが10時41分とここで出発まで30分ほど待ち。
 
DSC07560
 
 電車は畑の中を走り
 
DSC07563
 
 乗り換え案内の指示通り香取駅で降りたら、
 
DSC07561
 
 降りた人は私一人だけ。
 一瞬間違えたのかと思ったけど。本当は一つ前の、鹿島線始発の佐原駅で降りたほうが良かったみたい(というか去年は佐原で降りている)。
 
DSC07566
 
 ともあれこの駅でぽつんと「1時間」待たされて、ようやく鹿島神宮行きの電車が到着。
 待ち時間の分予定を遅れて時刻は12時20分。
 
DSC07567
 
 12時39分に鹿島神宮駅に到着。ここは接続よくでも満員の臨海線に乗り換え。
 
DSC07588
 
 なんだかんだで、現地に到着したのは12時48分でした。6時間掛かった? 
 ちなみに成田駅からは840円。鹿島サッカースタジアムまでJR扱いです。
 
DSC07589
 
 なお試合自体については、次の書き込みを参照と言う事で。
 



 
DSC07591
 
 試合終了は15時54分、でも16時03分にはもう駅に戻ってきました。
 行きも難儀だっただけに帰りも大変そうだったから。
 
DSC07592
 
 ここでも成田まで切符を買ってそうそうにプラットホームへ。
 
DSC07593
 
 来たのはなんだか「浮かれた」電車でした。
 
DSC07594
 
 16時15分ころには鹿島神宮駅へ到着。
 
DSC07596
 
 もとより接続するように臨時便が設定されていたようで、ここではそんなに待たされることもなく、佐原行きへ乗り換え。
 
DSC07597
 
 佐原には16時57分。ここでもすんなり成田行きへ乗り換え。行きもここまでスムーズだったら楽だったのに。
 
DSC07598
 
 17時半過ぎに成田駅でJRを降りて
 
DSC07601
 
 帰りも京成線に乗り換え。
 参道に戻ってウナギを食べたくも有ったけど、日も暮れたことでここは帰りを急ぐことに。ウナギはまた次の機会で。
 
DSC07602
 
 ここでうっかり「成田」行きに乗りかけたけど(そんなことはありません)、これに乗ると空港に行ってしまいます(さらに芝山千代田駅(芝山鉄道)まで)。
 そっちにも行ってみたいけど、それも次の機会で。
 
DSC07603
 
 ともあれ17時55分上野行き特急に乗り
 
DSC07604
 
 18時35分には本八幡で都営新宿線に乗り換え。
 
DSC07605
 
 19時15分くらいに新宿三丁目を経由して、小杉に着いたのは19時40分くらい。家にたどり着いたのは20時くらいでしたから、帰りも4時間くらいの行程となったのでした。
 
 途中でタブレットPCの電源が尽きるくらいの長い道のりとなりましたけど、まぁそれを面倒と思うなら最初からバス使えという話ではありますが。尤も、バスでも帰りは高速載るまで渋滞に嵌って小杉まで4時間くらい掛かったような印象なので、必ずしも余計に時間かかってる訳でも無いとは思います。
 ただ成田から先はちょっと面倒だったので、次回は京成成田まで行ってもそこから直行バス往復という手段を使うかも知れません。
 いや、水戸で泊まりにするかも知れませんけど。
 
 この項ここまで。次の試合が詰まっているので早めにこっそり上げときます。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/10/06

16年10月02日の徘徊(お台場までと、そこからの帰り少し歩きで)

 
DSC07271
 
 前記事の通り、2日にはお台場の東京カルチャーカルチャーまで行ったのですけどまずそこまでの話。
 
DSC07272
 
 川崎経由で11半に品川、ここから。
 
DSC07273
 
 ここからはバスで。
 
DSC07274
 
 11時44分乗車。210円パスモなど使用不可。うむ? 
 
