Posts categorized "2009にっき"

2009/12/15

12月12日と13日の徘徊

 
DSC01305
 
 仙台駅まで戻って、ホテルにチェックイン。ぼーとしているうちに暗くなってしまいましたので外へ。
 
DSC01310
 
 仙台光のページェントなるイルミネーションイベントの初日でしたので。
 
DSC01306
 
 地下鉄で勾当台公園へ。
 
DSC01307
 
 スケートリンクが有りました。
 
DSC01308
 
 他にはでかい光の木。そして
 
DSC01312
 
 日立のサンタ(^ ^;)
 
DSC01320
 
 そして常禅寺通りの木に
 
DSC01322
 
 これでもかという位に電飾が
 
DSC01327
 
 えんえんと
 
DSC01328
 
 えんえんと
 
DSC01329
 
 えんえんと
 
DSC01331
 
 通りの端まで続いていました。これは蒸気機関車。
 
DSC01334
 
 そんなこんなで30分ほどふらふらしてから
 
DSC01335
 
 牛タン食べて、ホテルに戻って寝ましたです。
 
 ***
 
DSC01336
 
 13日になりました。妙にアレな電車(マンガッタンライナー)で
 
DSC01337
 
 松島へ。
 
DSC01338
 
 取り敢えず観光船に乗りました。
 
DSC01340
 
DSC01341
 
 50分ほど、ぼーと島とかを眺めましたです。
 
DSC01345
 
 それから瑞巌寺へ。
 
DSC01343
 
 ここも深い木々を抜けると……
 
DSC01346
 
 工事中でした。ううむ。(平成28年まで本堂は修理中とのこと)
 
DSC01347
 
 後は牡蛎を食べました。と言っても実のところは私は牡蛎は危険です(^ ^;)
なので焼き牡蛎で。でもおいしかったので8個食べました……以降気分がアレでした、ううむ。
 
 この後仙台駅に戻った処で、荷物の一部をホテルに置き忘れたことが判明。ホテルに戻ったため指定席取ってた新幹線には駆け込むハメに。それでも間に合ってしまいましたけどね、最後の最後で疲れた。
 
 川崎戻ってきて、寝ました。おしまい。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/11/24

11月23日の徘徊

 
 だらだら起きて、9時過ぎにチェックアウト。
 
DSC07582
 
 別府駅前からバスで。
 
DSC07585
 
 湯気越えて
 
DSC07590
 
 山も越えて
 
DSC07591
 
 大学も越えて
 
DSC07593
 
 象も越えて
 
DSC07595
 
 おおむね2時間後、11時過ぎにどっかに到着。
 
DSC07596
 
 着いた処は「安心院」。
 「安心院」と書いて「あじむ」と読みます。難読漢字クイズ地名編で出そうですね。
 
DSC07647
 
 バスを元町役場前、現在は市役所の出張所前で下車。バスを降りて進行方向背後、役場の方を向いて右方向に観光案内所が在ります。
 
DSC07648
 
 ここで地図を貰いました。
 ついでに自転車も借りました(1時間200円)。
 
DSC07603
 
 で自転車でふらふら進んで、目的はここ。重松家
鏝絵」で有名だそうです。「こてえ」とは漆喰で造った立体的な飾り絵、レリーフです。
 
DSC07622
 
 この家では二階部分に
 
DSC07623
 
 このように。
 
DSC07601
 
 この重松家を中心とした一帯はこんな感じで趣き満点状態になっています。
 
DSC07619
 
 重松家の鏝絵は明治代の左官による鏝絵ですが、その周辺には最近造られた物も含めて多くの家の壁を飾ってあります。
 
DSC07620
 
 こんな感じで(これはいくらなんでも最近できたもの)
 取り敢えずチャリを使って、この周辺をふらふらしました。鏝絵自体は町内に点在しているのですがかなり離れているのと土地勘無くて方向さっぱりだったので、遠くには行けなかったですけど。時間もそんなに無かったですし。
 
