« 脚大戦でもカブを愛でる。あの「ツル」が早くも等々力に登場。 | Main | 大宮戦でもカブを愛でる。最終戦です。 »

2017/12/04

17年J1第34節川崎対大宮@等々力

 
 前置き不要で試合まで飛ばしたい場合はここから。
 
DSC01911
 
 今日のまるこ。
 なお、 三度目というかこれが何度目かといえば。
 ===
 2000年 ナビスコ杯2位
 2006年 リーグ戦2位
 2007年 ナビスコ杯2位
 2008年 リーク戦2位
 2009年 リーグ戦2位、ナビスコ杯2位
 2016年 天皇杯2位
 2017年 ルヴァン杯2位
 ===
 9度目の挑戦です。どこかと言えば、2009年再びでしょうか。
 
DSC01903
 
 お昼前に現地に到着。
 
DSC01904
 
 フロンパークでは陸前高田ランドをやってましたけど
 
DSC01907
 
 けっこう混んでいたので、ちゃんとは見てないです。
 
DSC01908
 
 まぁ今年の最終戦かつ優勝の可能性も残っていると言う事で、チケットも完売。
 フロンパーク入り口付近には「余ったチケット」云々言ってたおじさんまで出現。
 
DSC01912
 
 入場。今日はエバラ提供試合だったので、「黄金の味」を配ってました、ふとっぱら。
 肉焼いておいしく食べてます。
 
DSC01914
 
 さて今回仕事の都合で見にいけるのか微妙でしたのでそちらの日程が確定するまでチケット買い控えていたら、買った時には席はこんな処に。前回の脚大戦と丁度対角な位置。個人的にはピッチをハスに観るのはスキなのですけどね。
 
P2380240
 
 そいえば、来年のユニフォームデザインも発表されていました。
 青黒半々の懐かしいデザイン。
 
DSC01915
 
 ビジターの皆様。
 
DSC01917
 
 外の様子。野球場の工事は全然進んでいません。
 
P2380242
 
というわけで、
 今日の試合は、17年J1第34節川崎対大宮戦@等々力です。
 リーグ最終戦です。
 
P2380244
 
 取り敢えずビジター席には水掛ます(大白鳥では無いのでほとんど届きません)
 
P2380257
 
 13時15分過ぎ、キーパー陣登場。
 
P2380263
 
P2380277
 
 13時25分前、フィールドプレイヤーも
 
DSC01919
 
 ピッチでのアップを開始。
 
P2380290
 
 なお今年の川崎の試合は今日が最後ですが、東アジア選手権なる大会には川崎から5人も引っ張り出されてしまいました。半島の南北と大陸の国と対戦します。まぁ行くとしたら最後の試合かな。
 
P2380294
 
 33節終了時点の順位。鹿島が足踏みしてしまい、逆に川崎は負けずでここまで。そして2位のまま最終節となりました。
 上に居るのは鹿島です。ここまで何度も難儀な思いをさせられた相手です。でも。
 
 鹿島も最終節の相手が磐田、今年の磐田は川崎も思いっきりやられた「難敵」。33節の時点で鹿島との勝ち点差は「2」ですので、磐田対鹿島が引き分けでは勝ち点が追いきますが、しかし川崎にはここまでに積み上げてきた暴力的な得失点差があります。(33節終了時点で+34)これは去年と比べると得点はそのままでも「失点を減らした」結果。ここに「守備放棄」の去年との違い、いや大きな違いがあります。
 
 となれば川崎は、目の前の試合をなんとかしてしまえば、可能性は少なくない。正直こう思ってました。
 ここぞと言う試合を落とすのが川崎でも、今回は「これを勝てばタイトル獲得、という「ここぞという試合」にはなっていない」これは重要。現に、同様の状況だった2009年最終節は勝っています。その時は裏で鹿島も勝ったけど。
 
P2380297
 
 大宮スタメン。菊地はケガ? 
 