DSC07275
 
 普通に出発して
 
DSC07276
 
 高速に上がり
 
DSC07277
 
 ぐるっと回って
 
DSC07278
 
 レインボーブリッヂを通過。
 
DSC07279
 
 あっという間の15分で、お台場海浜公園駅前へ。陸橋を渡って
 
DSC07280
 
 なんかイベントやっている広場や
 
DSC07281
 
 トヨタのショールームを抜けて
 
DSC07282
 
 ゼップ東京上のカルカルに到着。15分ほどです。
 なお中のイベントについては前の記事参照ということで。
 



 
DSC07399
 
 イベント終わって15時20分過ぎ。後は帰るだけなので少し徘徊。と、
 
DSC07401
 
 ガンダムが居ました。いや私はこれ見るの初めて。というかお台場来たのはいつ振りか?(大江戸温泉は置くとして)
 
DSC07402
 
 ガンダム40周年まであと917日。その日が来たら何をするのだろう? 
 
DSC07403
 
 まぁ人工的なお台場には相応しいモニュメントか。
 
DSC07404
 
 そのまま流れで徘徊。
 
DSC07405
 
 全体的にできたばかりの街と言う事も有ってか、なんかラスベガスみたいな雰囲気を感じます。まわり外国の人ばかりですし。
 
DSC07406
 
 そのまま進んで
 
DSC07407
 
 海浜公園を抜け
 
DSC07408
 
 その橋のたもとへ。ここまで来たので、レインボーブリッヂを歩いて渡ります。
 ちなみに無料。今15時47分。
 
DSC07409
 
 歩いて行くと
 
DSC07411
 
 途中に分岐。ノースルートかサウスルート。要は橋のどちら側を通るか。せっかくだから私は右のルートを通るぜ。
 

 
 パノラマ。あー世間が歪んでいる(笑)いちおう、東京タワーもスカイツリーも写ってます。
 
DSC07420
 
 あとはひたすらふらふら歩きます。というか、走ってる人の方が多かったような気も。ここでも、外国の方も少なからず居ましたけどね。
 
DSC07421
 
 10分ほど歩いて、ようやくアンカレッジの手前まで。
 
DSC07422
 
 ここから橋本体(?)のはず。
 というか車が通る度に橋はぐらぐら明確に動くから正直足元が覚束無くなる……
 
DSC07423
 
 高さは考えないようにしよう、と思った所で思いっきり「海抜52m」という数字を見てしまう。これは落ちる訳には行かない。いまここで地震とかゴジラとか来ませんように。
 
DSC07424
 
 取り敢えず考えない事にして、進みます。
 
DSC07425
 
 あっちは芝浦だそうです。
 
DSC07426
 
 さっきまで居たのはお台場。
 
DSC07427
 
 橋を渡り始めて20分ほど、ようやく東京タワーが間近に。
 
DSC07428
 
 と、芝浦側はエレベータでした。
 
DSC07429
 
 あっというまに
 
DSC07432
 
 下へ。
 
DSC07434
 
 エレベータを降りた。
 
DSC07435
 
 というわけで、レインボーブリッヂ終了。16時11分。
 
DSC07436
 
 渡りきるのに25分ほど掛かってしまった。
 
DSC07439
 
 今日のすかーさまをここで。
 
DSC07443
 
 後もふらふら
 
DSC07444
 
 歩いて
 
DSC07445
 
 歩いて
 
DSC07448
 
 やっと品川に到着。行きは15分だったのに、帰りは1時間以上かかってしまった。意味無し。
 まぁ見えた風景は、行きのバスの中からとは全然違いましたけどね。だからふらふら歩く。
 
DSC07449
 
 品川駅からは、行きと同じく川崎経由で帰ったのでした。
 まぁそれだけの話なのでした。おしまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/09/21

等々力徘徊(16年9月21日の徘徊)

