カテゴリー「2022にっき」の記事

2022/03/08

脚大戦試合開始前まで(03月06日の徘徊/wばくはつ太郎さま)

 
P1060107
 
 京都のお宿を9時ごろに発って
 
P1060108
 
 お阪急な電車からモノレールと乗り継いで
 
P1060111
 
 ばくはつ太郎さん(仮名)のおひざ元に、久々に。何年振りかは忘れた、いやもしかして前回って天皇杯決勝の時? 
 
P1060113
 
 とりあえずEXPO70ミュージアムへ。なんか増築中。
 
P1060117
 
 万博当時の全体をペーパークラフトで再現というものすごい展示が。
 こうやって見直しても、当時の万博は建物からいろいろですわな、愛地球博だと外国館の多くは画一モジュールでしたし。次の万博ではも少しがんばれ。
 
P1060119
 
 そんなこんなで、今回も太陽の塔の中に。
 最近は当日券ありになってるようで、でも事前に予約していきました。
 
P1060121
 
 前回行った時は内部では撮影禁止だったと記憶していますけど、今回は最下層のみ撮影可となっていましたので。
 上からカメラやスマホ落とすと危ないから、という理由にはなっていましたけど。
 
P1060126
 
 そんなこんなで試合前12時前。食料調達にエキスポシティへ。
 
P1060127
 
 ここを通り抜けできるようにすればアクセス改善しますし、モール側も行き帰りでお客取り込めると思うのですけど。
 駐車場問題も、試合時間中のチェックという方法でクリアしているのですから、正直通り抜けられるようにしてほしいところ。
 
P1060128
 
 まぁそこは頑ななので、結局一度外に出て脇から回り込みます。
 
P1060129
 
 なおサイバトロンです。
 
P1060130
 
 等々力での写真が掲げられていました。あの時が初戴冠だった?
 
P1060138
 
 それ以降で★9つなのですから、脚大はまだ川崎よりも格上だと考えます。
 
P1060131
 
 それはそれ、てくてく迂回して
 
P1060136
 
 12時25分には現地到着。まもなく開場
 
P1060139
 
 今回はビジター指定席。それ以外はビジターユニや応援不可でしたので。
 
P2120906
 
 前説で懐かしい人登場。
 
P2120907
 
P2120910
 
 14時15分くらい、キーパー陣登場。
 試合前
 
P2120912
 
 そしてその8分位後には
 
P2120914
 
 フィールドプレイヤーもピッチ内アップ開始。
 
P2120917
 
 今日の試合はJ1第3節脚大対川崎戦@パナスタです。
 最初の難儀な五連戦の最後です、ここまで三勝一負。けが人続出の状況からすれば耐えてはいるかとは。
 
P2120921
 
 審判スタメン。
 
P2120922
 
 川崎スタメン。
 結局にょぼりも離脱か……(僚太どこ行った?)
 
P2120939
 
 脚大スタメンは試合前に一覧表示有りませんでしたので、試合中のビジョン表示から。
 
P2120924
 
 かみなり坊や。
 
P2120926
 
 整列。
 
P2120928
 
 写真撮影。
 と、ひとまず試合開始前で記事を切ります。続く。

| | | Comments (0)

2022/03/06

22年J1第03節京都対磐田@サンガ

 
P1060049
 
 03月05日、午前中はこれだけ。六甲防衛センター(笑)のすかーさま。
 いえ一度行ってみたかっただけ。キングジョーは居ませんでした。
 それはそれとして
 
P1060055
 
 まずは今夜のお宿に行って荷物を預けてから
 
P1060058
 
 京都駅へ移動。
 
P1060059
 
 急行だと20分程だそうでしたけど、そっちは混んでましたので
 
P1060061
 
 普通でのんびり(といっても30分くらい)
 
P1060063
 
 京都と言っても、あっという間に田舎の風景になって
 
P1060065
 
 それでも目の前に、これが。
 
P1060070
 
 歓迎されてました(私は対象外)
 