P2380298
 
 監督は伊藤彰……ではなかった。伊藤彰を等々力に連れてくることが大宮の使命だったのに。
 つまり、川崎ゆかりの関係者も見当たりませんから、容赦の必要はなし。
 
P2380317
 
 川崎スタメン。最後までこれで行きます。
 ……エドゥアルドは? 今日が川崎最後のハイネルも出番なし。来年もJリーグでがんばってほしい。
 できればJ1以外で。
 
P2380318
 
 なお主審はイエモッツ。
 ここまで幾度もxxな思いをさせられた「川崎を勝たせたくない何か」様ではありますが、今回はJリーグから川崎抹殺指令が降りてなかったのでしょう。そういう偏向が*存在しなければ*大きな問題はない審判です(それがどこに存在するのか、主審様の中か観客の中かは、置くとして)。
 
 まぁ審判のせいで負けた、とかみっともないことはいいたくありません。実際ここまで、いくらでも審判のせいで負けたことがある身としてはなおさら。
 川崎は、下手な審判には圧かけて屈服させてジャッジを都合よい方向に捻じ曲げるのが当たり前にでき「た」ようなクラブではありません。なので、それまでそうやっておいていざそれが効かなくなったとたんに下手な審判の問題とするような恥ずかしいこともしません。できません。
 
P2380321
 
P2380324
 
 後援会長挨拶。
 

 
 試合前。パノラマ。青一色(ほぼ)。
 
P2380342
 
 整列。
 
P2380359
 
 円陣。
 
P2380361
 
 川崎ボールで前半開始。
 
P2380367
 
 前半00分川崎右でボールを受けると
 
P2380368
 
P2380369
 
 前へ、エウシーにょ突撃。
 
P2380370
 
 左阿部に振ると
 
P2380371
 
 阿部はそのままペナエリア内に侵入して
 
P2380372
 
 一閃。
 
P2380376
 
 前半00分45秒くらい、あっという間の先制。<川崎1-0大宮>
 
P2380377
 
 (ミス起因ではないとは言え)ルヴァン決勝の再現に。
 これにより必勝が最前提の川崎にも大きな余裕ができ、この後の展開も優位に進めることができるようになりました。これがなかったら、例によってぎっちぎちに守備を固められて攻め込めない展開が延々と続くろくでもない状況になっていたかも知れません。
 ある意味、この時点ですでに勝負はついていました。
 