 
DSC07137
 
 シルバーウィークとやらに夏休みも当てていたのでヒマだったので。チャリでフラフラと。
 「こっちの等々力」の対岸へ。
 
DSC07139
 
 途中から多摩川を離れ
 
DSC07140
 
 「あっちの等々力」へ。来た事無かったので。
 
DSC07141
 
 水が流れています。
 
DSC07142
 
 と、その前に
 
DSC07143
 
 まずは「等々力不動尊」へ。まずは拝んできました。
 
DSC07144
 
 あとは流れに沿って進む。
 
DSC07145
 
 蜜蜂の巣。触らなければ大丈夫。
 
DSC07146
 
 それにしても
 
DSC07150
 
 都内というか二十三区内それも世田谷区にこういう処があるのも不思議です。実際都内唯一の「渓谷」だそうですけど。
 
DSC07152
 
 途中には古墳も。
 
DSC07153
 
 それにしてもすっかり森の中。
 
DSC07154
 
 と、橋の下を通過。橋というか、道路ですけどこれようするに「環八」。道路の下がこうなってるのも不思議。
 
DSC07155
 
 そのままたらたらと進むと
 
DSC07157
 
 「ゴルフ橋」の下に到着。これはその昔にこの辺に有ったゴルフ場への経路として掛けられた橋との事。それがいつの話かは知らないけど、もちろん今は近くにゴルフ場なんか有りません。
 
DSC07159
 
 これで終了。こちらの末端は階段だったのか、通りで途中で「この先自転車禁止」となってた訳だ。(ここまで転がして、担いで上げた)
 
DSC07160
 
 等々力駅の近くまで来ていたようですけど。
 
DSC07162
 
 上に上がって、戻ります。と、環八。
 
DSC07163
 
 道路上から見ると、下が渓谷になっていたとはまったく見えませんでした。ちょっとびっくり。
 
DSC07164
 
 という訳で、後は再び多摩川縁に進んで
 
DSC07165
 
 二子玉川経由で二子橋を渡って、川崎に戻ったのでした。
 都内とは思えないほどの森の中でひんやり静かで良い所ではありましたけど、如何せん「川向こう」からは行きにくい。
 「等々力大橋(仮名)」ができれば……いつの話か知りませんけど。
 
 次回の多摩川徘徊は、「岸辺のアルバム」コースにします。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/09/01

16年08月28日の徘徊(川崎ケイリン→富士通フロンティアーズ)

 
 柏戦については現実逃避中のため後回し。
 修正すべき事は無いというけど、それつまり「おれのせいじゃない」と言ってるも同然ですけど。あ、それは今に始まったことでは無いか。
 
DSC06990
 
 昼過ぎに川崎駅経由で
 
DSC06991
 
 無料バスで
 
DSC06992
 
 川崎ケイリン場へ。ファン感の時位しか来た事無いのでいつ振りかは忘れた。
 
DSC06993
 
 まぁ一応「フロンターレ杯」なる冠となっていたそうなので。
 
DSC06996
 
 それしても競輪場、閑散としていて、それでも居る皆様はお年寄りの方ばかり。公営ギャンブとはこういう状況なのでしょうか。
 だからこそフロンターレ杯のような若い人を呼び込もうとしては居るのでしょうけど。
 
DSC06998
 
 なんか居ました。
 
DSC06999
 
 係の人はチャリで移動。
 
DSC07000
 
DSC07001
 
 選手入場。
 
DSC07002
 
 この日はナイター営業だったようで、第1レースは15時過ぎでした。取り敢えず17時前の第4レースまで。
 3連複を100円ずつ購入。
 
DSC07003
 
 スタート
 
DSC07004
 
 と言っても詳細描写しても仕方ないですしそういうブログでもありませんで。
 
DSC07006
 
 展開をぼーと見たのでした。なお第1レースはハズレ。
 
DSC07008
 
 第2レースも。
 
DSC07009
 
 でも第3レースはよく分からないうちに買ったパターンがそのまま本命だったようで、落車審議もあったものの当たりました。380円(笑)
 
DSC07011
 
 というわけで、4レースまででとんとんと言った処で終了。隣へ移動。
 
DSC07012
 
DSC07014
 
 隣は富士通スタジアム川崎。旧川崎球場。
 
DSC07013
 
 その第2試合が富士通フロンティアーズ対IBMビッグブルー。アメフット「Xリーグ」です。
 こちらもチケット入手したので。
 
DSC07015
 
 なお、ケイリンの車券とXリーグのチケの提示で貰えるごはんもちゃんと貰ってきたです(^ ^;)
 
DSC07016
 
 若干ゴール裏に野球場時代の痕跡が残っていましたけど、メインとバックはスタンドが。これで6千席か。
 今はアメフット専用で人工芝ですけど、将来的には自然芝にして、スタンドも拡張して……まぁ2万席位に(笑)。
 