P1060073
 
 文字通り亀岡駅の目の前のスタジアム。何なら線路跨がないと行けない駅前スタ@鳥栖よりも駅前。
 
P1060072
 
  フードコートが駅前広場で展開されてるくらい近い。
 
P1060077
 
 というわけで今回の目的地は
 サンガスタジアムby京セラです。5月末の川崎の試合は行けるかどうか不明ですけど、それに向けた下見と言う事で。
 まぁその時は嵐山に泊まってトロッコで行くかもしれませんけどね。(トロッコの亀山駅は、JRでは一つ前の駅のほうが近いのは分かった)
 
P1060078
 
 さて入場。
 
P1060079
 
 スロープを登って行って
 
P1060081
 
 中へ。パナソニックよりも席数少なそうですけどいい感じ。
 
P1060086
 
 今回はメインビジター角のバルコニー席へ。むしろ私の感覚ではもう少しピッチから離れたくらいがいいのですけど、でもここでも視野を遮る物もなく良好。
 あと気になっていたのはビジター許容の範囲ですけど、アウェイユニ不可なのは「ホーム指定席」のみで、自分が座ったバルコニー席もメインスタンドアウェイ側も許容されてました、この試合の時点では。
 これは実際に買うとなってから再確認しますけど。
 
P1060085
 
 というわけで、J1第03節京都対磐田戦@サンガです。
 川崎とは無関係の試合も久しぶりかな。
 
P2120181
 
 主審スタメン。
 
P2120184
 
 磐田スタメン。川崎ゆかりの選手としては、ラルフ鈴木はもう堂々のレギュラーです。
(あ、けんゆーがこんな処に)
 
P2120194
 
 京都スタメンは一覧表示なかったので試合中から。
 川崎関係は特にいないかな。
 
P2120186
 
 パーサとパー子。
 
P2120188
 
 入場。
 
P2120189
 
 整列。
 
P2120190
 
 写真撮影。
 
P2120193
 
 磐田ボールで前半開始。と言っても試合内容自体はさっくりで
 
P2120388
 
 前半は一進一退くらいで進展していたと思うのですけど
 前半34分磐田
 
P2120389
 
 左から
 
P2120390
 
 ゴール前に寄せての
 
P2120391
 
 一蹴!
 
P2120394
 
 前半35分磐田先制<京都0-1磐田>
 
P2120423
 
 さらに前半39分磐田けんゆーが右に突撃すると
 
P2120424
 
P2120425
 
 ペナエリア外に飛び出した京都GK上福元がぶちたおして
 
P2120426
 
 上福元には黄紙でFK……
 いやこれドグソがどうこう言う以前から言う処の決定的な得点機会の阻止で赤では? と思ったら
(ぶちかまさなければけんゆーは点を取っていた、と私には見えた)
 
P2120428
 
P2120431
 
 磐田の選手もそう思ったらしく。
 
P2120432
 
 主審はVARと交信。
 
P2120448
 
 そしてオンフィールドレビューに。
 
P2120450
 
 ここまでくると時間がかかるのは難点ですけど、4分ほどかかって
 
P2120453
 
 前半44分結局主審は黄紙を取り消し、赤紙に。
 
P2120467
 
P2120469
 
 京都のキーパー上福元は
 
P2120471
 
 退場に。
 
P2120475
 
 アディタイム4分の前半45+1分京都はフィールドプレイヤー一枚削ってキーパー投入。
 京都1回め1枚めの交代、豊川out 若原in。
 
P2120480
 
 前半45+2分磐田FKヤットの人。
 
P2120481
 
P2120482
 
 これは京都守備陣が跳ね返した。
 
P2120515
 
 前半45+7分相当、やっと前半終了。
 ネット経由で聞いていた磐田のFMの実況の人も放送時間を気にしてた、最終的に放送時間延長してたけど。川崎FMの実況も延長可能にしておくれ。
 
 
 
P1060089
 
 今日のすかーさま。
 
 
 
P2120518
 
 京都ボールで後半開始。
 ハーフタイムでの交代は共になし。
 
P2120622
 
 それでもしばらくは五分の展開でしたが
 後半15分磐田
 
P2120623
 
 右を押し上げ
 
P2120624
 
P2120625
 
 ゴール前に切り込み送りこまれたボールをラルフ鈴木が
 
P2120626
 
 ゴール!
 