P2380379
 
P2380381
 
 阿部もこれで10得点。
 今年の補強選手として大活躍した阿部が、今年最後の試合でもその存在感を示したのでした。
 
P2380389
 
 前半02分大宮
 
P2380390
 
 左に押し上げて来たが
 
P2380392
 
 ゴール前に上げたボールは奈良がはね返した。
 
P2380394
 
 前半03分大宮メイン側左CK。
 
P2380395
 
 ゴール前に放り込まれたけど
 
P2380396
 
 これは成龍がキャッチ。
 
P2380398
 
 前半03分川崎僚太が前に送り出し
 
P2380399
 
 小林ゆうが突撃しかし
 
P2380400
 
 これはオフサイドに。
 
P2380401
 
 小林ゆうは点取る気満々です。
 
P2380431
 
 前半08分川崎阿部が競って
 
P2380432
 
 ボールを奪い
 
P2380433
 
 左車屋が押し上げたが
 
P2380435
 
 DFに遮られた。
 
P2380439
 
 前半08分大宮の強襲、右ライン際を押し上げて
 
P2380441
 
 ゴール前に押し上げたが
 
P2380443
 
 ボールは力無く成龍が確保。
 
P2380479
 
 前半13分川崎左を
 
P2380482
 
 憲剛経由で
 
P2380483
 
 車屋がゴール前に上げ
 
P2380484
 
 小林ゆうが合わせたが
 
P2380485
 
 しかしこれはキーパーが押さえた。
 
P2380491
 
 前半14分川崎センターサークル内から僚太が前へ
 
P2380493
 
 右でエウシーにょが受け押し込み
 
P2380494
 
 ゴール前小林ゆうへのパスを通そうとしたが、DFに遮られた。
 
P2380509
 
 前半16分大宮左奧のスローインから
 
P2380510
 
 ゴール前に送り出されたが
 
P2380511
 
 シュートは阿部が体を張って防いだ。すごい。
 
P2380512
 
 大宮右に振ってのシュートも
 
P2380513
 
 成龍正面でキャッチ。
 
P2380570
 
 前半22分大宮バック側右ラインからのスローインから
 
P2380571
 
 ゴール前に放り込まれたが
 
P2380572
 
 なんとかはね返した。あぶない。
 
P2380592
 
 前半24分川崎小林ゆう
 
P2380593
 
 ぶち倒されて
 
P2380595
 
 川崎FK憲剛。
 
P2380597
 
 ゴール前エウシーにょが合わせたが
 
P2380598
 
 ボールは枠の上に。
 
P2380601
 
 前半26分川崎憲剛が中央を蹴散らしながら前進
 
P2380603
 
 左で阿部がさらに前へ
 
P2380604
 
 折り返して
 
P2380608
 
 家長が中央を切り込んだが
 
P2380610
 
 ファールを取られた。ううむ。
 
P2380627
 
 前半28分大宮左から右へ大きく振って
 
P2380628
 
 ペナエリア外からのシュートは
 
P2380630
 
 しかしゴール前を横断。
 
P2380689
 
 前半35分大宮
 
P2380690
 
 左に押し上げたが
 
P2380692
 
 川崎は人数掛けて進路を防いで
 
P2380693
 
 ボールをライン向こうに押し出した。
 
P2380694
 
 前半35分大宮メイン側左CK。
 
P2380695
 
 ゴール前奈良がはね返した。
 
P2380704
 
 監督僚太に直接指示。
 
P2380715
 
 前半38分大宮右に大きく切り込み
 
P2380717
 
 ゴール前に転がされたが
 
P2380718
 
 間一髪、成龍がボールを確保。
 
P2380719
 
 鉄壁だ成龍。
 
P2380731
 
 前半39分川崎ネットから
 
P2380732
 
 右エウシーにょへ。
 
P2380733
 
 ボールを送り出し小林ゆうが突撃したが、DFに遮られボールはキーパーが確保。
 
P2380752
 
 前半41分川崎僚太が前に送り出したボールに
 
P2380754
 
 車屋が寄せて押し上げ
 
P2380756
 
 ゴール前に送り出されたボールに憲剛が頭で合わせたが
 
P2380757
 
 クリアされてボールは枠の向こうに。
 
P2380759
 
 前半42分川崎バック側左CK憲剛。
 
P2380761
 
 ゴール前クリアされた。
 
P2380785
 
 前半44分ラインを割ったボールが石井監督の足元に。
 
P2380786
 
 エウシーにょに手渡し。
 
P2380800
 
 そしてアディタイム2分の前半45+0分川崎
 
P2380801
 
 左を家長が突進
 
P2380802
 
 ペナエリア左横まで切り込むと
 
P2380803
 
 ゴール前に折り返し
 
P2380804
 
 頭で小林ゆうが合わせた! 
 
P2380805
 
P2380807
 
 前半45+1分川崎追加点! <川崎2-0大宮>
 
P2380808
 
P2380809
 
P2380810
 
 小林ゆうはこれで21点目。健勇22点を追撃します。
 
P2380816
 
 前半45+2分前半終了。
 川崎は申し分なし。というか大宮大丈夫かとそっちを心配したくなる気分。
 なお前半終了時点で、磐田対鹿島は0-0とのこと。
 
 
 