P1540130
 
 第1試合はオービックの勝ち。これが終了遅れたようで、富士通対IBMの試合は開始が40分ほど遅れることになりました。
 
DSC07017
 
 第1試合終了後すぐ、フロンティアーズもアップ開始。
 
DSC07018
 
 アメフットまともに見るのは初めてですがまず驚いたのは
 
DSC07020
 
DSC07021
 
 選手が多い! 
 試合中の交代が自由と言う事で、守備時と攻撃時で全員取っ替えるようなこともするそうですけど。
 
P1540132
 
 あ、海豚が居た。
 
P1540134
 
P1540136
 
 明日は競輪場に行くはず。相変わらず忙しい。
 
DSC07022
 
P1540137
 
 キックオフで試合開始。と言っても私アメフットよく分かっていませんので。
 
P1540139
 
P1540141
 
 サッカーやラグビーと違って、アメフットはボールが止まるたびに
 
P1540142
 
 仕切り直します。
 
P1540143
 
P1540144
 
 それが規定の回数の内に、指定の距離10ヤード前進できれば攻撃が続けられるようです。
 それでエンドラインの向こうまで押し切ればタッチダウンで得点。
 サッカーでも「陣取り合戦」的な処はありますが、アメフットではそれをさらにシステム化しているという感じ。
 
P1540185
 
 試合は12分1クォータx4で、2クォータでハーフタイム。
 アディタイムは無い代わりに、試合が止まる度に時間も止まるカウントダウン方式です、アメリカっぽい。
 
P1540203
 
P1540204
 
 IBMはごりごりと
 
P1540209
 
P1540210
 
 陣地を押し上げていって
 
P1540221
 
P1540225
 
 とうとう押し切られてしまいました。
 
P1540226
 
 タッチダウンは6点+エキストラポイントとしてフィールドゴールで7点。
 
P1540294
 
 と、試合開始くらいから降り始めていた雨も酷いことに。
 ここしばらくサッカーではほぼ屋根の下でしたので、スタンドで雨に降られるのもひさしぶり。その分雨対策も不十分。
 
P1540299
 
 富士通も
 
P1540300
 
P1540301
 
 フィールドゴール(3点)x2で
 
P1540307
 
 6-7まで寄せましたけど、これで前半終了。(※表示されてる時間はハーフタイム残り時間)
 
DSC07026
 
 まだこれで半分でしたか、雨にめげてしまい私はこれで撤退することに。無念。
 なお試合自体は29対24で、富士通が勝利したそうです。後半のほうが派手に点が入る展開だったようですね。
 
DSC07028
 
 隣の駐車場。青黒。
 
DSC07030
 
 そんなこんなで、雨の中てくてく川崎駅まで歩いて帰ったのでした。
 というわけで、一日現実逃避する徘徊の日なのでした。あんまりすっきりとはしませんでしたけど。
 アメフットについては、機会が有れば今度はコンディションの良い日にまた見たいです。
 続く。試合についてはその内。水曜日位までにはなんとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/08/02

16年7月30日の徘徊(海老名経由平塚行き)

 
 到着までを別にまとめておきます。
 
DSC06604
 
 その前に、金曜夜に宅配便を受け取りました。
 
DSC06606
 
 中にはビニル袋、その中にもう一段、袋。
 
DSC06607
 
 その中に「宇宙服ユニ」。
 
DSC06616
 
 表のお腹には国際宇宙ステーション。
 
DSC06614
 
 お尻にはもちろんニフティです。
 私ユニは余り買わないのですけど(初年度→ピーカブー→挑→これで4枚目)、今後はこれ着てると思います。
 それはそれ。
 
DSC06617
 
 という訳で、30日。7時前。午前中に寄る所があったので
 
DSC06618
 
 南武線を上がって登戸乗り換え
 
DSC06623
 
 海老名に到着。
 
DSC06622
 
 久しぶりに来たのですけどなんか発展してます。
 
DSC06625
 
 でも目的地はこっち。
 
DSC06626
 
 まず映画「シンゴジラ」を見に来たのですここまで。
 
DSC06630
 
 イオンシネマ海老名。昔はワーナーマイカルでしたけど。
 
DSC06631
 
 その「スクリーン7」
 
DSC06633
 
 映画鑑賞の環境として最強を誇った「THX認証スクリーン」。ここで久しぶりに映画を観たくなったので。ここまで。
 
DSC06634
 
 ジョージルーカスが音響に拘った規格のため音響は良いですし、スタジアムシートになっている席も見易く席間も広くじっくり見ることができまうs。
 昔はここぞという映画の時は必ずここに見に来ていました。今では鑑賞環境考えたスクリーンは各種増えていますので、必ずしもここでということは無くなってましたけど。
 