DSC07644
 
DSC07598
 
 これは明治時代の作品で、保存のために壁から外し修復したものとのこと。
 公園に飾られていました。
 
DSC07617
 
 これも鏝絵だけ取り出したようですね。
 
DSC07637
 
 こういうのもありました。
 
DSC07638
 
 「めじろん」……これはさすがに最近の作品でしょうね。
 というかお子様の作品(^ ^;)
 
DSC07650
 
 そんなこんなで、13時には自転車を返して、バス停へ。
なんせここバスが1時間に一本有るか無いかですから。次回はぜひ一泊してゆっくり時間を掛けてみて廻りたいです。
 
DSC07652
 
 再びバスに乗って
 
DSC07653
 
 30分ほどで乗り換え。
 
DSC07655
 
 空港行きリムジンバスで
 
DSC07656
 
 でも途中下車。
 
DSC07657
 
 この旅行の最後の目的地、宇佐神宮へ。
 いえ先程の乗り換え場所からそう遠くない場所に有りましたし、空港行きバスはここからも乗れましたから。
 
DSC07661
 
 思ったより規模が広くて
 
DSC07669
 
 てくてく歩いた揚げ句に階段を上って
 
DSC07671
 
 やっとこさ到着。
 
DSC07672
 
 いろいろ祈ってきましたです。
 
DSC07679
 
 ご飯を食べた後、再びバスで空港へ。
 
DSC07680
 
 連休最終日だったからでしょうか? セキュリティゲートは待ち行列が発生していました。
 
DSC07682
 
 帰りの機内も満席。羽田到着も15分遅れ。ともあれ、なんとか。無事帰宅しましたです。
 
D1000921
 
 なお大分お土産はもちろん「ざびえる」です(^ ^)
 この項ここまで。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/11/21

11月21日の徘徊

 
DSC06607
 
 始まりは一日戻った20日夜。羽田空港から
 
DSC06608
 
 福岡へ。この辺で一泊。
 
DSC06610
 
 そして21日。天神へ。ラドンが壊した岩田屋は今ではこの状態に。
 
DSC06612
 
 その岩田屋の隣のバスセンターへ。
 
DSC06611
 
DSC06613
 
 高速バスで……
 
DSC06614
 
 2時間半後、熊本へ。高速道路は若干渋滞していたような気もします。
 
DSC06615
 
 泊まるホテルへ行って、大荷物を預けた後、お城へ。
 
DSC06618
 
 のしのし上がっていくと……
 
DSC06621
 
 熊本城天守閣です。
 
DSC06624
 
 でも今回の目的はその左隣。
 
DSC06625
 
 本丸御殿です。前回熊本に行ったときはまだ完成していなかったので、今回この機会にと。
 
DSC06627
 
 中には大きな広間とか
 
DSC06629
 
 金襴豪華な襖絵など在りましたです。
 
DSC06630
 
 ちなみにフラッシュ禁止でしたが撮影自体は可でした。
 
DSC06635
 
 そんなこんなで本丸御殿を一回りした後、
 
DSC06636
 
 改めて天守閣にも上りました。
 
DSC06637
 
 ちなみに本丸御殿を上から見るとこんな感じ。
 
DSC06640
 
 ひごまるくんも居ました。
 
DSC06643
 
 後はこの辺をふらふらした後、ホテルに戻りました。
 
D1000925
 
 ホテルからの長め。真ん中がお城。
 
D1000924
 
D1000921
 
 夕御飯は馬の定食を食べましたです。
 お酒は白岳「しろ」で。
 
 その後にはラーメン食べましたけど、写真撮らなかったので写真無しです。
今日はここまで。一泊した後、明日は朝から大分へ移動です。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/09/27