DSC01930
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
P2380823
 
 前半60分相当、川崎の選手がピッチに戻ってきました。
 両チームともハーフタイムでの選手交代はなし。
 
P2380825
 
 ベンチ組と握手。
 
P2380826
 
 円陣。
 よその試合は気になるとは言え、それとは関係なく川崎は「この試合を勝つ」だけです。
 
P2380827
 
 大宮ボールで後半開始。
 
P2380843
 
 後半01分川崎家長突撃
 
P2380845
 
 小林ゆう経由で左の阿部へ
 
P2380846
 
 ゴール前に上げようとしたがDFに当てられて
 
P2380847
 
 ラインを割った。
 
P2380848
 
 いつものように羽ばたいてスタンドを煽る憲剛。
 
P2380849
 
 後半02分川崎メイン側左CK憲剛。
 
P2380850
 
 ゴール前はね返された。
 
P2380853
 
 ボールを拾った阿部が再度押し込むが
 
P2380856
 
 これもクリアされた。
 
P2380877
 
 後半05分大宮FK。
 
P2380879
 
 ゴール前で合わせられたが
 
P2380880
 
 成龍が難無くキャッチ。
 
P2380900
 
 後半08分大宮左へ
 
P2380901
 
 ゴール前に送り出されたが
 
P2380902
 
 なんとかクリアしてゴールラインの向こうに。
 
P2380904
 
 後半08分大宮メイン側右CK。
 
P2380905
 
 ゴール前頭で折り返されたが
 
P2380906
 
 成龍がキャッチ。
 
P2380927
 
 後半10分川崎奈良から
 
P2380928
 
 左車屋経由で
 
P2380929
 
 ゴール前に。しかしクリアされた。
 
P2380931
 
 後半11分川崎メイン側左CK憲剛。
 
P2380932
 
 ファー側ネットが頭で合わせたが
 
P2380933
 
 ボールは枠の向こうに。
 
P2380951
 
 後半13分川崎押し上げ憲剛がペナエリア外で頑張り
 
P2380952
 
 左阿部を経由して
 
P2380953
 
 さらに左で家長がボールを受けると
 
P2380954
 
 ゴール前に送り出し
 
P2380955
 
 飛び込んだ小林ゆうが脚を前に伸ばして押し込んだ! 
 
P2380956
 
P2380957
 
 後半14分川崎さらに追加点それも小林ゆうが。<川崎3-0大宮>
 
P2380958
 
 小林ゆうはこれで、健勇の22点に並びました。
 
P2380968
 
 後半15分大宮1枚目の交代。茨田out カウエin。
 
P2380972
 
 後半16分川崎バック側右CK憲剛。
 
P2380973
 
 ゴール前はね返された。
 
P2390023
 
 後半23分大宮
 
P2390025
 
 押し上げて来ての遠目のシュートは
 
P2390026
 
 しかしそこに成龍。
 
P2390027
 
 うちの自動ドアは、一度ロックされると決して開きません。
 
P2390043
 
 今日の入場者数は、2万5904人だったそうです。
 去年の最大が大宮戦だったように、今年も最大は大宮戦でした。
 浦和戦より大宮戦の方が客が多い、謎のスタジアムとなってしまった。
 
=====川崎動員上位試合(2万4千人以上)※多くなってきたので一覧表示の敷居値を上げます。
 2016 J1 1 st第17節 06/25(土)19:04 川崎 2-0 大宮 等々力 26,612
<26000>
新)2017 J1 第34節    12/02(土)14:03 川崎 5-0 大宮 等々力 2万5904
 2016 J1 2nd第17節 11/03(祝)13:33 川崎 2-3 脚大 等々力 25,694
 2016 J1 1 st第08節 04/24(日)16:03 川崎 0-1 浦和 等々力 25,450
 2017 J1 第17節     05/05(祝)15:03 川崎 3-0 新潟 等々力 25,095
 2017 J1 第20節     08/05(土)19:03 川崎 1-1 瓦斯 等々力 25,043
 2016 J1 2nd第13節 09/25(日)19:04 川崎 3-2 横鞠 等々力 25,017
<25000>
 2015 J1 1 st第05節 04/12(日)17:03 川崎 1-1 浦和 等々力 24,992
 2017 J1 第25節     09/09(土)19:03 川崎 3-0 横鞠 等々力 24,715
 2005 J1 第02節     03/12(土)15:35 川崎 3-3 浦和 等々力 24,332 (旧メイン)
 2015 J1 2nd第13節 10/04(日)14:04 川崎 5-3 脚大 等々力 24,300
 2017 J1 第28節     09/09(土)19:03 川崎 5-1 桜大 等々力 24,225
 2016 J1 2nd第05節 07/23(土)18:33 川崎 1-0 瓦斯 等々力 24,103
 2017 J1 第22節     08/13(日)19:03 川崎 3-1 鹿島 等々力 24.008
<24000>
=====
参考:
・川崎以前の最大集客記録   1996/06/09 YNC 讀賣対鹿島 22,874人
・川崎再昇格までの最大集客 2003/11/23 J2第44節 川崎 2-1 広島 22,087人
 ※等々力競技場の現在の「消防法に基づいた」許容入場者数は 27,495人。「発表数」がこれを越えると消防に怒られます。
 ※フロンターレがJリーグに届けている入場可能数は 26,827人。見切れ席などを除いた数値。
=====
 