P2120629
 
 後半16分磐田追加点。<京都0-2磐田>
 
P2120635
 
 その頃けんゆーは。
 
P2120663
 
 しかし後半21分京都にはピーターウタカがいた。
 自力でゴール前に
 
P2120665
 
 切りこんでのシュート
 
P2120670
 
 後半21分京都1点返した。<京都1-2磐田>
 
P2120674
 
 でも磐田にはもっとやばい人がいたのです。
 後半22分磐田即座に右を切りこみ
 
P2120675
 
 ゴール前に
 
P2120676
 
 押し込んだけんゆーのシュートはキーパーに跳ね返されたが
 
P2120677
 
 しかしそのこぼれ球を
 
P2120678
 
 枠内に叩き込んだのは
 
P2120679
 
P2120680
 
 またしてもラルフ鈴木だ! 
 
P2120682
 
 後半22分磐田取られたら取り替えす。<京都1-3磐田>
 
P2120683
 
P2120684
 
 そいえばけんゆーが川崎に移籍した年はラルフ鈴木も居たのだな。
 
P2120687
 
 覚醒ラルフ鈴木、安心の川崎印。
 いや良い選手を川崎で使い切れないからと各クラブに配布するのもなんだかなとは思いますけど。
 
P2120694
 
 伊藤彰監督も一安心。川崎との対戦が楽しみです。
 大宮の時は対戦しそこねましたし。
 
P2120698
 
 今日の入場者数は7894人だったそうです。
 この試合は兎も角ここまでは成績いい感じだったのですからもっと入っていておかしくないのに。
 
P2120840
 
 さらに後半35磐田
 
P2120841
 
 けんゆーと交代で入ったジャーメインが押し上げ
 
P2120843
 
 ペナエリア内に切り込んでのシュート
 
P2120845
 
P2120846
 
 後半44分磐田とどめを刺した。<京都1-4磐田>
 
P2120850
 
 けんゆー貢献はしてるけど得点という分かりやすい結果が必要だ。
 このままではこちらの方が先発になってしまうのでは、危うしだ。
 
P2120884
 
 とまれアディタイム4分もそのまま。試合終了。
 
P2120885
 
 京都1-4磐田
 
P2120894
 
 磐田は今シーズン初勝利でまぁ息がつけたか。
 一人だけ赤いけんゆーもがんばれ。
 
P2120900
 
P2120903
 
 もちろんラルフ鈴木はこれ以上の覚醒に期待します、川崎戦以外で。
 
P1060093
 
 とかなんとかで、お宿に帰ります……
 
P1060094
 
 でも駅は混んでそうでしたので
 
P1060095
 
 駅前から出ていたシャトルバスで。
 これは阪急桂駅とJR桂川駅にバイパスしてくれます。
 高速に上がるまでの渋滞は鹿島のごとしで1時間10分くらいかかりましたけど。JRも本数多くなさそうですし選択手段にはなるとは思いましたです。
 どちらにしろ試合後即帰るという日程を組むのはちょっと怖いとは感じました。
 
P1060096
 
 それはそれとして今回は、確保していたお宿が阪急沿線ということもあっての選択でした。明日も阪急経由で万博に行きますしネ。
 
P1060099
 
 後は京都で少し徘徊。
 
P1060100
 
 前に通りすがりで気になっていた、時代がかった銭湯(錦湯)にも浸かって。
 
P1060101
 
 でもこの時間では錦市場はもう閉まってた。
 
P1060102
 
 とかなんとか徘徊したのでした。
 明日は万博で脚大戦デス。

| | | Comments (0)

2022/03/04

22年3月4日の徘徊(琵琶湖疎水その1)

