« 2 de julho de 2017 - 8 de julho de 2017 | Main | 30 de julho de 2017 - 5 de agosto de 2017 »

Posts from 23 de julho de 2017 - 29 de julho de 2017

2017/07/26

ファン感でもカブを愛でる。いつもの四人でお送りします。

 
おお、わがカブよ、光満つるその顔よ!
 
 
 
DSC00371
 
 13時過ぎに指定席に上がると、ステージには
 
P2080273
 
 いつもの三人が待って居ました。
 
P2080276
 
 準備できるまでステージ上で
 
P2080277
 
 三人はふらふら。
 
P2080278
 
 あ、準備できたみたい。
 
P2080279
 
 なお紫の方は、例によって別行動。
 
P2080283
 
 コムゾー「ん?」
 
P2080284
 
 コムゾー「この点々はなんだろう?」
 ※多分選手向けにバミってる。
 
P2080286
 
 コムゾーも、それ以上は気にせず。
 
P2080295
 
 ふろん太「今日も一日がんばろうね」
 カブ「そーだね」
 
P2080304
 
さて、
 ステージにテチャーン登場。
 
P2080305
 
 もちろん紫の人は気にしません。
 
P2080309
 
 ステージ進行を眺めながら、選手の登場を待つ三人です。
 
 
 
P2080313
 
 と、三人の処に紫の人登場。
 
P2080314
 
 ワルンタ「……」
 
P2080315
 
 おずおずと、ワルンタに近づくカブ
 
P2080316
 
 ワルンタ顔は背けましたが
 
P2080317
 
 ここではそれ以上の拒否はせず。
 カブのハグー。
 
P2080318
 
 と、それも続かず
 
P2080319
 
 手で押しのけたワルンタ。
 
P2080323
 
P2080324
 
 そのまま、三人からは離れていったのでした。
 フロンタデレるのはまだ早いか。
 
P2080336
 
 さて。いつものファンファーレが流れると
 
P2080337
 
 三人はコレもいつものように、輪を作って
 
P2080339
 
 ぐるぐる。
 
P2080341
 
 しゃがんで力を貯めてから
 
P2080342
 
 ばくはつ! 
 