万博へ行きました。

 
DSC06043
 
 朝一の飛行機で。
 
DSC06044
 
 乗ってる間は熟睡していました。朝5時起きでしたし。
 
DSC06045
 
 空港からモノレールで、この人のいる場所へ。
 
DSC06046
 
 観覧車は在りましたが、もちろん動いていません。
 
DSC06047
 
 ゲートもこの有り様。まぁそれはそれとして
 
DSC06048
 
 取り敢えずこちらへ……と
 
DSC06049
 
 まだ9時半前でしたので、開いてませんでした。
 
DSC06051
 
 開場後まず進んだのは、旧鉄鋼館。
 
DSC06053
 
 そのホワイエで「エキスポのエキスポ」なる万博の歴史を主題とした展示が行われていました。
 
DSC06054
 
 私この中には入ったこと有りませんでしたから。
 
DSC06056
 
 そして来年は大阪万博40周年。と言うことで、今まで生き延びてきた旧鉄鋼館をリニューアル大阪万博の記念館としてリニューアルすることも公表されていました。
 
DSC06057
 
 スペースシアター内部も見ることができるようになるとのこと。来年2010年3月13日公開で、現在そのための修復・改修工事中でした。
 
DSC06055
 
 他の展示は、過去の万博のパネル展示と、未来の万博つまり上海とヨスとミラノについて映像展示、それに併せて大阪万博の展示という感じでした。
 
DSC06058
 
 これは大阪万博当時に鉄鋼館に展示されていた「池田ホーン」なるなぞの楽器を復刻した物だそう。
前に張り出した金属部分を叩くことによりその音が後ろのホーンで増幅されます。
 
DSC06062
 
 ちなみに外で中国の人が上海万博の雑誌を配っていました。
 
DSC06064
 
 あと中ではこのピンズを貰いました(^ ^)
 
DSC06065
 
 その後は、あこがれのこの人の廻りをしばらくうろうろしてから
 
DSC06069
 
 国立民族学博物館の方へ。ええと私は3回目くらいかな? 
 
DSC06074
 
 音声ガイド無料貸し出しとのことで借りたら、PSPでした。
ガイド自体も番号に指定された動画を再生するだけというもの。まぁそれで用は足りましたけどね。
 
DSC06075
 
 後はしばらく中を徘徊していましたです。
 
DSC06076
 
 ちなみにこの博物館は三脚などを使わないことと、個別の展示品に撮影禁止の特記が無ければ撮影自由となっていました。
 
DSC06077
 
 休憩所もこんな感じ。椅子自体は座りやすいのですけど、雰囲気的には座りにくい~
 
DSC06078
 
 ともあれここはいろいろな展示があるので、一回りするだけでも楽しいです。
と言うわけで、一回りして、ここでご飯を食べて一息つきました。
 
DSC06079
 
 そういえば、ロビーにグランパス君が居ましたです(いえいちおうシャチ)。
 
DSC06085
 
 それでも少し時間がありましたので、この「SL」に乗りましたです。
 
DSC06083
 
 15分ほど、園内を巡回。
 
DSC06087
 
 そういえば、園内の池がすっかり干上がっていたです。そう言えばSLに乗っていたときに「渇水」とか言ってたような気も? 
 
DSC06088
 
 そんなこんなで、14時前に万博公園を出ました。一年ぶりくらいですけど、まぁ年一回くらいは来たいですね。来年は鉄鋼館の奧にも行きたいので、ぜひ。
 おしまい。
 
 
 
 あ、この後のことは気が向いたら書きますわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/08/19

8月18日の徘徊

 
DSC09896
 
 西舞鶴のホテルから出発です。
 
DSC09897
 
 で、3時間後。
 
DSC09898
 
 昨日の京都からの通りすがりで気になった、「東映太秦映画村」で途中下車しました。JR太秦駅から歩いて10分くらい。
 
DSC09900
 
 以前にも来たことがあるのですがそれは小学生くらい、もううん……年前か。
 
DSC09901
 
 オープンセット自体は当時と変わってないように感じます。
 
 
DSC09904
 
 この「映画文化館」も当時のまま。というか中の展示も変わっていないのかも。
 
DSC09902
 
 忍者が綱を渡っていましたけど、これは昔は居なかったような? 
 