 
 まぁ実際まだ自由に動き回れる時代には戻っていませんけども、ワクチン3回めの接種も済み副反応も収まりましたので、密やかに。
 
P1050955
 
 東京駅から。
 
P1050956
 
 新幹線で
 
P1050962
 
 京都へ。最終目的は日曜のパナスタですけど、まずはここまで。そしてここから
 
P1050963
 
 地下鉄を乗り継いで
 
P1050965
 
 ピンクの象が居る処へ、いえ
 
P1050966
 
 蹴上です。
 
P1050969
 
 では
 
P1050971
 
 ねじれたトンネルをくぐって謎の世界へ。
 
P1050972
 
 そこはお寺だったのですけど、今回の最初の目的地は
 
P1050974
 
 その寺の敷地内にある
 
P1050975
 
 謎の構造物へ。
 
P1050977
 
 いえ水道橋なのですけど。
 琵琶湖から引かれた水がここを通過しています。つまり、琵琶湖疎水です。
 
P1050979
 
 でもお寺の敷地内をこれが通過しているのは、なんかすごい。
 というか日本じゃないみたい。
 というわけで写真撮ってる人多数でした。
 
P1050985
 
 もうしばらく徘徊。疎水記念館。
 
P1050986
 
 今いるのはこの辺で、
 
P1050987
 
 このあと琵琶湖側の取水口にも行きます。
 
P1050988
 
 でも実は最初の計画では、この間を船で移動する気だった。
 しかしその船のこの春の営業は3月でも末からだそうだ、残念。
 というわけで、ここはその内再挑戦することになるとは思います、早ければ5月の京都戦。まだ仕事の調整ついてないので行けるかわかりませんけど。
 
P1050989
 
 さて。さらに徘徊
 
P1050990
 
 蹴上インクラインへ。その昔この疎水に船を通してた際にここは陸路で船を移動させてたそうで。
 
P1050992
 
 いまはさすがに稼働してませんけど、線路は復元されてます。
 
P1050994
 
 これは水力発電所の廃水用パイプ。
 運んできた水は水自体と海運だけでなく発電にも使用していたのだな。いや今でも発電してた。
 
P1050996
 
 さて再び、ねじれたトンネルくぐって元の時代に戻ります。
 
P1050997
 
 そして電車を乗り継いで三井寺へ。
 
P1050998
 
 てくてく歩いて
 
P1050999
 
 琵琶湖の取水口に。
 
P1060002
 
 ここから
 
P1060003
 
 閘門を経由して
 
P1060006
 
 この水が流れた先は、さっきの処まで続いているそうだ。
 といわれてもピンとこないので、ここはやっぱり船で潜ってみたかったのだ。
 それはいつになるかわからないけど、次回に続く。
 
P1060008
 
 さてここまで来たので
 
P1060009
 
 階段上って
 
P1060010
 
 上から琵琶湖を望む……臨んだはずだけど光飛んじゃって写ってない。
 
P1060011
 
 ともあれ、善神堂を拝んでから
 
P1060012
 
 三井寺へ。
 大河ドラマがらみ? 
 
P1060014
 
 三重塔や
 
P1060019
 
 弁慶が奪って比叡山まで引きずっていたという鐘など
 
P1060020
 
 拝んで回ったのでした。
 
P1060026
 
 しかし今日は一日中歩き回っていたので疲れてしまいました
 
P1060028
 
 そのまま今日のお宿に行ってバタンキュー、気が付いたらもう夜中のこんな時刻に。そういう一日となってしまったのでした。
 5日は京都を徘徊します。はい、亀岡にも。

| | | Comments (0)

2022/01/01

あけましでおめでとうございます2022

 
 フロンターレは6冠目となりましたが、しかしカップ戦はあと一歩の詰めが。
 ここをどうにかしないとさらに前には進めないのでしょうけど、でも有力選手を早々に手放してしまう現体制もなんとかないと。
 また今年もACL含めて過密日程となるようですし、新コロはまだまだ予断を許さない状態ですが。
 それでも前に進まないといけないのです。
 自分も前に進まないと。
 
newyear2021
 
 今年の計算式 183.8191x11=2022.0101 
 ちと面白みがないので画像には入れませんでした。
 
 さて「寅」年なので、信貴山朝護孫子寺の張子の虎です。
 桜戦前日にこちらに寄ったのは、ケーブルカーのためだけでは無かったという事で。今年もシーズン後半になると兎のなにかを探して寄り道することになると思います。まだどこに何があるのか判りませんけど。
 