DSC06639
 
 あとポップコーンがでかい(笑)。いちばん小さいサイズで買ったはずなのに。
 
DSC06640
 
 「シン・ゴジラ」については……まぁネタバレ禁止でしょうから詳細は。
 現代にゴジラが急に出現した場合どう対処するのか、というシミュレーションに徹しているので対ゴジラ超兵器などは出てこず、出てくるのは10式など。
それで対抗できるゴジラではありませんのでどうするかというと……ごにょごにょ。
 それにしても、いちいちでてくるキャプションとか、逐一やることを細かく積み上げていく方法とか、ゴジラというよりは「ヤシマ作戦」を観ているかのようでした。
音楽もそのまんまでしたし(ロシアより愛を込めてっぽいアレのバリエーション)。
 いや音楽については、時折伊福部原曲がそれも何カ所も差し込まれるのが却って違和感有りましたけど。ん、ゴジラメインのカットが伊福部マーチで、対抗する人間側がエヴァだったのか?
 
 まぁ文句はありません。武蔵小杉もきっちりぶち壊されましたし(笑)
 
DSC06641
 
 後は駅出た時に見えて気になった七重の塔を眺めた後。(1/4レプリカの観光シンボルモニュメントだそうだ)
 
DSC06643
 
 海老名を後にしたのでした。
 
DSC06646
 
 更に小田急で進んで
 
DSC06648
 
DSC06647
 
 伊勢原へ。
 
DSC06649
 
 ここからスーパー銭湯のシャトルバスで
 
DSC06651
 
 田園風景の中を進み
 
DSC06653
 
 BMWスタすぐ近くのスーパー銭湯に到着。
 
DSC06654
 
 BMWスタに来る時は、いつもここに浸かるようにしてるので(^ ^;)
 という訳でここで3時間ばかり、ふやけて茹だってウダウダとしていましたです。
 
DSC06655
 
 15時半ごろに離脱。BMWスタへ進みます。
 本編に続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/06/24

16年06月19日の徘徊(帰りも佐賀経由)

 
DSC06161
 
 シャトルバスが博多駅を経由して、中洲に到着したのは50分ほど後。
 夜の繁華街を徘徊……して、その付近に在った今回のお宿へ。一泊。
 
DSC06167
 
 そして翌朝。9時には外へ。目の前は道路工事中でした、地下鉄工事?
(ブラタモリでやってたような?)
 