DSC09905
 
 オープンセットは、明示風の処から
 
DSC09907
 
 お白州とか
 
DSC09908
 
 港っぽいところには
 
DSC09910
 
 恐竜とか(笑)
 
DSC09913
 
 ただ、思っていたよりも狭かったですね。尤も公開されていないサウンドステージも多数有るようです。
 
DSC09915
 
 上から覗けるサウンドステージは、この日は動いていませんでした。
 
DSC09916
 
 そんなこんなで、一時間ほどふらふらしましたです。
 
DSC09917
 
 13時くらいに京都まで戻り
 
DSC09918
 
 さらにたらたら進んで
 
DSC09919
 
 17時半には、ここに到着しました。
 今日は浜松で一泊です。明日も夕方まで時間はありますけど、さてどうしましょう(^ ^)? 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月17日の徘徊


DSC09831
 
 徳島駅前から、高速バスで
 
DSC09832
 
 京都まで移動。
 
DSC09834
 
 さらに電車をたらたらと
 
DSC09836
 
 乗り継いで
 
DSC09838
 
 たらたらと山の中を通過して
 
DSC09841
 
 さらに乗り換えて
 
DSC09845
 
 海を渡って
 
DSC09850
 
 徳島から7時間後、ここに到着。天橋立です。何故ここに来たかと言えば、来たことがなかったから。
宮島と松島には行ったこと有るのですけども、ということで。
 
DSC09851
 
 取り敢えず見晴らしの良いところへ移動
 
DSC09853
 
 行きはリフトで。
 
DSC09856
 
 ふと振り返ると
 
DSC09866
 
 登り切った先は、ひなびた遊園地でした。それはそれとして
 

 
 パノラマ
 まぁしばらく滞在しましたです。
 
DSC09867
 
 下りはモノレールで
 
DSC09869
 
 下へ。
 
DSC09872
 
 さて、歩いて天橋立に渡ろうとしたら……橋が切れている。
 
DSC09877
 
DSC09878
 
 土砂運搬船が通過すると、橋は
 


 
 くるりと旋回して
 
DSC09881
 
 通行可能となりました。
 
DSC09883
 
 現地は海水浴場でした。
 

 
 浜辺の様子。
 
DSC09889
 
 近くのお寺にもお参りしてきましたです。
 
DSC09891
 
 水辺にはこういうのもありましたです。
 
DSC09892
 
 知恵の輪灯籠、だそうです。
 
DSC09894
 
 そんなこんなで、まだ電車で移動、ホテルで一泊しましたです。
 つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/08/18

8月16日の徘徊

 
DSC09258
 
 夜行バスで6時間くらい。朝5時にここに到着。
 
DSC09259
 
 着いて気がついたのですけど、昨日(15日)まで「阿波踊り」だったのですね。これが本当の後の祭り。
 
DSC09260
 
 9時まで待って、バスで移動。
 
DSC09263
 
 鳴門大橋のたもとまで。
 
DSC09267
 
 「渦の道」なる施設に行きました。
 
DSC09269
 
 橋の車道の下の空間を利用した展望施設です。
 
DSC09270
 
 本当はこの車道下の空間は鉄道用だったそうですけどね。
 
DSC09275
 
 渦はよく見えませんでした。
 
DSC09299
 
 そのあと、ここへ。
 
DSC09300
 
 「大塚国際美術館」です。世界の名画や壁画を陶板で実物大複製して展示しています。
それにしても常設展示で大人3150円とは。
 
DSC09302
 
 展示されているのは、古代の壁画から「ゲルニカ」とか
 
DSC09303
 
 「最後の晩餐」も実物大で。
 
DSC09304
 
 ちなみに「最後の晩餐」は修復前の状態も実物大で、修復後と向かい合わせで展示されていました。
なおこの美術館はフラッシュこそ禁止ですけど撮影は可となっていました。
 
DSC09305
 
 修復によって、「謎のナイフを持った手」が誰の手なのかもはっきり判ります。
 
DSC09307
 
DSC09312
 
 さらにはシスティーナ礼拝堂の「最後の審判」と天井画も原寸大で再現。
私イタリアには行く機会ありませんし、これで充分ですわ(^ ^;)
 
