« 天皇杯3回戦水戸対川崎@ケーズスタ(前後半分) | Main | 18年07月18日の徘徊(試合前まで・トラブルの巻) »

2018/07/15

天皇杯3回戦水戸対川崎@ケーズスタ(延長戦とその後)

 
 試合前延長後半については前の書き込みを参照ください。
 
P1040703
 
 延長に向けてメンテです。
 
P1040704
 
 そして全員で輪を組んで。
 
P1200077
 
 川崎ボールで、延長前半開始。
 なお共に交代枠3枚使い切ってますが、延長に入ったことでさらにもう一枚の交代が認められるとのこと。
 
P1200078
 
 延長前半00分川崎左竜也が
 
P1200080
 
 ゴール前まで押し込んだが
 
P1200081
 
 しかしDFに遮られた。
 
P1200099
 
 延長前半02分水戸右を押し上げ
 
P1200100
 
 ゴール前に送り出されたが
 
P1200101
 
P1200102
 
 谷口がぎりぎりで防いだ。あぶない。
 
P1200103
 
 延長前半03分水戸メイン側右CK。
 
P1200105
 
 ゴール前頭で綺麗に合わせられてしまったが、ボールは
 
P1200106
 
 枠を左にそれた。
 
P1200141
 
 延長前半06分水戸さらに左に
 
P1200142
 
 切り込まれ折り返されたが
 
P1200143
 
 守備陣何とか対応するも
 
P1200146
 
 ここで守田足をつってしまう。
 
P1200147
 
 守田は自力で歩ける状態もそのまま
 
P1200148
 
 延長前半07分川崎四枚目の交代。守田out にょぼりin。
 
P1200158
 
 延長前半08分水戸ゴール前にボールを送り出したが
 
P1200159
 
P1200160
 
 守備陣で何とか対応。攻められてばっかりや。
 
P1200177
 
 延長前半10分水戸
 
P1200178
 
 右を切り込んで来たが
 
P1200179
 
 にょぼり車屋で完全に塞ぐ。
 
P1200181
 
 延長前半11分水戸さらに右から
 
P1200182
 
 ボールをゴール前に上げ
 
P1200183
 
 ゴール前で合わせられたが、これも枠内には行かず。
 
P1200203
 
 延長前半12分川崎それでも
 
P1200204
 
 憲剛経由で
 
P1200205
 
 最後はエウシーにょがどフリーまで持ち込んでの
 
P1200206
 
 シュートはしかし枠を右に外した。おしい。
 
P1200232
 
 `アディタイム1分で延長前半終了。
 
P1040706
 
 再度休憩が入り
 
P1200234
 
 サイド入れ替わって延長後半は水戸ボールで開始。
 
P1200236
 
 延長後半00分憲剛が前に送り出し
 
P1200237
 
 知念が走ったがキーパー本間にはね返され
 
P1200240
 
 そのままカウンターでゴール左まで押し上げられ
 
P1200242
 
 戻してのシュートは
 
P1200243
 
 しかし枠を右に外した。あぶない。
 
P1200278
 
 延長後半04分川崎右を
 
P1200279
 
 知念が押し上げ
 
P1200280
 
 ゴール前に上げたが
 
P1200281
 
 合わせられずそのままゴール前を通過。
 
P1200283
 
 延長後半04分川崎さらに左から
 
P1200284
 
 憲剛が抜け出し
 
P1200286
 
 ゴールライン際で折り返したがこれはクリアされ
 
P1200287
 
 そのこぼれ球を受けた家長
 
P1200288
 
P1200289
 
 遠目からのシュートも枠内には行かず。
 
P1200321
 
 延長後半08分川崎バック側左スローインから
 
P1200322
 
 憲剛経由で
 
P1200323
 
 下田が押し込んだが
 
P1200324
 
 シュートはしかし枠の上に。
 
P1200325
 
 おしい。
 
P1200338
 
 延長後半09分水戸4枚目の交代。宮本out 齋藤in。
 
P1200377
 
 延長後半12分川崎左から
 
P1200381
 
 押し込むも
 
P1200382
 
 しかしDFに防がれた。
 
P1200383
 
 ここまで来ると、本間はボールを持つと時間を掛けるように。もうPK狙いだった?
 