P2080351
 
 そこから、三人列を作って。
 
P2080353
 
 選手を出迎えです。
 
P2080355
 
 その頃の紫の人。自由です。
 
P2080357
 
 出迎え、出迎え。
 
P2080359
 
 コーチ陣も監督も社長も、出迎え。
 
P2080360
 
 と、背後からまた紫の人が
 
P2080361
 
 カブの頭……いやはっぱにボールを
 
P2080362
 
 乗せてしまい
 
P2080363
 
 ワルンタはそのまま即離脱。
 
P2080364
 
 カブは気にせず
 
P2080369
 
 ボールを乗せたまま、そのままステージに登壇したカブ
 
P2080370
 
 コムゾーふろん太もステージ上に。
 
P2080371
 
 ワルンタはステージには上がらず、袖をふらふら。
 
P2080374
 
 カブは翔平をぴたりと補足。
 
P2080377
 
 おもむろに翔平に寄り添うカブ
 
P2080378
 
 翔平「なんでボールが?」
 とボールを拾い上げたら
 
P2080379
 
 脈有りとみたカブは、さらに翔平にべったりと。
 
P2080381
 
 ワルンタ「何やってんだか」
 
P2080383
 
 翔平はボールをカブに戻しました。
 
P2080387
 
 まぁ基本的には、憲剛が掲げているLINELIVE撮影用のアイフォンに映るよう体を傾けているのでしょうけど
 
P2080389
 
 気が付くとそれ以上にベッタリと。
 
P2080410
 
 ついにはこんなにべったりの
 
P2080414
 
 なかよしさんに。
 よかったね。
 
P2080432
 
 なおその頃もう一方ではコムゾー
 
P2080434
 
 コーチ陣に愛でられていたのでした。
 
P2080470
 
 さて開会式終了。選手はステージを下りて持ち場へ移動
 
P2080472
 
 と、小林ゆう、カブのボールを触ったら
 
P2080474
 
 そのまま背後に落としてしまい
 
P2080475
 
 でも拾って、
 
P2080476
 
 無事葉っぱに戻すことができたのでした。
 
P2080478
 
 カブ「えっへん」
 と、ここに来て紫の人がステージ上に。
 
P2080479
 
 カブ「ワルンタさんこんにちは」
 ワルンタ「おっと」
 
P2080480
 
 ワルンタはそのまま、カブのボールを拾い上げると
 
P2080481
 
P2080482
 
 コムゾーに投げ付けた。
 コムゾー「わー」
 
P2080483
 
 ワルンタ「ふんっ」
 
P2080484
 
 コムゾー「あーこわかった」
 それでもコムゾーはボールを離しませんでした。
 
P2080488
 
 ふろん太「と言うわけで、皆様」
 
P2080489
 
 ぺこりん太。
 
P2080490
 
 ふろん太「またあとでねー」
 
P2080495
 
 そして三人も、各自の持ち場へ。
 
P2080496
 
 そちらには行ってないのでよく判りませんけども。
 



 
P2080809
 
 あっという間に2時間半経過。
 カブが戻ってきました。
 
P2080810
 
 コムゾーも。
 
P2080812
 
P2080813
 
 コーチ陣にも人気だカブ
 
P2080819
 
 歌うステージの背後に登場カブ
 
P2080822
 
 カブ
 
P2080824
 
 コムゾー
 
P2080827
 
 音楽に合わせて一緒に動きます。
 
P2080834
 
 それでも紫の人は我関せず、自由です。
 
P2080862
 
 カブコムゾーふろん太三人は、ステージ向かって右の袖にて
 
P2080863
 
 スタンバイ。
 
P2080920
 
 ステージではSHISHAMO中です。
 
P2080965
 
 SHISHAMOのステージが終わると、三人は向かって左の袖に回って
 
P2080966
 
 こちらで再び待機。
 
P2080968
 
 ここからは写真撮影。カブコムゾーは向かって左の角にそのまま。
 
P2080969
 
 ワルンタふろん太は右の角に移動。
 
P2080970
 
 お姉さん「ふろん太そこでは映りません!」
 ワルンタの前に潜り込んで、なんとか。
 
P2080971
 
 カブも背後が映らないからと、体を下げることに。
 
 
 
P2080975
 
 写真撮影終了して
 
P2080977
 
 カブコムゾーも、選手と一緒にステージ上に。
 
P2080979
 
 ……良く見たら、この黒シャツは阿部だったのか(くくるのシャツみたい)。
 「川崎の」ファン感を楽しまれたようで、なによりです。
 
P2080984
 
 ワルンタはステージには上がりません。
 人ごみは嫌いみたい。
 
 
 
P2090041
 
 そのワルンタも、閉会式が終了すると再びステージ上に。
 
P2090043
 
 選手をお見送り。
 
P2090048
 
 カブ「お疲れ様でしたー」
 コムゾー「そーだーねー、お疲れ」
 
P2090049
 
 カブ「で」
 と振り向いたカブ
 
P2090050
 
 カブ「ワルンタさんもおつかれさ」
 
P2090051
 
 カブ「まで」
 と近寄ったけど
 
P2090053
 
 ワルンタ「うぜえ!」
 
P2090055
 
 カブじたばた。
 
P2090056
 
 近寄らせてくれません。
 
P2090057
 
 再アタックするカブ、それも腕で遮られ
 
P2090058
 
 やっぱり、近寄らせてくれません。
 
P2090059
 
P2090060
 
 そのままワルンタは、カブをすかして
 
P2090061
 
 行ってしまったのでした。
 
P2090062
 
 カブ「まぁしょうがないか。じゃあ今度は試合でね」
 
P2090064
 
 とて、三人
 
P2090065
 
 ステージを下り始めたのですが
 
P2090067
 
 ふろん太最後に
 
P2090068
 
P2090069
 
 ジャスティス! 
 