DSC09314
 
 後は複製とはいえ名画がこれでもかと並んでいて、「おなかいっぱい」です。
 
このあとバスで町中に戻りました。続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/05/08

5月8日の徘徊。というか後は帰るだけ。

 
P2020455
 
 JALの午前便は朝8時半離陸。と言うわけで、朝4時に起きて、5時にチェックアウト、地下鉄を乗り換えて机場快軌つまりエアポート地下鉄へ、乗り換えようとしたら5時45分の時点でまだ閉まってた。
 
P2020456
 
 5時50分に駅が開場し
 
P2020459
 
 6時ぴったりに始発が動き始めました。
 ちなみに机場快軌は片道25元。ICカードで払いました。
 
P2020460
 
 
 あっという間に
P2020461
 
 国際線ターミナルである空港第3ターミナルに到着、20分ほど。
 
P2020462
 
 こんなん有りました。
 
P2020467
 
 出国手続きは特別問題なく、予定通り離陸しました。
 
P2020468
 
 機内食。
 
P2020469
 
 予定時間に成田に到着。直後に防護服を着た人達に機内に踏み込まれ、健康状態を逐一確認されたために飛行機から降りるまで何時間もかかりました。ということは全くなく、事前に配布されていた健康問診表を回収しただけ。
 
P2020470
 
 30分も掛からず、入国できました。
 取り敢えず今回はココまでです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009/05/07

5月7日の徘徊。壁とかお墓とか。

 
P2020267
 
 朝の8時前に新大谷長富宮飯店へ。今日は一日「マイバス」という会社の現地ツアーに参加です(窓口はJTBでした)。
 万里の長城と明の十三陵のセットで1日観光昼御飯付きで380元。ここに決めた理由は1人で参加でもこの料金だったから。
 
P2020271
 
 結局この日は全部で9人で出発しました。
 
P2020273
 
 途中妖しい建物の側を通過。
 
P2020275
 
 いわゆる「鳥の巣」です。でもこの網状の外装に合理的な理由が有るのかしら? 
※私はデザインを最優先にした建物はキライ。合理的理由を追及した結果としての必然性を持った構造こそが美しいのです。
 
P2020283
 
 バスは1時間ほどで山の中に。
 
P2020284
 
 山の上にはなにやら構造物が見えるようになりました。
 
P2020287
 
 現地到着。八達嶺万里の長城です。
 
P2020290
 
 入場料は45元だったらしい。
 
P2020291
 
 階段を登って……
 
P2020294
 
 長城です。あっちが「女坂」
 
P2020295
 
 こっちが「男坂」。男坂の方が険しいそうなので
 
P2020301
 
 私は「女坂」のほうに(^ ^;)
 ただしそう考える人は多いのか、行程けっこう混んでいたです。
 
P2020303
 
 てか、中国ではゴールデンウィーク関係ないでしょうし平日でしょうに、何でこんなに混んでいる?? 
 
P2020305
 
 しかもこっちもけっこう坂が急やで。
 
P2020316
 
 今回の旅行は歩いてばっかりだ(この後も……)
 とまれこの坂をせっせこ登ったです。
 
P2020321
 
 なんやかんやで20分ほどの登坂のすえ
 
P2020323
 
 この辺で一番高そうな処まで到着。
 
P2020341
 
 さて降ります……って、山登りって登りより下りの方が大変なんだよ。
 
P2020344
 
 とは言っても10分ほどで下山。
 
P2020346
 
 さてこの「長くて辛い男道を登り始めたばかりだぜ」とかなんとか、するほど元気はありません。行きません。
 
P2020349
 
 ちなみに今登ったのは、この右の一番上の砦まで。
 長城はここまで。再びバスで移動です。
 
P2020366
 
 13時頃についたのはここ。
 
P2020364
 
 二階がレストランで
 
P2020365
 
 お昼は飲茶でした。他にも日本人観光客が沢山。
 ちなみに一階はお店。私はここでは何も買いませんでしたけどね。
 
P2020368
 
 さて再びバスで移動……で、着いたのは明の十三陵のうち「定陵」。ここだけは地下墳墓が公開されているそうです。とうか他の墳墓は発掘自体していないとのこと。保存にはそれが一番だから。
 