P1200394
 
 延長後半14分川崎遠目の位置で憲剛がボールを受けると
 
P1200395
 
 ここから大きく前に送り出すも
 
P1200396
 
 誰も合わせられず。
 
P1200397
 
 そしてとうとう、延長後半アディタイムは1分。
 
P1200409
 
 延長後半15+0分川崎左から
 
P1200410
 
 ゴール前に送り出し知念が頭で合わせたが
 
P1200411
 
 しかし枠内には行かず。
 
P1200413
 
 川崎は延長後半盛り返したものの結局ゴールをこじ開けることはできず。
 延長後半終了。ついにPK戦に突入。
 
P1200414
 
 最後のインターバル。
 ここにきて胃が痛くなるPK戦とは。
 
P1200415
 
 しかもコイントスで連敗したようで
 
P1200417
 
 使用ゴールはホーム側、加えて川崎が後攻と、PK戦では最悪の条件。
 
P1200419
 
 円陣。
 
P1200420
 
 でも、近々のPK戦としては16年天皇杯R16対浦和戦
この時もPK戦を勝ち抜きました。それも、川崎のGKは成龍! 
 
P1200421
 
 アライさんではだめというわけではありませんが、ことPK戦となると成龍には絶対的な安心感があります。
 
P1200422
 
P1200423
 
 キーパー同士。謎でもなさそうな連帯感。
 
P1200424
 
 なお蹴る順番はいわゆる「ABBA」方式。この場合、水戸1→川崎1→川崎2→水戸2→水戸3といった形で回っていきます。つまり順番は以下のような感じになります。
 
 水戸1  ┏23  ┏45  
 川崎┗12  ┗34  ┗5
 
P1200425
 
 水戸一人目。
 
P1200426
 
P1200427
 
 成功。
  水戸○2345 :1
  川崎12345 :0
 
P1200429
 
 川崎一人目は知念。
 
P1200430
 
P1200431
 
 きっちり成功。
  水戸○2345 :1
  川崎○2345 :1
 
P1200433
 
 ここで水戸の二人目が行きかけたけど
 
P1200434
 
 ABBA形式なので次も川崎の番です。
 
P1200436
 
 川崎二人目は下田。
 
P1200437
 
 これも成功。
  水戸○2345 :1
  川崎○○345 :2
 
P1200439
 
 水戸二人目。
 
P1200442
 
P1200443
 
 これも成功。
  水戸○○345 :2
  川崎○○345 :2
 
P1200445
 
 続けて水戸三人目。
 
P1200447
 
P1200448
 
 しかしこれは、上に浮いてしまった。失敗。
  水戸○○× 45 :2
  川崎○○345 :2
 
P1200452
 
 ここで登場した川崎三人目は、憲剛! 
 
P1200453
 
P1200454
 
 綺麗に裏を突いて、成功! 
  水戸○○× 45 :2
  川崎○○○45 :3
 
P1200456
 
 憲剛は更にここで、B
 
P1200457
 
P1200458
 
 K、B、といつものパフォーマンスまでやってしまった。なんという心臓。
 「PK戦でこんな事やったらゴール取り消さなければならなかったけどやらなかったのでPK戦無効、やりなおし」とか難癖つけられなくてよかった。
 なんせもはや、PK戦だと協会側に都合の悪い勝敗については難癖つけてやり直させる事ができることになってしまっていますから(そういう疑念を生じさせる隙を造ってしまった協会はアホウ)。
 
P1200460
 
 川崎四人目は竜也。
 
P1200462
 
P1200463
 
 これも成功。
  水戸○○× 45 :2
  川崎○○○○5 :4
 
P1200464
 
 2ゴール差を付けて水戸の番になるというかわいそうな状態に。
 (おそらくは川崎の五人目は家長だったのでしょうね。万全の体制)
 
P1200465
 
 水戸四人目。
 
P1200467
 
P1200468
 
P1200469
 
 クロスバー直撃! 
 