P2090070
 
 ふろん太「次は磐田戦で!」
 
P2090072
 
 と、ステージを下りたふろん太でしたが
 
P2090073
 
 先に下りたカブは、SHISHAMOの皆様に捕まってました。
 
P2090078
 
 三人三人で、記念写真。
 
P2090086
 
 そんなこんなで
 
P2090089
 
 三人と紫の人は
 
P2090096
 
 花道を通って……と、ふろん太はピッチを出る前に天を拝んでから
 
P2090098
 
P2090099
 
 花道を通って
 
P2090104
 
 メインスタンドの中の控え室に戻って行った
 
P2090106
 
 のでした。
 お疲れ様でした。
 
 今回の記事はここまでです。
 次のカブの出番は7月29日土曜の磐田戦です。市制記念試合なのでヒデキは来ますけど、マスコット祭りは今のところない模様。
 ドールの皆様以外にも何かしら来るでしょうけどどうでしょう? 
 



 
◇2017年のカブ
01/22 新体制発表会
02/18 ゼロックスマスコット大集合※マスコット祭りにカブ初登場!
02/22 対水原戦
03/05 対鳥栖戦
03/10 対柏レ戦
04/08 対甲府戦
04/12 対広州戦
04/21 対清水戦
05/05 対新潟戦
05/09 対東方戦
05/30 対ムアントン戦
06/17 対広島戦
06/21 天皇杯 対栃木戦
07/01 対神戸戦
07/05 対浦和戦
・07/23 ファン感
・07/29 対磐田戦
・08/05 対瓦斯戦
・08/13 対鹿島戦
・08/19 対札幌戦
・08/23 ACL 対浦和戦
 
◇2017年のカブ以外
03/18 対瓦斯戦@味スタ
・08/27 対甲府戦
 
 
◆それ以前のカブ
 2005年総集編
 2006年総集編
 2007年総集編
 2008年総集編
 2009年総集編
 2010年総集編
 2011年総集編
 2012年総集編
 2013年総集編
 2014年総集編
 2015年総集編
 2016年総集編
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017/07/24

2017年ファン感@等々力

 
 このブログでの過去のファン感記事。

 2004年ファン感謝デー@麻生グラウンド
 2005年ファン感謝デー@川崎ケイリン場
  ※2005年カブ
 2006年は欠席。
 2007年ファン感謝デー@川崎ケイリン場
 2008年ファン感謝デー@川崎ケイリン場
 2009年ファン感謝デー@等々力
  ※2009年カブ
 2010年ファン感謝デー@等々力
  ※2010年カブ
 2011年ファン感謝デー@川崎競馬場
  ※2011年カブ
 2012年ファン感謝デー@等々力
  ※2012年カブ
 2013年ファン感謝デー@等々力
  ※2013年カブ
 2014年ファン感謝デー@等々力
  ※2014年カブ
 2015年ファン感謝デー@等々力 メインスタンドツアー編
 2015年ファン感謝デー@等々力 ステージ編
  ※2015年カブ
 2016年は開催無し。

 と言うわけで、2年ぶりのファン感です。
 とは言っても昨今は各種SNSとか動画とかもありますし、こちらはざっくりで。
 
 
DSC00334
 
 現地に着いたら、微妙に雨が降る状態。傘無くても大丈夫なくらいの降りではありましたけど。
 蒸し暑いけど、カンカン照りよりはまだいいか。
 
DSC00337
 
 12時に現地に着いたので、待ち行列を経て入場するまでに30分以上かかりました。
 
DSC00339
 
 入場時に配られた朝日新聞。今年の会場案内図。
 
P2080291
 
 と言うわけで、ファン感です。いや、「ファン★感」なのか。
 
DSC00340
 
 グラウンドレベルにはアトラクションがいろいろ。
 
DSC00342
 
 適当に列に並んだら
 
DSC00345
 
 麦酒もらったw
 
DSC00346
 
 今回も指定席は確保しましたので、おまけのタオルとシリコンバンドを引き替え。
 
DSC00372
 
 タオルはSHISHAMO仕様でした。
 
DSC00347
 
 他取り敢えずふらふら徘徊。
 
DSC00349
 
 鹿島戦イベント告知。……なんか危険デス。
 
DSC00351
 
 メインスタンド外には梯子車。
 
DSC00352
 
 そして選手バス。
 
DSC00353
 
 まだ間があったので、メインスタンドのウォークツアーに。
 
DSC00355
 
 階段を上がって……
 
DSC00359
 
 スカイボックスシートへ。
 
DSC00361
 
 見下ろす席。
 
DSC00363
 
 一回下がって、選手席。
 
DSC00365
 
 野球場の工事は進んでない感じ。大丈夫か? 
 