P2020369
 
 墳墓手前に立つ柱。ここにはその皇帝の偉業が刻まれているそうですが、この墓の主の偉業は記載なしでした。
 
P2020370
 
 さて例によってしばらく歩いて
 
P2020378
 
 途中に在った門。ここから先は「天国」だそうです。
 
P2020381
 
 ここが天国です。
 
P2020382
 
 実際の陵墓は背後の山の下なので
 
P2020384
 
 階段を延々と下りて
 
P2020389
 
 地下へ。
 
P2020390
 
 地下は意外と広かったです。
 
P2020391
 
 積み上がっているゴミみたいなのは、お札でした。うー
 お賽銭??
 
P2020394
 
 そしてこれが棺、のレプリカ。
 本物は文化大革命の際に燃やされてしまったとか……。もちろん中身も。
 
P2020396
 
 階段を上って、外に。
 
P2020403
 
 天国の門を通って、再びうつつの世界に戻りました。
 
P2020407
 
 さて次は、明十三陵の神路と言う処に。
 要するに陵墓までの参道みたい。
 
P2020412
 
 またこれも延々2キロメートルほど真っ直ぐな道が続き、
 
P2020414
 
 道の両側には仕官や
 
P2020416
 
 馬や
 
P2020419
 
 象や
 
P2020420
 
 毛沢東が立っていました。
 
P2020422
 
 以降も延々と続く。
 
P2020430
 
 これで取り敢えず終わり。
 
P2020434
 
 最後は、亀でした。
 
P2020436
 
 さて、まぁツアーですからには最後はアレです。お茶屋さんで
 
P2020437
 
 お茶の試飲です。
 もちろんその後は実売タイムでしたけど、私自身お土産としてお茶買うつもりでしたから、ここで。
 
P2020441
 
 17時に新大谷長富宮飯店に戻ってきて、ここで解散となりました。ツアー自体には基本的には満足しましたです、私自身は(もう疲れていましたし明日朝は早いので)その後の別ツアーのお誘いは乗りませんでしたけど、時間あったらそういうのも良いのでは無いかとは思ったです。次の機会は私には有るかどうかは判りませんけどね。
 私はその後北京駅の方に行ってから、ホテルに戻りましたです。
 今日はここまで。
 明日は早朝から空港に移動して、日本に帰ります。鼻がグズグズして咳が出ているのはインフルなんたらのせいではなく、空気が悪いのと柳の花粉(?)のせい。ホコリの塊みたいなのが見える形で飛び交ってるのですから……

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月6日の徘徊。北京にてふらふら右往左往。

 
 いちおうホテルの部屋の中にもLANは設置されているのにどうしてもつながらない……
と思ったら、ロビーに設置されているPCの処に「部屋のLAN使いたかったらフロントに言え1日20元」とかなんとか書いてあった……。今はロビーの無線LANで接続中。
 
P2020190
 
 近くのホテルに在る旅行社の窓口へ行って、明日参加する現地ツアーの手続きを済ませた後、地下鉄で。
ちなみにICカードを購入しました。ミニマムデポジット20元で、そこまで乗る可能性は無いのですけどね。
 