DSC06168
 
 キャナルシティに移動しましたけど、9時半くらいだとまだ開いてなかった。
 
DSC06170
 
 ここも山笠は骨組みだけ。今年もこのキャナルシティの山笠はアビスパネタらしい。
 
DSC06172
 
 取り敢えずキャナルシティは通過だけ。
 
DSC06175
 
 地下鉄で移動して
 
DSC06178
 
 再び博多駅へ。
 
DSC06176
 
 なんか居ました。
 
DSC06180
 
 そんなこんなで11時50分の特急で
 
DSC06182
 
 再びここを通過。この日は熊本の代替試合をやったらしい。
 
DSC06184
 
 そして再び佐賀駅へ。試合が鳥栖なら、多少は面倒が減ったのでしょうけども。
 
DSC06186
 
 再び空港バスで。……発着便が少ないと必然的にシャトルバスも少ないので、移動がさらに限定されてしまいます、それが面倒でした。
 
DSC06187
 
 まぁバスに乗ってしまえば
 
DSC06189
 
DSC06190
 
 空港までは問題なく到着。
 
DSC06191
 
 なお出発便はこれだけです(苦笑)。
 
DSC06192
 
 という感じで、帰りは荷物も増えていましたので諦めて預け入れ荷物を作って預けて。
 後はアイス食べながら時間待ち。
 
DSC06194
 
 予定時刻を多少遅れて、搭乗。
 しかも、何かよく判らない理由で離陸待機を30分ほど。
 
DSC06196
 
 成田ににも遅れて到着となったのでした。
 
DSC06197
 
 帰りもアクセス成田で。
 
DSC06199
 
 渋滞に巻き込まれ、東京駅に着いた時にはもう日も暮れていたのでした。
 
DSC06200
 
 そして横須賀線で武蔵小杉に帰ったのでした。ここから先は省略。
 
 今回、福岡への往復には春秋航空佐賀便を使いましたけど、まぁ分かってはいましたけど佐賀空港からの移動が面倒でした。福岡/博多行きのバスを拡充させて欲しいですけど、それも便数が増えないと無理でしょうね。でも便利が悪いので、LCCの便も増えないという悪循環。
(余所の国ではLCCは不便な空港てのは普通ですけど、日本では安くても便利良い空港で無いと嫌という人が多いのか、不便な空港だから安いという論理での便がなかなか増えない感じなのです)
 行きの記事でも書きましたけど、福岡空港がもう発着数限界なので、今後増やすなら福岡空港近辺なら佐賀空港(と北九州空港)になるとは思うのです。夜中の発着便を含めて、便数がもっと増えることを祈ります。
 でもまぁ私は、佐賀便はもういいかな(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016/06/23

16年06月18日の徘徊(佐賀経由博多行き)

 
 博多の森までの行程を、一応書いておきます。帰りも。
 
DSC06041
 
 18日朝6時40分。武蔵小杉駅。
 
DSC06042
 
 てくてく歩いて、横須賀線小杉駅へ。
 
DSC06043
 
 ここからまず
 
DSC06044
 
 東京駅まで移動。横須賀線小杉駅まで歩く必要が有るとは言え、乗ってしまえば20分弱で東京駅に着いてしまうのは早くなったものです。
 
DSC06046
 
 でも新幹線ではなく、外へ。まず逆行して成田空港へ
 
DSC06048
 
 バスで。
 
DSC06050
 
 今回は「THEアクセス成田」を使用しました、
 
DSC06051
 
 これも成田空港まで1000円。
 
DSC06052
 
 満員になりましたけど。
 
DSC06054
 
 バスは順調に進み、
 
DSC06057
 
 1時間と少し後には、成田空港第三ターミナルへ。
 
DSC06059
 
 去年も来たような気もしますけど、今年も
 
DSC06060
 
 ここから春秋航空で。前回は広島便で、今回は佐賀便。
 福岡行くのに佐賀空港経由というのも難ではありましたけど、こんかいぎりぎりまで悩んでいたこともあって安い便はこれしかなかったので。まぁ試しで一度行ってみたかったと言う事はあります。それはそれ。
 春秋航空自体も、広敷行きの際には別段問題も無かったので心配はしていなかったのですけど。しかしその広島の時と比べ、今回は持ち込み荷物も秤できっちり計るシビアな物になっていたのでした。
 ちなみに手荷物はトータルで5kgまで、私はぎりぎりでした、行きは。
※預け入れは+10kgまでの安いチケット。
 
DSC06062
 
 それ以外はチェックインも速やかに済み
 
DSC06065
 
 セキュリティチェックも問題なく、殺風景な待合室へ。
 
DSC06066
 
 カラフルな(安い人向けの)飛行機。
 
DSC06067
 
 やがて登場時間となり
 
DSC06068
 
 下に降りて
 
DSC06069
 
 バスで
 
DSC06070
 
 沖止めされている飛行機まであっちら。LCCなので。
 
DSC06074
 
 タラップで登場。
 
DSC06077
 
 機内。まぁ狭いですけど、席自体はそれほどは文句も。
 
DSC06079
 
 途中寝ていたので覚えていませんが、不快なことも特になく2時間ほど後には佐賀空港に到着。
 
DSC06080
 
 綺麗です。一応ね。
 
DSC06081
 
 でもここからさらに移動。まずはエアポートバスで佐賀駅まで移動。
 上海便発着の歳は博多直行直帰のバスもあるそうですけど。
 今後飽和しきった福岡空港を補填するサブ空港になりたいなら、佐賀空港と福岡空港の連絡バスを走らせるようお願いします。
 その前に佐賀空港発着の便が増える必要が有るのでしょうけど、LCC新規参入ということなら、福岡空港(そもそももう枠が無い)よりは色々安い設定だろう佐賀空港になるのでは無いかとは思うのですけど、でも余所の国なら未だしも日本ではそう単純では無さそう。
 
