« 18年J1第28節長崎対川崎@トラスタ | Main | 18年J1第30節川崎対神戸@等々力 »

2018/10/03

18年09月30日の徘徊(後は帰るだけ、のはずがそれが一番大変だったの巻)

 
 30日は佐世保観光をしてから帰るつもりだったのですけど台風でそれどころでは無くなってしまった、という話です。
 とは言っても、ここ最近の九州行きはジェットスターや春秋のようないわゆるLCCを多く使っていたのですが、今回は予知が働いて(笑)往復にはJALで確保していましたから、それほど難儀では無かったというか。
(実際には、この前の札幌行きでジェットスター使ったら機材故障による変更を喰らって懲りて、今回はJALにしていたのですけどね)
 
 ともあれ台風接近ですんなり帰ることできなさそう、でも月曜は仕事に行かなければならない(極力)ということで、当初は「30日20時長崎空港発羽田行き」を予約していたのですが、出発前に「30日10時長崎空港発羽田行き」に変更していました。
 でも、29日夜中に「10時の便欠航」というメールが。やばい。
(そもそも該当便が長崎空港に来ることできなかったのか)
 この時点で確認した処「30日15時長崎空港発羽田行き」はまだ運行「予定」だったので、それに振り替えて朝を待つことに。
 なおJALも7時代の最初の便は飛んだようですが、選手もこの時間帯の穴の便で無事に帰った模様です。
 というか試合の翌日に早朝の便で帰るって大変だ。
 
P1060096
 
 取り敢えず10時の便に乗る予定のままで、お宿で朝御飯を食べてからチェックアウト。小雨の中を歩いて諫早駅へ。
 
P1060097
 
 マンホール。
 
P1060098
 
 いえ、駅を通り過ぎて
 
P1060099
 
P1060100
 
 バスで長崎空港へ。
 
P1060101
 
 8時40分くらいには長崎空港に到着したはず。まっすぐJALの窓口へ。受け付けを待ってる人は対して居なかった。
 しかし15時の便について確認したところその時点では飛ぶかどうか何とも言いませんでしたが表情他から「余りよろしくない雰囲気」を読み取ってしまったのでこっちももう諦めた。この場で福岡発の便に変更依頼をしたのでした。福岡-羽田便の方が機材もでかいし便数も多いので飛ばないリスクは長崎便よりは小さいと思いましたから。
 この変更もなんのペナルティもなにもなくやってもらえたので、まぁ今回はレガシーキャリアでよかった。
 なおこの時点では福岡に着くまでの時間に余裕をとって、15時発の便に変更。
 
P1060102
 
 ほぼ即行で、諫早駅に折り返すことに。長崎空港滞在時間は30分以下。ほぼバス待ち時間。
 
P1060103
 
 でも次の問題は「福岡まで移動できるか」でしたけど、これもバスの中で長崎本線の運行情報確認したら不思議に台風の影響なく通常運行でしたので。バスの中でネット経由で指定席を確保。
 ※でも諫早駅に着いたのは10時丁度。即Jリーグチケットにアクセスしたけどもう遅かった。ぐぬぬ。
 
P1060104
 
 白いかもめで、博多駅へ。……ん? 
 
P1060106
 
 なんかピンクな「白いかもめ」でした。
 ちなみに途中鳥栖駅も通過しましたけどその辺は略。
 
P1060107
 
 白いかもめの中。なんか豪華だ。
 
P1060109
 
 博多駅から乗り換えて地下鉄で
 
P1060111
 
 12時45分には福岡空港に到着。
 そのままJALの窓口へ、こちらも受け付け待ちをしてる人はそんなに居ませんでした、多くの人はもうこの日に帰るのを諦めてた? 
 この時点で13時の便は満席のようでしたけど、14時の便には空席がありましたので、ここでの受け付けの際に乗る便を14時に前倒ししました、この手続きも特に何も無しですから今回はほんとレガシーキャリアというかJALで良かった。
 
P1060113
 
 なおこの時点で「羽田空港の状況いかんでは引き返す可能性あり」とはなっていました。
 でもスマホで羽田空港の天気予報を確認すると、到着予定時間でも風速は問題なさそうとも思ったですけど。
 
P1060115
 
 まぁここまで来るとあとは。
 離陸は微妙に遅れたような気もします。でも羽田空港には無事到着。これもちょっと遅れたような気もしますけど。
 
P1060117
 
 羽田空港から先の電車なども問題なく動いてましたので(小杉行きのリムジンバスで帰ったのですけど)
ここから先は特記事項は無いです。
 帰るの優先でお土産とかほとんど買ってなかったので、はねだくうこうの「ふくや」でめんたいこ買って帰りました、と言うくらいには気分的に余裕ができたくらいには。
 まぁ疲れましたけどね。この旅行はここまでです。
 次回の遠距離アウェイは山形戦です。こちらは難儀は無いでしょう、多分ね。
 
 p.s. なお翌日月曜も問題なく職場に行きましたけど、普通に出社したことに却って驚かれた。ううむ。
 正直「帰ることできなかったので休みます」てのをやりたかったのですけど。実際フロサポでもそのまま滞在して観光続けた人も多かったようですし。

|

« 18年J1第28節長崎対川崎@トラスタ | Main | 18年J1第30節川崎対神戸@等々力 »

2018にっき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 18年09月30日の徘徊(後は帰るだけ、のはずがそれが一番大変だったの巻):

« 18年J1第28節長崎対川崎@トラスタ | Main | 18年J1第30節川崎対神戸@等々力 »