P2020191
 
 地下鉄で幾つか駅を移動して、上がったその場所は……
 
P2020194
 
 天安門広場でした。
 
P2020199
 
 まぁ北京に来たことですし、ね。
 
P2020200
 
 天安門の下を潜った先には……
 
P2020201
 
 また門が。
 
P2020203
 
 その先にも、また門が。ここから先が、いわゆる故宮です。
 
P2020204
 
 チケット購入。
 
P2020205
 
 60元でした。
 
P2020206
 
 入場。16時半。ちなみに天安広場からここまでも10分ほど掛かっています。
 
P2020213
 
 さらに中。
 
P2020215
 
 さらにその向こう。
 
P2020217
 
 さらにその奥……
 
P2020218
 
 そのまた奥…………
 
P2020219
 
 中和殿。これでようやく半分くらい。
 
P2020222
 
 さらにそのまた奥……
 
P2020225
 
 その上でその奥の奥……
 
P2020230
 
 さすがに根を上げて、途中でコーラを買いました。4元。暑かったです……
 
P2020231
 
 もういい加減にしろと言うくらい広かったです。
 
P2020236
 
 なので私ももう基本は奥へ奥へと進むだけ。
 
P2020237
 
 それでもさらに奥が在るのでたまりません。
 
P2020238
 
 もういいかげんにしろ……
 
P2020239
 
 ここまで35分くらい、ひたすらふらふら奥へと進んでいました。
 
P2020241
 
 怪しい庭を抜けると、
 
P2020243
 
 ようやく
 
P2020244
 
 裏門に辿り着きました。正直突っ切っただけですけど、私はこれでもう良いです。時間を掛けていたらきりがないことになりますです……
 
P2020245
 
 その後は外周を回って
 
P2020247
 
 王府井のほうへ抜けました。北京の繁華街みたいです。やたらでかいデパートやお店が軒を連ねていました。
 
P2020248
 
 屋台(?)も軒を連ねていましたので
 
P2020249
 
 うっかり羊串を(^ ^;) 5元。
 
P2020250
 
 後はしばらく、買い物も兼ねて
 
P2020251
 
 この辺をふらふら徘徊してました。
 
P2020261
 
 最後は地下鉄で、ホテルに戻って、今日はここまでで終わりです。
7日は現地ツアーで万里の長城ほかへ行きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

2004EURO2004 | 2004さっかー | 2004にっき | 2004ふろんたーれ | 2005さっかー | 2005にっき | 2005ふろんたーれ | 2005WDW | 2006さっかー | 2006どいちぇらんと | 2006にっき | 2006ふろんたーれ | 2006ますこっと(いろいろ) | 2007さっかー | 2007にっき | 2007ふろんたーれ | 2007ますこっと(いろいろ) | 2007ACLバンコク | 2008さっかー | 2008にっき | 2008ふろんたーれ | 2008ますこっと(いろいろ) | 2008WDW | 2009さっかー | 2009にっき | 2009ふろんたーれ | 2009ますこっと(いろいろ) | 2009ACL天津 | 2009ACL浦項 | 2010さっかー | 2010にっき | 2010ふろんたーれ | 2010ますこっと(いろいろ) | 2010ACLメルボルン | 2010ACL北京 | 2011さっかー | 2011にっき | 2011ふろんたーれ | 2011ますこっと(いろいろ) | 2012EURO2012 | 2012さっかー | 2012にっき | 2012ふろんたーれ | 2012ますこっと(いろいろ) | 2013WDW | 2013さっかー | 2013にっき | 2013ふろんたーれ | 2013ますこっと(いろいろ) | 2014さっかー | 2014にっき | 2014ふろんたーれ | 2014ますこっと(いろいろ) | 2015さっかー | 2015にっき | 2015ふろんたーれ | 2015ますこっと(いろいろ) | 2016にっき | 2016ふろんたーれ | 2016ますこっと(いろいろ) | げーむなど | でぃずにー | ますこっと(いろいろ) | ますこっと(おやすみ枕) | まんがとかアニメなど | ガジェット | デイリーポータルZ | デイリー道場 | 愛知窮迫いや愛地球博 | 映画やDVDなど | USJとかテーマパークとか