P1210003

  水戸○○××- :2
  川崎○○○○- :4

P1200471
 
P1200472
 
 川崎はなんとかPK戦で辛うじて、この試合勝利となったのでした。
 
P1220012
 
 水戸1(2PK4)1川崎
 
P1210001
 
 ソニー仙台戦に続いて、まぁ負けなくて良かったというだけの結果です。
 
P1220009
 
 川崎の選手はゴール裏前まで行って
 
P1220010
 
 つつましく輪を作るやつをやってました。
 
P1220015
 
 これで休みから目を覚ましたと言う事で。リーグ戦再開からはやってくれるでしょう。
 
P1220016
 
 と。
 
P1220018
 
 水戸に在籍していたラルフ鈴木が
 
P1220021
 
P1220022
 
 ホーム側に挨拶に行ってました。
 
P1040707
 
 次に川崎がここに来るのはいつになりますやら。1万5千席に改修後?
 ともあれ、負けなくて良かったということで。めでたしめでたし。とは言えないか。
 
P1040709
 
 とかなんとかで、微妙に複雑な心持ちのまま、 
 
P1040710
 
 ケーズデンキスタを後にしたのでした。
 
P1040711
 
 延長まで来てちょっとだけ心配しましたけど、シャトルバスもまだ問題なく動いていて、たいして待ちもせず乗車(車内は川者ばかり)私はホテル最寄りのバス停で下車。
 
P1040712
 
 もやもやしてましたけど勝ちは勝ちですしトーナメントは勝つことが最重要なので。
と無理やり納得することで。「次はサポロを呑む」というゲン担ぎ込みで、ささやかに祝杯を挙げてから寝ました。
 
----
 
 あとは余禄です。翌日07月12日の徘徊。
 
P1040713
 
 ホテルをチェックアウトしたあと、ふらふらと「ぐにゃぐにゃしたもの」に向かって徘徊。
 
P1040715
 
 と言っても怪しいものではなく、水戸芸術館のタワーです。
 
P1040717
 
 でも平日だから閉まってた。表に回って総合案内のお姉さんにお願いしたら開けてもらえましたけど。(休日は塔の下で直接受け付けてるようですが、この日は平日だったので)
 
P1040718
 
 エレベータはあっという前に上へ。タワーの高さは100m、展望台の高さは86mとのこと。なんとなしに今は亡きエキスポタワーを思わせます、上ったことないけど。
 
P1040719
 
 とりあえず下を覗く。
 
P1040720
 
 そういえば、水戸まで来てなんとか園には行ったことない。かいらくえん? 
 
P1040721
 
 タワーを降りたらもうなんたらえんまで行く気も起きませんでしたので(暑いから)
 
P1040722
 
 もう水戸駅に戻りましたけど、駅からは高速バスで。
 
P1040723
 
 ゆっくり寝ながら帰ったのでした。特に渋滞もなかったので予定通りで。
 東京駅からは横須賀線で振り出しの小杉駅に戻る、なので以下省略。家に帰って寝て過ごしました。
 おしまい。
 といってももうすぐに札幌戦だ。こちらもきっちり休みをとっての参戦です。その代わり湘南戦は仕事で行けませんけどね。

|

« 天皇杯3回戦水戸対川崎@ケーズスタ(前後半分) | Main | 18年07月18日の徘徊(試合前まで・トラブルの巻) »

2018ふろんたーれ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天皇杯3回戦水戸対川崎@ケーズスタ(延長戦とその後):

« 天皇杯3回戦水戸対川崎@ケーズスタ(前後半分) | Main | 18年07月18日の徘徊(試合前まで・トラブルの巻) »