« 年の瀬、ふらふら雪の中(22年12月29日の徘徊:函館) | Main | 年の瀬、ふらふらあとは帰るだけ(22年12月31日の徘徊:大洗から帰宅) »

2022/12/31

年の瀬、ふらふら雪の中から帰り(22年12月30日の徘徊:函館→苫小牧→)


P1030085
 
 函館なので、朝も早から朝一に……尤もあまりピンは来なかった。
 
P1030086
 
 朝御飯だけいただきました。うにもいくらも高騰で量調整中……
 
P1030088
 
 そんなこんなで、チェックアウトまでまったり。
 
P1030089
 
 さて。
 
P1030093
 
 チェックアウトしたら函館駅へ。でもまだ時間あったので
 
P1030094
 
 徘徊。
 
P1030095
 
 駅からそう遠くもない
 
P1030096
 
 土方歳三終焉の地の碑を
 
P1030099
 
 拝んできたのでした。
 
P1030092
 
 「やきとり弁当」を買ってから
 
P1030104
 
P1030107
 
 また移動。
 
P1030109
 
P1030110
 
 さっそくさっき買った「やきとり弁当」を食べる。
 なるほどやきとり
 
P1030112
 
 後はビール。
 
P1030113
 
 3時間半苫小牧で下車。札幌はさらに遠いのだなはよ新幹線全線開通しろ。いえ再び新幹線で行くことあるかといえば、もういいか。
 
P1030114
 
 ここからはバスで
 
P1030116
 
 フェリーターミナルへ。もう帰りのフェイズですというか今回は移動が目的なので。
 
P1030119
 
P1030118
 
 乗るのは大洗行のさんふらわぁ
 
P1030122
 
 です。2回めのはずだけど前回はいつだったか忘れた。
 
P1030123
 
 ここから出発。
 
P1030125
 
 17時半に乗船。
 
P1030127
 
 今回はコンフォート。キャビンというかカプセル?
 寝るだけなので。
 
P1030133
 
 荷物をロッカーに押し込んだ後は徘徊。
 まずはお風呂に入って汗流してから
 
P1030134
 
 ごはん。いわゆるバイキングスタイルでしたので十分にいただきました。
 
P1030137
 
 とかやってるうちに出港。
 
P1030139
 
 大洗につくのは大晦日の14時です。
 というわけでやることなくなってそうそうに寝たら3時には目が覚めてしまった。というわけでこれ書いてます。今の処大きく揺れることもなく快適です。
 なお客室ではネット以前にスマホの電波一切届いていませんでしたが、ロビーでは可能だったので、書き込み自体はそちらで。
 

| |

« 年の瀬、ふらふら雪の中(22年12月29日の徘徊:函館) | Main | 年の瀬、ふらふらあとは帰るだけ(22年12月31日の徘徊:大洗から帰宅) »

2022にっき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 年の瀬、ふらふら雪の中(22年12月29日の徘徊:函館) | Main | 年の瀬、ふらふらあとは帰るだけ(22年12月31日の徘徊:大洗から帰宅) »