DSC00367
 
 さらに下がってカメラプラットフォームまで来ると「見慣れた角度」になりました。
 
DSC00369
 
 さらに下がると、ドレッシングルームや
 
DSC00370
 
 屋内練習場も……まぁ基本的には2年前と変わっていませんでしたけどね。
 
P2080292
 
 と言うわけで、ステージ観覧指定席に移動。司会の方登場。
 
P2080303
 
 そしてメインMCはもちろんテチャーン……ん? 
 いやテチャーンでした。
 
P2080334
 
 いつものファンファーレ。でかいホルンが混じってましたけど。
 
P2080346
 
 選手入場。
 U-20代表に選出されてカンボジアに行った板倉三好の二人は不参加。
 
P2080348
 
 背番号順で列を作って
 
P2080350
 
 バックスタンド前のステージへ。
 
P2080354
 
 コーチ陣も監督も社長も。
 
P2080367
 
 整列。
 
P2080368
 
 監督。
 
P2080373
 
 後援会会長挨拶。
 
P2080394
 
 と
 
P2080395
 
 偉大なるマサカリ様も登場。
 
P2080401
 
 社長挨拶/w生中継にょぼり。
 
P2080402
 
 社長サムズアップ。
 
P2080407
 
 続いてキャプテン挨拶。
 
P2080409
 
 /w生中継憲剛。
 
P2080419
 
 そして「つかみの挨拶」は新人の仕事、ジェフ・知念・碧。
 
P2080422
 
P2080423
 
P2080424
 
 あ。
 
P2080425
 
 えーと。
 
P2080428
 
P2080429
 
 今年の三人も将来有望です(笑)
 
P2080438
 
 そして「始球式」として、ここでマサカリ様がステージに。
 
P2080451
 
 ボールを
 
P2080455
 
 マサカリで
 
P2080463
 
P2080464
 
 投げ込んだのでした。
 
P2080469
 
 お疲れ様でした。
 
P2080494
 
 これで開会式は終了、選手は持ち場へ三々五々。
 
P2080499
 
 ステージ組は、袖でアップ開始。
 
P2080508
 
 最初は、選手とスポーツパートナー各チームと対決するという趣向。
 
P2080512
 
 フロンティアーズや
 
P2080514
 
 ブレイブサンダーズ……でかい。
 
P2080523
 
P2080525
 
 新田ボクシングジムの選手などと対決したのでした。
 というかこの辺はステージ前のエリアでやってたので、アッパー席からはよく見えず……
 
P2080528
 
 続いてプレミアム抽選会。外れた。
 
P2080530
 
 これでテチャーンは「次の仕事があるため」終了。
 テチャーンは毎年こんな感じで途中退場のような気はします、それだけ仕事が詰まってるのに来てくれるのだからお疲れ様です。
 
P2080533
 
 ここからは、洗足学園大の皆様の演奏。
 まずラッパ隊。
 
P2080535
 
 次にスティールパンの演奏。アンダーザシー……
 
P2080537
 
 さらにサキソフォンの皆様。
 
P2080539
 
 そして最後はブラスの皆様総出で演奏。スキです川崎愛のまち。
 
P2080549
 
 その頃には、ステージの回りには三々五々、選手が戻ってきていました。
 
P2080550
 
 さてここから選手パフォーマンス。先方は
 
P2080552
 
 竜也! 私こういうの良くわからんですけど、恋ダンスってやつですよね? 
 