P2390053
 
 後半26分川崎右から憲剛
 
P2390054
 
P2390055
 
 家長がペナアリア内まで押し込み
 
P2390056
 
 上げたボールをファー側阿部が頭で合わせたが
 
P2390057
 
 しかしこれはキーパーが弾き出した。
 
P2390058
 
 これはおしい。
 
P2390084
 
 後半30分大宮2枚目の交代。江坂out 大前in。
 
P2390116
 
 後半33分川崎もベンチに動き有り。
 
P2390127
 
 後半34分川崎憲剛が左前に送り出し
 
P2390128
 
 左奧車屋が
 
P2390131
 
 パスを折り返してペナエリア中に侵入
 
P2390132
 
 しかしそこで倒されてしまい
 
P2390134
 
 後半34分大宮はPKを献上。
 
P2390137
 
 詰め寄っても、今日の家本先生は判定を変えません。
 
P2390138
 
 その間にペナルティスポットでは小林ゆうが
 
P2390142
 
 ボールをセットしていました。
 
P2390144
 
P2390145
 
 PKをきっちり沈めて
 
P2390146
 
P2390147
 
 川崎得点。後半35分。<川崎4-0大宮>
 
P2390152
 
 それは、この試合の川崎の勝利をほぼ決定付ける得点であり、
 また小林ゆう初のハットトリック達成であり、
 小林ゆうの得点王をほぼ決定付ける23点目となったのでした。
 
P2390154
 
 後半36分川崎1枚目の交代。エウシーにょout タッピーin。
 
P2390163
 
 後半37分大宮最後の交代。和田out 渡部in。
 
P2390158
 
 と、ネットも交錯でどこか痛めたのか。
 
P2390164
 
 ネットの要求に対し川崎は森谷を準備。
 
P2390166
 
 タンカが出されたものの、ネットは自分の足で
 
P2390168
 
P2390169
 
 ピッチの外へ。
 後半38分川崎2枚目の交代。ネットout 森谷in。
 まぁ、もはや無理する必要も無かったですしね。
 
P2390187
 
 後半40分大宮前に送り出したボールを
 
P2390188
 
 受けてペナエリア外からのシュート
 
P2390189
 
 しかしこれも成龍が弾きだした。
 
P2390191
 
 後半40分大宮バック側左CK。
 
P2390193
 
 成龍パンチで弾きだした。
 
P2390197
 
 そこからの返しを奪い取り
 
P2390198
 
 川崎憲剛が突撃
 
P2390200
 
 憲剛がゴール前に上げたボールに
 
P2390201
 
 阿部と小林ゆうが突進したが
 
P2390202
 
 しかし二人とも合わせられず。おしい。
 
P2390213
 
 後半42分川崎今シーズン最後の交代は、阿部out 竜也in。
 
P2390236
 
 後半44分大宮バック側左CK。
 
P2390232
 
 ニア側で綺麗に合わせられたが、成龍の伸びた右手が
 
P2390233
 
 ぎりぎりでボールを押し出した。
 
P2390234
 
 これはあぶなかった。
 
P2390235
 
 そんなあぶない場面でも極力失点しない。それが成龍。
 今年も何点分防いでもらえたか。
 
P2390239
 
 そして、川崎今年最後のアディショナルタイムは、ここに至って5分。
 なお、磐田対鹿島のアディタイムも5分。ここまで川崎FM実況でもゴールの連絡はなし。
 正直ここまで来たら、目の前の試合よりもはるか向こうの試合経過ばかりが気になる状態に。ひたすら、早く時間が進んでくれと祈るだけ。
 
P2390241
 
 後半45+0分川崎
 
P2390243
 
 ボールを左前竜也へ
 
P2390247
 
 ゴール前小林ゆうに送り出したが
 
P2390248
 
 しかし合わせられず。
 
P2390255
 
 後半45+1分川崎に対し
 
P2390256
 
P2390257
 
 大宮の選手がぶちかましてきた
 
P2390261
 
 ぶちかましたほうは二枚目の黄紙で、退場。
 
P2390263
 
 今年の大宮を象徴する最後、と書いたら言いすぎか。
 
P2390264
 
 そいえば、こういう場合出場停止は来年に持ち越されるのでしたっけ? 
 
