« 浦和戦でもカブを愛でる。たかたのゆめちゃんレギュラーじゃなかった | Main | 22年J1第03節京都対磐田@サンガ »

2022/03/04

22年3月4日の徘徊(琵琶湖疏水その1)

 
 まぁ実際まだ自由に動き回れる時代には戻っていませんけども、ワクチン3回めの接種も済み副反応も収まりましたので、密やかに。
 
P1050955
 
 東京駅から。
 
P1050956
 
 新幹線で
 
P1050962
 
 京都へ。最終目的は日曜のパナスタですけど、まずはここまで。そしてここから
 
P1050963
 
 地下鉄を乗り継いで
 
P1050965
 
 ピンクの象が居る処へ、いえ
 
P1050966
 
 蹴上です。
 
P1050969
 
 では
 
P1050971
 
 ねじれたトンネルをくぐって謎の世界へ。
 
P1050972
 
 そこはお寺だったのですけど、今回の最初の目的地は
 
P1050974
 
 その寺の敷地内にある
 
P1050975
 
 謎の構造物へ。
 
P1050977
 
 いえ水道橋なのですけど。
 琵琶湖から引かれた水がここを通過しています。つまり、琵琶湖疏水です。
 
P1050979
 
 でもお寺の敷地内をこれが通過しているのは、なんかすごい。
 というか日本じゃないみたい。
 というわけで写真撮ってる人多数でした。
 
P1050985
 
 もうしばらく徘徊。疏水記念館。
 
P1050986
 
 今いるのはこの辺で、
 
P1050987
 
 このあと琵琶湖側の取水口にも行きます。
 
P1050988
 
 でも実は最初の計画では、この間を船で移動する気だった。
 しかしその船のこの春の営業は3月でも末からだそうだ、残念。
 というわけで、ここはその内再挑戦することになるとは思います、早ければ5月の京都戦。まだ仕事の調整ついてないので行けるかわかりませんけど。
 
P1050989
 
 さて。さらに徘徊
 
P1050990
 
 蹴上インクラインへ。その昔この疏水に船を通してた際にここは陸路で船を移動させてたそうで。
 
P1050992
 
 いまはさすがに稼働してませんけど、線路は復元されてます。
 
P1050994
 
 これは水力発電所の廃水用パイプ。
 運んできた水は水自体と海運だけでなく発電にも使用していたのだな。いや今でも発電してた。
 
P1050996
 
 さて再び、ねじれたトンネルくぐって元の時代に戻ります。
 
P1050997
 
 そして電車を乗り継いで三井寺へ。
 
P1050998
 
 てくてく歩いて
 
P1050999
 
 琵琶湖の取水口に。
 
P1060002
 
 ここから
 
P1060003
 
 閘門を経由して
 
P1060006
 
 この水が流れた先は、さっきの処まで続いているそうだ。
 といわれてもピンとこないので、ここはやっぱり船で潜ってみたかったのだ。
 それはいつになるかわからないけど、次回に続く。
 
P1060008
 
 さてここまで来たので
 
P1060009
 
 階段上って
 
P1060010
 
 上から琵琶湖を望む……臨んだはずだけど光飛んじゃって写ってない。
 
P1060011
 
 ともあれ、善神堂を拝んでから
 
P1060012
 
 三井寺へ。
 大河ドラマがらみ? 
 
P1060014
 
 三重塔や
 
P1060019
 
 弁慶が奪って比叡山まで引きずっていたという鐘など
 
P1060020
 
 拝んで回ったのでした。
 
P1060026
 
 しかし今日は一日中歩き回っていたので疲れてしまいました
 
P1060028
 
 そのまま今日のお宿に行ってバタンキュー、気が付いたらもう夜中のこんな時刻に。そういう一日となってしまったのでした。
 5日は京都を徘徊します。はい、亀岡にも。

| |

« 浦和戦でもカブを愛でる。たかたのゆめちゃんレギュラーじゃなかった | Main | 22年J1第03節京都対磐田@サンガ »

2022にっき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 浦和戦でもカブを愛でる。たかたのゆめちゃんレギュラーじゃなかった | Main | 22年J1第03節京都対磐田@サンガ »