P2080553
 
P2080555
 
P2080561
 
 いやなんというか
 
P2080562
 
P2080563
 
P2080565
 
 ばっちり決まってました。
 
P2080570
 
P2080571
 
 すばらしゅうございました……で済まないのが川崎のファン感ステージ。
 
P2080583
 
 次は……え? 
 
P2080584
 
P2080586
 
P2080587
 
 今年の目玉となっていたチアなのですけど……面子が。
 
P2080592
 
 安ちゃん! 
 
P2080593
 
 知念! 
 
P2080591
 
 そしてジェフ! 
 
P2080594
 
P2080595
 
 一番違和感があるのに、一番違和感がない。それがジェフ! 
 
P2080600
 
 なんかもうコメントしようにもやばいことしか書けなくなりそうで、書けない! 
 
P2080602
 
P2080603
 
 それにしてもジェフの
 
P2080604
 
P2080605
 
 キレッキレなチアダンスはもう
 
P2080606
 
 すばらしい(笑)。
 
P2080613
 
 さらには
 
P2080614
 
P2080615
 
 ラインダンスも
 
P2080617
 
P2080622
 
 やっちゃうよ! 
 
P2080624
 
 これが川崎地獄なのか。
 
P2080631
 
P2080632
 
 あっという間に、
 
P2080638
 
P2080639
 
 終了。
 
P2080642
 
 ものすごい熱演でした。
 
P2080644
 
 中でもジェフはもう、はやく試合後にスタンド前で踊って欲しい。
 
P2080647
 
 というか、安藤はなぜ若手組に参加してるのだろうか(笑)。
 
P2080650
 
 そして知念。試合での出番を待ってるぞ。
 
P2080652
 
 これで終了……と思ったら
 
P2080654
 
 さらなる地獄が待っていたのでした。
 
P2080655
 
 次の三人は……
 
P2080658
 
P2080659
 
 ……え? 
 
P2080663
 
P2080674
 
 これはまた、美形さん揃いだ(笑)。
 
P2080697
 
 この三人は、まず谷口! 
 
P2080696
 
 そして、奈良! 
 
P2080698
 
 そして翔平!!! 
 
P2080700
 
 もちろんこの三人も
 
P2080701
 
P2080702
 
 ラインダンスもやりました。
 
P2080712
 
P2080714
 
 まさに地獄。
 阿鼻叫喚の地獄絵図に(笑)。
 
P2080718
 
P2080719
 
 こういうのを、おちゃらけで無く真面目に踊りきってしまうのが、川崎の恐ろしさなのです。
 
P2080722
 
 特に翔平。
 
P2080724
 
 憲剛も小林ゆうも、袖で大喜び。
 いやしかし女装ダンスは、小林ゆうを越えることができる人はいないわ(真顔)。
 
P2080728
 
 踊りきってて満足げの谷口。
 
P2080731
 
 奈良。
 
P2080736
 
 そして、やりきって放心気味の翔平。
 
P2080741
 
 と言うわけで、今年も凄いものを拝ませていただきましたです、はい。
 
P2080743
 
 この後は激アツLive
 
P2080742
 
 ステージに上がらない選手も「激アツゾーン」に移動。
 
P2080744
 
 鬼木監督も。
 
P2080745
 
 ステージ組は、そのままダンス組。化粧も落としてきました。
 
P2080746
 
 最初のボーカルは、ジェフ。
 
P2080749
 
 これがとってもソウルフル。
 
P2080750
 
P2080751
 
P2080757
 
 なんかもうそっちが本業かと一瞬思ってしまったくらいに(ん?)
 