P2390271
 
 後半45+3分大宮右に押し上げて来たが
 
P2390272
 
 車屋が遮って
 
P2390275
 
 ペナエリア内には入れさせない。
 
P2390282
 
 そして後半45+5分川崎ボールを奪うと
 
P2390283
 
 カウンター
 
P2390284
 
 竜也が、がらがらのゴールに突撃。
 
P2390286
 
 右に走りこんできた小林ゆうは気にせず、そのまま自分で
 
P2390287
 
 ゴール! 
 
P2390289
 
 後半45+5分川崎大宮を容赦ない「夢のスコア」送りに。<川崎5-0大宮>
 
P2390290
 
P2390291
 
 竜也を抱えあげた新井の踊り(笑い)
 
P2390293
 
 そのまま、終了の笛が。
 
P2390295
 
 ……と。
 この時点では、川崎FMの実況でもあっちの試合の結果は言ってませんでしたが
 
P2390296
 
P2390298
 
 しかしすでに何かが起きていたことは判りました。
 でも確定情報はまだ。
 
P2390301
 
 川崎5-0大宮
 この試合は、川崎の勝利。
 
P2390300
 
 そして……
 
P2390305
 
 そして。
 そして、ここまで切望していた「その瞬間」は、実にあっけなく訪れたのでした。
 
P2390309
 
 大型ビジョンに提示された他会場の結果。
 
 この結果。
 
 川崎 勝点72 21勝09分04敗 71得点 32失点 得失点差 +39
 鹿島 勝点72 23勝03分08敗 53得点 31失点 得失点差 +22

 最後は得失点差。
勝ち点1の重み」を一番よく知っているクラブが、ついに勝ち点1の壁を乗り越えたのです。
 
P2390311
 
P2390341
 
 数多の屈辱を乗り越えて、ついに。
 
P2390318
 
 憲剛は泣いていました。
 自分も泣いてしまっていました。
 
P2390325
 
 青覇テープも、ついに使われる時が。
 
P2390312
 
 なお副賞として、小林ゆうの単独得点王も確定。最終節のハットで、健勇を乗り越えました。
 
P2390334
 
 ピッチでは準備が始まりました。
 
P2390347
 
P2390350
 
 ベンチ外組もピッチの中に。
 
P2390352
 
P2390353
 
 なおその頃家長は一人大宮サポに挨拶をしていました。
 上脱いでるのは、ユニ交換でもしたのかな? 
 
 それはそれ。家長も序盤はケガで出遅れもあってチームになじむまで時間がかかってしまいましたが。しかし終盤の追い上げは、家長が居てこそでした。
 
P2390357
 
P2390361

 監督インタビュー。
 これが最後のプレゼント。
 
P2390373
 
 憲剛。
 現役のうちにこの風景を見ることができないかとも思ったとのこと。
 確かに実際、多くの時間を無駄にしてしまいました。
 
P2390377
 
 ついにお立ち台に。
 今までは、相手がこの上に登るのを端から見ることしかできなかったのに。
 
P2390379
 
 表彰式。
 
P2390382
 
 冠スポンサの偉い人がプレゼンター。
 椅子男とかは磐田に行ってるので。
 
P2390384
 
 トロフィー贈呈。
 ……実物は磐田に行ってるので、パネルで。
 
P2390386
 
 次にヒロミハラ登場。
 
P2390388
 
 シャーレを贈呈。
 ……実物は磐田に行ってるので、パネルで。
 
 って、ふざけんな。川崎にも可能性は有ったのだから、どっちかは等々力に持ってくるのが筋だろうに。せめてチャンピオンフラッグくらいはもってこいです。
 というか、シャーレは(JFAハウス常設用?の)予備があったはずですけどね。(脚大優勝の時に複数クラブに可能性があった際にそれも含めて4会場くらいに分散させていた)
 この辺Jリーグは、実際には川崎に優勝させる気は無かったという本音が露骨に見えるのが頭痛いです。
 まぁ実物はその日のうちに等々力に届いたのですけど。これはフロンターレ展での展示を楽しみにしています。
 