 
 という訳で、そしてまた1年が始まるのです。
 



過去の年賀状:
 
2021年の年賀状 丑 太宰府天満宮の御神牛
2020年の年賀状 子 調布のねずみ男
 
2019年の年賀状 亥 伊香保温泉大階段
2018年の年賀状 戌 横浜ビジネスパーク
2017年の年賀状 酉 伊豆シャボテン公園高原竜(新)
2016年の年賀状 申 奈良・ならまち庚申堂
2015年の年賀状 未 早稲田大学内・羊の石像
2014年の年賀状 午 鳥栖駅・さがけいば広告
2013年の年賀状 巳 生田緑地・枡形山展望台の蛇の像
2012年の年賀状 辰 京都瀧尾神社・拝殿の龍
2011年の年賀状 卯 浦和調神社
2010年の年賀状 寅 大分安心院・鏝絵
2009年の年賀状 丑 阿蘇山・牛の像
2008年の年賀状 子 横浜戸部・杉山神社の狛ネズミ
 
2007年の年賀状 亥 幕張・ポルチェリーノ像
2006年の年賀状 戌 福岡県羽犬塚の羽犬像
2006年の年賀状製作話
2005年の年賀状
2005年の年賀状(友達用) 酉 伊豆シャボテン公園高原竜(旧)
 

| | | Comments (0)

その他のカテゴリー

2004EURO2004 2004さっかー 2004にっき 2004ふろんたーれ 2005さっかー 2005にっき 2005ふろんたーれ 2005WDW 2006さっかー 2006どいちぇらんと 2006にっき 2006ふろんたーれ 2006ますこっと(いろいろ) 2007ACLバンコク 2007さっかー 2007にっき 2007ふろんたーれ 2007ますこっと(いろいろ) 2008さっかー 2008にっき 2008ふろんたーれ 2008ますこっと(いろいろ) 2008WDW 2009ACL天津 2009ACL浦項 2009さっかー 2009にっき 2009ふろんたーれ 2009ますこっと(いろいろ) 2010ACLメルボルン 2010ACL北京 2010さっかー 2010にっき 2010ふろんたーれ 2010ますこっと(いろいろ) 2011さっかー 2011にっき 2011ふろんたーれ 2011ますこっと(いろいろ) 2012EURO2012 2012さっかー 2012にっき 2012ふろんたーれ 2012ますこっと(いろいろ) 2013WDW 2013さっかー 2013にっき 2013ふろんたーれ 2013ますこっと(いろいろ) 2014さっかー 2014にっき 2014ふろんたーれ 2014ますこっと(いろいろ) 2015さっかー 2015にっき 2015ふろんたーれ 2015ますこっと(いろいろ) 2016にっき 2016ふろんたーれ 2016ますこっと(いろいろ) 2017さっかー 2017にっき 2017ふろんたーれ 2017ますこっと(いろいろ) 2018ACL上海 2018さっかー 2018にっき 2018ふろんたーれ 2018ますこっと(いろいろ) 2019さっかー 2019にっき 2019ふろんたーれ 2019ますこっと(いろいろ) 2020WDW 2020さっかー 2020にっき 2020ふろんたーれ 2020ますこっと(いろいろ) 2021さっかー 2021にっき 2021ふろんたーれ 2021ますこっと(いろいろ) 2022さっかー 2022にっき 2022ふろんたーれ 2022ますこっと(いろいろ) げーむなど でぃずにー ますこっと(いろいろ) ますこっと(おやすみ枕) まんがとかアニメなど ガジェット デイリーポータルZ デイリー道場 愛知窮迫いや愛地球博 映画やDVDなど USJとかテーマパークとか