P2080756
 
 他の皆様は主に水撒き係。
 
P2080772
 
 本当に激アツ。
 
P2080781
 
P2080782
 
 2曲目は、安ちゃんがボーカル。
 
P2080789
 
 そして他の皆様は水を撒く、監督に。
 
P2080790
 
 力水なのでしょう。
 
P2080796
 
 3曲目のボーカルは谷口。
 
P2080797
 
 SHISHAMOの「明日も」を歌う谷口であった。
 
P2080807
 
 なお背後ではしゃいでる人が居ると思ったら、吉田だった。
 
P2080816
 
P2080820
 
P2080821
 
 ノリノリであった。
 
P2080843
 
 演奏終了。で
 
P2080848
 
 例によってここからはアンコールタイムで、コールによって、
 
P2080849
 
 「ジャスティスさん」や
 
P2080865
 
 にょぼり
 
P2080867
 
P2080868
 
 ちょんまげエドゥなど次々とステージへ。
 
P2080870
 
 「ジャスティスさんじゃねえぞ!」
 
P2080872
 
 その憲剛の呼びかけで
 
P2080873
 
 客席に混ざっていたSHISAMOの人が
 
P2080877
 
 ステージに引っ張り上げられて。
 
P2080878
 
 そのままセットアップ。
 あぁ、当然というか予定通りなのか。(さすがに事前調整無しでは無理でしょうし)
 
P2080880
 
 ボーカルの方、谷口のネタ振りで「待ち受けは成龍」という言葉が引き出されたら
 
P2080882
 
 成龍登場して、ハグ。
 
P2080883
 
P2080884
 
 ボーカルの人、そのまま腰が抜けてしまいましたとさ。
 
P2080889
 
 そしてSHISHAMOの皆様による「明日も」
 
P2080893
 
P2080894
 
 を生歌で。
 
P2080896
 
 曲中客席に
 
P2080897
 
 飛び込んだ人も。
 
P2080904
 
P2080905
 
 なんかさすがというかなんというか。
 というか武道館でソロでやるような皆様なんですよね、こんな処で演奏して良いのだろうか、ありがたやありがたや。
 
P2080936
 
 演奏後ボーカルの子は小林ゆうなどの肩組にまきこまれ
 
P2080937
 
 ベースの子はモリモッツに
 
P2080939
 
 背後から担ぎ上げられ
 
P2080943
 
 なんというか何とも幸せな世界に。
 
P2080954
 
 一曲だけでしたが、それでもう十分に満たされたのでした。
 
P2080962
 
 SHISHAMO/w憲剛。
 
P2080982
 
 さて、これでファン感もほぼ終わり。閉会式です。選手はステージ上へ。
 
P2080991
 
 最初に、バスの運転手を定年退職した小泉さんに、花束と
 
P2080993
 
 記念品の贈呈。
 
P2080994
 
 お疲れ様でした。
 
P2080999
 
 そして、バスのカギが新しい運転手さんへ。
 
P2090001
 
 今後もヨロシクお願いします。
 
P2090006
 
 そして監督の挨拶。
 
P2090007
 
 監督は「必ず勝ちますとは言えないが、最後まで戦い抜くことは誓います。鳥栖戦では0-2から逆転した。選手たちはタフになって強くなっている。必ずタイトルをとりましょう」
と言うことをハッキリと言った。
 前任者が最後まで言わなかった(それどころか前任者は天皇杯決勝前に「胴上げされるのは嫌い」とまで宣いやがった)「タイトルをとりましょう」と言う言葉を、はっきりと。
 
P2090010
 
P2090011
 
 この言葉を明確に言う事ができる監督にならついて行けますし行きます。
 
P2090015
 
 〆の言葉は、今年はエドゥ。
 
P2090017
 
 エドゥ「拙者エドゥアルドでゴザル」
 
P2090021
 
 とかなんとか簡単なことを言って逃げようとしたけど
 
P2090022
 
P2090023
 
 ネットやハイネルに押し戻された。
 
P2090025
 
 結局エドゥは自分のコールをシャウトして
 
P2090029
 
P2090030
 
 みなで声上げて。
 
P2090038
 
 13時半から3時間半にもわたったステージも
 
P2090107
 
 終了したのでした。
 
DSC00373
 
 本当もう、お疲れ様でした。しばしお休みして、再開後の試合に備えて下さい。
 その再開後の最初の試合は、7月29日の磐田戦。川崎市市制記念試合です。
 
 ファン感については、この後カブ記事に続きます。
 できるだけ早く上げたいけどがんばります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 2 de julho de 2017 - 8 de julho de 2017 | Main | 30 de julho de 2017 - 5 de agosto de 2017 »