P2390391
 
 それはそれ、それでも
 
P2390394
 
 パネルを掲げて
 
P2390395
 
P2390396
 
 優勝おめでとうございます。
 
P2390399
 
 おめでとうございます。
 
P2390406
 
 で。本物のシャーレが来ないからと言ってそれでは済まさないのが川崎。
 
P2390409
 
 ここで登場したのが、優勝記念の「フロ桶」
 
P2390420
 
 みんな集まって
 
P2390429
 
P2390438
 
 シャーレの代わりに「フロ桶」を掲げる。
 これが川崎。
 
P2390447
 
P2390449
 
 監督胴上げ。
 胴上げ嫌いな監督じゃなくてよかったね。
 
DSC01932
 
 この風景を見ることができてよかったね。
 
P2390461
 
 ついに日の目を観たチャンピオンエンブレム。
 
P2390477
 
 なお、あんたが大賞は、小林ゆう
 
P2390479
 
 と、憲剛でした。
 
P2390499
 
 その後には最終戦セレモニーも有りましたけど、まぁこの辺はもういいでしょう。
 
P2390500
 
 社長あいさつ
 
P2390506
 
 ……などがありましたです。
 
P2400004
 
 そして。ついにダルマに
 
P2400005
 
P2400007
 
 目玉が入りました。
 
P2400014
 
 お疲れ様でした。
 
DSC01948
 
 ばんざい。
 
P2400028
 
 ばんざい。
 
P2400056
 
 なお他会場の結果。これに依って、降格は新潟・大宮そして甲府となりました。
 昇格は湘南・長崎。そして名古屋となったそうです。
 
DSC01941
 
 今日のすかーさま2回目。チャンピオン。
 
P2400089
 
 ちなみに天皇杯は既に敗退しているため、川崎の今シーズンはこれで終了。
 東アジア選手権などに駆り出されない人は、久々の長い休みとなります。そして2月には再びACLへの挑戦が始まります。
 あ、ゼロックススーパーカップもあるのか! 
 
DSC01953
 
 来年のユニには、ついにが一つ付きます。
 これは買わないといけないな。
 
DSC01954
 
 と言うわけで、今回は幸せな気分で競技場を後にしたのでした。
 
DSC01957
 
 来シーズンまた会いましょう。
 ……あ、高校サッカーは見に来るかもw
 この項終わり。次はカブ記事です。
 
 
[川崎得点者集計]全試合合計 111点(70+ACL19点+ルヴァン12点+天皇杯10点)
===
29点 小林ゆう (23+ACL6)
14点 阿部 (10+ACL1+ル3)
09点 竜也 (05+ACL2+ル1+天1)
09点 エウシーにょ (05+ACL2+ル2)
08点 谷口 (07+ACL1)
07点 憲剛 (06+ACL1)
07点 森本 (03+天4)
05点 家長 (02+ル2+天1)
04点 奈良 (01+ACL2+ル1)
03点 森谷 (02+天1)
03点 ハイネル (01+ACL2)
02点 ネット (01+ACL1)
02点 タッピー (天2)
02点 知念 (01+ル1)
02点 三好 (01+ル2)
01点 板倉 (ACL1)
01点 ※オウンゴール (ル1)
01点 にょぼり (01)
01点 僚太 (01)
01点 エドゥアルド (天1)
===

|

« 脚大戦でもカブを愛でる。あの「ツル」が早くも等々力に登場。 | Main | 大宮戦でもカブを愛でる。最終戦です。 »

2017ふろんたーれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/471/66119313

Listed below are links to weblogs that reference 17年J1第34節川崎対大宮@等々力:

« 脚大戦でもカブを愛でる。あの「ツル」が早くも等々力に登場。 | Main | 大宮戦でもカブを愛でる。最終戦です。 »