DSC06082
 
 ちなみにエアポートバスは片道600円往復1000円。往復券は運転手さんから売って貰えます。
 
DSC06084
 
 空港バス出発
 
DSC06085
 
 バスは何も無い所を進行。
 
DSC06087
 
 ムツゴロウな橋を渡り
 
DSC06088
 
 お城の堀を越えて
 
DSC06089
 
 35分ほどで、佐賀駅バスセンターに到着。
 
DSC06091
 
 ここからはJRで。
 
DSC06092
 
 うむ、佐賀っぽい。
 
DSC06093
 
 なおJR九州特有の「2枚きっぷ」を購入すれば、主要都市間特急自由席こみ往復の値段が片道と大差ない値段で購入できます。
 
DSC06098
 
 途中こんなところも通過。
 向かいの電車からは脚大サポが降りていました。
 
DSC06103
 
 取り敢えず14時前には博多駅に到着したのでした。
 
DSC06100
 
 なんかイベント中。
 
DSC06101
 
 なんか居ました。
 
DSC06102
 
 なお駅前に博多山笠の小屋は建っていましたけど、さすがに中はまだでした。
 来るのが半月早かった。
 
DSC06104
 
 ともあれ東京駅でおにぎり食べただけで時間はもう15時過ぎ、取り敢えずおなかすいたので、博多と言えば名物のうどんでも。
 
DSC06106
 
 肉ごぼ天のセットで、博多なので「やわ」で。
 
DSC06108
 
 お腹もくちたので、博多駅前のバスセンターから、
 
DSC06111
 
 バスで。
 
DSC06112
 
 基本順調に進んで
 
DSC06118
 
 16時45分くらい、現地到着。と言った処で、記事を一度切ります。
 続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

2004EURO2004 | 2004さっかー | 2004にっき | 2004ふろんたーれ | 2005さっかー | 2005にっき | 2005ふろんたーれ | 2005WDW | 2006さっかー | 2006どいちぇらんと | 2006にっき | 2006ふろんたーれ | 2006ますこっと(いろいろ) | 2007さっかー | 2007にっき | 2007ふろんたーれ | 2007ますこっと(いろいろ) | 2007ACLバンコク | 2008さっかー | 2008にっき | 2008ふろんたーれ | 2008ますこっと(いろいろ) | 2008WDW | 2009さっかー | 2009にっき | 2009ふろんたーれ | 2009ますこっと(いろいろ) | 2009ACL天津 | 2009ACL浦項 | 2010さっかー | 2010にっき | 2010ふろんたーれ | 2010ますこっと(いろいろ) | 2010ACLメルボルン | 2010ACL北京 | 2011さっかー | 2011にっき | 2011ふろんたーれ | 2011ますこっと(いろいろ) | 2012EURO2012 | 2012さっかー | 2012にっき | 2012ふろんたーれ | 2012ますこっと(いろいろ) | 2013WDW | 2013さっかー | 2013にっき | 2013ふろんたーれ | 2013ますこっと(いろいろ) | 2014さっかー | 2014にっき | 2014ふろんたーれ | 2014ますこっと(いろいろ) | 2015さっかー | 2015にっき | 2015ふろんたーれ | 2015ますこっと(いろいろ) | 2016にっき | 2016ふろんたーれ | 2016ますこっと(いろいろ) | 2017にっき | げーむなど | でぃずにー | ますこっと(いろいろ) | ますこっと(おやすみ枕) | まんがとかアニメなど | ガジェット | デイリーポータルZ | デイリー道場 | 愛知窮迫いや愛地球博 | 映画やDVDなど | USJとかテーマパークとか